研究者総覧

木下 聡 (キノシタ サトシ)

  • 文学部史学科 准教授
  • 文学研究科史学専攻 准教授
Last Updated :2021/08/31

研究者情報

学位

  • 博士(東京大学)

科研費研究者番号

  • 40778651

J-Global ID

研究キーワード

  • 室町幕府 官位 官途状 口宣案 故実 日本中世史 土岐氏 斎藤氏 若狭武田氏 斯波氏 室町時代 戦国時代 鎌倉府 山内上杉氏 政治史 奉公衆 外様衆   

研究分野

  • 人文・社会 / 日本史 / 中世政治史

経歴

  • 2020年04月 - 現在  東洋大学文学部准教授
  • 2016年04月 - 2020年03月  東京大学大学院人文社会系研究科助教
  • 2010年 - 2016年  東京大学史料編纂所特任研究員Historiographical Institute
  • 2007年04月 - 2010年03月  日本学術振興会特別研究員(PD)

学歴

  • 2003年04月 - 2007年03月   東京大学大学院   人文社会系研究科   日本文化研究専攻日本史学専門分野博士課程

所属学協会

  • 千葉歴史学会   日本古文書学会   戦国史研究会   日本歴史学会   日本史研究会   史学会   

研究活動情報

論文

  • 足利将軍から授与された「栄典」は、役に立ったのか?
    山田康弘編、日本史史料研究会監修『戦国期足利将軍研究の最前線』121-141 山川出版社 2020年05月
  • 相模・武蔵国における遵行
    木下聡
    黒田基樹編著『鎌倉府発給文書の研究』戎光祥出版 374 - 410 2020年02月
  • 鎌倉府政所執事・問注所執事奉書の機能と性格
    木下聡
    黒田基樹編著『鎌倉府発給文書の研究』戎光祥出版 107 - 130 2020年02月
  • 明智光秀と美濃国
    木下聡
    現代思想 47 16 78 - 84 2019年12月
  • 中世後期の武士の官途認識と選択
    木下聡
    年報中世史研究 44 39 - 63 2019年05月 [査読有り]
  • 室町幕府との交渉の展開
    木下聡
    黒田基樹編著『戦国大名の新研究1 今川義元とその時代』戎光祥出版 258 - 27 2019年05月
  • 「大和家蔵書」所収「大館陸奥守晴光筆記」・「安富勘解由左衛門尉筆記」
    木下聡
    東京大学日本史学研究室紀要 23 73 - 98 2019年03月
  • 長篠合戦における戦死者の推移について
    木下聡
    金子拓編『長篠合戦の史料学 いくさの記憶』勉誠出版 75 - 135 2018年10月
  • 中世における諸階層の官途受容
    木下聡
    中世学研究会編『中世学研究1 幻想の京都モデル』高志書院 155 - 173 2018年07月
  • 「大和家蔵書」所収「大館伊予守尚氏入道常興筆記」
    木下聡
    東京大学日本史学研究室紀要 22 329 - 395 2018年03月
  • 足利成氏期の関東管領と守護
    木下聡
    黒田基樹編著『足利成氏とその時代(関東足利氏の歴史5)』戎光祥出版 170 - 201 2018年01月
  • 室町幕府奉公衆結城氏の基礎的研究
    木下聡
    戦国史研究会編『戦国期政治史論集 西国編』岩田書院 119 - 144 2017年12月
  • 足利義視
    木下聡
    榎原雅治・清水克行編『室町幕府将軍列伝』戎光祥出版 224 - 232 2017年09月
  • 信長と美濃斎藤氏との関係とは
    木下聡
    日本史史料研究会監修『信長研究の最前線2 まだまだ未解明な「革新者」の実像』洋泉社 104 - 116 2017年08月
  • 「三河守任官」と尾張乱入は関係があるのか
    木下聡
    大石泰史編『今川氏研究の最前線 ここまでわかった「東海の大大名」の実像』洋泉社 166 - 183 2017年06月
  • 斎藤道三・一色義龍父子と美濃支配
    木下聡
