詳細検索はこちら
※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

角田 伸代ツノダ ノブヨ

所属・担当
健康栄養学科
食環境科学専攻
職名教授
メールアドレスtsunoda001[at]toyo.jp ※[at]を@に書き換えて送信して下さい
ホームページURLhttps://kaken.nii.ac.jp/d/r/60337483.ja.html
生年月日
Last Updated :2017/11/22

研究者基本情報

学歴

  • 1988年04月 - 1992年03月, 徳島大学, 医学部栄養学科
  • 1992年04月 - 1994年03月, 女子栄養大学大学院, 栄養学研究科栄養学専攻

学位

  • 博士(栄養学), 徳島大学

所属学協会

  • 日本臨床スポーツ医学会
  • 日本脂質栄養学会
  • 日本静脈経腸栄養学会
  • 日本栄養・食糧学会
  • 日本栄養改善学会
  • 日本病態栄養学会
  • 日本肥満学会
  • 日本糖尿病学会

委員歴

  •   2003年04月 - 現在, 日本栄養改善学会, 評議員
  •   2007年04月 - 2010年03月, 東京都栄養士会, 教育研究部会運営委員

経歴

  •   1995年04月 - 2000年08月, 国立健康・栄養研究所, 臨床栄養部
  •   2000年09月 - 2001年03月, ベーカー医学研究所(メルボルン)
  •   2001年04月 - 2003年03月, 城西大学, 薬学部医療栄養学科, 助手
  •   2002年04月 - 2012年03月, 城西大学, 薬学部医療栄養学科, 講師
  •   2012年 - 現在, 国立長寿医療研究センター, 老化制御研究部, 流動研究員
  •   2014年04月 - 現在, JR東京総合病院, 栄養管理室, テンポラリースタッフ
  •   2015年04月, 東洋大学, 食環境科学部健康栄養学科, 教授

