研究者総覧

合田 達郎 (ゴウダ タツロウ)

  • 理工学部生体医工学科 教授
  • 工業技術研究所 教授
  • 理工学研究科生体医工学専攻 教授
Last Updated :2021/08/31

研究者情報

学位

  • 博士(工学)(2008年03月 東京大学)

ホームページURL

科研費研究者番号

  • 20588347

J-Global ID

研究キーワード

  • organic bioelectronics   有機バイオエレクトロニクス   バイオマテリアル   バイオミメティックス   バイオセンサ   

研究分野

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 電子デバイス、電子機器
  • ナノテク・材料 / 生体化学
  • ナノテク・材料 / 高分子化学
  • ナノテク・材料 / 分析化学
  • ナノテク・材料 / ナノマイクロシステム
  • ナノテク・材料 / ナノ材料科学
  • ライフサイエンス / 生体材料学
  • ライフサイエンス / 生体医工学
  • ナノテク・材料 / 複合材料、界面
  • ナノテク・材料 / 構造材料、機能材料

経歴

  • 2021年04月 - 現在  東洋大学理工学部 生体医工学科教授
  • 2020年04月 - 現在  東京医科歯科大学生体材料工学研究所 医療デバイス研究部門非常勤講師
  • 2020年04月 - 2021年03月  東洋大学理工学部 生体医工学科准教授
  • 2019年03月 - 2021年03月  中国 内モンゴル民族大学 非常勤教授ナノイノベーションセンター特任教授
  • 2016年04月 - 2020年03月  日本大学理工学部非常勤講師
  • 2011年03月 - 2020年03月  東京医科歯科大学生体材料工学研究所 医療デバイス研究部門 バイオエレクトロニクス助教
  • 2012年01月 - 2014年03月  スウェーデン カロリンスカ研究所 客員研究員 併任メディカルナノサイエンスセンター未設定
  • 2010年09月 - 2011年02月  東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科 生命理工学系専攻 生命理工学講座 バイオエレクトロニクス特任助教
  • 2009年04月 - 2010年08月  物質・材料研究機構生体材料センター NIMSポスドク未設定
  • 2008年04月 - 2009年03月  平成20年4月 日本学術振興会特別研究員特別研究員(PD)未設定
  • 2008年08月 - 2008年10月  スウェーデン ウプサラ大学 オングストローム研究所 客員研究員 併任未設定
  • 2007年04月 - 2008年03月  日本学術振興会特別研究員特別研究員(DC2)未設定
  • 2005年04月 - 2007年03月  東京大学21世紀COEリサーチアシスタント未設定

学歴

  • 2005年04月 - 2008年03月   東京大学   工学系研究科   マテリアル工学専攻 博士課程
  • 2003年04月 - 2005年03月   東京大学   工学系研究科   マテリアル工学専攻 修士課程
  • 1999年04月 - 2003年03月   京都大学   工学部   物理工学科

所属学協会

  • 高分子学会   応用物理学会 有機分子・バイオエレクトロニクス分科会   日本バイオマテリアル学会   

研究活動情報

論文

書籍

  • インフルエンザウイルスを高感度で検出する糖鎖を組み込んだ導電性プラスチックを開発
    合田達郎 (担当:単著範囲:Bloom!医科歯科大 23)東京医科歯科大学 2017年09月 2 16-17
  • 生体膜を真似る・生体膜を越える
    合田達郎 (担当:単著範囲:膜(日本膜学会編)42(3))2017年03月 7 90-96
  • Miyuki Tabata; Tatsuro Goda; Akira Matsumoto; Yuji Miyahara (担当:共著範囲:Field-Effect Transistors for Detection of Biomolecular Recognition)Springer 2016年09月 ISBN: 9784431564294 341 13-25
  • 合田達郎; 田畑美幸; 宮原裕二 (担当:共著範囲:バイオトランジスタによる生体分子計測)シーエムシー出版 2016年03月 ISBN: 9784781311524 258 136-143
  • 宮原裕二; 松元亮; 合田達郎; 前田康弘; 田畑美幸; 三條舞 (担当:共著範囲:機能性超分子界面を用いるバイオトランジスタ)シーエムシー出版 2014年09月 ISBN: 9784781309736 257 78-90
  • 合田達郎; 宮原裕二 (担当:共著範囲:バイオトランジスタ)シーエムシー出版 2014年03月 ISBN: 9784781309347 265 123-130
  • Tatsuro Goda; Yuji Miyahara (担当:共著範囲:Aptamer Nanostructures as Signaling Molecular Switches in Electrochemical Biosensing)Studium Press LLC 2013年01月 400 37-58
  • Tatsuro Goda; Yuji Miyahara (担当:共著範囲:Sensing of Biomolecular Charges at Designer Nanointerfaces)The Royal Society of Chemistry 2012年09月 ISBN: 9781849734158 473 302-317
  • 合田達郎; 宮原裕二 (担当:共著範囲:バイオFETセンサ)NTS出版 2012年06月 ISBN: 9784864690034 656 445-449
  • 合田達郎; 宮原裕二 (担当:共著範囲:ナノバイオFET)シーエムシー出版 2011年 ISBN: 9784781304878 267 163-169
  • Biomaterials and Regenerative Medicine in Ophthalmology, Part I
    Tatsuro Goda; Takanori Shimizu; Kazuhiko Ishihara (担当:共著範囲:Bioinspired biomaterials for soft contact lenses)Woodhead Publishing Limited and CRC press, Cambridge, UK, 2010年01月 263-279

