詳細検索はこちら
※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

志村 健一シムラ ケンイチ

所属・担当
社会福祉学科
福祉社会開発研究センター
社会福祉学専攻
福祉社会システム専攻
職名教授
メールアドレス
ホームページURL
生年月日
Last Updated :2017/11/11

研究者基本情報

学歴

  •  - 2006年, フィールディング大学院大学, Educational Leadership and Change
  • 1991年 - 1993年, ウィスコンシン大学ラクロス校
  •  - 1989年, 日本大学, 文理学部(文科系), 教育

学位

  • 教育学博士, フィールディング大学院大学(アメリカ)

所属学協会

  • 日本社会福祉学会
  • 日本社会福祉実践理論学会
  • Association for the Advancement of Social Work with Groups
  • 日本基督教社会福祉学会
  • International Leadership Association

委員歴

  • 日本ソーシャルワーク学会理事
  • 日本社会福祉学会学会誌編集委員
  • 日本社会福祉学会国際学術交流促進委員

経歴

  •   2006年 - 2011年, 聖隷クリストファー大学 社会福祉学部, 教授
  •   1999年 - 2006年, 弘前学院大学, 社会福祉学部, 助教授
  •   1994年 - 1999年, 道都大学, 社会福祉学部, 専任講師

研究活動情報

研究分野

  • 社会学, 社会福祉学

研究キーワード

    リーダーシップ, ソーシャルワーク, ソーシャルワーク・リサーチ

論文

  • 知的障害のある人たちとのフレンドシップ : ユニファイドスポーツを通じた取り組み (特集 ともに生き認め合う社会 : 障害者差別解消法を活かそう), 志村 健一, 月刊福祉 = Monthly welfare, 月刊福祉 = Monthly welfare, 99, (13) 25 - 31,   2016年12月
  • ソーシャルワーク教育のグローバルスタンダード (特集 世界に通じる医療者教育), 志村 健一, 保健の科学, 保健の科学, 58, (5) 322 - 328,   2016年05月
  • ソーシャルワークのグローバル定義とソーシャルワーク教育 : 日本学術会議「大学教育の分野別質保証のための教育課程編成上の参照基準」との関連性 (特集 ソーシャルワーク(専門職)のグローバル定義(その2)日本・アジアにおける展開と課題), 志村 健一, ソーシャルワーク研究 = Studies on social work : 社会福祉実践の総合研究誌, ソーシャルワーク研究 = Studies on social work : 社会福祉実践の総合研究誌, 41, (3) 207 - 218,   2015年
  • 知的障がい者の意思決定支援とソーシャルワーク (特集 日本のソーシャルワーク再考 : 原点回帰の必要性を問う), 志村 健一, ソーシャルワーク研究, ソーシャルワーク研究, 40, (1) 46 - 55,   2014年
  • 障害者虐待防止法の意義と課題 : 権利擁護のためのシステム構築に向けて, 志村 健一, 社会福祉研究, 社会福祉研究, (116) 2 - 11,   2013年04月
  • 資格制度がソーシャルワークの教育と研究にもたらしたもの--大学における社会福祉士養成教育を手掛かりとして (特集 資格制度がソーシャルワークにもたらしたもの), 志村 健一, ソ-シャルワ-ク研究, ソ-シャルワ-ク研究, 37, (2) 43 - 50,   2011年
  • 主体形成支援とグループワーク--インターグループ・カウンシルを媒介としたスペシャルオリンピックス冬季世界大会日本選手団を手がかりに (特集 グループを支援するソーシャルワーク実践再考), 志村 健一, ソ-シャルワ-ク研究, ソ-シャルワ-ク研究, 36, (1) 24 - 33,   2010年
  • ソーシャルワーク実践としてのリサーチ(調査)の位置づけと体系的整理 (特集 ソーシャルワーク・リサーチの技法), 志村 健一, ソ-シャルワ-ク研究, ソ-シャルワ-ク研究, 35, (4) 284 - 293,   2010年
  • なぜスポーツなのか―スポーツの楽しさを伝えることの意義, 志村 健一, 実践障害児教育, (9月) 3 - 5,   2007年09月
  • 畠山龍郎が記したもの : 『ソーシャルワーク研究』「巻頭言」の計量テキスト分析, 志村 健一, シムラ ケンイチ, Kenichi SHIMURA, 聖隷クリストファー大学社会福祉学部紀要, 聖隷クリストファー大学社会福祉学部紀要, 5, 51 - 59,   2007年03月
  • グラウンデッド・セオリー概説, 志村 健一, 純心福祉文化研究, 純心福祉文化研究, (5) 27 - 34,   2007年
  • Relationship searching: A grounded theory of social work internship, 志村 健一, Doctoral dissertation,   2006年09月
  • グラウンデッド・セオリーにおける記録-理論生成を目的とした記録の方法と意義-, 志村 健一, ソーシャルワーク研究, 31, (3) 14 - 19,   2005年10月
  • Compare and Contrast of Grounded Theory and KJ Method, 志村 健一, 弘前学院大学社会福祉学部研究紀要, 弘前学院大学社会福祉学部研究紀要, 5, 46 - 57,   2005年03月01日
  • グラウンデッド・セオリーにおける記録--理論生成を目的とした記録の方法と意義 (特集:ソーシャルワーカーの実践と記録--当事者へのまなざし), 志村 健一, ソ-シャルワ-ク研究, ソ-シャルワ-ク研究, 31, (3) 184 - 189,   2005年
  • Leadership and Change in Higher Education : The Need for Collaborative Leadership and an Application for NPOs, 志村 健一, 弘前学院大学社会福祉学部研究紀要, 弘前学院大学社会福祉学部研究紀要, (4) 39 - 55,   2004年03月
  • Issues of Program Evaluation in Social Work Education : A Review from the Perspectives of Evaluation Framework, 志村 健一, 弘前学院大学社会福祉学部研究紀要, 弘前学院大学社会福祉学部研究紀要, (3) 51 - 60,   2003年03月
  • The utilization of case studies in social work education : As a part of higher education reform movement, 志村 健一, 弘前学院大学社会福祉学部研究紀要, 弘前学院大学社会福祉学部研究紀要, Vol.2. 1-16., (2) 1 - 16,   2002年03月
  • 基礎社会過程とソーシャルプレイング:事例からみるソーシャル・グループワークの展開過程における終結期に関する考察, 花村 春樹, 志村 健一, 栗山 隆, 弘前学院大学社会福祉学部研究紀要, 弘前学院大学社会福祉学部研究紀要, (1) 8 - 14,   2001年03月
  • ソーシャル・グループワークの展開過程における終結期に関する考察--事例からみる終結の問題と課題, 花村 春樹, 栗山 隆, 志村 健一, 弘前学院大学・弘前学院短期大学紀要, 弘前学院大学・弘前学院短期大学紀要, 41 - 49,   2000年03月

