詳細検索はこちら
※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

鳴海 一成ナルミ イッセイ

所属・担当
生命科学科
生命科学専攻
職名教授
メールアドレス
ホームページURLhttp://www2.toyo.ac.jp/~narumi/
生年月日
Last Updated :2017/10/15

研究者基本情報

学歴

  • 1990年04月 - 1993年03月, 東京農工大学, 連合農学研究科, 生物工学
  • 1988年04月 - 1990年03月, 宇都宮大学, 農学研究科, 農芸化学
  • 1984年04月 - 1988年03月, 東京理科大学, 理学部, 化学科
  • 1981年04月 - 1984年03月, 弘前大学医療技術短期大学部, 衛生技術学科

学位

  • 博士(農学), 東京農工大学

所属学協会

  • 日本宇宙生物科学会
  • 日本分子生物学会
  • 日本農芸化学会
  • 日本放射線影響学会
  • 日本生化学会
  • 日本環境変異原学会
  • 極限環境生物学会
  • The International Society for Extremophiles
  • イオンビーム育種研究会
  • 日本地球惑星科学連合

委員歴

  •   2017年02月 - 現在, The Editorial Board of Frontiers in Microbiology (Review Editor in Extreme Microbiology)
  •   2017年01月 - 現在, 国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構, 量子ビーム科学研究開発評価委員会委員
  •   2017年01月 - 現在, 日本環境変異原学会, 選挙管理委員会委員長
  •   2016年06月 - 現在, 国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構, 施設共用課題審査委員会専門委員
  •   2016年06月 - 現在, 国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構, 高崎量子応用研究所放射線照射施設機構内利用委員会専門委員
  •   2016年01月 - 現在, 極限環境生物学会, 幹事会幹事(会計監査)
  •   2014年01月 - 現在, 日本環境変異原学会, 評議員
  •   2015年10月 - 2016年09月, 国際極限環境微生物学会 Extremophiles 2016 National Advisory Board
  •   2016年01月 - 2016年03月, 日本原子力研究開発機構, 量子ビーム応用研究・評価委員
  •   2014年01月 - 現在, 極限環境生物学会, 幹事会幹事(学術担当)
  •   2012年01月 - 現在, 日本環境変異原学会, 第一編集委員会委員
  •   2009年04月 - 2015年03月, 公益財団法人新世代研究所, 水和ナノ構造研究会委員
  •   2008年04月01日 - 現在, イオンビーム育種研究会, 監事
  •   2005年04月01日 - 現在, 日本環境変異原学会, 変異機構研究会世話人
  •   2004年04月01日 - 現在, アジア原子力協力フォーラム , バイオ肥料運営グループ委員
  •   2012年04月 - 2014年02月, International Scholarly Research Notices, The Editorial Board of ISRN Genetics
  •   2005年10月01日 - 2013年03月31日, 日本原子力研究開発機構, 施設利用協議会TIARA等専門部会委員
  •   2008年04月01日 - 2012年03月31日, 日本原子力研究開発機構, 先端研究施設共用促進事業「明日を創り、暮らしを守る量子ビーム利用支援事業」課題選定委員会委員
  •   2010年01月 - 2011年12月, 日本環境変異原学会, 企画委員会委員
  •   2009年12月01日 - 2011年11月30日, 日本学術振興会, 科学研究費委員会審査委員 担当審査部門:1段 応用微生物学
  •   2006年04月01日 - 2009年03月31日, 財団法人新世代研究所, 生体ナノマシン構造研究会委員
  •   2006年04月01日 - 2008年03月31日, 財団法人放射線利用振興協会, 「放射線と産業」編集委員会委員
  •   2005年04月01日 - 2006年03月31日, 放射線医学総合研究所, 客員協力研究員
  •   2002年04月01日 - 2005年03月31日, 原子力基盤クロスオーバー研究, 放射線障害修復交流委員会委員
  •   2003年11月01日 - 2004年10月31日, 国際ワークショップ「International Workshop on Biological Responses to Low Dose Radiation」組織委員会委員
  •   2002年04月01日 - 2004年03月31日, 国際シンポジウム「International Symposium on Innovative Technology for Radiation Risk Study (ITRRS2003) 」組織委員会委員

経歴

  •   2017年04月 - 現在, 東洋大学 生命科学部 生命科学科 学科長
  •   2013年04月 - 現在, 東洋大学, 生命科学部 生命科学科, 教授
  •   2005年10月 - 2013年03月, 日本原子力研究開発機構 量子ビーム応用研究部門 研究主幹
  •   2005年04月 - 2005年09月, 日本原子力研究所 高崎研究所 主任研究員
  •   2000年04月 - 2005年03月, 日本原子力研究所 高崎研究所 副主任研究員
  •   1998年08月 - 1999年08月, マサチューセッツ工科大学生物学科 客員研究員
  •   1996年04月 - 2000年03月, 日本原子力研究所 高崎研究所 研究員
  •   1994年04月 - 1996年03月, 日本原子力研究所 高崎研究所 専門研究員

