詳細検索はこちら
※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

平島 みさ(奥村 みさ)ヒラシマ ミサ(オクムラ ミサ)

所属・担当
社会学部社会文化システム学科
社会学研究科社会学専攻
アジア文化研究所
職名教授
メールアドレス
ホームページURL
生年月日
Last Updated :2020/07/09

研究者基本情報

学歴

  • 1989年04月 - 1992年03月, 上智大学, 外国語学研究科
  • 1983年04月 - 1985年03月, 上智大学, 外国語学研究科
  •  - 1983年03月, 上智大学, 文学部

所属学協会

  • オーストラリア学会
  • 日本国際文化学会
  • 日本カトリック教育学会
  • 東南アジア学会
  • アメリカ学会
  • 日本社会学会

委員歴

  •   2018年04月 - 2019年03月, 日本華僑華人学会, 2018年度日本華僑華人学会研究大会運営委員
  •   2002年04月 - 2017年03月, 中京大学国際英語学会, 運営委員
  •   2013年04月 - 2016年03月, 中京大学, 国際英語学部紀要編集委員
  •   2004年01月 - 2004年12月, 東南アジア史学会(現東南アジア学会), 第20期東南アジア史学会学会誌『歴史と文化』編集委員
  •   2000年04月 - 2001年03月, 国立民族学博物館, 「メディアにみるイスラーム女性の実像と虚像」平成12年度国立民族学博物館共同研究員
  •   1996年04月 - 1998年03月, 総合研究開発機構(NIRA), 「現代世界と宗教に関する研究」委員会委員

経歴

  •   2017年04月 - 現在, 東洋大学大学院, 社会学研究科社会学専攻, 教授
  •   2017年04月 - 現在, 東洋大学, 社会学部 社会文化システム学科, 教授
  •   2015年04月 - 2017年03月, 中京大学大学院, 国際英語学研究科国際英語学専攻, 専攻主任
  •   2007年04月 - 2017年03月, 中京大学, 大学院国際英語学研究科国際英語学専攻, 教授
  •   2007年04月 - 2017年03月, 中京大学, 国際英語学部, 教授
  •   2014年04月 - 2016年03月, 中京大学, 国際英語学部国際学専攻(学部改編), 専攻長
  •   2013年04月 - 2016年03月, 南山大学大学院, 人間文化研究科, 非常勤講師
  •   2013年04月 - 2015年03月, 中京大学, 国際英語学部国際英語学科, 学科長
  •   2010年04月 - 2011年03月, ロンドン大学東洋アフリカ研究学院(SOAS), 客員研究員
  •   2003年04月 - 2007年12月, 名古屋大学, 情報文化学部, 非常勤講師
  •   2002年04月 - 2007年03月, 中京大学, 国際英語学部, 助教授
  •   1999年04月 - 2001年03月, 千葉大学, 文学部, 非常勤講師
  •   1997年04月 - 2001年03月, 学習院大学, 法学部, 非常勤講師
  •   1996年04月 - 1998年03月, 上智大学国際関係研究所嘱託助手
  •   1993年04月 - 1996年03月, トヨタ自動車(株)国際経済研究所研究部、通産省(財)アジアクラブ研究員等を経て、日本学術振興会特別研究員

