詳細検索はこちら
※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

吉江 由美子ヨシエ ユミコ

所属・担当
食環境科学部食環境科学科
食環境科学研究科食環境科学専攻
職名教授
メールアドレス
ホームページURLhttp://kaken.nii.ac.jp/d/r/40293097.ja.html
生年月日
Last Updated :2019/11/07

研究者基本情報

学歴

  •  - 1994年, 東京水産大学大学院博士(水産学)

所属学協会

  • 日本水産学会
  • 日本分析化学会
  • 日本食品科学工学会
  • Institute of Food Technologists, IFT, USA

委員歴

  •   2005年 - 2009年, 日本水産学会, 広報委員
  •   1999年 - 2002年, 日本水産学会編集委員
  • IFT Professional member

研究活動情報

研究分野

  • 水産学, 水産化学

研究キーワード

    食品化学, 食品分析学 , 海藻, 動物実験, 食物繊維, ポリフェノール化合物, 細胞培養, フラボノイド, ポリフェノール, 脂質酸化, カテキン

論文

  • Differences in the biochemical compositions of two dietary jellyfish species and their effects on the growth and survival of Ibacus novemdentatus phyllosomas, K. Wakabayashi, H. Sato, Y. Yoshie-Stark, M. Ogushi, Y. Tanaka,   2015年
  • Grooming behavior by elongated third maxillipeds of phyllosoma larvae, 463, 115 - 1224,   2015年
  • さまざまな実験条件下における日本産スルメイカ肝臓からのの2価の無機質の溶出, 吉江 由美子, 79, 293 - 301,   2013年03月
  • さまざまなpHにおける日本産ホタテガイ中腸腺からの無機質の溶出, 吉江 由美子, 78, 675 - 682,   2012年05月
  • Effect of high frequency of intermittent light on growth and fatty acid profile of Isochrysis galbana, 吉江 由美子、Miwa Yoshioka、Takahide Yago、Hisayuki Arakawa、Tsutomu Morinaga, Aquaculture, 29, 339 - 341,   2012年03月
  • Monthly variation of biochemical composition of Pacific oysters Crassostrea gigas from two main cultivation places in Japan, 吉江 由美子、Kazuyuki Futagawa, Yumiko Yoshie-Stark, Mariko Ogushi, Fisheries Science, 77, 687 - 696,   2011年08月
  • Functional properties of linseed meal fractions: Nutraceutical ingredients application, 吉江 由美子、Yumiko YOSHIE-STARK, Klaus MULLER, Hiroki KAWARADA, Kazuyuki FUTAGAWA, Reiko NAKADA, Yuri TASHIRO, Food Science and Technology Research , 17, (4) 301 - 310,   2011年07月01日
  • Functional properties and chemical composition of fractionated brown and yellow linseed meal (Linum usitatissimum)., 吉江 由美子、Fraunhofer IVV, K. Mueller、Fraunhofer IVV P. Eisner、Tokyo Univ. Marine Sci. & Tech. R. Nakada、Fraunhofer IVV E. Kirchhoff, Journal of Food Engineering,   2010年01月
  • 海藻塩蔵工程から得た食用塩の成分ならびに食品の味発現に及ぼす影響, 吉江 由美子、東京都食品衛生監視員 斎藤智子、岩手県水産技術センター 小野寺宗仲、東京海洋大学 八長祐紀江、東京海洋大学 田中宗彦, 日本食品科学工学会誌,   2010年01月
  • Comparison of ACE inhibitory and DPPH radical scavenging activities of fish muscle hydrolylsates., 吉江 由美子、Tokyo Univ. Marine Sci. & Tech., K. Nakajima, Sagami Women's Univ. M. Ogushi, Food Chmistry, 114, 844 - 851,   2009年10月
  • 水圏生化学の基礎, 渡部終五編, 恒星社厚生閣, 2008, A4判, 241頁, 3,800円, 吉江 由美子, 日本水産学会誌, 日本水産学会誌, 75, (2) ,   2009年03月15日
  • 明太子開発史 そのルーツを探る, 今西一・中谷三男著, 成山堂書店, 2008年, A5判, 441頁, 5,880円, 吉江 由美子, 日本水産学会誌, 日本水産学会誌, 75, (1) ,   2009年01月15日
  • Bioactivities of surimi from southern blue whiting prepared by different ways., 吉江 由美子、Tokyo Univ. Marine Sci.&Tech., M. Tsukamoto、Tokyo Univ. Marine Sci..& Tech. K. Futagawa、Nippon Suisan Kaisha Ltd. M. Kubota、Sagami Women's Univ.  M. Ogushi, Food Chemistry, 113, 47 - 52,   2009年01月
