詳細検索はこちら
※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

高橋 豊美タカハシ トヨミ

所属・担当
法律学科
職名教授
メールアドレス
ホームページURLhttp://edu.tkhsh.net
生年月日
Last Updated :2017/07/19

研究者基本情報

学歴

  •  - 1993年, ロンドン大学ユニヴァーシティ・コレッジ・ロンドン校 (University College London, University of London), 音声言語学科 (Department of Phonetics and Linguistics), 言語学 (Linguistics)
  •  - 1991年, ロンドン大学ユニヴァーシティ・コレッジ・ロンドン校 (University College London, University Of London), 音声言語学科 (Department of Phonetics and Linguistics), 音声学 (Phonetics)
  •  - 1988年, 立教大学, 文学部, 英米文学科

学位

  • 言語学博士 (PhD in Linguistics), ロンドン大学ユニバーシティ・コレッジ・ロンドン校 (英国) (University College London, University of London) (United Kingdom)
  • 音声学修士 (MA in Phonetics), ロンドン大学ユニヴァーシティ・コレッジ・ロンドン校 (英国) (University College London, University of London) (United Kingdom)

所属学協会

  • Linguistic Association in Great Britain
  • 日本音韻論学会

研究活動情報

研究分野

  • 言語学, 言語学
  • 言語学, 日本語学
  • 言語学, 英語学
  • 言語学, 外国語教育

研究キーワード

    音韻論, 音声学

論文

  • Identity avoidance in the onset, TAKAHASHI Toyomi, Nasukawa, Kuniya & Henk van Riemsdijk (Eds.) Identity Relations in Grammar. Boston/Berlin: De Gruyter Mouton, 101 - 120,   2014年
  • Unique Path, 高橋豊美, 音韻研究 2008, (11) 3 - 10,   2008年
  • Syllable Theory without syllables., Takahashi, Toyomi, Ph.D. dissertation, University College London, University of London,   2004年
  • Constraint interaction in Aranda stress., Takahashi, Toyom, Hannahs, S. J. & Mike Devenport (eds.) Issues in Phonological Structure. Amsterdam/Philadelphia: John Benjamins, 151 - 181,   1999年
  • Element activation., Backley, Phillip & Toyomi Takahashi, Cyran, Eugeniusz (ed.) Structure and Interpretation: Studies in Phonology. Poland: Wydawnictwo Lublin, 13 - 40,   1998年
  • Activate alpha: harmony without spreading., Backley, Phillip & Toyomi Takahashi, UCL Working Papers in Linguistics, 8, 487 - 518,   1996年
  • 文法におけるカテゴリー:英語を「言語」として学習させるための指導を考える., 那須川訓也、高橋豊美, IRICE PLAZA, 6, 182 - 189,   1996年
  • Revised syllabification principles for the Longman Pronunciation Dictionary., Takahashi, Toyomi, 文化情報学, 3, 57 - 65,   1996年
  • 最新の音韻論の動向., 高橋豊美, IRICE PLAZA, 5, 125 - 141,   1995年
  • Aspects of the theory of phonological licensing and elements (1)., Takahashi, Toyomi, 文化情報学, 1, 49 - 63,   1995年
  • Aspects of the theory of phonological licensing and elements (2)., Takahashi, Toyomi, 文化情報学, 2, 9 - 27,   1995年
  • Constraint interaction in Aranda stress, Takahashi, Toyomi, UCL Working Papers in Linguistics, 6, 479 - 507,   1994年
  • An alternative view of the syllable and the notion of weak segments., Takahashi, Toyomi, MA dissertation, University College London, University of London.,   1993年
  • A farewell to constituency., Takahashi, Toyomi, UCL Working Papers in Linguistics, 5, 385 - 410,   1993年
  • A single-tone representation of intonation., Cabrera-Abreu, Mercedes & Toyomi Takahashi, Speech Hearing and Language: work in progress, 7, 55 - 62,   1993年