研究活動情報

研究分野

  • 人文・社会, 社会学

研究キーワード

    文化社会学, 国際社会学, 比較文化論, 映像文化論, 英語化, 文化継承, エスニシティ, グローバル化, 英米文化, シンガポール

論文

  • シンガポールのミュージアム活動にみる華人アイデンティティ表出の多様化 : ディアスポラ,ローカリティ,ハイブリディティ, 奥村 みさ, アジア文化研究所研究年報 = Annual journal of the Asian Cultures Research Institute, アジア文化研究所研究年報 = Annual journal of the Asian Cultures Research Institute, (54) 142 - 158,   2019年
  • 二言語教育政策によるシンガポール社会の英語化, 奥村 みさ, 社会科学研究, 社会科学研究, 37, (2) 72 - 55,   2017年03月
  • The First Fifty Years of Bilingual Education Policy in Singapore: Its Accomplishments and Problems, 奥村みさ, 8, 49 - 55,   2016年04月
  • バラ・マーケットの挑戦, 奥村 みさ, 国際英語学部紀要 = JOURNAL OF COLLEGE OF WORLD ENGLISHES, 国際英語学部紀要 = JOURNAL OF COLLEGE OF WORLD ENGLISHES, 16, (1) 45 - 54,   2014年03月15日
  • 幼きイエス会のシンガポールにおける福祉・教育活動の変遷 : 文化接触とインカルチュレーションの視点から, 平島(奥村) みさ, カトリック教育研究, カトリック教育研究, (31) 29 - 44,   2014年
  • ある英国人仏文学者が青年時代に見た終戦直後の日本 (故蘇俊雄博士追悼号), 奥村 みさ, 社会科学研究, 社会科学研究, 33, (1) 322 - 299,   2012年09月
  • シンガポールの二言語政策と宗教--英語で信仰を学習する若者たち (シンガポール都市論) -- (現在のシンガポール、その文化、経済、宗教), 奥村 みさ, アジア遊学, アジア遊学, (123) 7 - 20,   2009年06月
  • 都市国家における心象風景--シンガポールの都市再開発にみるポストコロニアル・ナショナリズム, 奥村 みさ, Misa Okumura, 国際英語学部紀要, 国際英語学部紀要, 5, 17 - 34,   2004年
  • 民族衣裳にみるマレー文化の新伝統主義--マレー語女性誌『ジェリタ(Jelita)』を中心に (特集:ジェンダーと健康), 奥村 みさ, アジア女性研究, アジア女性研究, (11) 66 - 74,   2002年03月
  • 「他者」を包摂する歴史の創造--シンガポール人三世代による歴史記述を読む, 奥村 みさ, Misa Okumura, 国際英語学部紀要, 国際英語学部紀要, 2, 25 - 41,   2002年
  • クアラルンプール郊外都市におけるミドルクラスの多言語状況:マレー語と英語のはざまで, アジア英語学研究, アジア英語学研究, (3) 41 - 68,   2001年06月
  • シンガポールの都市再開発にみるポスト・コロニアリズム--女子修道院から「CHIJMES」へ, 奥村 みさ, Sociology today, Sociology today, (11) 108 - 116,   2000年
  • リー・クアン・ユー「シンガポール物語--リー・クアン・ユー回想録」プレンティス・ホール社1998年, 奥村 みさ, 国際学論集, 国際学論集, (43) 81 - 92,   1999年01月
  • (博士論文)文化資本としてのエスニシティ:クアラルンプール近郊都市ミドルクラスの消費行動に見るエスニック・アイデンティティの差異化,   1998年08月
  • Under Cross and Crescent--Catholics in Malaysia, OKUMURA Misa, 上智アジア学, 上智アジア学, 12, (12) 157 - 172,   1994年12月26日
  • ナショナリズム育成策としてのブミプトラ政策, 奥村 みさ, 上智アジア学, 上智アジア学, (11) 207 - 238,   1993年12月26日
  • マレー系ミドルクラスを通して見た新経済政策, 奥村 みさ, 東南アジア史学会会報, 東南アジア史学会会報, (59) 8 - 9,   1993年

