詳細検索はこちら
※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

吉崎 貴大ヨシザキ タカヒロ

所属・担当
食環境科学部食環境科学科
ライフイノベーション研究所
工業技術研究所
地域活性化研究所
食環境科学研究科食環境科学専攻
職名准教授
メールアドレス
ホームページURL
生年月日
Last Updated :2020/07/09

研究者基本情報

学歴

  • 2012年04月 - 2014年03月, 日本学術振興会特別研究員(DC2)
  • 2011年04月 - 2014年03月, 東京農業大学大学院, 農学研究科
  • 2009年04月 - 2011年03月, 東京農業大学大学院, 農学研究科

所属学協会

  • 日本睡眠学会
  • 日本時間栄養学会
  • 日本栄養士会
  • 日本栄養改善学会
  • 日本栄養・食糧学会
  • 日本疫学会

経歴

  •   2018年04月 - 現在, 東洋大学, 食環境科学部食環境科学科, 准教授
  •   2017年04月 - 2018年03月, 東洋大学, 食環境科学部食環境科学科, 講師
  •   2014年04月 - 2017年03月, 東洋大学, 食環境科学部, 助教

研究活動情報

研究分野

  • 人文・社会, 家政学、生活科学
  • ライフサイエンス, 栄養学、健康科学

研究キーワード

    栄養疫学, 食生活, 交代制勤務, 時間栄養学, 応用健康科学

論文

  • 月経周期異常の女性トップアスリートにおける食生活状況の実態, 石井 美子, 吉﨑 貴大, 能瀬 さやか, 亀井 明子, 日本スポーツ栄養研究誌 = Japanese journal of sports nutrition, 日本スポーツ栄養研究誌 = Japanese journal of sports nutrition, 13, 94 - 101,   2020年01月
  • トップアスリートの牛乳および乳製品摂取状況, 吉野 昌恵, 吉﨑 貴大, 安田 純, 山本 かおり, 太田 昌子, 川原 貴, 亀井 明子, 日本スポーツ栄養研究誌 = Japanese journal of sports nutrition, 日本スポーツ栄養研究誌 = Japanese journal of sports nutrition, 13, 75 - 84,   2020年01月
  • 地域在住高齢者における食品摂取の多様性と食事摂取量およびフレイルとの関連, 吉﨑 貴大, 横山 友里, 大上 安奈, 川口 英夫, 栄養学雑誌, 栄養学雑誌, 77, (1) 19 - 28,   2019年02月
  • Higher energy intake at dinner decreases parasympathetic activity during nighttime sleep in menstruating women: A randomized controlled trial., Tada Y, Yoshizaki T, Tanaka I, Kanehara R, Kato M, Hatta N, Hida A, Kawano Y, Physiology & behavior, Physiology & behavior,   2018年06月
  • Association of habitual dietary intake with morningness-eveningness and rotating shift work in Japanese female nurses., Yoshizaki T, Komatsu T, Tada Y, Hida A, Kawano Y, Togo F, Chronobiology international, Chronobiology international, 1 - 13,   2018年01月
  • 【時間栄養学/時間運動学-"時間軸の視点"からの臨床へのアプローチ】ヒトの食事摂取時刻と健康 大学競技者を中心に, 川野 因, 吉崎 貴大, 安田 純, 臨床栄養, 臨床栄養, 130, (3) 321 - 327,   2017年03月
  • Relationship Between Dietary Factors and Bodily Iron Status Among Japanese Collegiate Elite Female Rhythmic Gymnasts, Kokubo Y, Yokoyama Y, Kisara K, Ohira Y, Sunami A, Yoshizaki T, Tada Y, Ishizaki S, Hida A, Kawano Y, International Journal of Sport Nutrition and Exercise Metabolism, International Journal of Sport Nutrition and Exercise Metabolism, 26, 105 - 113,   2016年04月
  • 機能性表示食品制度における届け出されたレビューの現状と課題, <第5回>メタ分析を実施したレビューの手順・記載の適切性-現状と課題, 折笠秀樹, 唐文涛, 吉﨑貴大, Jpn Pharmacol Ther, Jpn Pharmacol Ther, 44, (10) 1403 - 1406,   2016年
  • 機能性表示食品制度における届け出されたレビューの現状と課題, <第4回>レビューにおける対象研究・全体の妥当性・信頼性の評価-現状と課題, 吉﨑貴大, 唐文涛, 折笠秀樹, Jpn Pharmacol Ther, Jpn Pharmacol Ther, 44, (9) 1254 - 1258,   2016年