研究活動情報

研究分野

  • 健康・スポーツ科学, 応用健康科学

研究キーワード

    魚油, インスリン感受性, インクレチン, DPP4, 生活習慣病, n-3系多価不飽和脂肪酸, 糖・脂質代謝異常

論文

  • Vegetable dishes, dairy products and fruits are key items mediating adequate dietary intake for Japanese adults with spinal cord injury, Tsunoda N, Inayama T, Hata K, Oka J, Spinal cord,   2015年05月
  • Key Dietary Behavioral and Environmental Factors Mediating Dietary Variety Among Japanese Adults with Spinal Cord Injury, Nobuyo Tsunoda, Takayo Inayama, Kikuko Hata, Jun Oka, International Journal of Nutrition and Food Sciences, 4, (1) 111 - 117,   2015年
  • Associations between abdominal visceral fat and surrogate measures of obesity in Japanese men with spinal cord injury, Takayo Inayama, Yukiharu Higuchi, Nobuyo Tsunoda, Hisako Uchiyama, and Hajimu Sakuma, Spinal Coad, 52 , (11) 836 - 841,   2014年
  • Effects of a comprehensive intervention program, including hot bathing, on physical function in community-dwelling healthy older adults: a pilot randomized controlled trial., Sakurai R, Yasunaga M, Saito K, Fukaya T, Kim MJ, Tsunoda N, Muraki E, Suzuki H, Shinkai S, Watanabe S, Fujiwara Y, Aging clinical and experimental research, 25, (4) 453 - 461,   2013年08月
  • Effects of a comprehensive intervention program, including hot bathing, on overweight adults: a randomized controlled trial., Sakurai R, Fujiwara Y, Saito K, Fukaya T, Kim MJ, Yasunaga M, Kim H, Ogawa K, Tanaka C, Tsunoda N, Muraki E, Suzuki K, Shinkai S, Watanabe S, Geriatrics & gerontology international, 13, (3) 638 - 645,   2013年07月
  • 推定方法の違いによる在宅の脊髄損傷者の推定エネルギー必要量についての検討, 稲山貴代, 横瀬道絵, 角田伸代, 内山久子, 佐久間肇, 樋口幸治, 岡純, 加園恵三, 栄養学雑誌, 榮養學雑誌, 71, (2) 59 - 66,   2013年04月01日
  • 在宅脊髄損傷者の食生活の包括的特性ならびに性・年齢区分・損傷部位による差異についての検討, 秦希久子, 角田伸代, 稲山貴代, 栄養学雑誌, 榮養學雑誌, 70, (6) 346 - 361,   2012年12月01日
  • Fenugreek with reduced bitterness prevents diet-induced metabolic disorders in rats., Muraki E, Chiba H, Taketani K, Hoshino S, Tsuge N, Tsunoda N, Kasono K, Lipids in health and disease, 11,   2012年05月
  • Improvement in the high-fat diet-induced dyslipidemia and adiponectin levels by fish oil feeding combined with food restriction in obese KKAy mice., Wakutsu M, Tsunoda N, Mochi Y, Numajiri M, Shiba S, Muraki E, Kasono K, Bioscience, biotechnology, and biochemistry, 76, (5) 1011 - 1014,   2012年
  • Dose-dependent effects, safety and tolerability of fenugreek in diet-induced metabolic disorders in rats., Muraki E, Hayashi Y, Chiba H, Tsunoda N, Kasono K, Lipids in health and disease, 10,   2011年12月
  • 手首の3軸加速度・3軸角速度を用いた健常者の車椅子走行時における活動量評価のための予備的検討, 木内香帆里, 稲山貴代, 小田浩之, 角田伸代, 岡純, 樋口幸治, 佐久間肇, 池本真二, 日本臨床スポーツ医学会誌, 日本臨床スポーツ医学会誌 = The journal of Japanese Society of Clinical Sports Medicine, 19, (2) 265 - 271,   2011年04月30日