講演・口頭発表等

  • マイクロpHセンサによる定量う蝕診断  [招待講演]
    田畑美幸; Chindanai Ratanaporncharoen; 北迫勇一; 池田正臣; 合田達郎; 松元亮; 田上順次; 宮原裕二
    2019年度砥粒加工学会学術講演会(ABTEC2019) 2019年08月 口頭発表(招待・特別)
  • 体内局所pH測定を実現する酸化イリジウム微小電極の開発  [招待講演]
    合田達郎
    2019年度田中貴金属工業技術交流イベント 2019年08月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • Sugar-tethered and Zwitterionic PEDOTs for Virus Detections and Antifouling Biosensing  [通常講演]
    Tatsuro Goda; Hideki Fujisaki; Wenfeng Hai; Masahiro Toya; Akira Matsumoto; Yuji Miyahara
    12th International Symposium on Flexible Organic Electronics (ISFOE19) 2019年07月 口頭発表(一般) Thessaloniki
  • Development of Influenza Virus-Recognizable Conducting Polymers for Bioelectronic Applications  [通常講演]
    Tatsuro Goda; Yuji Miyahara
    10th International Conference on Molecular Electronics and Bioelectronics (M&BE10) 2019年06月 口頭発表(一般) Nara
  • Specific Detection of Human Influenza Virus Using Resistive Pulse Sensing with Nanoparticle-based Molecular Recognition  [通常講演]
    Yukichi Horiguchi; Tatsuro Goda; Akira Matsumoto; Hiroaki Takeuchi; Shoji Yamaoka; Yuji Miyahara
    10th International Conference on Molecular Electronics and Bioelectronics (M&BE10) 2019年06月 ポスター発表 Nara
  • Ultrasensitive assays for epithelial tight junction formation by monitoring proton leaks using ISFET  [通常講演]
    Hiroaki Hatano; Tatsuro Goda; Akira Matsumoto; Yuji Miyahara
    10th International Conference on Molecular Electronics and Bioelectronics (M&BE10) 2019年06月 口頭発表(一般) Nara
  • う蝕診断をサポートするマイクロpHセンサ  [通常講演]
    田畑美幸; Chindanai Ratanaporncharoen; 北迫勇一; 池田正臣; 合田達郎; 松元亮; 田上順二; 宮原裕二
    第58回日本生体医工学会大会 2019年06月 ポスター発表 沖縄コンベンションセンター
  • 機能性表面の構築とバイオセンシング応用  [招待講演]
    合田達郎
    第68回高分子学会年次大会 2019年05月 口頭発表(招待・特別) 大阪国際会議場
  • 多孔性ゲート電極と固定相材料膜からなる電界効果トランジスタ型センサアレイおよび機械学習による揮発性バイオマーカーのインテリジェントセンシング  [通常講演]
    吉住年弘; 合田達郎; 松元亮; 鷲尾隆; 宮原裕二
    第66回応用物理学会春季学術講演会 2019年03月 口頭発表(一般) 東京工業大学
  • Biorecognizable Conducting Polymers for Biosensing  [通常講演]
    Tatsuro Goda
    Symposium: Crossing Borders in Medical Nanoscience and Biomaterials 2019年03月 口頭発表(招待・特別)
  • pH 摂動法によるバイオトランジスタを用いた細胞機能評価  [通常講演]
    合田達郎
    第24回次世代医工学研究会 2019年02月 口頭発表(一般) かんぽの宿有馬
  • 小型・可搬型microRNA定量検出pHセンサの開発  [通常講演]
    田畑美幸; 吉岡祐亮; 合田達郎; 松元亮; 落谷孝弘; 宮原裕二
    第3回Liquid Biopsy研究会 2019年01月 口頭発表(一般) 京王プラザホテル
  • Conducting Polymers for Biosensing Applications  [招待講演]
    Tatsuro Goda
    5th Joint Symposium between IBB/TMDU and Chulalongkorn University on Biomedical Materials and Engineering 2019年01月 口頭発表(一般)
  • Micro Ir/IrOx pH sensor for quantitative dental caries detection  [通常講演]
    Miyuki Tabata; Chindanai Ratanaporncharoen; Yuichi Kitasako; Masaomi Ikeda; Junji Tabami; Tatsuro Goda; Akira Matsumoto; Yuji Miyahara
    3rd International Symposium of the Network-type Joint Usage/Research Center for Radiation Disaster Medical Science 2019年01月 ポスター発表 Celecton Fukushima
  • 粒子個別計測技術を用いたインフルエンザウイルスの特異的検出手法の開拓  [通常講演]
    堀口諭吉; 合田達郎; 松元亮; 武内寛明; 山岡昇司; 宮原裕二
    第28回インテリジェント・ナノ材料シンポジウム 2019年01月 口頭発表(一般) 東京女子医科大学
  • Conducting Polymers with Recognizable Units for Biosensing Applications  [招待講演]
    Tatsuro Goda
    Seminar at Inner Mongolia University for Nationalities 2019年01月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • Conducting Polymers with Target Recognition Element for Biosensing Applications  [招待講演]
    Tatsuro Goda
    International Conference on BioSensors, BioElectronics, BioMedical Devices, BioMEMS/NEMS & Applications (Bio4Apps 2018/2019) 2019年01月 口頭発表(招待・特別) Harbin
  • Simple Functionalization Technique for Extremely Small Pore via Polydopamine Layer  [通常講演]
    Yukichi Horiguchi; Tatsuro Goda; Yuji Miyahara
    1st G'L'owing Polymer Symposium in KANTO (GPS-K 2018) 2018年12月 ポスター発表 Waseda University
  • う蝕定量評価を実現するマイクロpHセンサの開発  [通常講演]
    田畑美幸; Ratanaporncharoen Chindanai; 北迫勇一; 池田正臣; 合田達郎; 松元亮; 田上順次; 宮原裕二
    日本生体医工学会関東支部若手研究者発表会2018 2018年12月 口頭発表(一般) 東京大学本郷キャンパス
  • Investigation of Simple and Easy Functionalization Method for Single Conical Pore with a Polydopamine Layer  [通常講演]
    Yukichi Horiguchi; Tatsuro Goda; Yuji Miyahara
    31st International Microprocesses and Nanotechnology Conference (MNC 2018) 2018年11月 ポスター発表 Sapporo
  • ポリドーパミン層を基材とした細孔表面の簡便な表面機能化  [通常講演]
    堀口諭吉; 合田達郎; 宮原裕二
    第40回日本バイオマテリアル学会大会 2018年11月 ポスター発表 神戸国際会議場
  • 双性イオン含有PEDOTを用いた導電性と耐汚れ性を有する表面の創製  [通常講演]
    合田達郎; 宮原裕二
    第40回日本バイオマテリアル学会大会 2018年11月 口頭発表(一般) 神戸国際会議場
  • The effect of chemical modification on gate surface to pH response of ISFET  [通常講演]
    Chattarika Khamhanglit; Miyuki Tabata; Pornnapat Kul-eung; Mana Sriyudthsak; Tatsuro Goda; Akira Matsumoto; Tetsuo Tabei; Anri Nakajima; Yuji Miyahara
    3rd International Symposium on Biomedical Engineering 2018年11月 ポスター発表 Hiroshima University
  • Integrated thin-film electrochemical sensors for monitoring nucleic acid amplification  [通常講演]
    Miyuki Tabata; Dilinaer Ainiwaer; Tatsuro Goda; Akira Matsumoto; Koichi Kato; Yuji Miyahara
    3rd International Symposium on Biomedical Engineering 2018年11月 ポスター発表 Hiroshima University
  • Label-free electrochemical sensors detecting microRNA for liquid biopsy  [通常講演]
    Miyuki Tabata; Yusuke Yoshioka; Tatsuro Goda; Akira Matsumoto; Takahiro Ochiya; Yuji Miyahara
