Researchers Database

Aya Uchida

    Department of International Tourism Management Associate Professor
    Course of International Tourism Studies Associate Professor
    Institute of Regional Vitalization Studies Associate Professor
Last Updated :2021/10/30

Researcher Information

Research funding number

  • 60632750

J-Global ID

Research Interests

  • 観光歴史学   温泉史   交流   温泉   観光   

Research Areas

  • Humanities & social sciences / Tourism studies

Academic & Professional Experience

  • 2020/04  東洋大学国際観光学部准教授
  • 2019/04 - 2020/03  Toyo University国際観光学部講師
  • 2016/04 - 2019/03  Chiba University of CommerceFaculty of Service Inovation准教授
  • 2015/04 - 2016/03  Chiba University of CommerceFaculty of Service Inovation専任講師
  • 2012/04 - 2015/03  Osaka University of TourismFaculty of Tourism専任講師
  • 2012/04 - 2014/03  Rikkyo UniversityInstitute of Tourism特任研究員
  • 2011/04 - 2012/03  Shinshu Junior College総合ビジネス学科非常勤講師

Education

  • 2008/04 - 2011/03  Rikkyo University  大学院  観光学研究科博士課程後期課程
  • 2006/04 - 2008/03  Rikkyo University  大学院  観光学研究科博士課程前期課程

Association Memberships

  • THE JAPANESE SOCIETY OF TOURISM AND HOSPITALITY EDUCATORS   国際観光学会   Regional Science Association of Spa, Japan   THE HISTORICAL SCIENCE SOCIETY OF JAPAN   JAPAN INSTITUTE OF TOURISM RESEARCH   

Published Papers

Books etc

  • 竹内 誠; 白坂蕃; 新井博 編著 (Contributor観光と名所、55-61頁)朝倉書店 2021/01 9784254535785 xx, 438p
  • 徳江; 順一郎編者 (Contributor第5章世界の宿泊産業史:分担執筆、第10章 日本における宿泊産業の歴史:分担執筆)創成社 2020/09 9784794425737 viii, 227p
  • 前田 勇 (Contributor第17章 観光と宿泊)学文社 2019/08 9784762029172
  • 白坂 蕃; 稲垣 勉; 小沢 健市; 古賀 学; 山下 晋司 (Contributor5.12 温泉観光地の振興[内田 彩]、6.6 温泉[内田 彩])朝倉書店 2019/04 9784254163575
  • 前田 勇; 東 徹; 麻生 憲一; 井上 晶子; 大久保 あかね; 太田 実; 大橋 健一; 海津 ゆりえ; 越塚 宗孝; 佐藤 喜子光; 杉田 由紀子; 鈴木 涼太郎; 中村 哲; 橋本 俊哉; 橋本 佳恵; 村上 和夫; 安村 克己; 内田 彩; 辻 のぞみ; 羽生 敦子; 前田 勇 (Joint work)学文社 2018/03 4762027863 228
  • 橋本 俊哉; 日本観光研究学会 (Contributor【第7章】滞在型観光)原書房 2013/03 4562091916 227
  • 阿岸祐幸; 阿岸 祐幸 (Contributor温泉料理)丸善出版 2012/12 4621085069 700

Conference Activities & Talks

  • 記念講演会 花開く温泉文化 江戸時代の温泉地
    内田彩
    二川宿本陣資料館  2019/12
  • 温泉地の利用形態の変遷
    内田彩
    (公財)中央温泉研究所 「温泉保護・管理研修会」  2019/11
  • 「温泉地の滞在について」  [Not invited]
    内田彩
    『新・湯治ワークショップ』 特定非営利活動法人健康と温泉フォーラム  2017/11
  • 温泉地における滞在促進の取り組みについて  [Not invited]
    内田彩
    滞在をのばす温泉地の魅力づくりを考える  2017/02  肘折温泉 いでゆ館

MISC

Awards & Honors

  • 2012/05 日本観光研究学会 第5回 学会賞 論文奨励賞
     近世後期における温泉地への旅と滞在生活に関する一連の研究 
    受賞者: 内田彩
  • 2007/12 財団法人 アジア太平洋観光交流センター 第13回 観光に関する学術研究論文 奨励賞
     江戸時代後期の湯治場における交流に関する研究 
    受賞者: 内田彩

Research Grants & Projects

  • Possibility of developing and deploying "Bridal Tourism"
    Japan Society for the Promotion of Science:Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (C)
    Date (from‐to) : 2016/04 -2020/03 
    Author : 今井 重男; 内田 彩; 松本 大吾; 石井 裕明; MILLER KEVIN
     
    ブライダル市場の顧客の多様化が進み、新たなサービス管理や開発が求められるなか、「リゾートウエディング」「旅婚」など、「楽しみのための旅」を伴う新たなブライダルビジネスが登場し始めた。本研究の学術的な特色は、日本におけるブライダルビジネスの変遷と特徴を理解した上で、企業調査・現地調査を通じて、挙式するカップルと列席者を旅行対象とする「ブライダルツーリズム」という新しいツーリズムの概念を生み出し、今後の展開について明らかにするものである。 4年間に計17回の研究会を行い、得られた知見のまとめ作業として学会5回(国内4回、国際1回)と論文7本を発表公表した。これらはいずれも研究者の専門分野をメインにしながら、共同研究者の専門も織り込んだ内容となっており、これらの研究業績は1冊の報告書として製本した。 研究を通じて、たとえばリゾートウエディングの場合、地域に限定されやすいのに対して、ブライダルツーリズムは、リゾート地のイメージの無い地域も候補地となる。また、前者は挙式のために旅行するのであって主:従が挙式:旅行となるが、後者は地域に潜む多様な魅力に触れ、その地ならではの歴史や文化を体感する中で挙式もするという「旅行が主」「挙式が従」の旅の企画となる。しかもブライダル産業は裾野が広い上、ブライダルツーリズムであれば、宿泊産業、旅行業、地場産業も含めた土産物産業も関係する。さらに近年訪日外国人が増加するなか、新たなインバウンド向けの魅力になることも期待できることが分かった。 このように、ブライダルツーリズムについて定義の確立と「結婚式を旅行のオプションととらえる」という一側面からの結論は得られたものの、それをもって産業へ提案するまでは行きつかなかった。引き続き研究を継続し、提案を実現させたいと考えている。
  • Japan Society for the Promotion of Science:Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (C)
    Date (from‐to) : 2014/04 -2017/03 
    Author : UCHIDA AYA; HIROMA JYUNICI; INOUE AKIKO
     

    This study identifies the process of historical development in hot spring resorts and investigates the current situation and relevant initiatives undertaken for stay-type tourism therein. These aspects pointed to the nature of the process of structural change in hot spring resorts, which have developed significantly since the Second World War,as well as the factors underlying this structural change. Thereafter, we conducted questionnaire and field surveys to develop an attractive stay structure for hot spring resorts. It was shown that to encourage travelers to stay in hot spring resorts,it is important to fully understand travelers’spatial and temporal axes. The results revealed that the attractiveness of the hot spring resorts- in terms of both the internal lodging environment and the areas externally surrounding the facilities -needs improvement.

Others

  • 研究テーマ
    温泉地の形成と発展、温泉地における滞在型観光

Other link

researchmap