MISC

  • 知的障がいのある人たちの意思決定支援におけるタブレットPC 活用に関する調査報告, 志村 健一, 福祉社会開発研究, (8) 95 - 99,   2016年03月
  • 質的研究の動向と課題(エビデンス・ベースドの社会福祉研究・実践をいかに進めるか,春季大会シンポジウム), 志村 健一, 社会福祉学, 53, (3) 82 - 86,   2012年11月30日
  • 海外の動向 第21回アジア・太平洋ソーシャルワーク会議報告「ソーシャルワークの新たな地平--共生と連帯」, 志村 健一, 社会福祉研究, (112) 98 - 103,   2011年10月
  • グラウンデッド・セオリー--アクション・リサーチの理論と実際(No.4)グラウンデッド・アクションの実際, 志村 健一, ソ-シャルワ-ク研究, 34, (4) 330 - 334,   2009年
  • シンポジウム エビデンスに基づくソーシャルワーク実践の科学化--実践事例の分析とその理論化 (第24回[日本社会福祉実践理論学会]大会報告), 小山 隆, 芝野 松次郎, 志村 健一, 社会福祉実践理論研究, (17) 57 - 77,   2008年06月
  • グラウンデッド・セオリー--アクション・リサーチの理論と実際(No.3)グラウンデッド・セオリーの過程(データ分析から執筆まで), 志村 健一, ソ-シャルワ-ク研究, 34, (3) 232 - 235,   2008年
  • グラウンデッド・セオリー--アクション・リサーチの理論と実際(2), 志村 健一, ソ-シャルワ-ク研究, 34, (2) 143 - 147,   2008年
  • グラウンデッド・セオリー--アクション・リサーチの理論と実際(1), 志村 健一, ソ-シャルワ-ク研究, 34, (1) 71 - 75,   2008年
  • アクションとしてのグラウンデッド・セオリー[含 英語文], Simmons Odis E., 志村 健一, 聖隷クリストファー大学社会福祉学部紀要, (6) 151 - 165,   2008年
  • グラウンデッド・セオリー概説, 純心福祉文化研究会純心福祉文化研究, (5) 27 - 34,   2007年
  • グラウンデッド・セオリーにおける記録, ソーシャルワーク研究, Vol. 31 No. 3,   2005年
  • Compare and contrast of Grounded Theory and KJ method, 弘前学院大学社会福祉学部研究紀要, 第5号46頁~57頁,   2005年
  • Leadership and change in higher education: The need for collaborative leadership and an application for NPOs, 弘前学院大学社会福祉学部研究紀要, 第4号39頁~55頁,   2004年
  • Issues of program evaluation in social work education: A review from the perspectives of evaluation framework, 弘前学院大学社会福祉学部研究紀要, 第3号51頁~60頁,   2003年
  • スペシャルオリンピックス日本・青森設立準備委員会の運営とその実践--ソーシャルワーク実践とその教育的要素, 志村 健一, 弘前学院大学社会福祉学部社会福祉教育研究所年報, (1) 101 - 105,   2003年
  • The utilization of case studies in social work education: As a part of higher education reform movement, 弘前学院大学社会福祉学部研究紀要, 第2号1-16,   2002年
  • 基礎社会過程とソーシャルプレイング:事例からみるソーシャル・グループワークの展開過程における終結期に関する考察, 弘前学院大学社会福祉学部紀要, 創刊号8-14,   2001年
  • アメリカの障害児・者教育 , 粂野豊ら監修.『障害者教育の人間学』中央法規,   2001年
  • 21世紀に向かう社会福祉系4年制大学における課題 (特集 読者の声--21世紀に向けて), 志村 健一, ソ-シャルワ-ク研究, 25, (3) 180 - 182,   1999年10月
  • スペシャル・オリンピックス・アスリートのファンクショナル・アビリティーの測定に関する一考察 : グループ・ワークとしてのセラピューティック・レクリエーション, 志村 健一, 道都大学紀要. 社会福祉学部, 19,   1996年
  • グループワーク,レクリエーション・セラピーの歴史的相違に関する一考察, 志村 健一, 道都大学紀要. 社会福祉学部, 18,   1995年
  • 野外活動の治療的・教育的可能性, 志村 健一, 道都大学紀要. 社会福祉学部, 17,   1994年

