詳細検索はこちら
※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

吉永 淳ヨシナガ ジュン

所属・担当
応用生物科学科
ライフイノベーション研究所
職名教授
メールアドレスyoshinaga[at]toyo.jp ※[at]を@に書き換えて送信して下さい
ホームページURL
生年月日
Last Updated :2017/12/19

研究者基本情報

学位

  • 博士(保健学), 東京大学

経歴

  •   1999年04月 - 2016年03月, 東京大学, 大学院・新領域創成科学研究科, 准教授
  •   1997年10月 - 1999年03月, 国立環境研究所, 地域環境研究グループ, 主任研究員
  •   1990年04月 - 1997年09月, 国立環境研究所, 化学環境部, 研究員/主任研究員

研究活動情報

研究分野

  • 社会医学, 衛生学
  • 環境学, 放射線・化学物質影響科学
  • 環境学, 環境影響評価・環境政策

研究キーワード

    鉛, フタル酸エステル, 環境, 水銀, ICP-MS, 肛門性間距離, 精液所見, 骨, 汚染源同定, ピレスロイド系殺虫剤, バイオマーカー, 生体試料, 乳歯, パラベン, 肛門性器間距離, 同位体希釈分析, 安定同位体分析, 安定同位体比, イソフラボン, 胎児期曝露, 食物, 精液指標, 炭素・窒素安定同位体比, 毛髪

