Researchers Database

Kazuto Sumita

    Department of International Economics Professor
    Course of Economics Professor
Last Updated :2024/02/01

Researcher Information

Degree

  • Ma.Economics(Keio University)
  • Ph.D in Economics(Keio University)

Research funding number

  • 10350745

ORCID ID

J-Global ID

Research Interests

  • 住宅市場   計量経済学   Housing market   Applied econometrics   

Research Areas

  • Humanities & social sciences / Economic policy
  • Humanities & social sciences / Economic statistics

Academic & Professional Experience

  • 2019/04 - Today  Toyo UniversityFaculty of EconomicsProfessor
  • 2013/04 - 2019/03  Toyo UniversityFaculty of EconomicsAssociate Professor
  • 2008/04 - 2013/03  金沢星稜大学経済学部 准教授
  • 2002/04 - 2008/03  Kanazawa Seiryo UniversityFaculty of Economics
  • 2003/04 - 2005/03  Kanazawa University
  • 2000/01 - 2001/11  日本銀行金融研究所 客員研究生 客員研究生

Education

  •        - 2002  Keio University  Graduate School of Economics  doctor course
  •        - 1999  Keio University  Graduate School of Economics  Master course
  •        - 1997  Keio University  Faculty of Policy Management

Association Memberships

  • American Real Estate and Urban Economic Association   Asian Real Estate Society   American Statistical Association   American Economic Association   Applied Regional Science Conference   The Japan Statistical Society   Japanese Economic Association   