書籍等出版物

  • ソーシャルワーク・スーパービジョン論
    中央法規出版  2015年06月19日
  • 障害のある人の支援と社会福祉―障害者福祉入門 (シリーズ・ベーシック社会福祉)
    志村 健一, 岩田 直子
    共著ミネルヴァ書房  2008年04月
  • ソーシャルワーク・リサーチの方法 (ソーシャルワーク・スキルシリーズ)
    志村 健一
    単著相川書房  2004年12月
  • 事例研究・教育法―理論と実践力の向上を目指して
    米本 秀仁, 志村 健一, 高橋 信行
    共著川島書店  2004年04月
  • リハビリテーションにおけるグループワーク
    保田井進・硯川真旬・黒木保博編著『福祉グループワークの実際』ミネルヴァ書房  1999年
  • 知的発達障害への理解のために
    スキージャーナル編『ユニバーサルスキーブック』スキージャーナル社  2004年
  • 社会福祉教育場面における事例教育の位置とその意義
    日本社会福祉実践理論学会監修 米本秀仁・高橋信行・志村健一編著『事例研究・教育法』川島書店  2004年
  • 『ソーシャルワーク・リサーチの方法』
    相川書房  2004年
  • 障害のある人の支援と社会福祉:障害者福祉入門
    志村 健一
    ミネルヴァ書房  2008年03月
  • ソーシャルワーク・リサーチの方法
    志村 健一
    相川書房  2004年12月
  • 社会福祉の支援活動:ソーシャルワーク入門
    志村 健一
    ミネルヴァ書房  2008年03月
  • ソーシャルワークの研究方法
    志村 健一
    相川書房  2010年06月
  • 新しい地域福祉推進の理論と実際
    志村 健一
    中央法規出版  2007年04月
  • 「ソーシャルワークにおける『エビデンス』と実践への適用」日本社会福祉学会編『対論社会福祉学5ソーシャルワークの理論』
    志村 健一
    中央法規  2012年11月15日

講演・口頭発表等

  • 「質的研究の動向と課題」, 志村 健一, 日本社会福祉学会春季大会シンポジウム,   2012年05月27日
  • Standing-by leadership: A grounded theory of social service administrators, 志村 健一, International Leadership Association,   2008年11月

受賞

  •   1992年, ペッグ・コネリー博士賞(Peg Connally Schalarship)

競争的資金

  • ソーシャルワーク、リーダーシップ
  • 社会福祉調査法