論文

  • Inter- and intra-individual variation in urinary concentrations of parabens in male and female Japanese subjects., Nishihama Y, Ameda R, Yoshinaga J, Konishi S, Yoneyama M, Nakajima D, Shiraishi H, Imai H, Journal of environmental science and health. Part A, Toxic/hazardous substances & environmental engineering, 53, (1) 1 - 6,   2017年09月
  • Paraben exposure and semen quality of Japanese male partners of subfertile couples., Nishihama Y, Toshima H, Yoshinaga J, Mizumoto Y, Yoneyama M, Nakajima D, Shiraishi H, Tokuoka S, Environmental health and preventive medicine, 22, (1) ,   2017年03月
  • 生活用品の鉛含有量と可給態鉛量, 小栗朋子, 片岡修治, 鈴木剛, 吉永淳, 吉永淳, 環境化学, 27, (1) ,   2017年03月
  • Relation of dietary inorganic arsenic exposure and urinary inorganic arsenic metabolites excretion in Japanese subjects., Oguri T, Yoshinaga J, Suzuki Y, Tao H, Nakazato T, Journal of environmental science and health. Part. B, Pesticides, food contaminants, and agricultural wastes, 1 - 5,   2017年03月
  • Determination of isotopic composition of atmospheric mercury in urban-industrial and coastal regions of Chiba, Japan, using cold vapor multicollector inductively coupled plasma mass spectrometry, Akane Yamakawa, Katsutoshi Moriya, Jun Yoshinaga, Chemical Geology, 448, 84 - 92,   2017年01月
  • Maternal Exposure to Pyrethroid Insecticides during Pregnancy and Infant Development at 18 Months of Age., Hisada A, Yoshinaga J, Zhang J, Kato T, Shiraishi H, Shimodaira K, Okai T, Ariki N, Komine Y, Shirakawa M, Noda Y, Kato N, International journal of environmental research and public health, 14, (1) ,   2017年01月
  • Association between paraben exposure and menstrual cycle in female university students in Japan., Nishihama Y, Yoshinaga J, Iida A, Konishi S, Imai H, Yoneyama M, Nakajima D, Shiraishi H, Reproductive toxicology (Elmsford, N.Y.), 63, 107 - 113,   2016年08月
  • Urinary inorganic arsenic concentrations and semen quality of male partners of subfertile couples in Tokyo., Oguri T, Yoshinaga J, Toshima H, Mizumoto Y, Hatakeyama S, Tokuoka S, Journal of environmental science and health. Part A, Toxic/hazardous substances & environmental engineering, 51, (6) 463 - 466,   2016年05月
  • Comparison of different urine pretreatments for biological monitoring of pyrethroid insecticides., Toshima H, Yoshinaga J, Shiraishi H, Ito Y, Kamijima M, Ueyama J, Journal of analytical toxicology, 39, (2) 133 - 136,   2015年03月
  • ハウスダスト中鉛への室外要因の寄与:同位体分析による評価, 吉永 淳, 高木 麻衣, 石橋 由梨, 田中 敦, 環境化学, 環境化学, 25, (3) 161 - 165,   2015年
  • 看護女子大学生の月経周期とその変動要因, 西浜 柚季子, 吉永 淳, 飯田 彩花, 小西 祥子, 今井 秀樹, 日本衛生学雑誌, 日本衛生学雑誌, 70, (2) 139 - 148,   2015年
  • Association of antimüllerian hormone levels with menstrual-cycle type and dysmenorrhea in young asymptomatic women., Konishi S, Nishihama Y, Iida A, Yoshinaga J, Imai H, Fertility and sterility, 102, (5) 1439 - 1443,   2014年11月
  • Prenatal pyrethroid insecticide exposure and thyroid hormone levels and birth sizes of neonates., Zhang J, Yoshinaga J, Hisada A, Shiraishi H, Shimodaira K, Okai T, Koyama M, Watanabe N, Suzuki E, Shirakawa M, Noda Y, Komine Y, Ariki N, Kato N, The Science of the total environment, 488-489, 275 - 279,   2014年08月
  • Inter- and intra-individual variation in urinary excretion of daidzein and equol in female Japanese., Suzuki Y, Hisada A, Yoshinaga J, Biomarkers : biochemical indicators of exposure, response, and susceptibility to chemicals, 19, (5) 407 - 410,   2014年08月
  • Lead and other elements in house dust of Japanese residences--source of lead and health risks due to metal exposure., Yoshinaga J, Yamasaki K, Yonemura A, Ishibashi Y, Kaido T, Mizuno K, Takagi M, Tanaka A, Environmental pollution (Barking, Essex : 1987), 189, 223 - 228,   2014年06月
  • Associations between levels of hydroxylated PCBs and PCBs in serum of pregnant women and blood thyroid hormone levels and body size of neonates., Hisada A, Shimodaira K, Okai T, Watanabe K, Takemori H, Takasuga T, Koyama M, Watanabe N, Suzuki E, Shirakawa M, Noda Y, Komine Y, Ariki N, Kato N, Yoshinaga J, International journal of hygiene and environmental health, 217, (4-5) 546 - 553,   2014年04月
  • Inorganic arsenic in the Japanese diet: daily intake and source., Oguri T, Yoshinaga J, Tao H, Nakazato T, Archives of environmental contamination and toxicology, 66, (1) 100 - 112,   2014年01月
  • Pyrethroid insecticide exposure and semen quality of young Japanese men., Imai K, Yoshinaga J, Yoshikane M, Shiraishi H, Mieno MN, Yoshiike M, Nozawa S, Iwamoto T, Reproductive toxicology (Elmsford, N.Y.), 43, 38 - 44,   2014年01月
  • 日本人の無機ヒ素摂取量の確率論的手法による推計, 小栗 朋子, 吉永 淳, 日本衛生学雑誌, 日本衛生学雑誌, 69, (3) 177 - 186,   2014年
  • Exposure to pyrethroids insecticides and serum levels of thyroid-related measures in pregnant women., Zhang J, Hisada A, Yoshinaga J, Shiraishi H, Shimodaira K, Okai T, Noda Y, Shirakawa M, Kato N, Environmental research, 127, 16 - 21,   2013年11月
  • Serum levels of hydroxylated PCBs, PCBs and thyroid hormone measures of Japanese pregnant women., Hisada A, Shimodaira K, Okai T, Watanabe K, Takemori H, Takasuga T, Noda Y, Shirakawa M, Kato N, Yoshinaga J, Environmental health and preventive medicine, 18, (3) 205 - 214,   2013年05月
  • 静岡市内で行ったマーケットバスケット調査に基づく微量金属の摂取量, 小栗 朋子, 吉永 淳, Biomedical research on trace elements, Biomedical research on trace elements, 24, (1) 13 - 22,   2013年04月01日
  • 土壌・室内塵中総ヒ素および無機ヒ素濃度, 小栗 朋子, 石橋 由梨, 吉永 淳, 環境化学 : journal of environmental chemistry, 環境化学 : journal of environmental chemistry, 23, (1) 43 - 47,   2013年03月21日
  • 室内空気中のナフタレン, 北村 賢太朗, 吉永 淳, 環境化学 : journal of environmental chemistry, 環境化学 : journal of environmental chemistry, 23, (1) 25 - 30,   2013年03月21日
  • 北海道出土人骨の鉛含有量, 吉永 淳, 久田 文, 米田 穣, 石田 肇, 日本衞生學雜誌, 日本衞生學雜誌, 68, (1) 53 - 57,   2013年01月30日
