Researchers Database

Shin Osera

    Department of Marketing Associate Professor
    Course of Business Administration and Marketing Associate Professor
Last Updated :2021/10/30

Researcher Information

Research funding number

  • 80367028

J-Global ID

Research Interests

  • 消費者行動   流通   マーケティング   Consumer Behavior   Channel of Distribution   Marketing   

Research Areas

  • Humanities & social sciences / Commerce

Academic & Professional Experience

  • 2015/04 - Today  Toyo UniversityDepartment of Marketing, Faculty of Business AdministrationAssociate Professor
  • 2008/04 - 2015/03  Toyo UniversityDepartment of Marketing, Faculty of Business AdministrationLecturer
  • 2003/04 - 2006/03  Waseda UniversityFaculty of CommerceResearch Assistant

Education

  •        -   Waseda University  Graduate School of Commerce

Association Memberships

  • JAPAN ASSOCIATION FOR CONSUMER STUDIES   JAPAN ACADEMY OF ADVERTISING   日本ダイレクトマーケティング学会   日本商品学会   JAPAN SOCIETY OF MARKETING AND DISTRIBUTION   日本フードサービス学会   

Published Papers

  • Yoshitomo Hatakeyama; Shin Osera; Keigo Taketani
    Journal of Advertising Science (67) 21 - 49 2020/09 [Refereed]
  • 関連性理論に基づく広告コピーの効果:受け手の推意と関与の観点から
    大瀬良 伸
    日経広告研究所報 (293) 38 - 45 2017/06
  • オムニチャネル戦略としてのオンライン注文店頭受け取りの可能性
    大瀬良 伸
    経営論集 (89) 131 - 144 2017/03
  • Understanding of Multichannel Customer Management: A Review
    OSERA Shin
    経営論集 (86) 197 - 209 2015/11
  • The Process of Shoppers' Multichannel Use: From the Perspective of Shopping Categories
    OSERA Shin
    Journal of Business Administration (85) 145 - 157 2015/03
  • The Value of Multichannel Customers: A Comparison Based on the Frequency of Multiple Channel Use
    OSERA Shin
    Journal of the Academic Society of Direct Marketing 13 16 - 31 2014/03 [Refereed]
  • Mutichannel Development in Apparel Companies: Current Status and Issues
    OSERA Shin
    Journal of Business Administration (83) 143 - 153 2014/03
  • Characteristics of Multichannel Customers
    OSERA Shin
    Journal of Business Administration (82) 151 - 164 2013/11
  • ブランドネームの発音を起点とするブランド要素の整合性が広告評価およびブランド評価に及ぼす影響
    朴 宰佑; 大瀬良 伸
    吉田秀雄記念事業財団平成21年度助成研究 2010/02
  • ブランドネームの発音が製品属性の連想およびブランド態度に及ぼす影響
    朴 宰佑; 大瀬良 伸
    日経広告研究所報 (247) 73 - 88 2009/10 [Refereed]
  • ブランドネームの発音がブランド評価に及ぼす影響:Sound Symbolism理論からのアプローチ
    朴 宰佑; 大瀬良 伸
    消費者行動研究 16 (1) 23 - 36 2009/10 [Refereed]
  • 顧客の声と購買行動の関係性
    大瀬良 伸
    商品研究 55 (3/4) 57 - 68 2008/10 [Refereed]
  • 流通チャネルにおける情報の異質性がチャネル・リレーションシップに及ぼす影響
    大瀬良 伸
    商学研究科紀要 (66) 121 - 136 2008/03 [Refereed]
  • チャネル・リレーションシップ
    大瀬良 伸
    季刊 マーケティングジャーナル 27 (1) 85 - 92 2007/06
  • 大瀬良 伸; 中野 香織; 松本 大吾
    Direct marketing review 日本ダイレクトマーケティング学会 6 (6) 21 - 42 1347-9490 2007/04 [Refereed]
  • 地域ブランドの開発・育成に向けての一考察:実態特性による地域特性の把握
    大瀬良 伸; 大平 修司; 朴 宰佑
    商品研究 55 (1/2) 1 - 15 2007/03 [Refereed]

Books etc

  • 現代マーケティング研究の潮流
    大瀬良 伸 (Contributor第3章 マルチチャネル顧客の優良性:複数チャネルの利用頻度に基づく比較)中央経済社 2016/11
  • 流通総論
    大瀬良 伸 (Contributor第10章 小売業のPB戦略)同文舘出版 2010/06
  • 新マーケティング・コミュニケーション戦略
    大瀬良 伸 (Contributor第9章 データベース・マーケティング戦略)日経広告研究所 2009/06
  • 流通新論
    大瀬良 伸 (Contributor第7章 商品開発と流通)八千代出版 2004/04

Conference Activities & Talks

  • サブスクリプションを成功に導く条件とは
    大瀬良 伸
    日本ダイレクトマーケティング学会Webコミュニケーション研究部会  2020/02
  • 有識者調査結果からみるフードサービス業の近未来  [Not invited]
    大瀬良 伸
    日本フードサービス学会第23回年次大会  2018/06

Awards & Honors

  • 日本ダイレクトマーケティング学会第1回田島記念賞
     
    受賞者: 大瀬良 伸

Research Grants & Projects

  • マルチチャネル・リテイリングに基づくカスタマー・リレーションシップの構築
    文部科学省:科学研究費助成事業
    Date (from‐to) : 2017 -2020
  • 日本広告学会:自由課題研究プロジェクト
    Date (from‐to) : 2016 -2017
  • ブランドネームの発音を起点とするブランド要素の整合性が広告評価およびブランド評価に及ぼす影響
    吉田秀雄記念事業財団 平成20年度(第42次)研究助成
    Date (from‐to) : 2009 -2010
  • ブランドにおける地域イメージの効果とブランド・コミュニケーションに関する研究
    吉田秀雄記念事業財団平成19年度(第41次)研究助成
    Date (from‐to) : 2007 -2008
  • Channel Relationship
  • Muitichannel Customer Management
  • -
    The Other Research Programs

Others

  • 2016/04 -2016/04 経営学部入試対策検討委員会
  • 2015/04 -2015/04 経営学部教育運営検討委員会
  • 2010/04 -2010/04 経営学部HP・広報・企画委員会
  • 2010/04 -2010/04 教職課程運営委員会
  • 2009/04 -2009/04 経営学部図書委員会
  • 2008/04 -2008/04 経営学部アカデミックアドバイザー
  • 2008/04 -2008/04 スポーツ健康科学委員会