研究者総覧

山川 聡子 (ヤマカワ サトコ)

  • 理工学部機械工学科 教授
  • 工業技術研究所 教授
  • 理工学研究科機能システム専攻 教授
Last Updated :2022/08/02

研究者情報

学位

  • 博士(工学)(1997年03月 名古屋工業大学)
  • 修士(工学)(1994年03月 名古屋工業大学)

ホームページURL

科研費研究者番号

  • 20293748

J-Global ID

研究キーワード

  • 制御工学   非線形制御   人間機械系   

研究分野

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 制御、システム工学 / 制御工学
  • 情報通信 / ロボティクス、知能機械システム
  • 情報通信 / 機械力学、メカトロニクス

経歴

  • 2015年04月 - 現在  東洋大学理工学部機械工学科教授
  • 2009年04月 - 2015年03月  東洋大学理工学部機械工学科准教授
  • 2005年04月 - 2009年03月  東洋大学工学部機能ロボティクス学科准教授
  • 1997年04月 - 2005年03月  名古屋工業大学工学部機械工学科助手

学歴

  • 1994年04月 - 1997年03月   名古屋工業大学大学院   工学研究科博士後期課程   生産システム工学専攻
  • 1992年04月 - 1994年03月   名古屋工業大学大学院   工学研究科博士前期課程   生産システム工学専攻
  • 1988年04月 - 1992年03月   名古屋工業大学   工学部   機械工学科

所属学協会

  • 日本ロボット学会   日本機械学会   IEEE   計測自動制御学会   

研究活動情報

論文

講演・口頭発表等

  • 対象物追尾を行うカメラを搭載した軌道追従ロボット  [通常講演]
    小貝悠貴; 山川聡子
    第39回日本ロボット学会学術講演会 2021年09月 口頭発表(一般)
  • 独立2輪ロボットを駆動力とした球体ロボットの製作と直進運動の制御  [通常講演]
    豊原治也; 山川聡子
    第39回日本ロボット学会学術講演会 2021年09月 口頭発表(一般)
  • 移動障害物の運動予測にもとづいた移動ロボットの障害物回避  [通常講演]
    鈴木宏明; 山川聡子
    第38回日本ロボット学会学術講演会 2020年10月 口頭発表(一般)
  • 旋回時に自動で速度調整を行う移動ロボットの軌道追従制御  [通常講演]
    田中皓貴; 山川聡子
    日本機械学会2018年度年次大会 2018年09月 口頭発表(一般)
  • 正課内外のプロジェクト型学習の効果の比較  [通常講演]
    山川聡子; 山田和明; 横田祥
    日本工学教育協会第65回年次大会 2017年08月 口頭発表(一般)
  • 進行方向とゲインの切り替えを伴う移動ロボットの運動制御  [通常講演]
    荏原健太; 山川聡子
    日本機械学会2016年度年次大会 2016年09月 口頭発表(一般)
  • 視覚・聴覚・力覚刺激の提示タイミングをずらした場合の反応時間の測定  [通常講演]
    諸俊宏; 山川聡子
    日本機械学会2015 年度年次大会 2015年09月 口頭発表(一般)
  • 進行方向の切り返しを伴う移動ロボットの運動制御
    荏原 健太; 山川 聡子
    日本機械学会関東支部総会講演会 2015年03月 口頭発表(一般) 一般社団法人日本機械学会
     
    In this study, the trajectory of a mobile robot is controlled by using a method based on the time state control form. The convergence speed and the trajectories of the robot with different control parameters were investigated in experiments. The experimental results agreed well with the theoretical results. Therefore, it is possible to adjust the control parameters of this robot based on linear control theory. The distance to obstacles was measured by using a laser range finder. The robot avoided the obstacles and reached the target position, traveling back and forth automatically. When the obstacles was close to the target position, the number of times of switching the traveling direction increased and the time required for reaching the target position became long.
  • 判読性を考慮して人の筆跡を近似的に描画するシステム  [通常講演]
    林 祐樹; 山川 聡子
    ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集 2014年05月 ポスター発表 一般社団法人日本機械学会
     
