詳細検索はこちら
※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

小柴 和子コシバ カズコ

所属・担当
応用生物科学科
職名教授
メールアドレス
ホームページURL
生年月日
Last Updated :2017/07/19

研究者基本情報

学歴

  •  - 1995年04月, 東北大学大学院, 理学研究科, 生物学専攻博士課程
  •  - 1992年03月, 東北大学大学院, 理学研究科, 生物学専攻修士課程
  •  - 1990年03月, 東北大学, 理学部, 生物学科

経歴

  •   2017年04月 - 現在, 東洋大学生命科学部, 応用生物科学科, 教授
  •   2016年04月 - 2017年03月, 東洋大学生命科学部, 応用生物科学科, 准教授
  •   2010年04月 - 2016年03月, 東京大学分子細胞生物学研究所, エピゲノム疾患センター心循環器再生研究分野, 講師
  •   2010年02月 - 2010年03月, 東京大学分子細胞生物学研究所, 高次機能研究分野, 助教
  •   2007年09月 - 2010年01月, 東京工業大学, グローバルエッジ研究院, 山村フェロー博士研究員・東工大特別研究員・特別研究員(RPD)
  •   2006年10月 - 2007年08月, UCSFグラッドストーン研究所, 博士研究員
  •   2002年10月 - 2006年09月, トロント小児病院, 心循環器研究部門, リサーチ・アソシエート
  •   1998年04月 - 2002年09月, 奈良先端科学技術大学院大学, バイオサイエンス研究科, 教務職員
  •   1997年04月 - 1998年03月, 徳島大学工学部, 生物工学科, 未来開拓研究員
  •   1995年05月 - 1997年03月, ERATO吉里再生機構プロジェクト, 研究員

