詳細検索はこちら
※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

グライアム ロブソングライアム ロブソン

所属・担当
国際観光学科
人間科学総合研究所
職名教授
メールアドレス
ホームページURL
生年月日
Last Updated :2017/07/19

研究者基本情報

学位

  • 博士(教育学)

研究活動情報

論文

  • Preparing vocabulary for university students for a discussion on Japanese culture, グライアム ロブソン, Annual report of JACET SIG on ESP, 11 - 16,   2016年04月
  • A study of situational constructs of Self-Determination Theory and their applications at a Japanese university, グライアム ロブソン, Ningenkagakukenkyujyo, 18, 1 - 16,   2016年04月
  • The relationship between WTC and oral proficiency measures in the study abroad context, グライアム ロブソン, International Education Studies, 8, (12) 56 - 59,   2015年12月
  • A model of situational willingness to communicate (WTC) in the study abroad context, グライアム ロブソン, International Education Studies, 8, (10) 114 - 125,   2015年10月
  • Multiculturalism and the 2020 Olympics, グライアム ロブソン, Journal of Tourism Studies, 15, 51 - 58,   2016年03月
  • Changes in oral production measures for graduate-level second language learners, グライアム ロブソン, Journal of Tourism Studies, 14, 63 - 74,   2015年03月
  • The TOEIC IP as a placement tool for the faculty of regional studies, グライアム ロブソン, Journal of Tourism Studies, 12, 59 - 68,   2013年03月
  • A comparison between students’ on-campus perceptions and the perceptions of Toyo students returning from short study abroad programs, グライアム ロブソン, Journal of Tourism Studies, 11, 119 - 136,   2012年03月
  • Perceptions before and after a short study abroad program - .A case of Toyo students in England and the Philippines, グライアム ロブソン, 11, 137 - 152,   2012年03月
  • Students’ experiences of a short homestay in England, グライアム ロブソン, Journal of Tourism Studies, 10,   2011年03月
  • Analysis of TOEIC scores of Tourism Dept. students 2009-2010, グライアム ロブソン, Journal of Tourism Studies, 10, 113 - 126,   2011年
  • Judges self-analysis of speech contest rating, グライアム ロブソン, Journal of Tourism Studies, 9, 139 - 150,   2010年03月
  • Combining technology and language learning: a course example, グライアム ロブソン, Journal of Tourism Studies, 8, 105 - 114,   2010年03月
  • 東洋大学大学院留学生の定性的研究, Robson Graham, 東洋大学人間科学総合研究所紀要, 東洋大学人間科学総合研究所紀要, (8) 1 - 12,   2008年03月
  • Needs analysis for communication classes at Toyo University, グライアム ロブソン, Journal of Tourism Studies, 7, 83 - 122,   2008年03月
  • Applying Rasch Measurement to Judged Ratings from a Speech Contest, グライアム ロブソン, Jacet Journal, 47, 51 - 66,   2008年
  • Changing model for strategies in second language, グライアム ロブソン, Chiba University of Commerce Kiyo, 44, (4) 69 - 87,   2007年04月
  • 第二言語研究における方略の変化モデル, Robson Graham G., 千葉商大紀要, 千葉商大紀要, 44, (4) 69 - 87,   2007年03月31日
  • English language survey in Toyo Tourism Department in 2006, グライアム ロブソン, Journal of Tourism Studies, 6, 103 - 130,   2007年03月
  • A qualitative study of foreign graduate students at one campus of Toyo University, グライアム ロブソン, Toyo University - Ningenkagakukenkyujo, 8, 1 - 12,   2007年03月
  • Maintaining Validity and Reliability in Test Item-Reduction, Robson Graham G., 千葉商大紀要, 千葉商大紀要, 44, (2) 53 - 69,   2006年09月30日
  • 日本の大学における学生の英文法に対する学習態度, Robson Graham G., 千葉商大紀要, 千葉商大紀要, 44, (1) 53 - 67,   2006年06月30日
  • The Effect of Planning on Oral Output, Robson Graham, 千葉商大紀要, 千葉商大紀要, 43, (4) 117 - 142,   2006年03月31日
  • Finding the right speaking skills textbook, グライアム ロブソン, Journal of Tourism Studies, 4, 127 - 142,   2005年03月
  • Putting a Speaking Skills Syllabus Together, Robson Graham G., 千葉商大紀要, 千葉商大紀要, 41, (4) 93 - 121,   2004年03月31日

MISC

  • The TOEIC IP as a Placement Tool for the Facultyof Regional Studies, Graham ROBSON, 観光学研究, (12) 59 - 68,   2013年03月

講演・口頭発表等

  • Analysis of subconstructs of WTC, communicative anxiety and self-perceived competence, グライアム ロブソン, International Conference of Applied Linguistics - Korea,   2015年09月19日
  • Use of Rasch to improve a structural model, グライアム ロブソン, Pacific Rim Objective Measurement Symposium,   2015年08月24日