詳細検索はこちら
※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

金子 元彦カネコ モトヒコ

所属・担当
健康スポーツ学科
職名准教授
メールアドレス
ホームページURL
生年月日
Last Updated :2017/07/19

研究者基本情報

学位

  • 修士(体育学)

所属学協会

  • 日本体育学会
  • 日本コーチング学会
  • 日本生涯スポーツ学会

経歴

  •   2009年04月 - 現在, 東洋大学ライフデザイン学部健康スポーツ学科 准教授
  •   2005年04月 - 2009年03月, 東洋大学ライフデザイン学部健康スポーツ学科 講師
  •   1998年 - 2005年, 東京電機大学・順天堂大学・千葉商科大学など非常勤講師

研究活動情報

研究分野

  • 健康・スポーツ科学, スポーツ科学

研究キーワード

    コーチング, 一般理論, クロス・スポーツ, コーチングと想像力, 障害者スポーツ指導, バドミントン, 運動における主観と客観

論文

  • 日本における障害者バドミントンの現在と今後の課題-私案として-, 金子 元彦, 東洋大学ライフデザイン学部・ライフデザイン学研究, (第9) 443 - 451,   2014年03月
  • 日本の障害者スポーツ指導者養成に関する一考察-1964年パラリンピック東京大会前後に着目して-, 金子 元彦, 東洋大学ライフデザイン学部・ライフデザイン学研究, (第8) 63 - 72,   2013年03月
  • 障害者バドミントン第3回アジア選手権(2012年)に参加して-日本選手団総合コーチとして-, 金子 元彦, 東洋大学ライフデザイン学部・ライフデザイン学研究, (第8) 275 - 282,   2013年03月
  • バドミントンのサービスにおける主観的努力度と客観的達成度の対応関係, 金子 元彦, 東洋大学ライフデザイン学部・ライフデザイン学研究, (第7) 109 - 119,   2012年03月
  • 五者連携型アダプティブキャンプの実際, 金子 元彦, 埼玉体育スポーツ科学, 第七, 17 - 24,   2011年12月
  • 障害児・者対象のスポーツ・プログラムの実際, 金子 元彦, 東洋大学ライフデザイン学部・ライフデザイン学研究, (第6) 225 - 236,   2010年03月
  • 全力での打動作に伴うパフォーマンス変動-バドミントンの場合-, 金子 元彦, 東洋大学ライフデザイン学部・ライフデザイン学研究, (第5) 51 - 62,   2010年03月
  • 異なる二種類の打動作における主観的努力度と客観的達成度の対応関係, 金子 元彦、村木征人(筑波大学)、古川 覚, 東洋大学ライフデザイン学部・ライフデザイン学研究, (4) 100 - 111,   2009年03月
  • 介護系施設における健康づくり活動, 金子 元彦、神野 宏司, 柴田 範子, 東洋大学ライフデザイン学部・ライフデザイン学研究, (4) 112 - 120,   2009年03月
  • バドミントンにおける打つ強さの調節-女子中学生の経年的変化-, 金子 元彦、古川 覚, スポーツ方法学研究, 第21, (第2) 157 - 165,   2008年03月
  • バドミントンのスマッシュにおける強弱の調節-女子中学生の場合-, 金子 元彦, 東洋大学ライフデザイン学部・ライフデザイン学研究, (第3) 63 - 75,   2008年03月
  • 脳卒中による片麻痺障害者における力の調節, 金子 元彦, 東洋大学ライフデザイン学部・ライフデザイン学研究, (第3) 205 - 212,   2008年03月
  • バドミントンにおける打つ強さの調節-主観的努力度とシャトル速度の対応関係から-, 金子 元彦、伊藤浩志(国立スポーツ科学センター)、村木征人(筑波大学), バイオメカニクス研究, 第11, (第3) 229 - 234,   2007年12月
  • 主観的努力度と客観的達成度の対応関係-打動作における漸減過程の場合-, 金子 元彦, 埼玉体育スポーツ科学, 第3, 7 - 20,   2007年11月
  • 素早い力発揮が交感神経系機能に及ぼす影響, 金子 元彦、古川 覚, 米田継武(順天堂大学, 東洋大学ライフデザイン学部・ライフデザイン学研究, (第2) 87 - 96,   2007年03月
  • 中学生を対象とした打動作における主観的努力度と客観的達成度の対応関係, 金子 元彦, 東洋大学ライフデザイン学部・ライフデザイン学研究, (第2) 73 - 86,   2007年03月
  • 異なる二種類の打動作における主観的努力度と客観的達成度の対応関係‐中級レベルバドミントン・プレイヤーの場合‐, 金子 元彦、伊藤浩志(国立スポーツ科学センター), スポーツ方法学研究, 第21, (第1) 57 - 70,   2007年03月
  • 障害者スポーツのコーチングに関する一考察-バドミントンを例にして-, 金子 元彦, 東洋大学ライフデザイン学部・ライフデザイン学研究, (創刊) 147 - 162,   2006年03月
  • バイエル社体操・スポーツクラブにおける健康運動プログラムおよびその指導法に関する調査研究-障がい者スポーツ部門・子どもスポーツ部門・健康スポーツ部門を対象にして-, 松尾順一・米田郁夫・杉田記代子・嶋崎博嗣・古川覚・金子元彦・鈴木智子, 東洋大学ライフデザイン学部・ライフデザイン学研究, (第9) 453 - 464,   2014年03月

