研究者総覧

金子 雅也 (カネコ マサヤ)

  • 総合情報学部総合情報学科 助教
Last Updated :2020/10/20

研究者情報

学位

  • MA in TESOL(2005年01月 Temple University)

論文上での記載著者名

  • Kaneko Masaya

科研費研究者番号

  • 50748035

J-Global ID

研究分野

  • 人文・社会 / 言語学

経歴

  • 2017年08月 - 現在  Educational Testing Service (ニュージャージー州、アメリカ)ETS公認トレーナー
  • 東京電機大学 理工学部共通教育群講師(教育B)

所属学協会

  • Asia TEFL   American Association for Applied Linguistics   関東甲信越英語教育学会   全国英語教育学会   TESOL International Association   大学英語教育学会   全国語学教育学会(JALT)   

研究活動情報

論文

  • Lexical Frequency Profiling of High-Stakes English Tests: Text Coverage of Cambridge First, EIKEN, GTEC, IELTS, TEAP, TOEFL, and TOEIC
    KANEKO Masaya
    JACET Journal 64 79 - 93 2020年03月 [査読有り]
  • Vocabulary Size Targets for the TOEIC Test
    KANEKO Masaya
    JACET Journal 61 57 - 67 2017年02月 [査読有り]
  • Vocabulary Size Required for the TOEFL iBT Listening Section
    The Language Teacher 39 1 9 - 14 Japan Association for Language Teaching (JALT) 2015年01月 [査読有り]
  • Investigating the Lexical Frequency Levels of the Reading and Listening Sections of the TOEFL Internet-Based Test Using the BNC/COCA Word Lists
    The Proceedings of the 13rd Annual Hawaii International Conference on Education 13 2445 - 2459 2015年01月
  • Should We Separate Written and Spoken Texts When Estimating Coverage Figures for English Proficiency Tests?
    Vocabulary Education and Research Bulletin 3 2 10 - 11 JALT Vocabulary Special Interest Group 2014年09月 [査読有り]
  • Receptive vocabulary size required for the first grade of the Eiken test: Is learning a vocabulary beyond the 10,000-word frequency level necessary?
    Vocabulary Education and Research Bulletin 3 1 4 - 6 JALT Vocabulary Special Interest Group 2014年04月 [査読有り]
  • Treatment of proper nouns: Does the deletion of proper nouns affect the outcome of text coverage studies?
    Vocabulary Education and Research Bulletin 2 2 4-6  JALT Vocabulary Special Interest Group 2013年09月 [査読有り]
  • Estimating the reading vocabulary-size goal required for the Tokyo University entrance examination
    The Language Teacher 37 4 40-45  JALT 2013年07月 [査読有り]
  • Lexical frequency profiling of Japanese high school English reading textbooks
    Vocabulary Education & Research Bulletin 2 1 3-4  JALT Vocabulary Special Interest Group 2013年03月 [査読有り]
  • How large a vocabulary is required for the National Center Test?
    Vocabulary Education & Research Bulletin 1 2 4-5  JALT Vocabulary Special Interest Group 2012年10月 [査読有り]

書籍

  • TOEFL Web Magazine No.142
    (担当:分担執筆範囲:語彙強化と正しい読み方を身に付ける)CIEE 2020年05月
  • TOEFL Web Magazine No.140
    (担当:分担執筆範囲:実践のシミュレーションをするなら公式教材が最初の一歩)CIEE 2020年03月

講演・口頭発表等

  • TOEFL ITPテストリスニングセクションの語彙頻度分析:目標語彙サイズとAcademic Spoken Word Listのカバー率  [通常講演]
    金子雅也
    大学英語教育学会第58回国際大会 2019年08月 口頭発表(一般)
  • センター試験とTOEFLテストの比較語彙頻度分析研究ーリーディングにおける目標語彙サイズ、Academic Word Listのカバー率の違いに焦点を置いて  [通常講演]
    金子雅也
    大学英語教育学会第57回国際大会 2018年08月 口頭発表(一般)
  • 『TOEFL ITP Practice Tests』リーディングパッセージの語彙頻度分析結果に基づく語彙指導ー目標語彙サイズの設定と語彙頻度リストの活用  [通常講演]
    金子雅也
    全国英語教育学会第43回島根研究大会 2017年08月 口頭発表(一般)
  • TOEFL iBTテストリーディングセクション指導における語彙リストの活用
    金子雅也
    全国英語教育学会第42回埼玉研究大会 2016年08月 口頭発表(一般)
  • Receptive vocabulary size target for the IELTS: How close is it to the TOEFL?  [通常講演]
    Masaya Kaneko
    Annual Hawaii International Conference on Education 2016年01月
  • TOEFL iBT®に求められる語彙知識:語彙サイズ、音の連結について  [招待講演]
    2015年度 英語・英米文学会講演会 2015年11月 弘前学院大学 英語・英米文学会
     
    本講演の主なテーマは、TOEFL iBT®にて求められる語彙知識についてとなります。まず初めにTOEFL®に必要な語彙サイズは何千語か、またどのような語彙リストが効果的か説明したいと思います。その後、TOEFL®で見られるconnected speechについて話をしていきます。ネイティブスピーカーの教員が授業で話す英語は聞き取ることができるが、ネイティブスピーカーの教員同士で話すインフォーマルな会話になると聞き取ることができない、このような現象の原因の一つとなるのがconnected speechです。この知識は「アナと雪の女王」、「ベイマックス」などアメリカ映画の理解にも必要不可欠となります。
  • Lexical Size Targets for the Reading and Listening Sections of the TOEFL Internet-Based Test  [通常講演]
    大学英語教育学会 第54回 国際大会 2015年08月 口頭発表(招待・特別) 鹿児島、日本
  • Investigating the Lexical Frequency Levels of the Reading and Listening Sections of the TOEFL Internet-Based Test  [通常講演]
    Hawaii International Conference on Education 2015年01月 ポスター発表 Hilton Hawaiian Village Beach Resort & Spa Drexel University, Pepperdine University, & University of Louisville
  • Should We Separate Written From Spoken Text When Estimating Coverage Figures for English Proficiency Tests?  [通常講演]
    3rd Annual Vocabulary Symposium 2014 2014年06月 ポスター発表 福岡、日本 JALT Vocabulary Special Interest Group

MISC

  • Fluency development: Improving number fluency while raising cross-cultural awareness
    The Language Teacher 37 (2) 4-6 2013年03月 [査読有り]
  • Vocabulary building: Two successful strategies for Japanese senior high school students
    The Language Teacher 35 (5) 46-47 2011年09月 [査読有り]

委員歴

  • 2013年07月 - 2014年06月   全国語学教育学会(JALT)   語彙研究部会 外部査読委員

その他のリンク

researchmap