  • Urinary excretion of parabens in pregnant Japanese women., Shirai S, Suzuki Y, Yoshinaga J, Shiraishi H, Mizumoto Y, Reproductive toxicology (Elmsford, N.Y.), 35, 96 - 101,   2013年01月
  • Prenatal zinc deficiency-dependent epigenetic alterations of mouse metallothionein-2 gene., Kurita H, Ohsako S, Hashimoto S, Yoshinaga J, Tohyama C, The Journal of nutritional biochemistry, 24, (1) 256 - 266,   2013年01月
  • Lead in the Japanese living environment., Yoshinaga J, Environmental health and preventive medicine, 17, (6) 433 - 443,   2012年11月
  • Effect of low-dose thalidomide on dopaminergic neuronal differentiation of human neural progenitor cells: a combined study of metabolomics and morphological analysis., Qin XY, Akanuma H, Wei F, Nagano R, Zeng Q, Imanishi S, Ohsako S, Yoshinaga J, Yonemoto J, Tanokura M, Sone H, Neurotoxicology, 33, (5) 1375 - 1380,   2012年10月
  • Endocrine disrupting chemicals in urine of Japanese male partners of subfertile couples: a pilot study on exposure and semen quality., Toshima H, Suzuki Y, Imai K, Yoshinaga J, Shiraishi H, Mizumoto Y, Hatakeyama S, Onohara C, Tokuoka S, International journal of hygiene and environmental health, 215, (5) 502 - 506,   2012年09月
  • Daily intake of inorganic arsenic and some organic arsenic species of Japanese subjects., Oguri T, Yoshinaga J, Tao H, Nakazato T, Food and chemical toxicology : an international journal published for the British Industrial Biological Research Association, 50, (8) 2663 - 2667,   2012年08月
  • Effects of methylmercury exposure on neuronal differentiation of mouse and human embryonic stem cells., He X, Imanishi S, Sone H, Nagano R, Qin XY, Yoshinaga J, Akanuma H, Yamane J, Fujibuchi W, Ohsako S, Toxicology letters, 212, (1) 1 - 10,   2012年07月
  • Association of variants in genes involved in environmental chemical metabolism and risk of cryptorchidism and hypospadias., Qin XY, Kojima Y, Mizuno K, Ueoka K, Massart F, Spinelli C, Zaha H, Okura M, Yoshinaga J, Yonemoto J, Kohri K, Hayashi Y, Ogata T, Sone H, Journal of human genetics, 57, (7) 434 - 441,   2012年07月
  • 日本人における尿中無機ヒ素代謝産物濃度の個人内・個人間変動, 小栗 朋子, 鈴木 弥生, 久田 文, 吉永 淳, Biomedical research on trace elements, Biomedical research on trace elements, 23, (1) 33 - 39,   2012年04月27日
  • Blood lead levels of contemporary Japanese children., Yoshinaga J, Takagi M, Yamasaki K, Tamiya S, Watanabe C, Kaji M, Environmental health and preventive medicine, 17, (1) 27 - 33,   2012年01月
  • 日本人における尿中無機ヒ素代謝産物濃度の個人内・個人間変動, 小栗 朋子, 鈴木 弥生, 久田 文, 吉永 淳, Biomedical Research on Trace Elements, Biomedical Research on Trace Elements, 23, (1) 33 - 39,   2012年
  • Multi-parametric profiling network based on gene expression and phenotype data: a novel approach to developmental neurotoxicity testing., Nagano R, Akanuma H, Qin XY, Imanishi S, Toyoshiba H, Yoshinaga J, Ohsako S, Sone H, International journal of molecular sciences, 13, (1) 187 - 207,   2012年
  • Identification of novel low-dose bisphenol a targets in human foreskin fibroblast cells derived from hypospadias patients., Qin XY, Kojima Y, Mizuno K, Ueoka K, Muroya K, Miyado M, Zaha H, Akanuma H, Zeng Q, Fukuda T, Yoshinaga J, Yonemoto J, Kohri K, Hayashi Y, Fukami M, Ogata T, Sone H, PloS one, 7, (5) ,   2012年
  • Individual variation of the genetic response to bisphenol a in human foreskin fibroblast cells derived from cryptorchidism and hypospadias patients., Qin XY, Sone H, Kojima Y, Mizuno K, Ueoka K, Muroya K, Miyado M, Hisada A, Zaha H, Fukuda T, Yoshinaga J, Yonemoto J, Kohri K, Hayashi Y, Fukami M, Ogata T, PloS one, 7, (12) ,   2012年
  • Identification of Stage-Specific Gene Expression Signatures in Response to Retinoic Acid during the Neural Differentiation of Mouse Embryonic Stem Cells., Akanuma H, Qin XY, Nagano R, Win-Shwe TT, Imanishi S, Zaha H, Yoshinaga J, Fukuda T, Ohsako S, Sone H, Frontiers in genetics, 3,   2012年
  • Xenoestrogens down-regulate aryl-hydrocarbon receptor nuclear translocator 2 mRNA expression in human breast cancer cells via an estrogen receptor alpha-dependent mechanism., Qin XY, Zaha H, Nagano R, Yoshinaga J, Yonemoto J, Sone H, Toxicology letters, 206, (2) 152 - 157,   2011年10月
  • siRNA-mediated knockdown of aryl hydrocarbon receptor nuclear translocator 2 affects hypoxia-inducible factor-1 regulatory signaling and metabolism in human breast cancer cells., Qin XY, Wei F, Yoshinaga J, Yonemoto J, Tanokura M, Sone H, FEBS letters, 585, (20) 3310 - 3315,   2011年10月
  • 尿中ヨウ素排泄濃度の個人内・個人間変動, 久田 文, 鈴木 弥生, 吉永 淳, 日本衞生學雜誌, 日本衞生學雜誌, 66, (4) 711 - 716,   2011年09月15日
  • トータルダイエット認証標準物質中無機ヒ素の定量, 小栗 朋子, 吉永 淳, 田尾 博明, 中里 哲也, 分析化学 = Japan analyst, 分析化学 = Japan analyst, 60, (8) 653 - 658,   2011年08月05日
  • Exposure to polycyclic aromatic hydrocarbons, arsenic and environmental tobacco smoke, nutrient intake, and oxidative stress in Japanese preschool children., Mori T, Yoshinaga J, Suzuki K, Mizoi M, Adachi S, Tao H, Nakazato T, Li YS, Kawai K, Kasai H, The Science of the total environment, 409, (15) 2881 - 2887,   2011年07月
  • Isotope ratio analysis of lead in blood and environmental samples by multi-collector inductively coupled plasma mass spectrometry., Takagi M, Yoshinaga J, Tanaka A, Seyama H, Analytical sciences : the international journal of the Japan Society for Analytical Chemistry, 27, (1) 29 - 35,   2011年
  • Prenatal exposure to phthalate esters and PAHs and birth outcomes., Suzuki Y, Niwa M, Yoshinaga J, Mizumoto Y, Serizawa S, Shiraishi H, Environment international, 36, (7) 699 - 704,   2010年10月
  • Maternal exposure to low-level heavy metals during pregnancy and birth size., Shirai S, Suzuki Y, Yoshinaga J, Mizumoto Y, Journal of environmental science and health. Part A, Toxic/hazardous substances & environmental engineering, 45, (11) 1468 - 1474,   2010年09月
  • Characterization of NIES CRM No. 23 Tea Leaves II for the determination of multielements., Mori I, Ukachi M, Nagano K, Ito H, Yoshinaga J, Nishikawa M, Analytical and bioanalytical chemistry, 397, (2) 463 - 470,   2010年05月
