詳細検索はこちら
※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

小河 繁彦オゴウ シゲヒコ

所属・担当
生体医工学科
工業技術研究所
生体医工学専攻
職名教授
メールアドレスogoh[at]toyo.jp ※[at]を@に書き換えて送信して下さい
ホームページURL
生年月日
Last Updated :2017/07/19

研究者基本情報

学歴

  • 1994年04月 - 1999年03月, 京都大学大学院

学位

  • Ph.D

所属学協会

  • 日本体力医学会
  • 日本生理学会
  • 生理学会(UK)
  • アメリカスポーツ医学会
  • アメリカ生理学会

委員歴

  •   2015年04月 - 現在, 日本体力医学会, 将来構想計画委員会委員
  •   2014年04月 - 現在, 鶴ヶ島市, スポーツ推進審議会委員

経歴

  •   2015年 - 現在, The Physiological Society (UK), Experimental Physiology, Editor
  •   2013年 - 現在, Biomedical Research International (Physiology), Editor
  •   2010年 - 現在, The Physiological Society of Japan, Journal of Physiological Science, Editor
  •   2009年04月 - 現在, 東洋大学, 理工学部, 教授
  •   1999年04月 - 2009年03月, テキサス州立北テキサス大学HSC

研究活動情報

研究分野

  • 基礎医学, 環境生理学(含体力医学・栄養生理学)
  • 基礎医学, 生理学一般
  • 健康・スポーツ科学, 応用健康科学
  • 健康・スポーツ科学, スポーツ科学

研究キーワード

    静的運動, 超音波ドップラー法, 脳循環, 椎骨動脈血流量, 生理学, 血管抵抗, 運動, 外頸動脈血流量, 循環器, 内頸動脈血流量, 中心循環, 呼吸器, システム制御工学, フィードバックシステム, 二酸化炭素濃度, 循環調節, 高炭酸ガス, 高齢者, 呼吸調節, CO_2感受性, 運動後筋虚血, 脳血流量, 血圧, 自動調節, 体力

