詳細検索はこちら
※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

小笠原 盛浩オガサハラ モリヒロ

所属・担当
社会学部メディアコミュニケーション学科
社会学研究科社会学専攻
職名教授
メールアドレス
ホームページURL
生年月日
Last Updated :2020/01/17

研究者基本情報

基本情報

    プロフィール:ソーシャルメディアをはじめとするインターネット上のコミュニティにおけるコミュニケーション行動を研究しています。
    (フィルターバブル、ネット選挙、災害時流言、ネット上の情報の信憑性、消費者と企業のネット上の協働など)

学歴

  • 2005年04月 - 2008年03月, 東京大学, 学際情報学府, 社会情報学コース
  • 2003年04月 - 2005年03月, 東京大学, 人文社会系研究科, 社会情報学専攻

学位

  • 修士(社会情報学)

所属学協会

  • 日本社会心理学会
  • 日本マス・コミュニケーション学会
  • 情報通信学会
  • 社会情報学会
  • American Political Science Association
  • International Communication Association

委員歴

  •   2017年10月 - 2019年03月, 情報通信学会, 関西副センター長
  •   2016年10月 - 2019年06月, 社会情報学会, 理事
  •   2012年10月 - 現在, 社会情報学会, 編集委員

経歴

  •   2019年04月 - 現在, 東洋大学, 社会学部メディアコミュニケーション学科, 教授
  •   2011年04月 - 2019年03月, 関西大学, 社会学部, 准教授
  •   2012年04月 - 2017年03月, 大阪経済大学, 人間科学部, 非常勤講師
  •   2015年04月 - 2016年03月, University of Southern California, Annenberg School for Communication and Journalism, Visiting Scholar
  •   2009年04月 - 2011年03月, 学習院大学, 法学部, 非常勤講師
  •   2008年04月 - 2011年03月, 東京大学大学院, 情報学環, 助教
  •   2007年04月 - 2011年03月, 立教大学, 社会学部, 非常勤講師
  •   2010年09月 - 2010年11月, Jawaharlal Nehru University, UGC Academic Staff College, Visiting Scholar
  •   2007年04月 - 2009年03月, 十文字学園女子大学, メディアコミュニケーション学科, 非常勤講師

研究活動情報

研究分野

  • 社会学, 社会学, 社会情報学
  • 心理学, 社会心理学

研究キーワード

    インターネット;コミュニケーション;ソーシャルメディア

論文

  • How Did Rumors on Twitter Diffuse and Change in Expression? An Investigation of the Process of Spreading Rumors on Twitter during the 2011 Great East Japan Earthquake, 小笠原 盛浩, Advances in Human-Computer Interaction, 2019,   2019年
  • マスメディア報道はTwitter上の災害時流言を抑制できたか? : 2011年東日本大震災におけるコスモ石油流言の定性的分析, 小笠原盛浩, 川島浩誉, 藤代裕之, 関西大学社会学部紀要, 49, (2) 121 - 140,   2018年03月
  • ネット選挙運動の「効果」は変化したか? : 2013年参院選と2016年参議院の定量的比較分析, 小笠原 盛浩, 関西大学社会学部紀要, 49, (2) 105 - 120,   2018年03月
  • ソーシャルメディア上の政治コミュニケーションとマスメディア, 小笠原 盛浩, マス・コミュニケーション研究, (85) 63 - 80,   2014年07月
  • 日本のブロゴスフィアにおける政治系有名ブログの影響-2007年参議院議員選挙時の内容分析から, 小笠原 盛浩, マス・コミュニケーション研究, (81) 87 - 104,   2012年07月
  • 読者が認識したブロガータイプにもとづく,2007年参議院選挙時のブログ読者行動の分析, 小笠原盛浩;;, マス・コミュニケーション研究, (77) 261 - 278,   2010年07月
  • インターネットのメディア信頼性形成モデルに関する実証分析, 小笠原盛浩;;, マス・コミュニケーション研究, (73) 113 - 130,   2008年07月
  • リアルとバーチャルネットワークのつながり-日韓オンラインコミュニティの比較研究, 石井健一;小笠原盛浩;, CYBERPSYCHOLOGY & BEHAVIOR, Volume 10, Number 2, 252-257,   2007年04月
  • オンラインコミュニティ類型を用いた利用と満足分析-日韓学生データを用いた利用行動の探索的研究-, 小笠原盛浩;, 日本社会情報学会学会誌, 18, (2) 21 - 37,   2006年09月
  • インターネットの信頼感をめぐるダイナミズム-なぜパラドックスが生じるのか, 小笠原盛浩;, 平成15年度情報通信学会年報, 51 - 62,   2004年03月
  • 子コミュニティ内の知識流通におけるメンバー間の役割, 小笠原盛浩, 情報通信学会誌, (62) 124 - 138,   2000年01月

書籍等出版物

  • フェイクニュースに震撼する民主主義-日米韓の国際比較
    小笠原 盛浩
    共著第5章 日本の有権者はいかにニュースをフェイクと認識したか-2017衆院選における「フェイクニュース」の認知大学教育出版  2019年10月
  • Internet election campaigns in the United States, Japan, South Korea, and Taiwan
    小笠原 盛浩
    共著Chapter 4. Media Environments in the United States, Japan, South Korea, and TaiwanPalgrave Macmillan  2018年
  • ポスト・モバイル社会―セカンドオフラインの時代へ
    小笠原盛浩
    共著第13章 ソーシャルメディアで共有されるニュース世界思想社  2016年03月
  • ネットメディアと“コミュニティ”形成
    小笠原盛浩
    共著第14章 オンラインコミュニティと社会のダイナミズム東京電機大学出版局  2008年03月

受賞

  •   2004年03月, 情報通信学会, 情報通信学会設立20周年懸賞論文, 入選
  •   2007年08月, Association for Education in Journalism and Mass Communication, Robert Picard Award, Winner

競争的資金

  • ソーシャルメディア上のコミュニケーションがフィルターバブルを生むメカニズムの検証, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究C, 小笠原 盛浩
  • 国政選挙におけるネット選挙運動の比較調査研究, 電気通信普及財団, 研究調査助成, 小笠原 盛浩
  • ソーシャルスクリーニング利用の心理・影響に関する実証的研究, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究C, 小笠原 盛浩

教育活動情報

担当経験のある科目

  • コミュニケーションと社会, 関西大学
  • 情報社会論, 関西大学
  • インターネット・コミュニケーション論, 関西大学
  • 情報行動論, 大阪経済大学
  • マスコミの社会心理学, 十文字学園女子大学
  • インターネットと公共性Ⅰ, 学習院大学
  • 情報ネットワーク論, 立教大学