MISC

  • 日本語母語話者が学ぶ英語音声のしくみ, 高橋 豊美, 東北学院大学論集, 101,   2017年03月, 招待有り
  • Syllabification in Lexical Representation., Toyomi Takahashi, 音韻研究 2007. , (10) 105 - 112,   2007年
  • The phonological representation of accentual focus in some English and Spanish utterances., Cabrera-Abreu, Mercedes, Maria Luisa Garcia-Lecumberri, John Maidment & Toyomi Takahashi, The proceedings of International Congress of Phonetic Science 1999,   1999年
  • インターネットを利用した英語学習支援システム., 高橋豊美, 『インターネット利用に関する基礎的研究』駿河台大学共同研究報告書,   1998年

書籍等出版物

  • 最新英語学・言語学用語辞典
    高橋 豊美
    共編者音韻論開拓社  2015年11月
  • 音韻理論ハンドブック
    高橋 豊美
    分担執筆第9章 弁別素性理論英宝社  2005年07月

講演・口頭発表等

  • 日本語母語話者が学ぶ英語音声のしくみとは, 高橋 豊美, 大学で学ぶ英語(平成28年度東北学院大学文学部英文学科公開講義),   2016年11月19日, 招待有り
  • Recursion in non-nuclear positions, 高橋 豊美, Workshop: Recursion in Phonology,   2016年09月01日
  • Contrastive phonetics of Japanese and English., 高橋 豊美, UCL Summer Course in English Phonetics,   2016年08月23日, 招待有り
  • Identity avoidance in the onset and possibly beyond, 高橋 豊美, Restrictive Phonology Research Group 講演会 2016,   2016年01月27日
  • Contrastive phonetics of Japanese and English., 高橋 豊美, UCL Summer Course in English Phonetics,   2015年08月25日
  • Contrastive phonetics of Japanese and English., 高橋 豊美, UCL Summer Course in English Phonetics,   2014年08月15日, 招待有り
  • Contrastive phonetics of Japanese and English., 高橋 豊美, UCL Summer Course in English Phonetics,   2013年08月16日, 招待有り
  • Contrastive phonetics of Japanese and English., 高橋 豊美, UCL Summer Course in English Phonetics,   2012年08月22日
  • Contrastive phonetics of Japanese and English., 高橋 豊美, UCL Summer Course in English Phonetics,   2011年08月10日
  • Contrastive phonetics of Japanese and English., 高橋 豊美, UCL Summer Course in English Phonetics,   2010年08月18日, 招待有り
  • Contrastive phonetics of Japanese and English., 高橋 豊美, UCL Summer Course in English Phonetics,   2009年08月19日, 招待有り
  • Huasteco stress revisited, 高橋 豊美, Phonology Forum 2008,   2008年08月26日
  • Contrastive phonetics of Japanese and English., 高橋 豊美, UCL Summer Course in English Phonetics,   2008年08月20日, 招待有り
  • 'Minimal' template satisfaction: A prosodic analysis of 'initial gemination', 高橋 豊美, CUNY Conference on Syllable (CUNY Phonology Forum),   2008年
  • Contrastive phonetics of Japanese and English., 高橋 豊美, UCL Summer Course in English Phonetics,   2007年
  • Unique Path, 高橋 豊美, Phonology Forum 2007,   2007年
  • Optimal tone bearing units in Japanese., 高橋 豊美, Workshop: Strength Relations in Phonology,   2006年
  • Syllabification in Lexical Representation, 高橋 豊美, Phonology Forum 2006,   2006年, 招待有り
  • 通じる!聞き取れる!英語発音・聞き取りのコツ, 高橋 豊美, 駿河台大学公開講座「楽しく学ぶ英語」,   2006年
  • 英語発音指導のヒント., 高橋 豊美, 第3回英語教育の「なんでだろう?」座談会,   2006年, 招待有り