論文

  • Acute vascular effects of carbonated warm water lower leg immersion in healthy young adults., Ogoh S, Nagaoka R, Mizuno T, Kimura S, Shidahara Y, Ishii T, Kudoh M, Iwamoto E, Physiological reports, 4, (23) ,   2016年12月
  • Acute effect of stretching one leg on regional arterial stiffness in young men., Yamato Y, Hasegawa N, Fujie S, Ogoh S, Iemitsu M, European journal of applied physiology, 117, (6) 1227 - 1232,   2017年06月
  • Thermodilution-determined Internal Jugular Venous Flow., Rasmussen P, Widmer M, Hilty MP, Hug M, Sørensen H, Ogoh S, Sato K, Secher NH, Maggiorini M, Lundby C, Medicine and science in sports and exercise, 49, (4) 661 - 668,   2016年11月
  • Coupling between arterial and venous cerebral blood flow during postural change., Ogoh S, Washio T, Sasaki H, Petersen LG, Secher NH, Sato K, American journal of physiology. Regulatory, integrative and comparative physiology, 311, (6) ajpregu.00325.2016 - R1261,   2016年11月
  • Relationship between cognitive function and regulation of cerebral blood flow., Ogoh S, The journal of physiological sciences : JPS, 67, (3) 345 - 351,   2017年05月
  • What is important for aging-induced arterial stiffening, autonomic dysfunction, vascular characteristics or both?, Ogoh S, Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension, 40, (5) 434 - 435,   2017年05月
  • Impact of mild orthostatic stress on aortic-cerebral hemodynamic transmission: insight from the frequency domain., Sugawara J, Tomoto T, Imai T, Maeda S, Ogoh S, American journal of physiology. Heart and circulatory physiology, 312, (5) H1076 - H1084,   2017年05月
  • Acute impact of drinking coffee on the cerebral and systemic vasculature., Washio T, Sasaki H, Ogoh S, Physiological reports, 5, (10) ,   2017年05月
  • Transcranial Doppler-determined change in posterior cerebral artery blood flow velocity does not reflect vertebral artery blood flow during exercise., Washio T, Sasaki H, Ogoh S, American journal of physiology. Heart and circulatory physiology, 312, (4) H827 - H831,   2017年04月
  • Heterogeneous regulation of cerebral blood flow in hypoxia; implications for dynamic cerebral autoregulation and susceptibility to acute mountain sickness., Bailey DM, Ogoh S, Experimental physiology, 102, (3) ,   2017年03月
  • Dynamic cerebral autoregulation is unrelated to decrease in external carotid artery blood flow during acute hypotension in healthy young men., Ogoh S, Sørensen H, Hirasawa A, Sasaki H, Washio T, Hashimoto T, Bailey DM, Secher NH, Experimental physiology, 101, (8) 1040 - 1049,   2016年08月
  • Repeated high-intensity interval exercise shortens the positive effect on executive function during post-exercise recovery in healthy young males., Tsukamoto H, Suga T, Takenaka S, Tanaka D, Takeuchi T, Hamaoka T, Isaka T, Ogoh S, Hashimoto T, Physiology & behavior, 160, 26 - 34,   2016年04月
  • Acute effect of coffee drinking on dynamic cerebral autoregulation., Sasaki H, Hirasawa A, Washio T, Ogoh S, European journal of applied physiology, 116, (5) 879 - 884,   2016年05月
  • Carotid baroreflex function at the onset of cycling in men., Barbosa TC, Vianna LC, Hashimoto T, Petersen LG, Olesen ND, Tsukamoto H, Sørensen H, Ogoh S, Nóbrega AC, Secher NH, American journal of physiology. Regulatory, integrative and comparative physiology, 311, (5) ajpregu.00173.2016 - R878,   2016年08月
  • Hypoxia attenuates cardiopulmonary reflex control of sympathetic nerve activity during mild dynamic leg exercise., Katayama K, Ishida K, Saito M, Koike T, Ogoh S, Experimental physiology, 101, (3) 377 - 386,   2016年03月
  • Acute Effect of Static Stretching Exercise on Arterial Stiffness in Healthy Young Adults., Yamato Y, Hasegawa N, Sato K, Hamaoka T, Ogoh S, Iemitsu M, American journal of physical medicine & rehabilitation / Association of Academic Physiatrists, 95, (10) 764 - 770,   2016年04月
  • Heat stress redistributes blood flow in arteries of the brain during dynamic exercise., Sato K, Oue A, Yoneya M, Sadamoto T, Ogoh S, Journal of applied physiology (Bethesda, Md. : 1985), 120, (7) 766 - 773,   2016年04月
  • Heterogeneous Regulation of Brain Blood Flow during Low-Intensity Resistance Exercise., Hirasawa A, Sato K, Yoneya M, Sadamoto T, Bailey DM, Ogoh S, Medicine and science in sports and exercise, 48, (9) 1829 - 1834,   2016年04月
  • Effect of an acute increase in central blood volume on cerebral hemodynamics., Ogoh S, Hirasawa A, Raven PB, Rebuffat T, Denise P, Lericollais R, Sugawara J, Normand H, American journal of physiology. Regulatory, integrative and comparative physiology, 309, (8) R902 - 11,   2015年10月
  • Ultrasound tagged near infrared spectroscopy does not detect hyperventilation-induced reduction in cerebral blood flow., Lund A, Secher NH, Hirasawa A, Ogoh S, Hashimoto T, Schytz HW, Ashina M, Sørensen H, Scandinavian journal of clinical and laboratory investigation, 76, (1) 1 - 6,   2015年10月
  • Impact of short-term training camp on arterial stiffness in endurance runners., Tomoto T, Sugawara J, Hirasawa A, Imai T, Maeda S, Ogoh S, The journal of physiological sciences : JPS, 65, (5) 445 - 449,   2015年09月
  • The effect of an acute increase in central blood volume on the response of cerebral blood flow to acute hypotension., Ogoh S, Hirasawa A, Sugawara J, Nakahara H, Ueda S, Shoemaker JK, Miyamoto T, Journal of applied physiology (Bethesda, Md. : 1985), 119, (5) 527 - 533,   2015年09月
  • Internal carotid and vertebral arteries blood flow during graded lower body negative pressure in humans., Ogoh S, Sato K, Okazaki K, Miyamoto T, Hirasawa A, Sadamoto T, Shibasaki M, Experimental physiology, 100, (3) 259 - 266,   2015年01月
  • Cerebral blood flow regulation during hypoxia., Ogoh S, Experimental physiology, 100, (2) 109 - 110,   2015年02月
  • Cardiovascular Reflexes Activity and Their Interaction during Exercise., Crisafulli A, Marongiu E, Ogoh S, BioMed research international, 2015,   2015年
  • Influence of single bout of aerobic exercise on aortic pulse pressure., Sugawara J, Komine H, Miyazawa T, Imai T, Ogoh S, European journal of applied physiology, 115, (4) 739 - 746,   2014年11月
  • Near-infrared spectroscopy determined cerebral oxygenation with eliminated skin blood flow in young males., Hirasawa A, Kaneko T, Tanaka N, Funane T, Kiguchi M, Sørensen H, Secher NH, Ogoh S, Journal of clinical monitoring and computing, 30, (2) 243 - 250,   2015年05月
  • Enhanced muscle pump during mild dynamic leg exercise inhibits sympathetic vasomotor outflow., Katayama K, Ishida K, Saito M, Koike T, Hirasawa A, Ogoh S, Physiological reports, 2, (7) ,   2014年07月
  • Systemic oxidative-nitrosative-inflammatory stress during acute exercise in hypoxia; implications for microvascular oxygenation and aerobic capacity., Woodside JD, Gutowski M, Fall L, James PE, McEneny J, Young IS, Ogoh S, Bailey DM, Experimental physiology, 99, (12) 1648 - 1662,   2014年12月
  • The effect of changes in cerebral blood flow on cognitive function during exercise., Ogoh S, Tsukamoto H, Hirasawa A, Hasegawa H, Hirose N, Hashimoto T, Physiological reports, 2, (9) ,   2014年09月
  • Hyperthermia modulates regional differences in cerebral blood flow to changes in CO2., Ogoh S, Sato K, Okazaki K, Miyamoto T, Hirasawa A, Shibasaki M, Journal of applied physiology (Bethesda, Md. : 1985), 117, (1) 46 - 52,   2014年07月
  • Manipulation of central blood volume and implications for respiratory control function., Miyamoto T, Bailey DM, Nakahara H, Ueda S, Inagaki M, Ogoh S, American journal of physiology. Heart and circulatory physiology, 306, (12) H1669 - 78,   2014年06月
  • Anatomical vertebral artery hypoplasia and insufficiency impairs dynamic blood flow regulation., Sato K, Yoneya M, Otsuki A, Sadamoto T, Ogoh S, Clinical physiology and functional imaging, 35, (6) 485 - 489,   2014年06月
  • Influence of skin blood flow and source-detector distance on near-infrared spectroscopy-determined cerebral oxygenation in humans., Hirasawa A, Yanagisawa S, Tanaka N, Funane T, Kiguchi M, Sørensen H, Secher NH, Ogoh S, Clinical physiology and functional imaging,   2014年04月
  • A decrease in spatially resolved near-infrared spectroscopy-determined frontal lobe tissue oxygenation by phenylephrine reflects reduced skin blood flow., Ogoh S, Sato K, Okazaki K, Miyamoto T, Secher F, Sørensen H, Rasmussen P, Secher NH, Anesthesia and analgesia, 118, 823 - 829,   2014年04月
  • Regional re-distribution of blood flow in the external and internal carotid arteries during acute hypotension., Ogoh S, Lericollais R, Hirasawa A, Sakai S, Normand H, Bailey DM, American journal of physiology. Regulatory, integrative and comparative physiology,   2014年03月
  • Extra-cerebral oxygenation influence on near-infrared-spectroscopy-determined frontal lobe oxygenation in healthy volunteers: a comparison between INVOS-4100 and NIRO-200NX., Sørensen H, Rasmussen P, Siebenmann C, Zaar M, Hvidtfeldt M, Ogoh S, Sato K, Kohl-Bareis M, Secher NH, Lundby C, Clinical physiology and functional imaging,   2014年03月
  • Effects of acute hypoxia on cerebrovascular responses to carbon dioxide., Ogoh S, Nakahara H, Ueda S, Okazaki K, Shibasaki M, Subudhi A, Miyamoto T, Experimental physiology,   2014年03月
  • Influence of regular exercise training on post-exercise hemodynamic regulation to orthostatic challenge., Sugawara J, Komine H, Miyazawa T, Imai T, Ogoh S, Frontiers in physiology, 5,   2014年
  • Differential effect of sympathetic activation on tissue oxygenation in gastrocnemius and soleus muscles during exercise in humans., Horiuchi M, Fadel PJ, Ogoh S, Experimental physiology, 99, 348 - 358,   2014年02月
  • External carotid artery flow maintains near infrared spectroscopy-determined frontal lobe oxygenation during ephedrine administration. , Henrik Sørensen, Peter Rasmussen, Kohei Sato, Simon Persson, Niels D. Olesen, Henning B. Nielsen, Niels V. Olsen, Shigehiko Ogoh, Niels H. Secher., British Journal of Anesthesia. ,   2014年