  • フェヌグリークは正常ラットの脂肪蓄積抑制に関与する, 村木悦子, 松岡知里, 及川璃奈, 佐藤しのぶ, 千葉大成, 角田伸代, 加園恵三, 日本栄養・食糧学会誌, 日本栄養・食糧学会誌 : Nippon eiy◆U014D◆ shokury◆U014D◆ gakkaishi = Journal of Japanese Society of Nutrition and Food Science, 64, (2) 99-106 (J-STAGE) - 106,   2011年04月10日
  • TRPV1 agonist monoacylglycerol increases UCP1 content in brown adipose tissue and suppresses accumulation of visceral fat in mice fed a high-fat and high-sucrose diet., Iwasaki Y, Tamura Y, Inayoshi K, Narukawa M, Kobata K, Chiba H, Muraki E, Tsunoda N, Watanabe T, Bioscience, biotechnology, and biochemistry, 75, (5) 904 - 909,   2011年
  • Regulation of lipid metabolism by palmitoleate and eicosapentaenoic acid (EPA) in mice fed a high-fat diet., Shiba S, Tsunoda N, Wakutsu M, Muraki E, Sonoda M, Tam PS, Fujiwara Y, Ikemoto S, Kasono K, Bioscience, biotechnology, and biochemistry, 75, (12) 2401 - 2403,   2011年
  • Unsaturated fatty acids in fish oil play a role in adequate fat distribution to plasma, liver and white adipose tissue, Shiba S, Tsunoda N, Ito K, Wakutsu M, Muraki E, Sonoda M, Tam PS, Fujiwara Y, Ikemoto S, Kasono K, J. Health Sci, 57, (4) 341 - 349,   2011年
  • 温泉利用が健康増進に与える効果および安全性に関する研究 第1章 温泉利用型複合健康増進プログラムの開発と評価 4節 すぷりんぐ栄養介入プログラム概要, 角田伸代, 村木悦子, 齋藤京子, 温泉利用が健康増進に与える効果および安全性に関する研究 平成22年度 総括・分担研究報告書, 39 - 44,   2011年
  • 温泉利用が健康増進に与える効果および安全性に関する研究 第1章 温泉利用型複合健康増進プログラムの開発と評価 1節 生活習慣病予防型プログラム(スリムアップ教室)の介入効果の検証, 齋藤京子, 深谷太郎, 西川武志, 角田伸代, 村木悦子, 羽倉寛子, 櫻井良太, 金美芝, 安永正史, 野中久美子, 小川貴志子, 小宇佐陽子, 大場宏美, 鈴木宏幸, 村山陽, 竹内留美, 長沼亨, 鄭恵元, 温泉利用が健康増進に与える効果および安全性に関する研究 平成22年度 総括・分担研究報告書, 11 - 20,   2011年
  • 温泉利用が健康増進に与える効果および安全性に関する研究 第1章 温泉利用型複合健康増進プログラムの開発と評価 2節 介護予防型プログラム(元気アップ教室)の介入効果の検証, 藤原佳典, 桜井良太, 角田伸代, 村木悦子, 羽倉寛子, 金美芝, 安永正史, 野中久美子, 小川貴志子, 小宇佐陽子, 大場宏美, 鈴木宏幸, 村山陽, 竹内留美, 長沼亨, 鄭恵元, 温泉利用が健康増進に与える効果および安全性に関する研究 平成22年度 総括・分担研究報告書, 21 - 32,   2011年
  • 脊髄損傷者の栄養・食事計画における安静時代謝量測定意義の検討, 内山久子, 角田伸代, 横瀬道絵, 佐久間肇, 繁田文子, 岡純, 稲山貴代, 加園恵三, 日本栄養士会雑誌, 53, (10) 911 - 918,   2010年10月01日
  • Peroxisome proliferator-activated receptors (PPARs)-independent functions of fish oil on glucose and lipid metabolism in diet-induced obese mice., Wakutsu M, Tsunoda N, Shiba S, Muraki E, Kasono K, Lipids in health and disease, 9,   2010年09月
  • マウスにおいて魚油はウェイトリバウンドによる体重増加および肝臓への脂肪蓄積を抑制する, 餅康樹, 角田伸代, 柴祥子, 村木悦子, 加園恵三, 日本栄養・食糧学会誌, 63, (2) 69 - 77,   2010年
  • 在宅脊髄損傷者の食生活と食行動・食態度の指標との関連についての検討, 横瀬道絵,角田伸代,加園恵三,佐久間 肇,樋口幸治,稲山貴代, 栄養学雑誌, 68, (3) 183 - 192,   2010年
  • 腕時計型行動識別計による脊髄損傷者の日常生活活動の評価に関する基礎的検討, 小田浩之, 池本真二, 角田伸代, 岡純, 樋口幸治, 佐久間肇, 池川繁樹, 稲山貴代, 日本臨床スポーツ医学会誌, 17, (2) 305 - 314,   2009年
  • 医療施設におけるEBN・マネジメントの概念に基づく効率的な栄養管理・食事設計, 加藤勇太, 江端みどり, 村木悦子, 角田伸代, 中島啓, 加園恵三, 日本臨床栄養学会雑誌, 30, (1) ,   2008年09月20日
  • 大学生におけるサプリメントの利用と食行動・食態度との関連-運動部学生と薬学部学生との比較-, 嘉山有太, 稲田早苗, 村木悦子, 江端みどり, 角田伸代, 加園恵三, 栄養学雑誌, 64, (3) 173 - 183,   2006年