    Robots that write characters like human have attracted our attentions. We construct a system that rewrites handwriting characters by employing a ready-made robot. The data of handwritten characters are recorded by using a pen-type haptic interface. Since it takes long time to track a lot of recorded data by the robot arm, the number of data is reduced. However, the features of characters are eliminated if the reference data are reduced more than needs. Therefore, an appropriate rate of reducing data is investigated in questionnaires and experiments.
  • 視覚・聴覚・力覚刺激に対する人の反応時間の測定  [通常講演]
    諸 俊宏; 山川 聡子
    日本機械学会関東支部総会講演会 2014年03月 口頭発表(一般) 一般社団法人日本機械学会
     
    Human reaction time depends on the type of stimulus. In this study, reaction times to visual, auditory and haptic stimuli are measured. Visual, auditory and haptic stimuli are presented to subjects by a liquid crystal display, a headphone, and a haptic device, respectively. The reaction times to several stimuli presented simultaneously are also measured and the influences of the addition of another stimulus on the reaction time are investigated. Furthermore, reaction times are measured when the subject's attention is attracted to another task. From the results of experiments, we discuss the presentation method of stimuli which has robustness against disturbances and another task.
  • 追尾型太陽光発電システムの角度制御と発電効率  [通常講演]
    山川 聡子; 吉澤 茂; 中林 晃一
    日本機械学会2013 年度年次大会: Mechanical Engineering Congress, Japan 2013年09月 口頭発表(一般) 一般社団法人日本機械学会
     
    In this study, the influence of panel angle control on the generation efficiency of a tracking-type solar photovoltaic system is investigated in numerical simulations. The model used in the simulations was made of the theoretical function describing sun's path and the data measured with an actual system. The generation power was compared changing the number of controlled axis and the intervals of the angle control.
  • 判読性を考慮した人の筆跡を再現するシステム  [通常講演]
    林祐樹; 山川聡子
    日本機械学会関東支部講演会 2013年03月 口頭発表(一般)
  • 時間軸状態制御形にもとづいた倒立二輪ロボットの軌道追従制御  [通常講演]
    山川聡子
    日本機械学会2012 年度年次大会 2012年09月 口頭発表(一般)
  • VR 技術を用いたはんだ付け教示システム  [通常講演]
    遠藤文也; 山川聡子
    第30回日本ロボット学会学術講演会 2012年09月 口頭発表(一般)
  • 学生のアンケート調査にもとづく講義の目標設定に関する考察  [通常講演]
    山川聡子
    日本工学教育協会第60回年次大会 2012年08月 口頭発表(一般)
  • 単眼カメラを用いた無人飛行ロボットの目標追従  [通常講演]
    土屋英明; 山川聡子
    日本機械学会関東支部講演会 2012年03月 口頭発表(一般)
  • 円と直線を用いた経路への車両型ロボットの追従制御  [通常講演]
    高橋正人; 山川聡子
    日本機械学会関東支部講演会 2012年03月 口頭発表(一般)
  • 倒立二輪ロボットの速度可変追従制御  [通常講演]
    小暮佳奈子; 山川聡子
    日本機械学会関東支部講演会 2012年03月 口頭発表(一般)
  • ハプティックインタフェースを用いたはんだ付け教示システム  [通常講演]
    遠藤文也; 山川聡子
    日本機械学会関東支部講演会 2012年03月 口頭発表(一般)
  • S.Yamakawa
    18th IFAC world congress 2011年09月 口頭発表(一般) Milano, Italy
  • 倒立二輪ロボットの軌道の安定化制御  [通常講演]
    小暮 佳奈子; 山川 聡子
    日本機械学会関東支部総会講演会講演論文集 2011年03月 口頭発表(一般) 一般社団法人日本機械学会
     