  • Influence of skin blood flow and source-detector distance on near-infrared spectroscopy-determined cerebral oxygenation in humans. , Ai Hirasawa, Shintaro Yanagisawa, Naoki Tanaka, Tsukasa Funane, Masashi Kiguchi, Henrik Sørensen, Niels H. Secher, Shigehiko Ogoh., Clin Physiol Funct Imaging. ,   2014年
  • Blood flow distribution during heat stress: cerebral and systemic blood flow., Ogoh S, Sato K, Okazaki K, Miyamoto T, Hirasawa A, Morimoto K, Shibasaki M, Journal of cerebral blood flow and metabolism : official journal of the International Society of Cerebral Blood Flow and Metabolism, 33, 1915 - 1920,   2013年12月
  • Elevated aerobic fitness sustained throughout the adult lifespan is associated with improved cerebral hemodynamics., Bailey DM, Marley CJ, Brugniaux JV, Hodson D, New KJ, Ogoh S, Ainslie PN, Stroke; a journal of cerebral circulation, 44, 3235 - 3238,   2013年11月
  • Skin blood flow influences cerebral oxygenation measured by near-infrared spectroscopy during dynamic exercise., Miyazawa T, Horiuchi M, Komine H, Sugawara J, Fadel PJ, Ogoh S, European journal of applied physiology, 113, 2841 - 2848,   2013年11月
  • Relationship between aerobic endurance training and dynamic cerebral blood flow regulation in humans., Ichikawa D, Miyazawa T, Horiuchi M, Kitama T, Fisher JP, Ogoh S, Scandinavian journal of medicine & science in sports, 23, e320 - 9,   2013年10月
  • Effect of systemic α1-adrenergic receptor blockade on central blood pressure response during exercise., Sugawara J, Brothers RM, Raven PB, Okazaki K, Ogoh S, The journal of physiological sciences : JPS, 63, 389 - 393,   2013年09月
  • Effect of systemic α1-adrenergic receptor blockade on central blood pressure response during exercise., Jun Sugawara, R Matthew Brothers, Peter B Raven, Kazunobu Okazaki, Shigehiko Ogoh. , J Physiol Sci., 63, (5) 389 - 393,   2013年09月
  • Cerebral hypoperfusion modifies the respiratory chemoreflex during orthostatic stress., Ogoh S, Nakahara H, Okazaki K, Bailey DM, Miyamoto T, Clinical science (London, England : 1979), 125, 37 - 44,   2013年07月
  • Effect of acute hypoxia on blood flow in vertebral and internal carotid arteries., Ogoh S, Sato K, Nakahara H, Okazaki K, Subudhi AW, Miyamoto T, Experimental physiology, 98, 692 - 698,   2013年03月
  • Impaired cerebral haemodynamic function associated with chronic traumatic brain injury in professional boxers., Bailey DM, Jones DW, Sinnott A, Brugniaux JV, New KJ, Hodson D, Marley CJ, Smirl JD, Ogoh S, Ainslie PN, Clinical science (London, England : 1979), 124, 177 - 189,   2013年02月
  • Near-infrared spectroscopy determined oxy-hemoglobin concentration does not reflect intracranial cerebral oxygenation especially during dynamic heavy exercise., Ai Hirasawa, Kohei Sato, Anna Oue, Tomoko Sadamoto and Shigehiko Ogoh., Journal of Exercise Science, 23, 8 - 17,   2013年
  • Blood flow in internal carotid and vertebral arteries during orthostatic stress., Sato K, Fisher JP, Seifert T, Overgaard M, Secher NH, Ogoh S, Experimental physiology, 97, 1272 - 1280,   2012年12月
  • Differential blood flow responses to CO₂ in human internal and external carotid and vertebral arteries., Sato K, Sadamoto T, Hirasawa A, Oue A, Subudhi AW, Miyazawa T, Ogoh S, The Journal of physiology, 590, 3277 - 3290,   2012年07月
  • Impact of chronic exercise training on the blood pressure response to orthostatic stimulation., Sugawara J, Komine H, Miyazawa T, Imai T, Fisher JP, Ogoh S, Journal of applied physiology (Bethesda, Md. : 1985), 112, 1891 - 1896,   2012年06月
  • Kinetics of exercise-induced neural activation; interpretive dilemma of altered cerebral perfusion., Miyazawa T, Horiuchi M, Ichikawa D, Sato K, Tanaka N, Bailey DM, Ogoh S, Experimental physiology, 97, 219 - 227,   2012年02月
  • Face cooling with mist water increases cerebral blood flow during exercise: effect of changes in facial skin blood flow., Miyazawa T, Horiuchi M, Ichikawa D, Subudhi AW, Sugawara J, Ogoh S, Frontiers in physiology, 3,   2012年
  • Exercise-induced oxidative-nitrosative stress is associated with impaired dynamic cerebral autoregulation and blood-brain barrier leakage., Bailey DM, Evans KA, McEneny J, Young IS, Hullin DA, James PE, Ogoh S, Ainslie PN, Lucchesi C, Rockenbauer A, Culcasi M, Pietri S, Experimental physiology, 96, 1196 - 1207,   2011年11月
  • Enhanced open-loop but not closed-loop cardiac baroreflex sensitivity during orthostatic stress in humans., Akimoto T, Sugawara J, Ichikawa D, Terada N, Fadel PJ, Ogoh S, American journal of physiology. Regulatory, integrative and comparative physiology, 301, R1591 - 8,   2011年11月
  • The effect of phenylephrine on arterial and venous cerebral blood flow in healthy subjects., Ogoh S, Sato K, Fisher JP, Seifert T, Overgaard M, Secher NH, Clinical physiology and functional imaging, 31, 445 - 451,   2011年11月
  • The distribution of blood flow in the carotid and vertebral arteries during dynamic exercise in humans., Sato K, Ogoh S, Hirasawa A, Oue A, Sadamoto T, The Journal of physiology, 589, 2847 - 2856,   2011年06月
  • Impact of age on critical closing pressure of the cerebral circulation during dynamic exercise in humans., Ogoh S, Fisher JP, Young CN, Fadel PJ, Experimental physiology, 96, 417 - 425,   2011年04月
  • Utility of transcranial Doppler ultrasound for the integrative assessment of cerebrovascular function., Willie CK, Colino FL, Bailey DM, Tzeng YC, Binsted G, Jones LW, Haykowsky MJ, Bellapart J, Ogoh S, Smith KJ, Smirl JD, Day TA, Lucas SJ, Eller LK, Ainslie PN, Journal of neuroscience methods, 196, 221 - 237,   2011年03月
  • Glycopyrrolate abolishes the exercise-induced increase in cerebral perfusion in humans., Seifert T, Fisher JP, Young CN, Hartwich D, Ogoh S, Raven PB, Fadel PJ, Secher NH, Experimental physiology, 95, 1016 - 1025,   2010年10月
  • Estimation of cerebral vascular tone during exercise; evaluation by critical closing pressure in humans., Ogoh S, Brothers RM, Jeschke M, Secher NH, Raven PB, Experimental physiology, 95, 678 - 685,   2010年06月
  • Dynamic cerebral autoregulation during and after handgrip exercise in humans., Ogoh S, Sato K, Akimoto T, Oue A, Hirasawa A, Sadamoto T, Journal of applied physiology (Bethesda, Md. : 1985), 108, 1701 - 1705,   2010年06月
  • The effect of oxygen on dynamic cerebral autoregulation: critical role of hypocapnia., Ogoh S, Nakahara H, Ainslie PN, Miyamoto T, Journal of applied physiology (Bethesda, Md. : 1985), 108, 538 - 543,   2010年03月
  • Influence of changes in blood pressure on cerebral perfusion and oxygenation., Lucas SJ, Tzeng YC, Galvin SD, Thomas KN, Ogoh S, Ainslie PN, Hypertension, 55, 698 - 705,   2010年03月
  • Regulation of cerebral blood flow in mammals during chronic hypoxia: a matter of balance., Ainslie PN, Ogoh S, Experimental physiology, 95, 251 - 262,   2010年02月
  • Influence of baroreflex-mediated tachycardia on the regulation of dynamic cerebral perfusion during acute hypotension in humans., Ogoh S, Tzeng YC, Lucas SJ, Galvin SD, Ainslie PN, The Journal of physiology, 588, 365 - 371,   2010年01月
  • Cerebral blood flow during exercise: mechanisms of regulation., Ogoh S, Ainslie PN, Journal of applied physiology (Bethesda, Md. : 1985), 107, 1370 - 1380,   2009年11月
  • Influence of ageing on carotid baroreflex peak response latency in humans., Fisher JP, Kim A, Young CN, Ogoh S, Raven PB, Secher NH, Fadel PJ, The Journal of physiology, 587, 5427 - 5439,   2009年11月
  • Regulatory mechanisms of cerebral blood flow during exercise: new concepts., Ogoh S, Ainslie PN, Exercise and sport sciences reviews, 37, 123 - 129,   2009年07月
  • Transfer function characteristics of the neural and peripheral arterial baroreflex arcs at rest and during postexercise muscle ischemia in humans., Ogoh S, Fisher JP, Young CN, Raven PB, Fadel PJ, American journal of physiology. Heart and circulatory physiology, 296, H1416 - 24,   2009年05月
  • Spontaneous baroreflex measures are unable to detect age-related impairments in cardiac baroreflex function during dynamic exercise in humans., Fisher JP, Ogoh S, Junor C, Khaja A, Northrup M, Fadel PJ, Experimental physiology, 94, 447 - 458,   2009年04月
  • Onset responses of ventilation and cerebral blood flow to hypercapnia in humans: rest and exercise., Ogoh S, Ainslie PN, Miyamoto T, Journal of applied physiology (Bethesda, Md. : 1985), 106, 880 - 886,   2009年03月
  • The effects of aerobic fitness and beta1-adrenergic receptor blockade on cardiac work during dynamic exercise., Hawkins MN, Barnes Q, Purkayastha S, Eubank W, Ogoh S, Raven PB, Journal of applied physiology (Bethesda, Md. : 1985), 106, 486 - 493,   2009年02月
  • Autonomic control of cerebral circulation: exercise., Ogoh S, Medicine and science in sports and exercise, 40, 2046 - 2054,   2008年12月
  • Cerebral hypoperfusion during hypoxic exercise following two different hypoxic exposures: independence from changes in dynamic autoregulation and reactivity., Ainslie PN, Hamlin M, Hellemans J, Rasmussen P, Ogoh S, American journal of physiology. Regulatory, integrative and comparative physiology, 295, R1613 - 22,   2008年11月
  • Comments on Point:Counterpoint: Sympathetic activity does/does not influence cerebral blood flow. Autonomic nervous system influences dynamic cerebral blood flow., Ogoh S, Journal of applied physiology (Bethesda, Md. : 1985), 105,   2008年10月
  • Interaction between the ventilatory and cerebrovascular responses to hypo- and hypercapnia at rest and during exercise., Ogoh S, Hayashi N, Inagaki M, Ainslie PN, Miyamoto T, The Journal of physiology, 586, 4327 - 4338,   2008年09月
  • Dynamic cerebral autoregulation and baroreflex sensitivity during modest and severe step changes in arterial PCO2., Ainslie PN, Celi L, McGrattan K, Peebles K, Ogoh S, Brain research, 1230, 115 - 124,   2008年09月
