研究者総覧

安藤 和宏 (アンドウ カズヒロ)

  • 法学部法律学科 教授
  • 法学研究科私法学専攻 教授
Last Updated :2024/04/15

研究者情報

学位

  • 博士(法学)(早稲田大学)
  • 法学修士(早稲田大学)

ホームページURL

科研費研究者番号

  • 00548159

J-Global ID

研究キーワード

  • 著作権契約法   知的財産法   アメリカ著作権法   音楽著作権   

研究分野

  • 人文・社会 / 民事法学
  • 人文・社会 / 新領域法学

経歴

  • 2017年04月 - 現在  東洋大学法学部法律学科教授
  • 2014年04月 - 2017年03月  東洋大学法学部法律学科准教授
  • 2011年04月 - 2014年03月  明治大学情報コミュニケーション学部兼任講師
  • 2008年11月 - 2011年03月  北海道大学大学院法学研究科特任教授

学歴

  • 2003年04月 - 2008年09月   早稲田大学大学院   法学研究科 博士後期課程
  • 2006年09月 - 2007年06月   ワシントン大学ロースクール   LL.M.
  • 2005年08月 - 2006年07月   フランクリンピアース・ローセンター   LL.M.
  • 2001年04月 - 2003年03月   早稲田大学大学院   法学研究科 修士課程
  • 1983年04月 - 1987年03月   東京学芸大学   教育学部

