詳細検索はこちら
※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

久米 功一クメ コウイチ

所属・担当
総合政策学科
職名准教授
メールアドレスkume[at]toyo.jp ※[at]を@に書き換えて送信して下さい
ホームページURL
生年月日
Last Updated :2017/09/08

研究者基本情報

学歴

  • 2000年04月 - 2008年03月, 大阪大学大学院
  • 2002年09月 - 2004年05月, メリーランド大学カレッジパーク校
  • 1992年04月 - 1996年03月, 一橋大学

学位

  • 博士(経済学), 大阪大学

所属学協会

  • 生活経済学会
  • 都市住宅学会
  • 行動経済学会
  • 日本経済学会

委員歴

  •   2016年06月 - 現在, 科学技術振興機構 社会開発研究センター, 「情報とエコシステム」領域アドバイザー
  •   2015年09月 - 現在, 経済産業研究所, 「人工知能が社会に与えるインパクトの考察:文理連繋の視点から」研究委員
  •   2010年09月 - 現在, 経済産業研究所, 「労働市場制度改革」研究委員
  •   2014年04月 - 2016年04月, 経済産業研究所, 「経済活力と生活の質を向上させる社会保障制度」研究委員
  •   2012年04月 - 2014年03月, 家計経済研究所, 若年層の生活と家計に関する研究」研究委員
  •   2010年10月 - 2013年03月, 経済産業研究所, 「強靭な経済(レジリエント・エコノミー)」研究委員
  •   2010年09月 - 2011年08月, 中部産業・労働政策研究会, 「定年後もイキイキと暮らすための働き方とライフスタイルのあり方」研究主査

経歴

  •   2017年04月 - 現在, 東洋大学
  •   2013年04月 - 2017年03月, リクルートワークス研究所
  •   2010年09月 - 2013年03月, 名古屋商科大学
  •   2008年07月 - 2010年08月, 経済産業省
  •   2006年11月 - 2008年06月, 関西情報・産業活性化センター
  •   2005年01月 - 2006年11月, 世界銀行
  •   1996年04月 - 2000年03月, 三菱重工業株式会社

研究活動情報

研究分野

  • 経済学, 財政・公共経済, 労働経済学

研究キーワード

    労働経済学, 行動経済学, 経済政策, 雇用, 価値観, 幸福度, 人工知能

論文

  • 人口動態,テクノロジーと労働の必然的変容, 久米 功一, 研究 技術 計画, 32, (1) 51 - 63,   2017年03月
  • 多様な正社員のスキルと生活満足度に関する実証分析, 久米 功一、鶴 光太郎、戸田 淳仁, 生活経済学研究, 45,   2017年03月
  • 人事の成果は企業の生産性を高める―「人材マネジメント調査 2015」の定量分析―, 久米 功一, Works Review , 11, 92 - 103,   2016年11月
  • Works Index の開発-「全国就業実態パネル調査 2016」を用いて-, 久米 功一、萩原 牧子、戸田 淳仁、孫 亜文、清水 千弘, Works Review , 11, 138 - 151,   2016年11月
  • マネジャーの仕事配分は何で決まるのか―日本・アメリカ・中国の比較から―, 久米 功一, Works Review, 10, 76 - 87,   2015年05月
  • 労働に関する規範意識の形成とその影響, 久米 功一, 季刊家計経済研究, (102) 44 - 58,   2015年04月
  • 公的負担と企業行動-企業アンケートに基づく実証分析-(研究ノート), 小林 庸平、久米 功一、及川 景太、曽根 哲郎, 季刊社会保障研究, 50, (4) 446 - 463,   2015年03月
  • 国民経済の強靭性と産業、財政金融政策の関連性についての実証研究, 前岡 健一郎、神田 佑亮、中野 剛志、藤井 聡、久米 功一, 土木学会論文集 D3(土木計画学), 70, (5) 353 - 369,   2014年12月
  • 人材開発に関する実態・風土と企業業績-「ワークス人材マネジメント調査2013」の定量分析-, 久米 功一, Works Review, 9, 44 - 53,   2014年05月
  • 非正規労働者の社会的排除の実態とその原因(研究ノート), 久米 功一、大竹 文雄、奥平 寛子、鶴 光太郎, 日本労働研究雑誌, 634, 100 - 115,   2013年06月
  • What Does a Temporary Help Service Job Offer? Empirical suggestions from a Japanese survey, Hiroko Okudaira, Fumio Ohtake, Koichi Kume, Kotaro Tsuru, Journal of the Japanese and International Economies, 28, 37 - 68,   2013年06月
  • Statistical Evidences of National Economic Resilience Using Macroeconomic Data Before and After the Global Financial Crisis, Kenichiro Maeoka, Takeshi Nakano, Satoshi Fujii, Koichi Kume, The Empirical Economics Letters, 11, (10) 1027 - 1033,   2012年10月
  • A Generational Difference in Reference Point Adaptation: An Experimental Study, Koichi Kume、Ayako Suzuki, The Empirical Economics Letters, 11, (9) 909 - 916,   2012年09月
  • 退職後の田舎暮らし志向と地方の移住施策に関する分析-首都圏住民アンケートと小規模地方自治体アンケートを用いて, 布施 匡章、久米 功一, 都市住宅学, 75, 14 - 19,   2011年12月
  • 危険に対するセルフセレクションと補償賃金仮説の実証分析, 久米 功一, 日本労働研究雑誌, (599) 65 - 81,   2010年06月
  • 幸福度は所得に影響を与えるか-パネルデータによる分析, 久米 功一, 生活経済学研究, 29, 33 - 44,   2009年01月
  • 繰り返し実験における価格づけ行動-くじの売買の実験データを用いた実証分析, 久米 功一, 日本経済研究, (58) 58 - 81,   2008年01月
  • 持ち家のソーシャル・キャピタル形成に与える影響に関する分析-泉北ニュータウンの住民アンケートを用いて, 布施 匡章, 久米 功一, 都市住宅学, (60) 135 - 144,   2008年01月