  • Autonomic neural control of the cerebral vasculature: acute hypotension., Ogoh S, Brothers RM, Eubank WL, Raven PB, Stroke; a journal of cerebral circulation, 39, 1979 - 1987,   2008年07月
  • Regulation of middle cerebral artery blood velocity during dynamic exercise in humans: influence of aging., Fisher JP, Ogoh S, Young CN, Raven PB, Fadel PJ, Journal of applied physiology (Bethesda, Md. : 1985), 105, 266 - 273,   2008年07月
  • Differential effects of acute hypoxia and high altitude on cerebral blood flow velocity and dynamic cerebral autoregulation: alterations with hyperoxia., Ainslie PN, Ogoh S, Burgess K, Celi L, McGrattan K, Peebles K, Murrell C, Subedi P, Burgess KR, Journal of applied physiology (Bethesda, Md. : 1985), 104, 490 - 498,   2008年02月
  • Arterial baroreflex control of muscle sympathetic nerve activity in the transition from rest to steady-state dynamic exercise in humans., Ogoh S, Fisher JP, Raven PB, Fadel PJ, American journal of physiology. Heart and circulatory physiology, 293, H2202 - 9,   2007年10月
  • Dynamic blood pressure control and middle cerebral artery mean blood velocity variability at rest and during exercise in humans., Ogoh S, Dalsgaard MK, Secher NH, Raven PB, Acta physiologica (Oxford, England), 191, 3 - 14,   2007年09月
  • Exercise intensity influences cardiac baroreflex function at the onset of isometric exercise in humans., Fisher JP, Ogoh S, Young CN, Keller DM, Fadel PJ, Journal of applied physiology (Bethesda, Md. : 1985), 103, 941 - 947,   2007年09月
  • Effects of hyperglycemia on the cerebrovascular response to rhythmic handgrip exercise., Kim YS, Krogh-Madsen R, Rasmussen P, Plomgaard P, Ogoh S, Secher NH, van Lieshout JJ, American journal of physiology. Heart and circulatory physiology, 293, H467 - 73,   2007年07月
  • Alterations in autonomic function and cerebral hemodynamics to orthostatic challenge following a mountain marathon., Murrell C, Wilson L, Cotter JD, Lucas S, Ogoh S, George K, Ainslie PN, Journal of applied physiology (Bethesda, Md. : 1985), 103, 88 - 96,   2007年07月
  • Influence of age on cardiac baroreflex function during dynamic exercise in humans., Fisher JP, Ogoh S, Ahmed A, Aro MR, Gute D, Fadel PJ, American journal of physiology. Heart and circulatory physiology, 293, H777 - 83,   2007年07月
  • Increases in central blood volume modulate carotid baroreflex resetting during dynamic exercise in humans., Ogoh S, Fisher JP, Fadel PJ, Raven PB, The Journal of physiology, 581, 405 - 418,   2007年05月
  • Alterations in cerebral autoregulation and cerebral blood flow velocity during acute hypoxia: rest and exercise., Ainslie PN, Barach A, Murrell C, Hamlin M, Hellemans J, Ogoh S, American journal of physiology. Heart and circulatory physiology, 292, H976 - 83,   2007年02月
  • Regulation of middle cerebral artery blood velocity during recovery from dynamic exercise in humans., Ogoh S, Fisher JP, Purkayastha S, Dawson EA, Fadel PJ, White MJ, Zhang R, Secher NH, Raven PB, Journal of applied physiology (Bethesda, Md. : 1985), 102, 713 - 721,   2007年02月
  • Effects of changes in central blood volume on carotid-vasomotor baroreflex sensitivity at rest and during exercise., Ogoh S, Brothers RM, Barnes Q, Eubank WL, Hawkins MN, Purkayastha S, O-Yurvati A, Raven PB, Journal of applied physiology (Bethesda, Md. : 1985), 101, 68 - 75,   2006年07月
  • Carotid-cardiac baroreflex function does not influence blood pressure regulation during head-up tilt in humans., Ogoh S, Yoshiga CC, Secher NH, Raven PB, The journal of physiological sciences : JPS, 56, 227 - 233,   2006年06月
  • Cardiac and vasomotor components of the carotid baroreflex control of arterial blood pressure during isometric exercise in humans., Fisher JP, Ogoh S, Dawson EA, Fadel PJ, Secher NH, Raven PB, White MJ, The Journal of physiology, 572, 869 - 880,   2006年05月
  • Cardiopulmonary baroreflex is reset during dynamic exercise., Ogoh S, Brothers RM, Barnes Q, Eubank WL, Hawkins MN, Purkayastha S, O-Yurvati A, Raven PB, Journal of applied physiology (Bethesda, Md. : 1985), 100, 51 - 59,   2006年01月
  • Arterial baroreflex resetting during exercise: a current perspective., Raven PB, Fadel PJ, Ogoh S, Experimental physiology, 91, 37 - 49,   2006年01月
  • The effect of changes in cardiac output on middle cerebral artery mean blood velocity at rest and during exercise., Ogoh S, Brothers RM, Barnes Q, Eubank WL, Hawkins MN, Purkayastha S, O-Yurvati A, Raven PB, The Journal of physiology, 569, 697 - 704,   2005年12月
  • Autonomic nervous system influence on arterial baroreflex control of heart rate during exercise in humans., Ogoh S, Fisher JP, Dawson EA, White MJ, Secher NH, Raven PB, The Journal of physiology, 566, 599 - 611,   2005年07月
  • Middle cerebral artery flow velocity and pulse pressure during dynamic exercise in humans., Ogoh S, Fadel PJ, Zhang R, Selmer C, Jans Ø, Secher NH, Raven PB, American journal of physiology. Heart and circulatory physiology, 288, H1526 - 31,   2005年04月
  • Dynamic cerebral autoregulation during exhaustive exercise in humans., Ogoh S, Dalsgaard MK, Yoshiga CC, Dawson EA, Keller DM, Raven PB, Secher NH, American journal of physiology. Heart and circulatory physiology, 288, H1461 - 7,   2005年03月
  • Inhibition of KATP channel activity augments baroreflex-mediated vasoconstriction in exercising human skeletal muscle., Keller DM, Ogoh S, Greene S, Olivencia-Yurvati A, Raven PB, The Journal of physiology, 561, 273 - 282,   2004年11月
  • Carotid baroreflex control of leg vasculature in exercising and non-exercising skeletal muscle in humans., Keller DM, Fadel PJ, Ogoh S, Brothers RM, Hawkins M, Olivencia-Yurvati A, Raven PB, The Journal of physiology, 561, 283 - 293,   2004年11月
  • Standing up to the challenge of standing: a siphon does not support cerebral blood flow in humans., Dawson EA, Secher NH, Dalsgaard MK, Ogoh S, Yoshiga CC, González-Alonso J, Steensberg A, Raven PB, American journal of physiology. Regulatory, integrative and comparative physiology, 287, R911 - 4,   2004年10月
  • Cerebral carbohydrate cost of physical exertion in humans., Dalsgaard MK, Ogoh S, Dawson EA, Yoshiga CC, Quistorff B, Secher NH, American journal of physiology. Regulatory, integrative and comparative physiology, 287, R534 - 40,   2004年09月
  • Dynamic carotid baroreflex control of the peripheral circulation during exercise in humans., Wray DW, Fadel PJ, Keller DM, Ogoh S, Sander M, Raven PB, Smith ML, The Journal of physiology, 559, 675 - 684,   2004年09月
  • Carotid baroreflex function ceases during vasovagal syncope., Ogoh S, Volianitis S, Raven PB, Secher NH, Clinical autonomic research : official journal of the Clinical Autonomic Research Society, 14, 30 - 33,   2004年02月
  • Carotid baroreflex function during and following voluntary apnea in humans., Muenter Swift N, Cutler MJ, Fadel PJ, Wasmund WL, Ogoh S, Keller DM, Raven PB, Smith ML, American journal of physiology. Heart and circulatory physiology, 285, H2411 - 9,   2003年12月
  • Recent insights into carotid baroreflex function in humans using the variable pressure neck chamber., Fadel PJ, Ogoh S, Keller DM, Raven PB, Experimental physiology, 88, 671 - 680,   2003年11月
  • Carotid baroreflex responsiveness to head-up tilt-induced central hypovolaemia: effect of aerobic fitness., Ogoh S, Volianitis S, Nissen P, Wray DW, Secher NH, Raven PB, The Journal of physiology, 551, 601 - 608,   2003年09月
  • Does pulsatile and sustained neck pressure or neck suction produce differential cardiovascular and sympathetic responses in humans?, Ogoh S, Fadel PJ, Hardisty JM, Wasmund WL, Keller DM, Raven PB, Smith ML, Experimental physiology, 88, 595 - 601,   2003年09月
  • Baroreflex-mediated changes in cardiac output and vascular conductance in response to alterations in carotid sinus pressure during exercise in humans., Ogoh S, Fadel PJ, Nissen P, Jans Ø, Selmer C, Secher NH, Raven PB, The Journal of physiology, 550, 317 - 324,   2003年07月
  • Carotid baroreflex control of leg vascular conductance at rest and during exercise., Keller DM, Wasmund WL, Wray DW, Ogoh S, Fadel PJ, Smith ML, Raven PB, Journal of applied physiology (Bethesda, Md. : 1985), 94, 542 - 548,   2003年02月
  • Role of central command in carotid baroreflex resetting in humans during static exercise., Ogoh S, Wasmund WL, Keller DM, O-Yurvati A, Gallagher KM, Mitchell JH, Raven PB, The Journal of physiology, 543, 349 - 364,   2002年08月
  • Haemodynamic changes during neck pressure and suction in seated and supine positions., Ogoh S, Fadel PJ, Monteiro F, Wasmund WL, Raven PB, The Journal of physiology, 540, 707 - 716,   2002年04月
  • [Adaptation in properties of skeletal muscle to coronary artery occlusion/reperfusion in rats]., Ogoh S, Hirai T, Nohara R, Taguchi S, Nihon seirigaku zasshi. Journal of the Physiological Society of Japan, 64, 225 - 236,   2002年
  • Serial evaluation of fatty acid metabolism in rats with myocardial infarction by pinhole SPECT., Hirai T, Nohara R, Ogoh S, Chen LG, Kataoka K, Li XH, Fujita M, Matsumori A, Taguchi S, Sasayama S, Journal of nuclear cardiology : official publication of the American Society of Nuclear Cardiology, 8, 472 - 481,   2001年07月
  • Arterial baroreflex control of sympathetic nerve activity during acute hypotension: effect of fitness., Fadel PJ, Stromstad M, Hansen J, Sander M, Horn K, Ogoh S, Smith ML, Secher NH, Raven PB, American journal of physiology. Heart and circulatory physiology, 280, H2524 - 32,   2001年06月
  • Carotid baroreflex regulation of sympathetic nerve activity during dynamic exercise in humans., Fadel PJ, Ogoh S, Watenpaugh DE, Wasmund W, Olivencia-Yurvati A, Smith ML, Raven PB, American journal of physiology. Heart and circulatory physiology, 280, H1383 - 90,   2001年03月
  • [Morphological and enzymatic adaptation of skeletal muscle fibers in stroke-prone hypertensive rats to ACE inhibitors]., Ogoh S, Tsuda K, Taguchi S, Nihon seirigaku zasshi. Journal of the Physiological Society of Japan, 61, 295 - 304,   1999年