研究活動情報

研究分野

  • 生物科学, 発生生物学

研究キーワード

    形態進化, 再生, 発生, 心臓

論文

  • [Evolution and development of heart morphology and coronary circulation in vertebrates]., Moriyama Y, Koshiba-Takeuchi K, Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine, 74 Suppl 4 Pt 1, 35 - 42,   2016年06月
  • Expression analysis of Baf60c during heart regeneration in axolotls and neonatal mice., Nakamura R, Koshiba-Takeuchi K, Tsuchiya M, Kojima M, Miyazawa A, Ito K, Ogawa H, Takeuchi JK, Development, growth & differentiation, 58, (4) 367 - 382,   2016年05月
  • Sall1 transiently marks undifferentiated heart precursors and regulates their fate., Morita Y, Andersen P, Hotta A, Tsukahara Y, Sasagawa N, Hayashida N, Koga C, Nishikawa M, Saga Y, Evans SM, Koshiba-Takeuchi K, Nishinakamura R, Yoshida Y, Kwon C, Takeuchi JK, Journal of molecular and cellular cardiology, 92, 158 - 162,   2016年03月
  • Evolution of the fish heart by sub/neofunctionalization of an elastin gene., Moriyama Y, Ito F, Takeda H, Yano T, Okabe M, Kuraku S, Keeley FW, Koshiba-Takeuchi K, Nature communications, 7,   2016年01月
  • Transcriptional Dynamics of Immortalized Human Mesenchymal Stem Cells during Transformation., Takeuchi M, Higashino A, Takeuchi K, Hori Y, Koshiba-Takeuchi K, Makino H, Monobe Y, Kishida M, Adachi J, Takeuchi J, Tomonaga T, Umezawa A, Kameoka Y, Akagi K, PloS one, 10, (5) ,   2015年
  • Early patterning and specification of cardiac progenitors in gastrulating mesoderm., Devine WP, Wythe JD, George M, Koshiba-Takeuchi K, Bruneau BG, eLife, 3,   2014年10月
  • Epigenetic factors and cardiac development., van Weerd JH, Koshiba-Takeuchi K, Kwon C, Takeuchi JK, Cardiovascular research, 91, (2) 203 - 211,   2011年07月
  • Reptilian heart development and the molecular basis of cardiac chamber evolution., Koshiba-Takeuchi K, Mori AD, Kaynak BL, Cebra-Thomas J, Sukonnik T, Georges RO, Latham S, Beck L, Henkelman RM, Black BL, Olson EN, Wade J, Takeuchi JK, Nemer M, Gilbert SF, Bruneau BG, Nature, 461, (7260) 95 - 98,   2009年09月
  • Tbx5-dependent rheostatic control of cardiac gene expression and morphogenesis., Mori AD, Zhu Y, Vahora I, Nieman B, Koshiba-Takeuchi K, Davidson L, Pizard A, Seidman JG, Seidman CE, Chen XJ, Henkelman RM, Bruneau BG, Developmental biology, 297, (2) 566 - 586,   2006年09月
  • Cooperative and antagonistic interactions between Sall4 and Tbx5 pattern the mouse limb and heart., Koshiba-Takeuchi K, Takeuchi JK, Arruda EP, Kathiriya IS, Mo R, Hui CC, Srivastava D, Bruneau BG, Nature genetics, 38, (2) 175 - 183,   2006年02月
  • Tbx20 dose-dependently regulates transcription factor networks required for mouse heart and motoneuron development., Takeuchi JK, Mileikovskaia M, Koshiba-Takeuchi K, Heidt AB, Mori AD, Arruda EP, Gertsenstein M, Georges R, Davidson L, Mo R, Hui CC, Henkelman RM, Nemer M, Black BL, Nagy A, Bruneau BG, Development (Cambridge, England), 132, (10) 2463 - 2474,   2005年05月
  • Vertebrate crossveinless 2 is secreted and acts as an extracellular modulator of the BMP signaling cascade., Kamimura M, Matsumoto K, Koshiba-Takeuchi K, Ogura T, Developmental dynamics : an official publication of the American Association of Anatomists, 230, (3) 434 - 445,   2004年07月
  • HtrA1 serine protease inhibits signaling mediated by Tgfbeta family proteins., Oka C, Tsujimoto R, Kajikawa M, Koshiba-Takeuchi K, Ina J, Yano M, Tsuchiya A, Ueta Y, Soma A, Kanda H, Matsumoto M, Kawaichi M, Development (Cambridge, England), 131, (5) 1041 - 1053,   2004年03月
  • Tbx Genes Specify Posterior Digit Identity through Shh and BMP Signaling., Suzuki T, Takeuchi J, Koshiba-Takeuchi K, Ogura T, Developmental cell, 6, (1) 43 - 53,   2004年01月
  • Tbx5 specifies the left/right ventricles and ventricular septum position during cardiogenesis., Takeuchi JK, Ohgi M, Koshiba-Takeuchi K, Shiratori H, Sakaki I, Ogura K, Saijoh Y, Ogura T, Development (Cambridge, England), 130, (24) 5953 - 5964,   2003年12月
  • Tbx5 and Tbx4 trigger limb initiation through activation of the Wnt/Fgf signaling cascade., Takeuchi JK, Koshiba-Takeuchi K, Suzuki T, Kamimura M, Ogura K, Ogura T, Development (Cambridge, England), 130, (12) 2729 - 2739,   2003年06月
  • Unique expression patterns of matrix metalloproteinases in regenerating newt limbs., Kato T, Miyazaki K, Shimizu-Nishikawa K, Koshiba K, Obara M, Mishima HK, Yoshizato K, Developmental dynamics : an official publication of the American Association of Anatomists, 226, (2) 366 - 376,   2003年02月
  • Diffusion of nodal signaling activity in the absence of the feedback inhibitor Lefty2., Meno C., Takeuchi J., Sakuma R., Koshiba-Takeuchi K., Ohnishi S., Saijoh Y., Miyazaki J., tenDijke P., Ogura T., Hamada H., Dev. Cell, 1, 127 - 138,   2001年
  • Tbx5 and retinotectum projection., Koshiba-Takeuchi K., Takeuchi J.K., Matsumoto K., Uno K., Hoepker V., Takahashi N., Nakamura H., Yasuda K., Ogura T., Science , 287, 134 - 137,   2000年
  • Expression of Msx genes in regenerating and developing limbs of axolotl., Koshiba K., Kuroiwa A., Yamamoto H., Tamura K., Ide H. , J. Exp. Zool., 282, 703 - 714,   1998年
  • Pitx2, a bicoid-type homeobox gene, is involved in a lefty-signaling pathway in deteremination of left-right asymmetry., Yoshioka H., Meno C., Koshiba K., Sugihara M., Itoh H., Ishimaru Y., Inoue T., Ohuchi H., Semina E.V., Murry J.C., Hamada H., Noji S., Cell , 94, 299 - 305,   1998年
  • Expression of regeneration-associated antigens in normal and retinoid-treated regenerating limbs of Ambrystoma mexicanum. , Koshiba K., Tamura K., Ide H., Dev. Growth. Differ. , 36, 357 - 364,   1994年

