詳細検索はこちら
※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

宮西 伸光ミヤニシ ノブミツ

所属・担当
食環境科学科
生命環境科学研究センター
食環境科学専攻
生命科学専攻
職名教授
メールアドレス
ホームページURLhttp://www.toyo.ac.jp/site/dfls/
生年月日
Last Updated :2017/07/19

研究者基本情報

学位

  • 博士(水産学), 東京水産大学

所属学協会

  • 日本生物工学会
  • 日本生化学会
  • 日本応用糖質科学会
  • 日本農芸化学会
  • 日本糖質学会

経歴

  •   2015年 - 現在, 東洋大学食環境科学部 教授
  •   2013年 - 2014年, 東洋大学食環境科学部 准教授
  •   2010年 - 2012年, 東洋大学生命科学部 准教授
  •   2008年 - 2010年, 香川大学総合生命科学研究センター 客員准教授
  •   2003年 - 2007年, 香川大学総合生命科学研究センター 客員研究員
  •   2000年 - 2003年, 東京水産大学大学院水産学研究科
  •   2003年, Flinders University (South Australia) Researcher (文部科学省・最先端分野学生交流推進)
  •   2003年, 香川医科大学総合生命科学実験センター 客員研究員
  •   1999年 - 2000年,  (株)山崎製パン株式会社(1999-2000)
  •   2003年,  香川医科大学, 寄附研究部門教員
  •   2003年 - 2008年,  香川大学総合生命科学研究センター, 寄附研究部門教員
  •   2008年, - 香川大学総合生命科学研究センター, 客員准教授
  •   1997年 - 1999年, 長崎大学大学院水産学研究科

研究活動情報

研究分野

  • 生物科学, 機能生物化学, 糖鎖生物学
  • 基礎生物学, 生態・環境
  • 農芸化学, 食品科学
  • ナノ・マイクロ科学, マイクロ・ナノデバイス
  • 水産学, 水産化学

研究キーワード

    レクチン, alginate lyase, 糖鎖生物学, 糖鎖, マイクロマシン, センサー, 微細加工, 表面プラズモン, 表面プラズモン共鳴, ナノバイオ, バイオセンサー, マイクロ・ナノデバイス, デバイス設計・製造プロセス, モニタリング, galectin, glycomics beta-1, 3-glucanase, enzyme, biosensor, fisheries science