  • Nuclear factor 1 regulates adipose tissue-specific expression in the mouse GLUT4 gene., Miura S, Tsunoda N, Ikeda S, Kai Y, Cooke DW, Lane MD, Ezaki O, Biochemical and biophysical research communications, 325, (3) 812 - 818,   2004年12月
  • Regulatory sequence elements of mouse GLUT4 gene expression in adipose tissues., Miura S, Tsunoda N, Ikeda S, Kai Y, Ono M, Maruyama K, Takahashi M, Mochida K, Matsuda J, Lane MD, Ezaki O, Biochemical and biophysical research communications, 312, (2) 277 - 284,   2003年12月
  • 生化学・栄養 高脂肪食摂取により生じる肥満およびインスリン抵抗性と大豆たん白質摂取との関連, 角田 伸代, 藤兼 裕子, 金 賢珠, 大豆たん白質研究, 大豆たん白質研究, 5, (23) 81 - 85,   2002年10月
  • Absorption in humans of isoflavones from soy and red clover is similar, Tsunoda N, Pomeroy S, Nestel P, J Nutr, 132, (8) 2199 - 2201,   2002年
  • Localization of exercise- and denervation-responsive elements in the mouse GLUT4 gene, Tsunoda N,Maruyama K,Cooke DW,Lane MD,Ezaki O, Biochem Biophys Res Commun, 267, (3) 744 - 751,   2000年
  • Overexpression of GLUT4 in mice causes up-regulation of UCP3 mRNA in skeletal muscle, Tsuboyama-Kasaoka N,Tsunoda N,Maruyama K,Takahashi M,Kim H,Cooke DW,Lane MD, Biochem Biophys Res Commun, 258, (1) 187 - 193,   1999年
  • GLUT 4 : 運動による発現調節, 江崎 治, 角田 伸代, 肥満研究 : 日本肥満学会誌 = Journal of Japan Society for the Study of Obesity, 肥満研究 : 日本肥満学会誌 = Journal of Japan Society for the Study of Obesity, 4, (2) 178 - 180,   1998年04月25日
  • Up-regulation of uncoupling protein 3 (UCP3) mRNA by exercise training and douwn-regulation of UCP3 by denervation in skeletal muscles, Tsuboyama-Kasaoka N,Tsunoda N,Maruyama K,Takahashi M,Kim H,Ikemoto S,Ezaki O, Biochem Biophys Res Commun, 247, (2) 498 - 503,   1998年
  • High-monounsaturated fat diet-induced obesity and diabetes in C57BL/6J mice, Tsunoda N,Ikemoto S,Takahashi M,Maruyama K,Watanabe H,Goto N,Ezaki O, Metabolism, 47, (6) 724 - 730,   1998年
  • インスリン応答性の糖輸送体(GLUT4)遺伝子の発現調節機序の解明, 池本真二, 角田伸代, 丸山佳代, 高橋真由美, 江崎治, 第13回「健康医科学」研究助成論文集, 1 - 10,   1998年
  • Regulated expression of 5'-deleted mouse GLUT4 minigenes in transgenic mice: effects of exercise training and high-fat diet, Tsunoda N,Cooke DW,Ikemoto S,Maruyama K,Takahashi M,Lane MD, Ezaki O, Biochem Biophys Res Commun, 239, (2) 503 - 509,   1997年
  • Cholate inhibits high-fat diet-induced hyperglycemia and obesity with Acyl-CoA synthetase mRNA decrease, Ikemoto S,Takahashi M,Tsunoda N,Maruyama K,Itakura H,Kawanaka K,Tabata I,Higuchi M,Tange, T,Yamamoto T,Ezaki O, Am J Physiol, 273 , (36) E37 - E45,   1997年
  • High-fat diet-induced hyperglycemia and obesity in mice: differential effects of dietary oils, Ikemoto S,Takahashi M,Tsunoda N,Maruyama K,Itakura H,Ezaki O, Metabolism, 45, (12) 1539 - 1546,   1996年