Published Papers

Books etc

  • コロナ禍と家計のリジリエンス格差
    山本勲・石井加代子・樋口美雄 (Contributorレジリエンスを高める住宅環境と在宅勤務の相乗効果- 育児への影響)慶應義塾大学出版会 2023/03 9784766428797
  • 隅田, 和人; 岡本, 基; 岩澤, 政宗; 金, 燕春; 水村, 陽一; 吉田, 崇紘 オーム社 2020/06 9784274225628 xv, 269p
  • Housing loan tax credits and user cost of housing
    SUMITA Kazuto (Contributor隅田和人・直井道生・奥村保規編『都市・地域・不動産の経済分析』4章)Keio University Press 2014/03 61-81
  • `The Recent Financial Crisis and the Housing Market in Japan’, In A. Bardhan, R. Edelstein and C. Kroll (eds.), ‘‘Global Housing Markets: Crisis, Institutions and Policies”, Chapter 16
    隅田 和人; 瀬古美喜; 隅田和人; 直井道生 John Wiley & Sons 2011/12 
    2008年9月のリーマンショックの日本経済への影響をまとめた論文。
  • 「不動産価格の変動とマクロ経済への影響:転居阻害要因と住宅価格変動の分析から」岩井克人・瀬古美喜・翁 百合編『金融危機とマクロ経済:資産市場の変動と金融政策・規制』第5章
    隅田 和人; 瀬古美喜; 隅田和人; 直井道生 東京大学出版会 2011/09 
    日本の住宅金融制度の特徴である遡及型住宅ローン融資が転居や、住宅価格変動に及ぼす影響を調べた実証研究【パネルデータ、パネル単位根・共和分検定、エラー修正モデル】
  • 「住宅価格変動の計量経済分析:地域データを用いた非定常パネル・データ分析」蓑谷千凰彦・牧 厚志編『応用計量経済学ハンドブック』第8章
    隅田 和人 (Contributor)朝倉書店 2010/05 265-299 
    住宅ローン減税の住宅価格への影響を検討した研究【パネルデータ、パネル単位根・共和分検定、エラー修正モデル】
  • Does Introducing Income Tax Deduction System Linked to Capital Losses Increase Homeowners’ Mobility in Japan? (with Miki Seko)
    In W.J. Berube and C.N. Pinto eds. Taxation, Tax Policies and Income Taxes. New York: Nova Science Publishers,2010, pp. 115-122. 2010/04 9781607416265
  • Does Introducing Income Tax Deduction System Linked to Capital Losses Increase Homeowners' Mobility in Japan? (with Miki Seko)
    In W.J. Berube and C.N. Pinto eds. Taxation, Tax Policies and Income Taxes. New York: Nova Science Publishers,2010, pp. 115-122. 2010/04 9781607416265
  • Does Earthquake Risk Influence the Quality of Life in Japan? (with Michio Naoi and Miki Seko)
    In Edward P. Hammond and Alex D. Noyes eds. Housing: Socioeconomic, Availability and Development Issues. New York: Nova Science Publishers,2009, pp. 167-174. 2009/05
  • Does Earthquake Risk Influence the Quality of Life in Japan? (with Michio Naoi and Miki Seko)
    In Edward P. Hammond and Alex D. Noyes eds. Housing: Socioeconomic, Availability and Development Issues. New York: Nova Science Publishers,2009, pp. 167-174. 2009/05
  • Does Introducing Rental Housing with Fixed Rental Terms Improve Welfare in Japan? (with Miki Seko)
    Paul E. Weston and Robert N. Townsend eds. Welfare Economics, New York: Nova Science Publisheres, 2009, pp. 3-11. 2009/01 9781604569469
  • Does Introducing Rental Housing with Fixed Rental Terms Improve Welfare in Japan? (with Miki Seko)
    Paul E. Weston and Robert N. Townsend eds. Welfare Economics, New York: Nova Science Publisheres, 2009, pp. 3-11. 2009/01 9781604569469
  • 「不均一分散」蓑谷千凰彦・縄田和満・和合 肇編『計量経済学ハンドブック』第8章
    隅田 和人 朝倉書店 2007/10 
    回帰分析における不均一分散の影響、対処法のサーベイと、その応用【横断面データ、不均一分散一致共分散行列、t分布回帰モデル】
  • 「地震発生リスクを反映した生活質指数による地域間格差」樋口美雄・瀬古美喜編『日本の家計行動のダイナミズムIII 経済格差変動の実態・要因・影響』、第11章
    隅田 和人; 直井道生; 隅田和人; 瀬古美喜; 森泉陽子 (Contributor)慶應義塾大学出版会 2007/10 pp.285-305 
    地震の発生確率を考慮した生活の質指数を推定した研究【個票データ、固定効果モデルの推定, Box-Cox変換】
  • 「現行借地借家法・譲渡損失繰越控除制度は人々の転居を容易にしたか」樋口美雄編『日本の家計行動のダイナミズムII 税制改革と家計の対応』、第3章
    隅田 和人; 瀬古美喜; 隅田和人 慶應義塾大学出版会 2006/09 
    現行借地借家法・譲渡損失繰越控除制度世帯の転居への影響を調べた実証研究【パネルデータ、コックス回帰モデル】
  • 現行借地借家法・譲渡損失繰越控除制度は人々の転居を容易にしたか (瀬古美喜氏との共著)
    樋口美雄編『日本の家計行動のダイナミズムII 税制改革と家計の対応』慶應義塾大学出版会 2006/08
  • 「東京大都市圏における単一中心都市圏仮説と波紋効果の検証」田中辰雄・中妻照雄編『計量経済学のフロンティア』第6章
    隅田 和人 慶應義塾大学出版会、 2006/03 
    東京圏における5地域における地域住宅価格の変動を分析した研究【時系列データ、単位根検定、Johansenの共和分検定、Reduced Rank 回帰モデル、3変数でのGranger検定】
  • 「定期借家を考慮した家計の居住形態選択行動の分析」樋口美雄編『日本の家計行動のダイナミズムI 慶応義塾家計パネル調査の特性と居住・就業・賃金分析』第3章
    隅田 和人; 瀬古美喜; 隅田和人 慶應義塾大学出版会 2005/08 
    2000年3月に導入された定期借家を選択しに含む、居住形態選択に関する研究。【個票データ、条件付きロジットモデル】
  • 『ほんとうの経済学入門』
    隅田 和人; 小熊和雄; 木村正信; 篠崎尚夫; 隅田和人 学陽書房 2004/03 
    初年次を対象とした経済学入門の教科書。前半がミクロ経済学、後半がマクロ経済学に関する内容となっている。