研究活動情報

研究分野

  • 農芸化学, 応用微生物学
  • 生物科学, 分子生物学
  • 生物分子科学, 生物分子科学
  • 環境学, 放射線・化学物質影響科学

研究キーワード

    DNA修復, 放射線, イオンビーム育種, 突然変異, 量子ビーム利用, 放射線微生物学

論文

  • Functional analysis of pprA and pprI genes that are involved in radiation/desiccation response in the radioresistant bacterium Deinococcus grandis, Kakeru Kurosawa, Kota Omoso, Hajime Takeshita, Katsuya Satoh, Issay Narumi, QST Takasaki Annual Report 2015,   2017年03月
  • PprM, a cold shock domain-containing protein from Deinococcus radiodurans, confers oxidative stress tolerance to Escherichia coli, Sun-ha Park, Harinder Singh, Deepti Appukuttan, Sunwook Jeong, Yong Jun Choi, Jong-hyun Jung, Issay Narumi, Sangyong Lim, Frontiers in Microbiology, 7,   2017年01月
  • Effects of ion beam irradiation on size of mutant sector and genetic damage in Arabidopsis, Yoshihiro Hase, Shigeki Nozawa, Issay Narumi, Yutaka Oono, Nuclear Instruments and Methods in Physics Research Section B: Beam Interactions with Materials and Atoms, 391, 14 - 19,   2017年01月
  • Mutation induction of orchid plants by ion beams, Affrida Abu Hassan, Sakinah Ariffin, Zaiton Ahmad, Mohd Nazir BasiranA, Yutaka Oono, Yoshihiro Hase, Naoya Shikazono, Issay Narumi, Atsushi Tanaka, JAEA-Review 2015-037, 1 - 26,   2016年03月
  • Generating new ornamental plant varieties using ion beams, Zaiton Ahmand, Affrida Abu Hassan, Shakinah Salleh, Nurul Hidayah Mahmud, Yutaka Oono, Yoshihiro Hase, Shigeki Nozawa, Ryouhei Yoshihara, Issay Narumi, Atsushi Tanaka, JAEA-Review 2015-037, 27 - 120,   2016年03月
  • Accumulation of cesium and its association with intracellular polyphosphate in Deinococcus radiodurans, Ryoshiro Ueda, Katsuya Satoh, Hidenori Hayashi, Issay Narumi, Yutaka Oono, JAEA Takasaki Annual Report 2014,   2016年03月
  • Screening of cesium-accumulating mutant of radioresistant bacterium Deinococcus radiodurans by ion beam breeding technology, Katsuya Satoh, Ryoshiro Ueda, Yoshihiro Hase, Issay Narumi, Yutaka Oono, JAEA Takasaki Annual Report 2014,   2016年03月
  • Screening of novel anthocyanin mutants by re-irradiation of ion beams in Arabidopsis thaliana mutant, Satoshi Kitamura, Yutaka Oono, Issay Narumi, JAEA Takasaki Annual Report 2014,   2016年03月
  • DNA gyrase of Deinococcus radiodurans is characterized as type II bacterial topoisomerase and its activity is differentially regulated by PprA in vitro, Swathi Kota, Vijaya K. Charaka, Yogendra S. Rajpurohit, Katsuya Satoh, Issay Narumi, Hari S. Misra, Extremophiles, 20, (3) 195 - 205,   2016年02月
  • Draft genome sequence of the radioresistant bacterium Deinococcus grandis, isolated from freshwater fish in Japan, Katsuya Satoh, Takefumi Onodera, Kota Omoso, Kiyoko Takeda-Yano, Takeshi Katayama, Yutaka Oono, Issay Narumi., Genome Announcements, 4,   2016年01月
  • Arabidopsis pab1, a mutant with reduced anthocyanins in immature seeds from banyuls, harbors a mutation in the MATE transporter FFT, Satoshi Kitamura, Yutaka Oono, Issay Narumi, Plant Molecular Biology, 169, 636 - 642,   2016年01月
  • Draft Genome Sequence of Methylobacterium sp. ME121, isolated from soil as a mixed single colony with Kaistia sp. 32K, Shun Fujinami, Kiyoko Takeda-Yano, Takefumi Onodera, Katsuya Satoh, Tetsu Shimizu, Issay Narumi, Akira Nakamura, Masahiro Ito, Genome Announcements, 3,   2015年07月
  • DNA repair in hyperthermophilic and hyperradioresistant microorganisms, Yoshizumi Ishino, Issay Narumi, Current Opinion in Microbiology, 25, 103 - 112,   2015年06月
  • イオンビーム育種技術による植物・微生物のセシウム吸収特性の改変, 大野豊、長谷純宏、佐藤勝也、野澤樹、鳴海一成, 放射線と産業, 138, 17 - 20,   2015年06月
  • Isolation of carbon ions-induced mutants in Arabidopsis thaliana exhibiting different anthocyanin accumulation patterns, Satoshi Kitamura, Yutaka Oono, Issay Narumi, JAEA Takasaki Annual Report 2013,   2015年03月
  • Development of cesium-accumulating bacteria by ion beam breeding technology, Katsuya Satoh, Ryoshiro Ueda, Yoshihiro Hase, Issay Narumi, Yutaka Oono, JAEA Takasaki Annual Report 2013,   2015年03月
  • Molecular analysis of polyphosphate biosynthesis-related genes in Deinococcus radiodurans, Ryoshiro Ueda, Katsuya Satoh, Hidenori Hayashi, Issay Narumi, Yutaka Oono, JAEA Takasaki Annual Report 2013,   2015年03月
  • Genome analysis of the high temperature tolerant mutant of Bradyrhizobium japonicum USDA110 generated by ion-beam irradiation, Kiyoko Takeda, Katsuya Satoh, Issay Narumi, Yutaka Oono, Naoko Ohkama-Ohtsu, Tadashi Yokoyama, JAEA Takasaki Annual Report 2013,   2015年03月
  • Thermotolerant mutants of entomopathogenic fungi obtained by ion beam- and gamma ray-induced mutagenesis, Tsutomu Saito, Yuyun Fitriana, Katusya Satoh, Yutaka Oono, Issay Narumi, JAEA Takasaki Annual Report 2013,   2015年03月
  • Role of DNA repair and effect of herbal extract on LOH induced by ion beam radiations in Saccharomyces cerevisiae, Tatsuo Nunoshiba, Ayako Yamauchi, Rika Iwata, Katsuya Satoh, Yutaka Oono, Issay Narumi, JAEA Takasaki Annual Report 2013,   2015年03月
  • Gamma-ray and ion beam irradiated plants showed unique mutation spectra, Ryohei Yoshihara, Shigeki Nozawa, Yoshihiro Hase, Issay Narumi, Jun Hidema, Ayako N. Sakamoto, Annual Report QuBS 2014,   2015年02月
  • 日本原子力学会からの表彰を受けて, 鳴海 一成, 工業技術, 37,   2015年02月
  • Benomyl-resistant Beauveria bassiana (Hypocreales: Clavicipitaceae) mutants induced by ion beams, Yuyun Fitriana, Shinobu Shinohara, Katsuya Satoh, Issay Narumi, Tsutomu Saito, Applied Entomology and Zoology, 50, 123 - 129,   2015年02月
  • Metabolic alterations in leaves of oxalate-rich plant Rumex obtusifolius L. irradiated by gamma rays, Sayaka Kitano, Atsuko Miyagi, Yutaka Oono, Yoshihiro Hase, Issay Narumi, Masatoshi Yamaguchi, Hirofumi Uchimiya, Maki Kawai-Yamada, Metabolomics, 11, (1) 134 - 142,   2015年01月
  • カーボンイオンビーム照射が青森県在来の毛豆の形質に及ぼす影響, 川崎通夫、桔梗翔梧、野澤樹、秋田祐介、長谷純宏、鳴海一成, 作物学会東北支部会報, 56, 61 - 62,   2014年12月
  • 好熱菌と放射線抵抗性細菌の研究, 鳴海 一成, 極限環境生物学会誌, 13, (1) 2 - 3,   2014年11月
  • Draft genome sequence of Bacillus alcalophilus AV1934, a classic alkaliphile isolated from human feces in 1934, Oliver Attie, Anitha Jayaprakash, Hardik Shah, Ian T. Paulsen, Masato Morino, Yuka Takahashi, Issay Narumi, Ravi Sachidanandam, Katsuya Satoh, Masahiro Ito, Terry A. Krulwich, Genome Announcements, 2, (6) ,   2014年10月
  • Interaction of double-stranded DNA with polymerized PprA protein from Deinococcus radiodurans, Motoyasu Adachi, Hiroshi Hirayama, Rumi Shimizu, Katsuya Satoh, Issay Narumi, Ryota Kuroki, Protein Science, 23, (10) 1349 - 1358,   2014年10月
  • Molecular analysis of anthocyanin biosynthesis genes, and creation of new colored flower cultivars from fragrant cyclamen, Yusuke Akita, Tomomi Iwasaki, Satoshi Kitamura, Yoshihiro Hase, Issay Narumi, Hiroshi Ishizaka, Emiko Kondo, Naoko Kameari, Masayoshi Nakayama, Atsushi Tanaka, Polyphenols Communications 2014, 271 - 272,   2014年09月
  • Draft genome sequence of calcium-dependent Paenibacillus sp. strain TCA20, isolated from a hot spring containing a high concentrations of calcium ions, Shun Fujinami, Kiyoko Takeda-Yano, Takefumi Onodera, Katsuya Satoh, Motohiko Sano, Yuka Takahashi, Issay Narumi, Masahiro Ito, Genome Announcements, 2, (5) ,   2014年08月
  • Space exposure of amino acids and their precursors in the Tanpopo mission using the International Space Station, Kensei Kobayashi, Hajime Mita, Hikaru Yabuta, Kazumichi Nakagawa Yukinori Kawamoto, Takeo Kaneko, Yumiko Obayashi, Kazuhiro Kanda, Satoshi Yoshida, Issay Narumi, Eiichi Imai, Hirofumi Hashimoto, Shin-ichi Yokobori, Akihiko Yamagishi, Tanpopo WG, Transactions of the Japanese Society for Aeronautical and Space Sciences, Aerospace Technology Japan, 12, (ISTS Special Issue) Pp_1 - Pp_6,   2014年05月
  • Draft genome sequence of potassium-dependent alkaliphilic Bacillus sp. strain TS-2, isolated from a jumping spider, Shun Fujinami, Kiyoko Takeda, Takefumi Onodera, Katsuya Satoh, Motohiko Sano, Issay Narumi, Masahiro Ito, Genome Announcements, 2, (3) ,   2014年05月
  • Ion-beam and gamma-ray irradiation induces thermotolerant mutants in the entomopathogenic fungus Metarhizium anisopliae s.l., Yuyun Fitriana, Katusya Satoh, Issay Narumi, Tsutomu Saito, Biocontrol Science and Technology, 24, (9) 1052 - 1061,   2014年04月
  • 極限環境微生物の耐熱性と放射線耐性の研究, 鳴海 一成, ATI News, 16, 2 - 6,   2014年03月
  • Role of DNA repair and effect of herbal extract on LOH induced by ion beam radiations in Saccharomyces cerevisiae, Tatsuo Nunoshiba, Yayoi Sakata, Ayako Yamauchi, Katsuya Satoh, Takefumi Onodera, Issay Narumi, JAEA Takasaki Annual Report 2012,   2014年03月
  • Mutation analysis of high ethyl caproate producing sake yeasts generated by ion beam breeding, Takashi Masubuchi, Ryoshiro Ueda, Osamu Kamiyama, Hiroshi Ikenaga, Katsuya Satoh, Issay Narumi, JAEA Takasaki Annual Report 2012,   2014年03月
  • Benomyl-tolerant mutation of entomopathogenic fungi induced by carbon ion beams, Tsutomu Saito, Yuyun Fitriana, Katsuya Satoh, Issay Narumi, JAEA Takasaki Annual Report 2012,   2014年03月
  • Simultaneous saccharification and fermentation from ionic liquid-pretreated biomass using ionic liquid-tolerant yeast mutant, Kazuaki Ninomiya, Sayuri Omote, Katsuya Satoh, Issay Narumi, Nobuaki Shimizu, JAEA Takasaki Annual Report 2012,   2014年03月
  • Identification of DNA mutation sites in a high temperature tolerant mutant of Bradyrhizobium japonicum USDA110 generated by ion-beam irradiation, Kiyoko Takeda, Katsuya Satoh, Issay Narumi, Naoko Ohkama-Ohtsu, Tadashi Yokoyama, JAEA Takasaki Annual Report 2012,   2014年03月
  • Improvement of endophytic bacteria using ion beams and application of bio-pesticide with plant growth promoter made from oligo-chitosan, Masataka Aino, Katsuya Satoh, Issay Narumi, Naotsugu Nagasawa, Fumio Yoshii, Mitsumasa Taguchi, JAEA Takasaki Annual Report 2012,   2014年03月
  • Molecular analysis of heavy ion induced mutations in budding yeast S. cerevisiae, Yoichiro Matuo, Yoshinobu Izumi, Yoshihiro Hase, Ayako N. Sakamoto, Shigeki Nozawa, Issay Narumi, Kikuo Shimizu, JAEA Takasaki Annual Report 2012,   2014年03月
  • Genetic analysis of novel DNA cross-link repair genes common to Deinococcus and Thermus, Takefumi Onodera, Katsuya Satoh, Toshihiro Ohta, Issay Narumi, JAEA Takasaki Annual Report 2012,   2014年03月
  • Mutagenic effect of carbon ion beams in Deinococcus radiodurans, Katsuya Satoh, Takefumi Onodera, Kiyoko Takeda, Issay Narumi, JAEA Takasaki Annual Report 2012,   2014年03月
  • Determination of the carbon ion beam irradiation condition for barley, Takashi Iimure, Takehiro Hoki, Yoshihiro Hase, Shigeki Nozawa, Issay Narumi, Makoto Kihara, Kenyu Ogush, JAEA Takasaki Annual Report 2012,   2014年03月
  • Effect of gamma-ray irradiation on oxalate metabolism in Rumex obtusifolius L., Sayaka Kitano, Atsuko Miyagi, Yutaka Oono, Yoshihiro Hase, Issay Narumi, Hirofumi Uchimiya, Maki Kawai-Yamada, JAEA Takasaki Annual Report 2012,   2014年03月
  • Screening of salt tolerant mutants by combination of radiation mutagenesis and in vitro regeneration in Lombardy poplar (Populus nigra), Kamal Kanti Biswas, Yoshihiro Hase, Issay Narumi, Yutaka Oono, JAEA Takasaki Annual Report 2012,   2014年03月
  • Mutational effects of carbon ions near the range end in Arabidopsis, Yoshihiro Hase, Shigeki Nozawa, Issay Narumi, JAEA Takasaki Annual Report 2012,   2014年03月
  • Generating new chrysanthemum plant varieties using ion beams, Zaiton Ahmad, Affrida Abu Hassan, Shakinah Salleh, Nurul Hidayah Mahmud,Shigeki Nozawa, Issay Narumi, Yoshihiro Hase, Yutaka Oono, JAEA Takasaki Annual Report 2012,   2014年03月
  • Ion beam breeding of rice for the Mutation Breeding Project of the Forum of Nuclear Cooperation in Asia (FNCA), Atsushi Tanaka, Shigeki Nozawa, Yoshihiro Hase, Issay Narumi, Hidetaka Ishikawa, Aki Koike, JAEA Takasaki Annual Report 2012,   2014年03月
  • Development of ion beam breeding technology in plants and creation of useful plant resources, Yoshihiro Hase, Shigeki Nozawa, Itsuo Asami, Yuki Tanokashira, Youichi Matsuo, Akira Kanazawa, Kazushige Honda, Issay Narumi, JAEA Takasaki Annual Report 2012,   2014年03月
  • Gamma-ray sensitivity in Arabidopsis thaliana exhibiting different flavonoid accumulation patterns, Satoshi Kitamura, Issay Narumi, JAEA Takasaki Annual Report 2012,   2014年03月
  • 放射線抵抗性細菌を用いた基礎研究とその応用への展開, 鳴海一成、佐藤勝也, 工業技術, 36, 78 - 83,   2014年01月
  • Draft genome sequence of sodium-independent Microbacterium sp. strain TS-1, Shun Fujinami, Kiyoko Takeda, Takefumi Onodera, Katsuya Satoh, Motohiko Sano, Issay Narumi, Masahiro Ito, Genome announcements,   2013年12月
  • Mutational effects of γ-rays and carbon ion beams in Arabidopsis seedlings, Ryouhei Yoshihara, Shigeki Nozawa, Yoshihiro Hase, Issay Narumi, Koichi Takimoto, Jun Hidema, Ayako N. Sakamoto, Journal of radiation research, 54, 1050 - 1056,   2013年11月
  • Enhanced fungicide resistance in Isaria fumosorosea following ionizing radiation-induced mutagenesis, Shinobu Shinohara, Katsuya Satoh, Issay Narumi, Yuyun Fitriana, Tsutomu Saito, FEMS microbiology letters, 349, 54 - 60,   2013年11月
  • 清酒酵母の遺伝子機能解析による新規酵母選別法の開発, 増渕隆、富澤佑貴、上田涼史郎、高島智里、林秀謙、池永裕、佐藤勝也、手島光平、鳴海一成、和田智史、上山修, 群馬産業技術センター研究報告 (2012), 20 - 24,   2013年09月
  • The possible interplanetary transfer of microbes: assessing the viability of Deinococcus spp. under the ISS environmental conditions for performing exposure experiments of microbes in Tanpopo mission, Yuko Kawaguchi, Yinjie Yang, Narutoshi Kawashiri, Keisuke Shiraishi, Masako Takasu, Issay Narumi, Katsuya Satoh, Hirofumi Hashimoto, Kazumichi Nakagawa, Yoshiaki Tanigawa, Yoh-hei Momoki, Maiko Tanabe, Tomohiro Sugino, Yuta Takahashi, Yasuyuki Shimizu, Satoshi Yoshida, Kensei Kobayashi, Shin-ichi Yokobori, Akihiko Yamagishi, Origins of life and evolution of biospheres, 43, 411 - 428,   2013年09月
  • イオンビーム育種技術による清酒酵母の開発, 増渕隆、佐藤勝也、鳴海一成、上山修, Bioindustry, 30, 65 - 71,   2013年07月
  • Arabidopsis sos1 mutant in a salt-tolerant accession revealed an importance of salt acclimation ability in plant salt tolerance, Hirotaka Ariga, Taku Katori, Ryouhei Yoshihara, Yoshihiro Hase, Shigeki Nozawa, Issay Narumi, Satoshi Iuchi, Masatomo Kobayashi, Kenji Tezuka, Yoichi Sakata, Takahisa Hayashi, Teruaki Taji, Plant signaling & behavior, 8,   2013年05月
  • The effect of γ-sterilization of biofertilizer's carrier on bacterial inoculants survival, Kouhei Tejima, Tadashi Yokoyama, Katsuya Satoh, Kiyoko Takeda, Issay Narumi, JAEA Takasaki Annual Report 2011,   2013年01月
  • Effects of ion beam radiation on genome integrity in Saccharomyces cerevisiae, Tatsuo Nunoshiba, Yukei Hirasawa, Ayako Yamauchi, Katsuya Satoh, Kouhei Tejima, Takefumi Onodera, Issay Narumi, JAEA Takasaki Annual Report 2011,   2013年01月
  • Identification of mutation sites in high ethyl caproate producing sake yeasts generated by ion beam breeding, Takashi Masubuchi, Chisato Takashima, Osamu Kamiyama, Hiroshi Ikenaga, Katsuya Satoh, Issay Narumi, JAEA Takasaki Annual Report 2011,   2013年01月
  • Benomyl-tolerant mutation of entomopathogenic fungi induced by carbon ion beams, Tsutomu Saito, Shinobu Shinohara, Katsuya Satoh, Issay Narumi, JAEA Takasaki Annual Report 2011,   2013年01月
  • FACS-based screening for yeast clone highly expressing cellulase, Kazuaki Ninomiya, Tomoyo Nomura, Katsuya Satoh, Issay Narumi, Nobuaki Shimizu, JAEA Takasaki Annual Report 2011,   2013年01月
  • Phenotypic characterization of high temperature tolerant mutants of Bradyrhizobium japonicum USDA110 generated by ion-beam irradiation, Kiyoko Takeda, Kouhei Tejima, Katsuya Satoh, Issay Narumi, Tadashi Yokoyama, JAEA Takasaki Annual Report 2011,   2013年01月
  • Application of bio-pesticide with plant growth promoter made from oligo-chitosan, Masataka Aino, Katsunari Matsuura, Naotsugu Nagasawa, Fumio Yoshii, Mitsumasa Taguchi, Katsuya Satoh, Issay Narumi, JAEA Takasaki Annual Report 2011,   2013年01月
  • DNA damage evaluation system of the high-LET ion beam using the polymerase chain reaction, Yoichiro Matuo, Yoshinobu Izumi, Yoshihiro Hase, Ayako N. Sakamoto, Shigeki Nozawa, Issay Narumi, Kikuo Shimizu, JAEA Takasaki Annual Report 2011,   2013年01月
  • Functional analysis of universally conserved genes, ygjD and yeaZ orthologs, in DNA repair of Deinococcus radiodurans, Takefumi Onodera, Katsuya Satoh, Toshihiro Ohta, Issay Narumi, JAEA Takasaki Annual Report 2011,   2013年01月
  • Analysis of mutant frequencies for different LET radiations in Deinococcus radiodurans, Katsuya Satoh, Kohei Tejima, Takefumi Onodera, Issay Narumi, JAEA Takasaki Annual Report 2011,   2013年01月
  • Production of mutants by ion beam irradiation in Dahlia spp., Yoshihide Uyama, Hirotaka Ohya, Koichi Kashimoto, Shoji Hatano, Shigeki Nozawa, Ryohei Yoshihara, Yoshihiro Hase, Issay Narumi, JAEA Takasaki Annual Report 2011,   2013年01月
  • Effect of gamma ray irradiation on Rumex obtusifolius L., Sayaka Kitano, Atsuko Miyagi, Yutaka Oono, Yoshihiro Hase, Issay Narumi, Hirofumi Uchimiya, Maki Kawai-Yamada, JAEA Takasaki Annual Report 2011,   2013年01月
  • Developing protocol for screening of drought/salt tolerant mutants with ion beam mutagenesis in Populus sp., Kamal Kanti Biswas, Takeshi Mohri, Satoshi Kogawara, Issay Narumi, Yutaka Oono, JAEA Takasaki Annual Report 2011,   2013年01月
  • Mutational effects of carbon ions near the range end and development of an efficient mutagenesis technique using ion beams, Yoshihiro Hase, Ryohei Yoshihara, Shigeki Nozawa, Issay Narumi, JAEA Takasaki Annual Report 2011,   2013年01月
  • Generating new ornamental plant varieties using ion beams, Zaiton Ahmad, Affrida Abu Hassan, Shakinah Salleh, Shigeki Nozawa, Issay Narumi, Yoshihiro Hase, Yutaka Oono, JAEA Takasaki Annual Report 2011,   2013年01月
  • Ion beam irradiation on rice seeds for the Mutation Breeding Project of the Forum of Nuclear Cooperation in Asia (FNCA), Atsushi Tanaka, Shigeki Nozawa, Yoshihiro Hase, Issay Narumi, Hidetaka Ishikawa, Aki Koike, JAEA Takasaki Annual Report 2011,   2013年01月
  • Development of ion beam breeding technology in plants and creation of useful plant resources, Yoshihiro Hase, Shigeki Nozawa, Tomoyuki Okada, Itsuo Asami, Takeshi Nagatani, Youichi Matsuo, Akira Kanazawa, Kazushige Honda, Issay Narumi, JAEA Takasaki Annual Report 2011,   2013年01月
  • Ion Beam Mutagenesis Research Group, Issay Narumi, Annual Report QuBS 2012,   2013年01月
  • Carbon ions near the range end frequently induce large deletions in plants, Yoshihiro Hase, Ryohei Yoshihara, Shigeki Nozawa, Issay Narumi, Annual Report QuBS 2012,   2013年01月
  • Deinococcus radiodurans YgjD and YeaZ are involved in the repair of DNA cross-links, Takefumi Onodera, Katsuya Satoh, Toshihiro Ohta, Issay Narumi, Extremophiles, 17, 171 - 179,   2013年01月
  • Lethal and mutagenic effects of ion beams and γ rays in Aspergillus oryzae, Toyoshima Y, Takahashi A, Tanaka H, Watanabe J, Mogi Y, Yamazaki T, Iwashita K, Mikami S, Satoh K, Narumi I, Mutation research, 740, 43 - 49,   2012年12月
  • SMALL ACIDIC PROTEIN 1 acts with RUB modification components, the COP9 signalosome and AXR1, to regulate growth and development of Arabidopsis, Nakasone A, Fujiwara M, Fukao Y, Biswas KK, Rahman A, Kawai-Yamada M, Narumi I, Uchimiya H, Oono Y, Plant physiology, 160, 93 - 105,   2012年09月
  • An improved system for shoot regeneration from stem explants of Lombardy poplar (Populus nigra L. var. italica Koehne), Biswas KK, Mohri T, Kogawara S, Narumi I, Oono Y, American journal of plant sciences, 3, 1181 - 1186,   2012年09月
  • Development of an efficient mutagenesis technique using ion beams: toward more controlled mutation breeding, Hase Y, Akita Y, Kitamura S, Narumi I, Tanaka A, Plant biotechnology, 29, 193 - 200,   2012年06月
  • "Challenge to conquer cancer -New trends in mutati on research" JEMS Open Symposium 2011, Tatsuo Nunoshiba, Isao Kuraoka, Yuko Ibuki, Issay Narumi, Genes and Environment, 34, 55 - 57,   2012年05月
  • Molecular characterization of an anthocyanin-related glutathione S-transferase gene in cyclamen., Kitamura S, Akita Y, Ishizaka H, Narumi I, Tanaka A, Journal of plant physiology, 169, 636 - 642,   2012年04月
  • The role of Deinococcus radiodurans RecFOR proteins in homologous recombination., Satoh K, Kikuchi M, Ishaque AM, Ohba H, Yamada M, Tejima K, Onodera T, Narumi I, DNA repair, 11, 410 - 418,   2012年04月
  • The effect of γ-sterilization of carrier materials made with different types of soils on the shelf life of biofertilizer containing Bradyrhizobium japonicum strain USDA110., Tejima K, Satoh K, Takeda K, Yokoyama T, Narumi I, Radioisotopes, 61, 161 - 171,   2012年04月
  • Mutagenic effects of carbon ions near the range end in plants., Hase Y, Yoshihara R, Nozawa S, Narumi I, Mutation research, 731, 41 - 47,   2012年03月
  • Ion Beam Mutagenesis Research Group, Issay Narumi, Annual Report QuBS 2011,   2012年02月
  • Evidence for radiation-induced genomic instability in higher plants, Yuichiro Yokota, Tomoo Funayama, Yoshihiro Hase, Yasuhiko Kobayashi, Atsushi Tanaka, Issay Narumi, Annual Report QuBS 2011,   2012年02月
  • The long-term storage of rhizobial biofertilizer made from γ-irradiated carriers, Kohei Tejima, Tadashi Yokoyama, Katsuya Satoh, Issay Narumi, JAEA Takasaki Annual Report 2010,   2012年01月
  • Ion beam breeding of "sake yeast" and test brewing - the second report -, Takashi Masubuchi, Osamu Kamiyama, Katsuya Satoh, Yoshihiro Hase, Issay Narumi, JAEA Takasaki Annual Report 2010,   2012年01月
  • Fungicide tolerant mutation of entomopathogenic fungi induced by carbon ion beams, Tsutomu Saito, Shinobu Shinohara, Katsuya Satoh, Issay Narumi, JAEA Takasaki Annual Report 2010,   2012年01月
  • Repeated FACS-based screening for yeast strain highly expressing cellulase, Kazuaki Ninomiya, Hiroshi Soda, Katsuya Satoh, Issay Narumi, Nobuaki Shimizu, JAEA Takasaki Annual Report 2010,   2012年01月
  • Colony morphology of high temperature tolerant mutants of Bradyrhizobium japonicum USDA110 obtained by ion-beam microbial mutation-breeding technology, Kiyoko Takeda, Kohei Tejima, Katsuya Satoh, Issay Narumi, Tadashi Yokoyama, JAEA Takasaki Annual Report 2010,   2012年01月
  • Characterization of mutant endophytic bacteria strains improved using ion beams, Masataka Aino, Katsunari Matsuura, Katsuya Satoh, Issay Narumi, JAEA Takasaki Annual Report 2010,   2012年01月
  • Fundamental study on molecular mechanism underlying repair of heavy-ion induced DNA damage in the Saccharomyces cerevisiae, Yoichiro Matuo, Yoshinobu Izumi, Yoshihiro Hase, Ayako N. Sakamoto, Shigeki Nozawa, Issay Narumi, Kikuo Shimizu, JAEA Takasaki Annual Report 2010,   2012年01月
  • Involvement of universal conserved genes, ygjD and yeaZ orthologs, in DNA repair of Deinococcus radiodurans, Takefumi Onodera, Katsuya Satoh, Issay Narumi, Toshihiro Ohta, JAEA Takasaki Annual Report 2010,   2012年01月
  • Lethal effect of different LET radiations in gene disruptant strain in Deinococcus radiodurans, Katsuya Satoh, Kohei Tejima, Takefumi Onodera, Issay Narumi, JAEA Takasaki Annual Report 2010,   2012年01月
  • Stability evaluation of mutant lines induced by ion beam breeding in petunia, Masachika Okamura, Yoshihiro Hase, Noboru Onishi, Issay Narumi, Atsushi Tanaka, JAEA Takasaki Annual Report 2010,   2012年01月
  • Mutational effects of carbon ions near range end in Arabidopsis, Yoshihiro Hase, Ryohei Yoshihara, Shigeki Nozawa, Issay Narumi, JAEA Takasaki Annual Report 2010,   2012年01月
  • Characterization of ion beam irradiated chrysanthemum plants, Shakinah Salleh, Zaiton Ahmad,, Affrida Abu Hassan, Shigeki Nozawa, Issay Narumi, Yoshihiro Hase, Yutaka Oono, JAEA Takasaki Annual Report 2010,   2012年01月
  • Ion beam irradiation on rice seeds for the mutation breeding project of the forum for nuclear cooperation in Asia (FNCA), Atsushi Tanaka, Shigeki Nozawa, Yoshihiro Hase, Issay Narumi, Hidetaka Ishikawa, Aki Koike, JAEA Takasaki Annual Report 2010,   2012年01月
  • Development of ion beam breeding technology in plants and creation of useful plant resources, Yoshihiro Hase, Shigeki Nozawa, Tomoyuki Okada, Itsuo Asami, Takeshi Nagatani, Youichi Matsuo, Akira Kanazawa, Kazushige Honda, Issay Narumi, JAEA Takasaki Annual Report 2010,   2012年01月
  • Genetic interaction between COP9 signalosome and SMAP1 that function in the 2,4-D response in Arabidopsis, Yutaka Oono, Issay Narumi, JAEA Takasaki Annual Report 2010,   2012年01月
  • Isolation and characterization of the fragrant cyclamen O-methyltransferase involved in flower coloration., Akita Y, Kitamura S, Hase Y, Narumi I, Ishizaka H, Kondo E, Kameari N, Nakayama M, Tanikawa N, Morita Y, Tanaka A, Planta, 234, 1127 - 1136,   2011年12月
  • 清酒の品質向上研究(平成22年度)イオンビームによる新規清酒酵母の育種と試験醸造(第2報), 増渕隆、上山修、佐藤勝也、長谷純宏、鳴海一成, 群馬産業技術センター研究報告 (2010), 25 - 27,   2011年10月
  • The effect of gamma-sterilization of biofertilizer's carrier, Kouhei Tejima, Issay Narumi, FNCA Biofertilizer News Letter, 9,   2011年10月
  • 放射性抵抗性細菌, 小野寺威文、鳴海一成, 日本微生物生態学会誌, 26, 75 - 77,   2011年09月
  • Optimization of ion-beam irradiation for mutagenesis in soybean: effects on plant growth and production of visibly altered mutants, Arase S, Hase Y, Abe J, Kasai M, Yamada T, Kitamura K, Narumi I, Tanaka A, Kanazawa A, Plant biotechnology, 28, 323 - 329,   2011年06月
  • Role of AtPolζ, AtRev1 and AtPolη in γ ray-induced mutagenesis., Nakagawa M, Takahashi S, Narumi I, Sakamoto AN, Plant signaling & behavior, 6, 728 - 731,   2011年05月
  • イオンビームを用いた微生物育種による新規有用形質の獲得, 手島光平、佐藤勝也、鳴海一成, 土と微生物, 65, 78 - 82,   2011年04月
  • In silico method to predict functional similarity between two RecA orthologs., Sghaier H, Satoh K, Narumi I, Journal of biomolecular screening, 16, 457 - 459,   2011年04月
  • Survival strategy of a radioresistant bacterium: a review, Issay Narumi, Gamma Field Symposia, 48, 69 - 76,   2011年03月
  • Ion beam breeding of "sake yeast" and test brewing, Takashi Masubuchi, Osamu Kamiyama, Katsuya Satoh, Yoshihiro Hase, Issay Narumi, JAEA Takasaki Annual Report 2009,   2011年01月
  • The effect of γ-sterilization of carrier materials on the shelf life of biofertilizer, Kohei Tejima, Tadashi Yokoyama, Katsuya Satoh, Issay Narumi, JAEA Takasaki Annual Report 2009,   2011年01月
  • Analysis of mutation induced by ion beams and gamma-rays in vacuum-dried conidia of Aspergillus oryzae, Koutaro Ito, Yoshiki Hanya, Katsuya Satoh, Issay Narumi, JAEA Takasaki Annual Report 2009,   2011年01月
  • Lethal effects of different LET radiations in Deinococcus radiodurans, Katsuya Satoh, Kohei Tejima, Issay Narumi, JAEA Takasaki Annual Report 2009,   2011年01月
  • Molecular analysis of carbon ion induced mutation in yeast Saccharomyces cerevisiae cells, Kikuo Shimizu, Yoichiro Matuo, Yoshinobu Izumi, Yoshihiro Hase, Shigeki Nozawa, Ayako N. Sakamoto, Issay Narumi, JAEA Takasaki Annual Report 2009,   2011年01月
  • FACS-based screening of yeast strain highly expressing cellulase, Kazuaki Ninomiya, Hiroshi Soda, Katsuya Satoh, Issay Narumi, Nobuaki Shimizu, JAEA Takasaki Annual Report 2009,   2011年01月
  • Improvement of endophytic bacteria using ion beams, Masataka Aino, Katsuya Satoh, Issay Narumi, JAEA Takasaki Annual Report 2009,   2011年01月
  • Fungicide tolerant mutation of entomopathogenic fungi induced by carbon ion beams, Tsutomu Saito, Katsuya Satoh, Issay Narumi, JAEA Takasaki Annual Report 2009,   2011年01月
  • Phenotypic improvement of Bradyrhizobium japonicum USDA110 into a high temperature tolerant strain in terms of ion-beam microbial mutation-breeding technology, Kiyoko Takeda, Kohei Tejima, Katsuya Satoh, Issay Narumi, Tadashi Yokoyama, JAEA Takasaki Annual Report 2009,   2011年01月
  • Effect of Ion-beam irradiation on germination and growth of seedlings of red pepper 'Hirosaki zairai', Masaru Tomikawa, Tomoo Maeda, Kazushige Honda, Koichi Saga, Ryuji Ishikawa, Yusuke Akita, Ryohei Yoshihara, Shigeki Nozawa, Issay Narumi, JAEA Takasaki Annual Report 2009,   2011年01月
  • Assessment of irradiation treatments on a salt-tolerant Arabidopsis, Zu-0 and Thellungiella, Teruaki Taji, Akane Horiguchi, Akirou Ikeda, Chihiro Nakajima, Youichi Sakata, Ryohei Yoshihara, Shigeki Nozawa, Yoshihiro Hase, Issay Narumi, JAEA Takasaki Annual Report 2009,   2011年01月
  • Induction of Fusarium wilt resistant by ion beam irradiation in strawberry (Fragaria × ananassa) leaf explants, Mamoru Yotoriyama, Junichi Takano, Kiyoshi Namai, Ryohei Yoshihara, Shigeki Nozawa, Yoshihiro Hase, Issay Narumi, JAEA Takasaki Annual Report 2009,   2011年01月
  • Production of soybean mutants with pale-green-leaf phenotype by ion beam irradiation, Sachiko Arase, Jun Abe, Shigeki Nozawa, Yoshihiro Hase, Issay Narumi, Akira Kanazawa, JAEA Takasaki Annual Report 2009,   2011年01月
  • Ion beam breeding of sugarcane cultivar 'Ni17', Yoshihisa Takenoshita, Junichi Nagai, Takeshi Nagatani, Masakazu Ooe, Yoshihiro Hase, Atsushi Tanaka, Issay Narumi, JAEA Takasaki Annual Report 2009,   2011年01月
  • Producing new gene resources in chrysanthemum using ion-beam irradiation, Itsuo Asami,Takako Tsuji, Tohru Hasegawa, Sirou Fukuta, Satoru Kuroyanagi, Yoshihiro Hase, Ryohei Yoshihara, Issay Narumi, JAEA Takasaki Annual Report 2009,   2011年01月
  • Effect of ion beam irradiation for Asclepias species, Nobuo Kobayashi, Shinichiro Sasaki, Keisuke Tasaki, Akira Nakatsuka, Shigeki Nozawa, Yoshihiro Hase, Issay Narumi, JAEA Takasaki Annual Report 2009,   2011年01月
  • Effects of heavy ion beam irradiation in citrus, Youichi Matsuo, Yoshihiro Hase, Shigeki Nozawa, Ryohei Yoshihara, Issay Narumi, JAEA Takasaki Annual Report 2009,   2011年01月
  • Stability of flower-colour mutants of Delphinium 'Momoka' after propagation by tissue culture, Satomi Katamura, Shunpei Chinone, Koji Tokuhiro, Houichi Nakatubo, Shigeki Nozawa, Yoshihiro Hase, Issay Narumi, JAEA Takasaki Annual Report 2009,   2011年01月
  • Development of new Gunma original variety of chrysanthemum by ion beam irradiation, Tomoyuki Okada, Hiroshi Ikeda, Yutaka Oono, Ryohei Yoshihara, Yoshihiro Hase, Issay Narumi, JAEA Takasaki Annual Report 2009,   2011年01月
  • Generating new ornamental plant varieties using ion beams, Affrida Abu Hassan, Zaiton Ahmad, Salahbiah Abdul Majid, Shakinah Salleh, Ryohei Yoshihara, Issay Narumi, Yoshihiro Hase, Yutaka Oono, JAEA Takasaki Annual Report 2009,   2011年01月
  • Ion beam irradiation with rice seeds for the Mutation Breeding Project of the Forum for Nuclear Cooperation in Asia (FNCA), Atsushi Tanaka, Shigeki Nozawa, Yoshihiro Hase, Issay Narumi, Hidetaka Ishikawa, Aki Koike, JAEA Takasaki Annual Report 2009,   2011年01月
  • Functional analysis of flavonoid accumulation genes of Arabidopsis thaliana, Satoshi Kitamura, Fumio Matsuda, Takayuki Tohge, Keiko Yonekura-Sakakibara, Mami Yamazaki, Kazuki Saito, Issay Narumi, JAEA Takasaki Annual Report 2009,   2011年01月
  • Mutational effect of gamma-rays and carbon ion beams on Arabidopsis seedlings, Ryohei Yoshihara, Yoshihiro Hase, Shigeki Nozawa, Ayako N. Sakamoto, Issay Narumi, JAEA Takasaki Annual Report 2009,   2011年01月
  • Role of AtPolζ, AtRev1, and AtPolη in UV light-induced mutagenesis in Arabidopsis., Nakagawa M, Takahashi S, Tanaka A, Narumi I, Sakamoto AN, Plant physiology, 155, 414 - 420,   2011年01月
  • イオンビームによる新規清酒酵母の育種と試験醸造, 増渕隆、上山修、佐藤勝也、長谷純宏、鳴海一成, 放射線と産業, 128, 43 - 47,   2010年12月
  • Gene Resource Research Group, Issay Narumi, Annual Report QuBS 2010,   2010年12月
  • A UVB-hypersensitive mutant in Arabidopsis thaliana is defective in the DNA damage response, Ayako N, Sakamoto, Lan Thi Thuong. Vo, Vichai Puripunyavanich, Yoshihiro Hase, Naoya Shikazono, Mayu Nakagawa, Issay Narumi, Atsushi Tanaka, Annual Report QuBS 2010,   2010年12月
  • Purification, crystallization and preliminary X-ray diffraction analysis of DNA damage response A protein from Deinococcus radiodurans., Yamada M, Satoh K, Narumi I, Acta crystallographica. Section F, Structural biology and crystallization communications, 66, 1614 - 1616,   2010年12月
  • 清酒の品質向上研究(平成21年度)イオンビームによる新規清酒酵母の育種と試験醸造, 増渕隆、上山修、佐藤勝也、長谷純宏、鳴海一成, 群馬産業技術センター研究報告 (2009), 12 - 14,   2010年10月
  • 第47回アイソトープ放射線研究発表会から, 鳴海一成, Isotope News, 678, 20 - 21,   2010年10月
  • Application potentiality of ion-beam mutation-breeding technology in biofertilizer/biopesticide, Issay Narumi, FNCA Biofertilizer News Letter, 8,   2010年10月
  • Enhanced micronucleus formation in the descendants of γ-ray-irradiated tobacco cells: evidence for radiation-induced genomic instability in plant cells., Yokota Y, Funayama T, Hase Y, Hamada N, Kobayashi Y, Tanaka A, Narumi I, Mutation research, 691, 41 - 46,   2010年09月