  • Isotope ratios of lead in Japanese women's hair of the twentieth century., Matsumoto M, Yoshinaga J, Environmental science and pollution research international, 17, (3) 643 - 649,   2010年03月
  • 母子の尿中1-Hydroxypyreneから見た小児の化学物質曝露と食事との関連, 鈴木 慧, 溝井 美穂, 安達 修一, 森 拓哉, 吉永 淳, 河原 純子, 食品衛生学雑誌, 食品衛生学雑誌, 51, (3) 128 - 132,   2010年
  • 日本人小児の多環芳香族炭化水素類曝露評価, 森 拓哉, 吉永 淳, 河原 純子, 溝井 美穂, 安達 修一, 日本衞生學雜誌, 日本衞生學雜誌, 64, (4) 817 - 823,   2009年09月15日
  • Exposure assessment of phthalate esters in Japanese pregnant women by using urinary metabolite analysis., Suzuki Y, Niwa M, Yoshinaga J, Watanabe C, Mizumoto Y, Serizawa S, Shiraishi H, Environmental health and preventive medicine, 14, (3) 180 - 187,   2009年05月
  • ハウスダスト中元素濃度の変動要因, 峡戸 孝也, 高木 麻衣, 吉永 淳, 田中 敦, 瀬山 春彦, 柴田 康行, 環境化学 : journal of environmental chemistry, 環境化学 : journal of environmental chemistry, 19, (1) 87 - 94,   2009年03月17日
  • 日本人小児のハウスダストを介した化学物質曝露のリスク評価, 高木 麻衣, 吉永 淳, 室内環境, 室内環境, 12, (2) 103 - 114,   2009年
  • 同位体比分析に基づく日本人小児の鉛曝露源解析, 高木 麻衣, 田宮 さやか, 吉永 淳, 宇田川 弘勝, 田中 敦, 瀬山 春彦, 柴田 康行, 上松 あゆ美, 加治 正行, 環境化学 : journal of environmental chemistry, 環境化学 : journal of environmental chemistry, 18, (4) 521 - 531,   2008年12月16日
  • Cancer risk to Japanese population from the consumption of inorganic arsenic in cooked hijiki., Nakamura Y, Narukawa T, Yoshinaga J, Journal of agricultural and food chemistry, 56, (7) 2536 - 2540,   2008年04月
  • ポリアミノカルボン酸型キレート樹脂固相抽出剤を前処理に用いる誘導結合プラズマ質量分析法による生体試料中の鉛同位体比分析, 田宮 さやか, 吉永 淳, 分析化学, 分析化学, 57, (2) 99 - 104,   2008年02月
  • Determination of 14C/12C of acetaldehyde in indoor air by compound specific radiocarbon analysis, 91. Y. Kato, N. Shinohara, J. Yoshinaga, M. Uchida, A. Matsuda, M. Yoneda, Y. Shibata , Atmospheric Environment, 42, 1049 - 1056,   2008年
  • 日本の室内塵の元素組成と鉛の起源, 中村 有希, 高木 麻衣, 吉永 淳, 田中 敦, 瀬山 春彦, 柴田 康行, 室内環境, 室内環境, 11, (1) 11 - 20,   2008年
  • Inhalation and dietary exposure to polycyclic aromatic hydrocarbons and urinary 1-hydroxypyrene in non-smoking university students., Suzuki K, Yoshinaga J, International archives of occupational and environmental health, 81, (1) 115 - 121,   2007年10月
  • Thyroid hormone status of newborns in relation to in utero exposure to PCBs and hydroxylated PCB metabolites., Otake T, Yoshinaga J, Enomoto T, Matsuda M, Wakimoto T, Ikegami M, Suzuki E, Naruse H, Yamanaka T, Shibuya N, Yasumizu T, Kato N, Environmental research, 105, (2) 240 - 246,   2007年10月
  • Cadmium, lead, and selenium in cord blood and thyroid hormone status of newborns., Iijima K, Otake T, Yoshinaga J, Ikegami M, Suzuki E, Naruse H, Yamanaka T, Shibuya N, Yasumizu T, Kato N, Biological trace element research, 119, (1) 10 - 18,   2007年10月
  • Comparison of carbonaceous aerosols in Tokyo before and after implementation of diesel exhaust restrictions., Yamamoto N, Muramoto A, Yoshinaga J, Shibata K, Endo M, Endo O, Hirabayashi M, Tanabe K, Goto S, Yoneda M, Shibata Y, Environmental science & technology, 41, (18) 6357 - 6362,   2007年09月
  • 人工植物曝露装置を用いた1, 500℃で発生させたガス状ホウ素化合物による各種植物への影響, 鳥山 成一, 水上 昭弘, 日吉 真一郎, 山崎 敬久, 近藤 隆之, 奥村 秀一, 藤崎 進, 溝口 俊明, 木戸 瑞佳, 中村 篤博, 安田 洋, 中谷 訓幸, 田中 敦, 西川 雅高, 吉永 淳, 田尾 博明, 環境技術 = ENVIRONMENTAL CONSERVATION ENGINEERING, 環境技術 = ENVIRONMENTAL CONSERVATION ENGINEERING, 36, (7) 509 - 517,   2007年07月20日
  • Dietary exposure to organophosphorus pesticides for young children in Tokyo and neighboring area., Kawahara J, Yoshinaga J, Yanagisawa Y, The Science of the total environment, 378, (3) 263 - 268,   2007年06月
  • 都内公園土壌中重金属濃度の相関関係, 高岡 路枝, 吉永 淳, 田中 敦, 環境化学, 環境化学, 17, (4) 629 - 634,   2007年
  • 中国都市部における居住環境中のVOCs実態調査, 倪 悦勇, 熊谷 一清, 吉永 淳, 吉野 博, 篠原 直秀, 柳沢 幸雄, 室内環境学会誌, 室内環境学会誌, 9, (3) 61 - 73,   2007年
  • 無機成分分析用河川水標準物質(JSAC 0301-1, JSAC 0301-2, JSAC 0302)の開発(アナリティカルレポート), 川瀬 晃, 大橋 和夫, 赤羽 勤子, 黒岩 貴芳, 村山 真理子, 芳村 一, 吉永 淳, 上本 道久, 小野 昭紘, 柿田 和俊, 坂田 衞, 分析化学, 分析化学, 55, (11) 875 - 882,   2006年11月
  • Size distributions of soil particles adhered to children's hands., Yamamoto N, Takahashi Y, Yoshinaga J, Tanaka A, Shibata Y, Archives of environmental contamination and toxicology, 51, (2) 157 - 163,   2006年08月
  • Fish consumption and time to pregnancy in Japanese women., Arakawa C, Yoshinaga J, Okamura K, Nakai K, Satoh H, International journal of hygiene and environmental health, 209, (4) 337 - 344,   2006年07月
  • 3種の尿中代謝産物分析に基づく日本人妊婦のフタル酸ジ(2-エチルヘキシル)(DEHP)摂取量の推定, 藤巻 可弓, 吉永 淳, 渡辺 知保, 芹澤 滋子, 白石 寛明, 水本 賀文, 日本衞生學雜誌, 日本衞生學雜誌, 61, (3) 340 - 347,   2006年05月15日
  • Retrospectivein utero exposure assessment of PCBs using preserved umbilical cords and its application to case-control comparison., Otake T, Yoshinaga J, Seki Y, Matsumura T, Watanabe K, Ishijima M, Kato N, Environmental health and preventive medicine, 11, (2) 65 - 68,   2006年03月
  • Influence of paint chips on lead concentration in the soil of public playgrounds in Tokyo., Takaoka M, Yoshinaga J, Tanaka A, Journal of environmental monitoring : JEM, 8, (3) 393 - 398,   2006年03月
  • 人工植物曝露装置を用いた大気中ホウ素化合物による各種野菜,園芸植物及び樹木の黄化・褐変等の障害, 鳥山 成一, 近藤 隆之, 奥村 秀一, 水上 昭弘, 山崎 敬久, 木戸 瑞佳, 日吉 真一郎, 溝口 俊明, 安田 洋, 田中 敦, 西川 雅高, 吉永 淳, 田尾 博明, 環境化学, 環境化学, 15, (4) 761 - 770,   2005年
  • 人工植物曝露装置を用いた大気中ホウ素化合物によるゼラニウムの被害の検証, 鳥山 成一, 近藤 隆之, 水畑 剛, 奥村 秀一, 水上 昭弘, 神保 高之, 山崎 敬久, 木戸 瑞佳, 日吉 真一郎, 溝口 俊明, 安田 洋, 田中 敦, 西川 雅高, 吉永 淳, 田尾 博明, 環境化学 : journal of environmental chemistry, 環境化学 : journal of environmental chemistry, 14, (4) 825 - 834,   2004年12月17日
  • Exposure to phthalate esters from indoor environment., Otake T, Yoshinaga J, Yanagisawa Y, Journal of exposure analysis and environmental epidemiology, 14, (7) 524 - 528,   2004年11月
  • Exposure assessment of lead among Japanese children., Aung NN, Yoshinaga J, Takahashi J, Environmental health and preventive medicine, 9, (6) 257 - 261,   2004年11月