Conference Activities & Talks

  • Long-term Care Facilities and Elderly Household Mobility in Japan: Empirical Analysis of the Micro-Level Survey  [Invited]
    Kazuto Sumita
    東京大学・都市経済ワークショップ  2021/12  Invited oral presentation
  • Long-term Care Facilities and Elderly Household Mobility in Japan: Empirical Analysis of the Micro-Level Survey  [Invited]
    Kazuto Sumita
    住宅経済研究会  2021/09  Invited oral presentation
  • Daily steps and healthcare costs in Japanese communities: Causal inference.  [Not invited]
    Kazuto Sumita
    Japanese Economic Association  2020/10  Oral presentation
  • 空家対策特別措置法が家計の住宅の相続意思に及ぼす効果の分析  [Not invited]
    隅田和人
    「住宅市場における世代間・地域間ミスマッチの解明:パネルデータによる経済分析(科研費(基盤研究A))」ZOOM ワークショップ  2020/05  Oral presentation
  • The Inheritance Tax and Household Mobility: An Exploration of Empty Nest Problem.(with Miki Seko and Jiro Yoshida)  [Not invited]
    SUMITA Kazuto
    Asian Real Estate Society  2019/07  Oral presentation
  • The Inheritance Tax and Household Mobility: An Exploration of Empty Nest Problem.(with Miki Seko and Jiro Yoshida)  [Not invited]
    SUMITA Kazuto
    Western Economic Association International  2019/03  Oral presentation
  • 家計の転居・住宅改修行動の実証分析:遺産動機をめぐって  [Not invited]
    隅田 和人
    応用地域学会  2018/12  Oral presentation
  • 家計の転居・住宅改修行動の実証分析:遺産動機をめぐって  [Invited]
    隅田 和人
    土地総合研究所  2018/11  Invited oral presentation
  • 家計の転居・住宅改修行動の実証分析:遺産動機をめぐって  [Not invited]
    隅田和人; 瀬古美喜; 吉田二郎
    「住宅市場における世代間・地域間ミスマッチの解明:パネルデータによる経済分析」ワークショップ  2018/03  Nominated symposium
  • 住宅価格変動の計量経済分析:住宅ローン減税の住宅価格への影響  [Invited]
    隅田 和人
    住宅政策勉強会  2018/01  Public discourse
  • Long-term Care Facilities and Elderly Household Mobility in Japan: Empirical Analysis of the Micro-Level Survey  [Not invited]
    SUMITA Kazuto
    Japanese Economic Association Fall meeting  2017/09  Oral presentation
  • Long-term Care Facilities and Elderly Household Mobility in Japan: Empirical Analysis of the Micro-Level Survey  [Not invited]
    SUMITA Kazuto
    Asian Real Estate Society  2017/07  Oral presentation
  • The Term Structure of Cancellable Lease Rates  [Not invited]
    SUMITA Kazuto
    住宅経済研究会  2017/01  Oral presentation
  • Long-term Care Facilities and Elderly Household Mobility in Japan: Empirical Analysis of the Micro-Level Survey  [Not invited]
    SUMITA Kazuto
    Applied Economic Workshop  2016/09  Public discourse
  • The Term Structure of Cancellable Lease Rates( with Miki Seko and Jiro Yoshida)  [Not invited]
    SUMITA Kazuto
    Japanese Economic Association Autumn Meeting  2013/09  Oral presentation
  • AsRES AREUEA Joint International Conference  [Not invited]
    隅田 和人
    at Marina Bay Sands, Singapore on July 8, 2012.  2012/08
  • AsRES AREUEA Joint International Conference  [Not invited]
    隅田 和人
    by National University of Singapore at Marina Bay Sands, Singapore on July 9, 2012.  2012/07