  • Metabolic profiling and cytological analysis of proanthocyanidins in immature seeds of Arabidopsis thaliana flavonoid accumulation mutants., Kitamura S, Matsuda F, Tohge T, Yonekura-Sakakibara K, Yamazaki M, Saito K, Narumi I, The Plant journal : for cell and molecular biology, 62, 549 - 559,   2010年05月
  • Comparative analysis of floral pigmentation between wild-type and white-flowered varieties of Cyclamen graecum, Akita Y, Ishizaka H, Nakayama M, Shimada A, Kitamura S, Hase Y, Narumi I, Tanaka A, The Journal of horticultural science & biotechnology, 85, 437 - 443,   2010年05月
  • Deinococcus aetherius sp. nov., isolated from the stratosphere., Yang Y, Itoh T, Yokobori S, Shimada H, Itahashi S, Satoh K, Ohba H, Narumi I, Yamagishi A, International journal of systematic and evolutionary microbiology, 60, 776 - 779,   2010年04月
  • Assessing the role of RecA protein in the radioresistant bacterium Deinococcus geothermalis, Sghaier H, Satoh K, Ohba H, Narumi I, African journal of biochemistry research, 4, 111 - 118,   2010年04月
  • Efficient induction of flower-color mutants by ion beam irradiation in petunia seedlings treated with high sucrose concentration, Hase Y, Okamura M, Takeshita D, Narumi I, Tanaka A, Plant biotechnology, 27, 99 - 103,   2010年04月
  • Mutational effects of different LET radiations in rpsL transgenic Arabidopsis., Yoshihara R, Hase Y, Sato R, Takimoto K, Narumi I, International journal of radiation biology, 86, 125 - 131,   2010年02月
  • New approach for X-ray microimaging of live cells in the carbon window at subzero temperatures with the use of antifreeze, Takemoto K, Narumi I, Satoh K, Ohigashi T, Namba H, Kihara H, AIP conference proceedings, 1365, 415 - 418,   2010年
  • Ion beam breeding of "sake yeast", Takashi Masubuchi, Osamu Kamiyama, Katsuya Satoh, Yoshihiro Hase, Issay Narumi, JAEA Takasaki Annual Report 2008,   2009年12月
  • Mutation breeding of Zygosaccharomyces rouxii induced by ion beams, Koutaro Ito, Yoshiki Hanya, Katsuya Satoh, Yoshihiro Hase, Issay Narumi, JAEA Takasaki Annual Report 2008,   2009年12月
  • Analysis of mutagenic effect induced by ion beams for breeding of Aspergillus oryzae, Yoshiyuki Toyoshima, Hisaki Tanaka, Jun Watanabe, Tatsuo Yamazaki, Kazuhiro Iwashita, Shigeaki Mikami, Katsuya Satoh, Issay Narumi, JAEA Takasaki Annual Report 2008,   2009年12月
  • Development of Deinococcus grandis/Escherichia coli shuttle vector, Katsuya Satoh, Zenli Tu, Hirofumi Ohba, Issay Narumi, JAEA Takasaki Annual Report 2008,   2009年12月
  • Dose response of ion beam irradiation in strawberry (Fragaria × ananassa) leaf explants, Junichi Takano, Kiyoshi Namai, Ryohei Yoshihara, Yoshihiro Hase, Issay Narumi, JAEA Takasaki Annual Report 2008,   2009年12月
  • Ion beam breeding of summer-to-autumn flowering chrysanthemum "Floral-Yuka", Tsukasa Shirao, Takeshi Nagatani, Shigeki Nozawa, Yoshihiro Hase, Atsushi Tanaka, Issay Narumi, JAEA Takasaki Annual Report 2008,   2009年12月
  • Producing new gene resources in fig by using ion-beam irradiation, Itsuo Asami, Sirou Fukuta, Satoru Kuroyanagi, Masato Yamada, Yoshihiro Hase, Ryohei Yoshihara, Issay Narumi, JAEA Takasaki Annual Report 2008,   2009年12月
  • Mutation induction in Asclepias using ion beam irradiation, Nobuo Kobayashi, Sayaka Kano, Shinichiro Sasaki, Keisuke Tasaki, Akira Nakatsuka, Shigeki Nozawa, Yoshihiro Hase, Issay Narumi, JAEA Takasaki Annual Report 2008,   2009年12月
  • Effect of heavy ion beam irradiation in citrus, Youichi Matsuo, Yoshihiro Hase, Shigeki Nozawa, Ryohei Yoshihara, Issay Narumi, JAEA Takasaki Annual Report 2008,   2009年12月
  • Molecular analysis of carbon ion induced mutations in the yeast ogg1 and msh2 mutants, Yoichiro Matuo, Shigehiro Nishijima, Yoshihiro Hase, Shigeki Nozawa, Ayako Sakamoto, Issay Narumi, Kikuo Shimizu, JAEA Takasaki Annual Report 2008,   2009年12月
  • Mutants induced by ion beam irradiation in Delphinium "Momoka", Shunpei Chinone, Koji Tokuhiro, Kouichi Nakatsubo, Yoshihiro Hase, Issay Narumi, JAEA Takasaki Annual Report 2008,   2009年12月
  • Development of commercial variety of Osteospermum by a stepwise mutagenesis by ion beam irradiation, Tomoyuki Okada, Masahide Iizuka, Ryohei Yoshihara, Yoshihiro Hase, Issay Narumi, JAEA Takasaki Annual Report 2008,   2009年12月
  • Selection of salinity tolerant lines in strawberry (Fragaria × ananassa) irradiated with helium ion beam, Naoki Chiba, Kozue Arakawa, Tatsu Itabashi, Shigeo Nakamura, Nobuyuki Takahashi, Yasunaga Iwasaki, Ryohei Yoshihara, Shigeki Nozawa, Yoshihiro Hase, Issay Narumi, JAEA Takasaki Annual Report 2008,   2009年12月
  • Mutation induction in Lavandin: plant regeneration from 12C6+ beam irradiated-lateral meristems and -isolated cultured cells, Masato Tsuro, Marie Inazawa, Shigeki Nozawa, Ryohei Yoshihara, Yoshihiro Hase, Issay Narumi, JAEA Takasaki Annual Report 2008,   2009年12月
  • Generating new ornamental plant varieties using ion beams, Affrida Abu Hassan, Sakinah Ariffin, Zaiton Ahmad, Ryohei Yoshihara, Issay Narumi, Yoshihiro Hase, Yutaka Oono, JAEA Takasaki Annual Report 2008,   2009年12月
  • New type flower colored Petunia obtained by ion beam irradiation at JAEA-TIARA, Masachika Okamura, Daigaku Takeshita, Yoshihiro Hase, Issay Narumi, Atsushi Tanaka, JAEA Takasaki Annual Report 2008,   2009年12月
  • Production of visibly altered mutants by ion beam irradiation in soybean, Akira Kanazawa, Sachiko Arase, Jun Abe, Yoshihiro Hase, Atsushi Tanaka, Issay Narumi, JAEA Takasaki Annual Report 2008,   2009年12月
  • Mutation spectrum induced by γ-rays and carbon ion beam in plant, Ryohei Yoshihara, Yoshihiro Hase, Shigeki Nozawa, Issay Narumi, JAEA Takasaki Annual Report 2008,   2009年12月
  • Efficient induction of flower-color mutants by ion beam irradiation in Petunia seedlings treated with high sucrose concentration, Yoshihiro Hase, Masachika Okamura, Daigaku Takeshita, Issay Narumi, Atsushi Tanaka, JAEA Takasaki Annual Report 2008,   2009年12月
  • SMAP2 protein potentially medicates the response to synthetic auxin, 2,4-D, in Arabidopsis thaliana, Akari Nakasone, Maki Kawai-Yamada, Tomohiro Kiyosue, Issay Narumi, Hirofumi Uchimiya, Yutaka Oono, JAEA Takasaki Annual Report 2008,   2009年12月
  • DNA Repair Protein Group, Issay Narumi, Annual Report QuBS 2009,   2009年11月
  • Gene Resource Research Group, Issay Narumi, Annual Report QuBS 2009,   2009年11月
  • Identification of PprM: a modulator of the PprI-dependent DNA damage response in Deinococcus radiodurans, Hirofumi Ohba, Katsuya Satoh, Haitham Sghaier, Tadashi Yanagisawa, Issay Narumi, Annual Report QuBS 2009,   2009年11月
  • A UVB-hypersensitive mutant in Arabidopsis thaliana is defective in the DNA damage response., Sakamoto AN, Lan VT, Puripunyavanich V, Hase Y, Yokota Y, Shikazono N, Nakagawa M, Narumi I, Tanaka A, The Plant journal : for cell and molecular biology, 60, 509 - 517,   2009年11月
  • 生物の放射線耐性を探る, 鳴海一成, 放射線と産業, 123, 28 - 33,   2009年09月
  • Deinococcus aerius sp. nov., isolated from the high atmosphere., Yang Y, Itoh T, Yokobori S, Itahashi S, Shimada H, Satoh K, Ohba H, Narumi I, Yamagishi A, International journal of systematic and evolutionary microbiology, 59, 1862 - 1866,   2009年08月
  • A gene encoding SMALL ACIDIC PROTEIN 2 potentially mediates the response to synthetic auxin, 2,4-dichlorophenoxyacetic acid, in Arabidopsis thaliana., Nakasone A, Kawai-Yamada M, Kiyosue T, Narumi I, Uchimiya H, Oono Y, Journal of plant physiology, 166, 1307 - 1313,   2009年08月
  • Development of versatile shuttle vectors for Deinococcus grandis., Satoh K, Tu Z, Ohba H, Narumi I, Plasmid, 62, 1 - 9,   2009年07月
  • Identification of PprM: a modulator of the PprI-dependent DNA damage response in Deinococcus radiodurans., Ohba H, Satoh K, Sghaier H, Yanagisawa T, Narumi I, Extremophiles : life under extreme conditions, 13, 471 - 479,   2009年05月
  • Kinetic analysis of double-strand break rejoining reveals the DNA reparability of γ-irradiated tobacco cultured cells., Yokota Y, Wada S, Hase Y, Funayama T, Kobayashi Y, Narumi I, Tanaka A, Journal of radiation research, 50, 171 - 175,   2009年03月
  • X-ray imaging of radioresistant Deinococcus radiodurans, Takemoto K, Narumi I, Satoh K, Namba H, Kihara H, Journal of physics: conference series, 186,   2009年
  • DNA Repair Protein Group, Issay Narumi, Annual Report QuBS 2008,   2008年12月
  • Gene Resource Research Group, Issay Narumi, Annual Report QuBS 2008,   2008年12月
  • Mutation breeding of koji mold induced by ion beam, Koutaro Ito, Junya Takeichi, Yoshiki Hanya, Katsuya Satoh, Yoshihiro Hase, Issay Narumi, JAEA Takasaki Annual Report 2007,   2008年11月
  • Deletion of minor enzyme activities of Rhizomucor miehei by heavy ion beam irradiation, Kazuya Sakai, Hiroyuki Kobayashi, Masatoshi Shimziu, Akio Oshima, Shigeaki Kato, Katsuya Satoh, Issay Narumi, JAEA Takasaki Annual Report 2007,   2008年11月
  • Analysis of mutagenic effect induced by ion beams for breeding of Aspergillus oryzae, Yoshiyuki Toyoshima, Hisaki Tanaka, Takumi Akagawa, Tatsuo Yamazaki, Katsuya Satoh, Yoshihiro Hase, Issay Narumi, JAEA Takasaki Annual Report 2007,   2008年11月
  • Mutation induction by ion-beam irradiation in fragrance cyclamen (Cyclamen persicum × C. purpurascens), Emiko Kondo, Yoshihiro Hase, Issay Narumi, Hiroshi Ishizaka, JAEA Takasaki Annual Report 2007,   2008年11月
  • Mutation induction of strawberry (Fragaria × ananassa) using ion beam irradiation, Naoki Chiba, Kozue Arakawa Shigeo Nakamura,Yasunaga Iwasaki, Ryohei Yoshihara, Yoshihiro Hase, Issay Narumi, JAEA Takasaki Annual Report 2007,   2008年11月
  • Producing new gene resources in fig by using ion-beam irradiation, Itsuo Asami, Sirou Fukuta, Satoru Kuroyanagi, Yoshitomo Ootake, Yoshihiro Hase, Ryohei Yoshihara, Issay Narumi, JAEA Takasaki Annual Report 2007,   2008年11月
  • Mutation breeding on the ornamental plants of Gypsophila and Gentiana species (II), Seiichi Tsuji, Mamoru Miyamoto, Takayuki Okabe, Yoshihiro Hase, Issay Narumi, JAEA Takasaki Annual Report 2007,   2008年11月
  • Induction of thornless yuzu mutant by heavy ion beam irradiation, Youichi Matsuo, Yoshihiro Hase, Ryohei Yoshihara, Issay Narumi, JAEA Takasaki Annual Report 2007,   2008年11月
  • Screening of higher astaxanthin producing mutants of a green unicellular alga Haematococcus pluvialis at elevated acetate concentrations by ion beam irradiation, Toshihide Kakizono, Daisuke Ohmichi, Ryohei Yoshihara, Yoshihiro Hase, Issay Narumi, JAEA Takasaki Annual Report 2007,   2008年11月
  • Effects of ion beam irradiation on soybean seeds evaluated by plant growth and seed-setting in a field, Akira Kanazawa, Jun Abe, Yoshihiro Hase, Issay Narumi, JAEA Takasaki Annual Report 2007,   2008年11月
  • Mutation induction in azalea seedlings using ion beam irradiation, Nobuo Kobayashi, Keisuke Tasaki, Sayaka Kano, Sakiko Sakamoto, Akira Nakatsuka, Yoshihiro Hase, Issay Narumi, JAEA Takasaki Annual Report 2007,   2008年11月
  • Dose response and mutation induction by ion beam irradiation in chrysanthemum, Noriyuki Furutani, Atsushi Matsumura, Yoshihiro Hase, Ryohei Yoshihara, Issay Narumi, JAEA Takasaki Annual Report 2007,   2008年11月
  • Mutation induction on Delphinium and Limonium sinuatum irradiated with ion beams, Shunhei Chinone, Koji Tokuhiro, Koichi Nakatsubo, Yoshihiro Hase, Issay Narumi, JAEA Takasaki Annual Report 2007,   2008年11月
  • Ion beam breeding of sugarcane cultivar "Ni17", Yoshihisa Takenoshita, Futoshi Tohjima, Hiroyuki Nishi, Tsukasa Shirao, Takeshi Nagatani, Masakuzu Ooe, Yoshihiro Hase, Issay Narumi, JAEA Takasaki Annual Report 2007,   2008年11月
  • Evaluation of mutants from ion beam irradiated microspores and seeds of eggplant (Solanum melongena L.), Yumi Saiki, Yosuke Uchimura, Yoshihiro Hase, Ryohei Yoshihara, Issay Narumi, JAEA Takasaki Annual Report 2007,   2008年11月
  • Evaluation of resistance to bacterial wilt and morphological characteristics in regenerants derived from ion beam irradiated microspores of eggplant rootstock, Yosuke Uchimura, Yumi Saiki, Kinuko Takata, Yoshihiro Hase, Ryohei Yoshihara, Issay Narumi, JAEA Takasaki Annual Report 2007,   2008年11月
  • Ion beam breeding of flower color variations in transgenic plants with multi-disease tolerance, Masachika Okamura, Akira Shimizu, Noboru Onishi, Yoshihiro Hase, Ryohei Yoshihara, Issay Narumi, JAEA Takasaki Annual Report 2007,   2008年11月
  • Mutation induction in orchids using ion beams, Affrida Abu Hassan, Sakinah Ariffin, Zaiton Ahmad, Mohd Nazir Basiran, Atsushi Tanaka, Issay Narumi, Yutaka Oono, Yoshihiro Hase, JAEA Takasaki Annual Report 2007,   2008年11月
  • Study on molecular mechanism of high-LET carbon ion beam induced mutations in S. cerevisiae, Yoichiro Matuo, Shigehiro Nishijima, Yoshihiro Hase, Ayako Sakamoto, Issay Narumi, Kikuo Shimizu, JAEA Takasaki Annual Report 2007,   2008年11月
  • Analysis on optimum irradiation condition for the ion beam breeding, Ryohei Yoshihara, Yoshihiro Hase, Issay Narumi, JAEA Takasaki Annual Report 2007,   2008年11月
  • Functional analysis of the low-fidelity DNA polymerase AtREV1, Shinya Takahashi, Mayu Nakagawa, Atsushi Tanaka, Issay Narumi, Ayako Sakamoto, Kikuo Shimizu, JAEA Takasaki Annual Report 2007,   2008年11月
  • Discovery of a novel key protein in the radiation response mechanism of Deinococcus radiodurans, Hirofumi Ohba, Katsuya Satoh, Issay Narumi, Masahiro Kikuchi, Haitham Sghaier, JAEA Takasaki Annual Report 2007,   2008年11月
  • イオンビームを利用した醤油醸造用微生物の突然変異育種, 豊島快幸、田中寿基、赤川巧、山崎達雄、佐藤勝也、長谷純宏、鳴海一成, 放射線と産業, 119, 22 - 26,   2008年09月
  • 放射線抵抗性細菌の超放射線耐性の謎に迫る, 大庭寛史、佐藤勝也、鳴海一成, 放射線と産業, 118, 50 - 53,   2008年06月
  • Deletion of minor enzyme activities of Rhizomucor miehei by heavy ion beam irradiation, Kazuya Sakai, Hiroyuki Kobayashi, Akio Oshima, Shigeaki Kato, Katsuya Satoh, Issay Narumi, JAEA Takasaki Annual Report 2006,   2008年03月
  • Mutation breeding of koji mold induced by ion beam, Koutaro Ito, Junya Takeichi, Yoshiki Hanya, Katsuya Satoh, Yoshihiro Hase, Issay Narumi, JAEA Takasaki Annual Report 2006,   2008年03月
  • Analysis of mutagenic effect induced by ion beams for breeding of Aspergillus oryzae, Yoshiyuki Toyoshima, Takumi Akagawa, Tatsuo Yamazaki, Katsuya Satoh, Yoshihiro Hase, Issay Narumi, JAEA Takasaki Annual Report 2006,   2008年03月
  • Role of LexA2 in radiation response mechanism of Deinococcus radiodurans, Katsuya Satoh, Hirofumi Ohba, Haitham Sghaier, Issay Narumi, JAEA Takasaki Annual Report 2006,   2008年03月
  • Screening of higher astaxanthin producing mutants of a green unicellular alga Haematococcus pluvialis by ion beam irradiation, Toshihide Kakizono, Toshihiro Sugiura, Ryohei Yoshihara, Yoshihiro Hase, Issay Narumi, Atsushi Tanaka, JAEA Takasaki Annual Report 2006,   2008年03月
  • Mutation induction in azalea using ion beam irradiation and its gene analysis, Nobuo Kobayashi, Sakiko Sakamoto, Akira Nakatsuka, Yoshihiro Hase, Issay Narumi, JAEA Takasaki Annual Report 2006,   2008年03月
  • Study of molecular mechanism of carbon ion beam induced mutations in the Saccharomyces cerevisiae, Yoichiro Matuo, Shigehiro Nishijima, Yoshihiro Hase, Ayako Sakamoto, Yuichiro Yokota, Issay Narumi, Kikuo Shimizu, JAEA Takasaki Annual Report 2006,   2008年03月
  • Mutation breeding on the ornamental plants of Gypsophila and Gentiana species, Seiichi Tsuji, Mamoru Miyamoto, Takayuki Okabe. Yoshihiro Hase, Yuichiro Yokota, Issay Narumi, JAEA Takasaki Annual Report 2006,   2008年03月
  • Mutation induction on oriental hybrid lily irradiated with ion beams, Shunhei Chinone, Akito Ishizawa, Koji Tokuhiro, Koichi Nakatsubo, Masayuki Amano, Yoshihiro Hase, Issay Narumi, Atsushi Tanaka, JAEA Takasaki Annual Report 2006,   2008年03月
  • Ion beam breeding of flower color variations in transgenic plants with multi-disease tolerance, Masachika Okamura, Akira Shimizu, Satomi Watanabe, Yoshihiro Hase, Issay Narumi, Atsushi Tanaka, JAEA Takasaki Annual Report 2006,   2008年03月
  • Producing new gene resources in fig by using ion-beam irradiation, Itsuo Asami, Shiro Fukuta, Satoru Kuroyanagi, Toshio Ooya, Yoshihiro Hase, Yuichiro Yokota, Issay Narumi, JAEA Takasaki Annual Report 2006,   2008年03月
  • Induction of thornless yuzu mutant by heavy ion beam irradiation, Yoichiro Matuo. Yoshihiro Hase, Yuichiro Yokota, Issay Narumi, Eiichi Ohyabu, JAEA Takasaki Annual Report 2006,   2008年03月
  • Mutation induction of asiatic hybrid Lily and Lilium × formolongi hort. using ion beam irradiation, Naoki Chiba, Kozue Arakawa, Shigeo Nakamura, Seiichi Suzuki, Yuichiro Yokota, Yoshihiro Hase, Issay Narumi, JAEA Takasaki Annual Report 2006,   2008年03月
  • Tobacco BY-2 cells have a transient and loose DNA-damage checkpoint at G2/M phase after gamma-ray irradiation, Yuichiro Yokota, Tomoo Funayama, Seiichi Wada, Yoshihiro Hase, Yasuhiro Kobayashi, Masayoshi Inoue, Atsushi Tanaka, Issay Narumi, JAEA Takasaki Annual Report 2006,   2008年03月
  • Mutation induction in orchids using ion beams, Affrida Abu Hassan, Sakinah Ariffin, Zaiton Ahmad, Mohd Nazir Basiran, Atsushi Tanaka, Issay Narumi, Yutaka Oono, Yoshihiro Hase, JAEA Takasaki Annual Report 2006,   2008年03月
  • Detection of Ion-beam-induced mutations using positive selection marker genes in Arabidopsis, Yoshihiro Hase, Ryohei Yoshihara, Yuichiro Yokota, Issay Narumi, JAEA Takasaki Annual Report 2006,   2008年03月
  • Genetic characterization of mutants resistant to the antiauxin p-chlorophenoxyisobutyric acid reveals that AAR3, a gene encoding a DCN1-like protein, regulates responses to the synthetic auxin 2,4-dichlorophenoxyacetic acid in Arabidopsis roots., Biswas KK, Ooura C, Higuchi K, Miyazaki Y, Van Nguyen V, Rahman A, Uchimiya H, Kiyosue T, Koshiba T, Tanaka A, Narumi I, Oono Y, Plant physiology, 145, 773 - 785,   2007年11月
  • Chemiluminescence ELISA for the detection of oxidative DNA base damage using anti-8-hydroxy-2'-deoxyguanosine antibody: application to the detection of irradiated foods, Kikuchi M, Gunawardane CR, Alam MK, Zainuri MD, Pitipanaarachchi RC, Funayama T, Hamada N, Sakashita T, Wada S, Satoh K, Narumi I, Kobayashi Y, Radioisotopes, 56, 509 - 517,   2007年09月
  • Problems with the current deinococcal hypothesis: an alternative theory., Sghaier H, Narumi I, Satoh K, Ohba H, Mitomo H, Theory in biosciences = Theorie in den Biowissenschaften, 126, 43 - 45,   2007年08月
  • 放射線抵抗性細菌のDNA修復機構の研究, 鳴海一成, 放影協ニュース, 52, 7 - 8,   2007年07月
  • 放射線抵抗性細菌からの有用バイオ試薬の創製, 鳴海一成, 放射線と産業, 114, 28 - 32,   2007年06月
  • 高等植物の放射線耐性メカニズム -タバコ培養細胞における損傷とその修復から見えてくること-, 横田裕一郎、井上雅好、鳴海一成、舟山知夫、小林泰彦、田中淳, 放射線生物研究, 42, 402 - 415,   2007年04月
  • Phylogenetic and disruption analyses of aspartate kinase of Deinococcus radiodurans., Nishida H, Narumi I, Bioscience, biotechnology, and biochemistry, 71, 1015 - 1020,   2007年04月
  • Mutation breeding of koji mold induced by ion beams, Koutaro Ito, Junya Takeichi, Yoshiki Hanya, Katsuya Satoh, Yoshihiro Hase, Tetsuya Sakashita, Yasuhiko Kobayashi, Issay Narumi, JAEA Takasaki Annual Report 2005,   2007年02月
  • Deletion of minor enzyme activities of Rhizomucor miehei by irradiation of heavy-ion beam, Kazuya Sakai, Hiroyuki Kobayashi, Akio Oshima, Shigeaki Kato, Katsuya Satoh, Yoshihiro Hase, Issay Narumi, Tetsuya Sakashita, Yasuhiko Kobayashi, JAEA Takasaki Annual Report 2005,   2007年02月
  • Mutation induction on hybrid limonium‘Moon Light’using ion beams, Shunhei Chinone, Yasushi Hanaoka, Koji Tokuhiro, Koichi Nakatsubo, Masayuki Amano, Yoshihiro Hase, Atsushi Tanaka, Issay Narumi, JAEA Takasaki Annual Report 2005,   2007年02月
  • Induction of mutation by the ion beam irradiation to the calluses of Lilium × formolongi hort (cv. White Aga.), Masatake Kondo, Keiji Ogata, Yoshihiro Hase, Yuichiro Yokota, Issay Narumi, H. Kobayashi, JAEA Takasaki Annual Report 2005,   2007年02月
  • Quantitative analysis of DNA double-strand breaks in tobacco protoplasts irradiated with helium, carbon and neon ion beam, Yuichiro Yokota, Shinya Yamada, Yoshihiro Hase, Naoya Shikazono, Issay Narumi, Atsushi Tanaka, Masayoshi Inoue, JAEA Takasaki Annual Report 2005,   2007年02月
  • Development of an efficient method for mutation induction in plants, Yoshihiro Hase, Yuichiro Yokota, Issay Narumi, Atsushi Tanaka, JAEA Takasaki Annual Report 2005,   2007年02月
  • The radiation responsive promoter of the Deinococcus radiodurans pprA gene, Hirofumi Ohba, Katsuya Satoh, Tadashi Yanagisawa, Issay Narumi, JAEA Takasaki Annual Report 2005,   2007年02月
  • Deinococcus radiodurans DNA repair-promoting protein: applications to biotech industry, Issay Narumi, Hirofumi Ohba, Haitham Sghaier, Katsuya Satoh, JAEA Takasaki Annual Report 2005,   2007年02月
  • 粉々になったゲノムをもとどおりにつなぐ 伸長合成依存的な鎖対合モデル, 鳴海一成, 蛋白質 核酸 酵素, 52, 68 - 69,   2007年01月
  • Initial yields of DNA double-strand breaks and DNA fragmentation patterns depend on linear energy transfer in tobacco BY-2 protoplasts irradiated with helium, carbon and neon ions., Yokota Y, Yamada S, Hase Y, Shikazono N, Narumi I, Tanaka A, Inoue M, Radiation research, 167, 94 - 101,   2007年01月
  • Down-regulation of radioresistance by LexA2 in Deinococcus radiodurans., Satoh K, Ohba H, Sghaier H, Narumi I, Microbiology (Reading, England), 152, 3217 - 3226,   2006年11月
  • 放射線抵抗性細菌のDNA修復促進タンパク質の研究, 鳴海一成, JAEAニュース, 9,   2006年10月
  • DNAの修復を促進するタンパク質 - 放射線抵抗性細菌Deinococcus radiodurans -, 鳴海一成, Isotope News (2006年7月号), 6 - 8,   2006年06月
  • 放射線抵抗性細菌のたんぱく質を利用した高効率DNA修復試薬の実用化, 鳴海一成, 原子力eye, 52, 60 - 63,   2006年05月
  • 放射線抵抗性細菌の新規DNA修復タンパク質, 佐藤勝也、大庭寛史、鳴海一成, 生物物理, 46, 270 - 274,   2006年05月
  • 放射線抵抗性細菌からDNA修復試薬を開発, 鳴海一成, Bionics (2006年5月号), 20 - 22,   2006年05月
  • Characterization of monofunctional catalase KatA from radioresistant bacterium Deinococcus radiodurans., Kobayashi I, Tamura T, Sghaier H, Narumi I, Yamaguchi S, Umeda K, Inagaki K, Journal of bioscience and bioengineering, 101, 315 - 321,   2006年04月
  • Internal promoter characterization and expression of the Deinococcus radiodurans pprI-folP gene cluster., Gao G, Le D, Huang L, Lu H, Narumi I, Hua Y, FEMS microbiology letters, 257, 195 - 201,   2006年04月
  • Method for detecting DNA strand breaks in mammalian cells using the Deinococcus radiodurans PprA protein., Satoh K, Wada S, Kikuchi M, Funayama T, Narumi I, Kobayashi Y, Mutation research, 596, 36 - 42,   2006年04月
  • Limited concentration of RecA delays DNA double-strand break repair in Deinococcus radiodurans R1., Jolivet E, Lecointe F, Coste G, Satoh K, Narumi I, Bailone A, Sommer S, Molecular microbiology, 59, 338 - 349,   2006年01月
  • Analysis of interaction between DNA and Deinococcus radiodurans PprA protein by atomic force microscopy., Murakami M, Narumi I, Satoh K, Furukawa A, Hayata I, Biochimica et biophysica acta, 1764, 20 - 23,   2006年01月
  • The radiation responsive promoter of the Deinococcus radiodurans pprA gene., Ohba H, Satoh K, Yanagisawa T, Narumi I, Gene, 363, 133 - 141,   2005年12月
  • Genomic confession of Deinococcus radiodurans: it started out as a radiation resistant organism, Sghaier H, Mitomo H, Narumi I, Viva origino, 33, 133 - 141,   2005年12月
  • Characterization of pathways dependent on the uvsE, uvrA1, or uvrA2 gene product for UV resistance in Deinococcus radiodurans., Tanaka M, Narumi I, Funayama T, Kikuchi M, Watanabe H, Matsunaga T, Nikaido O, Yamamoto K, Journal of bacteriology, 187, 3693 - 3697,   2005年06月
  • 生物の放射線耐性と進化, 渡辺宏、鳴海一成、菊地正博、小林泰彦, 放射線, 31, 191 - 202,   2005年03月
  • Discovery of a unique protein switching in DNA repair genes , Issay Narumi, Persistent Quest 2004,   2005年03月
  • Radiation response mechanisms of the extremely radioresistant bacterium Deinococcus radiodurans., Kobayashi Y, Narumi I, Satoh K, Funayama T, Kikuchi M, Kitayama S, Watanabe H, Biological sciences in space, 18, 134 - 135,   2004年11月
  • Mechanisms of arsenic immobilization in a biomat from mine discharge water, Ohnuki T, Sakamoto F, Kozai N, Ozaki T, Yoshida T, Narumi I, Wakai E, Sakai T, Francis AJ, Chemical geology, 212, 279 - 290,   2004年11月
  • DNA修復遺伝子のスイッチを入れるユニークな蛋白質, 鳴海一成, たゆまざる探求の軌跡2004,   2004年10月
  • Light dependency of resistance to ionizing radiation in Euglena gracilis., Hayashi H, Narumi I, Wada S, Kikuchi M, Furuta M, Uehara K, Watanabe H, Journal of plant physiology, 161, 1101 - 1106,   2004年10月
  • PprA: a novel protein from Deinococcus radiodurans that stimulates DNA ligation., Narumi I, Satoh K, Cui S, Funayama T, Kitayama S, Watanabe H, Molecular microbiology, 54, 278 - 285,   2004年10月
  • 放射線障害からの回復を促進する遺伝子群の機能解析, 鳴海一成、小林泰彦、舟山知夫、菊地正博, 放射線障害修復機構の解析による生体機能解明研究最終報告書, 158 - 177,   2004年06月
  • Evaluation of the resistance of Euglena gracilis to ion beam radiation., Hayashi H, Wada S, Funayama T, Narumi I, Kobayashi Y, Watanabe H, Furuta M, Uehara K, The Journal of eukaryotic microbiology, 51, 321 - 324,   2004年05月
  • A radiation resistant bacterium which is also extraordinarily resistant to ultraviolet rays, Issay Narumi, Persistent Quest 2003,   2004年03月
  • 放射線抵抗性細菌は紫外線にもめっぽう強い, 鳴海一成, たゆまざる探求の軌跡2003,   2003年10月
  • Characterization and distribution of IS8301 in the radioresistant bacterium Deinococcus radiodurans., Islam SM, Hua Y, Ohba H, Satoh K, Kikuchi M, Yanagisawa T, Narumi I, Genes & genetic systems, 78, 319 - 327,   2003年10月
  • The structure of D. radiodurans., Battista JR, Cox MM, Daly MJ, Narumi I, Radman M, Sommer S, Science (New York, N.Y.), 302, 567 - 8; author reply 567,   2003年10月
  • Unlocking radiation resistance mechanisms: still a long way to go., Narumi I, Trends in microbiology, 11, 422 - 425,   2003年09月
  • PprI: a general switch responsible for extreme radioresistance of Deinococcus radiodurans., Hua Y, Narumi I, Gao G, Tian B, Satoh K, Kitayama S, Shen B, Biochemical and biophysical research communications, 306, 354 - 360,   2003年06月
  • 放射線耐性菌の耐性機構, 鳴海一成, 生物の科学・遺伝, 57, 57 - 62,   2003年05月
  • 放射線抵抗性細菌の故郷を求めて, 鳴海一成, Science & Technology Journal (平成15年5月号), 50 - 51,   2003年05月
  • Cloning of structural gene of Deinococcus radiodurans UV-endonuclease beta., Kitayama S, Narumi I, Funayama T, Watanabe H, Bioscience, biotechnology, and biochemistry, 67, 613 - 616,   2003年03月
  • Application of micro-PIXE technique to uptake study of cesium by Saccharomyces cerevisiae, Ohnuki T , Sakamoto F, Kozai N, Ozaki T, Narumi I, Francis AJ, Iefuji H, Sakai T, Kamiya T, Satoh T, Oikawa M, Nuclear instruments and methods in physics research B, 210, 378 - 382,   2003年03月
  • 放射線抵抗性細菌のDNA修復機構解明とITBLに対する期待, 鳴海一成, 量子生命科学分野におけるITBL技術の利用調査に関する報告書(その2)-量子生命情報分野-, 36 - 37,   2003年02月
  • 極限微生物研究に挑む〜放射線抵抗性微生物のゲノム修復戦略〜, 鳴海一成, タイテックマガジン, 9,   2002年12月
  • Use of Deinococcus radiodurans DNA Repair Mechanism, Issay Narumi, JAERI News,   2002年09月
  • Disruption analysis of DR1420 and/or DR1758 in the extremely radioresistant bacterium Deinococcus radiodurans., Nishida H, Narumi I, Microbiology (Reading, England), 148, 2911 - 2914,   2002年09月
  • 炭疽菌等で汚染した郵便物の放射線滅菌法の確立に関する研究、炭疽菌芽胞に対する電子線及びガンマ線の効果と安全な実験法の確立, 前川秀彰、土井耕三、橋戸和夫、棚瀬正和、鳴海一成、菊地正博, 炭疽菌等生物テロに使用される可能性のある病原体の検出法および滅菌法並びに疾病の治療法の実用化に関する緊急調査研究成果報告書, 70 - 76,   2002年06月
  • Posttranslational modification of the umuD-encoded subunit of Escherichia coli DNA polymerase V regulates its interactions with the beta processivity clamp., Sutton MD, Narumi I, Walker GC, Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 99, 5307 - 5312,   2002年04月
  • 原始生命は放射線に強かった?-放射線抵抗性細菌のDNA修復機構の解明に向けて-, 鳴海一成, 極限環境微生物学会ニュース, 4, 4 - 5,   2002年02月
  • A model for the structure of the Escherichia coli SOS-regulated UmuD2 protein., Sutton MD, Guzzo A, Narumi I, Costanzo M, Altenbach C, Ferentz AE, Hubbell WL, Walker GC, DNA repair, 1, 77 - 93,   2002年01月
  • Characterization of RecA424 and RecA670 proteins from Deinococcus radiodurans., Satoh K, Narumi I, Kikuchi M, Kitayama S, Yanagisawa T, Yamamoto K, Watanabe H, Journal of biochemistry, 131, 121 - 129,   2002年01月
  • The LexA protein from Deinococcus radiodurans is not involved in RecA induction following γ irradiation, Narumi I, Satoh K, Kikuchi M, Funayama T, Yanagisawa T, Kobayashi Y, Watanabe H, Yamamoto K, Journal of bacteriology, 183, 6951 - 6956,   2001年12月
  • The gene required for DNA repair in a radiation resistant bacterium - A contradiction of the published theory-, Issay Narumi, Persistent Quest 2000,   2001年03月
  • Mutation in recR gene of Deinococcus radiodurans and possible involvement of its product in the repair of DNA interstrand cross-links, Kitayama S, Narumi I, Kikuchi M, Watanabe H, Mutation research, 461, 179 - 187,   2000年12月
  • 放射線抵抗性細菌のDNA修復遺伝子-定説を覆す事実の発見-, 鳴海一成, たゆまざる探求の軌跡2000,   2000年10月
  • Breeding new shiitake (Lentinus edodes) variety at high temperature using ion beam irradiation, Hiroshi Akaishi, Issay Narumi, Masahiro Kikuchi, Hiroshi Watanabe, TIARA Annual Report 1999, 56 - 57,   2000年03月
  • Effect of the space environment on the induction of DNA-repair related proteins and recovery from radiation damage, Kobayashi Y, Watanabe H, Kikuchi M, Narumi I, Advances in space research, 25, 2103 - 2106,   2000年03月
  • Effect of the space environment on the induction of DNA-repair related proteins and recovery from the radiation damage, Yasuhiko Kobayashi, Katsuya Satoh, Issay Narumi, Masahiro Kikuchi, Hiroshi Watanabe, S/MM9 (STS-91) NASA Final Science Report,   1999年12月
  • Molecular analysis of the Deinococcus radiodurans recA locus and identification of a mutation site in a DNA repair-deficient mutant, rec30, Narumi I, Satoh K, Kikuchi M, Funayama T, Kitayama S, Yanagisawa T, Watanabe H, Yamamoto K, Mutation research, 435, 233 - 243,   1999年12月
  • Identification and disruption analysis of the recN gene in the extremely radioresistant bacterium Deinococcus radiodurans, Funayama T, Narumi I, Kikuchi M, Kitayama S, Watanabe H, Yamamoto K, Mutation research, 435, 151 - 161,   1999年10月
  • Genomic organization of the radioresistant bacterium Deinococcus radiodurans: physical map and evidence for multiple replicons, Kikuchi M, Narumi I, Kitayama S, Watanabe H, Yamamoto K, FEMS microbiology letters, 174, 151 - 157,   1999年05月
  • デイノコッカス・ラジオデュランスの放射線超耐性の仕組み, 鳴海一成, 放射線生物研究, 34, 401 - 418,   1999年04月
  • Effect of the space environment on the DNA repair, Hiroshi Watanabe, Yasuhiko Kobayashi, Masahiro Kikuchi, Issay Narumi, S/MM-4 (STS-79) NASA Final Science Report,   1998年12月
  • The Deinococcus radiodurans uvrA gene: Identification of mutation sites of two mitomycin-sensitive strains and the first discovery of insertion sequence element from deinobacteria, Narumi I, Cherdchu K, Kitayama S, Watanabe H, Gene, 198, 115 - 126,   1997年10月
  • Solution X-ray scatterring study on HSP60 from Bacillus stearothermophilus K1041, Fadel A. Samatey, Issay Narumi, Hiroshi Kihara, Kaoru Ichimura, Sigeru Matsuzaki, Yoshiyuki Amemiya, Photon Factory Activity Report, 14,   1997年10月
  • 放射線に強い細菌の修復機構に関わる遺伝子を発見、メカニズムの解明を急ぐ -放射線耐性遺伝子の研究-, 鳴海一成, FF, 34, 1 - 2,   1997年10月
  • アミノ酸配列が決めるタンパク質の耐熱性, 鳴海一成, 原子力基礎・基盤研究の現状 (平成8年度版),   1996年11月
  • Sequence analysis of the L-lactate dehydrogenase-encoding gene of Deinococcus radiodurans, a suitable mesophilic counterpart for Thermus, Narumi I, Watanabe H, Gene, 172, 117 - 119,   1996年06月
  • Bacillus stearothermophilus plasmid pSTK1 replicon is functional in Escherichia coli, Narumi I, Nakayama N, Nakamoto S, Kihara H, Biotechnology letters, 17, 475 - 480,   1995年05月
  • Complete nucleotide sequence of small cryptic plasmid pSTK1 from Bacillus stearothermophilus TK015, Nakayama N, Narumi I, Nakamoto S, Kihara H, Biotechnology letters, 15, 1013 - 1016,   1993年10月
  • Construction of a new shuttle vector pSTE33 and its stabilities in Bacillus stearothermophilus, Bacillus subtilis and Escherichia coli, Narumi I, Nakayama N, Nakamoto S, Kimura T, Yanagisawa T, Kihara H, Biotechnology letters, 15, 815 - 820,   1993年08月
  • A novel oligonucleotide cassette for the overproduction of Escherichia coli aspartate transcarbamylase in Bacillus stearothermophilus, Narumi I, Sawakami K, Kimura T, Nakamoto S, Nakayama N, Yanagisawa T, Takahashi N, Kihara H, Biotechnology letters, 14, 759 - 764,   1992年09月
  • A new shuttle vector for Bacillus stearothermophilus and Escherichia coli, Nakayama N, Narumi I, Nakamoto S, Kihara H, Biotechnology letters, 14, 649 - 652,   1992年08月
  • A newly isolated Bacillus stearothermophilus K1041 and its transformation by electroporation, Narumi I, Sawakami K, Nakamoto S, Nakayama N, Yanagisawa T, Takahashi N, Kihara H, Biotechnology techniques, 6, 83 - 86,   1992年01月
  • Thiobarbituric acid-reactive substance production and platelet phospholipids in thrombin-induced aggregation of washed platelets, Takamatsu S, Narumi I, Kawamura Y, Osanai I, Kawamura Y, Akitaya H, Satoh K, Mizuno S, The Hirosaki medical journal, 38, 171 - 180,   1986年

