詳細検索はこちら
※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

木村 一キムラ ハジメ

所属・担当
日本文学文化学科
国際哲学研究センター
アジア文化研究所
東洋学研究所
職名教授
メールアドレスfajimail[at]nifty.com ※[at]を@に書き換えて送信して下さい
ホームページURL
生年月日
Last Updated :2017/09/23

研究者基本情報

学歴

  •  - 1999年, 東洋大学, 文学研究科, 国文学専攻
  •  - 1995年, 東洋大学, 文学部, 国文学科

学位

  • 博士(文学), 立教大学

所属学協会

  • 日本語学会
  • 日本英学史学会
  • 全国大学国語国文学会

委員歴

  •   2015年 - 2017年, 全国大学国語国文学会, 編集委員
  •   2009年, 日本英学史学会, 第46回全国大会実行委員
  •   2006年 - 2009年, 日本語学会, 庶務委員

経歴

  •   2017年04月 - 現在, 東洋大学, 文学部日本文学文化学科, 教授
  •   2011年04月 - 2017年03月, 東洋大学, 文学部日本文学文化学科, 准教授
  •   2008年04月 - 2011年03月, 東洋大学, 文学部日本文学文化学科, 専任講師
  •   2006年04月 - 2008年03月, 明海大学, 外国語学部日本語学科, 専任講師
  •   2003年04月 - 2006年03月, 東洋大学, 文学部日本文学文化学科, 非常勤講師
  •   1999年04月 - 2003年03月, 東洋大学, 文学部国文学科/日本文学文化学科, 助手