MISC

  • 人工知能等の新しいテクノロジーを活かす能力とは何か 自己変化能と情報提供・働き方の変化に対する態度に関するアンケート分析, 久米 功一、中馬 宏之、林 晋、戸田 淳仁, RIETI Discussion Paper Series 17-J-053,   2017年08月
  • テクノロジーの進化による不安の背景分析, 戸田 淳仁、中馬 宏之、林 晋、久米 功一, RIETI Discussion Paper Series 17-J-049,   2017年08月
  • 社会保障の給付負担に対する選択を決定する要因は何か-国民意識と教育の役割, 久米 功一、鶴 光太郎、安井 健悟、佐野 晋平, RIETI Discussion Paper Series, 17-J-021,   2017年03月
  • 人工知能ビジネスの現状と今後の展望 米国ヒアリング調査から, 久米 功一, RIETI Policy Discussion Paper Series, 17-P-005,   2017年03月
  • 変わりつつある雇用形態 非正規雇用の変遷と多様な正社員の進展, 久米 功一, 経済セミナー, 693,   2016年12月, 招待有り
  • 無限定正社員と限定正社員の賃金格差, 安井 健悟、佐野 晋平、久米 功一、鶴 光太郎, RIETI Discussion Paper Series, 16-J-061,   2016年11月
  • 正社員と有期雇用労働者の賃金格差, 安井 健悟、佐野 晋平、 久米 功一、鶴 光太郎, RIETI Discussion Paper Series, 16-J-060,   2016年11月
  • 夫の家事・育児参加と妻の就業決定-夫の働き方と役割分担意識を考慮した実証分析, 久米 功一、鶴 光太郎, RIETI Discussion Paper Series , 16-J-010,   2016年03月
  • パーソナリティ特性の形成要因―家庭・学校・職場の経験から, 久米 功一、花岡 智恵、水谷 徳子、大竹 文雄、奥山 尚子, 行動経済学, 7,   2015年06月
  • 人材流動性とOn the Job Trainingに関する探索的研究, 佐野 晋平、久米 功一, Works Discussion Paper, 7,   2015年05月
  • 要求金銭補償額の決定要因の実証分析, 鶴 光太郎、久米 功一、戸田 淳仁, RIETI Discussion Paper Series , 15-J-019,   2015年05月
  • 経済政策における幸福度の再検討―想起・順応・合理化の視点から, 久米 功一, 行動経済学, 5,   2014年12月
  • 経済レジリエンスの構築と経済成長, 藤井 聡、久米 功一、小林 庸平, RIETI Policy Discussion Paper Series, 14-P-004,   2014年05月
  • 多様化する正規・非正規労働者の就業行動と意識-RIETI Webアンケート調査の概要, 久米 功一,大竹 文雄, 鶴 光太郎, RIETI Policy Discussion Paper Series, 14-P-003,   2014年03月
  • 幼少期の家庭環境、非認知能力が学歴、雇用形態、賃金に与える影響, 戸田 淳仁、鶴 光太郎、久米 功一, RIETI Discussion Paper Series, 14-J-019,   2014年03月
  • 選好の異質性が労働供給に与える影響の実証分析, 久米 功一, 行動経済学, 3,   2010年12月
  • 多様な正社員の働き方の実態-RIETI「平成26年度正社員・非正社員の多様な働き方と意識に関するWeb調査, 鶴 光太郎、久米 功一、戸田 淳仁, RIETI Policy Discussion Paper Series, 16-P-001,   2016年01月