  • 尿中代謝産物排泄量から推定した日本人妊婦のビスフェノールA摂取量, 藤巻 可弓, 荒川 千夏子, 吉永 淳, 渡辺 知保, 芹澤 滋子, 今井 秀樹, 白石 寛明, 水本 賀文, 日本衞生學雜誌, 日本衞生學雜誌, 59, (4) 403 - 408,   2004年10月01日
  • 子宮内鉛曝露と出生時体重の関連 : 乳歯切歯エナメル質を用いた評価, 瓜生 務, 北條 祥子, 貴田 晶子, 西川 雅高, 吉永 淳, 日本衞生學雜誌, 日本衞生學雜誌, 59, (4) 387 - 394,   2004年10月01日
  • Polychlorinated biphenyls in preserved human umbilical cords., Otake T, Yoshinaga J, Imai H, Seki Y, Matsumura T, Journal of environmental monitoring : JEM, 6, (10) 128N - 131N,   2004年10月
  • Daily urinary excretion of bisphenol A., Arakawa C, Fujimaki K, Yoshinaga J, Imai H, Serizawa S, Shiraishi H, Environmental health and preventive medicine, 9, (1) 22 - 26,   2004年01月
  • Lead isotopic compositions of environmental certified reference materials for an inter-laboratory comparison of lead isotope analysis., Aung NN, Uryu T, Yoshinaga J, Analytical sciences : the international journal of the Japan Society for Analytical Chemistry, 20, (1) 195 - 198,   2004年01月
  • 14C measurement for size-fractionated airborne particulate matters, 70. M. Endo, N. Yamamoto, J. Yoshinaga, Y. Yanagisawa, O. Endo, S. Goto, M. Yoneda, Y. Shiabata, M. Morita, Atmospheric environment, 38, 6263 - 6267,   2004年
  • 人工植物曝露装置を用いた大気中ホウ素化合物によるゼラニウムの被害の検証, 鳥山 成一, 近藤 隆之, 水畑 剛, 奥村 秀一, 水上 昭弘, 神保 高之, 山崎 敬久, 木戸 瑞佳, 日吉 真一郎, 溝口 俊明, 安田 洋, 田中 敦, 西川 雅高, 吉永 淳, 田尾 博明, 環境化学, 環境化学, 14, (4) 825 - 834,   2004年
  • 環境省告示19号によるJSAC土壌標準物質の鉛,カドミウム,ヒ素含有量測定共同実験, 土壌分析技術セミナー実行委員会, 分析化学, 53, 1177 - 1181,   2004年
  • Temporal variation of radiocarbon concentration in airborne particulate matter in Tokyo, K. Shibata, M. Endo, N. Yamamoto, J. Yoshinaga, Y. Yanagisawa, O. Endo, S. Goto, M. Yoneda, Y. Shibata, M. Morita, Radiocarbon, 46, 485 - 460,   2004年
  • Analysis of lead in tooth enamel by laser ablation-inductively coupled plasma-mass spectrometry., Uryu T, Yoshinaga J, Yanagisawa Y, Endo M, Takahashi J, Analytical sciences : the international journal of the Japan Society for Analytical Chemistry, 19, (10) 1413 - 1416,   2003年10月
  • ヒト生殖能力評価手法に関する予備的調査 受胎待ち時間調査法に関する検討, 荒川 千夏子, 吉永 淳, 水本 賀文, 安部 正雄, 日本公衆衛生雑誌, 日本公衆衛生雑誌, 50, (5) 414 - 419,   2003年
  • ガス状ホウ素化合物による大気汚染について, 鳥山 成一, 安田 洋, 島田 和保, 水上 昭弘, 大西 勝典, 近藤 隆之, 神保 高之, 橋本 俊一, 西川 雅高, 吉永 淳, 田中 敦, 環境化学, 環境化学, 13, (2) 409 - 416,   2003年
  • 安定同位体比を指標としたホウ素汚染事例の解析, 鈴木 理博, 吉永 淳, 鳥山 成一, 西川 雅高, 田中 敦, 環境化学, 環境化学, 13, (3) 733 - 738,   2003年
  • Environmental fate of gallium arsenide semiconductor disposal, T. Uryu, J. Yoshinaga, Y. Yanagisawa, Industrial Ecology, 7, 103 - 112,   2003年
  • 廃棄物中ホウ素の存在形態と溶出性, 吉永 淳, 松脇 崇晃, 長谷川 陽一, 柳沢 幸雄, 貴田 晶子, 松江 秀明, 米沢 仲四郎, 環境化学, 環境化学, 12, (2) 333 - 342,   2002年
  • 廃棄物のホウ素含有量と溶出量, 長谷川 陽一, 松脇 崇晃, 吉永 淳, 柳沢 幸雄, 貴田 晶子, 安原 昭夫, 中杉 修身, 松江 秀明, 米沢 仲四郎, 環境化学 : journal of environmental chemistry, 環境化学 : journal of environmental chemistry, 11, (1) 17 - 25,   2001年03月26日
  • A statistical approach for the source identification of boron in leachate from waste landfill sites, J. Yoshinaga, A. Kida, O. Nakasugi, Journal of material cycles and waste management, 3, 60 - 65,   2001年
  • Estimation of arsenobetaine in the NIES candidate certified reference material no. 18 human urine by HPLC-ICP-MS using different chromatographic conditions, A. Chatterjee, Y. Shibata, J. Yoshinaga, M. Morita, Applied organometallic chemistry, 15, 306 - 314,   2001年
  • Analysis of organic esters of plasticizer in indoor air by GC-FPD and GC-MS, T. Otake, J. Yoshinaga, Y. Yanagisawa, Environmental science and technology, 35, 3099 - 3102,   2001年
  • A certified reference material for the analytical quality assurance of minor and trace elements in foods and related matrices based on a typical Japanese diet: interlaboratory study, J. Yoshinaga, M. Morita, M. Yukawa, K. Shiraishi, H. Kawamura, Journal of AOAC international, 84, 1202 - 1208,   2001年
  • GC-AMS program at NIES-TERRA, Y. Shibata, M. Hirota, M. Uchida, M. Yoneda, A. Tanaka, T. Uehiro, J. Yoshinaga, H. Ito, M. Morita, Analytical Sciences, 17, 625 - 628,   2001年
  • 最終処分の埋立土壌のための環境分析試料の作成と応用, 西川 雅高, 白石 寛明, 吉永 淳, 安原 昭夫, 中杉 修身, 埋立処分問題等研究会, 廃棄物学会誌, 廃棄物学会誌, 11, (1) 80 - 86,   2000年01月31日
  • Fish otolith reference material for quality assurance of chemical analysis, J. Yoshinaga, A. Nakama, M. Morita, J.S. Edmonds, Marine chemistry, 69, 91 - 97,   2000年
  • Determination of As compounds by high performance liquid chromatography-ultrasonic nebulizer-high power microwave induced plasma mass spectrometry: An accepted coupling, A. Chatterjee, Y. Shibata, J. Yoshinaga, M. Morita, Analytical chemistry, 72, 4402 - 4412,   2000年
  • Human urine certified reference material for arsenic speciation, J. Yoshinaga, A. Chatterjee, Y. Shibata, M. Morita, JS. Edmonds , Clinical chemistry, 46, 1781 - 1786,   2000年
  • Determination of total tin in sediment reference materials by isotope dilution inductively coupled plasma mass spectrometry after alkali fusion, J. Yoshinaga, A. Nakama, K. Takata, Analyst, 124, 257 - 261,   1999年
  • Determination of copper, zinc, cadmium and lead in a fish otolith certified reference material by isotope dilution inductively coupled plasma mass spectrometry using off-line solvent extraction, J. Yoshinaga, M. Morita, J.S. Edmonds, Jounal of analytical atomic spectrometry, 14, 1589 - 1592,   1999年
  • Application of a nitrogen microwave-induced plasma mass spectrometer as an element-specific detector for arsenic speciation analysis, A. Chatterjee, Y. Shibata, J. Yoshinaga, M. Morita, Jurnal of analytical atomic spectrometry, 14, 1853 - 1859,   1999年
  • Lead in prehistoric, historic and contemporary Japanese: stable isotopic study by ICP mass spectrometry, J. Yoshinaga, M. Yoneda, M. Morita, T. Suzuki, Applied geochemistry, 13, 403 - 413,   1998年
  • Marine sediment certified reference material for tin speciation, J. Yoshinaga, H. Kon, T. Horiguchi, M. Morita, K. Okamoto, Analytical sciences, 14, 1121 - 1125,   1998年