研究活動情報

研究分野

  • 言語学, 日本語学

研究キーワード

    日本語史

論文

  • 明治初期の独和辞書と和独辞書─序文の翻訳と解説を中心に─, 木村 一・大野寿子, 文学論藻, (91) 47 - 79,   2017年03月
  • ローマ字表記のわかりやすさとわかりにくさ, 木村 一, 『わかりやすい日本語』くろしお出版 野村雅昭・木村義之編, 75 - 97,   2016年10月
  • 時代別<古典解釈と文法>-近代語(文語文を対象として)-, 木村 一, 『品詞別 学校文法講座8-古典解釈のための文法-』明治書院 ※編集委員として, 215 - 246,   2016年04月
  • J・C・ヘボン『和英語林集成』, 木村 一, 季刊 悠久(特集:外国人の作った日本語辞書), (143) 79 - 93,   2015年11月
  • 敬語の諸問題, 木村 一, 『品詞別 学校文法講座7-品詞論の周辺-』明治書院 ※編集委員として, 207 - 223,   2015年10月
  • 近世の辞書-節用集-, 木村 一, 季刊 悠久(特集:古辞書), (139) 90 - 102,   2015年02月
  • 『和英語林集成』における増補見出語の性格, 木村 一, 東洋通信, 51, (3) 60 - 70,   2014年08月
  • ヘボンの漢字意識-『平文氏著 語林集成 漢字索引』を例として-, 木村 一, 『還流する東アジアの近代新語訳語』関西大学アジア文化研究センター 沈国威・内田慶市編 ユニシス, 243 - 260,   2014年07月
  • 『和英語林集成』の研究, 木村 一, 学位論文:立教大学,   2013年03月
  • 句から語へ‐「魔ヲ使フ女」から「魔女」への移行を一例として‐, 木村 一, 『超域する異界』 大野寿子編 勉誠出版, 217 - 238,   2013年01月
  • 『和英語林集成』の二つの初版‐横浜版とロンドン版‐, 木村 一, 明治学院大学キリスト教研究所紀要, (45) 85 - 100,   2012年12月
  • 漢和辞典と国語辞典の接点‐両辞典の展開を通して‐, 木村 一, 日本語学 明治書院, (10月) 44 - 54,   2012年10月
  • ローマ字による活用語の表示方法, 木村 一, 『近代語研究』第16集 近代語学会編 武蔵野書院, 33 - 48,   2012年03月
  • 『訳通類略』 について-対訳辞書にみることばの消長-, 木村 一, 『言語変化の分析と理論』 坂詰力治編 おうふう ※編集委員として, 362 - 381,   2011年03月
  • 『日葡辞書』と『日仏辞書』のヘボンの参看の可能性をめぐって, 木村 一, 『近代語研究』第15集 近代語学会編 武蔵野書院, 3 - 24,   2010年10月
  • 語頭文字別分布-幕末期の辞書との比較を通して-, 東洋通信, 47, (7) 17 - 30,   2010年10月
  • ローマ字資料におけるハイフンの意味的用法と文法的役割-‘Matai den fuku-inn sho’を資料として-, 日本英学史学会東日本支部紀要 東日本英学史研究, (8) 38 - 47,   2009年03月
  • C. M. ウィリアムズの日本語研究資料, 英学史研究, (42) 137 - 159,   2009年10月
  • 『和英語林集成』「手稿」のローマ字綴りとその位置, 木村 一, 『近代語研究』第14集 近代語学会編 武蔵野書院, 408 - 426,   2008年10月
  • ヘボンの漢字表記-『和英語林集成』「原稿」を資料として-, 木村 一, 『国語語彙史の研究』27 国語語彙史研究会編 和泉書院, 73 - 88,   2008年03月
  • 『雅俗幼学新書』の周辺と,収録される三字以上の漢字表記一斑, 木村 一, 『日本語日本文学論考』 笠間書院, 112 - 130,   2007年07月
  • 『和英語林集成』「原稿」から初版への漢字表記, 木村 一, 『近代語研究』第13集 近代語学会編 武蔵野書院, 441 - 458,   2006年12月
  • 『和英語林集成』初版・再版・三版における漢字表記, 木村 一, 『日本語辞書学の構築』 倉島節尚編 おうふう, 180 - 192,   2006年05月
  • 『和英語林集成』「原稿」が依拠した一書-『雅俗幼学新書』との関わり-, 日本語の研究, 1, (2. 35-47) ,   2005年04月
  • 「ケリ」から「タリ」・「キ」へ-欧文直訳体『西国立志編』を資料として- , 東洋, 42, (8) 19 - 28,   2005年
  • 「焦点」を意味する訳語の変遷, 東洋, 41, (9) 31 - 42,   2004年
  • 『和英語林集成』「英和の部」(1版)の見出し語 一斑-「英華字典」に収録されないもの- , 文学論藻, 77,1-15,   2003年
  • 『米欧回覧日記』及び『米欧回覧実記』の漢語-外国語のカタカナルビとの比較を通して- , 東洋, 40, (4・5) 26 - 37,   2003年
  • 『特命全権大使 米欧回覧実記』の漢語-外国語のカタカナルビとの対応-, 文学論藻, 76, 1-17,   2002年
  • 『和英語林集成』「和英の部」の漢語の見出し語-誤表記を中心として-, 文学論藻, 75, 1-25,   2001年03月
  • 『和英語林集成』「和英の部」の見出し語-動詞に関わる統合について- , 木村 一, 『国語国文学論考』 笠間書院, 165 - 184,   2000年04月
  • 『和英語林集成』「英和の部」の見出し語-各版における削除語-, 文学論藻, 74, 1-20,   2000年03月
  • 『和英語林集成』(一版)の折丁記号-その他の美華書院の印刷物-, ぐんしょ, 12, (3(再刊45)) 21 - 29,   1999年07月
  • 『真理易知』翻刻・索引と研究(一), 東洋大学大学院紀要, 35, 155-176,   1999年02月
  • 『和英語林集成』の漢語研究-「和英の部」における呉音と漢音の交替について-, 東洋大学大学院紀要, 34, 1-14,   1998年02月

