詳細検索はこちら
※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

川久保 篤志カワクボ アツシ

所属・担当
企業法学科
職名教授
メールアドレス
ホームページURL
生年月日
Last Updated :2017/12/09

研究者基本情報

学歴

  •  - 1998年, 岡山大学大学院, 文化科学研究科, 産業社会文化学
  •  - 1989年, 岡山大学, 文学部, 史学科

学位

  • 博士(文学), 広島大学

所属学協会

  • 経済地理学会
  • 人文地理学会
  • 日本地理学会
  • 地域地理科学会
  • 地理科学学会

委員歴

  •   2016年 - 現在, 日本地理学会, 代議員
  •   2014年 - 現在, 経済地理学会, 評議員
  •   2013年 - 現在, 島根地理学会, 理事
  •   2010年 - 現在, 経済地理学会, 編集委員
  •   1998年 - 現在, 地域地理科学会, 幹事

経歴

  •   2012年04月 - 現在, 東洋大学法学部, 教授
  •   1999年, 島根大学法文学部准教授・教授
  •   1989年, 岡山県公立高等学校教諭

研究活動情報

研究分野

  • 地理学, 地理学

研究キーワード

    地理学, 農業, 畜産業, 農産物貿易, 山村

論文

  • 1990年代以降の米国カリフォルニア州の稲作の変化―日本の米輸入とジャポニカ米需要の高まりに絡めて―, 川久保 篤志, 地理学評論, 90, (6) 607 - 624,   2017年11月
  • 米消費減退・輸入圧力下における非主食用米の増産と将来展望―米加工業者の原料調達と製品化に注目して―, 川久保 篤志, 島根地理学会誌, (50) 23 - 38,   2017年10月
  • 農業・農村と地方圏の未来, 川久保 篤志, 地理科学, 71, (3) 107 - 117,   2016年09月
  • TPP大筋合意と日本の稲作-輸入米と非主食用米の需給に絡めて-, 川久保 篤志, 東洋法学, 60, (1) 31 - 61,   2016年07月
  • 市場開放後の果樹産地の再編と産地戦略, 川久保 篤志, 経済地理学年報, 61, (1) 20 - 36,   2015年03月
  • 牛肉輸入圧力下の肉用牛産地の存立構造と将来展望-輸入自由化以降の北海道十勝地方を事例に-, 川久保 篤志, 人文地理, 66, (3) 1 - 22,   2014年06月
  • 山間地域における果樹・加工品開発と地域存続力の構築, 川久保 篤志, 東洋法学, 57, (2) 33 - 64,   2014年01月
  • 1990年代以降の豪州における肉用牛・牛肉生産の立地変動-日本の牛肉輸入自由化に絡めて-, 川久保 篤志, 経済地理学年報, 59, (3) 42 - 59,   2013年09月
  • 島根原発の立地と電源3法交付金による地域振興事業の効果, 川久保 篤志, 経済科学論集(島根大学法文学部), (39) 73 - 97,   2013年03月
  • 鳥取県大山町における農牧業と観光業を柱とした地域振興策の展開, 川久保 篤志, 島根地理学会誌, (46) 25 - 39,   2012年03月
  • 宮崎県日南市南郷町における和牛繁殖経営の大規模化と今後の振興課題, 川久保 篤志, 地域地理研究, 17, (1) 1 - 18,   2011年06月
  • 戦後の日米間における柑橘貿易の展開と両国産地に及ぼした影響, 川久保 篤志, 社会文化論集(島根大学法文学部), (7) 95 - 119,   2011年03月
  • 宮崎県高千穂町における肉用牛産地の成長と持続的発展への課題-2000年代初頭の和牛価格高騰期に注目して-, 川久保 篤志, 地理科学, 65, (2) 24 - 45,   2010年04月
  • 1990年代以降のアメリカ合衆国カリフォルニア州における柑橘産地の変貌-日本のオレンジ輸入自由化と絡めて-, 川久保 篤志, 人文地理, 60, (2) 57 - 76,   2008年04月
  • 食の安心・安全問題と国産レモン生産の回復, 川久保 篤志, 経済科学論集(島根大学法文学部), (34) 77 - 100,   2008年03月
  • 熊本市河内町におけるミカン産地の維持とその要因-集出荷業者の果たしてきた役割に注目して-, 川久保篤志, 地理学評論, 79, (9) 455 - 480,   2006年
  • わが国における輸入自由化以後の生鮮オレンジ流通の変化, 川久保篤志, 経済科学論集(島根大学法文学部), 32, 143 - 181,   2006年
  • 戦後の高度経済成長期以降の中山間地域の変貌-肉用牛飼養と企業誘致の動向に焦点を当てて-, 川久保篤志, 科研報告書『中山間地における地域形成とその歴史的特性に関する総合研究』, 83 - 112,   2006年
  • わが国における輸出向けミカン生産の現状と拡大への課題, 川久保篤志, 経済科学論集(島根大学法文学部), 31, 101 - 126,   2005年
  • 青果物の卸売市場流通の現状と系統外出荷組織の役割―北海道・東北地方のミカン流通を事例に―, 川久保篤志, 経済科学論集(島根大学法学部紀要社会システム学科篇), (30) 101 - 128,   2004年
  • 過疎山村における和牛繁殖経営の役割と展望―島根県邑智郡瑞穂町を事例に―, 川久保篤志, 島根地理学会誌, (38) 41 - 50,   2004年
  • 戦後わが国における政策主導型みかん産地の崩壊とその要因-大分県東国東郡国東町を事例に-, 川久保篤志, 経済地理学年報, 46, (3) 22 - 41,   2000年
  • ハウスみかん栽培の発展とその意義-愛知県蒲郡市を事例に-, 川久保篤志, 人文地理, 51, (2) 1 - 23,   1999年
  • 伊予柑への品種転換による柑橘産地の維持とその要因-愛媛県温泉郡中島町を事例に-, 川久保篤志, 地域地理研究, 4, 1 - 19,   1999年
  • プロサッカーチームの誘致と地域振興-静岡県磐田市を事例に-, 川久保篤志, 新地理, 46, (3) 28 - 39,   1998年
  • オレンジ果汁輸入自由化による産地の変貌-愛媛県周桑郡丹原町を事例に-, 川久保篤志, 人文地理, 48, (1) 28 - 47,   1996年
  • 瀬戸大橋開通と中四国地方における物流拠点の再編-岡山県総合流通センターを事例に-, 川久保篤志, 新地理, 44, (2) 17 - 28,   1996年
  • 市場構造の変貌とみかん産地の盛衰, 川久保篤志, 経済地理学年報, 39, (4) 1 - 20,   1993年
  • 玉野市のリゾート開発とその諸問題, 川久保篤志, 岡山県立玉野高等学校研究紀要, (29) 57 - 84,   1992年