論文

  • Comparative analysis of N-glycans in the ungerminated and germinated stages of Oryza sativa, Risa Horiuchi, Noki Hirotsu, Nobumitsu Miyanishi, Carbohydrate Research, 418, 1 - 8,   2015年10月
  • An alternative strategy for structural glucanomics using beta-gluco-oligosaccharides from the brown algae Ecklonia stolonifera as models, Wataru Sumiyoshi, Nobumitsu Miyanishi, Shin-ichi Nakakita, Shoko Tsutsui, Keita yamada, Yukari Nakakita, Shin Yoshioka, Masakatsu Asao, Jun Hirabayashi, Bioactive Carbohydrates and dietary fiber, 5, 137 - 145,   2015年03月
  • Signal enhancement of protein binding by electrodeposited gold nanostructures for applications in Kretschmann-type SPR sensors, 宮西 伸光、N. Nagase, K. Terao, K. Tamai, N. Uchiyama, T. Suzuki, H. Takao, F. Shimokawa, F. Oohira, Analyst, 137, (21) 5034 - 5040,   2012年11月
  • Size-exclusion SPR sensor chip: application to detection of aggregation and disaggregation of biological particles, 宮西 伸光、K. Terao, K. Shimizu, S. Shimamoto, T. Suzuki,H. Takao, F. Oohira, Analyst, 137, (9) 2192 - 2198,   2012年05月
  • Hypersialylated type-I lactosamine-containing N-glycans found in Artiodactyla sera are potential xenoantigens, 宮西 伸光、W. Sumiyoshi, S. Nakakita, K. Yamada, K. Hasehira, Y. Nakakita, J. Hirabayashi, Glycobiology, 22, (8) 1031 - 1041,   2012年04月
  • Evaluation of electrodeposited gold nanostructures for applications in QCM sensing, 宮西 伸光、K. Terao, C. Kakita, N. Nagase, T. Suzuki, H. Takao, F. Shimokawa, F. Oohira, Analytical Sciences, 28, (3) 291 - 294,   2012年02月
  • Development of a chemical strategy to produce rare aldohexoses from ketohexoses using 2-aminopyridine., 宮西 伸光、K. Hasehira, W. Sumiyoshi, J. Hirabayashi, S. Nakakita, Carbohydrate Research, 346, (17) 2693 - 2698,   2011年09月
  • Selective determination of advanced glycation end-products using micro flow SPR system and galectin-3., 宮西 伸光、A. Hoshinoo, N. Nishi, F. Oohira, S. Kamitori, Glycoconjugate Journal, 28, (5) 262 - 263,   2011年07月
  • 糖質関連分子とバイオセンサ, 宮西 伸光、中北愼一, 住吉渉, 平林淳, 応用糖質科学, 1, (2) 174 - 178,   2011年01月28日
  • Development of D-allose sensor on the basis of three strategic enzyme reactions., 宮西 伸光、S. Nakakita, W. Sumiyoshi, H. Okuma, J. Hirabayashi, Biosensors and Bioelectronics, 26, 126 - 130,   2010年05月
  • A comprehensive HPLC analytical system for the identification and quantification of hexoses that employs 2-aminobenzamide coupling., 宮西 伸光、K. Hasehira, S. Nakakita, W. Sumiyoshi, S. Hayashi, K. Takegawa, J. Hirabayashi, The Journal of Biochemistry, 147, (4) 501 - 509,   2010年04月
  • Comprehensive analysis of N-linked oligosaccharides from eggs of the family Phasianidae., 宮西 伸光、W. Sumiyoshi, S. Nakakita, K. Hasehira, Y. Kubo, T. Kita, J. Hirabayashi, Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry., 74, (3) 606 - 613,   2010年03月
  • Carbohydrate-recognition domains of galectin-9 are involved in intermolecular interaction with galectin-9 itself and other members of the galectin family, MIYANISHI, Nobumitsu, NISHI, Nozomu, ABE, Hiroko, KASHIO, Yumiko, SHINONAGA, Rika, NAKAKITA, Shinichi, SUMIYOSHI, Wataru, YAMAUCHI, Akira, NAKAMURA, Takanori, HIRASHIMA, Mitsuomi, HIRABAYASHI, Jun, Glycobiology, 17, (4) 423 - 432,   2007年
  • 5.N. Miyanishi, Y. Inaba, C. Imada, H. Okuma, E. Watanabe, “Amperometric determination of laminarin by using immobilized β-1,3-glucanase” Biosensor and Bioelectronics, No. 19, 557-562, 2004., MIYANISHI Nobumitsu
  • 4.Y. Inaba, N. Miyanishi, N. Hamada, T. Kobayashi, C. Imada E. Watanabe, “Development of an amperometric L-alanine sensor system using L-amino acid oxidase from Neurospora crassa”. Sensors and Materials, Vol. 15, No. 4, 225-238, 2003., MIYANISHI Nobumitsu
  • 3.N. Miyanishi, Y. Matsubara, N. Hamada, T. Kobayashi, C. Imada, E. Watanabe, “The action modes of extracellular β-1,3-glucanase from Bacillus clausii NM-1 on β-1,3-glucooligosaccharides” Journal of Bioscience and Bioengineering, Vol. 96. No. 1, 32-37,・・・, MIYANISHI Nobumitsu
  • 2.N. Miyanishi, Y. Iwamoto, E. Watanabe, T. Oda, “Induction of TNF-α production from human peripheral blood monocytes with β-1,3-glucan oligomer prepared from laminarin with β-1,3-glucanase from Bacillus clausii NM-1” Journal of Bioscience and Bioengin・・・, MIYANISHI Nobumitsu
  • 1.N. Miyanishi, N. Hamada, T. Kobayashi, C. Imada, E. Watanabe, “Purification and characterization of a novel extracellular β-1,3-glucanase induced by Bacillus clausii NM-1 isolated from ezo abalone Haliotis discus hannai” Journal of Bioscience and Bio・・・, MIYANISHI Nobumitsu

