詳細検索はこちら
※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

加山 弾カヤマ ダン

所属・担当
社会福祉学科
ライフイノベーション研究所
福祉社会開発研究センター
社会福祉学専攻
職名准教授
メールアドレス
ホームページURLhttp://kaken.nii.ac.jp/d/r/20440000.ja.html
生年月日
Last Updated :2017/07/19

研究者基本情報

学位

  • 博士(人間福祉)

経歴

  •   2010年, 東洋大学, 社会学部, 准教授

研究活動情報

研究分野

  • 社会学, 社会福祉学

研究キーワード

    市場原理, 生活保護, 介護保険, NPO・非営利, 非営利組織, 多元化, 地域福祉計画, 公的サービス, NPO, コミュニティワーク, 保健・医療, 校区, 社会福祉協議会, 民営化, 公的対人サービス

MISC

  • 書評 川島ゆり子著『地域を基盤としたソーシャルワークの展開 : コミュニティケアネットワーク構築の実践』, 加山 弾, ソーシャルワーク学会誌, (27) 71 - 74,   2013年12月
  • 東日本大震災の県外避難者に対する福祉的支援 : 東京都における避難者支援事業に関する考察, 加山 弾, 大学院紀要 = Bulletin of the Graduate School, Toyo University, 49, (0) 241 - 262,   2012年
  • 市町村合併後の社会福祉協議会のローカル・ガバナンス推進に関する研究 : 日光市社会福祉協議会職員に対する調査をもとに, 加山 弾, 社会福祉学, 52, (3) 3 - 14,   2011年11月30日, 本稿は,市町村合併後の市町村社会福祉協議会(以下,「社協」)において,体制変更などの影響がどのように表れているかを明らかにしようとするものである.研究視点として,(1)単一の大組織となること,(2)活動・サービスの範囲が広域化すること,(3)ローカル・ガバナンスの推進を設定し,日光市社協に対して行った調査の結果を基に考察した.調査では,旧社協時代の事業の廃止,窓口複数化による混乱,職員の異動による関係機関との疎遠化,移動距離の延長,意思決定やまとまりが困難になったことなどのネガティヴな点が指摘された一方で,サービス水準の向上,サービスの選択肢の増加,多様な専門職や情報が集められたことなどのポジティヴな変化を確認できた.行政との関係性などで大きな進展はないが,発言力が増した点,長期ビジョンを示している点が評価されている.分析結果を踏まえ,他の社協に対して,3つの視点に基づく実践課題を提示した.
  • 地縁型組織とテーマ型組織の連携に関する研究 : 団地住民のNPO 創出および自治会・管理組合との連携を事例として, 加山 弾, 杢代 直美, カヤマ ダン, モクダイ ナオミ, 福祉社会開発研究 = Annual report of researches on development of welfare society, (2) 55 - 64,   2009年03月
  • 沖縄からの移住者コミュニティへの支援--ポストコロニアリズムへの照射とソーシャルワークの課題 (特集 外国人支援とソーシャルワーク), 加山 弾, ソ-シャルワ-ク研究, 35, (3) 222 - 228,   2009年
  • 都市共生社会の探究 : マイノリティをめぐる地域福祉の思想・理念に関する考察, 加山 弾, 関西学院大学社会学部紀要, 99,   2005年11月08日, One of the characteristics of urban areas is 'diversity' which is composed of minorities such as ethnic groups, immigrants, rough sleepers, alcoholic, elderly people, disabled people, etc. They tend to be excluded and face discrimination by majorities of the society. This study is a consideration from a standpoint of community welfare about ideological frameworks to solve such problems; integration, social inclusion, normalization, and symbiosis. Although these are well-known, we have not yet shared a common ideology about them; these are often treated as 'similar theories' or even 'synonyms'. Therefore, it seems to be necessary to put the concepts in order, to facilitate the development of macro practice for minority groups. From this context, this study attempts to create typologies; an axis of relationships among concepts (process and final goal), factors (dualistic and pluralistic), type of involvement (integration or inclusion and respect for diversity), and target systems (people in need or community). This argument provides a framework to address some practical issues in this field.
  • 地域福祉計画へのマイノリティ参加とコミュニティ形成--沖縄人コミュニティをめぐるアクション・リサーチを通じて, 加山 弾, 日本の地域福祉, 19,   2005年
  • 都市部における移住者集住地区を中心とする地域福祉の課題--A市B区における沖縄出身者のソーシャル・インクルージョンをめぐって, 加山 弾, 日本の地域福祉, 18,   2004年
  • コミュニティ実践の今日的課題 : 近年のソーシャル・アクションの動向, 加山 弾, 関西学院大学社会学部紀要, 95,   2003年10月28日, Nowadays the social action model of community practice in social work tends to be considered old-fashioned, because of the tendency that many people recently do not prefer using what used to be the standard methods of conflict and confrontation to assert their rights. However, such kinds of social action are still required in litigant's activities such as in the cases of Hansen's disease, HIV, and so on. This study attempts to make a presentation of a hypothetical model of current forms of social action. This model is tested using four cases. They are activities: (case 1) against pollution; (case 2) to change the government's principle on a new law providing services for disabled people; (case 3) for education and enlightenment about the environment; (case 4) to stop the closure of a nursing school for children with disabilities. Cases 1 and 2 were carried into practice according to the conventional method of social action, so in this meaning these two were similar. However, a difference was seen in that case 1 was for people in a specific geographic area, while case 2 was not. On the other hand, cases 3 and 4 had similar characteristics because they were quite different from the conventional social action; they were carried out with moderation after a term of confrontation. Although case 3 was for a generic area, case 4 was for a specific location. A framework for analysis of social action was derived through this argument: axes of confrontation-cooperation (the basic structure of relationships between the people concerned and their target), and specific-generic (the geographic area for intervention). Possibly this framework can be used by social workers to choose the appropriate social action method.
  • 福祉NPO・企業間の連携の評価--「様相的構造-能動的機能」の枠組みによる分析, 加山 弾, 関西学院大学社会学部紀要, (92) 127 - 138,   2002年

書籍等出版物

  • 地域におけるソーシャル・エクスクルージョン‐沖縄からの移住者コミュニティをめぐる地域福祉の課題
    加山 弾
      2014年11月
  • ビギナーズ地域福祉
    加山 弾
      2013年08月
  • 地域におけるつながり・見守りのかたち‐福祉社会の形成に向けて
    加山 弾
      2011年12月