  • ENHR Housing Economics Working Group Meeting  [Not invited]
    隅田 和人; 岩田真一郎; 藤沢美恵子
    at Seminar room of the S-Bausparkasse, Vienna, Austria, February 23, 2012.  2012/02
  • American Real Estate and Urban Economic Association Annual Meetings (ASSA)  [Not invited]
    隅田 和人; 瀬古美喜; 吉田二郎
    at Swissotel Chicago, USA, January 8, 2012  2012/01
  • 住宅政策研究会  [Not invited]
    隅田 和人; 岩田真一郎; 藤沢美恵子
    於 東京大学大学院経済学研究科、2011年12月16日  2011/12
  • 応用地域学会  [Not invited]
    隅田 和人; 岩田真一郎; 藤沢美恵子
    於 富山大学, 2011年12月4日  2011/12
  • 応用地域学会  [Not invited]
    隅田 和人
    於 富山大学、2011年12月3日  2011/12
  • 慶應義塾大学大学院・経済学研究科・公共経済セミナー  [Not invited]
    隅田 和人; 岩田真一郎; 藤沢美恵子
    Faculty of Economics, Keio University, November 4, 2011  2011/11
  • International Economic Association 16th World Congress  [Not invited]
    隅田 和人; 瀬古美喜; 今野健介
    at Tshing-Hua University, Beijing, China, July 7, 2011  2011/07
  • 日本経済学会・春季大会,  [Not invited]
    隅田 和人; 瀬古美喜; 今野健介
    於 熊本学園大学, May 21, 2011  2011/05
  • 応用地域学会  [Not invited]
    隅田 和人
    於名古屋大学、2010年12月4日  2010/12
  • 応用地域学会  [Not invited]
    隅田 和人; 藤澤美恵子
    於名古屋大学、2010年12月4日  2010/12
  • 第164回住宅経済研究会  [Not invited]
    隅田 和人; 瀬古美喜
    於東京国際フォーラム、2010年10月4日  2010/10
  • 日本経済学会秋季大会  [Not invited]
    隅田 和人
    於関西学院大学、2010年9月19日  2010/09
  • American Real Estate and Urban Economic Association Annual Meetings (ASSA)  [Not invited]
    隅田 和人; 瀬古美喜
    in Atlanta, Hilton Atlanta, USAJanuary 4, 2010.  2010/01
  • 日本経済学会・秋季大会  [Not invited]
    隅田 和人; 瀬古美喜; 直井道生
    於 専修大学, 2009年10月10日  2009/10
  • AsRES-AREUEA International Conference  [Not invited]
    隅田 和人; 瀬古美喜; 直井道生
    at University of California, Los Angeles, USA,July 12, 2009.  2009/07
  • Western Economic Association International, Pacific Rim Conference  [Not invited]
    隅田 和人; 瀬古美喜; 直井道生
    at Ryukoku University, Japan.March 26, 2009  2009/03
  • American Real Estate and Urban Economic Association Annual Meetings (ASSA)  [Not invited]
    隅田 和人; 瀬古美喜
    at San Francisco Marriot, San Francisco, USAJanuary 3,2009  2009/01
  • 名古屋大学地域科学セミナー,  [Not invited]
    隅田 和人; 瀬古美喜
    於 名古屋大学, 2008年12月19日  2008/12
  • The 17th Annual AREUEA International Conference  [Not invited]
    隅田 和人; 瀬古美喜; 直井道生
    at Ceylan Inter Continental Istanbul, Turky.July 5, 2008  2008/07
  • Asian Real Estate Society Annual Conference  [Not invited]
    隅田 和人; 瀬古美喜
    at Hyatt on the Bund Shanghai, China.July 15, 2008  2008/07
  • American Real Estate and Urban Economic Association Annual Meetings (ASSA)  [Not invited]
    隅田 和人; 瀬古美喜; 直井道生
    at New Orleans, January 5, 2008  2008/01
  • 2007 Taipei Conference on Regional and Urban Economics  [Not invited]
    隅田 和人; 瀬古美喜
    at National Taipei University, December 4, 2007.  2007/12
  • 21 Century COE International Conference on Economic Analysis and Policy Evaluation Using Panel Data  [Not invited]
    隅田 和人; 瀬古美喜
    at Keio University,November 25, 2007.  2007/11