MISC

  • 運動によるインスリン感受性改善の分子メカニズム (1月第5土曜特集 糖尿病の分子医学) -- (インスリン作用の分子メカニズム), 江崎 治, 角田 伸代, 医学のあゆみ, 192, (5) 432 - 435,   2000年01月29日
  • 脂肪細胞の実験法--遊離脂肪細胞および3T3-L1細胞の実験法 (脂肪細胞--基礎と臨床), 江崎 治, 角田 伸代, 医学のあゆみ, 184, (6) 503 - 506,   1998年02月07日

書籍等出版物

  • 栄養科学シリーズ NEXT 新・臨床栄養学
    角田伸代
    共著講談社  2016年01月

講演・口頭発表等

  • 嚥下食料理教室の取り組みと継続に向けた今後の課題の検討, 金子康彦, 早川恵理香, 角田伸代, 小嶋紀子, 今泉良典, 若松俊孝, 日本在宅医学会大会抄録集,   2014年
  • 温泉施設を利用した仲間づくりおよび健康増進プログラムの提供が生活習慣病リスク軽減に及ぼす影響, 山川裕子, 角田伸代, 村木悦子, 齋藤京子, 加園恵三, 栄養学雑誌,   2011年09月08日
  • 生活習慣病の予防および治療と食生活の関連性に関する研究, 角田伸代, 栄養学雑誌,   2008年09月
  • 栄養療法導入後のメトホルミン投与が肝臓及び脂肪組織に与える影響, 佐藤しのぶ, 村木悦子, 江端みどり, 大竹一男, 角田伸代, 小林順, 加園恵三, 糖尿病,   2008年04月25日
  • 医療施設における栄養管理・食事設計の標準化とQuality Controlのためのシステム構築に関する検討, 加藤勇太, 江端みどり, 村木悦子, 角田伸代, 中島啓, 加園恵三, 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集,   2008年04月01日
  • 脊髄損傷者における腕時計型行動識別計(ViM)を用いた日常の生活活動量の評価の検討, 小田浩之, 池本真二, 角田伸代, 岡純, 佐久間肇, 樋口幸治, 北畠義典, 江川賢一, 池川繁樹, 稲山貴代, 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集,   2008年04月01日
  • 糖尿病モデルマウスを用いた食事療法に関する研究―食事中脂肪酸比率の相違における検討―, 岡村知広, 柴祥子, 村木悦子, 角田伸代, 加園恵三, 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集,   2008年04月01日
  • 腕時計型行動識別計(ViM)を用いた日常生活における身体活動量評価の妥当性の検討, 當山絵理, 稲山貴代, 小田浩之, 角田伸代, 岡純, 藤原葉子, 池本真二, 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集,   2008年04月01日
  • 糖・脂質代謝及びインスリン感受性に影響する魚油成分の検討, 柴祥子, 角田伸代, 園田麻里子, 村木悦子, 池本真二, 加園恵三, 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集,   2008年04月01日
  • 桂皮熱水抽出物が脂肪細胞の糖及び糖質代謝に与える影響, 沈燕, 村木悦子, 江端みどり, 角田伸代, 加園恵三, 日本薬学会年会要旨集,   2008年03月05日
  • フェヌグリークシード投与による生活習慣病への影響~有効成分の検索~, 村木悦子, 山口絵美, 木戸佳奈子, 千葉大成, 角田伸代, 加園恵三, 日本香辛料研究会講演要旨集,   2008年