  • 水産学シリーズ158 水産物の色素-嗜好性と機能性, 平田孝,菅原達也編, 恒星社厚生閣, 2008年, A5判, 127頁, 2,835円, 吉江 由美子, 日本水産学会誌, 日本水産学会誌, 74, (6) ,   2008年11月15日
  • 湯通し塩蔵ワカメおよびコンブの高速塩漬方法の開発, 小野寺 宗仲, 吉江 由美子, 鈴木 健, 日本水産学会誌, 日本水産学会誌, 74, (4) 671 - 677,   2008年07月15日
  • 湯通し塩蔵ワカメおよびコンブの高速塩漬方法の開発, 吉江 由美子、岩手県水産技術センター、小野寺宗仲, 東京海洋大学、鈴木健, 日本水産学会誌,   2008年06月
  • 生ワカメの貯蔵条件による成分変化, 小野寺 宗仲, 吉江 由美子, 鈴木 健, 日本冷凍空調学会論文集, 日本冷凍空調学会論文集, 25, (1) 35 - 46,   2008年03月31日
  • Chemical composition, functional properties, and bioactivities of rapeseed protein isolates., 吉江 由美子、Fraunhofer IVV, Y. Wada, Fraunhofer IVV A. Waesche, Food Chemistry, 107, 32 - 39,   2008年03月
  • 生ワカメの貯蔵条件による成分変化, 吉江 由美子、岩手県水産技術センター、小野寺宗仲, 東京海洋大学、鈴木健, 日本冷凍空調学会論文集,   2008年03月
  • Changes of texture and dietary fiber of the brown alga Undaria pinnatifida by different processing., 吉江 由美子、Iwate Fisheries Research Center, M. Onodera, Tokyo Univ. Marine Sci. & Technol. T. Suzuki, Food Sci. Technol. Res., 14, 89 - 94,   2008年01月
  • 海藻の栄養学-若さと健康の素-, 大房剛著, 成山堂書店, (2007年), 四六判, 1,600円, 143頁, 吉江 由美子, 日本水産学会誌, 日本水産学会誌, 73, (6) ,   2007年11月15日
  • Effects of extracts from tropical seaweeds on DPPH radicals and Caco-2 cells treated with hydrogen peroxide, 吉江 由美子、Tokyo Univ. Marine Sci. & Technol., S. Gunji、IPB J. Santoso、Tokyo Univ. Marine Sci. & Technolo. T. Suzuki, Food Sci. Technol. Res., 13, 275 - 279,   2007年03月
  • 「藻類30億年の自然史」藻類からみる生物進化, 井上勲著, 東海大学出版会, 2006年, A5変型判, 473頁, 3,990円, 吉江 由美子, 日本水産学会誌, 日本水産学会誌, 72, (5) ,   2006年09月15日
  • Functional and bioactive properties of rapeseed protein concentrates and sensory analysis of food products., 吉江 由美子、Fraunhofer IVV, Y. Wada、Fraunhofer IVV M. Schott、Fraunhofer IVV A. Waesche, LWT - Food Sci. Technol., 39, 503 - 512,   2006年06月
  • ベルソーブックス023さしみの科学-おいしさのひみつ-, 畑江敬子著, 成山堂書店, 2005年, 四六判, 180頁, 1,680円, 吉江 由美子, 日本水産学会誌, 日本水産学会誌, 72, (2) ,   2006年03月15日
  • Effect of different pasteurization conditions on the functional properties and bioactivities of Lupinus albus protein isolates., 吉江 由美子、Fraunhofer IVV, J. Bez, Fraunhofer IVV A. Waesche, LWT-Food Sci. Technol., 39, 118 - 123,   2006年03月
  • Apoptosis-inducing activity of hot water extracts from the sea cucumber in human colon tumor cells., 吉江 由美子、Sagami Women's Univ. M. Ogushi, Tokyo Univ. Marine Sci. & Technol. T. Suzuki, Food Sci. Technol. Res., 12, 290 - 294,   2006年03月
  • Mineral contents of Indonesian seaweeds and mineral solubility affected by basic cooking., 吉江 由美子、IPB, J. Santoso、Tokyo Univ. Marine Sci. & Technol. S. Gunji、Tokyo Univ. Marine Sci. & Technol. T. Suzuki, Food Sci. Technol. Res., 12, 59 - 66,   2006年01月
  • Cytostatic activity of hot water extracts from the sea cucumber in Caco-2., 吉江 由美子、Sagami Women's Univ., M. Ogushi, Tokyo Univ. Marine Sci. & Technol. T. Suzuki, Food Sci. Technol. Res., 11, 202 - 206,   2005年04月