  • 第75回日本統計学会(統計関連学会連合大会)  [Not invited]
    隅田 和人
    於神戸大学、2007年9月7日、『2007年度統計関連学会連合大会講演報告集』、p.9.  2007/09
  • Asian Real Estate Society, The 12th annual conference  [Not invited]
    隅田 和人; 瀬古美喜; 直井道生
    at Macau Tower, July 12, 2007  2007/07
  • 日本経済学会、2007年度春季大会  [Not invited]
    隅田 和人; 瀬古美喜; 直井道生
    於大阪学院大学、2007年6月2日  2007/06
  • Conference of European Real Estate Society  [Not invited]
    隅田 和人; 瀬古美喜; 直井道生
    The 14th Annual held at Cass Business School, City University,London, June 29, 2007.  2007/06
  • 第8回マクロコンファレンス  [Not invited]
    隅田 和人; 直井 道生; 瀬古 美喜
    於慶應義塾大学、2007年3月3日  2007/03
  • 名古屋大学 地域科学セミナー  [Not invited]
    隅田 和人; 直井 道生; 瀬古 美喜
    於名古屋大学、2007年3月2日  2007/03
  • 第20回応用地域学会研究発表大会  [Not invited]
    隅田 和人
    於広島大学、2006年12月9日  2006/12
  • 日本経済学会・秋季大会  [Not invited]
    隅田 和人; 瀬古美喜
    於 大阪市立大学, 2006年10月21日  2006/10
  • Asian Real Estate Society, the 11th annual conference  [Not invited]
    隅田 和人; 瀬古美喜
    at Vancouver, July 3, 2006  2006/07
  • 2006 HKU-NUS Symposium on Real Estate Research  [Not invited]
    隅田 和人; 瀬古美喜
    at the University of Hong Kong, July 28, 2006  2006/07
  • 日本経済学会・春季大会  [Not invited]
    隅田 和人; 瀬古美喜
    於 福島大学, 2006年6月3日  2006/06
  • Urban Economics Workshop  [Not invited]
    隅田 和人; 瀬古美喜
    at Graduate School of Economics, University of Tokyo, March, 17, 2006.  2006/03
  • 第18回応用地域学会  [Not invited]
    隅田 和人; 瀬古美喜
    於明海大学、2005年12月10日  2005/12
  • 日本経済学会春季大会  [Not invited]
    隅田 和人
    於京都産業大学、2005年6月4日  2005/06
  • 慶應義塾大学大学院経済学研究科 公共経済学セミナー  [Not invited]
    隅田 和人
    於 慶應義塾大学三田キャンパス、2005年4月22日  2005/04
  • 応用地域学会  [Not invited]
    隅田 和人
    於 福岡国際会議場, 2004年12月12日  2004/12
  • 日本経済学会・秋季大会  [Not invited]
    隅田 和人
    於 明治大学, 2003年10月13日  2003/10
  • 地震発生リスクと住宅価格:家計パネル調査による分析(瀬古美喜・直井道生との共著)  [Invited]
    隅田 和人
    東京大学空間情報科学研究センター・シンポジウム  2003/07  Invited oral presentation
  • Asian Real Estate Socieity  [Not invited]
    隅田 和人
    National University of Singapore,July, 2003  2003/07
  • Tax Credits and User Cost of Owner-occupied Housing in Japan: Bayesian Time Varying Coefficient Model Approach  [Not invited]
    SUMITA Kazuto
    Asian Real Estate Society International Conference  2003/06  Oral presentation
  • 第16回応用地域学会  [Not invited]
    隅田 和人
    於岡山大学、2002年12月1日  2002/12
  • 慶應義塾大学大学院・経済学研究科・公共経済セミナー  [Not invited]
    隅田 和人
    於慶応義塾大学、2002年11月8日  2002/11
  • 日本経済学会・秋季大会  [Not invited]
    隅田 和人
    於広島大学、2002年10月14日, 『日本経済学会 2002年度秋季大会報告要旨集』,p.175.  2002/10
  • 第96回 住宅経済研究会  [Not invited]
    隅田 和人
    於霞ヶ関ビル・東海大学交友会館、2001年11月26日  2001/11
  • Asian Real Estate Society, The Sixth Annual Conference  [Not invited]
    隅田 和人
    at Keio University, Tokyo, August 1, 2001.  2001/08
  • 日本経済学会・秋期大会  [Not invited]
    隅田 和人
    於大阪府立大学,2000年9月16日.  2000/09
  • Asian Real Estate Society, The Fifth Annual Conference in Beijing  [Not invited]
    隅田 和人; 呉 逸良
    ,長城飯店,北京, July 29, 2000  2000/07