受賞

  •   2008年09月, 日本栄養改善学会, 奨励賞

競争的資金

  • 魚油の作用機序におけるインクレチンの役割とその分泌調節による糖尿病食事療法の検討, 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 角田 伸代, 魚油には、体重増加抑制、血中脂質低下作用、脂肪肝改善作用などの多岐にわたる効能が知られるが、その機序はいまだ明確ではない。魚油の主成分であるEPA、DHAは、小腸のGPR120を受容体のひとつとしていることが知られる。一方、GLP-1も、小腸のGPR120を介して分泌され、魚油と似通った効能を有する。GPR120をノックアウトした報告では、GLP-1の分泌低下と肥満が生じ、この受容体が食事性油脂のセンサーとして働き、身体のエネルギー状態をコントロールしていることを示唆している。また、魚油を多量摂取している人では、DPP4阻害薬の効きがよいとの報告やEPA、DHA摂取によって脂肪から分泌されるDPP4が低下するとの報告もある。よって、魚油の作用機序にGLP-1が関与している可能性あり、近年使用頻度の高まっているDPP4阻害薬と魚油との相互作用が示唆される。そこで本研究では、魚油の作用機序に及ぼすインクレチンの役割について検討を行うことを目的とした。まず、上部消化管および下部消化管のプライマリー細胞を用い、脂肪酸添加によるインクレチン分泌への影響を検討しようと試みたが、実験系が上手く立ち上がらず明確な結果を得ることができなかった。そこで次に、DPP4活性に及ぼす脂肪酸の影響をin vitro系で検討した。DPP4に各種脂肪酸を添加したところ、パルミチン酸、リノール酸、DHA、EPAの順にDPP4阻害活性が高値を示し、パルミチン酸以外では濃度依存性が認められた。また、EPAとDPP4阻害剤を同時添加したところ、相加効果が認められた。これらの結果から、EPA、DHAは高いDPP4阻害活性を有しており、魚油の作用機序の一因である可能性が示唆された。また、DPP4阻害剤の効きをEPAによって高められる可能性も示された。
  • 種々の脂質摂取が大動脈機能に及ぼす効果についての検討, 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 加園 恵三, 本研究では、n-3系多価不飽和脂肪酸(EPA、DHA)、1価不飽和脂肪酸(パルミトオレイン酸)が血管内皮細胞のNO産生や血管の弛緩反応に及ぼす効果とその機序について、2型糖尿病・肥満モデルマウス(KK-Ay)を用いて、ex vivoおよびin vitroで検討する。7 週齢の雄性KK-Ayマウスに飼料(AIN-93G)を 8 週間与え、その後、一部に、EPA (200mg/day/匹)を 4 週間経口投与した。同週齢の C57Bl/6J 雄性マウスまたはAIN-93G のみを飼料としたKK-Ayマウスを対照とし、以下の結果を得た。1) KK-Ayマウスは、C57Bl/6Jマウスに比べ、空腹時血糖・インスリン値が上昇したが、EPA 投与により減少傾向が見られた。2) KKAy マウスから摘出した胸部大動脈は、C57Bl/6J マウスに比べて、nitroprusside sodium(NO ドナー)による内皮非依存性弛緩反応は変化しなかったが、acetylcholine 及び clonidine による内皮依存性弛緩反応が減弱した。EPA 投与により内皮依存性弛緩反応に改善傾向が見られた。3) 摘出胸部大動脈に EPAを累積投与したところ、弛緩反応が見ら、NO 合成酵素阻害薬(L-NNA)の前処置で、弛緩反応が減弱した。以上より、KKAy マウスでは血管内皮細胞のNO の産生低下やバイオアベイラビリティーの低下があり、EPA投与 により内皮機能障害が改善する事が示唆された。機序として、EPA 投与によるインスリン値、血糖値減少→インスリン抵抗性改善→血管内皮機能障害軽減、が示唆された。また、EPAによる弛緩反応は、L-NNA で完全には消失せず、EPA の代謝物であるPGI3、PGI2なども関与する可能性が示唆された。
  • 魚油の糖・脂質代謝および脂肪肝改善効果の機序についての研究, 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 加園 恵三, (1)マウスにおいて魚油はウェイトリバウンドによる体重増加および肝臓への脂肪蓄積を抑制する。魚油のウェイトリバウンドに及ぼす影響についてKK-Ayマウスを用いて検討した。この結果、リバウンドによる体重増加期の魚油摂取は、体重増加と肝臓への脂肪蓄積を抑制することが判明した。肝臓への脂肪蓄積抑制の機序として、肝臓での脂肪酸合成の抑制、脂肪分解や脂肪酸酸化の亢進および肝臓からのリポタンパク質分泌の正常化が関与すると考えられた。(2)マウスの食餌誘発性糖・脂質代謝における魚油のperoxisome proliferator-activated receptors(PPARs)非依存性の作用。この実験結果から、魚油はPPARs(PPAR-αおよびPPAR-γ)非依存性の機序により、血清および肝臓中脂質を減少させることが判明した。