    Wheeled inverted pendulum robot can be stabilized by applying a linear controller. The purpose of this study is not only stabilizing the angle of body but also moving the robot to a desired position in a horizontal plane. First, the desired velocity of the robot for reaching the desired position is calculated by using control methods proposed for non-holonomic systems. Second, the controller for tracking the desired velocity while stabilizing the body angle is proposed. In the simulations and the experiments, some controllers based on the different control methods for non-holonomic systems are compared and evaluated.
  • 仮想空間において明度が硬さの認識に及ぼす影響  [通常講演]
    松家伸一; 山川聡子
    日本機械学会関東支部講演会 2011年03月
  • 自律性を持つロボットの遠隔操作における力提示の効果  [通常講演]
    有山大祐; 山川聡子
    第28回日本ロボット学会学術講演会 2010年09月 口頭発表(一般)
  • 車両型ロボットの遠隔操作における衝突回避のための力覚提示  [通常講演]
    高橋正人; 山川聡子
    日本機械学会関東支部講演会 2010年03月 口頭発表(一般)
  • 予測流入量を用いた雨水処理場ポンプの最適運転計画  [通常講演]
    山川聡子; 吉本國春
    第52回自動制御連合講演会 2009年11月 口頭発表(一般)
  • 仮想空間において物体の色が力覚に及ぼす影響  [通常講演]
    松家伸一; 山川聡子
    第14回日本ヴァーチャルリアリティ学会大会 2009年09月 口頭発表(一般)
  • 車両型ロボットを遠隔操作するためのマスタスレーブシステム  [通常講演]
    有山大祐; 山川聡子
    第27回日本ロボット学会学術講演会 2009年09月 口頭発表(一般)
  • 異なる自由度を持つ複数台のマニピュレータの協調制御  [通常講演]
    天貝健次; 山川聡子
    日本機械学会関東支部講演会 2009年03月 口頭発表(一般)
  • マスタスレーブシステムを用いた車両型ロボットの遠隔操作  [通常講演]
    有山大祐; 山川聡子
    日本機械学会関東支部講演会 2009年03月 口頭発表(一般)
  • 切り替え制御による回転型倒立振子の振り上げ制御  [通常講演]
    小林裕史; 山川聡子
    日本機械学会関東支部講演会 2009年03月 口頭発表(一般)
  • 冗長なアクチュエータを持つ飛行ロボットの運動制御則  [通常講演]
    山川聡子
    日本機械学会関東支部講演会 2009年03月 口頭発表(一般)
  • 都市における降水ナウキャストデータを用いたポンプ場への雨水流入量予測  [通常講演]
    山川聡子; 吉本國春
    第50回自動制御連合講演会 2007年11月 口頭発表(一般)
  • 時間変化する力に対する力覚特性にもとづいたマスタースレーブシステムのスケーリング条件  [通常講演]
    山川聡子; 阿部晃治; 藤本英雄
    第19回バイオメカニズム・シンポジウム 2005年08月 口頭発表(一般)
  • S.Yamakawa; A.Yamada; H.Fujimoto
    16th IFAC world congress 2005年07月 Prague, Czech Republic
  • A.Yamada; S.Yamakawa; H.Fujimoto
    SICE Annual Conference 2004 2004年08月 口頭発表(一般)
  • S.Yamakawa; K.Abe; H. Fujimoto
    SICE Annual Conference 2004 2004年08月 口頭発表(一般)
  • 腸閉塞の予防を目的としたカプセル型振動装置の開発  [通常講演]
    黒田なおみ; 山川聡子; 藤本英雄
    日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会'04 2004年06月 口頭発表(一般)
  • 意識水準及び習熟度の違いによる弁別閾変化の測定  [通常講演]
    川口裕史; 山川聡子; 藤本英雄
    日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会'04 2004年06月 口頭発表(一般)
  • マスタースレーブシステム設計のための力の時間変化に対する弁別閾特性の測定  [通常講演]
    阿部晃治; 山川聡子; 藤本英雄
    日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会'04 2004年06月 口頭発表(一般)
  • エネルギ修正にもとづく振子の切替制御  [通常講演]
    山田篤史; 山川聡子; 藤本英雄
    日本機械学会東海支部講演会 2004年03月 口頭発表(一般)
  • A.Yamada; S.Yamakawa; H.Fujimoto
    SICE Annual Conference 2003 2003年08月 口頭発表(一般)
  • S.Yamakawa; K.Hasegawa; H.Fujimoto
    SICE Annual Conference 2003 2003年08月 口頭発表(一般)
  • Stability of Switching Controlled Chained Systems Based on Time-state Control Form  [通常講演]
    S.Yamakawa; H.Fujimoto
    Proc. of 11th Mediterranean Conference on Control and Automation 2003年06月 口頭発表(一般)
  • 非周期的な切替制御則を用いた車両型ロボットの操舵制御実験  [通常講演]
    稗田顕彦; 山川聡子; 藤本英雄
    日本機械学会東海支部講演会 2003年03月 口頭発表(一般)
  • 人の知覚特性にもとづいたマスタースレーブのスケーリング則  [通常講演]
    山川聡子; 佐野明人; 藤本英雄
    第8回ロボティクスシンポジア予稿集 2003年03月 口頭発表(一般)
  • 操作対象の物理特性を考慮したマスタスレーブシステムのスケーリング則と安定性  [通常講演]
    藤本英雄; 山川聡子; 長谷川拓也; 小林泰晴
    日本機械学会東海支部講演会 2002年03月 口頭発表(一般)
  • 神経振動子のパラメータの解析  [通常講演]
    藤本英雄; 山川聡子; 長谷川介士
    計測自動制御学会SI2001 2001年12月 口頭発表(一般)
  • 指先における弁別閾測定と力覚スケーリング  [通常講演]
    藤本英雄; 山川聡子; 小林泰晴
    計測自動制御学会SI2001 2001年12月 口頭発表(一般)
  • H. Fujimoto; S.Yamakawa; Y.Funahashi
    Proc. of IEEE International Conference on Industrial Electronics, Control and Instrumentation 2000年10月 口頭発表(一般) Nagoya,Japan
  • フローショップにおける機械の加工能率と可逆性の関係  [通常講演]
    藤本英雄; 山川聡子; 新高達哉
    スケジューリングシンポジウム2000 2000年10月 口頭発表(一般)
  • 拘束条件を有する二輪車両の非線形制御  [通常講演]
    藤本英雄; 山川聡子; 丹羽哲郎
    日本機械学会年次大会2000 2000年07月 口頭発表(一般)
  • 指先における力の弁別閾測定  [通常講演]
    藤本英雄; 山川聡子; 真鍋紳
    ヒューマンインタフェースシンポジウム99 1999年11月 口頭発表(一般)
  • マスタースレーヴシステムにおける力のスケーリングのための指先力の弁別閾測定  [通常講演]
    藤本英雄; 山川聡子; 真鍋紳
    第4回日本バ-チャルリアリティ学会大会 1999年09月 口頭発表(一般)
  • 指先力の弁別閾測定とスケーリングへの応用  [通常講演]
    藤本英雄; 山川聡子; 真鍋紳
    第20回バイオメカニズム学術講演会 1999年09月 口頭発表(一般)
  • ポテンシャル関数にもとづく倒立振子の非線形制御  [通常講演]
    山川聡子; 舟橋康行; 加藤久雄; 篠田紀正
    日本機械学会創立100周年記念東海支部講演会 1997年09月 口頭発表(一般)