  • ジュニア選手とシニア選手におけるサプリメント利用実態の比較, 松本なぎさ, 吉﨑貴大, 亀井明子, 上東悦子, 土肥美智子, 赤間高雄, 川原貴, JAPANESE JOURNAL of ELITE SPORTS SUPPORT, JAPANESE JOURNAL of ELITE SPORTS SUPPORT,   2016年
  • トップスポーツ選手における食意識と期分け別の食習慣の実態, 松本なぎさ, 吉﨑貴大, 亀井明子, 上東悦子, 土肥美智子, 川原貴, 日本スポーツ栄養研究誌, 日本スポーツ栄養研究誌, (9) 80 - 84,   2016年
  • 首都圏における女子大学生の朝食欠食と健康的生活行動との関連, 中井 あゆみ, 日田 安寿美, 小久保 友貴, 外山 健二, 井上 久美子, 川野 因, 古泉 佳代, 小川 睦美, 吉﨑 貴大, 砂見 綾香, 横山 友里, 安田 純, 佐々木 和登, 多田 由紀, 日本食育学会誌, 日本食育学会誌, 9, (1) 41 - 51,   2015年
  • Effect of Egg White Protein Supplementation Prior to Acute Resistance Training on Muscle Damage Indices in Untrained Japanese Men, Hasegawa Y, Mekata Y, Sunami A, Yokoyama Y, Yoshizaki T, Hagiwara M, Yanagisawa K, Usuda M, Masuda Y, Kawano Y, Montenegrin Journal of Sports Science and Medicine, Montenegrin Journal of Sports Science and Medicine, 3, 5 - 12,   2014年09月
  • Influence of dietary behavior on the circadian rhythm of the autonomic nervous system as assessed by heart rate variability., Yoshizaki T, Tada Y, Hida A, Sunami A, Yokoyama Y, Togo F, Kawano Y, Physiology & behavior, Physiology & behavior, 118, 122 - 128,   2013年06月
  • Diurnal 24-hour rhythm in ambulatory heart rate variability during the day shift in rotating shift workers., Yoshizaki T, Kawano Y, Tada Y, Hida A, Midorikawa T, Hasegawa K, Mitani T, Komatsu T, Togo F, Journal of biological rhythms, Journal of biological rhythms, 28, 227 - 236,   2013年06月
  • オフ期の栄養教育が減量期の女子新体操選手の食事改善に及ぼす影響, 横山友里, 山田美恵子, 木皿久美子, 橋爪みすず, 小久保友貴, 日田安寿美, 多田由紀, 吉崎貴大, 砂見綾香, 石崎朔子, 川野因, 栄養学雑誌, 栄養学雑誌, 71, (1) 29 - 36,   2013年02月01日
  • 男子高校生のヘモグロビン濃度にはBMIと身体活動レベルが関連している, 日田安 寿美, 山中 朋実, 永田 薫, 日本食育学会誌, 日本食育学会誌, 7, (1) 33 - 40,   2013年01月
  • 小学校給食における料理分類および供食量と残菜率の関連, 多田由紀, 梅本葉月, 池田昌代, 吉崎貴大, 砂見綾香, 横山友里, 川野因, 日田安寿美, 日本食育学会誌, 日本食育学会誌, 6, (4) 365 - 374,   2012年10月25日
  • 幼稚園児および保護者に対する食育プログラムが両者の食生活に及ぼす影響, 砂見綾香, 多田由紀, 梶忍, 二階堂邦子, 井上久美子, 大西芽衣, 乳井恵美, 吉崎貴大, 横山友里, 日田安寿美, 川野因, 日本食育学会誌, 日本食育学会誌, 6, (3) 265 - 272,   2012年07月25日
  • 介護老人保健施設における女性交代制勤務者の食事摂取量と体重増加の関連, 多田由紀, 松本晴美, 吉崎貴大, 児玉俊明, 東郷史治, 森佳子, 日田安寿美, 川野因, 日本循環器病予防学会誌, 日本循環器病予防学会誌, 47, (1) 1 - 12,   2012年01月31日
  • 女子大学生における欠食と食事バランスガイドによる食事評価の関連, 多田由紀, 川野因, 森佳子, 吉崎貴大, 小久保友貴, 日田安寿美, 中谷弥栄子, 日本栄養士会雑誌, 日本栄養士会雑誌, 54, (3) 193 - 201,   2011年03月01日
  • 大学生における食事に関する知識と生活習慣の関連:農学系大学における検討, 多田由紀, 川野因, 森佳子, 吉崎貴大, 小久保友貴, 日田安寿美, 上岡美保, 高野克己, 日本食育学会誌, 日本食育学会誌, 4, (4) 213 - 221,   2010年10月25日
  • 交代制勤務に従事する女性看護師および介護士における食習慣および生活時間とBMIの関連, 吉﨑貴大, 多田由紀, 児玉俊明, 森佳子, 小久保友貴, 日田安寿美, 三谷健, 小松泰喜, 東郷史治, 川野因, 日本栄養・食糧学会誌, 日本栄養・食糧学会誌, 63, (4) 161 - 167