書籍等出版物

  • 極限環境生命 -生命の起源を考え、その多様性に学ぶ-
    鳴海一成(分担執筆、第11章 放射線耐性微生物、第14章 地球外生命)pp. 157-172、pp. 207-218
    コロナ社  2014年10月
  • 発酵・醸造食品の最新技術と機能性 II (北本勝ひこ 監修)
    豊島快幸、茂木喜信、岩下和裕、鳴海一成(分担執筆、第21章 イオンビーム,ガンマ線照射が誘発する麹菌ゲノム変異の解析と麹菌育種への展開)pp. 184-192
    シーエムシー出版  2011年10月
  • 微生物の辞典 (渡邊信、西村和子、内山裕夫、奥田徹、加来久敏、広木幹也 編)
    鳴海一成(分担執筆、放射線抵抗性細菌)pp. 688-691
    朝倉書店  2008年09月
  • 原子力年鑑2008
    鳴海一成(分担執筆「量子ビームテクノロジー」の現状と今後)pp. 83-84
    日刊工業新聞社  2007年10月
  • Biofertilizer Manual
    Issay Narumi(分担執筆、Carrier sterilization using γ-irradiation)pp. 44-53
    Japan Atomic Industrial Forum  2006年03月
  • 光合成微生物の機能と応用 (上原赫 監修)
    鳴海一成(分担執筆、バクテリアの放射線耐性)pp. 311-317
    シーエムシー出版  2006年12月
  • 放射線と地球環境:生態系への影響を考える (村松康行・土居雅広・吉田聡 編)
    鳴海一成(分担執筆、ラジオデュランス:放射線抵抗性細菌)pp. 113-122
    研成社  2003年09月
  • Synchrotron Radiation in the Biosciences (eds. B. Chance, J. Deisenhofer, S. Ebashi, D. T. Goodhead, J. R. Helliwell, H. E. Huxley, T. Iizuka, J. Kirz, T. Mitsui, E. Rubenstein, N. Sakabe, T. Sasaki, G. Schmahl, H. B. Stuhrmann, K. Waethrich & G. Zacca)
    Hirotsugu Tsuruta, Takayuki Sano, Patrice Vachette, Michael F. Moody, Issay Narumi, Katsuzo Wakabayashi, Yoshiyuki Amemiya, Kazumoto Kimura and Hiroshi Kihara(分担執筆, Time-resolved X-ray scattering study of the allosteric transition of Escherichia coli aspartate transcarbamylase)pp. 139-144
    Oxford University Press  1994年04月