  • Contrastive phonetics of Japanese and English., 高橋 豊美, UCL Summer Course in English Phonetics,   2006年, 招待有り
  • パーソナル・コンピュータを英語学習に役立てる., 高橋 豊美, 東北学院大学オーディオ・ヴィジュアルセンター公開学術講演会,   2006年
  • 通じる!聞き取れる!英語発音・聞き取りのコツ, 高橋 豊美, 駿河台大学公開講座「楽しく学ぶ英語」,   2005年
  • Contrastive phonetics of Japanese and English., 高橋 豊美, UCL Summer Course in English Phonetics,   2005年, 招待有り
  • Contrastive phonetics of Japanese and English., 高橋 豊美, UCL Summer Course in English Phonetics,   2004年, 招待有り
  • Contrastive phonetics of Japanese and English., 高橋 豊美, UCL Summer Course in English Phonetics,   2003年, 招待有り
  • Contrastive phonetics of Japanese and English., 高橋 豊美, UCL Summer Course in English Phonetics,   2002年, 招待有り
  • Contrastive phonetics of Japanese and English., 高橋 豊美, UCL Summer Course in English Phonetics,   2001年, 招待有り
  • Contrastive phonetics of Japanese and English., 高橋 豊美, UCL Summer Course in English Phonetics,   2000年, 招待有り
  • Contrastive phonetics of Japanese and English., 高橋 豊美, UCL Summer Course in English Phonetics,   1999年, 招待有り
  • エレメント理論:分節音韻論の発展., 高橋 豊美, 言語問題総合研究会,   1998年
  • Contrastive phonetics of Japanese and English., 高橋 豊美, UCL Summer Course in English Phonetics,   1998年, 招待有り
  • Contrastive phonetics of Japanese and English., 高橋 豊美, UCL Summer Course in English Phonetics,   1997年, 招待有り
  • Contrastive phonetics of Japanese and English., 高橋 豊美, UCL Summer Course in English Phonetics,   1996年, 招待有り
  • 分節について., 高橋 豊美, 言語文化研究会,   1995年
  • 文法におけるカテゴリー., 高橋 豊美, 国際コミュニケーション英語研究所,   1995年
  • Activate alpha: harmony without spreading., 高橋 豊美, Linguistics Association in Great Britain,   1995年
  • Contrastive phonetics of Japanese and English., 高橋 豊美, UCL Summer Course in English Phonetics,   1995年, 招待有り
  • Constraint interaction in Aranda stress., 高橋 豊美, International Workshop on Phonological Structure,   1994年, 招待有り
  • Contrastive phonetics of Japanese and English., 高橋 豊美, UCL Summer Course in English Phonetics,   1994年, 招待有り
  • 最新の音韻論の動向., 高橋 豊美, 国際コミュニケーション英語研究所,   1994年
  • “Contour” in melodic structure., 高橋 豊美, UCL Postgraduate Seminar,   1993年
  • Contrastive phonetics of Japanese and English., 高橋 豊美, UCL Summer Course in English Phonetics,   1993年, 招待有り
  • Syllable and mora., 高橋 豊美, UCL Postgraduate Seminar,   1993年

競争的資金

  • 依存・認可の関係性を基盤とする制約的音韻理論による日本語音節構造の実証的研究, 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 高橋 豊美
  • 音韻表示の適格性に関する統合的理論の研究, 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 高橋 豊美, 統率音韻論、依存音韻論、最適性理論を基盤として、構成素が非対称的な依存・認可の関係で結ばれる音韻表示の理論を発展させた。この枠組で、ミクロネシア言語に見られる語頭音重複やワステカ語の強勢を再分析し、諸言語の分析を通して確立された制約の序列化を行うことで、特別な制約や前提を導入することなく、これらの現象が説明できることを示した。また、日本語の音韻におけるモーラと音節との区別が余剰的であることを主張した。