所属学協会

  • 日本工業所有権法学会   著作権法学会   国際著作権法学会   

研究活動情報

論文

  • 判例評釈「効果音・環境音は著作物として保護を受けるのか(アニメ音響効果音データ事件)」
    安藤和宏
    新・判例解説Watch 34 261 - 264 2024年04月
  • ストリーム配信におけるValue Gap問題に関する一考察
    安藤和宏
    慶應法学 52 1 - 22 2024年03月
  • 判例評釈「芸能事務所退所後の競業避止義務(ヴィジュアル系バンド専属契約事件)」
    安藤和宏
    新・判例解説Watch 33 281 - 284 2023年10月
  • 米国における終了権制度
    安藤 和宏
    著作権研究 48 73 - 101 2023年06月
  • Analysis on Indirect Copyright Infringement -Music School Case-
    安藤和宏
    PATENTS & LICENSING 53 1 7 - 14 2023年06月
  • Current Situation and Issues of the Concert Business in Japan
    安藤和宏
    PATENTS & LICENSING 52 4 30 - 39 2023年03月
  • Current Situation and Issues of the Anime Business in Japan
    安藤和宏
    PATENTS & LICENSING 52 3 7 - 20 2022年12月
  • 判例評釈「著作権等管理事業法16条の『正当な理由』の該当性(JASRAC利用申込拒否事件)」
    安藤和宏
    新・判例解説Watch 31 281 - 284 2022年10月
  • 判例評釈「音楽教室における生徒の演奏に対して、演奏権侵害が否定された事例」
    安藤和宏
    東洋法学 65 203 - 218 2021年08月
  • 判例評釈「コンタクトレンズチラシ事件」
    安藤和宏
    新・判例解説Watch 28 301 - 304 2021年04月
  • 判例評釈「音楽教室事件」
    安藤和宏
    新・判例解説Watch 28 297 - 300 2021年04月
  • 米国商標法における間接侵害に関する一考察
    安藤和宏
    特許研究 71 6 - 22 2021年03月
  • 判例評釈「音楽教室における演奏について、演奏主体が音楽教室事業者であるとされた事例」
    安藤和宏
    東洋法学 64 3 125 - 144 2021年03月
  • 映像・音楽のネット配信をめぐる法律問題
    安藤和宏
    法学教室 479 48 - 50 2020年08月
  • アメリカの音楽近代化法は音楽配信ビジネスを加速させる魔法のツールか
    安藤和宏
    東洋法学 63 2 157 - 182 2020年01月
  • 判例評釈「バシッとキメたいそう」楽曲類否事件
    安藤和宏
    著作権研究 45 171 - 190 2019年06月
  • 判例評釈「ジャコ音源事件」
    安藤 和宏
    新・判例解説Watch 24 2019年04月
  • 判例評釈「Ritmix事件」
    安藤 和宏
    新・判例解説Watch 24 251 - 254 2019年04月
  • 判例評釈「Live Bar X.Y.X.→A事件」
    安藤 和宏
    著作権判例百選(第6版) 174 - 175 2019年03月
  • 音楽のインターネット送信とValue Gap問題
    安藤 和宏
    論究ジュリスト 26 20 - 27 2018年08月
  • 音楽配信ビジネスと著作権法-日米法制度の違いを中心に-
    安藤 和宏
    著作権研究 44 7 - 19 2018年06月
  • 判例評釈「神獄のヴァルハラゲート事件」
    安藤 和宏
    判例時報 2336 167 - 172 2017年09月
  • 安藤 和宏
    東洋法学 61 1 53 - 81 東洋大学法学会 2017年07月
  • Live Bar事件判例評釈
    安藤 和宏
    東洋法学 60 3 59 - 86 2017年03月
  • 安藤 和宏
    東洋法学 59 3 247 - 267 東洋大学法学会 2016年03月
  • 音楽著作権管理事業者の現状と課題
    安藤 和宏
    東洋法学 59 2 233 - 262 2016年01月
  • アメリカ著作権法における無意識の依拠に関する一考察
    安藤 和宏
    東洋法学 59 1 231 - 250 2015年07月
  • 安藤 和宏
    特許研究 59 18 - 31 工業所有権情報・研修館特許研究室 2015年03月
  • 音楽配信ビジネスの現状と課題
    安藤 和宏
    年報知的財産法2014 2 - 8 2014年12月
  • 安藤 和宏
    東洋法学 58 1 97 - 127 東洋大学法学会 2014年07月
  • 電子出版をめぐる著作権法上の課題
    安藤 和宏
    情報コミュニケーション学研究 14 47 - 58 2014年03月
  • 安藤 和宏
    知的財産法政策学研究 39 39 179 - 227 北海道大学グローバルCOEプログラム「多元分散型統御を目指す新世代法政策学」事務局, 北海道大学情報法政策学研究センター 2012年09月
  • 博士論文「著作隣接権制度におけるレコード保護の研究」
    安藤 和宏
    早稲田大学 2012年02月
  • アメリカ著作権法における職務著作制度の一考察
    安藤 和宏
    企業と法創造 6 3 307 - 321 2010年04月
  • 安藤 和宏
    知的財産法政策学研究 23 231 - 284 北海道大学大学院法学研究科21世紀COEプログラム「新世代知的財産法政策学の国際拠点形成」事務局 2009年06月
  • 安藤 和宏
    知的財産法政策学研究 22 201 - 232 北海道大学大学院法学研究科21世紀COEプログラム「新世代知的財産法政策学の国際拠点形成」事務局 2009年03月
  • 安藤 和宏
    知的財産法政策学研究 21 171 - 202 北海道大学大学院法学研究科21世紀COEプログラム「新世代知的財産法政策学の国際拠点形成」事務局 2008年12月
  • 米国デジタルミレニアム著作権法(DMCA)の一考察
    安藤 和宏
    A.I.P.P.I.(月報) 53 5 2 - 17 2008年05月 [査読有り]
  • 安藤 和宏
    企業と法創造 4 4 307 - 321 早稲田大学21世紀COE《企業法制と法創造》総合研究所 2008年03月
  • アメリカ著作権法における終了権制度の一考察
    安藤 和宏
    早稲田法学会誌 58 2 43 - 96 2008年02月 [査読有り]
  • アメリカ著作権法におけるモラル・ライツの一考察
    安藤 和宏
    早稲田大学法研論集 124 1 - 26 2007年12月
  • TRIPSがもたらす医薬品アクセス問題に関する一考察
    安藤 和宏
    A.I.P.P.I.(月報) 52 11 16 - 24 2007年11月
  • An Analysis of Digital Sampling Lawsuits in the U.S.
    安藤 和宏
    早稲田大学法研論集 123 25 - 44 2007年09月