MISC

  • 冬季長距離トレーニング時における炭酸泉効果に関する基礎研究, 小河繁彦, 佐々木寛幸, 惣宇利元善, 高野智仁, 木村翔平, 志田原靖博, 石井智海, 工藤道誠, 酒井俊幸, 体育の科学, 66, (4) 309 - 315,   2016年04月01日
  • 高強度間欠的運動による乳酸産生量と実行機能亢進の関係性, 塚本敏人, 塚本敏人, 菅唯志, 武中沙葵, 田中大智, 伊坂忠夫, 小河繁彦, 橋本健志, 体力科学, 64,   2015年12月01日
  • 一過性の局所的なストレッチ運動が動脈硬化リスクに及ぼす影響, 大和洋輔, 大和洋輔, 長谷川夏輝, 藤江隼平, 小河繁彦, 家光素行, 日本理学療法学術大会(Web), 51st,   2016年
  • 長時間運動が認知機能に及ぼす影響:脳循環動態の変化から探る, 小河繁彦, デサントスポーツ科学, 36,   2015年06月05日, 先行研究では,運動による脳血流量の変化が認知機能に影響することが示唆されている.しかしながら,直接これらの影響について報告した研究は安静時においてもみられない.本研究では,長時間運動時の脳血流量の減少が,認知機能に及ぼす影響について調査した.認知機能はストループ試験により評価した.安静時にストループ試験を行った後,被験者は自転車エルゴメータでサイクリング運動を開始した.5分のウォームアップの後,漸増的に負荷を増加させ(0.5kpm),目標心拍数(140bpm)に到達させた.その後,一定負荷強度(到達負荷強度)で50分間サイクリング運動を継続し,10,20,50分目にストループ試験を行った.運動中の脳血流量は,運動開始10分後をピークに,経時的に徐々に減少した.この時,ストループ試験の誤答数に有意差は観察されなかったが,反応時間は減少し,認知機能が亢進することが示された.運動中の認知機能は脳血流量減少により低下するよりむしろ改善していた.これらの結果は,運動中,認知機能は脳血流の変化に影響を受けず,むしろ運動による脳神経活動の変化に影響する可能性を示唆している.(著者抄録)
  • 足関節底屈運動の血行動態, 正保哲, 佐藤巧夢, 福島沙季, 石川真喜, 西山成美, 中俣修, 小河繁彦, 体力科学, 64,   2015年12月01日
  • 静的ハンドグリップ運動時の後大脳血流速度と椎骨動脈血流量応答, 鷲尾拓郎, 佐々木寛幸, 小河繁彦, 体力科学, 64,   2015年12月01日
  • 持久性ランナーの短期合宿が循環動態に及ぼす影響, 佐々木寛幸, 東本翼, 平澤愛, 今井智子, 菅原順, 小河繁彦, 体力科学, 64,   2015年12月01日
  • 下半身陰圧負荷刺激が大動脈‐脳循環伝達特性に与える影響:周波数領域解析による検討, 菅原順, 東本翼, 東本翼, 今井智子, 前田清司, 小河繁彦, 体力科学, 64,   2015年12月01日
  • 局所的なストレッチ運動が動脈スティフネスに及ぼす影響, 大和洋輔, 大和洋輔, 長谷川夏輝, 佐藤幸治, 小河繁彦, 家光素行, 体力科学, 64,   2015年12月01日
  • 中心循環血液量の変化が呼吸化学調節系の動的応答特性に及ぼす影響, 宮本忠吉, 中原英博, 上田真也, 河合英理子, 小河繁彦, 体力科学, 64,   2015年12月01日
  • 生理刺激に対する外頸動脈血管反応, 小河繁彦, 平澤愛, ソーレンセン ヘンリック, セッカー ニールス, 体力科学, 64,   2015年12月01日
  • コーヒー摂取が脳自己調節機能に及ぼす影響, 小野慎之助, 佐々木寛幸, 平澤愛, 小河繁彦, 体力科学, 63, (6) 577 - 577,   2014年12月01日
  • 低酸素間欠的無呼吸が中心循環動態に与える影響~睡眠時無呼吸症候群による心血管疾患発症機序の解明および予防法の構築~, 今井智子, 菅原順, 小河繁彦, デサントスポーツ科学, 36,   2015年06月05日, 睡眠中に気道の狭窄・閉塞を繰り返す睡眠時無呼吸症候群(SAS)は,心血管疾患(CVD)の独立したリスク要因である.しかしながら,その病態生理の機序は明らかではない.本研究では心負荷を正確に評価するために間欠的な無呼吸中の大動脈動態の変動を検討した.15名の健常な男性(23±2歳)は自然呼気の無呼吸(無呼吸期)と40秒の普通呼吸(回復期)を20回繰り返した.大動脈動態は一般伝達関数を用いた波形解析ソフトウェアに取り込み,橈骨動脈から大動脈圧を推定した.無呼吸期と回復期を繰り返している間,大動脈と末梢の収縮期血圧は無呼吸後の回復期に比べて有意に増加した.さらに,末梢の収縮期血圧および心拍は20分の呼吸介入を通じて有意に増加した.心筋の酸素消費の指標であるダブルプロダクトも呼吸介入を通じて有意に増加した.これら結果から,間欠的無呼吸後の再呼吸時に血圧が一時的に上昇することが示唆された.(著者抄録)
  • コーヒー摂取の急性昇圧応答に対する低強度運動の影響, 佐々木寛幸, 小野慎之助, 平澤愛, 小河繁彦, 体力科学, 63, (6) 577 - 577,   2014年12月01日
  • 皮膚血流量の影響を除去した頭蓋内酸素化動態同定法の開発, 平澤愛, 金子貴仁, 田中尚樹, 舟根司, 木口雅史, 小河繁彦, 体力科学, 63, (6) 579 - 579,   2014年12月01日
  • 「脳循環に関する基礎研究から」―中枢性疲労から考える―, 小河繁彦, 日本運動生理学会大会プログラム・抄録集, 23rd,   2015年
  • 動的運動における筋ポンプ作用の増加は筋交感神経活動を抑制する, 片山敬章, 石田浩司, 齊藤満, 平澤愛, 小池晃彦, 小河繁彦, 体力科学, 63, (6) 587 - 587,   2014年12月01日
  • 起立ストレス時の脳循環応答, 小河繁彦, 平澤愛, 岡崎和伸, 宮本忠吉, 佐藤耕平, 定本朋子, 芝崎学, 体力科学, 63, (6) 579 - 579,   2014年12月01日
  • 短期間の高強度持久性トレーニングが中心動脈伸展性および心機能に及ぼす影響, 東本翼, 東本翼, 平澤愛, 今井智子, 今井智子, 前田清司, 小河繁彦, 菅原順, 体力科学, 63, (6) 647 - 647,   2014年12月01日
  • 自発的過換気による急性の脳血流量の減少が認知機能に及ぼす影響, 塚本敏人, 橋本健志, 平澤愛, 長谷川博, 小河繁彦, 日本生理人類学会誌, 19, (4) 225 - 232,   2014年11月25日, 自発的過換気による急性の脳血流量の減少が認知機能に及ぼす影響について検討した。健康な男子大学生14例を対象とした。自発的過換気によりduring conditionのPETCO2は、pre conditionおよびpost conditionに比較して有意に低下した。同様にMCA Vmeanも有意に低下した。HRは全ての呼吸条件間で有意な変化を認めた。自発的過換気により脳血流量を減少させた状態で課題を行ったduring conditionでは統制条件でのストループ課題の反応時間が、安静状態で課題を行ったpre conditionおよび自発的過換気を通常呼吸に戻して脳血流量を回復させた状態で課題を行ったpost conditionと比較して有意に遅かった。逆ストループ干渉は主効果に有意差が認められた。
  • パラボリック飛行時の体及び脳環境動態, 小河繁彦, 日本宇宙航空環境医学会大会プログラム・予稿集, 60th,   2014年11月17日
  • 下肢陰圧負荷時の脳血流反応, 芝崎学, 佐藤耕平, 小河繁彦, 日本宇宙航空環境医学会大会プログラム・予稿集, 60th,   2014年11月17日
  • 酸素分圧の変化に対する自律神経適応, 小河繁彦, 体力科学, 63,   2014年02月01日
  • 酸素環境と身体活動・身体適応 酸素分圧の変化に対する自律神経適応, 小河 繁彦, 体力科学, 63, (1) 243 - 243,   2014年02月
  • 習慣的運動トレーニングと一過性有酸素性運動後の起立負荷に対する循環調節機能, 菅原 順, 宮澤 太機, 小峰 秀彦, 今井 智子, 小河 繁彦, 体力科学, 63, (1) 112 - 112,   2014年
  • 04生-30-口-42 加圧トレーニングとその危険性 : 主観的運動強度と循環応答(04 運動生理学,一般研究発表抄録), 小河 繁彦, 平澤 愛, 菅原 順, 日本体育学会大会予稿集,   2013年08月28日
  • 04生-30-口-41 若年者の喫煙が圧受容器反射感受性、呼吸機能および末梢欠陥特性に及ぼす影響(04 運動生理学,一般研究発表抄録), 平澤 愛, 菅原 順, 小河 繁彦, 日本体育学会大会予稿集, (64) 175 - 176,   2013年08月28日
  • 04生-28-口-01 脳血流量の低下が認知機能に及ぼす影響(04 運動生理学,一般研究発表抄録), 塚本 敏人, 橋本 健志, 平澤 愛, 小河 繁彦, 日本体育学会大会予稿集,   2013年08月28日
  • 暑熱負荷時における二酸化炭素分圧(PCO_2)変化に対する外・内頸動脈血流反応, 平澤 愛, 佐藤 耕平, 岡崎 和伸, 宮本 忠吉, 小河 繁彦, 芝崎 学, 日本生気象学会雑誌, 49,   2012年10月01日
  • 暑熱負荷における脳血流量低下に対する外頸動脈血流量の関係性, 佐藤 耕平, 岡崎 和伸, 宮本 忠吉, 平澤 愛, 小河 繁彦, 芝崎 学, 日本生気象学会雑誌, 49,   2012年10月01日
