詳細検索はこちら
※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

石和田 昌利イシワダ マサトシ

所属・担当
英米文学科
英文学専攻
職名教授
メールアドレス
ホームページURL
生年月日
Last Updated :2017/11/10

研究者基本情報

学歴

  • 1986年04月 - 1987年03月, 東洋大学, 文学研究科, 英文学専攻
  • 1981年04月 - 1984年03月, 法政大学, 人文科学研究科, 英文学専攻
  • 1977年04月 - 1981年03月, 明治大学, 文学部, 文学科英米文学専攻

学位

  • 文学学士, 明治大学
  • 文学修士, 法政大学

所属学協会

  • 日本ロレンス協会
  • 日本英文学会
  • 日本英語文化学会

委員歴

  •   2005年 - 現在, 日本英語文化学会理事
  •   1998年 - 2005年, 日本英語文化学会学会誌編集委員
  •   2003年 - 2004年, 日本英語文化学会全国大会実行委員会副委員長
  •   2002年 - 2003年, 日本英語文化学会全国大会実行委員会委員長
  •   1998年 - 2002年, 日本英語文化学会全国大会実行委員

経歴

  •   2010年04月 - 現在, 東洋大学文学部, 教授
  •   2007年04月 - 2010年03月, 東洋大学文学部 准教授
  •   2001年04月 - 2007年03月, 東洋大学文学部 助教授
  •   1992年04月 - 2001年03月, 東洋大学文学部 講師
  •   1987年04月 - 1991年03月, 東洋大学文学部 助手

研究活動情報

研究分野

  • 文学, 英米・英語圏文学

研究キーワード

    テクスト, 物語論, 小説, ヴァージニア・ウルフ, ブロンテ姉妹, ジェーン・オースティン, 表象, 心理描写, イエイツ, E.M.フォースター, 文学, イギリス, 英語・英米文学