Works

  • 不動産競売市場における売却価格決定に関する計量経済分析(瀬古美喜・黒田達郎・黒田達哉との共著)(名古屋大学大学院環境学研究科 DEE Discussion Paper, No.09-03.)
    2009/12
  • Econometric Study of Price Determination in the Real Estate Auction market.(Department of Economic Environment, Graduate School of Environmental Studies, Nagoya University, DEE Discussion Paper, No.09-03.)
    2009/12
  • An Econometric Analysis of Housing Price Dynamics(Ph.D thesis, Graduate School of Economics, Keio University)
    2008/04
  • 地震発生確率の全国の不動産価格への影響に関する実証分析:地震リスクプレミアムの推定(直井 道生・瀬古 美喜との共同研究)
    2007/04 -2007/12

MISC

Awards & Honors

  • 2013/12 Applied Regional Science Conference Sakashita Prize
     
    受賞者: SUMITA Kazuto
  • 2009 Best Paper Award for the Maury Seldin Advanced Studies Institute Award, 2009 AsRES-AREUEA Joint International Conference (with Miki Seko and Michio Naoi)
  • 2007 European Real Estate Society/Journal of Property Research Paper Prize, Best Paper in Real Estate Economics (2007) ( with Michio Naoi and Miki Seko)

Research Grants & Projects

  • Japan Society for the Promotion of Science:Grants-in-Aid for Scientific Research
    Date (from‐to) : 2022/04 -2027/03 
    Author : 山本 勲; 赤林 英夫; 直井 道生; 大垣 昌夫; 駒村 康平; 土居 丈朗; 大津 敬介; McKenzie Colin; 大久保 敏弘; 佐藤 一磨; 川本 哲也; 中村 亮介; 瀬古 美喜; 隅田 和人; 奥山 尚子; 窪田 康平; 山田 篤裕; 井深 陽子; 別所 俊一郎; 寺井 公子; 北尾 早霧; Hsu Minchung
  • Japan Society for the Promotion of Science:Grants-in-Aid for Scientific Research
    Date (from‐to) : 2022/04 -2027/03 
    Author : 瀬古 美喜; 岩田 真一郎; 隅田 和人; 行武 憲史; 直井 道生; 石野 卓也; 新倉 博明; 鈴木 雅智; 安田 昌平
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業
    Date (from‐to) : 2017/04 -2022/03 
    Author : 樋口 美雄; 山本 勲; 敷島 千鶴; 駒村 康平; 瀬古 美喜; 土居 丈朗; 大垣 昌夫; McKenzie Colin; 黒田 祥子; 鶴 光太郎; 大久保 敏弘; 隅田 和人; 直井 道生; 山田 篤裕; 別所 俊一郎; 寺井 公子; 井深 陽子; 北村 行伸; 赤林 英夫
     