  • Effects of transient change in carotid arterial stiffness on arterial baroreflex during mild orthostatic stimulation, Jun Sugawara, Christopher K. Willie, Taiki Miyazawa, Hidehiko Komine, Philip N. Ainsle, Shigehiko Ogoh, Artery Research, 6,   2012年09月01日, Stiffening of central conduit arteries -areas where the mechanoreceptors are embedded (e.g., ascending aorta and carotid artery) - is considered to be associated with the impaired baroreflex control in response to hypotensive stress. Arterial stiffness is modulated by vascular tone transiently and dynamically, however, it is unknown whether a transient change in the carotid artery stiffness influences the cardiac baroreflex response to a rapid hypotension. We measured (n = 11) carotid arterial stiffness (via concurrent applanation tonometory and ultrasound imaging) at supine rest and during 20-degree head-up tilt (HUT). To evaluate the cardiac baroreflex response, acute hypotension was evoked by releasing bilateral thigh cuffs after 3 min of suprasystolic resting ischemia at each posture; cardiac baroreflex sensitivity (e.g., change in heart rate for a given change in mean arterial pressure, ΔHR/ΔMAP) and latency (e.g., the time to peak HR response) was estimated. Carotid β-stiffness index, a measure of arterial stiffness, was reduced by 14% during HUT (P < 0.05 vs. supine position). Although cardiac baroreflex responses were unaltered, the within-group biological variability in the cardiac baroreflex sensitivity and latency from the supine to HUT was correlated with the corresponding changes in carotid arterial stiffness (r = 0.66 and r = 0.64, respectively, both P < 0.05). These findings suggest that a transient change in carotid arterial stiffness, at least in part, influences changes in the cardiac baroreflex response to a rapid hypotension. © 2012 Association for Research into Arterial Structure and Physiology.
  • 持久性運動トレーニングが脳血流動態及び脳循環調節機能に及ぼす影響, 小河 繁彦, デサントスポーツ科学, 33,   2012年06月
  • 運動時の心拍出量と静脈還流 (特集 運動と心臓・血管), 小河 繁彦, 体育の科学, 62, (4) 245 - 251,   2012年04月
  • トルネード遭遇!!, 小河 繁彦, 日本生理学雜誌, 73, (9) 212 - 213,   2011年09月01日
  • 1036 運動中の圧受容器反射の解析(OS29:神経系・呼吸循環系の生体信号処理), 小河 繁彦, バイオエンジニアリング講演会講演論文集, 2009,   2010年01月08日
  • ヒトにおける循環反応と生体信号処理, 小河 繁彦, オゴウ シゲヒコ, Shigehiko OGOH, 工業技術, (32) 40 - 43,   2010年
  • 132. 運動時の呼吸化学調節と脳血流反応の相互連関機構の解明(呼吸・循環,一般口演,第63回日本体力医学会大会), 宮本 忠吉, 林 直亨, 中原 英博, 小河 繁彦, 体力科學, 57,   2008年12月01日
  • Response to letter by Prakash, Shigehiko Ogoh, Stroke, 39,   2008年11月01日
  • Comments on Point:Counterpoint: Sympathetic activity does/does not influence cerebral blood flow [4], Shigehiko Ogoh, Journal of Applied Physiology, 105,   2008年10月01日
  • 雑談 アメリカテキサスより, 小河 繁彦, 日本生理学雜誌 = JOURNAL OF THE PHYSIOLOGICAL SOCIETY OF JAPAN, 69, (6) 220 - 221,   2007年06月01日
  • ラット骨強度および骨格筋ミトコンドリア容量密度に及ぼすカルシウム(過剰と欠乏)と持久運動の影響, 千家 弘行, 山崎 先也, 岡本 啓, 小河 繁彦, 田口 貞善, 日本栄養・食糧学会誌 : Nippon eiy◆U014D◆ shokury◆U014D◆ gakkaishi = Journal of Japanese Society of Nutrition and Food Science, 56, (5) 297 - 305,   2003年10月10日, The purpose of this study was to investigate the effects of calcium (Ca) supplementation and prolonged exercise on bone strength and the mitochondrial volume density (MVD) of skeletal muscle fibers in young-adult rats. Thirty-six female rats were divided into three calcium-altered groups (low, 0.02%-LCa; medium, 0.74%-MCa; high, 2.24% wt/wt-HCa), which were further subdivided into the no-exercise (NEx) and exercise (Ex) groups. The Ex groups performed running exercise at a speed of 10m/min for 90-180min/ day, for six weeks. Bone strength in the LCa groups significantly decreased by 16.3-23.4% compared with the MCa groups. However, the rate of reduction in bone strength increased by 43.3% in response to running exercise without any decrease in serum Ca2+ concentration compared with the reduction rate between the NEx groups (LCa-NEx vs MCa-NEx) and the Ex groups (LCa-Ex vs MCa-Ex). Exercise training induced a significant increase in MVD in the soleus muscle cells of all Ex groups. The MVDs of both the slow-twitch oxidative and fast-twitch oxidative glycolytic fibers in the soleus muscle of the NEx groups were not influenced by dietary calcium content, but MVD for the Ex groups further increased significantly with increasing dietary calcium content (HCa>MCa>LCa). These results suggest that a low-calcium diet impairs metabolism in both skeletal muscle and bone tissues. The HCa diet along with exercise training further upregulated skeletal muscle and bone metabolism, whereas the LCa diet inhibited it to induce a training effect.
  • 老齢ラットの運動時におけるカルシウム欠乏及び補充の骨格筋ミトコンドリア容量と骨強度に及ぼす影響, 千家 弘行, 山崎 先也, 岡本 啓, 小河 繁彦, 李 西華, 田口 貞善, 日本生理学雜誌, 65, (1) 31 - 40,   2003年01月01日
  • 心筋梗塞/再灌流後の慢性期における骨格筋適応, 小河 繁彦, 平井 拓, 野原 隆司, 田口 貞善, 日本生理学雜誌 = JOURNAL OF THE PHYSIOLOGICAL SOCIETY OF JAPAN, 64, (10) 225 - 236,   2002年10月01日
  • 後肢テノトミー処置後の模擬無重力下で観られる骨格筋萎縮に伴う組織化学的特性およびミオシン重鎖アイソフォーム発現の変化, 橋本 健志, 山崎 先也, 小河 繁彦, 千家 弘行, 田口 貞善, 日本生理学雜誌, 63, (10) 252 - 260,   2001年10月01日
  • 紹介 北テキサス大学ヘルス・サイエンス・センターの紹介とポスドク留学, 小河 繁彦, 体育の科学, 51, (6) 490 - 494,   2001年06月