    天野忠幸編『松永久秀』宮帯出版社 266 - 275 2017年05月
  • 新出史料紹介「東寺観智院金剛蔵文書」上杉憲顕奉書写
    木下聡
    市史研究きよせ 2 2 - 4 2017年03月
  • 「大和家蔵書」所収「大和大和守晴完入道宗恕筆記」
    木下聡
    東京大学日本史学研究室紀要 21 169 - 210 2017年03月
  • 日本史研究におけるガラス乾板の意義 保阪潤治コレクションから
    木下聡
    久留島典子・高橋則英・山家浩樹編『文化財としてのガラス乾板 写真が紡ぎなおす歴史像』勉誠出版 202 - 205 2017年03月
  • 室町幕府下の太田氏
    木下聡
    義堂の会編・発行『空華日用工夫略集の周辺』 57 - 75 2017年03月
  • 南北朝期二階堂氏の系譜と動向
    木下聡
    佐藤博信編『中世東国の政治と経済』岩田書院 27 - 54 2016年12月
  • 足利持氏期の関東管領と守護
    木下聡
    黒田基樹編著『足利持氏とその時代(関東足利氏の歴史4)』戎光祥出版 215 - 239 2016年08月
  • 信長と美濃斎藤氏との戦い
    木下聡
    渡邊大門編『信長軍の合戦史』吉川弘文館 24 - 38 2016年06月
  • 室町幕府において将軍直臣に対して将軍以外が名前の一字を与えること
    木下聡
    日本史史料研究会編『日本史のまめまめしい知識』第1巻岩田書院 40 - 49 2016年05月
  • 秀吉は、官位をどのように利用したのか
    木下聡
    日本史史料研究会編『秀吉研究の最前線 ここまでわかった「天下人」の実像』洋泉社 69 - 84 2015年08月
  • 戦国期の武士の官途
    木下聡
    渡邊大門編『真実の戦国時代』柏書房 254 - 267 2015年05月
  • 中世における誕生日
    木下聡
    日本歴史 804 1 - 16 2015年04月 [査読有り]
  • 万里小路惟房筆写の伏見宮本「大間書」紙背文書
    木下聡
    科学研究費補助金(基盤研究(S))研究成果報告書『日本目録学の基盤確立と古典学研究支援ツールの拡充―天皇家・公家文庫を中心に―』 95 - 106 2015年04月
  • 『高倉永豊卿記』紙背文書の翻刻と紹介
    榎原雅治; 木下聡; 谷口雄太; 堀川康史
    東京大学日本史学研究室紀要 19 105 - 114 2015年03月
  • 伏見宮本『惟房公記』
    木下聡
    田島公編『禁裏・公家文庫研究 第五輯』思文閣出版 249 - 270 2015年03月
  • 「足利義昭入洛記」と織田信長の上洛について
    木下聡
    田島公編『禁裏・公家文庫研究 第五輯』思文閣出版 189 - 196 2015年03月
  • 足利満兼期の関東管領と守護
    木下聡
    黒田基樹編著『足利満兼とその時代(関東足利氏の歴史3)』戎光祥出版 239 - 249 2015年03月
  • 鎌倉府における年中行事
    木下聡
    黒田基樹編著『足利満兼とその時代(関東足利氏の歴史3)』戎光祥出版 186 - 206 2015年03月
  • 鎌倉府における諸機関について
    木下聡
    黒田基樹編著『足利満兼とその時代(関東足利氏の歴史3)』戎光祥出版 186 - 206 2015年03月
  • 信長は、官位を必要としたのか
    木下聡
    日本史史料研究会編『信長研究の最前線 ここまでわかった「革新者」の実像』洋泉社 49 - 66 2014年10月
  • 室町幕府の秩序編成と武家社会
    木下聡
    歴史学研究 924 53 - 62 2014年10月
  • 官位にみる武家の系譜意識
    木下聡
    高橋典幸編『生活と文化の歴史学5 戦争と平和』竹林舎 431 - 446 2014年10月
  • 『高倉永豊卿記』の翻刻と紹介
    榎原雅治; 木下聡; 谷口雄太; 堀川康史
    東京大学日本史学研究室紀要 18 121 - 143 2014年03月
  • 足利氏満期の関東管領と守護