書籍等出版物

  • 産学連携による機能性食品開発と将来への展望
    宮西 伸光、堀内里紗
    「食品と開発」 UBMメディア株式会社  2014年04月
  • SBRSと糖質関連バイオセンサ
    宮西 伸光
    技術情報協会  2014年03月
  • Monitoring AGE to Prevent Disease
    宮西 伸光
    CONVERTEC & e-Print, Vol. 3, No. 6, pp 93, 2013  2013年12月
  • 生体内のAGEをモニタリングして生活習慣病予防
    宮西 伸光
    加工技術協会  2013年11月
  • 糖質関連分子を用いた新規診断・検出方法の提案!
    宮西 伸光
    首都圏産業活性化協会  2013年07月
  • ”第3の生命鎖”・「哲学を持て 東洋大学 by AERA」
    宮西 伸光
    朝日新聞出版  2012年12月
  • 糖質関連酵素とバイオセンサ
    宮西 伸光
    化学工業  2010年12月01日
  • βグルカンの基礎と応用
    宮西 伸光、監修:大野尚仁
    シーエムシー出版  2010年09月30日

講演・口頭発表等

  • Vibrio communis由来耐熱性菌体内アルギン酸リアーゼT23の作用様式, 土屋明男、阿部涼平、原実加、宮西伸光, 第64回日本応用糖質科学会大会,   2015年09月16日
  • 海洋細菌由来菌体内β-1,3-グルカン分解酵素T2の基質への作用様式, 松浦桂、田中治樹、宮西伸光, 第64回日本応用糖質科学会大会,   2015年09月16日
  • 銀ナノコロイド曝露を受けたメダカ胚の糖鎖解析, 古田島大輔、脇坂卓実、清水香里、堀内里紗、柏田祥策、宮西伸光, 第64回日本応用糖質科学会大会,   2015年09月16日
  • イネ(Oryza sativa)由来レクチンの精製及び性状解析, 堀内里紗、遠坂翼、廣津直樹、舘野浩章、平林淳、宮西伸光, 第64回日本応用糖質科学会大会,   2015年09月16日
  • イネ初期生長時における部位特異的糖鎖の挙動, 堀内里紗、遠坂翼、廣津直樹、宮西伸光, 第34回日本糖質学会年会,   2015年08月02日
  • vibrio tapetis由来菌体内β-1,3-グルカン分解酵素T2の精製および特性解析, 松浦桂、田中治樹、宮西伸光, 第34回日本糖質学会年会,   2015年08月02日
  • ツノロウカイガラムシ(Ceroplastes ceriferus)由来赤血球凝集および溶血活性物質の特性解析, 金児賢樹、木村幸樹、佐藤駿、落合郁未、近藤洋介、小田達也、宮西伸光, 第34回日本糖質学会年会,   2015年08月01日
  • 高血糖状態におけるマウス大腿筋由来C2C12細胞の糖鎖構造解析, 脇坂卓実、堀内里紗、根建拓、宮西伸光, 第34回日本糖質学会年会,   2015年08月01日
  • Vibrio communis由来耐熱性菌体内アルギン酸リアーゼT23の精製および性状解析, 土屋明男、阿部涼平、原実加、宮西伸光, 第34回日本糖質学会年会,   2015年08月01日
  • イネの品種評価に向けた糖鎖構造解析の試み, 宮西 伸光、廣津直樹、堀内里紗, 東洋大学「新技術説明会」 (科学技術振興機構・産学官連携支援),   2014年01月17日
  • Structural analysis of N-linked oligosaccharides from rice germ, 宮西 伸光、R. Horiuchi N. Hirotsu, 17th Evolutionary biology meeting (EBM),   2013年09月17日
  • イネ科植物における部位特異的糖鎖構造解析, 宮西 伸光、堀内里紗 廣津直樹, 第86回日本生化学会大会,   2013年09月11日
  • メダカ胚における糖鎖合成に与える銀ナノコロイドの毒性評価, 宮西 伸光、堀内里紗 深尾研亮 柏田祥策, 第19回日本環境毒性学会,   2013年09月07日
  • イネの生長時における構造別糖鎖含有量の変動, 宮西 伸光、R. Horiuchi N. Hirotsu, 日本糖質学会大会,   2013年08月05日
  • Amorphophallus konjac の糖鎖構造解析, 宮西 伸光、田村玲奈 中北慎一 長束俊治 木村吉伸, 日本糖質学会大会,   2013年08月05日