  • AEC阻害剤に対する脳卒中易発症高血圧ラットの骨格筋線維の形態的・酵素化学的適応, 小河 繁彦, 津田 謹輔, 田口 貞善, 日本生理学雜誌, 61, (7) 295 - 304,   1999年08月01日
  • 0477 急性期ラット心筋梗塞における脂肪酸代謝とミトコンドリア機能の評価 : ピンホールSPECTによる検討, 平井 拓, 野原 隆司, 陳 麗光, 片岡 一明, 稲田 秀郎, 増田 大輔, 細川 了平, 神田 宏, 藤田 正俊, 篠山 重威, 小河 繁彦, 田口 貞善, 藤林 康久, 小西 淳二, Japanese circulation journal, 63,   1999年03月01日
  • 110.心筋梗塞は骨格筋の組織化学的特性を変えるか, 小河 繁彦, 平井 拓, 野原 隆司, 田口 貞善, 体力科學, 47,   1998年12月01日
  • 117.カルシウム摂取の違いと持久性運動がラット骨格筋酵素活性とミトコンドリア容量に及ぼす影響, 千家 弘行, 山崎 先也, 小河 繁彦, 田口 貞善, 体力科學, 47,   1998年12月01日
  • 118.肉従蓉(Cistanche salsa)と持久性運動がラット骨格筋代謝能に及ぼす影響, 李 西華, 山崎 先也, 小河 繁彦, 千家 弘行, 田口 貞善, 体力科學, 47,   1998年12月01日
  • 0057 ピンホール型SPECT装置を用いた、ラット心筋における脂肪酸代謝とミトコンドリア機能の評価, 平井 拓, 野原 隆司, 陳 麗光, 細野 了平, 稲田 秀郎, 藤田 正俊, 篠山 重威, 小河 繁彦, 田口 貞善, 藤林 康久, Japanese circulation journal, 62,   1998年02月28日
  • 50.カルシウム摂取制限と持久性運動がラット骨格筋ミトコンドリア形態に及ぼす影響, 千家 弘行, 山崎 先也, 小河 繁彦, 田口 貞善, 体力科學, 46,   1997年12月01日
  • 314.ACE阻害剤投与による高血圧コントロールが骨格筋組織化学的特性を変えるか, 小河 繁彦, 津田 謹輔, 田口 貞善, 体力科學, 46,   1997年12月01日
  • 18日間の宇宙滞在における高血圧自然発症ラット(SHR)の骨格筋線維の組織化学的特性, 田口 貞善, 小河 繁彦, 山崎 先也, 李 西華, 家森 幸男, 福田 俊, HATTON Daniel C., 宇宙生物科学 = Biological sciences in space, 11, (3) 208 - 209,   1997年09月
  • X線照射が老齢ラット骨格筋線維組成及び酵素活性水準を変えうるか。, 小河 繁彦, 山崎 先也, 田口 貞善, 日本体育学会大会号,   1997年08月29日
  • カルシウム摂取量管理下における持久性運動と骨代謝ダイナミックス, 山崎 先也, 小河 繁彦, 田口 貞善, 日本体育学会大会号,   1997年08月29日
  • 6.心不全がヒト骨格筋代謝に及ぼす影響(第11回日本体力医学会近畿地方会), 小河 繁彦, 田口 貞善, 野原 隆司, 体力科學, 46,   1997年06月01日
  • 6. 重粒子線照射が成熟期および老齢期のラット骨格筋組織化学的特性に及ぼす影響, 岡本 啓, 小河 繁彦, 山崎 先也, 福田 俊, 田口 貞善, 日本運動生理学雑誌, 4,   1997年01月31日
  • 7. 血清T3 (triiodothyronine)及びCortisol水準と骨格筋の筋線維組成の関連性, 田口 貞善, 岡本 啓, 小河 繁彦, 山崎 先也, 福田 俊, 日本運動生理学雑誌, 4,   1997年01月31日
  • 25. 重粒子線照射がSHRSP骨格筋の酸化系酵素活性に及ぼす影響, 小河 繁彦, 岡本 啓, 山崎 先也, 福田 俊, 田口 貞善, 日本運動生理学雑誌, 4,   1997年01月31日
  • 80.糖尿病ラットの骨格筋の組織化学的特性, 小河 繁彦, 山崎 先也, 岡本 啓, 田口 貞善, 体力科學, 45,   1996年12月01日
  • 105.カルシウム摂取量の違いがラットの骨強度に及ぼす影響, 岡本 啓, 山崎 先也, 小河 繁彦, 千家 弘行, 田口 貞善, 体力科學, 45,   1996年12月01日
  • 113.カルシウム摂取量と長期持久的運動負荷がラット骨格筋酵素活性に及ぼす影響, 田口 貞善, 岡本 啓, 山崎 先也, 小河 繁彦, 千家 弘行, 体力科學, 45,   1996年12月01日
  • 123.カルシウム摂取量コントロール下の長期持久性運動と骨格筋の微細構造変化についての電子顕微鏡学的解析, 千家 弘行, 岡本 啓, 小河 繁彦, 山崎 先也, 田口 貞善, 体力科學, 45,   1996年12月01日
  • 重粒子線の照射線量の違いがラット骨格筋の酵素化学的特性に及ぼす影響, 田口 貞善, 岡本 啓, 山崎 先也, 小河 繁彦, 千家 弘行, 飯田 治三, 福田 俊, 宇宙生物科学 = Biological sciences in space, 10, (3) 228 - 229,   1996年10月
  • 重粒子線照射が月齢の異なるラット骨格筋の形態的・組織化学的特性に及ぼす影響, 岡本 啓, 山崎 先也, 小河 繁彦, 千家 弘行, 飯田 治三, 福田 俊, 田口 貞善, 宇宙生物科学 = Biological sciences in space, 10, (3) 230 - 231,   1996年10月
  • 重粒子線照射がラット骨格筋の組織化学的特性に及ぼす影響, 小河 繁彦, 福田 俊, 田口 貞善, 日本体育学会大会号,   1996年08月25日
  • 脳卒中易発症高血圧自然発症ラットにおける骨格筋の組織化学的・生化学的特性, 小河 繁彦, 岡本 啓, 山崎 先也, 飯田 治三, 福田 俊, 家森 幸男, 田口 貞善, 日本生理学雜誌, 58, (7) 321 - 330,   1996年08月
  • 擬微小重力がラットの骨代謝へ及ぼす影響, 福田 俊, 飯田 治三, 小河 繁彦, 山崎 先也, 岡本 啓, 田口 貞善, 日本骨代謝学会雑誌 = Japanese journal of bone metabolism, 14,   1996年06月01日
  • 2.X線照射が骨格筋の単一筋線維酵素活性に及ぼす影響(第10回日本体力医学会近畿地方会), 岡本 啓, 小河 繁彦, 山崎 先也, 田口 貞善, 体力科學, 45,   1996年06月01日
  • 3.SHR SP 骨格筋の単一筋線維の表層及び深層の酸化系酵素活性の比較(第10回日本体力医学会近畿地方会), 小河 繁彦, 山崎 先也, 岡本 啓, 田口 貞善, 体力科學, 45,   1996年06月01日
  • 14.糖尿病患者の合併症に関する疫学的研究, 山崎 先也, 岡本 啓, 小河 繁彦, 田口 貞善, 体力科學, 45,   1996年06月01日
  • 14. ライフスタイル,身体組成,疾患発症年齢の比較, 山崎 先也, 岡本 啓, 小河 繁彦, 津田 謹輔, 田口 貞善, 日本運動生理学雑誌, 3,   1996年01月31日
  • 50. SHRSPとWistar系ラットの骨格筋線維組成比と酸化系酵素活性の比較, 小河 繁彦, 山崎 先也, 岡本 啓, 福田 俊, 土倉 覚, 飯田 治三, 家森 幸男, 田口 貞善, 日本運動生理学雑誌, 3,   1996年01月31日
  • 51. 発育期ラットの骨格筋線維酵素活性に及ぼすX線照射の影響, 岡本 啓, 小河 繁彦, 山崎 先也, 福田 俊, 土倉 覚, 飯田 治三, 家森 幸男, 田口 貞善, 日本運動生理学雑誌, 3,   1996年01月31日
  • 79.SHRSP及びWistar系ラット骨格筋の組織化学的特性, 小河 繁彦, 山崎 先也, 岡本 啓, 家森 幸男, 田口 貞善, 体力科學, 44,   1995年12月01日
  • 277.X線照射量の違いと骨格筋の組織化学的特性, 岡本 啓, 小河 繁彦, 山崎 先也, 田口 貞善, 体力科學, 44,   1995年12月01日
  • 480.ライフスタイルからみた糖尿病の発症に関わる危険因子, 山崎 先也, 岡本 啓, 小河 繁彦, 田口 貞善, 体力科學, 44,   1995年12月01日
  • 模擬無重力による高血圧自然発症ラット骨格筋の組織化学的特性及び骨代謝への影響, 小河 繁彦, 山崎 先也, 岡本 啓, 福田 俊, 家森 幸男, 田口 貞善, 日本生理学雜誌, 57, (10) 419 - 426,   1995年10月
  • 119. 模擬無重力環境下での高血圧自然発症ラット骨格筋の組織化学的特性, 小河 繁彦, 岡本 啓, 山崎 先也, 福田 俊, 土倉 覚, 家森 幸男, 田口 貞善, 日本運動生理学雑誌, 2,   1995年01月31日
  • 120. Agingによる高血圧自然発症ラット骨格筋の組織化学的特性, 山崎 先也, 岡本 啓, 小河 繁彦, 福田 俊, 土倉 覚, 家森 幸男, 田口 貞善, 日本運動生理学雑誌, 2,   1995年01月31日
  • 121. 低圧刺激によるラット骨格筋の筋線維タイプ別酸化系酵素活性の変化, 岡本 啓, 山崎 先也, 小河 繁彦, 田口 貞善, 日本運動生理学雑誌, 2,   1995年01月31日
  • 419.加齢による身体活動量の変化と罹患率, 山崎 先也, 岡本 啓, 小河 繁彦, 田口 貞善, 体力科學, 43,   1994年12月01日
  • 13.重量物の持ち上げ動作と腰仙関節にかかる力(第96回 日本体力医学会関東地方会), 小河 繁彦, 石井 喜八, 体力科學, 42, (2) 233 - 234,   1993年04月01日
  • 持ち上げ動作中の胸腔内圧, 小河 繁彦, 宮側 敏明, 渡辺 一志, 河端 隆志, 西村 直記, 筒井 るみ子, 前田 如矢, 大阪市立大学保健体育学研究紀要, 29,   1993年
  • 持ち上げ動作中の胸腔内圧, 小河 繁彦, 宮側 敏明, 渡辺 一志[他], 大阪市立大学保健体育学研究紀要, 29,   1993年
  • 445.持ち上げ動作のバイオメカニクス的研究, 小河 繁彦, 石井 喜八, 体力科學, 41,   1992年12月01日
  • 0511409 持ち上げ動作における各関節の機械的パワー, 小河 繁彦, 石井 喜八, 日本体育学会大会号,   1992年10月31日
  • 0421110 PWC60%HRmaxとトレーニング効果, 西山 哲成, 小河 繁彦, 上嶋 美佐子, 石井 喜八, 日本体育学会大会号,   1991年09月10日