講演・口頭発表等

  • Mechanisms underlying survival capacity of radioresistant microbes in extreme environments, Issay Narumi, 科学研究費補助金 新学術領域研究「冥王代生命学の創成」平成29年度第2回白馬ワークショップ,   2017年10月, 招待有り
  • 宇宙でDeinococcus radiodurans R1に生じたDNA損傷, 矢田部純、河口優子、木下伊織、藤原大佑、青木元秀、谷口紀恵、鳴海一成、澁谷美緒、橋本博文、横堀伸一、山岸明彦, 日本宇宙生物科学会第31回大会,   2017年09月22日
  • 宇宙環境下で生じるDeinococcus radiodurans R1のrpoB遺伝子の突然変異, 藤原大佑、河口優子、冨樫油香、木下伊織、矢田部純、鳴海一成、中川和道、橋本博文、横堀伸一、 山岸明彦, 日本宇宙生物科学会第31回大会,   2017年09月22日
  • 500μm厚のDeinococcus属の細胞凝集体は1年間宇宙で生存できる, 河口優子、木下伊織、矢田部純、谷口紀恵、鳴海一成、林梨沙子、藤原大佑、村野由佳、青木元秀、橋本博文、横堀伸一、山岸明彦, 日本宇宙生物科学会第31回大会,   2017年09月22日
  • 放射線に耐える奇妙な球菌が極限環境で生きる仕組み, 鳴海 一成, 第24回自然科学研究機構シンポジウム「極限環境における生命 ~生命創成の探究に向けて~」,   2017年09月18日, 招待有り
  • 500 μm cell-aggregate of Deinococcus spp. was sufficient to survive after one-year exposure on ISS orbit in Tanpopo mission, Yuko Kawaguchi, Iori Kinoshita, Jun Yatabe, Yuka Murano, Daisuke Fujiwara, Risako Hayashi, Miu Harada, Kazumichi Nakagawa, Issay Narumi, Satoshi Kodaira, Yukio Uchihori, Hirofumi Hashimoto, Shin-ichi Yokobori, Akihiko Yamagishi, European Astrobiology Network Association Workshop (EANA17),   2017年08月
  • 500 μm cell-aggregation of Deinococcus spp. was enough thickness to survive after 384 days exposure at ISS orbit in Tanpopo mission, Yuko Kawaguchi, Iori Kinoshita, June Yatabe, Yuka Murano, Daisuke Fujiwara, Miu Harada, Kazumichi Nakagawa, Issay Narumi, Satoshi Kodaira, Yukio Uchihori, Hirofumi Hashimoto, Shin-ichi Yokobori, Akihiko Yamagishi, 日本地球惑星科学連合2017年大会,   2017年05月
  • Survivability and DNA damage of Deinococcus spp. in cell-aggregates exposed to space in Tanpopo mission, Iori Kinoshita, Yuko Kawaguchi, June Yatabe, Yuka Murano, Daisuke Fujiwara, Miu Harada, Kazumichi Nakagawa, Issay Narumi, Satoshi Kodaira, Yukio Uchihori, Hirofumi Hashimoto, Shin-ichi Yokobori, Akihiko Yamagishi, 日本地球惑星科学連合2017年大会,   2017年05月
  • Mutation analysis of the rpoB gene in the radiation-resistant bacterium Deinococcus radiodurans R1 exposed to space, Daisuke Fujiwara, Yuko Kawaguchi, Yuka Togashi, Iori Kinoshita, Jun Yatabe, Issay Narumi, Kazumichi Nakagawa, Hirofumi Hashimoto, Shin-ichi Yokobori, Akihiko Yamagishi, 日本地球惑星科学連合2017年大会,   2017年05月
  • Analysis of DNA damage in the radiation resistant microbe Deinococcus radiodurans R1 exposed to space in Tanpopo mission, Jun Yatabe, Yuko Kawaguchi, Iori Kinoshita, Daisuke Fujiwara, Motohide Aoki, Kie Taniguchi, Issay Narumi, Shigenori Iwai, Hirofumi Hashimoto, Shin-ichi Yokobori, Akihiko Yamagishi, 日本地球惑星科学連合2017年大会,   2017年05月
  • たんぽぽ計画における微生物宇宙生存に関する解析, 河口優子、木下伊織、藤原大佑、矢田部純、富樫油香、原田美優、村野由佳、鳴海一成、木村駿太、富田-横谷香織、岩田翔、林宣宏、橋本博文、今井栄一、中川和道、矢野創、横堀伸一、山岸明彦、たんぽぽリサーチチーム, 生命の起原および進化学会第42回学術講演会,   2017年03月
  • 清酒酵母によるガラクトース代謝能の解析, 小松原芙未、池永裕、佐藤勝也、鳴海一成、渡部貴志、増渕隆、林秀謙, 日本農芸化学会2017年度大会,   2017年03月
  • 植物色素合成遺伝子に着目した突然変異の方向性解析, 平田翔也、鳴海一成、北村智、佐藤勝也、大野豊, 第1回QST高崎研シンポジウム,   2017年01月
  • 放射線抵抗性細菌Deinococcus grandisの放射線応答に関与するpprA及びpprI遺伝子の機能解析, 黒澤飛翔、面曽宏太、竹島創、鳴海一成、佐藤勝也、大野豊, 第1回QST高崎研シンポジウム,   2017年01月
  • 宇宙曝露したDeinococcus属細菌の生存とDNA損傷の解析, 河口優子、木下伊織、藤原大介、矢田部純、村野由佳、青木元秀、谷口紀恵、鳴海一成、林宣宏、中川和道、橋本博文、横堀伸一、山岸明彦, 第17回宇宙科学シンポジウム,   2017年01月
  • 放射線抵抗性細菌Deinococcus grandisのDNA修復応答制御タンパク質PprIの機能解析, 黒澤飛翔、佐藤勝也、鳴海一成, 第17回極限環境生物学会年会,   2016年11月
  • 放射線抵抗性細菌Deinococcus grandisから分離したカナマイシン超耐性変異株の特徴解析, 面曽宏太、佐藤勝也、鳴海一成, 第17回極限環境生物学会年会,   2016年11月
  • 放射線抵抗性細菌Deinococcus geothermalisにおけるDNA修復促進遺伝子pprAの破壊効果, 島田岳、小林桃歌、佐藤勝也、鳴海一成, 第17回極限環境生物学会年会,   2016年11月
  • イオンビーム変異体解析による植物色素アントシアニンの液胞輸送機構に関与する遺伝子の解明, 北村智、平田翔也、鳴海一成、大野豊, 第16回放射線プロセスシンポジウム,   2016年11月
  • 放射線抵抗性細菌のゲノム安定維持機構, 鳴海 一成, 第59回日本放射線影響学会ワークショップ「放射線照射後ゲノム変化の種間比較から探るヒトゲノム安定性維持機構」,   2016年10月, 招待有り
  • The ground-based experiments of survival test and DNA-damage analyses of Deinococcus spp. after exposure to simulated space conditions for Tanpopo mission, Yuko Kawaguchi, Daisuke Fujiwara, Iori Kinoshita, Jun Yatabe, Issay Narumi, Motohide Aoki, Shin-ichi Yokobori, Hirofumi Hashimoto, Kazumichi Nakagawa, Akihito Yamagishi, European Astrobiology Network Association Workshop (EANA16),   2016年09月
  • 模擬宇宙環境で生じたDeinococcus属細菌のDNA損傷の解明, 河口優子、木下伊織、藤原大佑、矢田部純、鳴海一成、青木元秀、中川和道、橋本博文、横堀伸一、山岸明彦, アストロバイオロジーネットワーク2016年年会,   2016年09月
  • In silico identification of radiation/desiccation response regulon in Deinococcus grandis, Kakeru Kurosawa, Kota Omoso, Hajime Takeshima, Katsuya Satoh, Issay Narumi, The 11th International Conference on Extremophiles (Extremophiles 2016),   2016年09月
  • Disruption of DNA repair promoting gene pprA in the moderate thermophile Deinococcus geothermalis and expression of the gene in the extreme thermophile Thermus thermophilus, Gaku Shimada, Momoka Kobayashi, Katsuya Satoh, Issay Narumi, The 11th International Conference on Extremophiles (Extremophiles 2016),   2016年09月
  • Involvement of mutagenesis promoting gene dnaE2 of Deinococcus grandis in repair of UV-induced DNA damage, Kota Omoso, Katsuya Satoh, Issay Narumi, The 11th International Conference on Extremophiles (Extremophiles 2016),   2016年09月
  • Mutant frequency in DNA polymerase B disruptant of Thermococcus kodakarensis, Takashi Kushida, Issay Narumi, Sonoko Ishino, Yoshizumi Ishino, Shinsuke Fujiwara, Tadashi Imanaka, Hiroski Higashibata, The 11th International Conference on Extremophiles (Extremophiles 2016),   2016年09月
  • Deinococcus grandisカナマイシン耐性変異株の特徴解析, 面曽宏太、佐藤勝也、鳴海一成, 変異機構研究会第29回夏の学校,   2016年09月
  • 国際宇宙ステーション曝露部を利用した惑星間での微生物の移動検証, 河口優子、横堀伸一、橋本博文、矢野創、富田-横谷 かおり、林 宣宏、鳴海一成、今井栄一、田端誠、河合秀幸、奥平恭子、佐々木總、中川和道、山岸明彦, 第60回宇宙科学技術連合講演会,   2016年09月
  • Thermococcus kodakarensis polB遺伝子破壊株におけるPolD過剰発現の試み, 櫛田卓志、鳴海一成、石野園子、石野良純、東端啓貴, 日本Archaea研究会第29回講演会,   2016年07月
  • Analysis of mutations of rpoB gene in Deinococcus radiodurans R1 exposed to simulated space conditions, Yuko Kawaguchi, Yuka Togashi, Yuka Murano, Issay Narumi, Kazumichii Nakagawa, Shin-ichi Yokobori, Akihiko Yamagishi, 日本地球惑星科学連合2016年大会,   2016年05月
  • Innovation of microbial radiation mutagenesis in Japan, Issay Narumi, 14th Symposium of Malaysian Society of Applied Biology, Applied Biology: Bridging between Knowledge and Innovation,   2016年05月, 招待有り
  • Application of ion beam breeding to beneficial microbes, Issay Narumi, MSAB2016 Pre-symposium Workshop on Application of Nuclear Technology in Biology,   2016年05月, 招待有り
  • Ion beam breeding of flowers and crops, Issay Narumi, MSAB2016 Pre-symposium Workshop on Application of Nuclear Technology in Biology,   2016年05月, 招待有り
  • Principle of radiation mutagenesis, Issay Narumi, MSAB2016 Pre-symposium Workshop on Application of Nuclear Technology in Biology,   2016年05月, 招待有り
  • Review of Biofertilizer Project, Issay Narumi, 17th FNCA Coordinators Meeting,   2016年03月, 招待有り
  • たんぽぽ計画の進行状況:その全体像並びに微生物捕集及び曝露実験について, 横堀伸一、河口優子、田端誠、河合秀幸、奥平恭子、今井栄一、富田-横谷香織、林宣宏、鳴海一成、小林憲正、三田肇、薮田ひかる、癸生川陽子、佐々木聰、石橋之宏、東出真澄、橋本博文、矢野創、山岸明彦, 第16回宇宙科学シンポジウム,   2016年01月
  • 放射線抵抗性細菌Deinococcus geothermalisにおけるpprA遺伝子の遺伝子破壊解析, 島田岳、佐藤勝也、鳴海一成, BMB2015 (第38回日本分子生物学会年会第88回日本生化学会大会合同大会),   2015年12月
  • 放射線抵抗性細菌Deinococcus grandisにおけるDNA修復応答制御遺伝子pprIの機能解析, 黒澤飛翔、佐藤勝也、鳴海一成, BMB2015 (第38回日本分子生物学会年会第88回日本生化学会大会合同大会),   2015年12月
  • Current status on space exposure and capture experiments of microbes in TANPOPO mission at International Space Station, Shin-ichi Yokobori, Yuko Kawaguchi, Kaori Tomita-Yokotani, Nobuhiro Hayashi, Issay Narumi, Makoto Tabata, Hideyuki Kawai, Kyoko Okudaira, Yoko Kebukawa, Kensei Kobayashi, Hajime Mita, Kazumichi Nakagawa, Hikaru Yabuta, Eiichi Imai, Satoshi Sasaki, Masumi Higashide, Hirofumi Hashimoto, Hajime Yano, Akihiko Yamagishi, Tanpopo Research Group, 第8回アストロバイオロジーワークショップ,   2015年11月
  • Development of publication for compared effect of radiation sterilization and autoclave, Issay Narumi, FNCA Biofertilizer Workshop 2015,   2015年11月, 招待有り
  • Radiation breeding of industrial microorganisms in Japan, Issay Narumi, FNCA Biofertilizer Workshop 2015,   2015年11月, 招待有り
  • Thermococcus kodakarensis polB 遺伝子破壊株の熱感受性, 櫛田卓志、鳴海一成、石野園子、石野良純、藤原伸介、今中忠行、東端啓貴, 第16回極限環境生物学会年会,   2015年11月
  • 宇宙環境下でのDeinococcus属の生存能力の検証(たんぽぽ計画), 河口優子、Yinjie Yang、村野由佳、原田美優、川尻成俊、白石啓祐、高須昌子、高須昌子、鳴海一成、佐藤勝也、橋本博文、中川和道、谷川能章、田邊真依子、桃木洋平、杉野朋弘、吉田聡、横堀伸一、山岸明彦, 第16回極限環境生物学会年会,   2015年11月
  • 放射線抵抗性細菌におけるDNA修復応答制御遺伝子pprIの機能解析, 黒澤飛翔、面曽宏太、竹島創、佐藤勝也、鳴海一成, 第16回極限環境生物学会年会,   2015年11月
  • Deinococcus grandisにおける突然変異を誘発する遺伝子の機能解析, 面曽宏太、佐藤勝也、鳴海一成, 第16回極限環境生物学会年会,   2015年11月
  • 中高度好熱性及び放射線抵抗性を持つ多重極限環境微生物Deinococcus geothermalisにおけるpprA遺伝子破壊解析, 島田岳、佐藤勝也、鳴海一成, 第16回極限環境生物学会年会,   2015年11月
  • 量子ビーム照射で得た新規フラボノイド輸送変異体候補株の解析, 北村智、大野豊、鳴海一成, 第10回高崎量子応用研究シンポジウム,   2015年10月
  • イオンビーム育種技術による放射線抵抗性細菌のセシウム蓄積変異株の選抜, 佐藤勝也、上田涼史郞、長谷純宏、大野豊、鳴海一成, 第10回高崎量子応用研究シンポジウム,   2015年10月
  • 放射線抵抗性細菌における細胞内ポリリン酸とセシウム蓄積の関連性, 上田涼史郞、佐藤勝也、大野豊、林秀謙、鳴海一成, 第10回高崎量子応用研究シンポジウム,   2015年10月
  • たんぽぽ計画における微生物並びに有機物宇宙曝露実験, 横堀伸一、河口優子、癸生川陽子、富田-横谷香織、林宣宏、鳴海一成、中川和道、今井栄一、矢野創、橋本博文、三田肇、小林憲正、山岸明彦, 第59回宇宙科学技術連合講演会,   2015年10月
  • Efficient and accurate repair mechanisms of DNA double-strand breaks in the radioresistant bacterium Deinococcus radiodurans, Issay Narumi, The International Symposium on Life Sciences,   2015年09月, 招待有り
  • 芳香シクラメン5-O-glucosyltransferaseの単離と変異体を用いた解析, 栗原千恵、秋田祐介、北村智、長谷純宏、石坂宏、中山真義、鳴海一成、田中淳, 園芸学会平成27年度秋季大会,   2015年09月
  • Deinococcus grandisにおける突然変異を誘発する遺伝子の機能解析, 面曽宏太、佐藤勝也、鳴海一成, 変異機構研究会第28回夏の学校,   2015年07月
  • 宇宙環境下でのDeinococcus属細菌の生存可能性? ISSにおける「たんぽぽ」ミッションの宇宙曝露実験に向けて, 村野由佳、原田美優、河口優子、橋本博文、小林憲正、中川和道、鳴海一成、佐藤勝也、吉田聡、矢野創、横堀伸一、山岸明彦, 日本地球惑星科学連合2015年大会,   2015年05月
  • 国際宇宙ステーション上でのたんぽぽミッションにおける微生物実験, 横堀伸一、河口優子、原田美優、村野由佳、富田-横谷香織、林宣宏、田端誠、河合秀幸、奥平恭子、今井栄一、小林憲正、佐々木聰、佐藤勝也、中川和道、鳴海一成、長谷川直、東出真澄、三田肇、薮田ひかる、吉田聡、癸生川陽子、橋本博文、矢野創、山岸明彦、たんぽぽWG, 第40回生命の起原および進化学会学術講演会,   2015年03月
  • 有機物・微生物の宇宙曝露と宇宙塵・微生物の捕集「たんぽぽ」:微生物捕集・微生物宇宙曝露実験の準備状況, 横堀伸一、河口優子、鳴海一成、吉田聡、中川和道、富田-横谷香織、林宣宏、今井栄一、奥平恭子、河合秀幸、小林憲正、田端誠、三田肇、橋本博文、矢野創、山岸明彦, 第15回宇宙科学シンポジウム,   2015年01月
  • 放射線抵抗性細菌におけるポリリン酸生産とセシウム蓄積, 上田涼史郎、佐藤勝也、林秀謙、鳴海一成、大野豊, 第15回極限環境生物学会年会,   2014年11月
  • イオンビームを用いた放射線抵抗性細菌のセシウム濃縮能向上変異株の作出, 佐藤勝也、上田涼史郎、長谷純宏、鳴海一成、大野豊, 第15回極限環境生物学会年会,   2014年11月
  • Deinococcus grandisの放射線誘導性ddrB遺伝子の機能解析, 池上和貴、佐藤勝也、鳴海一成, 第15回極限環境生物学会年会,   2014年11月
  • Deinococcus grandisにおける突然変異を誘発する遺伝子の破壊株作製および突然変異頻度解析, 面曽宏太、佐藤勝也、鳴海一成, 第15回極限環境生物学会年会,   2014年11月
  • Deinococcus grandisの転写応答に関わる新規遺伝子dtrの機能解析, 金子匠、佐藤勝也、鳴海一成, 第15回極限環境生物学会年会,   2014年11月
  • Thermococcus kodakarensis polB遺伝子破壊株の熱ショックに対する感受性の解析, 櫛田卓志、鳴海一成、石野園子、石野良純、藤原伸介、今中忠行、東端啓貴, 第15回極限環境生物学会年会,   2014年11月
  • カルシウム含有量が高い弱アルカリ温泉から分離されたPaenibacillus sp. TCA20株の生理学的性質とゲノム解析, 今澤陸、藤浪俊、高橋優嘉、佐藤勝也、鳴海一成、伊藤政博, 第15回極限環境生物学会年会,   2014年11月
  • イオンビーム育種技術によるセシウム濃縮菌の開発, 佐藤勝也、上田涼史郞、長谷純宏、大野豊、鳴海一成, 第9回高崎量子応用研究シンポジウム,   2014年10月
  • 放射線抵抗性細菌におけるポリリン酸生合成関連遺伝子の解析, 上田涼史郎、林秀謙、鳴海一成、佐藤勝也、大野豊, 第9回高崎量子応用研究シンポジウム,   2014年10月
  • New chrysanthemum mutant varieties developed through ion beam irradiation technology, Zaiton Ahmad, Affrida Abu Hassan, Shakinah Salleh, Nurul Hidayah Mahmud, Shigeki Nozawa, Issay Narumi, Yoshihiro Hase, Yutaka Oono, 第9回高崎量子応用研究シンポジウム,   2014年10月
  • イオンビーム育種により作出したダイズ根粒菌高温耐性変異株の大規模なゲノム構造変異と少数の塩基変異, 武田喜代子、佐藤勝也、大野豊、鳴海一成、大津直子、横山正, 第9回高崎量子応用研究シンポジウム,   2014年10月
  • 量子ビーム照射によって作出された昆虫病原糸状菌高温耐性変異体, 西東力、Yuyn Fitriana、佐藤勝也、鳴海一成, 第9回高崎量子応用研究シンポジウム,   2014年10月
  • イオンビーム再照射による新規フラボノイド遺伝子変異植物の探索, 北村智、大野豊、鳴海一成, 第9回高崎量子応用研究シンポジウム,   2014年10月
  • 放射線に強い微生物の耐性機構, 鳴海一成, 日本科学士協会自然災害防止科学シンポジウム・放射性物質の除去、環境への影響を考える,   2014年09月
  • Disruption analysis of the recJ gene in Deinococcus grandis, Issay Narumi, Kan Komoriya, Katsuya Satoh, The 10th International Conference on Extremophiles (Extremophiles 2014),   2014年09月
  • 清酒酵母ガラクトース代謝制御系の解析, 池永裕、冨澤佑貴、彦久保和也、林秀謙、増渕隆、上山修、佐藤勝也、鳴海一成, 第66回日本生物工学会大会,   2014年09月
  • カーボンイオンビーム照射が青森在来の毛豆の形質に及ぼす影響, 川崎通夫、桔梗翔梧、野澤樹、秋田祐介、長谷純宏、鳴海一成, 日本作物学会東北支部会第57回講演会,   2014年08月
  • Space exposure experiment of microbes at the international space station proposed in “Tanpopo” mission, Shin-Ichi Yokobori, Yuko Kawaguchi, Yinjie Yang, Hirofumi Hashimoto, Nobuhiro Hayashi, Kensei Kobayashi, Kazumichi Nakagawa, Issay Narumi, Kaori Tomita-Yokotani, Satoshi Yoshida, Hajime Yano, Akihiko Yamagishi, The Asia Oceania Geosciences Society 11th Annual Meeting (AOGS 2014),   2014年07月
  • The possible interplanetary transfer of microbes: Assessing the viability of Deinococcus spp. under the ISS environmental conditions for performing exposure experiments of microbes in the Tanpopo mission, Yuko Kawaguchi, Yinjie Yang, Narutoshi Kawashiri, Keisuke Shiraishi, Masako Takasu, Issay Narumi, Katsuya Satoh, Hirofumi Hashimoto, Kazumichi Nakagawa, Yoshiaki Tanigawa, Yoh-hei Momoki, Maiko Tanabe, Tomohiro Sugino, Yuta Takahashi, Yasuyuki Shimizu, Satoshi Yoshida, Kensei Kobayashi, Shin-ichi Yokobori, Akihiko Yamagishi, Origins 2014 International Conference,   2014年07月
  • 炭素イオンビーム照射によるナガイモとヤマノイモの突然変異体作出に関する研究, 川崎通夫、八田祐基、須藤宏樹、野澤樹、秋田祐介、長谷純宏、鳴海一成, 日本作物学会第237回講演会,   2014年03月
  • INTERPLANETARY MIGRATION OF EUCARYOTIC CELL, SPORE OF Schizosaccharomyces pombe, 林宣宏、野坂惇郎、安東龍太、橋本博文、横堀伸一、鳴海一成、中川和道、山岸明彦、東田英毅, 第14回宇宙科学シンポジウム,   2014年01月
  • ISS/JEM曝露部利用実験たんぽぽ:有機物の捕獲と曝露, 三田肇、橋本博文、浜瀬健司、東出真澄、今井栄一、河口優 子、河合秀幸、神田一浩、小林憲正、中川和道、鳴海一成、 奥平恭子、田端誠、薮田ひかる、山下雅道、矢野創、吉田聡 、横堀伸一、山岸明彦、たんぽぽWG, 第14回宇宙科学シンポジウム,   2014年01月
  • 「有機物・微生物の宇宙曝露と宇宙塵・微生物の捕集(たんぽぽ)」における微生物宇宙曝露実験の準備状況:Deinococcus属真正細菌について, 河口優子、Yinjie Yang、高須昌子、鳴海一成、佐藤勝也、橋本博文、中川和道 、吉田聡、小林憲正、横堀伸一、山岸明彦、たんぽぽWG, 第14回宇宙科学シンポジウム,   2014年01月
  • 奇妙な球菌がもつ放射線耐性のしくみ, 鳴海 一成, 東洋大学板倉キャンパスシンポジウム,   2013年11月
  • Interplanetary migration of eucaryotic cell, spore of Schizosaccharomyces pombe, Nobuhiro Hayashi, Junro Nosaka, Ryuta Ando, Hirofumi Hashimoto, Shin-ichi Yokobori, Issay Narumi, Kazumichi Nakagawa, Akihiko Yamagishi, Hideki Tohda, International Astrobiology Workshop 2013,   2013年11月
  • イオンビーム育種技術による香りの良い日本酒, 佐藤勝也、増渕隆、上山修、上田涼史郎、林秀謙、池永裕、鳴海一成, 第3回CSJ化学フェスタ2013,   2013年10月
  • Genome analysis of a high temperature tolerant mutant of Bradyrhizobium japonicum USDA110 generated by ion-beam irradiation, Kiyoko Takeda, Katsuya Satoh, Issay Narumi, Naoko Ohkama-Ohtsu, Tadashi Yokoyama, 18th International Congress on Nitrogen Fixation,   2013年10月
  • イオンビーム育種により作出したカプロン酸エチル高生産清酒酵母の変異解析, 増渕隆、上山修、上田涼史郎、林謙秀、池永裕、佐藤勝也、鳴海一成, 第8回高崎量子応用研究シンポジウム,   2013年10月
  • 出芽酵母におけるイオンビーム誘発ゲノム不安定性とDNA修復機構の役割, 布柴達男、坂田弥生、山内理子、Robert Read、佐藤勝也、小野寺威史、鳴海一成, 第8回高崎量子応用研究シンポジウム,   2013年10月
  • イオン液体耐性酵母を用いたイオン液体前処理バイオマスからの同時糖化発酵, 二宮一章、表小百合、清水宣明、佐藤勝也、鳴海一成, 第8回高崎量子応用研究シンポジウム,   2013年10月
  • 量子ビーム照射によって作出された昆虫寄生菌殺菌剤耐性変異株の遺伝子解析, 西東力、Yuyun Fitriana、佐藤勝也、鳴海一成, 第8回高崎量子応用研究シンポジウム,   2013年10月
  • イオンビーム突然変異育種により作出したダイズ根粒菌高温耐性変異株のゲノム解析, 武田喜代子、佐藤勝也、鳴海一成、大津直子、横山正, 第8回高崎量子応用研究シンポジウム,   2013年10月
  • イオンビームによる内生細菌の改良及びオリゴキトサン施用による内生細菌の効果増強, 相野公孝、佐藤勝也、長澤尚胤、田口光正、鳴海一成, 第8回高崎量子応用研究シンポジウム,   2013年10月
  • 放射線抵抗性細菌と高度好熱菌に共通する新規DNA鎖間架橋修復遺伝子に関する遺伝的解析, 小野寺威史、佐藤勝也、鳴海一成, 第8回高崎量子応用研究シンポジウム,   2013年10月
  • 放射線抵抗性細菌における炭素イオンビームの突然変異誘発効果, 佐藤勝也、小野寺威史、武田喜代子、鳴海一成, 第8回高崎量子応用研究シンポジウム,   2013年10月
  • 開花時期の異なるダイズ系統間におけるイオンビーム照射による変異の比較, 土屋真弓、阿部純、金澤章、野澤樹、長谷純宏、鳴海一成, 第8回高崎量子応用研究シンポジウム,   2013年10月
  • イオンビーム照射による白系秋輪ギク「新神」の段階的な特性改良, 田之頭優樹、遠嶋太志、永吉実孝、長谷純宏、鳴海一成, 第8回高崎量子応用研究シンポジウム,   2013年10月
  • アジア原子力協力フォーラム(FNCA)放射線育種プロジェクトにおけるイネ種子へのイオンビーム照射による新品種の開発, 田中淳、野澤樹、長谷純宏、鳴海一成、石川秀高、小池亜紀, 第8回高崎量子応用研究シンポジウム,   2013年10月
  • シロイヌナズナにおける飛程末端に近い炭素イオンの変異誘発効果, 長谷純宏、野澤樹、鳴海一成, 第8回高崎量子応用研究シンポジウム,   2013年10月
  • オオムギ種子に対するイオンビーム照射条件の検討, 保木健宏、飯牟礼隆、長谷純宏、野澤樹、鳴海一成、木原誠、大串憲祐, 第8回高崎量子応用研究シンポジウム,   2013年10月
  • Achievement of JAEA - Nuclear Malaysia Bilateral Project on Generating New Ornamental Plant Varieties using Ion Beams, Zaiton Ahmad, Affrida Abu Hassan, Shakinah Salleh, Nurul Hidayah Mahmud, Shigeki Nozawa, Issay Narumi, Yoshihiro Hase, Yutaka Oono, 第8回高崎量子応用研究シンポジウム,   2013年10月
  • Isolation of salt tolerant mutants in poplar (Populus nigra L. var. italica) by radiation mutagenesis, Yutaka Oono, Kamal Kanti Biswas, Yoshihiro Hase, Issay Narumi, 第8回高崎量子応用研究シンポジウム,   2013年10月
  • ガンマ線がエゾノギシギシのシュウ酸代謝に及ぼす影響, 北野沙也佳、宮城敦子、川合真紀、山口雅利 内宮博文、大野豊、長谷純宏、鳴海一成, 第8回高崎量子応用研究シンポジウム,   2013年10月
  • 異なるフラボノイド分布を示すシロイヌナズナにおけるガンマ線感受性の特性解析, 北村智、鳴海一成, 第8回高崎量子応用研究シンポジウム,   2013年10月
  • イオンビームを利用したセシウム吸収植物の開発を目指して, 長谷純宏、野澤樹、鳴海一成, 第8回高崎量子応用研究シンポジウム,   2013年10月
  • イオンビーム照射したキク苗からの低温開花性有望系統ならびに花弁型・花色変異個体の選抜, 浅見逸夫、辻孝子、福田至朗、黒柳悟、長谷川徹、竹内良彦、長谷純宏、野澤樹、鳴海一成, 第8回高崎量子応用研究シンポジウム,   2013年10月
  • Thermococcus kodakarensisにおけるpolB遺伝子破壊株の表現型解析と相補実験, 櫛田卓志、鳴海一成、石野園子、石野良純、藤原伸介、今中忠行、東端啓貴, 第14回極限環境生物学会年会,   2013年10月
  • Molecular analysis of anthocyanin biosynthesis genes, and creation of new colored flower cultivars from fragrant cyclamen, Yusuke Akita, Satoshi Kitamura, Yoshihiro Hase, Issay Narumi, Hiroshi Ishizaka, Emiko Kondo, Naoko Kameari, Masayoshi Nakayama, Atsushi Tanaka, The 27th International Conference on Polyphenol & the 8th Tannin Conference (ICP2014),   2013年09月
  • イオンビーム突然変異育種法により作出したダイズ根粒菌高温耐性変異株のゲノム解析, 武田喜代子、佐藤勝也、鳴海一成、大津直子、横山正, 植物微生物研究会第23回研究交流会,   2013年09月
  • ガンマ線が高シュウ酸植物の代謝に及ぼす影響, 北野沙也佳、宮城敦子、大野豊、長谷純宏、鳴海一成、山口雅利、内宮博文、川合真紀, 日本植物学会第77回大会,   2013年09月
  • たんぽぽ計画での有機物曝露実験ーターゲットの選定と地上予備実験, 小林憲正、三田肇、藪田ひかる、中川和道、川本幸徳、金子竹男、大林由美子、神田一浩、吉田聡、鳴海一成、今井栄一、橋本博文、横堀伸一、山岸明彦, 日本宇宙生物科学会第27回大会,   2013年09月
  • DNA polymerase B from hyperthermophilic archaeon Thermococcus kodakarensis is not essential for cell viability, Hiroki Higashibata, Takashi Kushida, Issay Narumi, Sonoko Ishino, Yoshizumi Ishino, Shinsuke Fujiwara, Tadayuki Imanaka, 12th international conference on Thermophiles Research (Thermophiles 2013),   2013年09月
  • Thermococcus kodakarensis ΔpolB 株の DNA 損傷ストレス感受性と相補実験, 東端啓貴、櫛田卓志、鳴海一成、藤原伸介、今中忠行, 日本Archaea研究会第26回講演会,   2013年07月
  • イオンビーム照射誘導性ダイズ根粒菌高温耐性変異株のDNA変異部位の特定, 武田喜代子、佐藤勝也、鳴海一成、横山正, 日本土壌微生物学会2013年度大会,   2013年06月
  • Space exposure experiment of microbes at the international space station, Shin-ichi Yokobori, Yuko Kawaguchi, Yinjie Yang, Hirofumi Hashimoto, Kazumichi Nakagawa, Issay Narumi, Satoshi Yoshida, Kensei Koboayshi, Akihiko Yamagishi, TANPOPO WG, 29th International Symposium on Space Technology and Science,   2013年06月
  • Current status of preparation of TANPOPO mission and investigation of survivability of microbes in space, 横堀伸一、橋本博文、林宣宏、東出真澄、今井栄一、河口優子、河合秀幸、小林憲正、三田肇、中川和道、鳴海一成、奥平恭子、清水康之、田端誠、刀川純孝、富田香織、薮田ひかる、山下雅道、Yinjie Yang、矢野創、吉田聡、山岸明彦、たんぽぽWG, 日本地球惑星科学連合2013年大会,   2013年05月
  • イオンビーム育種により作出したカプロン酸エチル高生産清酒酵母の変異解析, 佐藤勝也、上田涼史郎、増渕隆、上山修、林秀謙、池永裕、鳴海一成、田中淳, 第9回イオンビーム育種研究会,   2013年05月
  • たんぽぽ計画における有機物曝露実験, 三田肇、横堀伸一、橋本博文、東出真澄、今井栄一、河口優子、河合秀幸、川本幸徳、神田一浩、小林憲正、中川和道、鳴海一成、奥平恭子、田端誠、薮田ひかる、山下雅道、矢野創、吉田聡、山岸明彦、たんぽぽWG, 日本地球惑星科学連合2013年大会,   2013年05月
  • たんぽぽ計画[有機物・微生物の宇宙曝露と宇宙塵・微生物の捕集]の準備状況と微生物宇宙生存可能性の検討, 横堀伸一、河口優子、清水康之、川尻成俊、白石啓祐、杉野朋弘、高橋勇太、Yinjie Yang、谷川能章、橋本博文、林宣宏、東出真澄、今井栄一、河合秀幸、小林憲正、三田肇、中川和道、鳴海一成、奥平恭子、佐藤勝也、田端誠、富田-横谷 香織、薮田ひかる、矢野創、吉田聡、山岸明彦, 生命の起源および進化学会第38回学術講演会,   2013年03月
  • 凝集体微生物の天体間移動の可能性:Deinococcus属の凝集体内部の細胞は紫外線照射から防御されうる, 河口優子、Yinjie Yang、川尻成俊、白石啓祐、中川和道、谷川能章、橋本博文、鳴海一成、佐藤勝彦、吉田聡、横堀伸一、山岸明彦, 生命の起源および進化学会第38回学術講演会,   2013年03月