    3rd International Symposium on Biomedical Engineering 2018年11月 ポスター発表 Hiroshima University
  • Ultra-thin flexible electronics for healthcare applications  [通常講演]
    Yusuke Kido; Yuma Tetsu; Shinji Takeoka; Toshinori Fujie; Tatsuro Goda; Yuji Miyahara
    3rd International Symposium on Biomedical Engineering 2018年11月 ポスター発表 Hiroshima University
  • Development of the wireless pH sensor for quantitative analysis in dental field  [通常講演]
    Chindanai Ratanaporncharoen; Miyuki Tabata; Noboru Ishihara; Kazuya Masu; Mana Sriyudthsak; Yuichi Kitasako; Masaomi Ikeda; Junji Tagami; Tatsuro Goda; Akira Matsumoto; Yuji Miyahara
    3rd International Symposium on Biomedical Engineering 2018年11月 ポスター発表 Hiroshima University
  • Establishment of label-free electrochemical DNA detection methods using isothermal nucleic acid amplification  [通常講演]
    Miyuki Tabata; Enrico Tenaglia; Tatsuro Goda; Akira Matsumoto; Carlotta Guiducci; Yuji Miyahara
    3rd International Symposium on Biomedical Engineering 2018年11月 ポスター発表 Hiroshima University
  • Cellular membrane translocation of sulfobetaine - PEG copolymers  [通常講演]
    Nobuyuki Morimoto; Tatsuro Goda; Yuji Miyahara; Masaya Yamamoto
    3rd International Symposium on Biomedical Engineering 2018年11月 ポスター発表 Hiroshima University
  • Active proton-sensing reveals ion barrier functions of cells  [通常講演]
    Tatsuro Goda; Yuji Miyahara
    3rd International Symposium on Biomedical Engineering 2018年11月 ポスター発表 Hiroshima University
  • バイオトランジスタによるバイオセンシング  [通常講演]
    合田達郎
    M&BE 講習会 2018年11月 口頭発表(招待・特別)
  • う蝕定量評価を実現するマイクロpHセンサ  [通常講演]
    田畑美幸; Ratanaporncharoen Chindanai; 北迫勇一; 池田正臣; 合田達郎; 松元亮; 田上順次; 宮原裕二
    第35回センサ・マイクロマシンと応用システムシンポジウム 2018年10月 ポスター発表 札幌市民交流プラザ
  • Application of solid-state electrochemical sensors for quantitative analysis in dental field  [通常講演]
    Chindanai Ratanaporncharoen; Miyuki Tabata; Noboru Ishihara; Kazuya Masu; Mana Sriyudthsak; Yuichi Kitasako; Masaomi Ikeda; Junji Tagami; Tatsuro Goda; Akira Matsumoto; Yuji Miyahara
    "Frontiers2018" - EPFL/TMDU/UTokyo Symposium 2018年09月 口頭発表(一般) EPFL, Lausanne
  • 機能性有機化合物修飾電界効果トランジスタのアレイ化による気相アルデヒド化合物のクロスリアクティブセンシング  [通常講演]
    吉住年弘; 合田達郎; 松元亮; 宮原裕二
    第79回応用物理学会秋季学術講演会 2018年09月 口頭発表(一般) 名古屋国際会議場
  • 細孔電気抵抗法を用いたヒトインフルエンザウイルスの特異的検出  [通常講演]
    堀口諭吉; 合田達郎; 松元亮; 武内寛明; 山岡昇司; 宮原裕二
    日本分析化学会第67年会 2018年09月 口頭発表(一般) 東北大学川内北キャンパス
  • 生体模倣基を有する導電性高分子のバイオエレクトロニクス応用  [通常講演]
    合田達郎; 海文峰; 藤谷昌弘; 松元亮; 宮原裕二
    第67回高分子討論会 2018年09月 口頭発表(一般) 北海道大学札幌キャンパス
  • 生体模倣界面工学を用いたC-反応性タンパク質の活性化機構の検討  [通常講演]
    合田達郎; 宮原裕二
    第67回高分子討論会 2018年09月 口頭発表(一般) 北海道大学札幌キャンパス
  • エクソソーム電気泳動解析を高効率化するシアル酸認識高分子の設計と評価  [通常講演]
    鹿谷真紀; 松元亮; 宮原裕二; 合田達郎; 田畑美幸; カブラルオラシオ; 宮崎拓也; 一木隆範; 赤木貴則; 木下ひろみ
    第67回高分子討論会 2018年09月 ポスター発表 北海道大学札幌キャンパス
  • Incorporation of Sugar into Conducting Polymer Enables Specific Biosensing of Human Influenza Virus  [通常講演]
    Tatsuro Goda; Wenfeng Hai; Yukichi Horiguchi; Akira Matsumoto; Yuji Miyahara
    17th International Meeting on Chemical Sensors 2018年07月 口頭発表(一般) University of Vienna
  • 機能化導電性高分子を用いたインフルエンザウイルスの高感度検出  [通常講演]
    合田達郎
    第23回次世代医工学研究会 2018年07月 口頭発表(一般) 東京大学本郷キャンパス
  • Sugar-Incorporated Conducting Polymers for Influenza Virus Diagnosis  [通常講演]
    Tatsuro Goda; Wenfeng Hai; Yukichi Horiguchi; Akira Matsumoto; Yuji Miyahara
    Finland Japan Workshop: The next generation medical engineering in biomaterials 2018年06月 口頭発表(一般) Oulu University
  • Easy Functionalization Method and Electrical Characteristics of Single Conical Pores with a Polydopamine Layer  [通常講演]
    Yukichi Horiguchi; Tatsuro Goda; Yuji Miyahara
    10th International Symposium on Organic Molecular Electronics (ISOME 2018) 2018年05月 ポスター発表
  • Simple and Easy Approach of Pore Modification via Polydopamine Layer  [通常講演]
    堀口諭吉; 合田達郎; 宮原裕二
    第28回日本MRS年次大会 2018年05月 ポスター発表 北九州国際会議場
  • 生体膜をまねる・こえる  [通常講演]
    合田達郎
    第22回次世代医工学研究会 2018年03月 口頭発表(一般) 湖畔の温泉宿くにびき
  • Direct determination of vitamin C and oxidized vitamin C by UV-HPLC  [通常講演]
    宮澤大樹; 松元亮; 合田達郎; 宮原裕二
    日本化学会 第98春季年会第98春季年会 2018年03月 ポスター発表 日本大学理工学部船橋キャンパス
  • 揮発性バイオマーカーのセンシングによる医療診断を指向した電界効果トランジスタ型ガスセンサーの開発  [通常講演]
    吉住年弘; 合田達郎; 松元亮; 宮原裕二
    日本化学会 第98春季年会第98春季年会 2018年03月 ポスター発表 日本大学理工学部船橋キャンパス
  • パターン化Ir/IrOx センサの作製とリキッドバイオプシーへの応用  [通常講演]
    田畑美幸; 合田達郎; 松元亮; 宮原裕二; 吉岡祐亮; 落谷孝広
    平成29年度生体医歯工学共同研究拠点 成果報告会 2018年03月 東京工業大学すずかけ台キャンパス
  • 二リン酸検出を目的としたボロン酸ポリマーの合成と評価  [通常講演]
    淡路啓一郎; 星徹; 青柳隆夫; 飯塚大介; 合田達郎; 松元亮; 宮原裕二
    平成29年度生体医歯工学共同研究拠点成果報告会 2018年03月 ポスター発表 東京工業大学すずかけ台キャンパス
  • 微小電極とイメージングによる単一細胞内外カルシウムイオン同時測定  [通常講演]
    増山絢子; 青柳隆夫; 合田達郎; 松元亮; 宮原裕二
    平成29年度生体医歯工学共同研究拠点成果報告会 2018年03月 ポスター発表 東京工業大学すずかけ台キャンパス
  • 等温核酸増幅法と組み合わせたpH-based microRNA検出システムの創製  [通常講演]
    Dilinaer Ainiwaer; 田畑美幸; 合田達郎; 松元亮; 宮原裕二; Enrico Tenaglia; Carlotta Guiducci
    平成29年度生体医歯工学共同研究拠点成果報告会 2018年03月 ポスター発表 東京工業大学すずかけ台キャンパス
  • リキッドバイオプシーを指向したmicroRNA定量検出デバイス  [通常講演]
    田畑美幸; 吉岡祐亮; 合田達郎; 松元亮; 落谷孝広; 宮原裕二
    第2 回Liquid Biopsy 研究会 2018年01月 京王プラザホテル
  • Label-free electrochemical monitoring of isothermal nucleic acid amplification using micro pH sensors  [通常講演]
    Miyuki Tabata; Tatsuro Goda; Akira Matsumoto; Yuji Miyahara
    4th COINS symposium 2017年12月 ポスター発表 iCONN, Kawasaki
  • 細孔電気抵抗法と分子認識機構を用いたヒトA型インフルエンザウイルスの検出  [通常講演]