    本研究では、長寿社会と経済格差の関係に焦点を当て、長寿社会に起因する経済格差の発生メカニズム、さらには、経済格差が長寿社会での人々の暮らしや働き方、健康、社会経済の諸制度・政策、消費行動・生産行動、資産形成、結婚、出産などの家族形成、保育・教育などの次世代育成などに与える影響について、三世代の世帯(同居・非同居)を含む多様な家計を追跡するパネルデータの構築・解析を通じて多角的に研究する。 本年度は、長寿社会における経済格差研究に関する理論的・実証的研究を整理・評価するとともに、「日本家計パネル調査(JHPS)」や「JHPS第二世代付帯調査(JHPS-G2)」(非同居の家族も含めたJHPS調査回答者の子世代への調査)、「JHPS新型コロナウイルス感染症に関する特別調査(JHPS-COVID19)」(新型コロナウイルス感染症が家計に与えた影響に関するJHPS回答者への特別調査)などの家計パネルデータ等を用いながら、各研究班で設定したテーマに沿って分析を進めた。各研究班の研究実績としては、論文53本(うち査読付論文18本)および図書10冊となった。 パネル調査については、JHPSの本調査を実施するとともにJHPS-G2やJHPS-COVID19といった補完的な調査も実施した。JHPS-COVID19の実施は当初は計画していなかったが、パンデミックの家計への影響をリアルタイムで把握するため、2020年5月と10月の特別調査として実施した。さらに、日本を代表するパネルデータとして、ルクセンブルク所得研究(LIS)やオハイオ州立大学(CNEF)による国際データベースへのJHPSの提供を継続した。このほか、パネルデータの質の維持・向上のため、「日本家計パネル調査」のサンプリングバイアスの修正を行うウェイトを作成・提供した。
  • Japan Society for the Promotion of Science:Grants-in-Aid for Scientific Research
    Date (from‐to) : 2017/04 -2022/03 
    Author : 瀬古 美喜; 黒田 達朗; 奥村 綱雄; 小川 光; 岩田 真一郎; 隅田 和人; 行武 憲史; 直井 道生; 石野 卓也; 新倉 博明; 鈴木 雅智; 安田 昌平
     
    我が国の住宅市場においては、住宅ストックと居住ニーズの、世代間・地域間のミスマッチが大きな問題となっている。こうした住宅市場におけるミスマッチが、家計の合理的な選択の結果なのか、制度的な要因に起因するのかを見極めることは、人口減少下における住宅ストックの有効活用という現状の政策的課題に対して、きわめて大きな示唆を与えるものである。本研究課題における第一の目的は、このような住宅市場におけるミスマッチの問題に対する理論面での統一的な分析枠組みを提示することにある。そのためには、長期にわたって同一家計を追跡した質の高いデータを整備して、家計の長期的な意思決定を実証面から検討する必要がある。このようなパネル調査の設計・実施・データ整備が、本研究課題の第二の目的である。 上記の問題意識に基づき、研究期間の第四年度である令和2年度には、パネル調査の設計および実施にかかわるさらに本格的な作業を行った。具体的には、家計の動学的住宅需要の統一的な分析枠組みを提示し、ライフサイクルを通じた家計の長期的な住宅需要を把握するための初年度、第二年度、第三年度に実施した第一世代住宅モジュール調査の再検討およびそれに基づく再設計を実施した。また、第二世代調査データの設計および実施も行った。 さらに、初年度、第二年度、第三年度に実施した第一世代住宅モジュール調査の調査結果などを活用した分析や、今年度に実施した第二世代調査の分析を行った。具体的には、家計の転居・改修行動の実証分析、親からの資産移転期待と子供の資産蓄積の分析、持ち家取得時の情報収集行動と住宅満足度の分析、JHPS第二世代調査を用いた家計資産の世代間相関の分析などを行った。
  • 高齢社会における住宅需要行動のミクロ計量経済分析
    文部科学省・日本学術振興会:科学研究費補助金
    Date (from‐to) : 2014/04 -2017/03 
    Author : 隅田 和人
  • Japan Society for the Promotion of Science:Grants-in-Aid for Scientific Research
    Date (from‐to) : 2012 -2016 
    Author : HIGUCHI Yoshio; YAMAMOTO Isamu; ONO Yukako; OHTA Souichi; KAWAI Hiroki; KURODA Sachiko; TANAKA Ryuichi; AKABAYASHI Hideo; SANO Shinpei; SEKO Miki; SUMITA Kazuto; NAOI Michio; KOMAMURA Kohei; YAMADA Atsuhiro; ABE Aya; DOI Takero; OGAKI Masao; MCKENZIE Colin; BESSHO Shunichiro; TERAI Kimiko; TSURU Kotaro; SAKAMOTO Kazuyasu; SHIKISHIMA Chizuru; OKUBO Toshihiro; NOZAKI Kayo; SEIKE Atsushi; KONDO Ayako; SENOH Wataru; ISHINO Takuya; SHIKATA Masato; TANAKA Soichiro; KITAMURA Yukinobu; MATSUURA Toshiyuki; ISHII Kayoko; KAMESAKA Akiko; YUKAWA Shiho; SATO Kazuma; HAGIWARA Risa; FUKAHORI Ryotaro; KOBAYASHI Toru
     