MISC

  • 書評 金敬黙(キム・ギョンムク)、Markus Bell, Susan Manadue-Chun共著『日英対訳・バイリンガル平和教育教材A North Korean Refugee in Japan : Hana's Stories私、北朝鮮から来ました : ハナのストーリー』, 奥村 みさ, 社会科学研究, 37, (2) 28 - 25,   2017年03月
  • 甲斐田万智子・佐竹眞明・長津一史・幡谷則子 編著『小さな民のグローバル学――共生の思想と実践をもとめて』上智大学出版 2016年 v+390頁, 奥村 みさ, 東南アジア -歴史と文化-, 2017, (46) 38 - 42,   2017年, 招待有り
  • (学術シンポジウム報告)リー・クアンユーの遺産とポスト・リー時代のシンガポールへの展望, 奥村みさ, 国際英語学部紀要, (17) 65 - 67,   2016年03月
  • 秋田茂『イギリス帝国の歴史:アジアから考える』 中公新書2167、中央公論新社、288p., 奥村 みさ, 中京大学国際英語学部紀要, (17) 65 - 68,   2015年03月15日
  • <書評>田村慶子. 『多民族国家シンガポールの政治と言語--「消滅」した南洋大学の25年』 明石書店, 2013, 206p., 奥村 みさ, 東南アジア研究, 51, (2) 342 - 345,   2014年01月31日, 招待有り
  • 書評 吉野耕作.『英語化するアジア : トランスナショナルな高等教育モデルとその波及』, 奥村 みさ, アジア・アフリカ地域研究 = Asian and African area studies, (14) 305 - 308,   2014年, 招待有り
  • 鍋倉聰 著『シンガポール「多人種主義」の社会学──団地社会のエスニシティ』世界思想社 2011年 302ページ, 奥村 みさ, 東南アジア -歴史と文化-, 2014, (43) 130 - 135,   2014年, 招待有り
  • シンガポールの文化遺産政策におけるプラナカンの位置づけ(パネル2 国民であること・華人であること-20世紀東南アジアにおける秩序構築とプラナカン性,第83回研究大会報告), 奥村 みさ, 東南アジア学会会報, (93) 28 - 28,   2010年
  • 海上昇明月 天涯共此時 (シンガポール都市論) -- (現在のシンガポール、その文化、経済、宗教), 奥村 みさ, アジア遊学, (123) 51 - 53,   2009年06月
  • (科研報告書)初期女子教育に果たしたミッションスクールの役割:フランス、マラヤ、日本の比較, 平島みさ(奥村みさ),   2007年03月
  • 国際ワークショップ報告 宗教研究の国際化をめぐる諸問題--世界各地の研究教育機関における国際協力, 平島 みさ, 研究所報, (16) 4 - 10,   2006年
  • 第31回年次大会報告, 木村 武史, 馬場 美奈子, 吉原 真里, 矢口 祐人, 馬 暁華, 浅野 一弘, 草間 秀三郎, 沼岡 努, 上野 継義, 村田 勝幸, 賀川 真理, 村上 良夫, 野村 達朗, 堀 一郎, 竹田 有, 上杉 忍, 野村 文子, 大井 浩二, 新川 健三郎, 大西 直樹, 大内 孝, 山田 史郎, 鈴木 有郷, 安武 秀岳, 飯田 文雄, 川本 隆史, 塚田 守, 松本 礼二, 佐々木 毅, Rosenzweig Roy, Wynkoop Mary Ann, 中條 献, 恒吉 僚子, 奥村 みさ, 中村 雅子, 笹本 雅子, 辻内 鏡人, 栗林 智子, 中村 和恵, 佐藤 宏子, 岡村 黎明, 藤田 博司, 近藤 健, 阿部 齊, 高山 眞知子, Shipps Jan, Deloria Philip J., Kim Sung-Gyung, 梶原 寿, 上坂 昇, 森 孝一, Jensen Richard, 杉田 米行, Clark William J., Reed Jon, 金澤 智, 野沢 公子, アメリカ研究, 1998, (32) 163 - 185,   1998年
  • (研究調査・報告書)地域の国際化, 外務省(財)アジアクラブ,   1988年10月
  • Lounge Talk 私たちがアジアから学ぶもの, 奥村みさ、黒川妙子、二宮照子, ECONO, July, (37) 28 - 29,   1988年07月
  • (調査報告)「シュラマダーナ」ということ, 奥村みさ, 共に汗を流して(サルボダヤ・スタディ・ツアー報告)庭野平和財団発行。,   1987年10月
  • (研究調査・報告書)地方の国際化, 外務省(財)アジアクラブ,   1987年06月