    堀口諭吉; 合田達郎; 松元亮; 武内寛明; 山岡昇司; 宮原裕二
    第27回日本MRS年次大会 2017年12月 ポスター発表 横浜開港記念館
  • Investigation of the Influenza Virus Detection System Using Sialic Acid Receptor  [招待講演]
    Yukichi Horiguchi; Tatsuro Goda; Akira Matsumoto; Hiroaki Takeuchi; Shoji Yamaoka; Yuji Miyahara
    The 19th Takayanagi Kenjiro Memorial Symposium 2017年11月 口頭発表(招待・特別) 静岡大学電子工学研究所
  • ウイルス認識ナノ粒子を用いた電気抵抗ナノパルス法によるウイルス計測  [通常講演]
    堀口諭吉; 合田達郎; 松元亮; 武内寛明; 山岡昇司; 宮原裕二
    第39回バイオマテリアル学会大会 2017年11月 ポスター発表 タワーホール船堀
  • シアル酸糖鎖修飾型導電性高分子の創製とインフルエンザウイルスの電気的検出  [通常講演]
    合田達郎; 海文峰; 堀口諭吉; 松元亮; 宮原裕二
    第39回バイオマテリアル学会大会 2017年11月 口頭発表(一般) タワーホール船堀
  • pH detecting devices for label-free electrochemical monitoring of isothermal nucleic acid amplification  [通常講演]
    Miyuki Tabata; Enrico Tenaglia; Tatsuro Goda; Akira Matsumoto; Calotta Guiducci; Yuji Miyahara
    The 2nd International Symposium on Biomedical Engineering 2017年11月 ポスター発表 東京大学
  • Label-free microRNA detecting sensors for liquid biopsy  [通常講演]
    Miyuki Tabata; Yusuke Yoshioka; Tatsuro Goda; Akira Matsumoto; Takahiro Ochiya; Yuji Miyahara
    The 2nd International Symposium on Biomedical Engineering 2017年11月 ポスター発表 東京大学
  • Miniaturized Ir/IrOx wireless pH sensing system for biosensor application  [通常講演]
    Chindanai Ratanaporncharoen; Miyuki Tabata; Noboru Ishihara; Kazuya Masu; Mana Sriyudthsak; Tatsuro Goda; Akira Matsumoto; Yuji Miyahara
    The 2nd International Symposium on Biomedical Engineering 2017年11月 ポスター発表 東京大学
  • イオン応答性電界効果トランジスタを用いたアクティブ細胞膜障害性測定法の開発  [通常講演]
    今泉祐輝; 合田達郎; 松元亮; 宮原裕二
    第34回センサ・マイクロマシンと応用システムシンポジウム 2017年10月 ポスター発表 広島国際会議場
  • 微小電極とイメージングによる単一細胞内外[Ca2+]同時測定系の開発  [通常講演]
    増山絢子; 合田達郎; 松元亮; 青柳隆夫; 宮原裕二
    第34回センサ・マイクロマシンと応用システムシンポジウム 2017年10月 ポスター発表 広島国際会議場
  • 糖鎖修飾導電性高分子を用いたインフルエンザウイルスの電気的検出  [通常講演]
    合田達郎; 海文峰; 堀口諭吉; 松元亮; 宮原裕二
    第34回センサ・マイクロマシンと応用システムシンポジウム 2017年10月 ポスター発表 広島国際会議場
  • pH応答性電界効果トランジスタを用いた上皮タイトジャンクション評価系の構築  [通常講演]
    波多野豊晃; 合田達郎; 松元亮; 宮原裕二
    第34回センサ・マイクロマシンと応用システムシンポジウム 2017年10月 ポスター発表 広島国際会議場
  • pH検出に基づく核酸の増幅と検出を行う小型デバイスの創製  [通常講演]
    田畑美幸; 合田達郎; 松元亮; 宮原裕二
    第34回センサ・マイクロマシンと応用システムシンポジウム 2017年10月 ポスター発表 広島国際会議場
  • Phospholipid-mimicked materials: Applications to biosensing and cell penetration  [招待講演]
    Tatsuro Goda
    The 3rd International Conference on Bioinspired and Zwitterionic Materials (ICBZM 2017) 2017年10月 口頭発表(招待・特別) 東京大学
  • 電界効果トランジスタを用いたバイオセンシング  [招待講演]
    合田達郎
    豊橋技術科学大学主催第1回EIIRISインテリジェントセンサ・MEMS研究会 2017年10月 口頭発表(招待・特別) 豊橋商工会議所
  • 二リン酸検出を目的としたボロン酸ポリマーの合成と評価  [通常講演]
    淡路啓一郎; 飯塚大介; 合田達郎; 星徹; 青柳隆夫; 松元亮; 宮原裕二
    第66回高分子討論会 2017年09月 ポスター発表 愛媛大学 城北キャンパス
  • Label-free selective detection of influenza A virus subtype H1N1 using multisite binding of sialic acid receptors  [通常講演]
    Yukichi Horiguchi; Tatsuro Goda; Akira Matsumoto; Hiroaki Takeuchi; Shoji Yamaoka; Yuji Miyahara
    The 15th International Conference on Advanced Materials (IUMRS-ICAM 2017) 2017年08月 ポスター発表 京都大学
  • Label-free nucleic acid amplification detection using micro pH devices  [通常講演]
    Miyuki Tabata; Enrico Tenaglia; Tatsuro Goda; Akira Matsumoto; Carlotta Guiducci; Yuji Miyahara
    European Advanced Materials Congress 2017 2017年08月 ポスター発表 Stockholm, Sweden
  • Fabrication of needle type pH sensor for quantitative caries detection  [通常講演]
    Yuji Miyahara; Miyuki Tabata; Chindanai Ratanaporncharoen; Aoi Asano; Yuichi Kitasako; Masaomi Ikeda; Tatsuro Goda; Akira Matsumoto; Junji Tagami
    European Advanced Materials Congress 2017 2017年08月 ポスター発表 Stockholm, Sweden
  • Biomimetic engineering for biosensing and bioscience  [招待講演]
    Tatsuro Goda
    The 9th International Conference on Molecular Electronics and Bioelectronics (M&BE9) 2017年06月 口頭発表(招待・特別) 石川音楽堂
  • Functional gate-field effect transistors for electrically neutral molecules  [招待講演]
    Yuji Miyahara; Akira Matsumoto; Tatsuro Goda; Miyuki Tabata
    Matrafured 2017 2017年06月 口頭発表(招待・特別) Thermal Hotel Visegrad Superior
  • 電位計測型DNAバイオセンサー  [招待講演]
    合田達郎
    第77回日本分析化学討論会 2017年05月 口頭発表(招待・特別) 龍谷大学
  • Chemical induction of cell membrane leakage measured under ammonia superfusion conditions using whole cell-based pH sensing transistors  [通常講演]
    Tatsuro Goda; Yuji Miyahara
    5th International Conference on Bio-Sensing Technology 2017年05月 ポスター発表 Riva Del Garda, Italy
  • Miniaturized wireless pH sensor for on-site monitoring  [通常講演]
    Chindanai Ratanaporncharoen; 石原昇; 田畑美幸; 合田達郎; 松元亮; 益一哉; Mana Sriyudthsak; 宮原 裕二
    生体医歯工学共同研究拠点成果報告会 2017年03月 ポスター発表 東京医科歯科大学
  • pH検出に基づく小型核酸定量デバイスの創製  [通常講演]
    田畑美幸; Enrico Tenaglia; 合田達郎; 松元亮; Carlotta Guiducci; 宮原裕二
    生体医歯工学共同研究拠点成果報告会 2017年03月 ポスター発表 東京医科歯科大学
  • 両親媒性リン脂質ポリマーの細胞膜透過  [通常講演]
    合田達郎
    第26回日本MRS年次大会 2016年12月 口頭発表(招待・特別) 横浜市開港記念会館
  • Sensing cell barrier functions by proton dynamics  [通常講演]
    Goda T; Imaizumi Y; Hatano H; Matsumoto A; Miyahara Y
    3rd International Conference on Biomaterials Science in Tokyo 2016年11月 Tokyo, Japan
  • pH応答トランジスタを用いた細胞膜透過性高分子による膜障害性測定  [通常講演]
    合田達郎; 今泉祐輝; 松元亮; 宮原 裕二
    日本バイオマテリアル学会シンポジウム2016 2016年11月 福岡国際会議場
  • C-反応性タンパク質と単分子膜上リゾリン脂質とのカルシウムイオン非依存的な相互作用  [通常講演]
    合田達郎; 宮原 裕二
    日本バイオマテリアル学会シンポジウム 2016年11月 福岡国際会議場
  • Application of Zwitterionic Materials: From Infection Biomarker Sensing to Cell Therapy  [通常講演]
