Researchers Database

Yuji Sano

    Department of Electrical and Electronic Engineering Professor
    Research Institute of Industrial Technology Researcher
    Course of Electricity, Electronics and Communications Professor
Last Updated :2024/04/06

Researcher Information

URL

Research funding number

  • 70408962

J-Global ID

Research Interests

  • Sense of vision   Acoustics   Peltier Device   Thermoelectric Effect   Induction Heating   lighting   色彩工学   電子ディスプレイ   集積回路   電子回路   colorimetry   electronic display   integrated circuit   electronic circuit   

Research Areas

  • Nanotechnology/Materials / Optical engineering and photonics
  • Manufacturing technology (mechanical, electrical/electronic, chemical engineering) / Electronic devices and equipment

Academic & Professional Experience

  • 2005/04 - Today  Toyo University(現)理工学部電気電子情報工学科
  • 1985/04 - 2005/02  株式会社日立製作所

Education

  •        - 2003/07  Chuo University  理工学研究科  電気電子情報工学専攻博士課程
  •        - 1983/03  Tokyo University of Science  Faculty of Science and Technology  電気工学科

Association Memberships

  • 日本熱電学会   THE ILLUMINATING ENGINEERING INSTITUTE OF JAPAN   映像情報メディア学会   THE INSTITUTE OF ELECTRICAL ENGINEERS OF JAPAN   THE INSTITUTE OF ELECTRONICS, INFORMATION AND COMMUNICATION ENGINEERS   SID   IEEE   