  • ISSロシア棟Pirs外壁で13ヶ月宇宙曝露(Biorisk実験)したヒョウタンゴケの胞子は発芽した, 高橋裕一、柴田潤、橋本博文、横堀伸一、山岸明彦、河口優子、Oleg Gusev、鳴海一成、佐藤勝也、Vladimir Sychev、Natalia Novikova、Margarita Levinskikh、杉山学, 生命の起源および進化学会第38回学術講演会,   2013年03月
  • ゲノム安定性維持におけるAtRev1の様々な機能, 坂本綾子、高橋真哉、Wojciech Stralka、鳴海一成, 第54回日本植物生理学会年会,   2013年03月
  • 植物内生細菌とオリゴキトサンの併用処理によるトマト青枯病抑制効果の増強, 相野公孝、松浦克成、佐藤勝也、鳴海一成、長澤尚胤、田口光正, 平成25年度日本植物病理学会大会,   2013年03月
  • シロイヌナズナにおけるフラボノイド局在性とガンマ線感受性との関係, 北村智、鳴海一成, 第54回日本植物生理学会年会,   2013年03月
  • たんぽぽ(地球と宇宙空間の微生物と有機物の双方向伝播)WG報告:微生物と有機物の宇宙曝露, 横堀伸一、小林憲正、三田肇、藪田ひかる、中川和道、鳴海一成、林宣宏、富田-横谷香織、河口優子、清水康之、川本幸徳、江藤碧、桃木洋平、谷川能章、今井栄一、太刀川純孝、永松愛子、村上敬司、橋本博文、矢野創、山岸明彦, 第13回宇宙科学シンポジウム,   2013年01月
  • Thermococcus kodakarensisのpolB遺伝子破壊株の表現型解析, 櫛田卓志、鳴海一成、藤原伸介、今中忠行、東端啓貴, 第13回極限環境生物学会年会,   2012年12月
  • DNA鎖間架橋損傷の修復に関わるDrygjDおよびDryeaZ遺伝子の機能解析, 小野寺威文、佐藤勝也、太田敏博、鳴海一成, 第35回日本分子生物学会年会,   2012年12月
  • DeinococcusとThermusに共通する新規 DNA鎖間架橋修復遺伝子の遺伝学的解析, 小野寺威文、中村顕、佐藤勝也、太田敏博、鳴海 一成, 第13回極限環境生物学会年会,   2012年12月
  • たんぽぽ計画[有機物・微生物の宇宙曝露と宇宙塵・微生物の捕集]の準備状況と微生物宇宙生存可能性の検討, 横堀伸一、河口優子、Yinjie Yang、川尻成俊、白石啓祐、清水康之、高橋勇太、杉野朋弘、鳴海一成、佐藤勝也、吉田聡、中川和道、谷川能章、富田-横谷香織、林宣宏、今井栄一、奥 平恭子、河合秀幸、小林憲正、田端誠、東出真澄、三田肇、薮田ひかる、橋本博文、矢野創、山岸明彦, 第13回極限環境生物学会年会,   2012年12月
  • Discovery of a novel DNA repair promoting protein from Deinococcus radiodurans and its application to biotech industry, Issay Narumi, XXXVI All India Cell Biology Conference and International Symposium on Stress Adaptive Response and Genome Integrity,   2012年10月, 招待有り
  • 量子ビーム照射によって作出された昆虫病原糸状菌殺菌剤耐性変異体の耐性レベルと病原力, 西東力、篠原忍、佐藤勝也、鳴海一成, 第7回高崎量子応用研究シンポジウム,   2012年10月
  • イオンビーム育種で作出したカプロン酸エチル高生産性酵母の変異部位の解析, 増渕隆、上山修、高島智里、池永裕、佐藤勝也、鳴海一成, 第7回高崎量子応用研究シンポジウム,   2012年10月
  • 放射線抵抗性細菌における異なるLET放射線に誘発される突然変異株出現頻度の解析, 佐藤勝也、手島光平、小野寺威文、鳴海一成, 第7回高崎量子応用研究シンポジウム,   2012年10月
  • イオンビーム照射とFACSを繰り返すことにより得られたセルラーゼ酵素高発現酵母の特性評価, 仁宮一章、野村知世、清水宣明、佐藤勝也、鳴海一成, 第7回高崎量子応用研究シンポジウム,   2012年10月
  • ガンマ線滅菌担体におけるバイオ肥料原体微生物の生存性, 手島光平、佐藤勝也、武田喜代子、鳴海一成、横山正, 第7回高崎量子応用研究シンポジウム,   2012年10月
  • 放射線抵抗性細菌のDNA修復機構におけるDrygjD及びDryeaZ遺伝子の機能解析, 小野寺威文、太田敏博、佐藤勝也、鳴海一成, 第7回高崎量子応用研究シンポジウム,   2012年10月
  • イオンビーム照射による出芽酵母の突然変異誘発に関する研究, 松尾陽一郎、泉佳伸、長谷純宏、野澤樹、坂本綾子、鳴海一成、清水喜久雄, 第7回高崎量子応用研究シンポジウム,   2012年10月
  • ガンマ線照射が強害帰化雑草エゾノギシギシに及ぼす影響, 北野沙也佳、川合真紀、宮城敦子、内宮博文、山口雅利、大野豊、長谷純宏、鳴海一成, 第7回高崎量子応用研究シンポジウム,   2012年10月
  • 飛程末端に近い炭素イオンの変異誘発効果と効率的な変異誘発技術の開発, 長谷純宏、吉原亮平、野澤樹、鳴海一成, 第7回高崎量子応用研究シンポジウム,   2012年10月
  • イオンビーム照射によって得られた葉緑素欠乏ダイズ系統における種子成分の変化, 土屋真弓、河西めぐみ、阿部純、金澤章、野澤樹、長谷純宏、鳴海一成, 第7回高崎量子応用研究シンポジウム,   2012年10月
  • イオンビーム照射による黄色系秋輪ギク「山陽黄金」の特性改良, 田之頭優樹,長谷健,永吉実孝、野澤樹,長谷純宏,鳴海一成, 第7回高崎量子応用研究シンポジウム,   2012年10月
  • イオンビーム照射によって得られたサトウキビのさび病抵抗性系統, 竹之下佳久、中西善裕、野澤樹、長谷純宏、鳴海一成, 第7回高崎量子応用研究シンポジウム,   2012年10月
  • イオンビーム照射したキク苗からの低温開花性有望系統ならびに花弁型・花色変異個体の選抜, 浅見逸夫、辻孝子、福田至朗、黒柳悟、長谷川徹、竹内良彦、長谷純宏、野澤樹、鳴海一成, 第7回高崎量子応用研究シンポジウム,   2012年10月
  • Development of Chrysanthemum morifolium cv. Reagan Red mutants using ion beam irradiation, Shakinah Salleh, Zaiton Ahmad, Affrida Abu Hassan, Yahya Awang, Shigeki Nozawa, Issay Narumi, Yoshihiro Hase, Yutaka Oono, 第7回高崎量子応用研究シンポジウム,   2012年10月
  • アジア原子力協力フォーラム(FNCA)放射線育種プロジェクトにおけるイネ種子へのイオンビーム照射による新品種の開発, 田中淳、野澤樹、長谷純宏、鳴海一成、石川秀高、小池亜紀, 第7回高崎量子応用研究シンポジウム,   2012年10月
  • 出芽酵母におけるゲノム安定化に対するイオンビームの影響, 布柴達男、平澤佑啓、山内理子、坂田弥生、相原玲子、佐藤勝也、手島光平、小野寺威文、鳴海一成, 第7回高崎量子応用研究シンポジウム,   2012年10月
  • イオンビーム育種によるセシウム吸収植物及びセシウム濃縮菌の作出, 鳴海一成、野澤樹、佐藤勝也、長谷純宏, 第7回高崎量子応用研究シンポジウム,   2012年10月
  • 植物内生細菌の育種とオリゴキトサンの併用による植物病害抑制の増強, 相野公孝、松浦克成、佐藤勝也、鳴海一成、長澤尚胤、田口光正, 第7回高崎量子応用研究シンポジウム,   2012年10月
  • イオンビーム照射によって作出したダイズ根粒菌高温耐性変異株の表現形質, 武田喜代子、手島光平、佐藤勝也、鳴海一成、横山正, 第7回高崎量子応用研究シンポジウム,   2012年10月
  • Lombardy poplar (Populus nigra L. var. italica) an important woody plant species for ionizing-radiation mutagenesis , Kamal Kanti Biswas, Yoshihiro Hase, Issay Narumi, Yutaka Oono, Takeshi Mohri, Satoshi Kogawara, 第7回高崎量子応用研究シンポジウム,   2012年10月
  • イオンビーム育種清酒酵母の発現解析, 富澤佑貴、林秀謙、増渕隆、上山修、佐藤勝也、鳴海一成、池永裕, 第64回日本生物工学会大会,   2012年10月
  • How do we disseminate biofertilizers into Asian farmers' land?, Tadashi Yokoyama, Shotaro Ando, Issay Narumi, Takuji Ohyama, 2nd Asian Conference on Plant-Microbe Symbiosis and Nitrogen Fixation (2nd APMNF),   2012年10月
  • Resistance of Deinococcus sp. to environmental factors of International Space Station (ISS) orbit -Microbes exposure experiment at ISS in the mission “Tanpopo”, Yuko Kawaguchi, Yinjie Yang, Narutoshi Kawashiri, Keisuke Shiraishi, Yasuyuki Simizu, Tomohiro Sugino, Yuta Takahashi, Yoshiaki Tanigawa, Issay Narumi, Katsuya Satoh, Hirofumi Hashimoto, Satoshi Yoshida, Kensei Kobayashi, Kazumichi Nakagawa, Shin-ichi Yokobori, Akihiko Yamagishi, 12th European Workshop on Astrobiology (EANA 2012),   2012年10月
  • Tanpopo: Astrobiology exposure and micrometeoroid capture experiments, Shin-ichi Yokobori, Hirofumi Hashimoto, Nobuhiro Hayashi, Eiichi Imai, Hideyuki Kawai, Kensei Kobayashi, Hajime Mita, Kazumichi Nakagawa, Issay Narumi, Kyoko Okudaira, Makoto Tabata, Sumitaka Tachikawa, Yuichi Takahashi, Kaori Tomita-Yokotani, Hikaru Yabuta, Masamichi Yamashita, Hajime Yano, Akihiko Yamagishi, 12th European Workshop on Astrobiology (EANA 2012),   2012年10月
  • SMALL ACIDIC PROTEIN 1 acts with RUB modification components, the COP9 signalosome and AXR1, to regulate growth and development of Arabidopsis thaliana, Yutaka Oono, Akari Nakasone, Masayuki Fujiwara, Yoichiro Fukao, Kamal Kanti Biswas, Abidur Rahman, Maki Kawai-Yamada, Hirofumi Uchimiya, Issay Narumi, 10th International Congress on Plant Molucular Biology,   2012年10月
  • 超好熱性アーキアThermococcus kodakarensis由来DNAポリメラーゼBのDNA修復における役割, 東端啓貴、櫛田卓志、鳴海一成、今中忠行、藤原伸介, 日本遺伝学会第84回大会,   2012年09月
  • Characteristics of DNA polymerase B in hyperthermophilic archaeon Thermococcus kodakarensis, Takashi Kushida, Issay Narumi, Shinsuke Fujiwara, Tadayuki Imanaka, Hiroki Hagashibata, 5th Japan-China-Korea Graduate Student Forum,   2012年09月
  • たんぽぽ計画[有機物・微生物の宇宙曝露と宇宙塵・微生物の捕集]の開発・運用準備状況, 山岸明彦、横堀伸一、橋本博文、矢野創、今井栄一、奥平恭子、河合秀幸、小林憲正、田端誠、中川和道、鳴海一成、三田肇、薮田ひかる、 伊藤元雄、太刀川純孝、土’山明、富田-横谷香織、中嶋悟、中村智樹、奈良岡浩、野口高明、浜瀬健司、林宣宏、東出真澄、福島和彦、三河内岳、山下雅道, 第26回日本宇宙生物科学会学術集会,   2012年09月
  • ナガイモとヤマノイモにおけるイオンビームを用いた突然変異体作出に関する研究, 川崎通夫、瀧澤美聡、兼平沙季、崎尾実香、本多和茂、イスラム モハンマド ナズルル、須藤宏樹、野澤樹、秋田祐介、鳴海一成, 日本作物学会第234回講演会,   2012年09月
  • Analysis of the DNA polymerase B disruptant of hyperthermophilic archaeon Thermococcus kodakarensis, Takashi Kushida, Issay Narumi, Shinsuke Fujiwara, Tadayuki Imanaka, Hiroki Higashibata, 9th International conference on Extremophiles (Extremophiles 2012),   2012年09月
  • New host-vector system for Deinococcus geothermalis, Issay Narumi, Takefumi Onodera. Katsuya Satoh, 9th International conference on Extremophiles (Extremophiles 2012),   2012年09月
  • Involvement of universally conserved genes, ygjD and yeaZ orthologs, in DNA repair of Deinococcus radiodurans, Takefumi Onodera, Katsuya Satoh, Toshihiro Ohta, Issay Narumi, 9th International conference on Extremophiles (Extremophiles 2012),   2012年09月
  • Developing protocol for screening of salt/drought tolerant mutants by the combination of in vitro regeneration and ionized-radiation mutagenesis to poplar (Populus nigra L. var. italica Koehne), Kamal Kanti Biswas, Takeshi Mohri, Satoshi Kogawara, Issay Narumi, Yukata Oono, 日本植物学会第76回大会,   2012年09月
  • 軟X線顕微鏡によるDeinococcus radioduransの観察, 鳴海一成、佐藤勝也、大東琢治、竹本邦子、難波秀利、木原裕, 立命館大学SRセンター研究成果報告会,   2012年06月
  • 超好熱性アーキアThermococcus kodakarensis DNAポリメラーゼB遺伝子破壊株のDNA損傷ストレス感受性の解析, 櫛田卓志、鳴海一成、藤原伸介、今中忠行、東端啓貴, 変異機構研究会第25回夏の学校,   2012年06月
  • DNA鎖間架橋修復に特異的に関わるDrygjDとDryeaZの機能解明, 小野寺威文、中村顕、佐藤勝也、太田敏博、鳴海一成, 変異機構研究会第25回夏の学校,   2012年06月
  • Developing protocol for screening of drought/salt tolerant mutants with ion-beam mutagenesis in populus (Populus nigra L. var. italica Koehne), Kamal Kanti Biswas, Issay Narumi, Yutaka Oono, Takeshi Mohri, Satoshi Kogawara, 第14回放射線プロセスシンポジウム,   2012年06月
  • Microbe space exposure experiments at International Space Station (ISS) in the mission "Tanpopo", Yuko Kawaguchi, Yinjie Yang, Narutoshi Kawashiri, Keisuke Shiraishi, Tomohiro Sugino, Yuta Takahashi, Issay Narumi, Katsuya Satoh, Hirofumi Hashimoto, Satoshi Yoshida, Kensei Kobayashi, Kazumichi Nakagawa, Shin-ichi Yokobori, Akihiko Yamagishi, 日本地球惑星科学連合2012 年大会,   2012年05月
  • 先端研究施設共用促進事業を利用した高崎量子応用研究所でのイオンビーム育種の取組み, 野澤樹、野上大地、長谷純宏、佐藤勝也、鳴海一成, 第8回イオンビーム育種研究会,   2012年05月
  • 炭素イオンビームを用いたダイズ根粒菌高温耐性変異株の作出, 武田喜代子、手島光平、佐藤勝也、鳴海一成、横山正, 第8回イオンビーム育種研究会,   2012年05月
  • イオンビーム育種清酒酵母の発現解析, 富澤佑貴、池永裕、増渕隆、佐藤勝也、鳴海一成, 第8回イオンビーム育種研究会,   2012年05月
  • Mutation spectrum analysis in higher plant, Ryouhei Yoshihara, Yoshihiro Hase, Shigeki Nozawa, Issay Narumi, Koichi Takimoto, Ayako N. Sakamoto, EMBO Workshop - Genetic Stability & Change: Genome Maintenance Mechanisms in Plants,   2012年05月
  • イオンビームによる段階的変異形質付与を利用したオステオスペルマム実用品種の開発, 岡田智行、飯塚正英、長谷純宏、野澤樹、鳴海一成、関口政行, 日本園芸学会平成24年度春季大会,   2012年03月
  • 量子ビーム照射による昆虫病原糸状菌の殺菌剤耐性変異体作出の可能性, 篠原忍、佐藤勝也、鳴海一成、田上陽介、西東力, 第56回日本応用動物昆虫学会大会,   2012年03月
  • Development of thermotolerant mutants of entomopathogenic fungi using ion beam irradiation, Yuyun Fitriana, Katsuya Satoh, Issay Narumi, Yohsuke Tagami, Tsutomu Saito, 第56回日本応用動物昆虫学会大会,   2012年03月
  • 超好熱性アーキアThermococcus kodakarensisのDNA polymerase Bは細胞の生育に必須ではない, 櫛田卓志、倉内康行、鳴海一成、藤原伸介、今中忠行、東端啓貴, 日本農芸化学会2012年度大会,   2012年03月
  • 耐塩性シロイヌナズナが有する塩馴化機構の解明, 太治輝昭、香取拓、有賀裕剛、井内聖、小林正智、篠崎一雄、吉原亮平、野澤樹、長谷純宏、鳴海一成、坂田洋一、林隆久, 第52回日本植物生理学会,   2012年03月
  • イオンビーム照射によって作出された芳香シクラメン花色変異体の解析, 秋田祐介、北村智、長谷純宏、鳴海一成、石坂宏、近藤恵美子、亀有直子、中山真義、谷川奈津、森田裕将、田中淳, 日本育種学会2012年春季大会,   2012年03月
  • イオンビーム照射したPseudomonas fluorescens FPH9601変異株の諸性質, 相野公孝、佐藤勝也、鳴海一成, 平成24年度日本植物病理学会大会,   2012年03月
  • ユビキチン様タンパク質(RUB)修飾におけるSMALL ACIDIC PROTEIN 1 (SMAP1)の役割, 大野豊、鳴海一成, 第52回日本植物生理学会,   2012年03月
  • Analysis of radioresistant bacterium and its application, 鳴海一成, 日本農芸化学会2012年度大会シンポジウム「特殊環境下における微生物の潜在能力とその応用」,   2012年03月, 招待有り
  • イオンビームを用いた産業微生物の改良, 鳴海一成, 日本原子力研究開発機構第25回オープンセミナー,   2012年03月
  • 月における生命探査の可能性の検討, 横堀伸一、春山純一、矢野創、鳴海一成、三田肇、高橋淳一, 第28回宇宙利用シンポジウム,   2012年01月
  • 産業微生物を改良する, 鳴海一成, 放射線利用フォーラム in 高崎2012,   2012年01月
  • シロイヌナズナGL1遺伝子座に生じる大規模欠失変異頻度のLET依存性, 長谷純宏、吉原亮平、野澤樹、鳴海一成, 日本放射線影響学会第54回大会,   2011年11月
  • 放射線誘発DNA酸化損傷がシロイヌナズナの突然変異に与える影響, 吉原亮平、長谷純宏、野澤樹、鳴海一成、滝本晃一、日出間純、坂本綾子, 日本放射線影響学会第54回大会,   2011年11月
  • 超好熱性アーキアThermococcus kodakarensis DNA PolB破壊株のDNA損傷ストレス感受性, 倉内康行、櫛田卓志、鳴海一成、藤原伸介、今中忠行、東端啓貴, 第12回極限環境生物学会年会,   2011年11月
  • 超好熱性アーキアThermococcus kodakarensisにおけるDNA polymerase B遺伝子破壊株の特徴, 櫛田卓志、鳴海一成、藤原伸介、今中忠行、東端啓貴, 第12回極限環境生物学会年会,   2011年11月
  • DeinococcusとThermusに共通する新規DNA修復遺伝子の機能解析, 小野寺威文、中村顕、佐藤勝也、太田敏博、鳴海一成, 第12回極限環境生物学会年会,   2011年11月
  • 放射線抵抗性細菌と高度好熱菌のDNA修復におけるygjD及びyeaZオルソログの機能解析, 小野寺威文、中村顕、佐藤勝也、太田敏博、鳴海一成, 日本環境変異原学会第40回大会,   2011年11月
  • イオンビーム育種による農耕地の汚染浄化に適した植物の開発, 長谷純宏、野澤樹、中村進一、藤巻秀、鳴海一成, 第6回高崎量子応用研究シンポジウム,   2011年10月
  • ガンマ線滅菌担体におけるバイオ肥料原体微生物の生存性, 手島光平、佐藤勝也、武田喜代子、鳴海一成、横山正, 第6回高崎量子応用研究シンポジウム,   2011年10月
  • イオンビーム照射とFACSを繰り返すことによるセルラーゼ酵素高発現酵母の選抜育種, 仁宮一章、曽田裕司、清水宣明、佐藤勝也、鳴海一成, 第6回高崎量子応用研究シンポジウム,   2011年10月
  • イオンビーム照射による内生細菌変異株の諸性質, 相野公孝、松浦克成、佐藤勝也、鳴海一成, 第6回高崎量子応用研究シンポジウム,   2011年10月
  • 量子ビーム照射によって作出された昆虫病原糸状菌殺菌剤耐性変異体の耐性レベル, 西東力、篠原忍、佐藤勝也、鳴海一成, 第6回高崎量子応用研究シンポジウム,   2011年10月
  • イオンビーム照射で得られたダイズ根粒菌変異株の高温耐性に関与する表現形質の探索, 武田喜代子、手島光平、佐藤勝也、鳴海一成、横山正, 第6回高崎量子応用研究シンポジウム,   2011年10月
  • 重粒子線照射によるDNA鎖切断の評価法に関する研究, 松尾陽一郎、泉佳伸、長谷純宏、野澤樹、坂本綾子、鳴海一成、清水喜久雄, 第6回高崎量子応用研究シンポジウム,   2011年10月
  • 放射線抵抗性細菌の遺伝子破壊株における異なるLET放射線に対する致死効果, 佐藤勝也、手島光平、小野寺威文、鳴海一成, 第6回高崎量子応用研究シンポジウム,   2011年10月
  • イオンビーム照射を行った弘前在来"トウガラシの照射次代における変異の発現", 佐藤悠輔、前田智雄、本多和茂、嵯峨紘一、石川隆二、秋田祐介、野澤樹、長谷純宏、鳴海一成, 第6回高崎量子応用研究シンポジウム,   2011年10月
  • ダイズにおけるイオンビーム照射による葉緑素欠乏変異の生成と自殖後代における新たな変異の顕在化, 河西めぐみ、阿部純、金澤章、野澤樹、長谷純宏、鳴海一成, 第6回高崎量子応用研究シンポジウム,   2011年10月
  • イオンビーム再照射による秋輪ギク「新神」の低温開花性の改良, 田之頭優樹、長谷健、永吉実孝、野澤樹、長谷純宏、鳴海一成, 第6回高崎量子応用研究シンポジウム,   2011年10月
  • イオンビーム照射したキク苗からの低温開花性有望系統ならびに色変わり花個体の選抜, 浅見逸夫、辻孝子、福田至朗、黒柳悟、長谷川徹、長谷純宏、野澤樹、鳴海一成, 第6回高崎量子応用研究シンポジウム,   2011年10月
  • 群馬県産コギクのブランド化を目指したイオンビーム照射による新品種の開発, 岡田智行、飯塚正英、長谷純宏、野澤樹、鳴海一成, 第6回高崎量子応用研究シンポジウム,   2011年10月
  • アジア原子力協力フォーラム(FNCA)放射線育種プロジェクトにおけるイネ種子へのイオンビーム照射による新品種の開発, 田中淳、野澤樹、長谷純宏、鳴海一成、石川秀高、小池亜紀, 第6回高崎量子応用研究シンポジウム,   2011年10月
  • カーネーションのイオンビーム育種による輝き系統の作出, 岡村正愛、大西昇、長谷純宏、鳴海一成、佐々木伸大, 第6回高崎量子応用研究シンポジウム,   2011年10月
  • シロイヌナズナGL1遺伝子座に生じる大規模欠失変異頻度のLET依存性, 長谷純宏、吉原亮平、野澤樹、鳴海一成, 第6回高崎量子応用研究シンポジウム,   2011年10月
  • 2,4-D応答に関わる遺伝子Small Acidic Protein 1(SMAP1)のCOP9シグナロゾームとのシロイヌナズナにおける遺伝学的相互作用, 大野豊、中曽根光、Biswas Kamal Kanti、鳴海一成, 第6回高崎量子応用研究シンポジウム,   2011年10月
  • 放射線抵抗性細菌のygjD及びyeaZオルソログとDNA修復機構との関連性, 小野寺威文、中村顕、佐藤勝也、太田敏博、鳴海一成, 日本農芸化学会関東支部2011年度大会,   2011年10月
  • アミノ酸前駆体の太陽系環境下での変成ー地上実験と宇宙実験による検証, 小林憲正、川本幸徳、Sarker Palash K.、桑原秀治、大林由美子、金子竹男、三田肇、薮田ひかる、吉田聡、鳴海一成、神田一浩、山岸明彦, 日本惑星科学会2011年度秋季講演会,   2011年10月
  • 放射線抵抗性細菌のDNA修復機構におけるygjD/yeaZ遺伝子ファミリーの役割, 小野寺威文、太田敏博、佐藤勝也、鳴海一成, 第6回高崎量子応用研究シンポジウム,   2011年10月
  • イオンビームによる新規清酒酵母の育種と試験醸造(第3報), 増渕隆、上山修、佐藤勝也、長谷純宏、手島光平、鳴海一成、小野寺威文, 第6回高崎量子応用研究シンポジウム,   2011年10月
  • バイオ肥料担体のガンマ線滅菌が原体微生物の生存に与える影響, 手島光平、横山正、佐藤勝也、武田喜代子、鳴海一成, 植物微生物研究会第21回研究交流会,   2011年09月
  • イオンビーム照射を行った‘弘前在来’トウガラシの照射次代における変異の発現, 佐藤悠輔、前田智雄、本多和茂、嵯峨紘一、石川隆二、秋田祐介、吉原亮平、野澤樹、鳴海一成, 日本園芸学会平成23年度秋期大会,   2011年09月
  • 生物の乾燥耐性と放射線耐性, 鳴海一成, 新世代研究所バイオ単分子・水和ナノ構造合同研究会,   2011年09月
  • 生体関連分子の惑星間環境での安定性の評価 ー地上模擬実験と宇宙実験計画ー, 小林憲正、川本幸徳、岡部拓人、Sarker Palash K.、大林由美子、金子竹男、三田肇、神田一浩、吉田聡、鳴海一成, 日本分析化学会第60回年会,   2011年09月
  • 機能未知ygjD/yeaZ遺伝子ファミリーの機能解析, 小野寺威文、中村顕、佐藤勝也、太田敏博、鳴海一成, 変異機構研究会第24回夏の学校,   2011年07月
  • 生命と放射線耐性, 鳴海一成, 関西医科大学諏訪シンポジウム「生命現象素過程の時空間軸上への展開と統合」,   2011年07月
  • Alteration of organic compounds of interstellar origin in the solar system - Simulation experiments on the ground and in space, Kensei Kobayashi, Yukinori Kawamoto, Palash K. Sarker, Keisuke Ono, Hideharu Kuwahara, Yumiko Obayashi, Takeo Kaneko, Hajime Mita, Hikaru Yabuta, Satoshi Yoshida, Issay Narumi, Kazuhiro Kanda, Shin-ichi Yokobori, Akihiko Yamagishi, 11th European Workshop on Astrobiology (EANA2011),   2011年07月
  • Capture and space exposure experiments of microorganisms on the ISS orbit proposed in “TANPOPO” mission, Shin-ichi Yokobori, Yinjie Yang, Yuko Kawaguchi, Tomohiro Sugino, Yuta Takahashi, Issay Narumi, Kazumichi Nakagawa, Makoto Tabata, Kensei Kobayashi, Katsumi Marumo, Sunao Hasegawa, Satoshi Yoshida, Eiichi Imai, Hirofumi Hashimoto, Kyoko Okudaira, Hideyuki Kawai, Hajime Yano, Masamichi Yamashita, Akihiko Yamagishi, 11th European Workshop on Astrobiology (EANA2011),   2011年07月
  • 極限環境耐性動物ヨコヅナクマムシにおけるアルビノ変異体の解析, 桑原宏和、豊田敦、阿部渉、鳴海一成、國枝武和, 第11回東京大学生命科学シンポジウム,   2011年06月
  • たんぽぽ計画における蛍光染色法によるエアロゲル内の微生物検出, 杉野朋弘、横堀伸一、Yang Yinjie、河口優子、長谷川直、橋本博文、今井栄一、奥平恭子、河合秀幸、田端誠、吉村義隆、鳴海一成、林宣宏、丸茂克美、矢野創、山下雅道、小林憲正、山岸明彦, 日本地球惑星科学連合2011年大会,   2011年05月
  • 「タンポポ」計画における国際宇宙ステーション上での微生物暴露実験」, 横堀伸一、Yinjie Yang、杉野朋弘、河口優子、高橋勇太、鳴海一成、橋本博文、林宣宏、今井栄一、河合秀幸、小林憲正、丸茂克美、三田肇、中川和道、奥平恭子、田端誠、高橋裕一、横谷(富田)香織、山下雅道、矢野創、吉村義隆、山岸明彦, 日本地球惑星科学連合2011年大会,   2011年05月
  • Improvement of Bradyrhizobium japonicum USDA 110 into a high temperature tolerant strain as a more applicable inoculant for biofertilizers in terms of ion-beam microbial mutation-breeding technology, Tadashi Yokoyama, Kiyoko Takeda, Katsuya Satoh, Issay Narumi, BIT's 4th Annual World Congress on Industrial Biotechnology,   2011年04月
  • 有機物・微生物の宇宙曝露と宇宙塵・微生物の捕集(たんぽぽ)-微生物捕集/曝露実験, 横堀伸一、Yinjie Yang、河口優子、杉野朋弘、高橋勇太、鳴海一成、高橋裕一、林宣宏、吉村義隆、田端誠、河合秀幸、矢野創、奥平恭子、今井栄一、長谷川直、橋本博文、三田肇、薮田ひかる、小林憲正、山下雅道、山岸明彦, 生命の起源および進化学会第36回学術講演会,   2011年03月
  • 量子ビーム照射による昆虫病原糸状菌の殺菌剤耐性変異体の作出, 篠原忍、佐藤勝也、鳴海一成、田上陽介、西東力, 第55回日本応用動物昆虫学会大会,   2011年03月
  • イオンビームを用いたPseudomonas fluorescens FPH9601の改良, 相野公孝、佐藤勝也、鳴海一成, 平成23年度日本植物病理学会大会,   2011年03月
  • 生物間で広く保存された機能未知遺伝子ygjD及びyeaZの放射線抵抗性細菌における遺伝子破壊解析, 鳴海一成、小野寺威文、佐藤勝也、太田敏博、中村顕, 日本農芸化学会2011年度大会,   2011年03月
  • シクラメン品種におけるアントシアニンメチル基転移酵素の解析, 秋田祐介、石坂宏、近藤恵美子、亀有直子、中山真義、谷川奈津、森田裕将、北村智、長谷純宏、鳴海一成、田中淳, 日本園芸学会平成23年度春季大会,   2011年03月
  • 2,4-D応答に関わる遺伝子Small Acidic Protein 1 (SMAP1)のCOP9シグナロゾームとのシロイヌナズナにおける遺伝学的相互作用, 大野豊、中曽根光、鳴海一成, 第52回日本植物生理学会年会,   2011年03月
  • 大腸菌機能未知必須遺伝子ygjD (gcp), yeaZ, yjeEのThermus属細菌を用いた遺伝学的解析, 北原一正、鳴海一成、星野貴行、中村顕, 日本農芸化学会2011年度大会,   2011年03月
  • 月における生命探査の可能性の検討, 横堀伸一、春山純一、矢野創、鳴海一成、三田肇、高橋淳一, 第27回宇宙利用シンポジウム,   2011年01月
  • ヨコヅナクマムシにおけるアルビノ変異体の極限環境耐性, 桑原宏和、阿部渉、鳴海一成、國枝武和, 第33回日本分子生物学会年会第83回日本生化学会大会合同大会,   2010年12月
  • 国際宇宙ステーションにおけるたんぽぽ計画の微生物捕集・曝露実験, 河口優子、杉野朋弘、Yinjie Yang、高橋勇太、吉村義隆、辻尭、小林憲正、田端誠、橋本博文、鳴海一成、今井栄一、河合秀幸、長谷川直、奥平恭子、山下雅道、矢野創、横堀伸一、山岸明彦, 第11回極限環境生物学会,   2010年11月
  • 放射線抵抗性細菌の相同組換えにおけるRecFORタンパク質の重要性, 佐藤勝也、菊地正博、大庭寛史、山田貢、手島光平、小野寺威文、鳴海一成, 第11回極限環境生物学会,   2010年11月
  • 放射線抵抗性細菌における多種生物間に共通した機能未知遺伝子の解析, 小野寺威文、北原一正、中村顕、佐藤勝也、太田敏博、鳴海一成, 第11回極限環境生物学会,   2010年11月
  • 量子ビームで誘発される突然変異の特徴と育種への応用, 鳴海一成, 大阪大学産業科学研究所平成22年度第2回量子ビーム科学研究施設研究会,   2010年11月, 招待有り
  • Radiation sterilization of biofertilizer carrier, Issay Narumi, FNCA Biofertilizer Workshop 2010,   2010年11月
  • γ線照射とイオンビーム照射における麹菌の変異解析, 高橋明珠、豊島快幸、田中寿基、渡部潤、山崎達雄、岩下和裕、三上重明、佐藤勝也、野澤樹、鳴海一成, 第71回日本醤油技術センター研究発表会,   2010年10月
  • シロイヌナズナにおいて異なるLETの炭素イオンによって誘発される突然変異の特徴, 長谷純宏、吉原亮平、野澤樹、玉置雅紀、鳴海一成, 第53回日本放射線影響学会,   2010年10月
  • 変異誘発効果から見る紫外線および電離放射線の高等植物に対する影響  シロイヌナズナを用いた突然変異スペクトル解析, 吉原亮平、滝本晃一、長谷純宏、野澤樹、坂本綾子、鳴海一成, 第53回日本放射線影響学会,   2010年10月
  • 担体のガンマ線滅菌がバイオ肥料の保存性に与える影響, 手島光平、佐藤勝也、鳴海一成、横山正, 第5回高崎量子応用研究シンポジウム,   2010年10月
  • イオンビームによる新規清酒酵母の育種と試験醸造(第2報), 増渕隆、上山修、佐藤勝也、長谷純宏、鳴海一成, 第5回高崎量子応用研究シンポジウム,   2010年10月
  • 麹菌真空乾燥分生子におけるイオンビーム及びガンマ線誘発変異の解析, 伊藤考太郎、半谷吉識、佐藤勝也、鳴海一成, 第5回高崎量子応用研究シンポジウム,   2010年10月
  • 放射線抵抗性細菌における異なるLET放射線に対する致死効果, 佐藤勝也、手島光平、鳴海一成, 第5回高崎量子応用研究シンポジウム,   2010年10月
  • イオンビームを用いたPseudomonas fluorescens FPH9601の改良, 相野公孝、佐藤勝也、鳴海一成, 第5回高崎量子応用研究シンポジウム,   2010年10月
  • 量子ビームによる殺菌剤耐性昆虫病原糸状菌の育種, 西東力、佐藤勝也、鳴海一成, 第5回高崎量子応用研究シンポジウム,   2010年10月
  • 新規バイオ肥料素材創生のためのイオンビーム突然変異育種による高温耐性ダイズ根粒菌USDA110株の作出, 横山正、武田喜代子、手島光平、佐藤勝也、鳴海一成, 第5回高崎量子応用研究シンポジウム,   2010年10月
  • 弘前在来トウガラシ種子へのイオンビーム照射が実生の発芽及び生育に及ぼす影響, 前田智雄、冨川優、本多和茂、嵯峨紘一、石川隆二、秋田祐介、吉原亮平、野澤樹、鳴海一成, 第5回高崎量子応用研究シンポジウム,   2010年10月
  • 耐塩性シロイヌナズナおよびモデル塩性植物Thellungiellaのイオンビーム照射種子を用いた塩高感受性変異株の単離, 堀口茜、有賀裕剛、五十嵐純子、香取拓、坂田洋一、林隆久、太治輝昭、吉原亮平、野澤樹、長谷純宏、鳴海一成, 第5回高崎量子応用研究シンポジウム,   2010年10月
  • イオンビーム照射によるイチゴ品種「とちおとめ」の萎黄病耐病性個体の作出  再分化率と菌接種による選抜状況, 世取山守、高野純一、生井潔、吉原亮平、野澤樹、長谷純宏、鳴海一成, 第5回高崎量子応用研究シンポジウム,   2010年10月
  • イオンビーム照射によるダイズ突然変異体集団の効率的作出に向けた可視的変異の解析, 河西めぐみ、荒瀬幸子、阿部純、金澤章、野澤樹、長谷純宏、鳴海一成, 第5回高崎量子応用研究シンポジウム,   2010年10月
  • サトウキビ「Ni17」のイオンビーム照射による特性改良, 竹之下佳久、長谷健、大江正和、長井純一、西裕之、野澤樹、長谷純宏、鳴海一成, 第5回高崎量子応用研究シンポジウム,   2010年10月
  • イオンビーム照射したキク苗からの無側枝性ならびに低温開花性有望個体の選抜, 浅見逸夫、辻孝子、長谷川徹、福田至朗、黒柳悟、長谷純宏、吉原亮平、鳴海一成, 第5回高崎量子応用研究シンポジウム,   2010年10月
  • カンキツにおけるイオンビーム感受性の品種間差異, 松尾洋一、野澤樹、長谷純宏、吉原亮平、鳴海一成, 第5回高崎量子応用研究シンポジウム,   2010年10月
  • デルフィニウム品種'ももか'におけるイオンビーム変異の安定性, 北村里美、茅根俊平、徳弘晃二、中坪弘一、野澤樹、長谷純宏、鳴海一成, 第5回高崎量子応用研究シンポジウム,   2010年10月
  • 群馬県産コムギのブランド化を目指したイオンビーム照射による新品種の開発, 岡田智行、飯塚正英、池田洋、野澤樹、吉原亮平、長谷純宏、鳴海一成, 第5回高崎量子応用研究シンポジウム,   2010年10月
  • アジア原子力協力フォーラム(FNCA)放射線育種プロジェクトにおけるイネ種子へのイオンビーム照射による新品種の開発, 田中淳、野澤樹、長谷純宏、鳴海一成、石川秀高、小池亜紀, 第5回高崎量子応用研究シンポジウム,   2010年10月
  • イオンビームを用いて単離したシロイヌナズナのフラボノイド蓄積遺伝子の機能解析, 北村智、鳴海一成、峠隆之、山崎真巳、斉藤和季、松田史生、榊原佳子, 第5回高崎量子応用研究シンポジウム,   2010年10月
  • 植物において異なるLETの炭素イオンで誘発される突然変異の特徴, 長谷純宏、吉原亮平、野澤樹、鳴海一成, 第5回高崎量子応用研究シンポジウム,   2010年10月