  • Silver nanocolloids exhibit toxicity to Medaka embryos, From the aspect of N-linked oligosaccharides, 宮西 伸光、R. Horiuchi K. Fukao S. Kashiwada, 17th Pollutant responses in marine organisms (PRIMO 17),   2013年05月05日
  • Amorphophallus konjac 主芽由来のN-結合型糖鎖の構造解析, 宮西 伸光、田村玲奈 長束俊治 中北慎一 斉藤泰亮, 食品分析研究会,   2012年09月05日
  • Characteristics of N-glycan structure from main bud of Amorphophallus konjac., 宮西 伸光、R. Tamura S. Natsuka S. Nakakita H. Saitou, 26th International Carbohydrate Symposium,   2012年07月21日
  • 糖質とは何か, 宮西 伸光, 東洋大学出張講義・伊勢崎高等学校 【依頼講演】,   2012年06月15日
  • サイエンティフィックリテラシー, 宮西 伸光, 1日東洋大学生,   2012年03月12日
  • 食品分析に向けたバイオセンシング, 宮西 伸光, 首都圏北部4大学連合(4u)・「第2回食の安全と健康シンポジウム」,   2011年11月17日
  • 生活習慣をモニタリングするためのバイオセンサの開発, 宮西 伸光, 文京区3大学「新技術説明会」 (科学技術振興機構・産学官連携支援),   2011年10月27日
  • サトイモ科植物の糖鎖構造解析, 宮西 伸光、田村玲奈, 食品分析研究会,   2011年09月14日
  • 生活習慣病を予測するバイオセンサの開発, 宮西 伸光、星野尾麻子 西望, 食品分析研究会,   2011年09月14日
  • What is real target of galectin-3?, 宮西 伸光、A. Hoshinoo N. Nishi S. Nakakita J. Hirabayashi S. Kamitori, The 21th international symposium on glycoconjyugates (GLYCO21),   2011年08月26日
  • Selective determination of advanced glycation end-products using micro flow system and galectin-3, 宮西 伸光、A. Hoshinoo N. Nishi S. Nakakita J. Hirabayashi S. Kamitori, The 6th International Conference on Microtechnologies in Medicine and Biology (MMB),   2011年05月05日
  • バイオセンシングの基礎・バイオセンシングの応用, 宮西 伸光, 香川大学人材育成プログラム21世紀源内ものづくり塾,   2010年11月26日
  • 糖質関連酵素とバイオセンサ, 宮西 伸光、中北愼一 住吉渉 平林淳, 第59 回日本応用糖質科学会・第18 回糖質関連酵素化学シンポジウム 【招待講演】,   2010年10月17日
  • ”糖質とは何か(機能と可能性)”「食品の機能と栄養」, 宮西 伸光, 東洋大学市民大学講座,   2010年10月16日
  • A comprehensive HPLC analytical system for the identification and quantification of hexoses that employs 2-aminobenzamide coupling, 宮西 伸光、K. Hasehira S. Nakakita W. Sumiyoshi S. Hayashi K. Takegawa J. Hirabayashi, The 25th Ingernational Carbohydrate Symposium,   2010年08月01日
  • 糖質・糖鎖工学とサイエンティフィックリテラシー, 宮西 伸光, 香川大学人材育成プログラム21世紀源内ものづくり塾,   2010年05月28日
  • 褐藻類由来多糖を用いた新規機能性オリゴ糖の生物学的機能とその応用, 宮西 伸光, かがわ糖質バイオフォーラム・第3回複合糖質研究会シンポジウム,   2010年01月07日