    Goda T
    the 18th Takayanagi Kenjiro Memorial Symposium 2016年11月 口頭発表(招待・特別) Shizuoka University Hamamatsu Campus, Hamamatsu, Shizuoka, Japan. Shizuoka University
  • バイオミメティックスによるバイオセンシング  [通常講演]
    合田達郎
    第218回有機エレクトロニクス材料研究会 2016年09月 口頭発表(招待・特別) 新宿NSビル
  • Zwitterionic phosphorylcholine^tethered polythiophenes for electrochemical detection of acute-phase biomarker  [通常講演]
    Goda T; Toya M; Matsumoto A; Miyahara Y
    International Conference on Flexible and Printed Electronics (ICFPE) 2016 2016年09月 Yonezawa, Yamagata, Japan
  • Functional poly(3,4-ethylenedioxythiophenes) for bioanalytics and diagnostics  [通常講演]
    Goda T; Toya M; Hai W; Matsumoto A; Miyahara Y
    Biointerfaces International 2016 2016年08月 University of Zurich, Zurich, Switzerland
  • Evaluation of plasma membrane leakage using protons  [通常講演]
    Goda T
    2nd International Symposium on Nanoarchtectonics for Mechanobiology 2016年07月 Tsukuba, Ibaraki, Japan
  • 有機エレクトロニクスを用いたバイオセンシング  [通常講演]
    合田達郎
    第19回次世代医工学研究会 2016年07月 口頭発表(一般) 休暇村志賀島
  • Cells-Attached pH-Sensing Transistor System Detects Proton-Permeable Nanopores on Plasma Membranes by Exogenous Chemical Compounds  [通常講演]
    Goda T; Miyahara Y
    Biosensors 2016 2016年05月 Gothenburg, Sweden
  • Organic bioelectronics create ionic microenvironments of inflammation and infection on phospholipid polymer to elucidate molecular dynamics of C-reactive protein  [通常講演]
    Goda T; Miyahara Y
    10th World Biomaterials Congress (WBC 2016) 2016年05月 口頭発表(一般) Montreal, QC, Canada
  • イオン応答性電界効果トランジスタによるナノ細胞毒性とナノメディシンの評価  [通常講演]
    合田達郎
    ナノメディシン分子科学 第10回全体会議 2016年03月 口頭発表(一般) KKRホテル熱海
  • Conducting Polymers Bearing Phosphorylcholine Group for Metal-free, Antibody-free, and Low-impedance Biosensing of C-reactive Protein  [通常講演]
    Goda T; Miyahara Y
    7th Japan-Taiwan Nanomedicine Symposium 2016年01月 口頭発表(一般) Kyoto, Japan
  • Organic bioelectronics create ionic microenvironments mimicking inflammation and infection for elucidating activation dynamics of C-reactive protein  [招待講演]
    Goda T; Miyahara Y
    The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 2015 2015年12月 口頭発表(招待・特別) Honolulu, Hawaii
  • Development of mixed nano-structure composed of self-assembled monolayer and ultra-thin silver chloride for electrochemical biosensing  [通常講演]
    Tabata M; Goda T; Matsumoto A; Miyahara Y
    The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 2015 2015年12月 口頭発表(一般) Honolulu,Hawaii
  • Boronate-based pyrophosphate-specific molecular recognitions  [通常講演]
    Iizuka D; Goda T; Matsumoto A; Miyahara Y; Sanjoh M
    The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 2015 2015年12月 口頭発表(一般) Honolulu,Hawaii
  • Direct evaluation of cell membrane integrity using ion-sensitive field-effect transistor  [通常講演]
    Imaizumi Y; Goda T; Matsumoto A; Miyahara Y
    The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 2015 2015年12月 ポスター発表 Honolulu, Hawaii
  • Plasma Membrane-mimicked Polymers for Biosensing and Bioengineering  [招待講演]
    Goda T
    14th Pacific Polymer Conference 2015年12月 口頭発表(招待・特別)
  • アプタマートランジスタによるバイオセンシング  [招待講演]
    合田達郎
    第25回日本MRS年次大会 2015年12月 口頭発表(招待・特別) 横浜市開港記念会館
  • Engineered Biomimetic Microenvironments using Organic Bioelectronic Ion Pumps for Inflammation and Infection Studies  [通常講演]
    Goda T; Richter-Dahlfors A; Miyahara Y
    2015 MRS Fall Meeting & Exhibit 2015年11月 口頭発表(一般) Boston, USA
  • Detection of Molecularly Sized Pores on Plasma Membranes  [通常講演]
    Goda T
    3nd International Symposium on Nanomedicine Molecular Science Toward Medical Biophysics 2015年11月 ポスター発表 Tokyo, Japan
  • Electrochemical quantitative monitoring of isothermal nucleic acid amplification  [通常講演]
    Matsumoto A; Tabata M; Yang H; Mannan F; Katayama Y; Goda T; Seichi A; Suzuki K; Miyahara Y
    2nd COINS International Symposium 2015年11月 ポスター発表 Tokyo,Japan
  • 細胞機能の非破壊定量評価と医療への応用  [通常講演]
    田畑美幸; 合田達郎; 松元 亮; 宮原裕二
    ソニーサポートファンドオープンハウス 2015年11月 口頭発表(一般) 東京医科歯科大学
  • 微細加工技術による機能性電極材料の開発  [通常講演]
    田畑美幸; 由比藤勇; 加藤邦男; 関口哲史; 合田達郎; 松元 亮; 宮原裕二
    第6回6大学6研究所連研プロジェクト公開討論会 2015年11月 ポスター発表 東北大学
  • DNA Aptamer-based Label-free Protein Sensing Using Extended Gate Field-effect Transistors  [通常講演]
    Goda T; Matsumoto A; Miyahara Y
    8th International Microprocesses and Nanotechnology Conference (MNC 2015) 2015年11月 ポスター発表 Toyama, Japan
  • マイクロpHセンサを用いた等温核酸増幅の電気化学的リアルタイムモニタリング  [通常講演]
    片山由梨佳; 田畑美幸; 合田達郎; 松元 亮; 星地彩花; 鈴木孝治; 宮原裕二
    第37回日本バイオマテリアル学会大会 2015年11月 口頭発表(一般) 京都テルサ
  • 自己組織化膜/塩化銀ナノ混合表面の構築と核酸検出バイオセンサへの応用  [通常講演]
    田畑美幸; 合田達郎; 松元 亮; 宮原裕二
    第37回日本バイオマテリアル学会大会 2015年11月 口頭発表(一般) 京都テルサ
  • 水素イオンを用いたリアルタイム非標識アポトーシス測定法の開発  [通常講演]
    合田達郎; 宮原裕二
    第37回日本バイオマテリアル学会大会 2015年11月 口頭発表(一般) 京都テルサ
  • 自己組織化有機単分子膜/AgClナノ混合表面の構築と核酸検出バイオセンサへの応用  [通常講演]
    田畑美幸; 合田達郎; 松元 亮; 宮原裕二
    第32回「センサ・マイクロマシンと応用システム」シンポジウム 2015年10月 口頭発表(一般) 朱鷺メッセ 新潟
  • Real-time monitoring and detection of primer generation-rolling circle amplification of DNA using an ethidium ion selective electrode  [通常講演]
    Seichi A; Kozuka N; Kashima Y; Tabata M; Goda T; Matsumoto A; Iwasawa N; Citterio D; Miyahara Y; Suzuki K