Published Papers

Books etc

  • (Joint work第2章第5節 pp.113-129, 第5章第2節 pp.185-198)株式会社エヌ・ティー・エス 2024/01 9784860438548 
    第2章 冷却素子の開発 第5節 ペルチェ素子の新しい熱等価回路による冷却装置の設計精度の向上 熱電素子として最も普及しているペルチェ素子を用いた電子冷却装置の冷却効率を向上するためには,ペルチェ素子自体に生じる熱電効果における電気エネルギーと熱エネルギーの変換効率の改善が必要である。ペルチェ素子内部で生じる電気・熱エネルギーの相互変換は,次の3種の因子に起因している。すなわち,駆動電流に比例した熱流を誘起するペルチェ効果,素子の熱流の入出力面の温度差に比例した起電力を生じるゼーベック効果,および駆動電流の実効値の2乗に比例した素子の自己発熱である。これらの相互変換の因子による影響に加えて,冷却効果を低下させる向きに素子を逆流する熱流にも配慮することで,冷却効率の向上が可能となる。 上記を分かりやすく解説するため,始めに汎用のペルチェ素子に関して説明した後に,電気・熱エネルギーの相互変換作用を正確に解析するために提案したペルチェ素子の新しい熱等価回路について解説していく。最後に,電子冷却装置の冷却効率を向上するために提案した,ペルチェ素子の自己発熱を低減する駆動方式について解説する。 新しい熱等価回路を用いることにより,熱電変換システムにおいて同時発生している熱と電気エネルギーの間の相互変換作用を正確に解析できるため,システムの設計精度が向上する。実際に新しい熱等価回路による設計精度を実験確認した結果,実測値との誤差率において,熱電発電時は10.1 %に低減,熱電冷却時も19.2 %に低減しており,熱解析精度の向上を確認できた。 第5章 次世代冷却システムの開発 第2節 ペルチェ素子の自己発熱を低減した冷却装置の開発 ペルチェ素子自体の性能による制約が大きい項目が多い上記の変換効率の因子のうち,素子の自己発熱については,素子の駆動電流に対して簡易な工夫を施すことにより電子冷却装置の設計側から大幅に低減できることを著者達は見出している。本節においては,電子冷却装置の制御精度などの従来の性能は維持しつつも冷却効率を大幅に向上できる,自己発熱を低減したペルチェ素子の駆動方式について解説していく。 熱電効果を用いた電子冷却装置において,ペルチェ素子の自己発熱を低減することにより冷却効率を大幅に向上しながら,高精度に冷却制御ができるパルス制御直流駆動方式について解説した。冷却効率の改善効果の確認実験においては,冷却効率の解析にぺルチェ素子の新しい熱等価回路(15)を活用した。実験の結果,パルス制御直流駆動方式の適用によりペルチェ素子の自己発熱を,解析通りパルス制御時のデューティサイクルD倍に低減できることを確認した。また,デューティサイクル50%以下において成績係数COPは,パルス駆動時と比べて2.01倍以上に増加した。解析精度に関しては,成績係数COPの実測値に対する理論値の誤差を,従来と提案駆動方式ともに16.8%以下に抑えることができた。
  • 技術情報協会 (Joint work第5章第2節「小型素子に有効なぺルチェ素子を用いた電子冷却装置の冷却効率の解析と向上」pp.539-554)技術情報協会 2021/07 9784861048524 676p 
    冷媒を用いる冷却装置と比べて冷却効率が低いことが,ペルチェ素子の普及を制限する要因となっている。そこで,本節では撮像素子などの小型素子の冷却に適したぺルチェ素子とその動作原理の概要を説明した後に,冷却効率を向上させる駆動方式の例について解説する。さらに,ペルチェ素子を用いた電子冷却装置の冷却効率の解析方法を説明すると共に,解析に有効なぺルチェ素子の熱等価回路を提案する。 小型素子の冷却に適したぺルチェ素子とその動作原理を説明し,ペルチェ素子の自己発熱を低減することにより冷却効率を向上できるパルス制御直流駆動方式について解説した。また,冷却効率の解析の精度向上に向けてぺルチェ素子の新しい熱等価回路を提案し,パルス制御直流駆動方式による冷却効率の改善効果を解析し実験で確認した。 実験の結果,パルス制御直流駆動方式の適用によりペルチェ素子の自己発熱を,解析通りパルス制御時のデューティサイクルD倍に低減できることを確認した。また,デューティサイクル50%以下において成績係数COPは,パルス駆動時と比べて2.01倍以上に増加した。解析精度に関しては,成績係数COPの実測値に対する理論値の誤差を,従来と提案駆動方式ともに16.8%以下に抑えることができた。
  • 人に優しい3色光照明、地球に優しい電子冷却装置の開発
    佐野勇司 川崎市産業振興財団,川崎産学連携ニュースレター,VOL.50 2021/03
  • 老眼による見えと視力を改善できるLED照明と有機EL照明
    佐野 勇司 ㈱電気書院 電気計算 2019年1月号 2018/12 5 55-59 
    色の3原色である赤緑青のRGB色LEDを用いた照明の下では,近くのものや細かなものがよく見えるという現象を実験により見出した.焦点調節できる最短視距離(近点距離)の短縮と視力向上効果が, いずれも5~10%程度得られた.発光スペクトルが広く演色性の高い3原色の有機EL照明においても,RGB色LED照明と同等の近点距離の短縮と視力向上効果が得られることも実験確認した.
  • RGB色LEDを用いた照明による視覚改善に関する研究
    佐野 勇司 照明学会誌 第96巻 第8B号 学位論文要旨 2012/08
  • 「老視による視覚劣化を改善することができるRGB色LED照明」「パルス駆動によるLEDの発光量の向上に関する研究」
    佐野 勇司 照明学会誌 第96巻 第2号 文献紹介 2012/02 
    老視による視覚劣化を改善することができるRGB色LED照明(視覚心理・視覚生理-9),パルス駆動によるLEDの発光量の向上に関する研究(LED-16)
  • プラズマディスプレイモジュール環境試験方法(Ⅱ)-パネル強度-
    佐野 勇司 (Joint work)(社)電子情報技術産業協会 JEITA ED-2731 2012/01
  • プラズマディスプレイモジュール測定方法(Ⅴ) -音響ノイズ-
    佐野 勇司 (Joint work)(社)電子情報技術産業協会 JEITA ED-2715 2011/12
  • 老視による見え方を改善するRGB色LEDを用いた照明
    佐野 勇司 ㈱テクノタイムズ社 月刊ディスプレイ 2011年5月号 2011/04 
    本稿ではRGB色LEDを用いた照明が,老視(老眼)や近視(近眼)といった眼の屈折異常による見え方の劣化を改善できる可能性が高いことを解説する。例として,老視によって増加する近点距離(焦点の合う最短距離)の短縮効果に関する実験結果を示し,その短縮要因の解析結果を紹介する。 RGB色LEDを用いた照明が,眼の屈折異常による見え方の劣化を改善できる可能性が高いことを解説し,老視によって増加する近点距離の短縮する効果がある見込みがあることを実験によって示した。実験の結果,白熱灯・蛍光灯・LED電球と同一照明色に調整したRGB色LED照明を用いた場合の近点距離に5~12%の短縮効果が得られた。
  • プラズマディスプレイモジュール測定法(Ⅳ)-視野角,ストリーキング,フリッカ,動画解像度-
    佐野 勇司 (Joint work)(社)電子情報技術産業協会 JEITA ED-2714 2011/04
  • プラズマディスプレイデバイスに関する用語及び文字記号
    佐野 勇司 (Joint work)(社)電子情報技術産業協会 JEITA ED-2702 2011/02
  • 低ノイズ・低歪・低消費電力を実現したスイッチングアンプ
    佐野 勇司 ㈱化学工業社 ケミカル・エンジニアリング 第56巻第1号 2011/01
  • プラズマディスプレイモジュール測定法(Ⅲ)-動画表示消費電力,パネル発光効率-
    佐野 勇司 (Joint work)(社)電子情報技術産業協会 JEITA ED-2713 2010/03
  • プラズマディスプレイモジュール測定方法(Ⅱ)-セル欠点,焼付き,輝度寿命-
    佐野 勇司 (Joint work)(社)電子情報技術産業協会 JEITA ED-2712 2009/04
  • プラズマディスプレイモジュールの電気インターフェース
    佐野 勇司 (Joint work)(社)電子情報技術産業協会 JEITA ED-2721 2008/03
  • プラズマディスプレイモジュールの環境試験方法
    佐野 勇司 (Joint work)(社)電子情報技術産業協会 JEITA ED-2730 2006/10
  • 内田, 龍男; 内池, 平樹 (Joint work4.7.3 プラズマディスプレイの評価 pp.839-848)工業調査会 2001/12 4769371047 74, 1139p, 図版4p
  • カラープラズマディスプレイモジュール測定方法
    佐野 勇司 (Joint work)旧(社)日本電子機械工業会 EIAJ ED-2710 2000/03