    Using panel data collected every year on households, this project undertook multifaceted research on economic disparities. There are two parts of this research project. Regarding the first part, the design, analysis and public release of panel data set, the number of research projects that used the JHPS/KHPS has amounted to 1,112 during fiscal year 2012-2016. Regarding the second part, multifaceted and dynamic research on economic disparities, we conducted various research from the view point of five research groups: Labor Economics Group; Economics of Education Group; Asset Stock Group; Social Security Group; and Public Finance Group.
  • Japan Society for the Promotion of Science:Grants-in-Aid for Scientific Research
    Date (from‐to) : 2011/04 -2015/03 
    Author : SEKO Miki; KURODA Tatsuaki; SUMITA Kazuto; NAOI Michio
     
    We investigated house-price dynamics based on imperfections in housing finance market by focusing on the mortgage loan system. Especially we analyzed the relationship between house-price and business cycle. Furthermore we also analyzed the design of housing finance system through the analysis of the effects of housing equity constraints on residential moves and house-price dynamics. Based on those results we proposed future directions of housing policies in Japan. First, we found that under a recourse loan system, housing equity constraints deterred residential mobility by presenting a theoretical model and estimating the logit model using Japanese household longitudinal data covering all Japan. Next, we analyzed the relationship between borrowing patterns and house-price dynamics under the recourse-loan system using Japanese prefectural-level data and compared the results under the non-recourse loan systems.
  • Japan Society for the Promotion of Science:Grants-in-Aid for Scientific Research
    Date (from‐to) : 2007 -2009 
    Author : SEKO Miki; KURODA Tatsuaki; SUMITA Kazuto
     
    Younger and/or lower income households derived the greatest benefit from the introduction of the rental housing with fixed rental terms. The implementation of the income tax deduction system linked to capital losses increases owners' mobility. The Rental Act depresses renters' mobility. Earthquake risk has a significant impact on the overall quality of life in Japanese prefectures. The uniform community rating in earthquake insurance policy in Japan may unintentionally cross-subsidize inhabitants in high risk areas at the expense of inhabitants in low risk areas. Homeowners and/or renters alter their subjective assessments of earthquake risks after massive earthquakes.
  • 地震発生確率の全国の不動産価格への影響に関する実証分析:地震リスクプレミアムの推定
    日本経済研究奨励財団
    Date (from‐to) : 2007 -2007 
    Author : 隅田 和人
     
    論文として発表
  • 住宅需要のパネル・データ分析
    Date (from‐to) : 2004
  • 金沢市住宅価格のヘドニック分析
    Date (from‐to) : 2002
  • 住宅価格変動の計量経済分析
    Date (from‐to) : 2000

Committee Membership

  • 2020 -2023   Asian Real Estate Society   Director