  • The determination of mercury species in environmental and biological samples, M. Morita, J. Yoshinaga, J.S. Edmonds, Pure and applied chemistry, 70, 1585 - 1615,   1998年
  • New human hair certified reference material for methylmercury and trace elements, J. Yoshinaga, M. Morita, K. Okamoto, Fresenius journal of analytical chemistry, 357, 279 - 283,   1997年
  • Determination of mercury in biological and environmental samples by inductively coupled plasma mass spectrometry with the isotope dilution technique, J. Yoshinaga, M. Morita, Jounal of analytical atomic spectrometry, 12, 417 - 420,   1997年
  • NIES certified reference materials for arsenic speciation, J. Yoshinaga, Y. Shibata, T. Horiguchi, M. Morita, Accreditation and quality assurance, 2, 154 - 156,   1997年
  • Specimen banking at National Institute for Environmental Studies, Japan, M. Morita, J. Yoshinaga, H. Mukai, Y. Ambe, A. Tanaka, Y. Shibata, Chemosphere, 34, 1907 - 1919,   1997年
  • 長野県出土人骨試料における炭素・窒素安定同位体比および微量元素量に基づく古食性の復元, 米田 穣, 吉田 邦夫, 吉永 淳, 森田 昌敏, 赤澤 威, 第四紀研究, 第四紀研究, 35, (4) 293 - 303,   1996年10月31日
  • Isotope ratio analysis of lead in biological materials by inductively coupled plasma mass spectrometry, 吉永淳, Tohoku journal of experimental medicine, 178, 37 - 47,   1996年
  • An application of nitrogen microwave-induced plasma mass spectrometry to isotope dilution analysis of selenium in marine organisms, T. Shirasaki, J. Yoshinaga, M. Morita, T. Okumoto, K. Oishi, Tohoku journal of experimental medicine, 178, 81 - 90,   1996年
  • Stable carbon and nitrogen isotopic composition of diet and hair of Gidra-speaking Papuans, J. Yoshinaga, M. Minagawa, T. Suzuki, R. Ohtsuka, T. Kawabe, T. Inaoka, T. Akimichi, American journal of physical anthropology, 100, 23 - 34,   1996年
  • Biological and environmental reference materials from the National Institute for Environmental Studies (Japan), K. Okamoto, J. Yoshinaga, M. Morita, Mikrochimica acta, 123, 15 - 21,   1996年
  • Element concentrations in NIES candidate marine sediment certified reference material. Reference values for major and trace elements, J. Yoshinaga, A. Tanaka, T. Takamatsu, M. Morita, K. Okamoto, Analytical sciences, 12, 993 - 995,   1996年
  • ICP-MSによる環境・生物試料の同位体比分析, 向井 人史, 吉永 淳, 環境化学 : journal of environmental chemistry, 環境化学 : journal of environmental chemistry, 5, (4) 789 - 798,   1995年12月20日
  • プラズマイオン源質量分析法によるヒト試料の微量元素分析, 吉永 淳, 分析化学, 分析化学, 44, (11) 895 - 903,   1995年11月05日
  • Trace elements in ribs of elderly people and elemental variation in the presence of chronic diseases, J. Yoshinaga, T. Suzuki, M. Morita, M. Hayakawa, Science of the total environment, 162, 239 - 252,   1995年
  • Isotope dilution analysis of selenium in biological materials by microwave-induced plasma mass spectrometry, J. Yoshinaga, T. Shirasaki, K. Oishi, M. Morita, Analytical chemistry, 67, 1568 - 1574,   1995年
  • Detection of arsenobetaine in human blood, Y. Shibata, J. Yoshinaga, M. Morita, Applied organometallic chemistry, 8, 249 - 251,   1994年
  • Analysis of serum elements and the contaminations from devices used for serum preparation by inductively coupled plasma mass spectrometry, H. Morita, T. Kita, M. Umeno, M. Morita, J. Yoshinaga, K. Okamoto, Science of the total environment, 151, 9 - 17,   1994年
  • フローインジェクションICP-MSによる生体試料の分析, 吉永淳, Biomedical research on trace elements, 5, 47 - 51,   1994年
  • Trace elements determined along single strands of hair by inductively coupled plasma mass spectrometry, J. Yoshinaga, Y. Shibata, M. Morita, Clinical chemistry, 39, 1650 - 1655,   1993年
  • Micro-laser ablation system combined with inductively coupled plasma mass spectrometry for the determination of elemental composition in the micron range, Y. Shibata, J. Yoshinaga, M. Morita, Analytical sciences, 9, 129 - 131,   1993年
  • The hair-organ relationship in mercury concentration in contemporary Japanese, T. Suzuki, T. Hongo, J. Yoshinaga, H. Imai, M. Nakazawa, N. Matsuo, H. Akagi, Archives of environmental health, 48, 221 - 229,   1993年
  • Nutritional assessment of a group of Japanese elementary school children in Tokyo: With special emphasis on growth, anemia, and obesity, T. Hongo, T. Suzuki, T. Ohba, K. Karita, Y. Dejima, J. Yoshinaga, M. Togo, H. Ishida, H. Suzuki, E. Hisatune, Journal of nutritional science and vitaminology, 38, 177 - 196,   1992年
  • Arsenic lipids in the digestive gland of the western rock lobster Panulirusc cygnus: an investigation by HPLC ICP-MS, J.S. Edmonds, Y. Shibata, K.A. Francesconi, J. Yoshinaga, M. Morita, Science of the total environment, 122, 321 - 335,   1992年
  • Determination of inorganic halogen species by liquid chromatography with inductively coupled plasma mass spectrometry, V.V. Salov, J. Yoshinaga, Y. Shibata, M. Morita, Analytical chemistry, 64, 2425 - 2428,   1992年
  • Mercury concentration correlates with the nitrogen stable isotope ratio in the animal food of Papuans, J. Yoshinaga, T. Suzuki, T. Hongo, M. Minagawa, R. Ohtsuka, T. Kawabe, T. Inaoka, T. Akimichi, Ecotoxicology and environmental safety, 24, 37 - 45,   1992年
  • Carbon and nitrogen isotopic characterization for Papua New Guinea foods, J. Yoshinaga, M. Minagawa, T. Suzuki, R. Ohtsuka, T. Kawabe, T. Hongo, T. Inaoka, T. Akimichi, Ecology of food and nutrition, 26, 17 - 25,   1991年
  • Dietary selenium intake of the Gidra, Papua New Guinea, J. Yoshinaga, T. Suzuki, R. Ohtsuka, T. Kawabe, T. Hongo, H. Imai, T. Inaoka, T. Akimichi, Ecology of food and nutrition, 26, 27 - 36,   1991年
  • Trace elements in human transitory milk, J. Yoshinaga, J-Z. Li, T. Suzuki, K. Karita, M. Abe, H. Fujii, J. Mishina, M. Morita, Biological trace element research, 31, 159 - 170,   1991年
  • 日本茶の亜鉛含量, 吉永 淳, 木村 美恵子, 永井 清久, 糸川 嘉則, 本郷 哲郎, 鈴木 継美, 日本栄養・食糧学会誌, 日本栄養・食糧学会誌, 40, (5) 416 - 418,   1987年