論文

  • E・M・フォースターのフィクションにおける死後の人生, 石和田 昌利, 東洋大学英米文学科『白山英米文学』(東洋大学文学部紀要英米文学科篇), (39) ,   2014年02月
  • E・M・フォースターのサイエンス・フィクション, 石和田 昌利, 東洋大学英米文学科『白山英米文学』(東洋大学文学部紀要英米文学科篇), (38) 一 - 二七,   2013年02月
  • E・M・フォースターの小説の中の手紙, 石和田 昌利, 東洋大学英米文学科『白山英米文学』(東洋大学文学部紀要英米文学科篇), (37) 一 - 二一,   2012年02月
  • E・M・フォースターの「副牧師の友達」の一考察, 石和田 昌利, 東洋大学英米文学科『白山英米文学』(東洋大学文学部紀要英米文学科篇), (36) 二九 - 四六,   2011年02月
  • E・M・フォースターの二つのパジェントについて, 石和田 昌利, 法政評論研究会『法政評論』, (20) 77 - 88,   2010年03月
  • E・M・フォースターの「土地の霊」との出会い ― 1947年版の短編集序文をめぐって ―  , 石和田 昌利, 東洋大学英米文学科『白山英米文学』(東洋大学文学部紀要英米文学科篇), (35) 二七 - 四三,   2010年02月
  • E・M・フォースターの「永遠の瞬間」の一考察, 石和田 昌利, 東洋大学英米文学科『白山英米文学』(東洋大学文学部紀要英米文学科篇), (34) 二五 - 四四,   2009年02月
  • 混沌の隠蔽 ― E.M.フォースターの「パニックの話」と『インドへの道』の比較 ―, 石和田 昌利, 東洋大学英米文学科『白山英米文学』(東洋大学文学部紀要英米文学科篇), (34) 69 - 80,   2009年02月
  • イタリアの変奏 ― E.M.フォースターの小説に描かれたイタリア, 石和田 昌利, 日本英語文化学会『異文化の諸相』, (29) 55 - 68,   2008年12月
  • E・M・フォースターの「アルベルゴ・エンペドクレ」の一考察, 石和田 昌利, 東洋大学英米文学科『白山英米文学』(東洋大学文学部紀要英米文学科篇), (33) 二一 - 四一,   2008年02月
  • E・M・フォースターの「アザー・キングダム」の一考察, 石和田 昌利, 東洋大学英米文学科『白山英米文学』(東洋大学文学部紀要英米文学科篇), (32) 一 - 一七,   2007年02月
  • E・M・フォースターの「セイレーンの話」の一考察, 石和田 昌利, 東洋大学英米文学科『白山英米文学』(東洋大学文学部紀要英米文学科篇), (31) 二三 - 四三,   2006年02月
  • E・M・フォースターの「コロノスからの道」の一考察, 石和田 昌利, 東洋大学英米文学科『白山英米文学』(東洋大学文学部紀要英米文学科篇), (30) 三七 - 五五,   2005年02月
  • E・M・フォースターの『インドへの道』の一考察, 石和田 昌利, 東洋大学英米文学科『白山英米文学』(東洋大学文学部紀要英米文学科篇), (29) 一 - 二二,   2004年02月
  • E・M・フォースターの『モーリス』の一考察, 石和田 昌利, 東洋大学英米文学科『白山英米文学』(東洋大学文学部紀要英米文学科篇), (27) 一 - 二〇,   2002年03月
  • E・M・フォースターの『最も長い旅』の一考察, 石和田 昌利, 東洋大学英米文学科『白山英米文学』(東洋大学文学部紀要英米文学科篇), (26) 一 - 二〇,   2001年03月
  • E・M・フォースターの『ハワーズ・エンド』の一考察, 石和田 昌利, 東洋大学英米文学科『白山英米文学』(東洋大学文学部紀要英米文学科篇), (25) 四一 - 六〇,   2000年03月
  • E・M・フォースターの「パニックの話」の一考察, 石和田 昌利, 法政評論研究会『法政評論』, (15) 99 - 113,   1999年12月
  • E・M・フォースターの『眺めのいい部屋』の一考察, 石和田 昌利, 東洋大学英米文学科『白山英米文学』(東洋大学文学部紀要英米文学科篇), (24) 一三 - 三一,   1999年03月
  • E・M・フォースターの『天使も踏むを恐れるところ』の一考察, 石和田 昌利, 東洋大学英米文学科『白山英米文学』(東洋大学文学部紀要英米文学科篇), (23) 一七 - 三四,   1998年03月
  • D・H・ロレンスの「島を愛した男」について ― 空間と人間 ―, 石和田 昌利, 東洋大学英米文学科『白山英米文学』(東洋大学文学部紀要英米文学科篇), (22) 57 - 73,   1997年03月
  • D・H・ロレンスの「美しい女」 ― 魔性の母親と太陽の恋人 ―, 石和田 昌利, 東洋大学英米文学科『白山英米文学』(東洋大学文学部紀要英米文学科篇), (21) 45 - 62,   1996年03月
  • H・G・ウェルズの「塀についたドア」における語り, 石和田 昌利, 東洋大学英米文学科『白山英米文学』(東洋大学文学部紀要英米文学科篇), (19) 63 - 78,   1994年03月
  • D・H・ロレンスの「二羽の青い鳥」について ― 眠りの春 ―, 石和田 昌利, ビビュロス研究会『英米文学と言語』, (1) 20 - 30,   1991年10月
  • D・H・ロレンスの詩「糸杉」鑑賞, 石和田 昌利, 東洋大学英米文学科『白山英米文学』(東洋大学文学部紀要英米文学科篇), (16) 67 - 86,   1991年03月
  • D・H・ロレンスの「母と娘」について ― 「魔女」と「眠り姫」 ―, 石和田 昌利, 東洋大学英米文学科『白山英米文学』(東洋大学文学部紀要英米文学科篇), (15) 71 - 89,   1990年03月
  • D・H・ロレンスの詩「蛇」鑑賞, 石和田 昌利, 東洋大学英米文学科『白山英米文学』(東洋大学文学部紀要英米文学科篇), (14) 55 - 78,   1989年03月
  • D・H・ロレンスの『エトルリアの故地』における生と死に関する意識, 石和田 昌利, 東洋大学英米文学科『白山英米文学』(東洋大学文学部紀要英米文学科篇), (13) 71 - 92,   1988年03月
  • D・H・ロレンスの「てんとう虫」における神話的要素, 石和田 昌利, 東洋大学大学院『東洋大学大学院紀要』, (23) 257 - 270,   1987年03月
  • 「狩りとるもの」と「狩りとられるもの」 ― D.H.Lawrence の "The Fox" 考 ―, 石和田 昌利, 法政大学英文学会『法政大学英文学誌』, (27) 1 - 15,   1985年03月
  • The Rainbow 分析〔Ⅱ〕 ― 光と陰 ―, 石和田 昌利, 法政大学大学院英友会『テオリア』, (15) 13 - 30,   1983年11月
  • 母親殺しの息子の論理 ― D・H・ロレンス『息子と恋人』論 ―, 石和田 昌利, ほらいずん同人会『ほらいずん』, (16) 2 - 15,   1983年09月
  • The Rainbow 分析〔Ⅰ〕 ― Tom と Lydia における生と死 ―, 石和田 昌利, 法政大学大学院英友会『テオリア』, (14) 19 - 35,   1982年11月