Conference Activities & Talks

  • 佐野勇司
    株式会社日本テクノセンター オンラインセミナー  2023/12  Public discourse  株式会社日本テクノセンター
     
    開講:10:30~17:30 ~ アナログ電子回路の基礎と実践ポイント:半導体素子・基本増幅回路・信号帰還回路、増幅回路の設計と注意点、IC回路の特性と回路構成、IoTに用いる回路設計のポイント ~ ・ディジタル回路・ソフトウェアと協調開発されるアナログ電子回路の性能を高め、システムのパフォーマンス向上に活かすための講座! ・アナログ電子回路の半導体素子、各種アナログ電子回路の特性、回路設計の注意点を修得し、電子機器システムやIoTのためのアナログ電子回路設計の実務に活かそう! プログラム 1.アナログ電子回路の基礎 (1).電子回路で使う半導体素子 a.バイポーラトランジスタ b.FET c.複合素子(IGBTなど) d.各種IC回路(分類と汎用IC回路など) (2).基本増幅回路の特性 a.電圧増幅の原理(信号電圧と信号電流の相互変換) b.3端子素子の各接地方式 c.オペアンプ回路の動作原理 (3).信号帰還回路 a.信号帰還の原理 b.負帰還回路の原理と特性 c.発振回路の原理と特性 (4).半導体素子のスイッチング a.スイッチング動作とそのメリット・デメリット b.半導体素子のパルス応答 c.パルス応答の高性能化(高速化・低電力化など) 2.アナログ電子回路の応用技術 (1).増幅回路の設計と注意点 a.増幅回路の仕様 b.信号伝送と入出力インピーダンス c.信号ダイナミックレンジ(直流・交流設計) d.近似と等価回路による解析の単純化 e.周波数特性(遮断周波数と広帯域化) f.電力増幅回路と設計(A級・B級・D級回路) g.放熱設計 h.素子選択 i.実装技術 (2).IC回路の基本回路 a.IC内素子の特性 b.差動増幅回路の特性 c.その他の基本回路 d.オペアンプの回路構成 3.IoT時代のアナログ電子回路と設計例 (1).IoTのシステム構成 (2).センサー回路のポイント a.光センサー回路 b.温度センサー回路 c.加速度センサー回路 d.その他のセンサー回路 (3).電源回路のポイント a.スイッチング電源回路 b.バッテリー回路 c.エネルギーハーベスト回路 (4).アナログ/ディジタル混在システムにおけるノイズ低減と実装法
  • 佐野勇司
    NPO法人 子ども大学かわごえ 主催 小学生向け授業  2023/12  Public discourse  川越市中央公民館  NPO法人 子ども大学かわごえ
     
    ・人の目と耳の仕組みを理解するために、教室でみなさん自身の体を使って いろいろな実験をしてみましょう。 ・みなさんの目と耳の能力と限界を知ることができますよ。
  • Reduction Technics of Power Supply Voltage and Circuit Scale for Exponentiation Conversion CMOS IC  [Not invited]
    Fumiya Matsui; Naoya Nishiyama; Yuji Sano
    IEEE TJCAS 2021(2021 Taiwan and Japan Conference on Circuits and Systems)  2021/11  Oral presentation
  • Extending signal dynamic range of exponentiation conversion circuit using subthreshold operation of MOSFET
    M. Arai; Y. Sano
    IEEE TJCAS2019  2019/08  Oral presentation
  • 視覚の科学 目の性質を知りつくして進化するテレビ  [Invited]
    佐野 勇司
    子ども大学かわごえ  2019/07  Public discourse
  • 視力と老眼による見えを改善できる3色光照明  [Invited]
    佐野 勇司
    第129回ニューガラスセミナー  2019/07  Public discourse  東京  ニューガラスフォーラム
     