また、糖代謝に関しては、食餌に含まれる脂質の種類によりPPARs antagonistsの作用が異なる(逆方向になる)ことも判明した。(3)魚油中の不飽和脂肪酸が血清、肝臓および脂肪組織における適正な脂肪分布に関与する。魚油と魚油を水素化することにより、不飽和脂肪酸を同じ炭鎖長の飽和化脂肪酸に変化させた油脂を用いて、糖・脂質代謝に及ぼす不飽和脂肪酸の役割を検討した。その結果、魚油中の不飽和脂肪酸が血清、肝臓および脂肪組織における脂質分布の適正化に関与することが判明した。また、水素化した魚油食でも耐糖能が悪化しなかったことの理由として、肝臓や脂肪組織で合成された一価不飽和脂肪酸(C16:1,C18:1)が関与すると考えられた。(4)高脂肪食下のマウスにおけるパルミトオレイン酸およびエイコサペンタエン酸の脂質代謝調節作用高脂肪食下のマウスに魚油に服われるの主要な構成要素であるパルミトオレイン酸を経口投与し、糖・脂質代謝に及ぼす影響を検討した。この結果、高牛脂食によって誘発された脂質代謝異常を比較的少量のパルミトオレイン酸を経口投与することにより、同量のエイコサペンタエン酸と同程度改善した。よって、魚油中のパルミトオレイン酸はエイコサペンタエン酸と並ぶ脂質代謝の主要な調節因子であると考えられた。
  • 魚油摂取によるインスリン抵抗性改善機序の解明:生体内過酸化脂質生成量との関連, 文部科学省, 科学研究費補助金(若手研究(B)), 角田 伸代, 肥満、糖尿病、高脂血症といった生活習慣病は増加の一途をたどっており、その発症機序の解明と予防法の開発が待たれている。動物性脂肪量の増加が生活習慣病の発症の一因であることから、油脂の質(脂肪酸組成)に関する研究が盛んに行われている。魚油には、抗肥満、耐糖能改善効果のあることが明らかにされているが、一方で、高度不飽和脂肪酸の過酸化の問題があり、魚油を多量に摂取した場合には、肝臓中の過酸化脂質濃度が増加することが報告されている。しかし、魚油含量の違いによる生体内における過酸化脂質生成量の違いや過酸化脂質の脂肪組織、筋肉、肝臓に及ぼす影響については検討されていない。そこで、これまで我々は、食餌中の魚油含量を変化させ、肝臓中過酸化脂質量との関連を検討してきた。脂肪エネルギー比10%、30%、50%という異なる魚油含量の餌をC57BL/6Jマウスに摂取させ、肝臓中過酸化脂質量を調べたところ、魚油含量が多くなるに従って増加した。一方、魚油含量が増加するに従って、空腹時における血中インスリン値は低下したが血糖値は変化しなかった。しかし、摂食時のインスリン値は空腹時と同様に低下したが血糖値も上昇した。また、魚油含量50%においては、膵臓からのインスリン分泌は減少し、血中アディポネクチン値も低下した。以上の結果から、肝臓中過酸化脂質量が増加しても、空腹時におけるインスリン感受性は良好となるが、膵臓に障害が起こり、摂食時にはインスリン分泌量が追いつかずやや高血糖となることが示唆された。過酸化脂質量が直接的にインスリン感受性や膵障害に影響を及ぼしているのかについては、さらに検討が必要である。
  • 魚油のインスリン抵抗性改善効果と魚油摂取量及び生体内過酸化脂質生成量との関連性, 文部科学省, 科学研究費補助金(若手研究(B)), 角田 伸代, 肥満、糖尿病、高脂血症といった生活習慣病は増加の一途をたどっており、その発症機序の解明と予防法の開発が待たれている。動物性脂肪量の増加が生活習慣病の発症の一因であることから、油脂の質(脂肪酸組成)に関する研究が盛んに行われている。魚油には、抗肥満、耐糖能改善効果のあることが明らかにされているが、一方で、高度不飽和脂肪酸の過酸化の問題があり、魚油を多量に摂取した場合には、肝臓中の過酸化脂質濃度が増加することが報告されている。しかし、魚油含量の違いによる生体内における過酸化脂質生成量の違いや過酸化脂質の脂肪組織、筋肉、肝臓に及ぼす影響については検討されていない。そこで、昨年度は、脂肪エネルギー比20%と50%という異なる魚油含量の餌をC57BL/6Jマウスに摂取させた場合の体重、内臓脂肪量、血中脂質レベルについて、肝臓中過酸化脂質量との関連性から検討した。本年度は、脂肪エネルギー比10%〜50%までの魚油含量を含む餌をC57BL/6Jマウスに約3ヶ月間摂取させ、体重、内臓脂肪量、血中インスリンおよびレプチンレベル、肝臓中過酸化脂質量について検討した。その結果、エネルギー摂取量および体重に、魚油含量による有意な差は認められなかったが、血中インスリンおよびレプチンレベルには差が認められた。また、肝臓中過酸化脂質量にも差が認められた。これらの結果から、血中インスリンおよびレプチンレベルにみられた相違と肝臓中過酸化脂質量との関連性について、現在検討中である。

教育活動情報

担当経験のある科目

  • 臨床栄養学特論, 城西大学
  • 食毒性学特論, 城西大学
  • 調理学実習, 城西大学
  • 栄養教育論実習, 城西大学
  • 公衆栄養学実習, 城西大学
  • 臨床栄養学実習, 城西大学, 東洋大学
  • 公衆栄養学, 城西大学
  • 栄養教育論, 城西大学
  • 臨床栄養学, 東洋大学
  • 臨床栄養学演習, 城西大学