  • 突然変異の方向性制御の可能性 ショ糖処理による花色変異の選択的誘発, 長谷純宏、鳴海一成、田中淳、岡村正愛、竹下大学, 第5回高崎量子応用研究シンポジウム,   2010年10月
  • イオンビーム照射とFACSを用いたセルラーゼ酵素高発現酵母の選抜育種, 仁宮一章、曽田裕司、清水宣明、佐藤勝也、鳴海一成, 第5回高崎量子応用研究シンポジウム,   2010年10月
  • γ線照射したタバコ細胞の子孫細胞における微小核の増加は放射線誘発ゲノム不安定性の証拠である, 横田裕一郎、舟山知夫、長谷純宏、浜田信行、小林泰彦、田中淳、鳴海一成, 平成22年度京都大学原子炉実験所専門研究会,   2010年09月
  • 生物間で共通する機能未知必須遺伝子gcpの遺伝学的解析, 中村顕、北原一正、小野寺威文、星野貴行、鳴海一成, 平成22年度グラム陽性菌ゲノム機構会議,   2010年09月
  • ヨコヅナクマムシにおけるアルビノ変異体の極限環境耐性, 桑原宏和、阿部渉、鳴海一成、國枝武和, 日本動物学会第81回大会,   2010年09月
  • 花色突然変異体の効率的な誘導方法の開発, 岡村正愛、長谷純宏、梅基直行、鳴海一成、中山真義、谷川奈津、田中淳, 第28回日本植物細胞分子生物学会大会,   2010年09月
  • The advantage of γ-irradiation of biofertilizer's carrier in bacterial inoculants survival, Kouhei Tejima, Tadashi Yokoyama, Katsuya Satoh, Issay Narumi, 1st Asian Conference on Plant-Microbe Symbiosis and Nitrogen Fixation,   2010年09月
  • 軟X線顕微鏡による生きた生物のイメージングに向けた試み, 竹本邦子、大東琢治、鳴海一成、佐藤勝也、難波秀利、木原裕, 第19回日本バイオイメージング学会,   2010年09月
  • Phenotypic improvement of Bradyrhizobium japonicum UDSA110 into a high temperature tolerant strain in terms of ion-beam microbial-breeding technology, Kiyoko Takeda, Kouhei Tejima, Katsuya Satoh, Issay Narumi, Tadashi Yokoyama, 1st Asian Conference on Plant-Microbe Symbiosis and Nitrogen Fixation,   2010年09月
  • 生物間で共通する機能未知必須遺伝子gcpの遺伝学的解析, 北原一正、星野貴行、小野寺威文、鳴海一成、中村顕, 高度好熱菌丸ごと一匹プロジェクト第9回連携研究会,   2010年08月
  • Feasibility study of X-ray imaging with near carbon K-shell edges on Deinococcus radiodurans, Kuniko Takemoto, Issay Narumi, Katsuya Satoh, Takuji Ohigashi, Hiroshi Kihara, 10th International Conference on X-ray Microscopy,   2010年08月
  • Evidence for radiation-induced genomic instability in plant cells, Yuichiro Yokota, Tomoo Funayama, Yoshihiro Hase, Nobuyuki Hamada, Yasuhiko Kobayashi, Atsushi Tanaka, Issay Narumi, 9th International Microbeam Workshop,   2010年07月
  • イオンビームによる突然変異育種とその変異誘発機構研究, 鳴海一成, 第47回アイソトープ・放射線研究発表会パネル討論「放射線誘起による突然変異育種の現状と展望」,   2010年07月, 招待有り
  • Metabolic profiling and cytological analysis of proanthocyanidins in immature seeds of flavonoid accumulation mutants of Arabidopsis thaliana, Satoshi Kitamura, Fumio Matsuda, Takayuki Tohge, Keiko Yonekura-Sakakibara, Mami Yamazaki, Kazuki Saito, Issay Narumi, 21st International Conference on Arabidopsis Research (ICAR2010),   2010年06月
  • Genetic Interaction between AXR1 and SMAP1 that Mediates 2,4-D response in Arabidopsis, Yutaka Oono, Akari Nakasone, Hirofumi Uchimiya, Issay Narumi, 21st International Conference on Arabidopsis Research (ICAR2010),   2010年06月
  • 高蔗糖濃度処理したペチュニア幼苗へのイオンビーム照射による効率的な花色変異体の獲得, 長谷純宏、岡村正愛、竹下大学、鳴海一成、田中淳, 第7回イオンビーム育種研究会,   2010年05月
  • イオンビームを用いた内生細菌の改良, 相野公孝、佐藤勝也、鳴海一成, 第7回イオンビーム育種研究会,   2010年05月
  • たんぽぽ計画における蛍光染色法によるエアロゲル内の微生物検出, 杉野朋弘、横堀伸一、Yang Yinjie、河口優子、橋本博文、奥平恭子、田端誠、河合秀幸、吉村義隆、鳴海一成、林宣宏、矢野創、山下雅道、小林憲正、山岸明彦, 日本地球惑星科学連合2010年大会,   2010年05月
  • 「たんぽぽ」計画で提案している国際宇宙ステーション上での微生物曝露実験について, 横堀伸一、Yang Yinjie、杉野朋弘、河口優子、伏見英彦、鳴海一成、橋本博文、林宣宏、 河合秀幸、小林憲正、 丸茂克美、三田肇、中川和道、奥平恭子、田端誠、 高橋裕一、山下雅道、矢野創、吉村義隆, 日本地球惑星科学連合2010年大会,   2010年05月
  • 太陽系惑星間での微生物・有機物の生存圏, 小林憲正、三田肇、中嶋悟、薮田ひかる、横堀伸一、鳴海一成、長沼毅, 日本地球惑星科学連合2010年大会,   2010年05月
  • 炭素イオンビーム照射による高温耐性ダイズ根粒菌の作出, 武田喜代子、手島光平、佐藤勝也、鳴海一成、横山正, 土壌微生物学会2010年度大会,   2010年05月
  • Non-essentiality of an evolutionary conserved, highly essential gene, gcp, in Thermus and Deinococcus, Akira Nakamura, Akiyoshi Onose, Kazumasa Kitahara, Haruhiko Masaki, Issay Narumi, Takayuki Hoshino, 100th General Meeting of the American Society for Microbiology,   2010年05月
  • Quest for microorganisms existing at high atmosphere and space, Shin-ichi Yokobori, Yingie Yang, Tomohiro Sugino, Yuko Kawaguchi, Shiho Itahashi, Kenya Fujisaki, Hidehiko Fushimi, Sunao Hasegawa, Hirofumi Hashimoto, Nobuhiro Hayashi, Eiichi Imai, Takashi Itoh, Hideyuki Kawai, Kensei Kobayashi, Katsumi Marumo, Hajime Mita, Kazumichi Nakagawa, Issay Narumi, Kyoko Okudaira, H. Shimada, Makoto Tabata, Yuta Takahashi, Hikaru Yabuta, Masamichi Yamashita, Hajime Yano, Satoshi Yoshida, Yoshitaka Yoshimura, Akihiko Yamagishi, Astrobiology Science Conference (AbSciCon) 2010,   2010年04月
  • γ線及びイオンビームを用いた麹菌ゲノムへの突然変異誘発効果の比較, 高橋明珠、豊島快幸、田中寿基、渡部潤、山崎達雄、岩下和裕、三上重明、佐藤勝也、野澤樹、鳴海一成, 日本農芸化学会2010年度大会,   2010年03月
  • 微生物の放射線耐性の共通原理と多様性を探る, 鳴海一成, 日本原子力研究開発機構生命科学研究シンポジウム2010,   2010年03月
  • シロイヌナズナのM1個体における放射線誘発DNA損傷の推定 -Arabidopsis/rpsLを用いた遺伝子内変異の解析-, 吉原亮平、長谷純宏、坂本綾子、野澤樹、滝本晃一、鳴海一成, 第51回日本植物生理学会年会,   2010年03月
  • シロイヌナズナ種皮をモデルとしたフラボノイド輸送関連因子の遺伝学的解析, 北村智、Katarat Chusreeaeom、鳴海一成, 第51回日本植物生理学会年会,   2010年03月
  • Small Acidic Protein 1 (SMAP1)とCOP9 シグナロソームの結合には、SMAP1のC末端のF/Dに富む保存領域が必要十分である, 中曽根光、鳴海一成、内宮博文、大野豊, 第51回日本植物生理学会年会,   2010年03月
  • 2,4-D応答に関わる遺伝子Small Acidic Protein 1 (SMAP1)とAXR1のシロイヌナズナにおける遺伝学的相互作用, 大野豊、中曽根光、内宮博文、鳴海一成, 第51回日本植物生理学会年会,   2010年03月
  • ‘弘前在来’トウガラシ種子への重イオンビーム照射が実生の発芽及び生育に及ぼす影響, 冨川優、前田智雄、本多和茂、嵯峨紘一、石川隆二、秋田祐介、吉原亮平、野澤樹、鳴海一成, 園芸学会平成22年度春季大会,   2010年03月
  • シクラメンにおける花色合成遺伝子群の解析, 秋田祐介、石坂宏、中山真義、北村智、長谷純宏、鳴海一成、田中淳, 第13回放射線プロセスシンポジウム,   2009年11月
  • 高等植物における放射線誘発変異の特徴, 吉原亮平、長谷純宏、野澤樹、滝本晃一、鳴海一成, 日本放射線影響学会第52回大会,   2009年11月
  • Efficient DNA repair in Deinococcus radiodurans, Issay Narumi, 10th Anniversary Edition of Tunisia-Japan Symposium on Science, Society & Technology (TJASSST10),   2009年11月
  • Capture and space exposure experiments of microorganisms on the ISS orbit proposed in “TANPOPO” mission, Shin-ichi Yokobori, Yingie Yang, Kenya Fujisaki, Yuko Kawaguchi, Tomohiro Sugino, Hirofumi Hashimoto, Kyoko Okudaira, Makoto Tabata, Hideyuki Kawai, Yoshitaka Yoshimura, Takashi Tsuji, Issay Narumi, Nobuhiro Hayashi, Hajime Yano, Masamichi Yamashita, Kensei Kobayashi, Akihiko Yamagishi, 9th European Workshop on Astrobiology (EANA'09),   2009年10月
  • イオンビームによる新規清酒酵母の育種と試験醸造, 増渕隆、上山修、佐藤勝也、長谷純宏、鳴海一成, 第4回高崎量子応用研究シンポジウム,   2009年10月
  • 重イオンビーム照射によるしょうゆ酵母Zygosaccharomyces rouxiiの育種, 伊藤考太郎、半谷吉識、佐藤勝也、長谷純宏、鳴海一成, 第4回高崎量子応用研究シンポジウム,   2009年10月
  • 放射線抵抗性細菌のプラスミドを用いた新規遺伝子操作系の開発, 佐藤勝也、大庭寛史、屠振力、鳴海一成, 第4回高崎量子応用研究シンポジウム,   2009年10月
  • イオンビーム照射によるハイドランジアの変異, 大嶋悦子、谷田部元照、野澤樹、長谷純宏、吉原亮平、鳴海一成, 第4回高崎量子応用研究シンポジウム,   2009年10月
  • イオンビーム利用による園芸植物の花形および花色変異体作出, 宇山嘉秀、古川廣明、西島朋子、天野良紀、樫本晃一、長谷純宏、吉原亮平、野澤樹、鳴海一成, 第4回高崎量子応用研究シンポジウム,   2009年10月
  • イオンビーム育種による夏秋輪ギクの開花特性の改良, 白尾吏、長谷健、野澤樹、長谷純宏、田中淳、鳴海一成, 第4回高崎量子応用研究シンポジウム,   2009年10月
  • イオンビーム照射したキク苗からの無側枝性有望個体のインビトロ選抜法, 浅見逸夫、福田至朗、黒柳悟、山田眞人、長谷純宏、鳴海一成, 第4回高崎量子応用研究シンポジウム,   2009年10月
  • 重イオン照射による出芽酵母の突然変異誘発の特徴, 清水喜久雄、松尾陽一郎、泉佳伸、西嶋茂宏、長谷純宏、坂本綾子、鳴海一成, 第4回高崎量子応用研究シンポジウム,   2009年10月
  • イオンビームを利用したオリエンタル系ハイブリットユリの花色変異系統・雄性不稔変異系統の育成, 茅根俊平、北村里美、石澤明登、中坪弘一、長谷純宏、吉原亮平、鳴海一成, 第4回高崎量子応用研究シンポジウム,   2009年10月
  • イオンビームによる段階的変異形質付与を利用したオステオスペルマム実用品種の開発, 岡田智行、飯塚正英、吉原亮平、長谷純宏、鳴海一成, 第4回高崎量子応用研究シンポジウム,   2009年10月
  • ヘリウムイオン照射により誘発されたイチゴ突然変異体からの耐塩性系統の選抜, 千葉直樹、板橋建、荒川梢、中村茂雄、高橋信行、岩崎泰永、野澤樹、吉原亮平、長谷純宏、鳴海一成, 第4回高崎量子応用研究シンポジウム,   2009年10月
  • イオンビーム照射によるラベンター精油変異体作出の試み III. 12C6+ビームを照射した培養細胞及び腋芽からの植物体再分化の試み, 津呂正人、稲澤まりえ、野澤樹、吉原亮平、長谷純宏、鳴海一成, 第4回高崎量子応用研究シンポジウム,   2009年10月
  • JAEA-TIARAを利用した、新しい花色パターンをもつペチュニアの獲得, 岡村正愛、竹下大学、長谷純宏、野澤樹、鳴海一成、田中淳, 第4回高崎量子応用研究シンポジウム,   2009年10月
  • 葉緑素欠乏突然変異を指標にしたイオンビーム照射によるダイズ突然変異体集団の特徴付け, 金澤章、荒瀬幸子、阿部純、長谷純宏、鳴海一成, 第4回高崎量子応用研究シンポジウム,   2009年10月
  • 植物における放射線誘発変異の特徴, 吉原亮平、長谷純宏、野澤樹、鳴海一成, 第4回高崎量子応用研究シンポジウム,   2009年10月
  • 高蔗糖濃度処理したペチュニア幼苗へのイオンビーム照射による効率的な花色変異体の獲得, 長谷純宏、鳴海一成、田中淳、岡村正愛、竹下大学, 第4回高崎量子応用研究シンポジウム,   2009年10月
  • SMAP2タンパク質はシロイヌナズナ根において合成オーキシン2,4-Dに対する感受性に関与する, 中曽根光、内宮博文、鳴海一成、大野豊、川合真紀、清松知宏, 第4回高崎量子応用研究シンポジウム,   2009年10月
  • イオンビーム照射が誘発する麹菌ゲノム変異の解析と麹菌育種への応用, 豊島快幸、田中寿基、渡部潤、山崎達雄、岩下和裕、三上重明、佐藤勝也、野澤樹、鳴海一成, 第4回高崎量子応用研究シンポジウム,   2009年10月
  • イオンビーム照射が誘発する麹菌ゲノム変異の解析と麹菌育種への応用, 豊島快幸、田中寿基、渡部潤、山崎達雄、岩下和裕、三上 重明、佐藤勝也、野澤樹、鳴海一成, 日本醤油技術センター第69回研究発表会,   2009年10月
  • Capture of microorganisms in space proposed in ISS “TAMPOPO” mission: Fluorescent microscopic detection of microorganisms captured by aerogel, Tomohiro Sugino, Shin-ichi Yokobori, Yinjie Yang, Kenya Fujisaki, Yuko Kawaguchi, Hirofumi Hashimoto, Kyoko Okudaira, Makoto Tabata, Hideyuki Kawai, Yoshitaka Yoshimura, Takashi Tsuji, Issay Narumi, Nobuhiro Hayashi, Hajime Yano, Masamichi Yamashita, Kensei Kobayashi, Akihiko Yamagishi, 日本宇宙生物科学会第23回大会,   2009年10月
  • 放射線抵抗性細菌における新規遺伝子操作系の開発, 佐藤勝也、屠振力、大庭寛史、鳴海一成, 第10回極限環境微生物学会,   2009年10月
  • 放射線抵抗性細菌由来DNA修復促進蛋白質PprAの構造機構解析, 山田貢、安達基泰、佐藤勝也、玉田太郎、由良敬、黒木良太、鳴海一成, 第82回日本生化学会大会,   2009年10月
  • Comparative analysis of flavonoid biosynthesis genes between Cyclamen graecum and its white-flowered mutant, Yusuke Akita, Hiroshi Ishizaka, Masayoshi Nakayama, Akihiko Shimada, Satoshi Kitamura, Yoshihiro Hase, Atsushi Tanaka, Issay Narumi, 5th Internatinal Workshop on Anthocyanins,   2009年09月
  • シロイヌナズナの損傷乗り越え複製欠損は突然変異誘発に影響する, 中川繭、坂本綾子、高橋真哉、田中淳、鳴海一成, 日本遺伝学会第81回大会,   2009年09月
  • 炭素イオンビーム照射による出芽酵母の突然変異誘発機構, 松尾陽一郎、泉佳伸、長谷純宏、坂本綾子、鳴海一成、清水喜久雄, 第52回放射線化学討論会,   2009年09月
  • 放射線抵抗性細菌の生存戦略, 鳴海一成, 農業生物資源研究所放射線育種場第48回ガンマーフィールドシンポジウム「環境耐性機構の解明と分子育種」,   2009年07月, 招待有り
  • 重イオンビーム照射によるユズのトゲ消失変異個体の誘発, 松尾洋一、長谷純宏、野澤樹、吉原亮平、横田裕一郎、鳴海一成、大藪榮興, 第6回イオンビーム育種研究会,   2009年05月
  • イオンビームによる新規清酒酵母の育種, 増渕隆、上山修、佐藤勝也、長谷純宏、鳴海一成, 第6回イオンビーム育種研究会,   2009年05月
  • 重イオンビームによるDNA損傷生成と植物細胞のDNA修復作用, 横田裕一郎、長谷純宏、鹿園直哉、舟山知夫、小林泰彦、鳴海一成、井上雅好、田中淳, 第6回イオンビーム育種研究会,   2009年05月
  • 「たんぽぽ:有機物・微生物の宇宙曝露と宇宙塵・微生物の捕集」における微生物宇宙曝露実験, 横堀伸一、Yang Yinjie、藤崎健太、河口優子、橋本博文、山下雅道、矢野創、奥平恭子、吉村義隆、鳴海一成、丸茂克美、小林憲正、 山岸明彦, 日本地球惑星科学連合2009年大会,   2009年05月
  • ガンマ線照射による昆虫病原菌変異体の殺菌剤耐性と病原力, 篠原忍、鳴海一成、天野加恵、田上陽介、西東力, 第53回日本応用動物昆虫学会大会,   2009年03月
  • シクラメン野生種(Cyclamen graecum)と白色変異体の色素に関する比較解析, 秋田祐介、石坂宏、島田明彦、中山真義、北村智、長谷純宏、田中淳、鳴海一成, 日本育種学会2009年春季大会,   2009年03月
  • 異なる照射線量における麹菌(Aspergillus oryzae)イオンビーム照射変異株の変異スペクトル解析, 田中寿基、豊島快幸、渡部潤、山崎達雄、野澤樹、佐藤勝也、鳴海一成, 日本農芸化学会2009年度大会,   2009年03月
  • イオンビーム照射による?菌(Aspergillus oryzae)染色体の再編成誘発, 豊島快幸、田中寿基、渡部潤、山崎達雄、岩下和裕、三上重明、佐藤勝也、鳴海一成, 日本農芸化学会2009年度大会,   2009年03月
  • アントシアニジン生合成異常アラビドプシス変異体tt19の代謝プロファイル分析, 松田史生、北村智、鳴海一成、斉藤和季, 日本農芸化学会2009年度大会,   2009年03月
  • 有機物・微生物の宇宙曝露と宇宙塵・微生物の捕集実験(たんぽぽ):微生物の宇宙での生存可能性の検討, 横堀伸一、Yang Yinjie、藤崎健太、河口優子、小林憲正、橋本博文、河合秀幸、三田肇、鳴海一成、奥平恭子、田端誠、山下雅道、矢野創、吉村義隆、山岸明彦, 第34回生命の起源および進化学会学術講演会,   2009年03月
  • シロイヌナズナのチェックポイント機構に関するAtRAD26蛋白質の解析, 坂本綾子、中川繭、鳴海一成, 第50回日本植物生理学会年会,   2009年03月
  • シロイヌナズナ未熟種子におけるフラボノイド変異体の代謝産物解析, 北村智、峠隆之、松田史生、榊原圭子、斉藤和季、鳴海一成, 第50回日本植物生理学会年会,   2009年03月
  • 2,4-D応答に関わるタンパク質、Small Acidic Protein 1 (SMAP1)はCOP9 シグナロソーム(CSN)と結合する, 中曽根光、川合真紀、鳴海一成、内宮博文、大野豊, 第50回日本植物生理学会年会,   2009年03月
  • プロテオーム解析による新規DNA修復関連タンパク質の同定, 大庭寛史、佐藤勝也、鳴海一成, 第31回日本分子生物学会年会第81回日本生化学会大会合同大会,   2008年12月
  • シロイヌナズナ乾燥種子および幼植物体における放射線誘発変異の解析, 吉原亮平、長谷純宏、滝本晃一、鳴海一成, 日本放射線影響学会第51回大会,   2008年11月
  • イオンビーム照射が麹菌(Aspergillus oryzae)ゲノム構造に与える影響の解析, 豊島快幸、田中寿基、渡部潤、山崎達雄、岩下和裕、三上重明、佐藤勝也、野澤樹、長谷純宏、鳴海一成, 第8回糸状菌分子生物学コンファレンス,   2008年11月
  • Double-strand break repair in Deinococcus radiodurans, Issay Narumi, 中国Zhejiang University動物科学院セミナー,   2008年11月, 招待有り
  • A gene encoding a DCN1 (defective in cullin neddylation-1)-like protein regulates responses to the synthetic auxin 2,4-dichlorophenoxyacetic acid in Arabidopsis roots, Yutaka Oono, Kamal Kanti Biswas, Akari Nakasone, Yuji Miyazaki, Tomohiro Kiyosue, Issay Narumi, 5th International Symposium on the COP9 Signalosome, Proteasome and elF3 (ZOMES V),   2008年11月
  • 生きた細胞の軟X線顕微鏡による観察の試み, 竹本邦子、木原裕、鳴海一成、佐藤勝也、難波秀利, 第17回日本バイオイメージング学会学術集会,   2008年10月
  • 重イオンビーム照射による麹菌の育種, 伊藤考太郎、武市順也、半谷吉識、佐藤勝也、長谷純宏、鳴海一成, 第3回高崎量子応用研究シンポジウム,   2008年10月
  • 重イオンビーム照射によるRhizomucor mieheiの微弱酵素活性の除去, 大島章夫、清水仁聡、加藤重昭、佐藤勝也、鳴海一成, 第3回高崎量子応用研究シンポジウム,   2008年10月
  • イオンビームによる麹菌の変異誘発とそのゲノム構造への影響の解析, 田中寿基、豊島快幸、渡部潤、山崎達雄、岩下和裕、三上重明、佐藤勝也、野澤樹、長谷純宏、鳴海一成, 第3回高崎量子応用研究シンポジウム,   2008年10月
  • イオンビーム照射による芳香シクラメンの変異体作出, 近藤恵美子、石坂宏、長谷純宏、鳴海一成, 第3回高崎量子応用研究シンポジウム,   2008年10月
  • イオンビームを利用したイチジクの有用遺伝子資源創成, 浅見逸夫、福田至朗、黒柳悟、大竹良知、長谷純宏、吉原亮平、鳴海一成, 第3回高崎量子応用研究シンポジウム,   2008年10月
  • 重イオンビーム照射によるユズのトゲ消失変異個体の誘発, 松尾洋一、長谷純宏、吉原亮平、鳴海一成, 第3回高崎量子応用研究シンポジウム,   2008年10月
  • ダイズにおける突然変異集団の作出に向けたイオンビーム照射の最適化, 金澤章、阿部純、荒瀬幸子、長谷純宏、鳴海一成, 第3回高崎量子応用研究シンポジウム,   2008年10月
  • オリエンタル系ハイブリッドユリへのイオンビーム照射の影響, 茅根俊平、石澤明登、徳弘晃二、中坪弘一、長谷純宏、吉原亮平、鳴海一成, 第3回高崎量子応用研究シンポジウム,   2008年10月
  • イオンビームを照射したナス・ナス台木小胞子に由来する突然変異体について, 内村要介、佐伯由美、高田依子、平島敬太、中原隆夫、長谷純宏、吉原亮平、鳴海一成, 第3回高崎量子応用研究シンポジウム,   2008年10月
  • 複合耐病性を持つ形質転換キクへのイオンビーム照射による花色シリーズの育成, 岡村正愛、梅基直行、長谷純宏、吉原亮平、鳴海一成, 第3回高崎量子応用研究シンポジウム,   2008年10月
  • Mutation induction of orchid plants by ion beams, 大野豊、長谷純宏、鳴海一成、田中淳、Affrida Abu Hassan、Sakinah Ariffin、Zaiton Ahmad、Mohd Nazir Basiran, 第3回高崎量子応用研究シンポジウム,   2008年10月
  • 重粒子線照射による酸化的DNA損傷と突然変異誘発メカニズム, 松尾陽一郎、西嶋茂宏、長谷純宏、坂本綾子、鳴海一成、清水喜久雄, 第3回高崎量子応用研究シンポジウム,   2008年10月
  • 高等植物におけるイオンビームおよびガンマ線誘発変異の特徴, 吉原亮平、長谷純宏、鳴海一成, 第3回高崎量子応用研究シンポジウム,   2008年10月
  • シロイヌナズナの損傷乗り越え欠損の突然変異頻度に及ぼす影響, 中川繭、高橋真哉、坂本綾子、田中淳、鳴海一成, 第3回高崎量子応用研究シンポジウム,   2008年10月
  • 放射線抵抗性細菌デイノコッカス・ラジオデュランスの放射線応答機構に関与する新規タンパク質の発見, 大庭寛史、佐藤勝也、菊地正博、鳴海一成、エスガーヤル・ハイサム、柳沢忠, 第3回高崎量子応用研究シンポジウム,   2008年10月
  • イオンビーム育種の新展開, 鳴海一成, 第3回高崎量子応用研究シンポジウム,   2008年10月
  • シロイヌナズナの突然変異誘発遺伝子の解析, 中川繭、坂本綾子、高橋真哉、田中淳、鳴海一成, 日本植物学会72回大会,   2008年09月
  • Role of RecF in radiation-induced DNA double-strand breaks repair pathway in Deinococcus radiodurans, Katsuya Satoh, Masahiro Kikuchi, Hirofumi Ohba, Issay Narumi, 7th International Conference on Extremophiles (Extremophiles 2008),   2008年09月
  • Functional characterization of a novel modulator for radiation response mechanism in Deinococcus radiodurans, Hirofumi Ohba, Katsuya Satoh, Masahiro Kikuchi, Issay Narumi, 7th International Conference on Extremophiles (Extremophiles 2008),   2008年09月
  • Three-dimensional architecture of the Deinococcus radiodurans PprA protein, Issay Narumi, Katsuya Satoh, Hirofumi Ohba, Kei Yura, Kenji Iwasaki, 7th International Conference on Extremophiles (Extremophiles 2008),   2008年09月
  • First X-ray imaging of Deinococcus radiodurans, Kuniko Takemoto, Issay Narumi, Katsuya Satoh, Hidetoshi Namba, Hiroshi Kihara, 9th International Conference on X-Ray Microscopy (XRM2008),   2008年07月
  • 微生物の放射線耐性研究とその応用, 鳴海一成, 若狭湾エネルギー研究センター加速器将来計画に関するワークショップ,   2008年07月, 招待有り
  • 放射線により高等植物内で誘発される変異の特徴, 吉原亮平、長谷純宏、滝本晃一、鳴海一成, 変異機構研究会・第21回夏の学校,   2008年06月
  • Translesion synthesis and mutagenesis in higher plants, Ayako N. Sakamoto, Mayu Nakagawa, Shinya Takahashi, Kikuo Shimizu, Atsushi Tanaka, Issay Narumi, 10th International Workshop on Radiation Damage to DNA (IWRDD-10),   2008年06月
  • 放射線抵抗性細菌のDNA修復機構の研究, 鳴海一成, 放射線照射利用促進協議会平成20年度第1回大会,   2008年06月, 招待有り
  • イオンビームを利用した麹菌育種法の開発(2) イオンビーム照射が麹菌ゲノム構造に与える影響について, 田中寿基、豊島快幸、赤川巧、山崎達雄、浦哲二、岩下和裕、三上重明、佐藤勝也、鳴海一成, 日本醤油技術センター第67回研究発表会,   2008年05月
  • 重粒子線照射における出芽酵母の突然変異誘発メカニズム, 松尾陽一郎、西嶋茂宏、長谷純宏、横田裕一郎、坂本綾子、鳴海一成、清水喜久雄, 第5回イオンビーム育種研究会,   2008年05月
  • 高等植物におけるカーボンイオンおよびガンマ線誘発突然変異スペクトル解析, 吉原亮平、長谷純宏、滝本晃一、鳴海一成, 第5回イオンビーム育種研究会,   2008年05月
  • イオンビームを用いた麹菌遺伝子組換え体からのマーカー遺伝子除去, 豊島快幸、赤川巧、山崎達雄、佐藤勝也、長谷純宏、鳴海一成, 第5回イオンビーム育種研究会,   2008年05月
  • ガンマ線による殺虫剤耐性昆虫病原糸状菌作出の可能性, 西東力、鳴海一成、杉山恵太郎、田上陽介, 第52回日本応用動物昆虫学会大会,   2008年03月
  • イオンビーム照射が麹菌(Aspergillus oryzae)ゲノム構造に与える影響の解析, 豊島快幸、田中寿基、赤川巧、山崎達雄、岩下和裕、三上重明、佐藤勝也、鳴海一成, 日本農芸化学会2008年度大会,   2008年03月
  • イオンビームを用いた麹菌(Aspergillus oryzae)遺伝子の選択的除去方法の検討, 豊島快幸、赤川巧、山崎達雄、佐藤勝也、長谷純宏、鳴海一成, 日本農芸化学会2008年度大会,   2008年03月
  • シロイヌナズナにおけるイオンビームおよびガンマ線誘発突然変異の解析, 吉原亮平、長谷純宏、滝本晃一、鳴海一成, 第49回日本植物生理学会,   2008年03月
  • シロイヌナズナのフラボノイド蓄積細胞におけるフラボノイド輸送関連因子の特性解析, 北村智、鳴海一成, 第49回日本植物生理学会,   2008年03月
  • シロイヌナズナAtRad26遺伝子は損傷チェックポイントに関与する, 坂本綾子、中川繭、佐藤勝也、鳴海一成, 第49回日本植物生理学会,   2008年03月
  • シロイヌナズナ根の2,4-Dに対する応答を制御しているAAR3遺伝子は、DCN-1様タンパク質を暗号化している, 大野豊、ビスワス・カマル・カンチ、宮崎裕士、清末知宏、鳴海一成, 第49回日本植物生理学会,   2008年03月
  • DNA 修復促進タンパク質PprA の構造と機能の推定, 由良敬、鳴海一成、岩崎憲治, 日本原子力研究開発機構生命科学研究シンポジウム2008,   2008年03月
  • DNA修復機構解明に向けたタンパク質構造機能解析, 鳴海一成, 日本原子力研究開発機構生命科学研究シンポジウム2008,   2008年03月
  • R&D of microbial mutation breeding using ion beams for multifunctional biofertilizer, Issay Narumi, FNCA Biofertilizer Workshop 2008,   2008年02月
  • 放射線抵抗性細菌デイノコッカス由来の新規なDNA修復促進蛋白質PprAのDNAとの相互作用解析, 安達基泰、玉田太郎、佐藤勝也、由良敬、鳴海一成、黒木良太, 第30回日本分子生物学会年会第80回日本生化学会大会合同大会,   2007年12月
  • シロイヌナズナREV3, REV1欠損変異体における突然変異頻度の解析, 中川繭、坂本綾子、高橋真哉、田中淳、鳴海一成, 第30回日本分子生物学会年会第80回日本生化学会大会合同大会,   2007年12月
  • PprM: a homolog of cold shock protein in Deinococcus radiodurans, 大庭寛史、佐藤勝也、鳴海一成, 第30回日本分子生物学会年会第80回日本生化学会大会合同大会,   2007年12月
  • 放射線抵抗性細菌デイノコッカス・ラジオデュランスLexA2蛋白質は放射線抵抗性を抑制する, 佐藤勝也、大庭寛史、Ha?tham Sghaier、鳴海一成, 第30回日本分子生物学会年会第80回日本生化学会大会合同大会,   2007年12月
  • 放射線抵抗性細菌の遺伝子発現調節因子の機能的特性, 大庭寛史、佐藤勝也、菊地正博、鳴海一成, 第8回極限環境微生物学会年会,   2007年11月
  • 放射線抵抗性細菌における組換え修復の分子メカニズム, 佐藤勝也、菊地正博、大庭寛史、鳴海一成, 第8回極限環境微生物学会年会,   2007年11月
  • 炭素イオンビーム照射による出芽酵母の突然変異誘発機構の解析, 松尾陽一郎、西嶋茂宏、長谷純宏、坂本綾子、鳴海一成、清水喜久雄, 第50回日本放射線影響学会大会,   2007年11月
  • シロイヌナズナAtREV1の生化学的機能解析, 高橋真哉、坂本綾子、田中淳、清水喜久雄、鳴海一成, 第50回日本放射線影響学会大会,   2007年11月
  • 高等植物におけるDNA損傷乗り越え複製機構と紫外線感受性, 坂本綾子、高橋真哉、中川繭、田中淳、清水喜久雄、鳴海一成, 第50回日本放射線影響学会大会,   2007年11月
  • 重粒子線照射による細胞形質の特徴的変化についてウイルスを利用した解析, 星野洪郎、清水宣明、大上厚志、田中淳、Saha M. Narayan、品川雅彦、大槻貴博、森隆久、Hoque Ariful、Islam Salequl、浜田信行、小林泰彦、和田成一、舟山知夫、鳴海一成, 第50回日本放射線影響学会大会,   2007年11月
  • 植物細胞への放射線影響のLET依存性, 横田裕一郎、長谷純宏、井上雅好、鳴海一成、舟山知夫、小林泰彦、田中淳, 第50回日本放射線影響学会大会,   2007年11月
  • イオンビームを利用した麹菌育種法の開発, 豊島快幸、赤川巧、山崎達雄、浦哲二、佐藤勝也、長谷純宏、鳴海一成, 日本醤油技術センター第66回研究発表会,   2007年10月
  • Genomic islands and radiation resistance fitness through global conventional and unconventional methods applied to Deinococcus and Pyrococcus genera, Haitham Sghaier, Issay Narumi, Insaf Barkallah, Kantaoui Forum TJASSST '07,   2007年10月
  • イオンビーム照射がアスクレピアスの生育および開花に及ぼす影響, 加納さやか、小林伸雄、中務明、長谷純宏、鳴海一成, 園芸学会平成19年度秋季大会,   2007年09月
  • イオンビーム照射が各種ツツジ種子の発芽に及ぼす影響, 坂本咲子、小林伸雄、中務明、長谷純宏、鳴海一成, 園芸学会平成19年度秋季大会,   2007年09月
  • rpsL遺伝子を用いた植物における突然変異解析, 吉原亮平、安田愛、佐藤良平、長谷純宏、鳴海一成、滝本晃一, 変異機構研究会第20回夏の学校,   2007年07月
  • カーボンイオンビーム照射における出芽酵母の突然変異誘発メカニズム, 松尾陽一郎、西嶋茂宏、長谷純宏、横田裕一郎、坂本綾子、鳴海一成、清水喜久雄, 第4回イオンビーム育種研究会,   2007年07月
  • Does Arabidopsis have translesion syntheses?, Mayu Nakagawa, Ayako N. Sakamoto, Shinya Takahashi, Atsushi Tanaka, Issay Narumi, Plant Biology & Botany 2007,   2007年07月
  • 微生物の放射線耐性研究とイオンビーム育種, 鳴海一成, 第4回イオンビーム育種研究会,   2007年07月
  • Rejoining of DNA double-strand breaks and clastogenic effects in higher-plant tobacco cells irradiated with gamma rays, Yuichiro Yokota, Seiichi Wada, Atsushi Tanaka, Issay Narumi, International Congress of Radiation Research (ICRR2007),   2007年07月
  • 重粒子線照射による変異誘発機序とヌクレオソーム構造の関係, 松尾陽一郎、西嶋茂宏、清水喜久雄、長谷純宏、坂本綾子、鳴海一成, 第2回高崎量子応用研究シンポジウム,   2007年06月
  • 高等植物タバコ細胞におけるDNA2本鎖切断修復の定量解析, 横田裕一郎、長谷純宏、舟山知夫、小林泰彦、田中淳、鳴海一成、和田成一、井上雅好, 第2回高崎量子応用研究シンポジウム,   2007年06月
  • イオンビームを利用したイチジクの有用遺伝子資源創成, 浅見逸夫、福田至朗、黒柳悟、大矢俊夫、長谷純宏、横田裕一郎、鳴海一成, 第2回高崎量子応用研究シンポジウム,   2007年06月
  • 重イオンビーム照射によるユズのトゲ消失変異個体の誘発, 長谷純宏、横田裕一郎、鳴海一成、松尾洋一、大藪榮興, 第2回高崎量子応用研究シンポジウム,   2007年06月
  • 重イオンビーム照射によるRhizomucor mieheiの微弱酵素活性の除去(変異株のスクリーニング), 酒井和哉、大島章夫、加藤重昭、佐藤勝也、鳴海一成, 第2回高崎量子応用研究シンポジウム,   2007年06月
  • 放射線抵抗性細菌デイノコッカス・ラジオデュランスにおける放射線応答タンパク質LexA2の役割, 佐藤勝也、大庭寛史、ハイサム・エスガーヤル、鳴海一成, 第2回高崎量子応用研究シンポジウム,   2007年06月
  • イオンビーム照射による麹菌の育種, 伊藤考太郎、武市順也、半谷吉識、佐藤勝也、長谷純宏、坂下哲哉、小林泰彦、鳴海一成, 第2回高崎量子応用研究シンポジウム,   2007年06月
  • イオンビームを利用したスカシユリの突然変異誘発, 千葉直樹、荒川梢、中村茂雄、鈴木誠一、足立陽子、横田裕一郎、長谷純宏、鳴海一成, 第2回高崎量子応用研究シンポジウム,   2007年06月