    The 16th Beijing Conference and Exhibision on Instrumental Analysis (BCEIA2015) 2015年10月 口頭発表(一般) Beijing, China
  • 電気化学的核酸定量デバイスの開発  [招待講演]
    田畑美幸; 片山由梨佳; マンナン・ファミーダ; 星地彩花; 鈴木孝治; 合田達郎; 松元亮; 宮原裕二
    戦略的創造研究推進事業(JST CREST・さきがけ)戦略目標「プロセスインテグレーションによる次世代ナノシステムの創製」3研究領域第3回合同公開シンポジウム 2015年09月 ポスター発表 品川コクヨホール
  • ボロン酸を用いた二リン酸特異的な分子認識能を有する材料の創製  [通常講演]
    飯塚大介; 三條舞; 合田達郎; 松元亮; 宮原裕二
    第64回高分子討論会 2015年09月 口頭発表(一般) 東北大学川内キャンパス
  • ホスホリルコリン基機能化導電性高分子の創製と生体分子検出への応用  [通常講演]
    藤谷昌弘; 合田達郎; 松元亮; 宮原裕二
    第64回高分子討論会 2015年09月 口頭発表(一般) 東北大学川内キャンパス
  • 多点結合導入によるタンパク質/アプタマー相互作用の高感度電気的検出  [通常講演]
    東大樹; 合田達郎; 松元亮; 星徹; 青柳隆夫; 宮原裕二
    第64回高分子討論会 2015年09月 口頭発表(一般) 東北大学川内キャンパス
  • Phospholipid polymer interfaces reveal activation dynamics of C-reactive protein  [通常講演]
    Goda T; Miyahara Y
    250th American Chemical Society National Meeting & Exposition 2015年08月 口頭発表(一般) Westin Boston Waterfront, Boston, USA
  • MPC as a Synthetic Ligand in C-Reactive Protein Biosensing  [通常講演]
    Goda T
    2nd International Conference on Bioinspired and Zwitterionic Materials (ICBZM 2015) 2015年08月 口頭発表(招待・特別) Seattle, USA
  • 細胞トランジスタによるナノ細胞膜障害性のリアルタイム評価  [通常講演]
    合田達郎
    第17回次世代医工学研究会 2015年07月 口頭発表(一般) 登別プリンスホテル石水亭
  • イオン応答性電界効果トランジスタによるナノ細胞毒性とナノメディシンの評価  [通常講演]
    合田達郎
    ナノメディシン分子科学 第9回全体会議 2015年07月 口頭発表(一般) 東京大学小柴ホール
  • Specific Interaction of Phospholipid Polymer with C-reactive Protein  [招待講演]
    Goda T
    The 32nd International Conference on Photopolymer Science and Technology 2015年06月 口頭発表(招待・特別) Chiba, Japan
  • Electrochemical real-time monitoring of isothermal nucleic acid amplification for quantitative analysis  [通常講演]
    Tabata M; Yang H; Mannan F; Katayama Y; Goda T; Matsumoto A; Seichi A; Suzuki K; Miyahara Y
    The 18th International Conference on Solid-State Sensors, Actuators and Microsystems (TRANSDUCERS 2015) 2015年06月 ポスター発表 Anchorage, Alaska
  • Design and fabrication of functional solid-state electrodes for liquid biopsy  [通常講演]
    Tabata M; Yuitoo I; Katou K; Sekiguchi T; Goda T; Matsumoto A; Miyahara Y
    The 6th International Symposium on Advanced Materials Development and Integration of Novel Structured Metallic and Inorganic Materials (AMDI-6) 2015年06月 口頭発表(一般) Tokyo, Japan
  • イオン応答性電界効果トランジスタによるナノ細胞毒性とナノメディシンの評価  [通常講演]
    合田達郎
    ナノメディシン分子科学 第8回全体会議 2015年03月 口頭発表(一般) ホテル松島大観荘
  • マイクロpH電極の特性評価と歯科応用  [通常講演]
    田畑美幸; 北迫勇一; 池田正臣; 田上順次; 合田達郎; 松元亮; 宮原裕二
    第5回6大学6研究所連研プロジェクト公開討論会 2015年03月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等 早稲田大学小野記念講堂
  • Chronocoulometric detection of isothermal nucleic acid amplification  [通常講演]
    Miyahara Y; Matsumoto A; Goda T; Tabata M; Yao B
    1st COINS International Symposium 2015年02月 口頭発表(一般) Tokyo, Japan
  • Biomimetic Interface Reveals Activation Dynamics of C-Reactive Protein  [通常講演]
    Goda T
    The 6th Taiwan-Japan Symposium on Nanomedicine 2015年01月 ポスター発表 Taipei, Taiwan
  • Cell Membrane-Mimetic Interfaces for Biomaterials and Bioengineering  [通常講演]
    Goda T
    International Polymer Conferences (IPC) 2014 2014年12月 口頭発表(招待・特別) Tsukuba, Japan
  • フェニルボロン酸含有高分子層を検出界面とするシアル酸認識バイオトランジスタの創製  [通常講演]
    荒井貴裕; 前島雪絵; 合田達郎; 松元亮; 大塚英典; 宮原裕二
    第36回日本バイオマテリアル学会大会 2014年11月 東京,タワーホール船堀
  • ボロン酸による二リン酸特異的な分子認識  [通常講演]
    飯塚大介; 合田達郎; 松元亮; 宮原裕二
    第36回日本バイオマテリアル学会大会 2014年11月 口頭発表(一般) タワーホール船堀(東京)
  • 電気化学測定における金属電極へのタンパク質非特異吸着の影響  [通常講演]
    片山由梨佳; 合田達郎; 田畑美幸; 松元亮; 宮原裕二
    第36回日本バイオマテリアル学会大会 2014年11月 東京,タワーホール船堀
  • プロトンを指標とした細胞膜障害性評価法の開発  [通常講演]
    合田達郎
    第36回日本バイオマテリアル学会大会 2014年11月 口頭発表(一般) 東京,タワーホール船堀 日本バイオマテリアル学会
  • 細胞膜模倣界面を用いた C-反応性タンパク質の分子動態の解明  [通常講演]
    合田達郎; Peter Kjall; 石原一彦; Agneta Richter-Dahlfors; 宮原裕二
    第36回日本バイオマテリアル学会大会 2014年11月 口頭発表(一般) 東京,タワーホール船堀 日本バイオマテリアル学会
  • Evaluating Barrier Property of Cell Membrane via Ammonia Diffusion using pH Sensor  [通常講演]
    Imaizumi Y; Goda T; Matsumoto A; Miyahara Y
    MNC 2014 2014年11月 口頭発表(一般) Fukuoka,Japan
  • Sialic Acid-sensitive Bio-transistor based on Phenylboronic Acid-functionalized Polymeric Layer  [通常講演]
    Arai T; Y Maejima; Goda T; Matsumoto A; Otsuka H; Miyahara Y
    MNC 2014 2014年11月 口頭発表(一般) Fukuoka,Japan
  • アンモニアの膜透過性を指標とした新しい細胞膜障害・細胞毒性評価技術の開発  [通常講演]
    今泉祐輝; 合田達郎; 松元亮; 宮原裕二
    第31回「センサ・マイクロマシンと応用システム」シンポジウム 2014年10月 松江,くにびきメッセ
  • 機能性ナノ界面の構築とバイオセンシング応用  [通常講演]
    合田達郎
    日本薬学会 第27回バイオメディカル分析科学シンポジウム 2014年08月 口頭発表(招待・特別) 帝京大学板橋キャンパス 日本薬学会物理系薬学部会 第27回バイオメディカル分析科学シンポジウム(BMAS2014)実行委員会
  • 最先端の遺伝子解析技術  [通常講演]
    合田達郎
    2014年度東京医科歯科大学オープンキャンパス 2014年08月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等 東京医科歯科大学 東京医科歯科大学
  • バイオトランジスタ:バイオ医工学ツールに向けて  [通常講演]
    合田達郎
    第15回次世代医工学研究会 2014年07月 口頭発表(一般) ニューアカオ,熱海
  • イオン応答性電界効果トランジスタによるナノ細胞毒性とナノメディシンの評価  [通常講演]
    合田達郎
    ナノメディシン分子科学 第7回全体会議 2014年07月 口頭発表(招待・特別) 東京大学 文部科学省科学研究費補助金 新学術領域研究(平成23~27年度) 領域略称名「ナノメディシン」 領域番号 2306
  • 新医療を切り拓くナノバイオ工学  [通常講演]
    合田達郎
    次世代医工学研究会 2014年01月 口頭発表(一般) 沖縄ナハホテル
  • イオン応答性電界効果トランジスタによるナノ細胞毒性とナノメディシンの評価  [通常講演]
    合田達郎
    ナノメディシン分子科学第6回全体会議 2014年01月 口頭発表(一般) 名古屋大学
  • MANIPULATION OF ELECTRICAL CHARGE OF PROTEINS FOR SENSITIVE BIOSENSING USING FIELD-EFFECT TRANSISTORS  [通常講演]
    Goda T; Miyahara Y
    The 16th International Conference on Solid-State Sensors, Actuators and Microsystems (Transducers'11) 2011年06月 ポスター発表