書籍等出版物

  • 障害者スポーツ論
    金子元彦、森川洋・金子元彦・和秀俊(編著)
    大学図書出版  2014年04月
  • ライフデザイン学
    金子 元彦、高橋儀平・菊池義昭・小林英義・大迫正文・繁成剛編
    分担執筆誠心書房  2013年03月
  • ビジュアル 新しい体育実技
    金子 元彦、岡出美則(筑波大学大学院)編著
    東京書籍  2011年04月
  • 知るスポーツ事始め
    金子 元彦、石井 隆憲 田里千代
    明和出版  2010年06月01日
  • ライフデザイン学入門
    金子 元彦、小澤 温 古川 孝順 鈴木 哲郎 内田 雄造 高橋 儀平
    誠心書房  2010年04月01日
  • カレント・トピックス 健康スポーツ学概論
    金子 元彦、坂口 正治 鈴木 哲郎 松尾 順一 齊藤 恭平 青山 晴雄
    八千代出版  2009年04月20日
  • レクリエーショナルスポーツのすすめ
    金子 元彦、坂口 正治 古川 覚 岩本 紗由美 東京YMCA学院 菅原成臣 城西国際大学総合情報学部総合情報学科 石原啓次
    創文企画  2008年09月30日

講演・口頭発表等

  • 大学生および障がい者バドミントン選手への指導事例から得たコーチング学的視点, 金子 元彦, 日本コーチング学会第26回大会,   2015年03月
  • 障害児者との統合スポーツ促進にむけた一考察-いくつかの事例から-, 金子 元彦, 日本ヘルスプロモーション学会第12回学術学会,   2014年11月
  • コーチング科学 入門テキスト, 金子 元彦, 平成24年度東洋大学井上円了記念研究助成によるテキスト作成,   2013年03月
  • 身体障害児者を対象とした運動教室に携わるスポーツボランティアのための実践ガイドブック, 金子 元彦、斉藤直(アダプティブワールド)、佐々木辰徳(セコム), 平成22年度笹川スポーツ財団助成制度交付によるテキスト作成,   2011年04月
  • 知的障害児者への運動指導を行う指導者のために書いた実践ガイドブック, 金子 元彦、斉藤直(アダプティブワールド)、佐々木辰徳(セコム), 平成22年度福祉医療機構社会福祉振興助成事業によるガイドブック作成,   2011年04月
  • 五者連携型アダプティブキャンプにおける連携者への影響と今後の展望‐連携が生んだ気づきと学び‐, 金子 元彦、NPOアダプティブワールド 齊藤 直 セコム株式会社 佐々木辰徳, 日本ヘルスプロモーション学会 第8回学術大会(福岡市),   2010年12月12日
  • NPO法人による障害児対象の運動教室の実際と今後の課題, 金子 元彦、セコム株式会社 佐々木辰徳 NPOアダプティブワールド 齊藤 直, 日本生涯スポーツ学会 第12回学術大会(仙台大学),   2010年10月23日
  • 障害者スポーツ指導者養成に関するアクションリサーチ, 金子 元彦、セコム株式会社 佐々木辰徳 NPOアダプティブワールド 齊藤 直, 日本教育工学会 第26回全国大会(金城学院大学),   2010年09月18日
  • 障害のある人にとってのスポーツ‐ある脳卒中による片麻痺障害者に関する事例的研究‐, 金子 元彦、齊藤 恭平 高橋 彩(東大沢整形外科内科), 日本ヘルスプロモーション学会第7回大会,   2009年12月06日
  • 2ヶ月のトレーニングが慢性期脳卒中片麻痺障害者の歩行能力に及ぼす影響, 金子 元彦、高橋 彩(東大沢整形外科内科), 日本ヘルスプロモーション学会第7回大会(東洋大学),   2009年12月06日