    3原色の赤緑青色LEDを用いた照明、及び赤黄青色の有機EL照明の各照射光の下においては、細かなものや近くのものがよく見える現象を実験により見つけた。これら3色光照明の各色の発光を調節して電球や蛍光灯、LED電球の照明色を再現して、視力向上と老眼により伸びる最短視距離の短縮効果を測定すると、両者とも統計的に5~10%程度の改善が見られた。改善は各色の色分散による網膜映像の鮮鋭化に起因すると考えられる。高齢化と目の酷使による視力低下が進む現代において、3色光照明に対するニーズは高まると期待できる。
  • IoTのためのセンサ実習  [Not invited]
    松元 明弘; 佐野 勇司; 横田 祥
    産学協同教育センター 中核人材育成講座  2018/09  Public discourse
  • 省力化のためのセンサの活用と応用講座  [Not invited]
    野田 和俊; 佐野 勇司
    産学協同教育センター 中核人材育成講座  2018/03  Public discourse
  • 照明全般、およびLED照明の特性と効果について  [Invited]
    佐野 勇司
    平成29年度第2回埼玉県地球温暖化防止活動推進員研修会  2017/09  Public discourse
  • 老眼による見えと視力を改善できるLED照明・有機EL照明  [Invited]
    佐野 勇司
    新技術説明会(科学技術振興機構・東洋大学共催 )  2015/09  Public discourse
  • 埼玉県主催「次世代カレッジ」セミナー「視力および老視による見えを改善できるRGB(赤緑青)色照明」 講演  [Not invited]
    佐野 勇司
    2014/10
  • 老眼による見えと視力を改善できるLED照明  [Not invited]
    佐野 勇司
    アカデミック・シーズ展2013  2013/11
  • 低歪・低ノイズ・低消費電力を実現したスイッチングアンプ  [Not invited]
    佐野 勇司
    アカデミック・シーズ展2013  2013/11
  • Improvement of LED luminous efficacy in driving by pulse current utilizing optical electric generation of the LED  [Not invited]
    佐野 勇司; Takahiro Arai
    EuroDispaly 2013  2013/09 
    Luminous efficacy of pulse driven LED was improved by utilizing optical electric generation of the LED. A pair of LEDs, which was irradiated by each other alternately, charged diffusion capacitance in the LED. Consumed power was reduced to 57.4% - 97.1% in RGB color LEDs.
  • 東洋大学産学協同教育センター中核人材育成講座「電気電子技術中級コース(電子回路技術)」 講師  [Not invited]
    佐野 勇司
    2013/07
  • パルス極性変調方式D級アンプの歪み特性の改善と最大出力の拡大  [Not invited]
    佐野 勇司; 五十嵐拓也; 成尾麻衣
    電子情報通信学会 総合大会  2013/03
  • LEDの発光効率を向上させる駆動方法に関する研究  [Not invited]
    佐野 勇司; 新井貴大; 中島真生
    電子情報通信学会 総合大会  2013/03
  • LEDの発光効率を向上させる駆動方法に関する研究  [Not invited]
    佐野 勇司; 新井貴大
    電気学会 東京支部埼玉支所研究発表会  2013/03
  • RGB Color LED Lighting ImprovableVisual Acuity and Eyesight Damage Caused by Presbyopia  [Not invited]
    佐野 勇司; Taihua Li
    Luxpacifica 2013  2013/03 
    We showed RGB color LED lighting is effective in improving visual acuity and shortening near point distance, which is increased by advance of presbyopia, in experiment results. Moreover, we analyzed what improved visual acuity and near point distance. We reproduced light, which has the same illuminance and chromaticity from conventional lightings, by adjusting the RGB color LED lighting. Visual acuity was measured by looking at Landolt ring. Compared with case of using the conventional lightings, average visual acuity of 20 subjects in using the RGB color LED lighting were improved from 4.51% to 11.1% compared with the conventional lights respectively. Near point distance is the shortest visible distance in adjusting focus on object. Average near point distances of 20 subjects in using the RGB color LED lighting were shortened from 5.44% to 12.2% compared with the conventional lights respectively. It showed that emission from the RGB color LED lighting stimulates retina more effectively than the other lamps. Therefore, blur in compressed image in brain is considered to be reduced under light from the RGB color LED lighting.
  • パルス極性変調方式D級アンプの歪み特性の改善と最大出力の拡大  [Not invited]
    佐野 勇司; 五十嵐拓也; 成尾麻衣
    平成24年度工業技術研究所講演会  2013/02
  • LEDの発光効率を向上させる駆動方法に関する研究  [Not invited]
    佐野 勇司; 新井貴大; 中島真生
    平成24年度工業技術研究所講演会  2013/02
  • 老眼による見えを改善できるLED照明  [Not invited]
    佐野 勇司
    アカデミック・シーズ展2012  2012/12
  • 低歪・低ノイズ・低消費電力を実現したスイッチングアンプ  [Not invited]
    佐野 勇司
    アカデミック・シーズ展2012  2012/12
  • 東洋大学産学協同教育センター中核人材育成講座「電気電子技術基礎コース(電子回路技術)」 講師  [Not invited]
    佐野 勇司
    2012/07
  • New method class D amplifier which enables reduction of RF noise and signal distortion  [Not invited]
    佐野 勇司; Takuya Igarashi; Naoki Komine; Li Taihua; Yuki Fukai; Takahiro Arai
    IEEE International NEWCAS conference B3P-C 8210  2012/06 
    Proposed class D amplifier can reduce its output amplitude voltage to half by modulating output pulse polarity according to input signal polarity. And the modulation can reduce harmonics of output pulse to about half with compensating signal delay. Moreover, the proposed amplifier can reduce signal distortion occurred after PWM stage. In measured results, the proposed amplifier was able to decrease fundamental and odd harmonics in output pulse by 41.4dB or more. Moreover, the proposed amplifier was able to decrease the second harmonic distortion by 16.3dB. Therefore, THD of proposed amplifier was reduced to half or less in large output signal.