MISC

  • 微量元素分析―規制・法令から生体機能解析まで―大気中水銀の分析, 吉永淳, 山川茜, ぶんせき,   2016年10月05日
  • 放射性炭素同位体分析による大気汚染物質の起源解析, 吉永淳, 創成, 25,   2015年
  • 19~20世紀にわが国で使用された含鉛おしろいに関する研究, 吉永淳, コスメトロジー研究報告, 23,   2015年
  • ビスフェノールAによる卵形成への影響, 吉永淳, 医学のあゆみ, 249,   2014年, 招待有り
  • 大正・昭和期の鉛汚染-含鉛おしろいの影響―, 吉永淳, Beauty Science, 3,   2014年, 招待有り
  • 新生児の肛門性器間距離の測定とその臨床的意義―環境化学物質の体内影響評価に向けて, 水本賀文,鈴木弥生,早田季美恵,今井瑞葉,村上充剛,吉永淳, 産婦人科の実際, 62,   2013年
  • 男児外生殖器疾患患者由来細胞におけるBPAの細胞応答性と遺伝子多型解析に関する研究, 曽根秀子,秦咸陽,吉永淳, Endocrine Disruptor NEWS LETTER, 15, (4) 6 - 6,   2013年
  • 正常及び患者由来皮膚細胞を用いた化学物質曝露による応答性評価に関する研究, 曽根 秀子, 秦 咸陽, 南齋 ひろ子, 米元 純三, 吉永 淳, 日本毒性学会学術年会, 40,   2013年, 男児外性器異常症の発症には,エストロゲンの過剰状態やアンドロゲンの低下状態の関与が知られているため,環境中に存在する内分泌攪乱化学物質の関与が懸念されている。本研究では,化学物質の曝露を特徴づけられるバイオマーカーの検索を目的に,正常(hFFC-N)及び尿道下裂と停留精巣患者由来の包皮線維芽細胞(hFFC-D)におけるエストラジオール,TCDD及びビスフェノールA(BPA)の細胞応答性を調べた。その結果,マイクロアレイ解析を用いて,MMP11遺伝子の発現が低濃度BPA曝露によって有意に抑制することを見出した。更に,低濃度BPA曝露が正常及び停留精巣患者由来のhFFC細胞のMMP11遺伝子発現に影響せず,選択的に尿道下裂患者由来のhFFC細胞におけるMMP11遺伝子発現を抑制するという応答性の違いを見出した。本研究の成果により,正常及び尿道下裂患者由来のhFFC細胞における新たな低濃度BPA曝露(10 nM)の応答性遺伝子を同定した。ヒト由来細胞を使ったin vitro試験が化学物質曝露による応答性の評価体系の開発や構築に有意義なものであることを示唆している。
  • コメ中無機ヒ素の健康リスクに関する研究, 吉永淳, 公益財団法人 飯島藤十郎記念食品科学振興財団 平成24年度年報, 28,   2012年
  • 分子レベルの放射性炭素同位体分析を用いた化学物質の環境動態解析, 吉永 淳, 内田 昌男, 柴田 康行, ぶんせき, (436) 199 - 205,   2011年04月, 査読有り, 招待有り
  • 環境と健康, 吉永淳, Kokutai 月刊医師国試対策, 2010, (7) 84 - 87,   2010年07月, 招待有り
  • フタル酸エステル類のヒト胎児期曝露評価および健康影響評価, 吉永淳, Endocrine Disrupter NEWS LETTER, 11, (4) 7 - 7,   2009年, 招待有り
  • 江戸時代鉛汚染に関する研究―発掘人骨・遺物の化学分析による汚染原因と影響の解明に向けて―, 吉永淳, 公益財団法人三菱財団 第40回2009三菱財団研究・事業報告書,   2009年
  • 妊婦尿を用いた胎児の化学物質曝露モニタリング, 鈴木 弥生, 丹羽 麻裕, 吉永 淳, 渡辺 知保, 水本 賀文, 芹沢 滋子, 白石 寛明, 日本衞生學雜誌, 63,   2008年03月
  • 江戸時代の古人骨中の鉛分析による当時の鉛汚染源の研究, 柿沼 由佳理, 吉永 淳, 近藤 修, 片山 一道, 藤澤 珠織, 米田 穣, 日本衞生學雜誌, 63,   2008年03月
  • Radiocarbon analysis of aldehydes in indoor air for source apportionment, 20. M. Kuramata, N. Shinohara, J. Yoshinaga, M. Yoneda, H. Seyama, M. Uchida, Y. Shibata, 第10回AMSシンポジウム,   2008年
  • ダイオキシン類曝露による妊孕力への影響 : 受胎待ち時間調査法を用いた検討, 荒川 千夏子, 吉永 淳, 北村 公義, 橋本 俊次, 今井 秀樹, 加藤 貴彦, 日本衞生學雜誌, 62,   2007年03月
  • 妊婦尿中フタル酸エステル類代謝産物分析に基づく曝露評価, 鈴木 弥生, 吉永 淳, 渡辺 知保, 水本 賀文, 芹沢 滋子, 白石 寛明, 日本衞生學雜誌, 62,   2007年03月01日
  • 還元気化-金アマルガム-原子吸光分析法を用いた頭髪水銀分析, 吉永淳、大野佐代子、荒川千夏子, Hitachi Scientific Instrument News, (50) 7 - 10,   2007年, 招待有り
  • 放射性炭素同位体を指標とした室内アセトアルデヒドの発生源解析, 吉永淳, 住宅総合研究財団研究論文集, (33) 347 - 356,   2007年
  • 日本人の土壌摂食量, 吉永淳, リスクセンター四季報, 3, (3/4) 5 - 7,   2006年, 招待有り
  • 放射性炭素同位体を指標とした室内アセトアルデヒドの発生源解析--方法論の開発と適用, 吉永 淳, 柴田 康行, 米田 穣, 住宅総合研究財団研究論文集, (33) 347 - 256,   2006年
  • Mercury in human hair by discrete sampling ICP-MS, K. Ohsawa, J. Yoshinaga, Agilent ICP-MS Journal, 24,   2005年, 招待有り
  • 「2003分析展」を見て, 阿部 芳廣, 吉永 淳, ぶんせき, (349) 51 - 52,   2004年01月, 招待有り
  • 土壌汚染の分析法, 吉永淳, ケミカルエンジニアリング, 49,   2004年, 招待有り
  • 有機炭素・無機炭素別放射性同位体比に基づく大気浮遊粉じん中炭素成分の由来の検討, 平林 幹啓, 松尾 基之, 柴田 健, 村本 淳, 吉永 淳, 小林 伸治, 鈴木 亮, 小林 利行, 田邊 潔, 柴田 康行, 日本地球化学会年会要旨集, 51, (0) 261 - 261,   2004年, 生物由来の炭素成分には放射性炭素が含まれる。我々は、大気粉じん試料に含まれる放射性炭素同位体に着目し、有機炭素成分と元素状炭素成分それぞれの放射性炭素濃度の測定を行い、大気粉じん中炭素成分の由来に関する検討を行ったので報告する。
  • 失敗から学ぶ, 吉永 淳, ぶんせき,   2003年12月, 招待有り
  • 骨の化学分析から見た縄文時代人・弥生時代人の食生活, 米田穣、吉永淳, 日本人と日本文化, 15,   2001年
  • 鉛による地球規模の環境汚染と日本人の鉛暴露源(シリーズ), 吉永 淳, 人間と生活環境, 6, (2) 92 - 97,   1999年06月, 招待有り, 鉛の環境負荷量は,地球規模で見ても,あるいは日本においても,減少してきている。それにともないヒトの鉛負荷量も減少し,現在では,たとえばアメリカCDCのactton levelに比較すれば,深刻なレべルにはない。ただし,地球の隅々まで及んでしまった人為起源鉛の環境負荷のために,低レべル鉛暴露による人体影響について評価しきれていない。したがってヒト鉛負荷量は可能な限り低く抑える必要があり,そのためにも現代日本人の鉛暴露源を明らかにしておく必要がある。食物,大気以外にも生活環境の中にある鉛源を明らかにするとともに,子宮内での暴露についても考えていく必要を指摘した。
  • 金属分析の現状と進歩:ICP-MS分析法による新展望, 吉永 淳, 水環境学会誌 = Journal of Japan Society on Water Environment, 22, (5) 330 - 335,   1999年05月, 招待有り
  • 水酸化テトラメチルアンモニウムを用いたICP-MSによる食物中のヨウ素の分析, 吉永 淳, ぶんせき, 292,   1999年04月, 招待有り
  • プラズマイオン源質量分析装置のイオン透過特性について, 大石 公之助, 吉永 淳, 白崎 俊浩, 奥本 豊治, 旭川工業高等専門学校研究報文, 34,   1997年03月, 査読有り
  • 環境, 吉永 淳, ぶんせき, 263,   1996年11月, 招待有り
  • MIP-MSを用いた生物試料中のセレンの同位体希釈分析, 吉永淳、森田昌敏, Hitachi Scientific Instrument News, 38,   1995年, 招待有り
  • 誘導結合プラズマ発光分析法およびICP質量分析法, 吉永淳, 日本臨床, 54,   1995年, 招待有り
  • プラズマ分光分析法による環境中有機鉛分析の進歩, 吉永 淳, 化学と工業 = Chemistry and chemical industry, 47, (7) 912 - 913,   1994年07月, 招待有り
  • Biological monitoring of trace elements with human bone, T. Suzuki, J. Yoshinaga, Proceedings of 2nd Asia-Pacific Symposium on Environmental and Occupational Health, ,   1994年
  • Determination of trace elements in pure water by ICP mass spectrometry, C. Suzuki, J. Yoshinaga, M. Morita, Analytical Sciences, 7,   1991年
  • 微量元素と健康-その摂取/曝露による人体への影響-, 吉永淳、鈴木継美, 食の科学, 164,   1991年, 招待有り
  • 安定同位体分析による人間―環境系の理解, 吉永淳, 医学のあゆみ, 153,   1990年, 招待有り