MISC

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 移動ロボットを用いて制御理論を学ぶ教材とカリキュラム開発
    科研費 基盤研究(C)(一般)
    研究期間 : 2017年 -2019年 
    代表者 : 山川 聡子
  • 都市における雨水流量予測と排水ポンプの予測制御に関する研究
    科学研究費補助金 若手研究(B)
    研究期間 : 2009年 -2011年 
    代表者 : 山川 聡子
  • 人の知覚特性を考慮した異型マスタ-スレーブシステムの制御系設計
    第18期メカトロニクス技術高度化財団研究助成
    研究期間 : 2006年 -2007年 
    代表者 : 山川 聡子
  • マスタスレーブシステムにおける人の知覚特性を考慮した力覚スケーリングに関する研究
    科学研究費補助金 若手研究(B)
    研究期間 : 2003年 -2004年 
    代表者 : 山川 聡子
  • 人の知覚特性を考慮した力覚スケーリング則に関する研究
    第12回堀情報科学振興財団研究助成
    研究期間 : 2003年 -2003年 
    代表者 : 山川 聡子
  • 入力制約を考慮した時間軸状態制御形にもとづく非線形スイッチング制御
    科学研究費補助金 奨励研究(A)
    研究期間 : 2001年 -2002年 
    代表者 : 山川 聡子

担当経験のある科目

  • ロボット製作実習
    東洋大学
  • 東洋大学
  • 工業力学
    東洋大学
  • 制御工学特論
    東洋大学大学院
  • 制御工学
    東洋大学
  • 機械工学実験
    東洋大学,名古屋工業大学
  • 機械のための数学I
    東洋大学
  • 機械システムのモデリング
    東洋大学
  • ロボットのための微分方程式
    東洋大学

社会貢献活動

  • 期間 : 2006年11月 - 現在
    役割 : 企画
    種別 : セミナー・ワークショップ
    高校生 2006年より毎年,高校生を対象としたロボットコンテストの企画運営を行っています.参加者に対して事前講習会も開催してます.

その他

  • 2021年04月 - 2022年03月  院生・卒研生等の指導 
    大学院生4名の研究指導を行いました. 1名の修士論文主査をつとめました. 4年生13名の卒業研究指導を行いました.

その他のリンク

researchmap