  • Study on Improvement of Luminous efficacy in pulse driven LED  [Not invited]
    佐野 勇司; Takahiro Arai; Yuta Nakaya; Yuki Fukai; Takuya Igarashi
    SID(Society for Information Display)'12 P-69  2012/06 
    Luminous efficacy of pulse driven LED in beginning of light emission was improved by reducing discharge of diffusion capacitance in the LED. The luminous efficacy was improved to 360 ~ 421% in RGBW color LEDs respectively with increased emission and reduced power consumption.
  • Study on Improvement of Visual abilities by Watching Stereoscopic image  [Not invited]
    佐野 勇司; Yuki Fukai; Keita Okuyama; Takahirio Arai; Takuya Igarashi
    SID(Soiety for Information Display)'12 P-30  2012/06 
    We measured improvement of five visual abilities by watching stereoscopic image. Kinetic visual acuity and depth perception were improved by 3.06% and 1.95% respectively compared with un-observing. In eye movement and near point distance, there is not nearly change. However, peripheral vision declined by 3.49%.
  • パルス極性変調方式D級アンプの歪み特性に関する研究  [Not invited]
    佐野 勇司; 小峰直樹; 五十嵐拓也
    電気学会 電子回路研究会  2012/03 
    優秀論文発表賞受賞者記念講演
  • RGB色LED照明による視力の向上に関する研究  [Not invited]
    佐野 勇司; 李太花; 松浦和輝; 小峰直樹; 深井佑希; 新井貴大; 五十嵐拓也
    電子情報通信学会 総合大会  2012/03 
    RGB色LED照明を用いることにより,白熱灯と蛍光灯,LED電球に対して,電球色と昼白色,昼光色の各照明色において視力が4.5%から11.1%向上することを実験確認した.RGB色LED照明の照明光が網膜上の各色の錐体を効率的に刺激することによって視力が向上したと考えられる.
  • RGB色LED照明による視力の向上に関する研究  [Not invited]
    佐野 勇司; 李太花
    平成23年度工業技術研究所講演会  2012/02
  • パルス駆動におけるLEDの駆動効率の向上に関する研究  [Not invited]
    佐野 勇司; 新井貴大
    平成23年度工業技術研究所講演会  2012/02
  • パルス極性変調方式D級アンプの歪みに関する研究  [Not invited]
    佐野 勇司; 小峰直樹; 五十嵐拓也
    平成23年度工業技術研究所講演会  2012/02
  • 立体映像の観視による視覚能力の向上に関する研究  [Not invited]
    佐野 勇司; 深井佑希
    平成23年度工業技術研究所講演会  2012/02
  • パルス極性変調方式D級アンプの電力効率に関する研究  [Not invited]
    佐野 勇司; 五十嵐拓也; 小峰直樹
    平成23年度工業技術研究所講演会  2012/02
  • パルス極性変調方式D級アンプの電力効率に関する研究  [Not invited]
    佐野 勇司; 五十嵐拓也; 小峰直樹; 李太花; 深井佑希; 新井貴大; 関口大介
    電気学会 電子回路研究会  2012/01 
    The pulse polarity modulation method class D amplifier can improve power efficiency. Because input differential pulse to its output low pass filter can be set to 0V at time of non-signal and output pulse amplitude voltage is halved in proposal method. As a result of measurement, supplied power was reduce to 72% and power efficiency was increased by 4.7% in the maximum output.
  • 低歪・低ノイズ・低消費電力を実現したスイッチングアンプ  [Not invited]
    佐野 勇司
    アカデミック・シーズ展2011  2011/11 
    薄型テレビや携帯オーディオ機器などに搭載されるオーディオアンプには小形低コストなスイッチングアンプ(D級アンプ)が用いられるようになりました。しかし、高周波雑音抑制部品の搭載に伴うコストと小形化への制約が生じています。また、信号のパルス変換に伴う歪の発生も課題となっています。本研究で開発されたアンプを用いることにより、これらの課題を解決することができます。
  • 老眼による見えを改善できるLED照明  [Not invited]
    佐野 勇司
    アカデミック・シーズ展2011  2011/11 
    高齢化社会の到来に伴い老眼などの視覚の衰えによる物の見え方の劣化を改善できる照明の開発が望まれています。本研究によるRGB(赤緑青)色LED(発光ダイオード)を用いた照明を用いることにより、老眼により長くなったピントの合う視距離を短縮することができます。
  • Study on improvement of quantity of light emitted from LED by pulse driving  [Not invited]
    佐野 勇司; Takahiro Arai; Naoki Komine; Li Taihua; Yuki Fukai; Takuya Igarashi
    第4回中日韓照明カンファレンス, The 4th CJK Lighting Conference  2011/09 
    Improving luminous efficiency of LED is expected for global warming countermeasures. In this paper, light emission characteristics and charging power for diffusion capacitance of LED driven by pulse current have been analyzed to improve the luminous efficiency. From experimental results, it was found that LED consumed electric power without emitting light in charging its diffusion capacitance. Therefore, the power consumption can be reduced by passing pulse current through the LED while electrical charge is left in discharge of the diffusion capacitance. Moreover, the emitted light also increased because the pulse current could efficiently use for the carrier recombination without loss in light emission. In conventional pulse driving, diffusion capacitance of LED is discharged to zero volts pulse current follows each time. The improvement of luminous efficiency is expected by decreasing discharged voltage of the diffusion capacitance. As a result of experiment, the loss in lighting of LED had reduced by driven without charging its diffusion capacitance as following. The loss in light emission were reduced 10.2% in red LED, 6.2% in green LED, 5.3% in blue LED and 7.9% in white LE