書籍等出版物

  • 華僑華人の事典
    華僑華人の事典編集委員会
    分担執筆プラナカン博物館丸善出版  2017年11月
  • コモンウェルスにおけるレガシーの光と影
    中京大学社会科学研究所, 金, 敬黙, 奥村, みさ, 中西, 眞知子, 石堂, 典秀, 中原, 聖乃, 中田, 靜
    中京大学社会科学研究所,ナカニシヤ出版  2016年
  • 民際力の可能性
    渋谷努、奥村みさ、金敬黙、羅一慶・中野正隆、中原聖乃、川口祐有子、市野将行
    国際書院  2013年02月
  • 社会貢献する宗教
    稲場, 圭信, 櫻井, 義秀, 小池, 靖, 白波瀬, 達也, 濱田, 陽, 森, 葉月, 岡光, 信子, 藤本, 頼生, 奥村, みさ, 大谷, 栄一, 菊池, 結, 黒崎, 浩行, 吉野, 航一, 寺沢, 重法, 高尾, 賢一郎, 中西, 尋子, 猪瀬, 優理, 泉, 経武, 玉置, 充子, 板井, 正斉, 葛西, 賢太
    世界思想社  2009年12月
  • シンガポール都市論 アジア遊学123
    分担執筆シンガポールの二言語政策と宗教:英語で信仰を学習する若者たち勉誠出版  2009年06月
  • 文化資本としてのエスニシティ : シンガポールにおける文化的アイデンティティの模索
    奥村, みさ
    国際書院  2009年
  • 映画でわかるアメリカ文化入門
    奥村, みさ, Burton, Susan K., 板倉, 厳一郎
    松柏社  2007年
  • 多民族社会の言語政治学 : 英語をモノにしたシンガポール人のゆらぐアイデンティティ
    奥村, みさ, 郭, 俊海, 江田, 優子ペギー
    ひつじ書房  2006年11月
  • イスラーム研究叢書:第6巻 イスラームの性と文化
    加藤博、中山紀子、村上薫、鷹木惠子、櫻井啓子、王建新、新免康、岩崎えり奈、石井昌子、鈴木均、奥村みさ、平井文子、泉沢久美子
    東京大学出版会  2005年03月
  • 東南アジアのキリスト教
    寺田勇文、川田牧人、石井米雄、伊藤利勝、豊田三佳、石澤良昭、荻原秋子、奥村みさ、青木恵理子
    めこん  2002年06月
  • 現代世界と宗教
    中牧弘允、小杉泰、関根泰正、村田雄二郎、奥村みさ、井上順考、小川了、佐原徹哉、島薗進、内藤正典、林行夫、森孝一
    国際書院  2000年09月
  • (翻訳書)きまぐれクジラのはなし
    奥村みさ(翻訳担当), 靍田栄作(解説担当)、著者:アーネスト・エレンバック、クリスティーン・リーフェルド
    分担執筆本文の翻訳二期出版(原作発行元:Heyday Books, Barkley, 1986)  1988年12月