    木下聡
    黒田基樹編著『足利氏満とその時代(関東足利氏の歴史2)』戎光祥出版 159 - 178 2014年03月
  • 上杉氏の官途について
    木下聡
    黒田基樹編著『関東管領上杉氏』戎光祥出版 100 - 111 2013年06月
  • 武家における陸奥守について
    木下聡
    東京大学日本史学研究室紀要別冊『中世政治社会論叢』 301 - 310 2013年03月
  • 足利基氏期の関東管領と守護
    木下聡
    黒田基樹編著『足利基氏とその時代(関東足利氏の歴史1)』戎光祥出版 109 - 131 2013年03月 [査読有り]
  • 大和晴完とその故実について
    木下聡
    天野忠幸・片山正彦・古野貢・渡邊大門編『戦国・織豊期の西国社会』日本史史料研究会 143 - 178 2012年10月
  • 日本史学研究室寄託の石井進氏蒐集史料細目録─米沢藩関係古文書の中世史料─
    木下聡
    東京大学日本史学研究室紀要 16 141 - 245 2012年03月
  • 「室町幕府申次覚書写」について
    木下聡
    学術創成研究費「目録学の構築と古典学の再生-天皇家・公家文庫の実態復原と伝統的知識体系の解明-」科学研究費研究成果報告書 83 - 105 2012年03月
  • 東山御文庫所蔵「叙位部類記」所収の二条家の日記について
    木下聡
    東京大学史料編纂所研究紀要 22 141 - 160 2012年03月
  • 室町幕府・関東足利氏における町野氏
    木下聡
    佐藤博信編『関東足利氏と東国社会』岩田書院 87 - 111 2012年03月
  • 織田権力と織田信忠
    木下聡
    戦国史研究会編『織田権力の領域支配』岩田書院 125 - 154 2011年04月
  • 武家における「下野守」
    木下聡
    栃木県立文書館研究紀要 15 23 - 36 2011年03月
  • 室町幕府外様衆の基礎的研究
    木下聡
    東京大学日本史学研究室紀要 15 1 - 38 2011年03月
  • 二階堂政行と摂津政親
    木下聡
    阿部猛編『中世政治史の研究』日本史史料研究会 931 - 952 2010年09月
  • 結城合戦前後の扇谷上杉氏─新出史料の紹介と検討を通じて─
    木下聡
    千葉史学 55 91 - 107 2009年11月 [査読有り]
  • 後鑑所載「伊勢貞助記」について
    木下聡
    戦国史研究 57 14 - 25 2009年03月 [査読有り]
  • 室町幕府の官位叙任
    木下聡
    東京大学史料編纂所研究紀要 19 29 - 44 2009年03月
  • 中世後期における武家と受領官途─在地効果説をめぐって─
    木下聡
    日本歴史 730 17 - 37 2009年03月 [査読有り]
  • 武家と四職大夫
    木下聡
    日本史研究 549 44 - 64 2008年05月 [査読有り]
  • 室町戦国期の衛門・兵衛督
    木下聡
    遙かなる中世 21 77 - 102 2006年11月
  • 官途状の形式と地域的・時期的特徴について
    木下聡
    史学雑誌 115 9 67 - 88 2006年09月 [査読有り]
  • 武家官途としての左馬頭
    木下聡
    歴史評論 674 79 - 93 2006年06月 [査読有り]
  • 対馬宗氏の官途状・加冠状・名字状
    木下聡
    東京大学日本史学研究室紀要 10 19 - 111 2006年03月
  • 室町殿袖判口宣案について
    木下聡
    古文書研究 60 74 - 94 2005年07月 [査読有り]
  • 山内上杉氏の官途と関東管領職について
    木下聡
    日本歴史 685 18 - 31 2005年05月 [査読有り]
  • 常陸佐竹氏における官途
    木下聡
    戦国史研究 48 13 - 26 2004年08月 [査読有り]

書籍

その他のリンク

researchmap