書籍等出版物

  • スポーツ科学でわかる 身体のしくみとトレーニング
    小河 繁彦
    単著丸善  2011年01月26日

受賞

  •   2014年, American College of Sports Medicine (ACSM), Fellow
  •   2012年, The Japanese Society of Physical Fitness and Sports Medicine & European College of Sports Science, Research Travel Award
  •   2006年, American College of Sports Medicine (ACSM), Visiting Scholar Award
  •   2006年, The American Physiological Society, Neural Control and Autonomic Regulation (NCAR) Research Recognition Award
  •   2005年, American College of Sports Medicine (ACSM), New Investigator Award
  •   2004年, American Heart Associate (AHA) , Research Award (Texas Affiliate, Beginning grants-in-aid)
  •   2004年, Texas Chapter American College of Sports Medicine (ACSM) , Research Presentation Award
  •   2000年, UNTHSC , Post-doctoral Travel Award
  • The American Physiological Society, Career Enhancement Award

競争的資金

  • 皮膚血流の影響を分離したNIRS信号による脳酸素化動態同定法の構築, 文部科学省, 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究), 小河 繁彦, 近赤外分光法(NIRS)は、大脳皮質での血液量、酸素化動態の非侵襲計測法として確立されており、脳の神経活動を簡易に知る有用な方法である。しかしながら、一方でNIRS信号は皮膚血流の情報を含むためその影響を強く受けることが示唆されている。特に運動や暑熱環境下では、皮膚血流量が顕著に増加するため、NIRS信号は脳酸素化動態を正確に反映していない可能性が示唆されている。平成25年度では、NIRS信号に含まれる皮膚血流の影響を分離・除去する方法を確立・構築するための基礎研究として、様々な生理環境下でのNIRS信号における皮膚血流量の寄与率を同定することを目的として実験及び関連研究を行った。平成25年度の研究においては、既存のNIRS信号測定装置を用いて、様々な生理環境下における皮膚血流のNIRS信号への影響を算出した。本研究結果から、NIRS信号により正確な脳酸素動態を示さない生理環境が明らかとなり、現在報告されているデータ・知見の再検証が必要となる可能性を示唆するものであった。これまでの予備実験の段階で浅側頭動脈を80mmHgで定量的に止血することにより前額部皮膚血流量が急激な低下をすることを確認している。この方法を用いて、他の生理反応を伴わない人為的な皮膚血流量の変化が、NIRS信号に及ぼす影響を解析した。測定は、前額部に固定したNIRSプローブとレーザードップラー装置により脳酸素化動態(酸素化ヘモグロビン)及び皮膚血流量を算出、また中大脳動血流速度を経頭蓋ドップラー計により測定した。皮膚血流量変化の影響は、浅側頭動脈を止血して低下したNIRS信号(酸素化ヘモグロビン)の低下率から解析して求めた。その結果、脳酸素化動態(酸素化ヘモグロビン,脱酸素化ヘモグロビン,総ヘモグロビン濃度)は、浅側頭動脈への圧を増加させるほど変化し、皮膚血流量の変化量に依存することが示された。さらに運動中や認知活動時も同様の結果であった。
  • 運動中の脳循環調節機能:各脳動脈における役割, 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(B)), 小河 繁彦
  • 運動習慣が脳循環動態・脳循環調節機能に及ぼす影響:脳疾患予防の基礎的研究, 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(B)), 小河 繁彦, 平成24年度の研究計画は、"運動トレーニングが脳循環動態及び脳循環調節機能に及ぼす経時的・直接的影響の解明"であった。運動習慣や運動トレーニングが、加齢による脳血流量低下を抑制し、さらに認知症などの脳疾患発症リスクを軽減させことから、本研究では、脳循環への運動トレーニングの効果を経時的な脳血流量や脳血管特性、脳自己調節機能等の測定から明らかにし、運動トレーニングの脳疾患発症の抑制メカニズムを探求することを目的とした。本年度の実験は、計画に従って進められ、運動トレーニングの影響を調査するために横断的研究手法を用いた。本実験では、脳循環調節で重要な脳自己調節機能が持久性トレーニングにより低下すると仮説を立て、持久性アスリートと非アスリートとの比較実験によりこの仮説を検証した。定期的に運動を行っていない(週2日以下)体力レベルが中等度(AF;最大酸素摂取量40ml/min/kg)の健常男性11名(非鍛錬群)及び2年以上、週5~6日の持久運動トレーニングを行っているアスリート(HF;64ml/min/kg以上)男性13名(鍛錬群)を対象に実験を行った。動的な脳自己調節機能の同定は、先行研究と同様の方法を用いた。被検者は、座位姿勢において、カブ止血リリース法による動脈血圧低下時の中大脳動脈血流速度(経頭蓋ドップラー計測装置;TCD法)の反応から脳自己調節機能の指標であるRoR(rate of regulation)を算出し評価した。RoRは、両群間で有意な差は観察されなかった(AF,0.193±0.039/s;HF,0.129±0.029/s=P=0.560)。この結果は、我々の仮説とは異なり、動的な脳循環調節機能が、持久性トレーニングによる起立耐性の低下に関与する可能性が低いことが示された。しかしながら、起立ストレス時にHF群で脳酸素化動態の低下がAF群と比較して有意に大きい(P<0.001)ことから、運動習慣による体循環調節機能の違いが脳循環動態に影響していることが示唆された。本実験の結果は、医学系英雑誌に投稿中であり、現在2nd Revisionである。
  • 二つの経路からみた運動時の脳血流調節の解明, 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(B)), 定本 朋子, 脳へ血液を運搬する経路には,内頸動脈から派生して主に大脳皮質へ連絡し前頭部脳循環を形成する内頸動脈経路と,椎骨動脈から派生して主に後頭葉,小脳,脳幹へ連絡し後頭部脳循環を形成する椎骨動脈の2経路がある.これまで2経路の脳血流反応は等しいと仮定されてきたが,本研究において2経路の運動時の脳血流反応は異なり,脳循環に地域差があることが示唆された.また血流調節因子である動脈CO2への感受性の違いが,その脳循環の地域差に関与することが示された.
  • 運動と中心循環の相互因子が呼吸化学調節系の動的フィードバック制御機能に及ぼす影響, 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 宮本 忠吉, 本研究では、システム工学を理論的背景とする解析手法を導入することによって呼吸調節系と循環システムとの間にある相互連関機構の解明を目指し、以下に示す3つの研究(1)(2)(3)を段階的に遂行した。研究(1)水浸(陽圧負荷)及び下半身陰圧負荷を用いて中心循環血液量を増減させ、中心循環システムの変化が呼吸調節系の動的フィードバック制御機能に及ぼす影響を定量化する。研究(2)LBNP条件下にて運動を負荷し、運動と中心循環の相互因子が呼吸調節系の動的フィードバック制御機能に及ぼす影響を定量化する。研究(3)呼吸調節系のシステム解析データと中心循環(心拍出量)及び脳循環機能の各指標を用いて、呼吸調節と循環調節に関わる指標間にある定量的な関係を数値モデル化し、思考実験(シミュレーション)を行う。その結果、中心循環血液量の変化は呼吸調節系の制御部及び制御対象部の静的及び動的制御機能を劇的に変化させ、負帰還系全体の動的フィードバック制御機能の不安定性決定因子として動作している可能性が示された。本知見は今後、呼吸異常を呈する循環器疾患患者の病態メカニズムの解明に役立つと思われる。
  • 加齢に伴う脳血流および脳血流配分比の経年的変化, 文部科学省, 科学研究費補助金(若手研究(B)), 佐藤 耕平, 本研究では、高齢者における脳血流量と体力レベルの関係性を検討した。65歳から90歳までの高齢女性を対象に総頸動脈血流量の測定と文部科学省指定の運動能力・体力テストを実施し関係性を検討した。その結果、総合的な体力レベルと総頸動脈血流量の間に有意な正の相関関係が認められた。この結果は、高齢期における体力の維持が、加齢に伴う脳血流の低下を抑制する可能性を示唆するものであった。