  • アカモクの加熱によるミネラル, 遊離アミノ酸および脂肪酸の変化, 荒木 葉子, 小野寺 宗仲, 吉江 由美子, 鈴木 健, 日本調理科学会誌, 日本調理科学会誌, 38, (1) 72 - 76,   2005年01月20日
  • Functional properties, lipoxygenase activity and health aspects of Lupinus albus protein isolates., 吉江 由美子、Fraunhofer IVV, J. Bez、Fraunhofer IVV Y. Wada、Fraunhofer IVV A. Waesche, J. Agric. Food Chem., 52, 7681 - 7689,   2004年12月
  • Characteristics of crude lipoxygenase from commercially de-oiled lupin flakes for different types of lupins(Lupinus albus, Lupinus angustifolius)., 吉江 由美子、Fraunhofer IVV, A. Waesche, Food Chemistry, 88, 287 - 292,   2004年11月
  • In vitro binding of bile acids by lupin protein isolates and their hydrolyzates., 吉江 由美子、Fraunhofer IVV, A. Waesche, Food Chemistry, 88, 179 - 184,   2004年11月
  • Antioxidant activity of methanol extracts from Indonesian seaweeds in oil emulsion model., 吉江 由美子、IPB, J. Santoso, Tokyo Univ. Marine Sci. & Technol. T. Suzuki, Fisheries Sci., 70, 183 - 188,   2004年02月
  • 輪島産素干しツルモChorda filumの水洗いによる成分の変化, 荒木 葉子, 久田 孝, 吉江 由美子, 鈴木 健, 日本調理科学会誌, 日本調理科学会誌, 36, (4) 417 - 420,   2003年11月20日
  • ラットに投与した粘度の異なるアルギン酸塩の消化率およびその脂質代謝への影響, / 吉江 由美子, 吉江 由美子, 鈴木 健, 日本水産学会誌, 日本水産学会誌, 69, (1) 72 - 79,   2003年01月15日
  • 海藻中の水溶性および不溶性食物繊維による抱合型胆汁酸塩の吸着(短報), 王 [ウェイ], 吉江 由美子, 鈴木 健, 日本水産学会誌, 日本水産学会誌, 68, (4) 579 - 581,   2002年07月15日
  • ラットに投与した超微粒化海藻粉末の消化率およびその脂質代謝への影響, 王 〓, 吉江 由美子, 鈴木 健, 日本水産学会誌, 日本水産学会誌, 68, (2) 172 - 179,   2002年03月15日
  • サボテングサ2種のポリフェノール類の含量, 吉江 由美子, 王 [イ], 謝 雅珮, 鈴木 健, ヨシエ ユミコ, オウ カイ, シャ ガハイ, スズキ タケシ, 東京水産大学研究報告, 東京水産大学研究報告, 88, 21 - 24,   2002年03月
  • 海藻の食物繊維に関する食品栄養学的研究, 吉江 由美子, 日本水産学会誌, 日本水産学会誌, 67, (4) 619 - 622,   2001年07月15日
  • 海藻食品における水溶性及び不溶性食物繊維の測定法と分布, 吉江 由美子, 鈴木 健, 白井 隆明, 東京水産大学研究報告, 東京水産大学研究報告, 83, (1) 1 - 12,   1997年01月
  • 海藻食品に含まれる食物繊維の加工による変化とその栄養学的役割, 吉江 由美子, 鈴木 健, 平野 敏行, Journal of the Tokyo University of Fisheries, Journal of the Tokyo University of Fisheries, 82, (2) 191 - 205,   1996年03月
  • 乾のりの加工工程における成分変化, 吉江 由美子, 鈴木 健, 白井 隆明, 平野 敏行, 日本水産学会誌, 日本水産学会誌, 60, (1) 117 - 123,   1994年
  • 生産地ならびに価格の異なる乾のりの食物繊維および無機質, 吉江 由美子, 鈴木 健, 白井 隆明, 平野 敏行, 日本水産学会誌, 日本水産学会誌, 59, (10) 1763 - 1767,   1993年
  • 生産地ならびに価格の異なる乾のりの遊離アミノ酸および脂肪酸組成, 吉江 由美子, 鈴木 健, 白井 隆明, 平野 敏行, 日本水産学会誌, 日本水産学会誌, 59, (10) 1769 - 1775,   1993年
  • 照射によるコンブだし溶出の促進, 鈴木 健, 吉江 由美子, 白井 隆明, 平野 敏行, 日本水産学会誌, 日本水産学会誌, 59, (10) 1777 - 1781,   1993年
  • 高グルロン酸・高マンヌロン酸のアルギン酸(Na塩)によるラットのコレステロ-ルおよび消化管への影響〔英文〕, 鈴木 健, 中井 清典, 吉江 由美子, 白井 隆明, 平野 敏行, 日本水産学会誌, 日本水産学会誌, 59, (3) 545 - 551,   1993年
  • ラットによるコンブの食物繊維の消化率〔英文〕, 鈴木 健, 中井 清典, 吉江 由美子, 白井 隆明, 平野 敏行, 日本水産学会誌, 日本水産学会誌, 59, (5) 879 - 884,   1993年
  • 加熱加工処理による海藻食品の食物繊維の変化, 鈴木 健, 中井 清典, 吉江 由美子, 白井 隆明, 平野 敏行, 日本水産学会誌, 日本水産学会誌, 59, (8) 1371 - 1375,   1993年
  • 照射および加熱によるガゴメからの多糖の溶出, 鈴木 健, 吉江 由美子, 白井 隆明, 平野 敏行, 日本水産学会誌, 日本水産学会誌, 59, (9) 1593 - 1597,   1993年