  • RGB Color LED Lighting Improvable Eyesight Damage Caused by Presbyopia  [Not invited]
    佐野 勇司; Taihua Li; Naoki Komine; Yuki Fukai; Takuya Igarashi; Takahiro Arai
    第4回中日韓照明カンファレンス, The 4th CJK Lighting Conference  2011/09 
    We showed RGB color LED lighting is effective in shortening near point distance, which is increased by advance of presbyopia, in experiment results. We reproduced light, which has the same illuminance and chromaticity as from conventional lighting, using RGB color LED lighting. Near point distance which is the shortest visible distance in adjusting focus on object, was measured in a dark room. The experiment was carried out by 20 subjects, of men and women whose age range is from 20 to 70. The RGB color LED lighting was composed of red LED (wavelength:660nm), green LED (wavelength:527nm) and blue LED (wavelength:465nm), and 400 pieces of LEDs were arranged respectively. Average near point distances of 20 subjects in using the RGB color LED lighting were shortened by 12.2% to natural white fluorescent lamp, by 11.6% to incandescent LED lamp, by 9.7% to incandescent lamp, by 6.13% to natural white LED lamp and by 5.44% to daylight fluorescent lamp respectively. Moreover, we analyzed what shortened the near point distance. It is thought as cause that RGB lights from each color LED excited cones which have sensitivity for red , green and blue colors in retina effectively.
  • Effect on visual abilities by watching stereoscopic image.  [Not invited]
    佐野 勇司; Yuki Fukai; Koichi Arata; Naoki Komine; Li Taifua; Takahiro Arai; Takuya Igarashi
    International Display Research Conference (IDRC 31), EuroDisplay 2011  2011/09 
    We measured effect on five visual abilities by watching stereoscopic image. Depth perception and peripheral vision were improved by 4.9%, 1.2% respectively compared with un-observing. However measured eye movement was declined by 2.3%. Then dynamic visual acuity did not nearly change.
  • 老視による見え方を改善するRGB色発光を用いた照明  [Invited]
    佐野 勇司
    第10回OLEDヤマガタ研修会  2011/08  Public discourse 
    RGB色発光を備えたLED照明と有機EL照明のどちらを用いることによっても、老視によって伸びてしまった近点距離を短縮できる可能性がある。このことを1時間の招待講演により説明。
  • パルス極性変調方式D級アンプの歪み特性に関する研究  [Not invited]
    佐野 勇司; 小峰直樹; 五十嵐拓也; 李太花; 深井佑希; 新井貴大
    電気学会 電子回路研究会  2011/03 
    The pulse polarity modulation method class D amplifier can counterbalance even harmonic distortion in PWM . The proposed class D amplifier can decrease the second harmonic distortion by 16.3 dB of conventional method . Moreover , THD was reduced by half in the output 1W or more .
  • 3Dディスプレイを用いたリアルタイムな局所立体視手法の提案とその試作  [Not invited]
    佐野 勇司; 持田光将; 深井祐希; 伊藤永悟; 藤田光治; 藤本 貴之
    情報処理学会 ヒューマンコンピュータインタラクション研究会  2011/03
  • 視覚特性を利用したLEDの駆動効率向上に関する研究  [Not invited]
    佐野 勇司; 新井貴大; 小峰直樹; 李太花; 深井佑希; 五十嵐拓也
    電子情報通信学会 総合大会  2011/03
  • パルス極性変調方式D級アンプの歪み特性に関する研究  [Not invited]
    佐野 勇司; 五十嵐拓也; 小峰直樹; 李太花; 深井佑希; 新井貴大
    電子情報通信学会 総合大会  2011/03
  • 立体映像による視覚への影響に関する研究  [Not invited]
    佐野 勇司; 深井佑希; 荒田浩一
    電気学会 東京支部埼玉支所研究発表会  2011/03
  • 低ノイズと低歪を実現したスイッチングアンプ  [Invited]
    佐野 勇司
    産学連携プラザ2011(東京都中小企業振興公社主催)  2011/03
  • パルス極性変調方式D級アンプのノイズ低減に関する研究  [Not invited]
    佐野 勇司; 小峰直樹; 五十嵐拓也; 李太花; 深井佑希; 新井貴大
    平成22年度工業技術研究所講演会  2011/02
  • RGB色LED照明により改善する老視の見えに関する研究  [Not invited]
    佐野 勇司; 李太花; 小峰直樹; 深井佑希; 新井貴大; 五十嵐拓也
    平成22年度工業技術研究所講演会  2011/02
  • パルス極性変調方式D級アンプの歪み特性に関する研究  [Not invited]
    佐野 勇司; 五十嵐拓也; 小峰直樹; 李太花; 深井佑希; 新井貴大
    平成22年度工業技術研究所講演会  2011/02
  • 視覚特性を利用したLEDの駆動効率向上に関する研究  [Not invited]
    佐野 勇司; 新井貴大; 小峰直樹; 李太花; 深井佑希; 五十嵐拓也
    平成22年度工業技術研究所講演会  2011/02
  • ディスプレイの視野角測定に適した映像パラメータに関する研究  [Not invited]
    佐野 勇司; 深井佑希; 荒田浩一; 小峰直樹; 李太花; 新井貴大; 五十嵐拓也
    平成22年度工業技術研究所講演会  2011/02
  • Measuring Method of Viewing Angle Range using Color Difference.  [Not invited]
    佐野 勇司; Y.Fukai; K.Arata; N.Komine; T.Li; T.Arai; T.Igarashi
    IDW(International Display Workshop)'10 VHFp-4  2010/12 