MISC

受賞

  • 2019年03月 一般財団法人 田中貴金属記念財団 ゴールド賞
     体内局所pH測定を実現する酸化イリジウム微小電極の開発 JPN publisher 
    受賞者: 合田達郎
  • 2013年03月 2nd International Conference on Biomaterials Science in Tsukuba Travel Award, 2nd International Conference on Biomaterials Science in Tsukuba,
     international_society 
    受賞者: Tatsuro Goda
  • 2008年03月 東京大学大学院工学系研究科長賞
     JPN others
  • 2007年 Student Travel Award of 3rd SBE International Conference on Bioengineering and Nanotechnology, Singapore

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 有機バイオエレクトロニクス
    研究期間 : 2012年01月 - 現在
  • Integrated Nano/Bio-Interfaces for Biosensing
    JST戦略的創造研究推進制度(研究チーム型) (戦略的基礎研究推進事業:CREST)
    研究期間 : 2009年 - 現在 
    Contemporary research in the life sciences, including recent advances in genomics and proteomics, has led to the discovery of thousands of nucleotides and proteins with potential diagnostic and/or therapeutic significance. Solid-state biosensors are attracting broad interests for quick, low-cost, label-free, and sensitive detection of a wide variety of biological species including DNA, RNA, peptide, protein, virus and cell that are related to specific diseases and healing processes. The development of electrochemical biosensors will enable us to miniaturize it as a portable analytical system for use in on-site point-of-care detection. By integrating the idea of Nano/Bio-interface into electrochemistry, I realize label-free, sensitive, and selective biosensing methodology that can identify a small amount of nucleic acids, proteins, and cells that are related to cancers and diseases.
  • 細胞pH摂動現象と電界効果トランジスタを用いた高感度生体バリア評価法の開発
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2019年04月 -2022年03月 
    代表者 : 合田 達郎
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2015年04月 -2018年03月 
    代表者 : 合田 達郎
     
    分子認識による電荷密度変化を直接検出する「バイオトランジスタ」を用いて、タンパク質の翻訳後修飾を電気的に検出する手法を開発した。本手法は標識を用いないラベルフリー検出であり、分析時間の短縮・低コスト化・装置の小型化・高スループット化を実現し、翻訳後修飾のポイント・オブ・ケア診断を志向する。本成果は、ゲノム解析からエピゲノム調節・タンパク質翻訳・翻訳後修飾の解析に至るまで網羅的な生命情報をすべてトランジスタで評価するという統一されたプラットフォームの提供に繋がる。網羅的解析により偽陽性・偽陰性の問題を克服しつつ、医療インフラを必要としない分散化・ユビキタス化を標榜した次世代型医療に直結する。
  • バイオトランジスタによるタンパク質翻訳後修飾の電気的検出
    文部科学省/日本学術振興会:
    研究期間 : 2015年 -2017年 
    代表者 : 合田 達郎; 合田 達郎
  • イオン応答性電界効果トランジスタによるナノ細胞毒性とナノメディシンの評価
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 新学術領域研究(研究領域提案型)
    研究期間 : 2014年04月 -2016年03月 
    代表者 : 合田 達郎
     
    細胞の皮膚と例えられる細胞膜は、厚さ6-10nmの脂質二重膜からなる自己組織化分子膜であり、酸素や水分子などは透過するが、電解質や高分子は透過できない半透膜としての性質を有する。細胞膜の破壊は、細胞内外でのイオン分配の解消や、それにともなう膜電位の脱分極、ATPなどエネルギー分子の細胞外漏出を引き起こし、細胞の持つ生命エネルギーを失わせる。そこで、本研究ではイオン応答性電界効果トランジスタ(ISFET)上に直接播種した細胞の脂質二重膜の状態をリアルタイム非侵襲に測定する方法を新たに開発した。本手法は、化合物の作用によって細胞膜上に形成された水素イオンなどの低分子量電解質が透過できる分子サイズの空孔を計測するという、これまでに無い新しい原理に基づく細胞膜障害性測定法である。従来法である赤血球溶血試験結果との比較を行ったところ、高い相関係数(r=0.88)が得られ、ISFET‐細胞によるリアルタイム・非標識な膜障害性の定量化が可能であることが明らかとなった。さらに、本システムではNH4+とH+などサイズの小さい(流体力学半径<0.33 nm)イオンの細胞膜透過を指標にしていることから、溶血試験におけるヘモグロビン(流体力学半径>3.1 nm)の透過が観察できないような微小な空孔形成をも検出することが可能であった。 近年の細胞工学では、遺伝子治療など細胞質に機能性分子を送達する需要が増しており、細胞膜透過ペプチドなどを始めとして、安全かつ高効率に細胞膜を透過するキャリア分子の開発が進められている。機能性キャリア分子の細胞膜透過機構を明らかにするためには高感度な細胞膜障害測定法の開発が必須の要件である。本研究の成果は先進治療にむけた細胞膜微小環境での生体分子動態の理解と、ナノ医療に伴う細胞毒性・治療効果の分子科学を構築し、将来的な医療イノベーションに向けた礎を構築するものである。
  • イオン応答性電界効果トランジスタによるナノ細胞毒性とナノメディシンの評価
    文部科学省/日本学術振興会:
    研究期間 : 2014年 -2015年 
    代表者 : 合田 達郎; 合田 達郎
  • イオン応答性電界効果トランジスタによるナノ細胞毒性とナノメディシンの評価
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 新学術領域研究(研究領域提案型)
    研究期間 : 2012年04月 -2014年03月 
    代表者 : 合田 達郎
     