書籍等出版物

  • Effect of wavelength of intermittent light on the growth and fatty acid profile of the haptophyte Isochrysis galbana
    吉江 由美子、Yago T., Arakawa, H., Morinaga, T., Yoshie-Stark, Y., Yoshioka, M.
    In: Grobal Change: Mankind-Marine Environment Interactions, Springer  2011年01月
  • 「第9節 海藻のポリフェノールおよび食物繊維の生理機能」, 水産物の有効利用法開発、坂口守彦編
    吉江 由美子、東京海洋大学、鈴木健
    エヌ・テイー・エス  2005年01月
  • 「水産食品デザイン学;新製品と美味しさの創造」、渡邊悦生編著
    吉江 由美子
    成山堂  2004年01月
  • Polyphenolic compounds from seaweeds: distribution and their antioxidative effects.  In “More Efficient Utilization of Fish and Fisheries Products”(Development in Food Science, Ed. by Sakaguchi, M.)
    吉江 由美子、IPB, J. Santoso Tokyo Univ. Marine Sci. & Tech., T. Suzuki
    Elsevier  2003年01月
  • DNA strand breakage induced by nitric oxide together with catecholamine: implications for neurodegenerative disease. In:“Free Radicals in Brain Pathophysiology”, Ed. By Poli G, Cadenas, E., and Packer, L.
    吉江 由美子、WHO, H. Ohshima WHO, I. Gilibert
    Marcel Dekker  2000年01月
  • DNA damage induced by reactive nitrogen species. In “Advances in DNA Damage and Repair”, Ed. by Dizdaroglu and Karakaya
    吉江 由美子、WHO, H. Ohshima WHO, V. Yermilov WHO, J. Rubio
    Kluwer Academic/Plenum Publishers  1999年03月
  • 4.3.6. DNA damage induced by endogenous free radicals. & 4.3.7. Anti-oxidant and pro-oxidant properties of NO and flavonoids. 4.3. Role of oxidative stress in carcinogenesis, In “International Agencey for Research on Cancer Biennial Report 1996/1997”
    吉江 由美子、WHO, H. Ohshima WHO, I. Bouet WHO, S. Auriol
    WHO   1997年01月

受賞

  •   2001年, 日本水産学会奨励賞受賞

競争的資金

  • 茶飲料の品質と容器の関連について, 大和製缶総合研究所との共同研究, 吉江 由美子
  • 産業化を考慮したワカメおよびコンブの高速塩漬方法の開発および該塩漬けで生じる塩水廃棄物の有効利用法の検討, さんりく基金
  • 亜麻仁油搾りかすの有効利用, (財)飯島記念食品科学振興財団 学術研究助成金, 吉江 由美子
  • 水産加工物または水産加工残渣からの有用成分の検索, 日本水産株式会社中央研究所 共同研究, 吉江 由美子
  • ルピナス種子由来のタンパク質の栄養学的ならびに生理学的有効性に関する研究, (財)飯島記念食品科学振興財団 学術研究助成金, 吉江 由美子
  • 海藻の食物繊維ならびにポリフェノール化合物の消化管内における有用性に関する研究, 科学研究費 若手研究(B), 吉江由美子
  • 「海藻中のポリフェノール化合物の安定性ならびに酸化還元性に関する研究」, 科学研究費 奨励研究, 吉江由美子
  • 「水産物のミネラルの利用率および生体濃縮」, 科学研究費 特別研究員奨励費, 吉江由美子

その他

  •   2014年04月, JICA 漁業コミュニティ開発 食品加工担当研修非常勤講師

社会貢献活動情報

社会貢献活動

  • 文部科学省教科用図書検定調査審議会委員, その他,   2013年04月01日 - 2017年03月31日
  • 群馬県食品安全審議会委員, その他,   2013年10月01日 - 2016年09月31日