    We propose measuring method of viewing angle range using color difference. As a result of evaluation of image quality factors such as maximum luminance, gamma value and others as well as conventional contrast ratio, correlation of the color difference with subjective evaluation turned out to be the highest.
  • 低歪・低ノイズ・低消費電力を実現したスイッチングアンプ  [Not invited]
    佐野 勇司
    アカデミック・シーズ展2010  2010/11
  • 老眼による見えを改善できるLED照明  [Not invited]
    佐野 勇司
    アカデミック・シーズ展2010  2010/11
  • 低歪・低ノイズ・低消費電力を実現したスイッチングアンプ  [Invited]
    佐野 勇司
    東洋大学 新技術説明会  2010/10  Public discourse 
    携帯機器などの低電力回路に多用されるD級アンプにおいて、小信号回路部の一部を構成変更するだけで信号歪を低減すると共に、出力パルス振幅と高周波ノイズを半減して小形低コスト化が可能となる回路構成を提案した。
  • RGB色LEDを用いた照明による老視改善に関する研究  [Not invited]
    佐野 勇司; 李太花; 深井佑希; 小峰直樹
    照明学会 全国大会  2010/09 
    赤青緑色のLEDを用いた照明を用いることにより、老眼の進行に伴い伸びる近点距離を短縮できることを見出し、その要因を解析した。
  • パルス極性変調方式D級アンプの開発  [Not invited]
    佐野 勇司; 小峰直樹; 城間朝基; 深井佑希; 李太花
    電気学会 電子回路研究会  2010/03
  • 均等色空間の色差を用いたディスプレイの視野角特性の測定方法に関する研究  [Not invited]
    佐野 勇司; 深井佑希; 李太花; 小峰直樹
    電子情報通信学会 総合大会  2010/03
  • パルス極性変調方式D級アンプのノイズ低減に関する研究  [Not invited]
    佐野 勇司; 城間朝基; 小峰直樹
    電子情報通信学会 総合大会  2010/03
  • パルス極性変調方式D級アンプの開発  [Not invited]
    佐野 勇司; 城間朝基; 小峰直樹
    平成21年度工業技術研究所講演会  2010/02
  • 断熱充電によるPDP駆動回路の消費電力低減に関する研究  [Not invited]
    佐野 勇司; 林一裕; 陳偉峯
    平成21年度工業技術研究所講演会  2010/02
  • 均等色空間の色差を用いたディスプレイの視野角特性の測定方法  [Not invited]
    佐野 勇司; 深井佑記希; 横山裕和
    平成21年度工業技術研究所講演会  2010/02
  • Analysis of Power Reduction Effect in applying Adiabatic Charge Circuit to PDP Driver Circuit  [Not invited]
    佐野 勇司; Wei-Feng Chen
    IDW( International Display Workshops ) ’09 PDPp-8  2009/12 
    Proposed pseudo adiabatic charge circuits can reduce power consumption to about 0.9 of conventional circuit. We analyzed the power consumption caused by both resistance loss and discharge loss of parasitic capacitance.
  • 低消費電力パルス発生回路  [Not invited]
    佐野 勇司
    アカデミック・シーズ展2009  2009/12 
    従来回路にインダクタンスを含む断熱共振回路を加えるのみで、電源供給電力を劇的に低減できると共に、出力電流ピークを最小限に抑えて回路消費電力を最小限に低減できるパルス発生回路。
  • 低ノイズ・スイッチングアンプ  [Not invited]
    佐野 勇司
    アカデミック・シーズ展2009  2009/12 
    ノイズを半減しアンプの小形低コスト化を可能とするD級アンプを開発した。
  • 断熱充電方式によるPDP駆動回路の消費電力の低減  [Not invited]
    佐野 勇司
    第52回プラズマディスプレイ技術討論会  2009/11 
    新方式である断熱充電方式を適用した駆動回路を開発し、その消費電力を解析した。
  • 断熱充電方式によるPDP駆動回路の消費電力低減  [Invited]
    佐野 勇司
    第52回PDP技術討論会  2009/11  Public discourse
  • Power Reduction using Adiabatic Charge Method  [Not invited]
    佐野 勇司; Wei-Feng Chen; Hirokazu Nakamura
    SID(Soiety for Information Display)'09 P-91  2009/06
  • 断熱充電方式によるPDP 駆動回路の消費電力低減に関する研究  [Not invited]
    佐野 勇司; 陳偉峯
    電気学会 電子回路研究会  2009/03
  • 高効率PWM方式小型AM変調回路に関する研究  [Not invited]
    佐野 勇司; 今野優
    電子情報通信学会 総合大会  2009/03
  • 断熱充電によるPDP駆動回路の消費電力低減に関する研究  [Not invited]
    佐野 勇司; 仲村浩和; 陳偉峯
    電子情報通信学会 総合大会  2009/03
  • LEDのパルス駆動における視覚特性に関する研究  [Not invited]
    佐野 勇司; 荘幸太
    電気学会 東京支部埼玉支所研究発表会  2009/03
  • べき乗変換回路の精度向上に関する研究  [Not invited]
    佐野 勇司; 陳偉峯
    電子情報通信学会 総合大会  2008/03
  • パルス極性変調方式D級アンプの開発  [Not invited]
    佐野 勇司; 小島雄規
    電子情報通信学会 総合大会  2008/03
  • パルス極性変調方式D級アンプの開発  [Not invited]
    佐野 勇司; 小島雄規
    電気学会 東京支部埼玉支所研究発表会  2008/03
  • フラットパネルディスプレイ内における差動多値信号を用いた高速信号伝送に関する研究  [Not invited]
    佐野 勇司; 古屋亮
    電気学会 電子回路研究会  2008/02
  • フラットパネルディスプレイ内における差動多値信号を用いた高速信号伝送に関する研究  [Not invited]
    佐野 勇司; 古屋亮
    電気学会 全国大会  2007/03
  • 出力の負荷依存性を抑えてノイズを低減した容量性負荷駆動回路に関する研究  [Not invited]
    佐野 勇司; 玉津悟
    電気学会 全国大会  2007/03
  • プラズマディスプレイ用アドレス駆動回路における消費電力低減方式  [Not invited]
    佐野 勇司
    東洋大学工業技術研究所報告  2006/02
  • Power reduction methods for PDP Address driver circuit  [Not invited]
    佐野 勇司; 杉本泰博; 河田外與志
    ASID( Asian Symposium on Information Display ) ’03, 6.1.2-92  2004/02
  • Reduction of Power Consumption in Address Driver ICs for PDP by Power Distributing Method  [Not invited]
    佐野 勇司; 河田外與志; 高木彰浩
    SID( Society for Information Display ) ’01,49.2  2001/06
  • カラープラズマディスプレイモジュールの測定法の標準化  [Invited]
    佐野 勇司
    第24回プラズマディスプレイ技術討論会  2000  Public discourse
  • PDPの現状と課題  [Invited]
    佐野 勇司
    PDP開発協議会 第3回周辺技術交流会  1998  Public discourse
  • Surge Current Analysis of Abnormal Discharge and a Protection Technique for Driver ICs in PDPs  [Not invited]
    佐野 勇司; 大沢通孝; 岡田義憲
    IDW( International Display Workshops ) ’97 PDP1-4  1997/11