書籍等出版物

  • 時間栄養学 ー時計遺伝子,体内時計,食生活をつなぐー
    吉﨑貴大
    共著PartⅤ: 19章: p168-174化学同人  2020年06月
  • 機能性表示食品 適正な研究レビューのための必携マニュアル
    上岡 洋晴, 折笠 秀樹, 大室 弘美, 北湯口 純, 佐山 暁子, 島田 美樹子, 唐 文涛, 眞喜志 まり, 吉﨑 貴大, 上岡 洋晴, 折笠 秀樹
    共著ライフ・サイエンス出版  2016年12月26日
  • コンパクト公衆栄養学 第3版
    梶本 雅俊, 川野 因, 石原 淳子, 梶本 雅俊, 久喜 美知子, 五関 正江, 佐野 喜子, 鈴木 礼子, 砂見 綾香, 高地 リベカ, 多田 由紀, 田中 弘之, 田村 須美子, 原島 恵美子, 日田 安寿美, 丸山 広達, 横山 友里, 吉崎 貴大
    朝倉書店  2016年
  • コンパクト公衆栄養学 第2版
    梶本 雅俊, 近藤 雅雄, 川野 因
    朝倉書店  2012年03月26日

競争的資金

  • 睡眠-覚醒リズムの変動による健康影響に対して脆弱性を規定する食生活要因の解明, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 若手研究
  • 地域住民の心身の健康に対して時間栄養学が果たす役割に関する横断・追跡研究, 文部科学省, 学術研究助成基金助成金(若手研究B)
  • 社会的ジェットラグと抑うつ傾向および肥満との関連に及ぼす食生活状況の影響, やずや食と健康研究所, やずや食と健康助成研究
  • 交代制勤務による生活習慣の変容と心身の変調の因果性及びその生理学的基盤の解明, 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究B)
  • 交代制勤務者の心身の健康と食生活との因果性の解明, 文部科学省, 科学研究費補助金(研究活動スタート支援)
  • 若年層における皮膚の状態と食生活状況および心身の健康との関連, やずや食と健康研究所, やずや食と健康助成研究
  • 交代制勤務者における概日リズムの維持に有効な栄養教育の検討, (独)日本学術振興会, 特別研究員奨励費