特許

  • 業務内特許, 宮西伸光、廣津直樹、堀内里紗, 特願2013-185250
  • 糖質認識分子を用いた生活習慣診断法の開発, 宮西伸光, 特願2011-093403
  • 糖鎖配列解析法の開発, 宮西伸光、平林淳, 特願2010-283228

競争的資金

  • 産学官連携プロジェクト, 新食品の開発, 宮西 伸光
  • 食生活改善に向けた生活習慣モニタリング用高感度バイオセンサの開発, 特別研究(共同研究), 宮西 伸光
  • 群馬県産作物を利用した応用開発, 産学官連携共同研究プロジェクト, 宮西 伸光, 現時点において試作品が完成している。来期の製品化に向けて引き続き研究開発が遂行中である。
  • 生体防御反応に関するバイオセンサ開発, 生体防御反応に関する研究推進事業, 学術論文の発表をおこなうとともに、関連企業との共同研究を進め、成果の活用をおこなう。
  • 香川グライコリソース(希少糖・ヒト型糖鎖)を用いたナノ糖質生命科学研究推進事業, 科学研究費 特別研究促進費, 神鳥成弘
  • グライコマンナンを用いた新しい食の創造プロジェクト, 産学官連携新製品・新技術開発費補助金事業, 宮西 伸光
  • ガレクチンを用いた体外診断法の開発, 製薬所, 受託研究, 宮西 伸光
  • 産学連携共同研究プロジェクト, 新規計測技術の開発, 宮西 伸光
  • 21世紀源内ものづくり塾, 地域再生人材創出拠点の形成, 基盤技術を有する人材育成を推進し、地域産業活性化と新規産業創出拠点形成をおこなう。
  • 多段階連続反応型新規バイオセンシングシステムの開発, 井上円了記念研究助成金(研究の助成), 宮西 伸光
  • ガレクチンの分子間相互作用に関する研究
  • オリゴ糖の生物学的機能解析, 共同研究
  • 細菌由来β-1,3-グルカナーゼの性質とその応用に関する研究
  • 糖鎖の機能解析
  • Purification and Characterization of β-1,3-Glucanase from Bacteria and that application

教育活動情報

担当経験のある科目

  • 生命科学技術4・バイオセンサ構築実践, 香川大学
  • アプライドバイオ科2・8・バイオセンシングの応用, 香川大学
  • アプライドバイオ科学2・5・バイオセンシングの基礎, 香川大学
  • 化学実験, 東洋大学
  • 卒業論文, 東洋大学
  • 卒業研究, 東洋大学
  • 生命科学輪講II, 東洋大学
  • 食環境科学輪講II, 東洋大学
  • 食環境科学輪講I, 東洋大学
  • 生命科学英語II, 東洋大学
  • 生命科学輪講I, 東洋大学
  • フードサイエンス実験II, 東洋大学
  • 食品衛生学実験, 東洋大学
  • 生命科学英語I, 東洋大学
  • 食品加工貯蔵学, 東洋大学
  • 機能食品科学, 東洋大学
  • 食品化学, 東洋大学
  • 食品有機化学, 東洋大学
  • 有機化学III, 東洋大学
  • 有機化学II, 東洋大学
  • 糖質生命機能科学特論, 東洋大学大学院

社会貢献活動情報

社会貢献活動

  • 文部科学省 (地域再生人材創出拠点の形成事業)「人材育成プログラム21世紀源内ものづくり塾」 講師 , 講師,   2008年 - 2012年