書籍等出版物

  • 食の安全志向と国産レモン生産の復活
    共著『グローバル化に対抗する農林水産業』農林統計出版  2010年
  • 戦後日本における柑橘産地の展開と再編
    農林統計協会  2007年
  • 主産地の変動~果樹・野菜・工芸作物~
    共著『経済地理学の成果と課題』大明堂  2003年
  • 過疎山村における耕作放棄地の再生
    共著『国際化と地域』大明堂  2001年
  • オレンジ果汁自由化による農協系果汁工場の地域的再編成
    共著『国際化と地域経済』古今書院  1997年

講演・口頭発表等

  • 瀬戸内島嶼部におけるレモンを柱とした農業の6次産業化と地域振興, 川久保 篤志, 地域地理科学会大会,   2017年06月24日
  • 米国・カリフォルニア州における稲作の地域的特徴と近年の動向-TPP大筋合意と対日輸出に絡めて-, 川久保 篤志, 人文地理学会大会,   2016年11月13日
  • 長野県における新規就農支援事業の成果と課題, 川久保 篤志, 地域地理科学会大会,   2016年06月26日
  • 対日輸出の拡大をめざす米国・カリフォルニア州の米生産の動向, 川久保 篤志, 人文地理学会大会,   2015年11月15日
  • 農業・農村と地方圏の未来, 川久保 篤志, 地理科学学会秋季学術大会,   2015年11月01日
  • ミニマムアクセス制度下の日本のコメ輸入と国内流通の実態, 川久保 篤志, 人文地理学会大会,   2014年11月09日
  • 鳥取県大山町における食と観光を柱とした地域振興策の展開, 川久保 篤志, 日本地理学会春季学術大会,   2014年03月27日
  • TPPと日本農業-牛肉・オレンジ自由化の検証とコメ産地の展望-, 川久保 篤志, 地域地理科学会大会,   2013年06月30日
  • 原子力発電所の立地と原発交付金による地域振興事業-島根県松江市を事例に-, 川久保 篤志, 日本地理学会春季学術大会,   2013年03月30日
  • 山間地域における近年の果樹作の振興と地域存続力, 川久保 篤志, 経済地理学会関東支部例会,   2012年12月15日

受賞

  •   1998年, 地域地理科学会賞

競争的資金

  • TPP・コメ輸入圧力下における日本の稲作と農山村の再編方向に関する地理学的研究, 科学研究費 基盤研究(C)(一般), 川久保 篤志
  • 日本山村の地域存続力に関する研究-新たな山村像の構築を目指して-, 科学研究費 基盤研究(C)(一般), 中川秀一(明治大学商学部), 島根地理学会誌46 (pp.25-39) 東洋法学57-2(pp.33-64)
  • 北海道十勝地方における肉用牛産地の成長と振興課題-グローバル経済下における「周辺地域」自立の観点から-, 福武学術文化振興財団, 歴史学・地理学助成, 川久保 篤志, 人文地理66-3(pp.1-22)
  • グローバル経済下におけるわが国周辺地域の肉用牛生産の成長と自立, 科学研究費 基盤研究(C)(一般), 川久保篤志, 地理科学65-2 (pp.24-45) 地域地理研究17-1 (pp.1-18) 人文地理66-3(pp.1-22)
  • 第3次フードレジーム下の対日農産物・食料輸出の展開と当事国農業・流通への影響, 科学研究費 基盤研究(B)(一般), 荒木一視(山口大学), 経済地理学年報59-3 (pp.310-327)
  • 日本・米国双方からみた農産物市場開放の産地への影響-90年代のオレンジを事例に-, 科学研究費 若手研究(B), 川久保篤志, 人文地理60-2 (pp.57-76) 社会文化論集(島根大学法文学部)7 (pp.95-119)