書籍

  • 安藤 和宏 リットーミュージック 2024年03月 ISBN: 484564018X 368
  • 知的財産法政策学の旅(田村善之先生還暦記念論文集)
    安藤和宏 (担当:分担執筆範囲:アメリカ法における未知の利用方法にかかる契約解釈)弘文堂 2023年09月
  • 日本娛樂產業與法律-兼論臺灣娛樂法-
    安藤和宏 (担当:単著範囲:)元照出版 2023年08月
  • 知的財産法学の新たな地平(高林龍先生古稀記念論文集)
    安藤和宏 (担当:分担執筆範囲:カナダ著作権法における復帰権制度に関する一考察-著作者に契約のチャンスは2度必要か―)日本評論社 2022年12月 ISBN: 9784535525757
  • 年報知的財産法2021-2022
    安藤和宏 (担当:分担執筆範囲:大激論!音楽教室事件)日本評論社 2022年01月
  • 安藤和宏 リットーミュージック 2021年11月 ISBN: 9784845636839 496p
  • 安藤和宏 リットーミュージック 2021年11月 ISBN: 9784845636822 435p
  • Annotated Leading Copyright Cases in Major Asian Jurisdictions
    安藤和宏 (担当:分担執筆範囲:Blanket Licenses of Music Copyrights for Broadcasting Found to Be Private Monopolization in Japan)香港城市大学出版 2019年10月
  • よくわかる音楽著作権ビジネス実践編(第5版)
    安藤 和宏 リットーミュージック 2018年02月
  • よくわかる音楽著作権ビジネス基礎編(第5版)
    安藤 和宏 (担当:単著範囲:)リットーミュージック 2018年02月
  • インターネットビジネスの法務と実務
    安藤 和宏 (担当:分担執筆範囲:)三協法規出版 2018年01月
  • 著作権判例百選(第5版)
    安藤 和宏 (担当:分担執筆範囲:譲渡契約の解釈(2))有斐閣 2016年12月
  • 知的財産法研究の輪
    安藤 和宏 (担当:分担執筆範囲:アメリカにおける連邦法と州法の交錯に関する一考察)発明推進協会 2016年09月
  • サウンドレコーディング技術概論(再改訂版)
    安藤 和宏 (担当:分担執筆範囲:音楽著作権)日本スタジオ協会 2016年03月
  • 出版をめぐる法的課題
    安藤 和宏 (担当:分担執筆範囲:わが国著作権法における契約法規定の可能性)日本評論社 2015年07月
  • コンテンツビジネスと著作権法の実務
    安藤 和宏 (担当:分担執筆範囲:)三協法規出版 2015年04月
  • 実演家概論
    安藤 和宏 (担当:分担執筆範囲:アメリカにおける実演家の法的保護に関する一考察)勁草書房 2013年12月
  • 変貌する日本のコンテンツ産業
    安藤 和宏 (担当:分担執筆範囲:)ミネルヴァ書房 2013年10月
  • 知的財産法学の国際的交錯
    安藤 和宏 (担当:分担執筆範囲:)日本評論社 2012年12月
  • よくわかる音楽著作権ビジネス実践編4th Edition
    安藤 和宏 (担当:単著範囲:)リットーミュージック 2011年03月
  • よくわかる音楽著作権ビジネス基礎編4th Edition
    安藤 和宏 (担当:単著範囲:)リットーミュージック 2011年03月
  • 情報は誰のものか?
    安藤 和宏 (担当:分担執筆範囲:)青弓社 2004年06月
  • インターネット音楽著作権Q&A
    安藤 和宏 (担当:単著範囲:)リットーミュージック 2003年10月
  • よくわかるマルチメディア著作権ビジネス(増補改訂版)
    安藤 和宏 (担当:単著範囲:)リットーミュージック 1999年03月

産業財産権

  • 特開2001-130678:ディスクの収納装置  2001年05月15日
    安藤 和宏

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業
    研究期間 : 2024年04月 -2027年03月 
    代表者 : 安藤 和宏 今村哲也
  • 著作権契約法の最適モデル構築に向けた総合的研究
    日本学術振興会:科学研究費補助金
    研究期間 : 2021年04月 -2024年03月 
    代表者 : 安藤和宏
  • 音楽配信にかかるレコード保護の総合的研究
    日本学術振興会:科学研究費補助金
    研究期間 : 2015年04月 -2018年03月 
    代表者 : 安藤 和宏
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業
    研究期間 : 2014年04月 -2017年03月 
    代表者 : 今村 哲也; 安藤 和宏
     
    本研究では,過去のコンテンツ資産の利用推進に伴い生じる権利問題について,外国の制度状況も調査しながら,現行制度の改善や新たな提案を行うための総合的研究を行うことを目的に実施した。具体的な論点として,過去のコンテンツ資産の利用について,(1)その権利関係をめぐる現状の整理,(2)諸外国の法制度の状況,(3)利用推進に向けた権利処理の円滑化方策について,関係者への聞取り等の実態調査や諸外国の制度状況を調査し,課題解決に向けた立法論・解釈論を展開した。研究に基づく具体的な提案として,拡大集中許諾制度の導入を主張している。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業
    研究期間 : 2011年 -2013年 
    代表者 : 今村 哲也; 安藤 和宏
     
    本研究では,電子書籍の普及に際して問題となる著作権法上の課題を掲げて,それに対する調査と検討を行うことを目的に実施した。具体的な論点として,(1)出版物の権利関係をめぐる現状の整理,(2)出版社の権利や出版権の設定範囲の拡大の是非,(3)電子書籍の普及に向けた権利処理の円滑化の方策(権利者不明著作物や集中管理団体の問題を含む)について,我が国や諸外国の現状や制度の状況について調査し,これらの課題の解決に向けた分析を展開した。
  • デジタル化社会における著作隣接権の制度設計
    日本学術振興会:科学研究費補助金
    研究期間 : 2009年04月 -2011年03月 
    代表者 : 安藤 和宏

担当経験のある科目

  • 法学入門B
  • 法学入門A
  • 法学基礎演習
  • 知的財産管理技能検定講座
  • 契約書の読み方・書き方
  • 音楽著作権ビジネス
  • アメリカ著作権法
  • 知的財産法B
  • 知的財産法A

その他のリンク

researchmap