MISC

Industrial Property Rights

  • 特許6583905:熱電素子駆動装置    2019/09/13
    佐野 勇司  東洋大学
  • 特許6288814:発光素子駆動装置    2018/02/16
    佐野勇司  東洋大学
  • 特開2019-134357:収音再生装置  
    佐野 勇司  東洋大学
  • 特開2019-132760:熱特性測定方法及びその装置  
    佐野 勇司  東洋大学
  • 特開2017-50435:Organic electroluminescence apparatus  2017/03/09
    Yuji Sano  Toyo University
  • 特許6029053:半導体発光装置  
    佐野勇司  東洋大学
  • 特許6011961:照明  
    佐野勇司  東洋大学
  • 特許6011961:照明装置    2016/09
    佐野勇司  東洋大学
  • 特許5733838:D級増幅器    2015/04
    佐野勇司  東洋大学
  • 特許5660484:照明装置    2014/12
    佐野 勇司  東洋大学
  • 特許5636729:太陽電池装置    2014/10
    佐野勇司  東洋大学
  • 特許5594804:表示装置    2014/08
    佐野勇司, 古屋亮  東洋大学
  • 特許5283060:増幅器    2013/06
    佐野勇司  東洋大学
  • 実用新案第3180880号:太陽光発電装置    2012/12
    佐野勇司  東洋大学
  • 国際PCT/JP2010/067454:信号線駆動回路  2010年/10/05
    佐野勇司  東洋大学
  • 再表WO2011/046044:SIGNAL LINE DRIVING CIRCUIT  
    佐野勇司  Toyo University
  • 特開2010-249981:容量性負荷駆動回路および表示装置  
    佐野勇司  東洋大学
  • 特開2010-246070:変調装置  2009年/04/10
    佐野勇司  東洋大学

Awards & Honors

  • 電気学会 優秀論文発表賞(1993.3)
     
    受賞者: 佐野 勇司
  • 発明協会 発明奨励賞受賞(2001.10)
     
    受賞者: 佐野 勇司

Research Grants & Projects

  • 有機EL照明による視覚能力の向上
    有機EL照明
    Date (from‐to) : 2011 -2013 
    Author : 佐野 勇司
  • 無機EL装置の高性能化
    無機EL装置の開発
    Date (from‐to) : 2013 
    Author : 佐野 勇司
  • 川越キャンパス内外の地下水の現況-量、動き、放射能を考える-
    その他/2011年理工学部長施策研究費
    Date (from‐to) : 2011 -2011
  • さらなる”ホタルの飛び交うキャンパスづくり”
    その他/2010年理工学部長施策研究費
    Date (from‐to) : 2010 -2010
  • 電子ディスプレイ
    その他の研究制度
    Date (from‐to) : 2005
  • アナログ電子回路
    その他の研究制度
    Date (from‐to) : 2005
  • electronic display
    The Other Research Programs
    Date (from‐to) : 2005
  • analog electronic circuit
    The Other Research Programs
    Date (from‐to) : 2005