MISC

  • 心臓・冠循環の基礎研究 脊椎動物の心臓形態と冠動脈循環系における発生と進化, 守山裕大, 小柴和子, 日本臨床, 74,   2016年06月20日
  • elastin遺伝子の重複と新規機能獲得による真骨魚類における心臓流出路の進化, 守山裕大、小柴和子, 実験医学, 34,   2016年07月
  • 臨床応用を目指した基礎研究 再生医療を目指した前臨床研究 心機能再生を目指した特定因子による細胞変換技術開発, 森田唯加, 藤川大地, 堀田秋津, 吉田善紀, 小柴和子, 竹内純, 日本臨床, 73,   2015年06月20日
  • 進化と発生からみた生命科学 脊椎動物心臓の発生・再生と進化, 伊藤航平, 守山裕大, 竹内純, 小柴和子, 生体の科学, 66, (3) 212 - 216,   2015年06月15日
  • 心臓造形生物学:Heartができるメカニズム 心臓の進化と発生, 守山裕大, 小柴和子, 細胞工学, 33, (11) 1157 - 1164,   2014年10月22日
  • シーラカンス研究最前線【Part2:形態】シーラカンスと脊椎動物心臓進化, 守山裕大, 竹内純, 小柴和子, 生物の科学 遺伝, 68, (3) 233 - 237,   2014年05月01日
  • 心臓造形生物学〜Heartができるメカニズム〜 over view, 小柴 和子, 細胞工学, 33,   2014年
  • 形態進化のロジックを辿る―エボデボ研究最前線[動物篇]【Part2:脊椎動物ボディプランのさらなる多様化】脊椎動物の心臓進化―形態と機能の多様性はどのように生み出されたか, 守山裕大, 竹内純, 小柴和子, 生物の科学 遺伝, 67, (2) 197 - 208,   2013年03月01日
  • 発生学・再生学シリーズ 心臓発生とその分子メカニズム, 森田唯加, 小柴和子, 竹内純, 血管医学, 13, (3) 291 - 307,   2012年08月31日
  • 血管・心筋再生はどこまできたか 8 心臓発生にかかわるクロマチン・ヒストン制御の役割, 塚原由布子, 小柴和子, 竹内純, Heart View, 15, (8) 787 - 795,   2011年08月09日
  • I.循環器の生物学 1.心臓発生と心筋分化誘導のマスター因子, 竹内純, 宮川(富田)幸子, 笹岡陽介, 小柴和子, Annual Review 循環器, 2011,   2011年01月25日
  • 幹細胞の基礎研究 心筋細胞の誘導と分化―心筋マスター因子は存在するのか, 竹内純, 小柴和子, 医学のあゆみ, 229, (9) 711 - 719,   2009年05月30日
  • 発生学から再生医療へ I 発生学の進歩 器官の極性決定とTbx遺伝子, 竹内純, 小柴和子, 小椋利彦, 医学のあゆみ, 199, (13) 876 - 882,   2001年12月29日
  • 前後肢の違いと心臓左右心室決定に関わるTbx遺伝子, 竹内純, 小柴和子, 小椋利彦, 遺伝子医学, 5, (1) 130 - 135,   2001年02月10日
  • 情報伝達研究の最前線 発生・文化・形態形成に関する情報伝達 前後肢,心臓左右心室決定にかかわるTbx遺伝子, 小柴和子, 竹内純, 小椋利彦, 医学のあゆみ, 194, (5) 325 - 330,   2000年07月29日
  • 眼の背腹軸形成と網膜視蓋投射, 小柴和子, 竹内純, 小椋利彦, 脳21, 3, (3) 381 - 384,   2000年07月20日
  • 発生・神経研究の最前線2000 左右軸形成,神経幹細胞,器官再生を含む最新トピックス 第1章 体軸形成 1 前後軸に沿ったパターン形成 3 前後肢の違いを決めるTbx遺伝子とidentityの獲得, 竹内純, 小柴和子, 小椋利彦, 実験医学, 18, (9) 1183 - 1193,   2000年05月25日
  • 眼の背腹軸形成と網膜視蓋投射に関わるTbx5, 小柴和子, 竹内純, 小椋利彦, 細胞工学, 19, (3) 364 - 367,   2000年03月
  • エレクトロポレーション法の生体内への応用 第4回 ウイルス遺伝子導入による肢芽形態形成の分子機構の解明, 竹内純, 高橋源尚, 小柴和子, 小椋利彦, 細胞工学, 18, (11) 1686 - 1695,   1999年10月22日
  • 手になるか足になるか Tbx5とTbx4は前後肢の違いを決定する, 竹内純, 小柴和子, 小椋利彦, 実験医学, 17, (10) 1241 - 1245,   1999年07月01日
  • Tbx5/Tbx4は手足の違いを決定する, 竹内純, 小柴和子, 小椋利彦, 細胞工学, 18, (6) 779 - 781,   1999年06月01日
  • ノックアウトマウス・データブック Shh(Sonic hedgehog),Dhh(Desert hedgehog), 小柴和子, 野地澄晴, Mol Med, 34, (Dec) 458 - 459,   1997年
  • ノックアウトマウス・データブック FGFR‐1,FGFR‐3, 小柴和子, 野地澄晴, Mol Med, 34, (Dec) 173 - 174,   1997年
  • ノックアウトマウス・データブック FGF‐3,4,5,7, 小柴和子, 野地澄晴, Mol Med, 34, (Dec) 172 - 173,   1997年
  • ノックアウトマウス・データブック BMPR‐IA(bone morphogenetic protein receptor‐IA), 小柴和子, 野地澄晴, Mol Med, 34,   1997年
  • ノックアウトマウス・データブック BMP‐1(bone morphogenetic protein 1), 小柴和子, 野地澄晴, Mol Med, 34, (Dec) 50 - 51,   1997年
  • ノックアウトマウス・データブック BMP‐2,4,7,GDF‐8,9, 小柴和子, 野地澄晴, Mol Med, 34, (Dec) 51 - 53,   1997年

受賞

  •   2010年, 日本動物学会奨励賞
  •   2007年, 公益信託山村富美記念女性科学研究者研究助成基金
  •   2002年, 上原記念生命科学財団 海外留学助成リサーチフェローシップ