    炎症マーカーであるヒトC-反応性タンパク質(CRP)は、炎症部位特異的に作用して補体活性化と自然免疫応答を増強するが、血中を循環するCRPがどのように炎症組織細胞を区別して認識するかという作用機構は不明であった。生体分子の病巣特異的な活性化機構はイオン・温度・pH変化といった物理化学的微小環境変化や細胞膜自身の形質変化が引き金になることに着目し、Ca2+を介したCRPとその受容体である細胞膜リン脂質のホスホリルコリン(PC)基との相互作用の解明をおこなった。新たに、細胞膜界面における微小環境を人工的に再構築したセンサープラットフォームを用いて、CRP分子の活性化機構に関する物理化学的パラメータを明らかにした。その結果、一つ目のCa2+がCRPに充填されて初めてCRPはPC基と結合し、二つ目のCa2+がCRPに取り込まれるとPC基との親和性がさらに数倍高まることが判明した。血中の遊離Ca2+濃度が1.2 mMであることを考慮すると、血中を循環するCRPにはCa2+が一つしか結合していない。したがって、炎症組織においてCa2+が上昇することによって、血中を循環するCRPを呼び込み、部位特異的に自然免疫機構活性化させると推察される。また、溶液中のpHの低下もCRP-PC間の相互作用を変化させることが明らかとなった。pHを7.4から6.5に変化させると、生理Ca2+濃度においてCRPとPC表面との親和性は10倍高くなった。一方で、溶液のpHを6.5から5.5に変化させると、逆に親和性が低くなった。つまり、CRPはわずかに酸性化しているイオン微小環境において選択的に結合することが考えられる。これは、炎症組織や感染症組織では、一般的に代謝活性が亢進して代謝産物が増加することによって組織pH環境が弱酸性化することに一致しており、炎症組織がCRPを呼び込む機構として提案できる。
  • イオン応答性電界効果トランジスタによるナノ細胞毒性とナノメディシンの評価
    文部科学省/日本学術振興会:
    研究期間 : 2012年 -2013年 
    代表者 : 合田 達郎; 合田 達郎
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 若手研究(B)
    研究期間 : 2011年 -2013年 
    代表者 : 合田 達郎
     
    半導体デバイスである電界効果トランジスタと核酸アプタマーを融合した非標識かつ高感度な電位計測バイオセンサーを用いて、腫瘍マーカーを検出する研究をおこなった。癌にまつわる腫瘍マーカータンパク質(VEGF)の検出を簡易・迅速かつ低コストに達成する基盤技術を提供することで、従来のイムノアッセイに代わる超高感度タンパク質センシング、プロテオミックス解析、翻訳後修飾解析のための新たなプラットフォームを提示した。本研究で得られる基盤技術は、我が国の死因第1位である癌の診断への展開が見込まれ、医療システムのイノベーションにつなげていくことが可能である。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 新学術領域研究(研究領域提案型)
    研究期間 : 2008年 -2012年 
    代表者 : 宮原 裕二; 松元 亮; 合田 達郎; 前田 康弘; 坂田 利弥
     
    FET法の課題は電気二重層(デバイ長)により規定される検出距離限界であり、これがタンパクや長鎖DNAの検出を難しくしている。これを克服する新たな「信号伝達素子」として「スマートゲル」と呼ばれる刺激応答性の高分子ゲルを用いた動的ナノ界面を開発し、その動作機序について実験、理論の両面から詳細を明らかとした。この中で、スマートゲルの含水率変化に同期して起こるゲート界面近傍での誘電率変化が信号変換原理として作用することを見いだした。これにより、従来法では原理的に不可能であった「デバイ長フリー」な分子検出や、電気的に中性な物質に対しても有効なFETに基づく分子検出法の開発に成功した。
  • Targeted Intracellular Delivery of Therapeutic Agents
    研究期間 : 2009年 
    It is becoming important to create a new cargo molecule for delivering biologically active, therapeutic agents with high efficiency into targeted cell organelles and tissues that are not normally easily accessible. The potential drawback for the targeted drug delivery lies in the incapability of nanocarriers to directly penetrate across the plasma membrane of living cells. The most common mechanism of cellular uptake for nanomaterials is endocytosis, an energy-dependent process in which the nanomaterial is trapped within endosomes while the engulfed materials do not gain access to the cytosol. Therefore, translocation of nanomaterials across plasma membranes is currently one of the most actively researched topics in nanobiology.
  • 生体を模倣したリン脂質ポリマーによる眼科用バイオマテリアルの創製
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 特別研究員奨励費
    研究期間 : 2007年 -2008年 
    代表者 : 合田 達郎
     
    近視患者・高齢者・糖尿病患者の増加に伴い、コンタクトレンズ・人工水晶体・人工硝子体といった眼科用バイオマテリアルに対する需要は急速に高まっている。しかし、生体の要求する酸素供給量や、細菌の繁殖を抑える材料やドライアイ症患者でも装着可能なレンズ材料の創製が課題である。本研究では細胞膜リン脂質極性基を有するリン脂質ポリマーゲルを合成し、新規眼科用材料の創製をおこなった。ナノオーダーでのゲル網目不均一構造を検出するために、動的光散乱法による解析を行った。その結果、モノマーと架橋剤の組合せ、架橋剤濃度、架橋剤の化学構造によって高分子ゲル網目の不均一構造を抑制できることを見出した(Macromolecules,submitted)。このリン脂質ポリマーゲルは、高い酸素透過性と優れた耐汚れ性、水濡れ性を兼備した材料であった(J.Biomed.Mater.Res.Part B)。次に、高分子網目中の不均一構造を抑制するための第2のアプローチとして、リン脂質ポリマーとクレイによる有機-無機ナノコンポジットゲルを作製した。その結果1.8MPa、99%以上のひずみ下においても破断しないという驚異的な力学特性を有するナノコンポジットゲルが得られた。このゲルは、含水率が98%と生体の硝子体とほぼ同程度の含水率を有することから、人工硝子体としての応用が期待できる。最後に、本研究者は2008年8月から10月までスウェーデン国ウプサラ大学オングストローム研究所ヒルボーン研究室に研究留学を行った。そこでは、細胞と生体材料との相互作用についての研究を行い、細胞培養技術の習熟、種々の分子生物学的評価を学ぶことができた。また、語学の訓練、コミュニケーション能力の強化にも努め、国際的規模で交流を深めることができた。
  • 細胞pH摂動現象と電界効果トランジスタを用いた高感度生体バリア評価法の開発
    文部科学省/日本学術振興会:
    代表者 : 合田 達郎; 合田 達郎

委員歴

  • 2020年04月 - 現在   日本バイオマテリアル学会   評議員・学会構想WG
  • 2018年09月   応用物理学会   第79回応用物理学会秋季学術講演会「医用工学・バイオチップ」セッション奨励賞審査員
  • 2017年04月 - 2017年11月   日本バイオマテリアル学会   第39回日本バイオマテリアル学会大会実行委員
  • 2014年04月 - 2014年11月   日本バイオマテリアル学会   第36回日本バイオマテリアル学会大会実行委員

担当経験のある科目

  • 機械工学東洋大学
  • 医工学特論東洋大学
  • 生体医工学実験Ⅱ東洋大学
  • プロジェクトⅢ東洋大学
  • プロジェクトⅠ東洋大学
  • バイオミメティクス東洋大学
  • 生物学概論日本大学理工学部
  • 生体医工学東京医科歯科大学
  • ナノバイオテクノロジー東京医科歯科大学
  • バイオメディカルデバイス理工学東京医科歯科大学
  • 先制医歯理工学概論東京医科歯科大学
  • 先端バイオセンシングデバイス特論東京医科歯科大学

その他

  • 2019年01月 - 2019年01月  「上皮組織のバリア機能を非侵襲かつ選択的に評価する新規手法を開発」― タイトジャンクションを標的とした薬剤開発や組織工学での評価応用に期待 ―
  • 2017年05月 - 2017年05月  ACS Applied Materials Interfaces
  • 2017年04月 - 2017年04月  「インフルエンザウイルスを高感度かつ選択的に検出する導電性プラスチックの開発」― ウイルス感染をその場で診断するウエアラブルデバイスへの応用に期待 ― 
    ACS Applied Materials Interfaces
  • 2016年12月 - 2016年12月  「水素イオンを用いて生体膜のバリア性を評価する新手法の開発」-ナノメディシンの安全性評価に期待- 
    Acta Biomaterialia

その他のリンク

researchmap