書籍等出版物

  • 日本語の音(日本語ライブラリー)
    編集:沖森卓也・木村一 執筆:安部清哉・加藤大鶴・吉田雅子
    共編者第2章 日本語の音声・音韻朝倉書店  2017年03月
  • 品詞別 学校文法講座 全8巻
    監修:中山 緑朗・飯田晴巳 編集:沖森卓也・山本真吾・木村義之・木村一
    共編者明治書院 2013年11月~2016年4月
  • 和英語林集成の研究
    木村 一 (全532頁)
    単著全532頁明治書院  2015年02月
  • J.C.ヘボン 和英語林集成 手稿 翻字・索引・解題
    木村 一・鈴木進
    共編者全800頁三省堂  2013年05月
  • 美國 平文先生編譯 『和英語林集成』 1867 ロンドン版 復刻版
    解題:木村一 1-13頁 (全720頁)
    その他明治学院発行・雄松堂出版  2013年01月
  • 語と語彙 (日本語ライブラリー)
    編集:沖森卓也 執筆:木村一・鈴木功眞・吉田光浩
    共著第4章 ことばと社会 134-175頁朝倉書店  2012年05月
  • 日本語概説 (日本語ライブラリー)
    編集:沖森卓也 執筆:阿久津智・井島正博・木村一・木村義之・笹原宏之
    共著第6章 日本語の諸相,第7章 日本語研究史 計26頁朝倉書店  2010年04月
  • みんなの日本語事典―言葉の疑問・不思議に答える
    編集:中山緑朗・飯田晴巳・陳力衛・木村義之・木村一
    共編者計31頁明治書院  2009年06月
  • 図説 日本の辞書
    編集:沖森卓也 執筆:木村一・木村義之・陳力衛・山本真吾
    共著計20頁おうふう  2008年10月

作品

  • 人物でたどる日本語学史-ヘボン- 「日本語学」2016年4月特大号 76-79頁, 木村 一,   2016年04月
  • 年表:外国人の日本語研究-辞書・文法書- 「悠久」143 24-27頁, 木村 一,   2015年11月
  • 『譯通類畧』見出し語漢字索引 『日本語史の研究と資料』 中山綠朗編 明治書院 ※編集委員として 154-182頁, 木村 一,   2015年03月
  • 書評:今野真二著『『言海』と明治の日本語』 「日本語の研究」11-1 48-53頁, 木村 一,   2015年01月
  • 平成24年 国語国文学界の動向 国語学近代語 「文学・語学」210 全国大学国語国文学会 82-86頁, 木村 一,   2014年08月
  • 「第2回研究集会記録(平成23年12月17日実施) 特集テーマ「19世紀における〈知〉の移動と文化変容」について 「19世紀 日本ミッションにおける日本語研究資料の草稿について」」「大妻女子大学 草稿・テキスト研究所 研究年報」5 大妻女子大学 草稿・テキスト研究所 1-45頁, 木村一,   2012年03月
  • 『和英語林集成』のPREFACE・INTRODUCTIONなどの異同一覧―再版・三版を中心として― 「カルチュール」第4号 (明治学院大学教養教育センター付属研究所) 97-107頁,   2007年03月
  • 『和英語林集成』デジタルアーカイブス (明治学院大学図書館) 資料製作協力, http://www.meijigakuin.ac.jp/mgda/,   2006年

競争的資金

  • 19C日本語研究資料が記した標準日本語の基礎的調査と研究, 平成28年度~平成31年度 学術研究助成基金助成金 基盤研究(C)(一般), 木村 一
  • 和英語林集成の研究, 平成26年度 科学研究費補助金 研究成果公開促進費, 木村 一
  • 日本ミッション(神奈川・横浜,長崎)における日本語研究資料の基礎的研究, 平成22年度~平成24年度 科学研究費補助金 若手研究 (B), 木村 一
  • 超域する「異界」―異文化研究・国語教育・エコロジー教育の架け橋として―, 平成21年度~平成23年度 科学研究費補助金 基盤研究(C)(一般), 大野寿子 ※連携研究者として
  • 『雅俗幼学新書』のデータベース化及び唐話辞書・対訳辞書との比較研究, 平成14年度~平成17年度 科学研究費補助金 基盤研究 (C) (2), 坂詰力治 ※研究分担者・研究の協力者として