書籍等出版物

  • 毒性の科学:分子・細胞から人間集団まで
    吉永淳
    分担執筆鉛(pp. 132-135)東京大学出版会  2014年
  • 化学実験における事故例と安全
    吉永淳
    分担執筆有害性物質オーム社  2013年
  • 同位体環境分析
    吉永淳
    分担執筆鉛同位体分析による人体汚染源の解析(pp. 273-280)丸善  2013年
  • 東叡山寛永寺 徳川将軍家御裏方霊廟
    米田穣、吉永淳、柿沼由佳理、内藤裕一
    共著第六節 寛永寺出土徳川将軍親族遺体における鉛濃度測定吉川弘文館  2012年03月
  • 環境分析ガイドブック
    吉永淳
    分担執筆丸善  2011年
  • すっきりわかる!くらしの中の化学物質大事典
    吉永淳
    分担執筆くもん出版  2011年
  • シリーズ〈環境世界〉2. 環境システム学の創る世界
    吉永淳
    分担執筆現代の化学物質による環境問題朝倉書店  2011年
  • 分析化学便覧第六版
    吉永淳
    分担執筆丸善  2011年
  • 人間の生態学
    吉永淳
    共著9章 生体指標から見た人間の生態,13章 食と人間の安定同位体生態学朝倉書店  2011年
  • 改訂版 分子予防環境医学
    吉永淳
    分担執筆III-9 重金属 c. 鉛 (pp. 655-661)本の泉社  2010年
  • 化学分析・試験に役立つ標準物質活用ガイド
    吉永淳
    分担執筆丸善  2009年
  • 実験化学講座20-2 環境化学
    吉永淳
    分担執筆人体可給態金属の分析(pp. 363-367);毛髪一本の分析による水銀摂取量の経時変化の解析 (pp. 457-462)丸善  2007年
  • 現場で役立つ環境分析の基礎
    吉永淳
    分担執筆第1,2,8章オーム社  2007年
  • 実験化学講座30化学物質の安全管理
    吉永淳
    丸善  2006年
  • 化学物質・プラント 事故事例ハンドブック
    吉永淳
    分担執筆丸善  2006年
  • 水の事典
    吉永淳
    分担執筆飲料水中の化学物質と健康(pp. 513-531)朝倉書店  2004年
  • 危険物の事典
    吉永淳
    分担執筆朝倉書店  2004年
  • Organometallic Compounds in the Environment 2nd edition
    吉永淳
    分担執筆Organolead Compounds in the EnvironmentWiley  2003年
  • 分析化学便覧第五版
    吉永淳
    分担執筆丸善  2002年
  • くらしの中の知らない化学物質9 印刷物・文房具
    吉永淳
    共著くもん出版  2002年
  • 環境化学物質の最新計測技術
    吉永淳
    分担執筆環境水(河川水、湖沼、地下水、海水)1. 重金属リアライズ社  2001年
  • 化学安全ハンドブック
    吉永淳
    その他丸善  2001年
  • 誘導結合プラズマ質量分析法
    吉永淳
    その他微量,超微量元素分析のためのマイクロ波試料調製の現状(pp. 34-59)  2000年
  • 環境ホルモンのモニタリング技術
    吉永淳
    分担執筆ICP-MS(pp. 40-49)シーエムシー  1999年
  • The Use of Matrix Reference Materials in Environmental Analytical Processes
    K. Okamoto, J. Yoshinaga
    分担執筆Proper use of reference materials for elemental speciation studiesRoyal Society of Chemistry  1999年
  • Handbook of Human Toxicology
    Jun Yoshinaga
    分担執筆Methods in Toxicology (pp. 5-32)CRC Press  1997年
  • 新しい排水基準とその分析法
    吉永淳
    分担執筆pp.83-84環境化学研究会  1993年