書籍等出版物

  • GALE Interviews
    石和田 昌利
    分担執筆センゲージラーニング  2017年
  • 伊藤廣里教授傘寿記念論集(共著)
    伊藤廣里教授傘寿記念論集刊行会  2007年
  • ロレンス文学鑑賞事典(共著)
    彩流社  2002年
  • 英米文学と言語―新しい研究の地平を求めて―(共著)
    ホメロス社  1990年

講演・口頭発表等

  • E・M・フォースターの「パニックの話」 ― 仕組まれすぎた物語 ―, 石和田 昌利, 日本英語文化学会第2回全国大会(研究発表),   1999年09月04日
  • ロレンスにおける愛と支配力 ― "Mother and Daughter" を中心に ―, 石和田 昌利, 日本ロレンス協会第20回全国大会(研究発表),   1989年05月19日
  • Etruscan Places における壁画の中の生き物たち, 石和田 昌利, 日本ロレンス協会第18回全国大会(シンポジウム),   1987年05月22日

作品

  • イギリス文学における精神の表象に関する史的文体論的研究,   2000年

競争的資金

  • イギリス小説の研究
  • D.H.ロレンスの研究
  • E.M.フォースターの研究
  • イギリス文学における精神の表象形式に関する史的文体論的研究, 科学研究費 基盤研究(B)(一般), 海老根宏

その他

  •   2017年, 東洋大学大学院文学研究科英文学専攻長
  •   2016年, 東洋大学大学協議会委員

教育活動情報

担当経験のある科目

  • 博士後期英文学研究指導, 東洋大学大学院英文学専攻
  • 博士前期英文学研究指導, 東洋大学大学院英文学専攻
  • 英米文学思想①, 東洋大学大学院英文学専攻
  • 英文学特殊研究Ⅱ, 東洋大学大学院英文学専攻
  • 英文学演習Ⅰ, 東洋大学大学院英文学専攻
  • 卒論セミナーⅠ, 東洋大学文学部英米文学科
  • 英米文学演習Ⅳ, 東洋大学文学部英米文学科
  • 英文学特講Ⅲ, 東洋大学文学部英米文学科
  • 英文学史, 東洋大学文学部英米文学科
  • フレッシュマン講読セミナー④, 東洋大学文学部英米文学科