  • 高強度領域での野球の投球運動における主観的努力度とパフォーマンス, 金子 元彦、仙台大学 森本吉謙 筑波大学 川村卓 仙台大学 入澤裕樹, 日本体育学科第59回大会,   2009年09月
  • 異なる二種類の打動作における主観的努力度と客観的達成度の対応関係-中学生バドミントン・プレーヤーの場合-, 金子 元彦、古川 覚 伊藤浩志(国立スポーツ科学センター) 村木征人(筑波大学) 吹田真士(筑波大学), 日本体育学会第58回大会(神戸大学),   2007年09月
  • 打動作における強弱の打ち分けに関する発達様相, 金子 元彦、古川 覚 伊藤浩志(国立スポーツ科学センター) 村木征人(筑波大学), 第18回日本スポーツ方法学会(つくば),   2007年03月
  • 地域在宅中高齢女性に対するバランスボールを用いた健康教室の生活機能およびQOLに及ぼす影響, 金子 元彦、神野 宏司 浅井英典 古川 覚 大迫 正文 鈴木 哲郎, 第60回日本体力医学会大会(岡山),   2005年09月
  • バランスボールを用いた運動プログラムが地域在宅中高齢女性の生活機能に及ぼす効果, 金子 元彦、神野 宏司 浅井英典, 第64回日本公衆衛生学会大会(北海道・札幌),   2005年09月

競争的資金

  • 日本における障害者スポーツの指導者養成に関する研究, 井上円了記念研究助成金(研究の助成), 金子 元彦
  • コーチング科学領域を理解するための入門テキストづくり, 井上円了記念研究助成金(研究の助成), 金子 元彦
  • NPO法人と大学とが連携した障害者スポーツ指導者養成のための学生向けワークショップの可能性, 井上円了記念研究助成金(研究の助成), 金子 元彦
  • 力の調節からみた実打と素振りの違い, 科学研究費 若手研究(B), 金子 元彦
  • 伝統スポーツにおける身体技法研究の方法論の確立, 科学研究費 基盤研究(B)(一般), 石井隆憲
  • 障害者における歩行およびラケットスポーツの運動強度, 特別研究(個人研究), 金子 元彦
  • 打動作における全力運動に関する検討, 井上円了記念研究助成金(研究の助成), 金子 元彦
  • 打動作における準備局面での時間的猶予と試技間のインターバルの影響から主観的努力度と客観的達成度の対応関係を考える, 井上円了記念研究助成金(研究の助成), 金子 元彦
  • パートタイム・コーチの抱える問題点
  • 打動作における主観的努力度と客観的達成度の対応関係
  • バドミントンのバックハンド・ストロークにおける主観的努力度の変化がパフォーマンスに及ぼす影響, 井上円了記念研究助成金(研究の助成), 金子 元彦

教育活動情報

担当経験のある科目

  • コーチング概論, 東洋大学ライフデザイン学部
  • 運動学(運動方法学を含む), 東洋大学ライフデザイン学部
  • スポーツ実習・指導法(バドミントン), 東洋大学ライフデザイン学部
  • ゴルフ実習, 東洋大学ライフデザイン学部,順天堂大学,東京国際大学,東京経済大学
  • スノースポーツ実習, 東洋大学ライフデザイン学部,昭和大学,東京電機大学,立正大学
  • レクリエーショナルスポーツ実習, 東洋大学ライフデザイン学部
  • 障害者スポーツ論, 東洋大学ライフデザイン学部
  • 障害者スポーツ指導法演習, 東洋大学ライフデザイン学部
  • バイオメカニクス演習, 東洋大学ライフデザイン学部