書籍等出版物

  • 藤井聡編著『経済レジリエンス宣言「強靭」な日本経済を求めて』
    久米 功一
    分担執筆第4章「経済レジリエンス研究の系譜」日本評論社  2013年06月
  • 鶴光太郎・樋口美雄・水町勇一郎編著『非正規雇用改革-日本の働き方をいかに変えるか』(第7章)
    奥平 寛子、大竹 文雄、久米 功一、鶴 光太郎
    分担執筆第7章「派遣労働は正社員への踏み石か、それとも不安定雇用への入り口か」日本評論社  2011年06月
  • 鶴光太郎・樋口美雄・水町勇一郎編著『非正規雇用改革-日本の働き方をいかに変えるか』(第2章)
    大竹 文雄、奥平 寛子、久米 功一、鶴 光太郎
    分担執筆第2章「派遣労働者の生活と就業RIETIアンケート調査から」日本評論社  2011年06月
  • 中野剛志編著『成長なき時代の「国家」を構想する-経済政策のオルタナティヴ・ヴィジョン』
    久米 功一
    分担執筆低成長下の分配問題とオルタナティヴ・ヴィジョンナカニシヤ出版  2010年12月

講演・口頭発表等

  • 社会保障の給付負担に対する選択を決定する要因は何か-国民意識と教育の役割, 久米 功一, 行動経済学会 第10回大会,   2016年12月04日
  • 夫の家事・育児参加と妻の就業決定-夫の働き方と役割分担意識を考慮した実証分析, 久米 功一, 2016年度生活経済学会関東部会,   2016年11月12日
  • 要求金銭補償額の決定要因の実証分析, 久米 功一, 日本経済学会2015年度秋季大会,   2015年10月11日
  • パーソナリティ特性の形成要因―家庭・学校・職場の経験から, 久米 功一, 行動経済学会 第8回大会,   2014年12月07日
  • 企業の価格づけ行動と賃金・雇用調整-法人税率変更と企業行動の行動経済学的な分析-, 久米 功一, 行動経済学会 第7回大会,   2013年12月14日
  • 経済政策における幸福度の再検討―想起・順応・合理化の視点から, 久米 功一, 行動経済学会 第6回大会,   2012年12月08日
  • 非正規労働者の留保賃金と長期失業, 久米 功一, 日本経済学会2012年度春季大会,   2012年06月23日
  • 退職後の田舎暮らし志向と地方の移住施策に関する分析-首都圏住民アンケートと小規模地方自治体アンケートを用いて-, 久米 功一, 都市住宅学会第17回学術講演会,   2011年12月11日
  • 選好の異質性と労働供給の実証分析, 久米 功一, 行動経済学会第4回大会,   2010年12月03日
  • Division of Work and Working Hours, 久米 功一, 日本経済学会2009年度秋季大会,   2009年10月11日
  • 危険に対するセルフセレクションと補償賃金仮説の実証分析, 久米 功一, 日本経済学会2008年度秋季大会,   2008年09月15日

受賞

  •   2010年05月, 都市住宅学会, 都市住宅学会論文賞

競争的資金

  • 選好の異質性が労働供給に与える影響のデータ分析, 科学研究費, 若手研究(B), 久米 功一

教育活動情報

担当経験のある科目

  • 労働経済学, 東洋大学, 名古屋商科大学
  • Labor Economics and Public Policy, 明治学院大学
  • Behavioral Economics and Finance, 名古屋商科大学
  • 入門ミクロ経済学, 名古屋商科大学
  • 入門マクロ経済学, 名古屋商科大学
  • 経済数学, 名古屋商科大学