講演・口頭発表等

  • 新華僑が変えるシンガポール華人社会―ミュージアム活動にみる華人エスニシティ表出の多様化-, 奥村みさ, 日本華僑華人学会、東洋大学、東京,   2018年11月
  • Kyoto Speaks out: how the international tourists are changing the way of communication patterns and the social discourse of the people of Kyoto, 平島みさ, International Association of Sociology (ISA), Toronto,   2018年07月
  • シンガポールのヘリテージ・ツーリズムとエスニック・アイデンティティ:プラナカン文化の表象と消費をめぐって, 奥村みさ, 白山人類学研究会、東洋大学、東京,   2017年06月
  • シンガポールにおける英語中心の二言語政策が歴史認識に及ぼす影響, 奥村みさ, 日本国際文化学会、 早稲田大学、東京,   2016年07月
  • 二言語政策の影響によるシンガポールの宗教事情と華人系エスニシティの変容, 奥村みさ, 日本華橋華人学会、 京都大学、京都,   2015年11月
  • シンガポールにおける文化遺産政策とツーリズム―英語圏文化を包摂したナショナル・アイデンティティの構築, 奥村みさ, 日本国際文化学会、多摩大学、神奈川,   2015年07月
  • 約50年間に渡る二言語政策がシンガポール社会にもたらした文化的影響, 奥村みさ, シンガポール研究会、駒澤大学、東京,   2014年09月
  • 19世紀フランス女子修道会の海外における福祉・教育活動:幼きイエス会の英領マラヤと明治初期日本での活動を中心に, 平島みさ, 日本カトリック教育学会、清泉女学院大学、長野,   2012年09月
  • シンガポールの文化遺産政策におけるプ ラナカンの位置づけ, 奥村みさ, 東南アジア学会、愛 知大学、愛知,   2010年06月
  • Kyoto through the Looking Glass, 平島みさ, SOAS-Japan Reseach Centre, University of London、U.K.,   2010年05月
  • 多民族社会におけるエスニック文化の継続性維持と継承に関する諸問題:シンガポールのプラナカン文化を事例として, 奥村みさ, 中京大学社会科学研究所研究会、中京大学、愛知,   2009年10月
  • Aussie and Yanks, the Peoples Alike? Instructions for American Service Man in Australia 1942に見るアメリカのオーストラリア観, 奥村みさ, 名古屋アメリカ研究会、南山大学、愛知,   2009年06月
  • 都市国家における心象風景:シンガポールの都市再開発にみるポストコロニアル・ナショナリズム, 奥村みさ, アジア政経学会西日本大会、南山大学、愛知,   2004年06月
  • アジア地域研究、異文化理解の視座からの英語教育, 奥村みさ, 日本「アジア英語」学会第10回全国大会、金沢経済大学、石川,   2001年12月
  • 三日月と十字架のもとに:マレーシアにおけるキリスト教とエスニック・アイデンティティ, 奥村みさ, 南山宗教文化研究所研究会、南山大学、愛知,   2001年06月
  • マレーシアの女性誌に見るマレー系女性と華人女性の審美観の比較, 奥村みさ, 「メディアにみるイスラーム女性の実像と虚像」研究会、一橋大学、 東京,   1999年01月
  • The Distinction in Ethnic Identities in Consumption Patterns of the Malaysian Middle Class, 奥村みさ, Asian Studies Conference Japan (ASCJ) Annual Meeting、上智大学、 東京,   1998年06月
  • 身体的文化資本としてのエスニシティ:マレーシアにおけるマレー人女性と華人女性間の審美観のダイナミズム, 奥村みさ, 関東社会学会第45回 大会、明治学院大学、 東京,   1997年06月
  • ジャッキーとマドンナ:アメリカ社会における文化資本としてのカトリシズム, 奥村みさ, アメリカ学会第31回年次大会、愛知教育大、 愛知,   1997年06月
  • 文化資本としてのエスニシティ:マレーシアにおけるエスニック文化の差異化と再生産, 奥村みさ, 第69回日本社会学会大会、琉球大学、沖縄,   1994年09月
  • 十字架と三日月のもとに:マレーシアのカトリック, 奥村みさ, International Association of Historians of Asia (IAHA)第13回大会、 上智大学、東京,   1993年06月
  • マレー系ミドルクラスを通してみた新経済政策, 奥村みさ, 東南アジア史学会第49回研究大会、北海道大学、札幌,   1993年05月
  • マレーシアの中産階級と消費行動, 奥村みさ, 上智大学アジア文化研究所研究会、上智大学、東京,   1990年08月
  • Current Issues in Japanese Families, 奥村みさ, The Asian Regional Exchange for New Alternatives(ARENA)、バンコク,   1987年03月

作品

  • 中京大学国際英語学部海外研修企画・運営・学生引率(シンガポール、オーストラリア、ハワイに毎年約1週間から3週間),   2002年 - 2014年
  • (国際博覧会企画・実行委員)’89海と島の博覧会・ひろしま「夢アジア そごう特別協賛館)」企画 外務省(財)アジアクラブ, 芸術活動,   1988年10月
  • (国際博覧会企画・実行委員)’89海と島の博覧会・ひろしま「アジア館」(准テーマ館)基本計画書 外務省(財)アジアクラブ, 芸術活動,   1988年05月

受賞

  •   2003年01月, 東海学術奨励会, 東海学術奨励会助成, シンガポール人の多言語使用とアイデンティティ:シンガポール国立大学日本文化学科学生の言語・文化的意識構造調査を中心に

競争的資金

  • シンガポールの「英語化」にみる歴史観創造と伝統文化継承への影響に関する研究, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
  • シンガポールの50年に渡る英語中心二言語政策が歴史認識・文化遺産政策に及ぼす影響, 中京大学, 2016年度採択中京大学特定研究助成(個人研究)
  • 独立50年に渡る英語中心二言語教育のシンガポール多民族都市国家への文化的影響, 中京大学, 2015年度採択中京大学特定研究助成(個人研究)
  • 欧州多民族社会におけるナショナル・アイデンティティとエスニシティ―イギリスとフランスの事例を中心に, 中京大学, 2010年度採択中京大学在外研究助成
  • シンガポールの女子教育におけるポスト・コロニアリズムと文化相続の問題, 中京大学, 2008年度採択中京大学特定研究助成(個人研究)
  • 英語使用の文化的アイデンティティへの影響, 中京大学, 2004年度採択中京大学特定研究助成(共同研究)
  • 初期女子教育に果たしたミッションスクールの役割:フランス,マラヤ,日本の比較, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
  • 英語使用の文化的アイデンティティへの影響, 中京大学, 2003年度採択中京大学特定研究助成(共同研究)
  • シンガポール人の多言語使用とアイデンティティ, 中京大学, 2003年度採択中京大学特定研究助成(個人研究)
  • シンガポール人の多言語使用とアイデンティティ:シンガポール国立大学日本文化学科学生の言語・文化的意識構造調査を中心に, 東海学術奨励会, 平成14年度東海学術奨励会助成金
  • メディアにみるイスラーム女性の実像と虚像, 国立民族学博物館, 共同研究員
  • 現代世界と宗教に関する研究, 総合研究開発機構(NIRA), 委員会委員

教育活動情報

担当経験のある科目

  • 現代文化社会学(東洋大学大学院社会学科)
  • 文化社会学(東洋大学)
  • 国際社会学(千葉大学)
  • 社会調査および実習(東洋大学)
  • シンガポール、オーストラリア、ハワイ海外研修(中京大学)
  • 比較文化論(中京大学)
  • 異文化理解(中京大学)
  • 宗教社会学(南山大学大学院人間文化研究科)
  • 宗教と人類文化(名古屋大学)
  • 文化人類学概論(学習院大学)
  • 女性学(千葉大学)

社会貢献活動情報

社会貢献活動

  • シンガポールにおける二言語教育政策による文化変容と国民文化のゆくえ, 講師, 慶應義塾大学、言語文化研究所,   2016年10月
  • 多民族都市国家シンガポールの国民統合政策:持続可能な“City Nation”を目指して, 講師, 笹川平和財団,   2009年10月
  • マレーシア イスラム社会のなかのカトリック, 講師, 上智大学公開学習センター,   1998年06月
  • 女性と政治参加, パネリスト, 世田谷区婦人政策室,   1990年12月
  • 東南アジアにおける宗教と文化変容, 講師, カトリック管区長協議会総会,   1990年05月
  • アジアの中の日本, 講師, 横須賀市教育委員会,   1989年07月
  • 日本における外国人労働者, 講師, 横須賀市教育委員会,   1989年02月 - 1989年03月
  • 国際地域おこしシンポジウム 基調講演:Sarvodaya Concept of Development and Its Applicability to Building up an Asian Regional Network, by A.T.Ariyaratne (Sarvodaya代表), 司会, 外務省(財)アジアクラブ、鹿児島県、南方交流センター,  - 1988年11月
  • サルボダヤ運動現地調査, 調査担当, 庭野平和財団,   1988年08月 - 1988年09月