  • ハイブリッドスターチス'ムーンライト'へのイオンビーム照射の影響, 茅根俊平、花岡泰、徳弘晃二、中坪弘一、天野正之、長谷純宏、田中淳、鳴海一成, 第2回高崎量子応用研究シンポジウム,   2007年06月
  • 形質転換植物へのイオンビーム高度利用技術の開発, 岡村正愛、渡邊さとみ、清水明、渡邊真希、長谷純宏、横田裕一郎、鳴海一成、田中淳, 第2回高崎量子応用研究シンポジウム,   2007年06月
  • イオンビームによる効果的な変異誘発技術の開発, 長谷純宏、横田裕一郎、鳴海一成, 第2回高崎量子応用研究シンポジウム,   2007年06月
  • イオンビーム変異体による植物ホルモンの感受性に関わる遺伝子SMAP1の解明, 大野豊、中曽根光、鳴海一成, 第2回高崎量子応用研究シンポジウム,   2007年06月
  • 重イオンビーム照射によるユズのトゲ消失変異個体の誘発, 松尾洋一、長谷純宏、鳴海一成、大藪榮興, 園芸学会平成19年度春季大会,   2007年03月
  • シロイヌナズナAtREV3は突然変異を誘発する, 中川繭、坂本綾子、高橋真哉、田中淳、鳴海一成, 第48回日本植物生理学会年会,   2007年03月
  • 放射線耐性機構 これからの研究課題, 鳴海一成, 新世代研究所生体ナノマシン構造研究会,   2007年03月
  • Characterization of antiauxin resistant mutants: A small acidic protein 1 (SMAP1) that medicates responses of the arabidopsis root to the synthetic auxin 2,4-dechlorophenoxyacetic acid, Yutaka Oono, Abidur Rahman, Kamal Kanti Biswas, Tory Chhun, Seiji Tsurumi, Issay Narumi, RIKEN Plant Science Center International Symposium -Trends in Plant Hormones-,   2007年03月
  • 新規DNA修復促進タンパク質のバイオ産業への応用, 鳴海一成、大庭寛史、佐藤勝也、ハイサム・エスガーヤル, 第17回日本MRS学術シンポジウム,   2006年12月
  • Radiation application to bioindustry, Issay Narumi, FNCA Biofertilizer Workshop 2006,   2006年11月
  • DNA修復タンパク質の機能解明と機能改良の研究, 鳴海一成, 日本原子力研究開発機構量子生命フロンティア特定ユニット設立記念シンポジウム,   2006年11月
  • 植物の損傷乗り越え複製関連因子の解析, 中川繭、坂本綾子、高橋真哉、田中淳、鳴海一成, 2006年度組換え・ゲノム再編ワークショップ,   2006年11月
  • 身近な環境に生息する細菌の放射線抵抗性, 佐藤勝也、徳江将、原将樹、片山豪、大庭寛史、鳴海一成, 第7回極限環境微生物学会年会,   2006年11月
  • 放射線抵抗性細菌デイノコッカス・ラジオデュランスの放射線応答機構に関与する新規制御タンパク質“PprM”, 大庭寛史、佐藤勝也、ハイサム・エスガーヤル、鳴海一成, 第7回極限環境微生物学会年会,   2006年11月
  • Irradiation technique for sterilization, Issay Narumi, FNCA Biofertilizer Workshop 2005,   2006年10月
  • 重イオン照射したタバコ細胞におけるDNA2本鎖切断の定量的分析, 横田裕一郎、山田真也、長谷純宏、鹿園直哉、鳴海一成、田中淳、井上雅好, 日本放射線影響学会第49回大会,   2006年09月
  • Radiation-inducible DNA repair in Deinococcus radiodurans, Issay Narumi, フランスParis-Sud University微生物学遺伝学研究所所内講演会,   2006年09月, 招待有り
  • RecA of Deinococcus geothermalis provides insights into ancestral recombinational DNA repair, Haitham Sghaier, Hirofumi Ohba, Katsuya Satoh, Hiroshi Mitomo, Issay Narumi, 6th International conference on Extremophiles (Extremophiles 2006),   2006年09月
  • A novel key protein "PprM" in the radiation response mechanism of Deinococcus radiodurans, Hirofumi Ohba, Haitham Sghaier, Katsuya Satoh, Issay Narumi, 6th International conference on Extremophiles (Extremophiles 2006),   2006年09月
  • Deinococcus radiodurans DNA repair-promoting protein: applications to biotech industry, Issay Narumi, Hirofumi Ohba, Haitham Sghaier, Katsuya Satoh, 6th International conference on Extremophiles (Extremophiles 2006),   2006年09月
  • 放射線抵抗性細菌のゲノム維持機構, 鳴海一成, 産業技術総合研究所バイオウィーク in Sapporo「特殊環境微生物の最新研究動向と産業応用」,   2006年08月, 招待有り
  • Radiation response mechanism of the radioresistant bacterium Deinococcus radiodurans: a key protein “PprM“, Hirofumi Ohba, Haitham Sghaier, Katsuya Satoh, Tadashi Yanagisawa, Issay Narumi, 20th International Congress of Biochemistry and Molecular Biology,   2006年06月
  • 放射線抵抗性細菌のDNA修復促進蛋白質, 鳴海一成, 第1回高崎量子応用研究シンポジウム,   2006年06月
  • 放射線抵抗性細菌デイノコッカス・ラジオデュランスpprA遺伝子の放射線応答プロモーターの解析, 大庭寛史、佐藤勝也、柳沢忠、鳴海一成, 第1回高崎量子応用研究シンポジウム,   2006年06月
  • 重イオンビーム照射によるRhizomucor mieheiの育種, 坂下哲哉、小林泰彦、佐藤勝也、長谷純宏、鳴海一成、酒井和哉、大島章夫、加藤重昭, 第1回高崎量子応用研究シンポジウム,   2006年06月
  • LETの異なるヘリウム、カーボンおよびネオンイオンビーム照射したタバコプロトプラストに誘発されるDNA2本鎖切断の定量的分析, 横田裕一郎、山田真也、井上雅好、長谷純宏、鹿園直哉、鳴海一成、田中淳, 第1回高崎量子応用研究シンポジウム,   2006年06月
  • 高効率DNA結合反応促進剤の実用化, 鳴海一成, 産学連携学会第4回大会,   2006年06月
  • 放射線抵抗性細菌Deinococcus radioduransの生物学, 鳴海一成, 日本組織培養学会第79回大会シンポジウム「放射線と組織培養で生命を読み解く」,   2006年05月, 招待有り
  • 放射線抵抗性細菌のゲノム生存戦略, 鳴海一成, 農業・食品産業技術総合研究機構食品総合研究所所内講演会,   2006年05月, 招待有り
  • DNA damage in radiation-resistant prokaryotes from evolutionary perspectives, Haitham Sghaier, Hirofumi Ohba, Katsuya Satoh, Hiroshi Mitomo, Issay Narumi, 9th International Workshop on Radiation Damage to DNA,   2006年05月
  • 放射線抵抗性細菌デイノコッカス由来の新規なDNA修復促進蛋白質PprAのDNAとの相互作用解析, 安達基泰、玉田太郎、佐藤勝也、由良敬、鳴海一成、黒木良太, 第6回日本蛋白質科学会年会,   2006年04月
  • 放射線抵抗性細菌のDNA修復機構とその起源, 鳴海一成, 新世代研究所極限生物セミナー,   2006年03月
  • 有用遺伝子資源のバイオ研究試薬としての実用化, 鳴海一成, 日本原子力研究開発機構拡大オープンセミナー,   2006年02月
  • 放射線抵抗性細菌の核様体構造とゲノム存在様式, 鳴海一成, ゲノムDNAの細胞内存在形態に関する研究会,   2006年02月, 招待有り
  • Why Deinococci retain their small plasmids? Sequencing, annotation, and analysis, Haitham Sghaier, Hirofumi Ohba, Katsuya Satoh, Issay Narumi, 第28回日本分子生物学会年会,   2005年12月
  • 放射線抵抗性細菌由来DNA修復促進タンパク質の機能欠損変異体の解析, 鳴海一成、大庭寛史、エスガーヤル・ハイサム、グエン・バンロン、佐藤勝也, 第28回日本分子生物学会年会,   2005年12月
  • 放射線抵抗性細菌デイノコッカス・ラジオデュランスpprA遺伝子の放射線応答プロモーターの解析, 大庭寛史、佐藤勝也、柳沢忠、鳴海一成, 第28回日本分子生物学会年会,   2005年12月
  • 放射線抵抗性細菌Deinococcus grandisにおける枯草菌sacB遺伝子変異スペクトル, 鳴海一成、佐藤勝也, 第6回極限環境微生物学会年会,   2005年11月
  • 放射線抵抗性細菌デイノコッカス・ラジオデュランスpprA遺伝子の放射線応答プロモーターの解析, 大庭寛史、佐藤勝也、柳沢忠、鳴海一成, 第6回極限環境微生物学会年会,   2005年11月
  • 放射線抵抗性細菌で安定に保持されるベクタープラスミド, 鳴海一成, 東葛テクノプラザ平成17年度第1回シーズ発表・交流会,   2005年10月
  • 放射線耐性微生物の多様性, 鳴海一成, 日本微生物生態学会第21回大会シンポジウム「極限微生物の生態と新機能」,   2005年10月, 招待有り
  • 放射線抵抗性細菌デイノコッカス由来の新規なDNA修復促進蛋白質PprAのDNAとの相互作用解析と結晶化, 安達基泰、玉田太郎、佐藤勝也、鳴海一成、黒木良太, 中性子生体ナノマシン研究会,   2005年10月
  • 枯草菌sacB遺伝子をcounter selectable markerとして用いた放射線抵抗性細菌の変異スペクトル解析, 鳴海一成、佐藤勝也, 第18回変異・発癌抑制機構研究会,   2005年07月
  • 放射線抵抗性細菌デイノコッカス・ラジオデュランスの放射線応答機構の解析, 大庭寛史、佐藤勝也、柳沢忠、鳴海一成, 第18回変異・発癌抑制機構研究会,   2005年07月
  • 放射欄抵抗性細菌の新規DNA鎖切断認識蛋白質による哺乳動物細胞内DNA損傷の検出, 佐藤勝也、和田成一、菊地正博、舟山知夫、鳴海一成、小林泰彦, 第18回変異・発癌抑制機構研究会,   2005年07月
  • 放射線抵抗性細菌由来DNA修復促進蛋白質(PprA)の大量調製系の確立と結晶化, 安達基泰、佐藤勝也、鳴海一成、石田 恒、由良 敬、玉田太郎、黒木良太, 第5回日本蛋白質科学会年会,   2005年07月
  • 新規DNA鎖切断認識蛋白による細胞内DNA損傷の検出, 佐藤勝也、和田成一、菊地正博、舟山知夫、鳴海一成、小林泰彦, 第4回イオンビーム生物応用研究ワークショップ,   2005年06月
  • 放射線抵抗性細菌由来新規DNA修復促進タンパク質の構造・機能解析, 鳴海一成, 新世代研究所・中性子生体ナノマシン研究会,   2005年05月
  • 枯草菌sacB遺伝子を用いた放射線抵抗性細菌の変異スペクトル解析, 鳴海一成、大庭寛史、エスガーヤル・ハイサム、佐藤勝也, 日本農芸化学会2005年度大会,   2005年03月
  • Radiation sterilization of microbes, Issay Narumi, FNCA Biofertilizer Workshop 2004,   2005年01月
  • In silico accounting for radioresistance and radiosensitivity in the Thermus/Deinococcus group, Haitham Sghaier、Hirofumi Ohba、Katsuya Satoh、Hiroshi Mitomo, Issay Narumi, 第27回日本分子生物学会年会,   2004年12月
  • 放射線抵抗性細菌デイノコッカス・ラジオデュランスDNA損傷応答機構におけるLexAホモログの役割, 佐藤勝也、大庭寛史、エスガーヤル・ハイサム、菊地正博、鳴海一成, 第27回日本分子生物学会年会,   2004年12月
  • 放射線抵抗性細菌デイノコッカス・ラジオデュランスPprI蛋白質に制御される新規DNA損傷応答機構の解析, 大庭寛史、佐藤勝也、エスガーヤル・ハイサム、菊地正博、柳沢忠、鳴海一成, 第27回日本分子生物学会年会,   2004年12月
  • 枯草菌sacB遺伝子を用いた放射線抵抗性細菌の変異スペクトル解析, 鳴海一成、大庭寛史、エスガーヤル・ハイサム、佐藤勝也, 第27回日本分子生物学会年会,   2004年12月
  • 放射線抵抗性細菌Deinococcus radiodurans由来カタラーゼの精製と性質検討, 小林一聖、田村隆、鳴海一成、山口庄太郎、梅田幸一、稲垣賢二, 第27回日本分子生物学会年会,   2004年12月
  • PprA:DNA結合を促進するデイノコッカス・ラジオデュランスからの新規蛋白質, 鳴海一成、佐藤勝也、崔素珍、舟山知夫、北山滋、渡辺宏, 第33回日本環境変異原学会第18回日本動物実験代替法学会合同学術会議,   2004年11月
  • 機能未知遺伝子からの新規DNA修復関連遺伝子の探索, 鳴海一成、由良敬、佐藤勝也、菊地正博、郷信広, 第5回極限環境微生物学会年会,   2004年10月
  • Detection of DNA strand breaks in mammalian cells using the radioresistant bacterium PprA protein, Katsuya Satoh, Seiichi Wada, Issay Narumi, Masahiro Kikuchi, Tomoo Funayama, Yasuhiko Kobayashi, 5th International Conference on Extremophiles (Extremophiles 2004),   2004年09月
  • PprA: a novel protein from Deinococcus radiodurans that stimulates DNA ligation, Issay Narumi, Katsuya Satoh, Suzhen Cui, Tomoo Funayama, Shigeru Kitayama, Hiroshi Watanabe, 5th International Conference on Extremophiles (Extremophiles 2004),   2004年09月
  • 模擬宇宙放射線に対するユーグレナの耐性と放射線耐性に及ぼす光の影響, 林浩孝、古田雅一、上原赫、舟山知夫、和田成一、鳴海一成、小林泰彦、渡辺宏, 第13回TIARA研究発表会,   2004年06月
  • 放射線障害からの回復を促進する遺伝子群の機能解析, 鳴海一成, 原子力基盤クロスオーバー研究第16回進捗状況報告会,   2004年01月
  • 放射線抵抗性細菌デイノコッカス・ラジオデュランスの放射線応答プロモーターの解析, 大庭寛史、佐藤勝也、菊地正博、柳沢忠、鳴海一成, 第26回日本分子生物学会年会,   2003年12月
  • 放射線抵抗性細菌のPprAタンパク質を用いた哺乳動物細胞内DNA鎖切断の検出, 佐藤勝也、和田成一、鳴海一成、菊地正博、舟山知夫、小林泰彦, 第26回日本分子生物学会年会,   2003年12月
  • 機能未知遺伝子からの新規DNA修復遺伝子の探索, 鳴海一成、由良敬、佐藤勝也、菊地正博, 第26回日本分子生物学会年会,   2003年12月
  • 原子間力顕微鏡によるデイノコッカス・ラジオデュランス由来のDNA損傷修復関連タンパク質とDNAの相互作用の可視化解析, 村上正弘、鳴海一成、佐藤勝也、古川章、早田勇, 第26回日本分子生物学会年会,   2003年12月
  • 放射線抵抗性細菌デイノコッカス・ラジオデュランスのDNA損傷応答機構におけるLexA及びLexA2タンパク質の役割, 佐藤勝也、大庭寛史、菊地正博、鳴海一成, 第4回極限環境微生物学会年会,   2003年12月
  • The effect of various radiations with different LET on survival of Euglena gracilis, Hirotaka Hayashi, Tomoo Funayama, Issay Narumi, Masahiro Kikuchi, Yasuhiko Kobayashi, Masakazu Furuta, Kaku Uehara, Hiroshi Watanabe, 9th International Conference on Radiation Curing (RadTech Asia 2003),   2003年12月
  • 放射線抵抗性細菌デイノコッカス・ラジオデュランスにおける枯草菌sacB変異スペクトルの解析, 鳴海一成、大庭寛史、佐藤勝也、菊地正博, 第4回極限環境微生物学会年会,   2003年12月
  • Spore sterilization of Bacillus anthracis, Masahiro Kikuchi, Issay Narumi, Hideaki Maekawa, Hiroshi Watanabe, Yasuhiko Kobayashi, 9th International Conference on Radiation Curing (RadTech Asia 2003),   2003年12月
  • DNA修復促進活性を有するタンパク質, 鳴海一成, 科学技術振興機構新技術説明会,   2003年12月
  • ユーグレナの放射線耐性に関する研究, 林浩孝、鳴海一成、和田成一、舟山知夫、小林泰彦、古田雅一、森利明、上原赫、渡辺宏, ユーグレナ研究会第19回研究集会,   2003年11月
  • 機能未知遺伝子からの新規DNA修復遺伝子の探索, 鳴海一成, 日本原子力研究所第2回DNA修復酵素ワークショップ,   2003年10月
  • 放射線抵抗性細菌のDNA修復機構とその利用, 佐藤勝也、大庭寛史、和田成一、菊地正博、舟山知夫、鳴海一成、小林泰彦, 日本原子力学会関東甲信支部第2回若手研究検討会,   2003年10月
  • 放射線抵抗性細菌のDNA損傷惹起性変異スペクトルの解析, 鳴海一成、大庭寛史、佐藤勝也、菊地正博, 日本放射線影響学会第46回大会,   2003年10月
  • 放射線抵抗性細菌におけるrecF遺伝子の破壊解析, 菊地正博、Abu Md. Ishaque、鳴海一成、佐藤勝也、小林泰彦, 日本放射線影響学会第46回大会,   2003年10月
  • 放射線抵抗性細菌のDNA損傷応答修復機構におけるLexA及びLexA2タンパク質の役割, 佐藤勝也、大庭寛史、菊地正博、鳴海一成, 日本放射線影響学会第46回大会,   2003年10月
  • Uptake of arsenic by biomat from arsenic mine water, Toshihiko Ohnuki, Fuminori Sakamoto, Naofumi Kozai, Takuo Ozaki, Takahiro Yoshida, Issay Narumi, Takuro Sakai, Tomihiro Kamiya, Arokiasamy J. Francis, 16th International Symposium on Environmental Biogeochemistry? (ISEB2003),   2003年09月
  • 放射線耐性から見た微生物進化, 鳴海一成, 日本進化学会第5回大会シンポジウム「進化の原動力としての分子多様性獲得機構:その調節と破綻」,   2003年08月
  • 放射線抵抗性細菌のDNA損傷惹起性変異スペクトルの解析, 大庭寛史、佐藤勝也、菊地正博、鳴海一成, 第16回変異・発癌抑制機構研究会,   2003年07月
  • Micro-PIXEを用いた微生物への元素の濃集機構の解明, 大貫敏彦、尾崎卓郎、吉田崇宏、鳴海一成、酒井卓郎、及川将一、佐藤隆博, 第12回TIARA研究発表会,   2003年06月
  • 放射線障害からの回復を促進する遺伝子群の機能解析, 鳴海一成, 原子力基盤クロスオーバー研究第15回進捗状況報告会,   2003年03月
  • 極限環境生物の生存戦略:超放射線抵抗性バクテリアのDNA修復機構の解析とその利用, 鳴海一成, 基礎生物学研究所所長招聘セミナー,   2003年03月, 招待有り
  • Atomic force microscopy of DNA repair-promoting protein of Deinococcus radiodurans, Masahiro Murakami, Issay Narumi, Katsuya Satoh, Akira Furukawa, Isamu Hayata, International Symposium on Innovative Technology for Radiation Risk Study (ITRRS2003),   2003年03月
  • Detection of DNA strand breaks in mammalian cells using the radioresistant bacterium PprA protein, Katsuya Satoh, Seiichi Wada, Issay Narumi, Masahiro Kikuchi, Tomoo Funayama, Yasuhiko Kobayashi, International Symposium on Innovative Technology for Radiation Risk Study (ITRRS2003),   2003年03月
  • Effective determination of the precise location of intracellular DNA strand breaks caused by γ irradiation, Fuminori Sakamoto, Issay Narumi, Toshihiko Ohnuki, Yuki Fujii, International Symposium on Innovative Technology for Radiation Risk Study (ITRRS2003),   2003年03月
  • Detection of DNA strand breaks and its repair process in the Deinococcus radiodurans genome using pulsed field gel electrophoresis, Masahiro Kikuchi, Katsuya Satoh, Issay Narumi, Yasuhiko Kobayashi, International Symposium on Innovative Technology for Radiation Risk Study (ITRRS2003),   2003年03月
  • Radiation response mechanism of the radioresistant bacterium Deinococcus radiodurans and its application to biodosimeter, Hirofumi Ohba, Katsuya Satoh, Masahiro Kikuchi, Tadashi Yanagisawa, Issay Narumi, International Symposium on Innovative Technology for Radiation Risk Study (ITRRS2003),   2003年03月
  • Detection of DNA strand breaks in mammalian cells using the radioresistant bacterium PprA protein, Katsuya Satoh, Seiichi Wada, Issay Narumi, Masahiro Kikuchi, Tomoo Funayama, Yasuhiko Kobayashi, International Workshop on Radiation Risk and Its Origin at Molecular and Cellular Level,   2003年02月
  • Role of RecA protein in radiation resistance of Deinococcus radiodurans, 鳴海一成, International Workshop on Radiation Risk and Its Origin at Molecular and Cellular Level,   2003年02月
  • 放射線抵抗性細菌細菌デイノコッカス・ラジオデュランスsbcC遺伝子の破壊解析, 鳴海一成、Chuong Thanh Nguyen, 佐藤勝也、菊地正博, 第25回日本分子生物学会年会,   2002年12月
  • 放射線抵抗性細菌デイノコッカス・ラジオデュランスの放射線応答機構の解析, 大庭寛史、佐藤勝也、柳沢忠、菊地正博、鳴海一成, 第25回日本分子生物学会年会,   2002年12月
  • 放射線抵抗性細菌デイノコッカス・ラジオデュランスにおけるtellurite抵抗性遺伝子の解析, 佐藤勝也、大庭寛史、菊地正博、鳴海一成, 第25回日本分子生物学会年会,   2002年12月
  • 放射線抵抗性細菌デイノコッカス・グランディスのプラスミド形質転換, 鳴海一成、屠振力、佐藤勝也, 第3回極限環境微生物学会年会,   2002年12月
  • ラジオデュランス:放射線抵抗性細菌, 鳴海一成, 放射線医学総合研究所第2回放射線安全研究シンポジウム「地球環境と放射線:生態系への影響を考える」,   2002年12月, 招待有り
  • 放射線抵抗性細菌のDNA修復酵素, 鳴海一成, 日本原子力研究所第1回DNA修復酵素ワークショップ,   2002年10月
  • Application of PIXE for uptake study of cesium and cobalt by Saccharomyces cerevisiae, Toshihiko Ohnuki, Fuminori Sakamoto, Naofumi Kozai, Takuo Ozaki, Issay Narumi, Arokiasamy J. Francis, 8th International Conference on Nuclear Microprobe Technology and Applications (ICNMTA 2002),   2002年09月
  • Isolation of a small cryptic plasmid from Deinococcus radiopugnans and development of shuttle vector, Issay Narumi, Zhenli Tu, Katsuya Satoh, 4th International Congress on Extremophiles (Extremophiles 2002),   2002年09月
  • 60Coγ線照射によるDNA切断の切断位置特異性?DNA二次構造に特異的な切断?, 坂本文徳、鳴海一成、内田昇二, 第46回放射化学討論会,   2002年09月
  • 放射線抵抗性細菌デイノコッカス・ラジオデュランスPprAタンパク質を用いたDNA鎖切断の検出, 佐藤勝也、和田成一、鳴海一成、菊地正博、舟山知夫、小林泰彦, 日本放射線影響学会第45回大会,   2002年09月
  • AFMを用いたDNA損傷修復関連タンパク質とDNAの結合の可視化, 村上正弘、鳴海一成、佐藤勝也、古川章、早田勇, 日本放射線影響学会第45回大会,   2002年09月
  • 放射線抵抗性細菌の放射線応答機構, 鳴海一成, 日本放射線影響学会第45回大会シンポジウム「クロスオーバー研究の前進:放射線障害修復機構の解明とDNA損傷部位の可視化」,   2002年09月
  • 放射線抵抗性細菌のゲノム生存戦略, 鳴海一成, 枯草菌研究会,   2002年08月, 招待有り
  • 放射線抵抗性細菌のDNA修復機構とその利用, 鳴海一成, 産業総合研究所平成14年度原子力高度技術研究会「総合的開発課題に関する研究」,   2002年08月, 招待有り
  • 微生物の放射線抵抗性の起原と進化についての考察, 鳴海一成, 日本進化学会2002年東京大会ワークショップ「微生物を知る:現象の進化的背景を探る」,   2002年08月, 招待有り
  • DeinococcusとThermusのリジン生合成の比較, 西田洋巳、鳴海一成, 理研セミナー・高度好熱菌丸ごと一匹プロジェクト第1回ストラクチュローム連携研究会,   2002年07月
  • 放射線抵抗性細菌デイノコッカス・ラジオデュランスの放射線応答遺伝子のプロモーター解析, 大庭寛史、佐藤勝也、柳沢忠、鳴海一成, 第15回変異・発癌抑制機構研究会,   2002年06月
  • 原生動物ユーグレナの放射線耐性の光依存性, 林浩孝、鳴海一成、菊地正博、古田雅一、森利明、上原赫、渡辺宏, 第15回変異・発癌抑制機構研究会,   2002年06月
  • デイノコッカス・ラジオデュランスの放射線環境への適応戦略, 鳴海一成, 極限環境微生物学会第3回シンポジウム「極限環境への適応戦略:苛酷な環境因子と対峙する生命のポテンシャル」,   2002年06月, 招待有り
  • DeinococcusとThermusのリジン生合成の相違, 西田洋巳、鳴海一成, 日本農芸化学会2002年度大会,   2002年03月
  • ユーグレナの放射線感受性に及ぼす光の影響, 林浩孝、鳴海一成、菊地正博、古田雅一、林壽郎、上原赫、渡辺宏, 日本農芸化学会2002年度大会,   2002年03月
  • 放射線抵抗性細菌デイノコッカス・ラジオプグナンス小型潜在性プラスミドのベクター化, 屠振力、佐藤勝也、菊地正博、鳴海一成, 第24回日本分子生物学会年会,   2001年12月
  • 放射線抵抗性細菌デイノコッカス・ラジオデュランスのDNA修復遺伝子発現制御因子, 鳴海一成、華躍進、佐藤勝也、菊地正博、山本和生, 第24回日本分子生物学会年会,   2001年12月
  • Recognition of DNA damage and induction of repair proteins in Deinococcus radiodurans, Katsuya Satoh, Masahiro Kikuchi, Issay Narumi, Workshop on Recognition of DNA damage as Onset of Successful Repair: Computational and Experimental Approaches,   2001年12月
  • A novel protein that recognizes DNA strand Break, Issay Narumi, Katsuya Satoh, Masahiro Kikuchi, Workshop on Recognition of DNA damage as Onset of Successful Repair: Computational and Experimental Approaches,   2001年12月
  • Visualization of DNA damage and its repair process in Deinococcus radiodurans by pulsed-field gel electrophoresis, Masahiro Kikuchi, Issay Narumi, Yasuhiko Kobayashi, Workshop on Recognition of DNA damage as Onset of Successful Repair: Computational and Experimental Approaches,   2001年12月
  • デイノコッカス・ラジオデュランスにおける挿入配列IS8301のゲノム内転移, 鳴海一成、M. Saidul Islam、華躍進、菊地正博、山本和生, 第2回極限環境微生物学会年会,   2001年11月
  • ユーグレナの放射線耐性における葉緑体の役割についての研究, 林浩孝、鳴海一成、菊地正博、古田雅一、林壽郎、上原赫、渡辺宏, ユーグレナ研究会第17回研究集会,   2001年11月
  • ユーグレナの放射線耐性における葉緑体の役割についての研究, 林浩孝、鳴海一成、古田雅一、林壽郎、上原赫、渡辺宏, 第74回日本生化学会大会,   2001年10月
  • 放射線抵抗性細菌デイノコッカス・ラジオデュランスのRecA424およびRecA670の特性, 佐藤勝也、鳴海一成、菊地正博、柳沢忠、山本和生、渡辺宏, 日本放射線影響学会第44回大会,   2001年10月
  • 放射線抵抗性細菌デイノコッカス・ラジオデュランスのDNA修復促進蛋白質, 鳴海一成、崔素珍、佐藤勝也、菊地正博、渡辺宏、山本和生, 日本放射線影響学会第44回大会,   2001年10月
  • 放射線抵抗性細菌デイノコッカス・ラジオプグナンスのプラスミドpUE30の解析, 鳴海一成、屠振力、菊地正博、山本和生, 第74回日本生化学会大会,   2001年10月
  • 放射線抵抗性細菌の生存戦略 -その後-, 鳴海一成, 第14回変異・発癌抑制機構研究会,   2001年07月
  • 放射線抵抗性細菌Deinococcus radioduransにおけるSOS制御機構, 佐藤勝也、鳴海一成、菊地正博、舟山知夫、柳沢忠、山本和生、渡辺宏, 第23回日本分子生物学会年会,   2000年12月
  • 放射線抵抗性細菌Deinococcus radioduransのLexAリプレッサーの解析, 鳴海一成、佐藤勝也、舟山知夫、菊地正博、舟山知夫、渡辺宏、山本和生, 第23回日本分子生物学会年会,   2000年12月
  • Revival from Devastation: the prominent strategies for DNA repair in the radiation resistant bacterium Deinococcus radiodurans, Issay Narumi, Masahiro Kikuchi, Tomoo Funayama, Kazuo Yamamoto, 3rd International Congress on Extremophiles (Extremophiles 2000),   2000年09月
  • 放射線抵抗性細菌のゲノム修復戦略, 鳴海一成, 第13回変異・発癌抑制機構研究会,   2000年07月, 招待有り
  • DNA修復に及ぼす宇宙環境の影響に関する研究 (STS-91), 小林泰彦、佐藤勝也、鳴海一成、菊地正博, 平成9・10年度宇宙実験報告会,   1999年11月
  • 放射線抵抗性細菌Deinococcus radioduransのヌクレオチド除去修復, 北山滋、鳴海一成、菊地正博、佐藤勝也、舟山知夫、渡辺宏, 第21回日本分子生物学会年会,   1998年12月
  • Deinococcus radioduransの uvrC遺伝子とその変異, 北山滋、鳴海一成、佐藤勝也、菊地正博、舟山知夫、渡辺宏, 日本放射線影響学会第41回大会,   1998年12月
  • 薬剤耐性遺伝子カセットをもちいた放射線抵抗性細菌DNA修復関連遺伝子欠失株の作出, 舟山知夫、鳴海一成、佐藤勝也、孔向蓉、北山滋、渡辺宏、山本和生, 日本放射線影響学会第41回大会,   1998年12月
  • 放射線抵抗性細菌Deinococcus radiodurans recA遺伝子のクローニングと大腸菌における発現, 佐藤勝也、鳴海一成、菊地正博、舟山知夫、柳沢忠、北山滋、渡辺宏、山本和生, 日本放射線影響学会第41回大会,   1998年12月
  • 放射線抵抗性細菌Deinococcus radioduransのLexAホモローグの解析, 鳴海一成、孔向蓉、佐藤勝也、舟山知夫、山本和生, 日本放射線影響学会第41回大会,   1998年12月
  • 環境・資源への放射線利用, 鳴海一成, 静岡県農林技術研究所 原子力実験セミナー,   1998年07月, 招待有り
  • 深度制御照射花粉を利用した遺伝子導入法の開発, 長谷純宏、田中淳、鳴海一成、渡辺宏、井上雅好, 第7回TIARA研究発表会,   1998年06月
  • 放射線抵抗性細菌Deinococcus radioduransの挿入配列IS8301の単離とそのゲノム内分布, 鳴海一成、M. Saidul Islam、菊地正博、北山滋、渡辺宏, 日本農芸化学会1998年度大会,   1998年04月
  • 放射線抵抗性細菌Deinococcus radioduransのDNA修復系蛋白質の誘導に及ぼす宇宙環境の影響, 小林泰彦、菊地正博、鳴海一成、渡辺宏, 日本農芸化学会1998年度大会,   1998年04月
  • 放射線抵抗性細菌D. radioduransゲノムのフィジカルマップ, 菊地正博、鳴海一成、北山滋、渡辺宏, 日本農芸化学会1998年度大会,   1998年04月
  • DNA修復に及ぼす宇宙環境の影響に関する研究 (STS-79), 渡辺宏、小林泰彦、菊地正博、鳴海一成, スペースシャトル及びミール利用宇宙実験結果報告会,   1998年03月
  • Novel DNA repair gene of radioresistant bacterium, Deinococcus radiodurans, Issay Narumi, Shigeru Kitayama, Hiroshi Watanabe, 2nd International Congress on Extremophiles (Extremophiles '98),   1998年01月
  • 放射線抵抗性細菌Deinococcus radiodurans cinA-recAオぺロンの解析, 佐藤勝也、鳴海一成、菊地正博、柳沢忠、北山滋、渡辺宏, 第20回日本分子生物学会年会,   1997年12月
  • Deinococcus radioduransのDNA組換えと修復, 北山滋、鳴海一成、菊地正博、舟山知夫、渡辺宏, 第20回日本分子生物学会年会,   1997年12月
  • 放射線抵抗性細菌Deinococcus radiodurans pprA遺伝子産物のDNA結合能の解析, 鳴海一成、北山滋、渡辺宏, 第20回日本分子生物学会年会,   1997年12月
  • 放射線抵抗性細菌Deinococcus radioduransの新規DNA修復遺伝子pprAの発現と誘導, 鳴海一成、孔向蓉、北山滋、渡辺宏, 日本放射線影響学会第40回大会,   1997年11月
  • 放射線抵抗性細菌D. radioduransゲノムのフィジカルマッピングから推定される原核生物の新しいゲノム構成様式, 菊地正博、鳴海一成、北山滋、渡辺宏, 日本放射線影響学会第40回大会,   1997年11月
  • 放射線抵抗性細菌(Deinococcus radiodurans)のrecN遺伝子の同定とその制御領域の解析, 舟山知夫、鳴海一成、菊地正博、北山滋、渡辺宏, 日本放射線影響学会第40回大会,   1997年11月
  • D. radioduransのrecR遺伝子とその変異, 北山滋、鳴海一成、渡辺宏, 日本放射線影響学会第40回大会,   1997年11月
  • 放射線抵抗性細菌Deinococcus radiodurans uvrA遺伝子及び2種類の変異株における変異部位の同定, 鳴海一成、Korbkit Cherdchu、北山滋、渡辺宏, 第70回日本生化学会大会,   1997年09月
  • 消化管癌における癌遺伝子関連産物の発現について-(II)悪性度との関連性, 板橋正幸、廣田映五、金乗棋、山内ゆう子、鳴海一成、和田修二, 第76回日本病理学会年会,   1997年04月
  • 放射線抵抗性細菌Deinococcus radiodurans由来新規DNA修復遺伝子pprAは大腸菌でも機能する, 鳴海一成、杜澤吉、渡辺宏、北山滋, 日本農芸化学会1997年度大会,   1997年04月
  • Molecular cloning of the Deinococcus radiodurans pprA gene involved in DNA repair, 杜澤吉、鳴海一成、渡辺宏、北山滋, 日本農芸化学会1997年度大会,   1997年04月
  • 放射線耐性菌D. radioduransのDNA修復遺伝子の分離 (1)修復機能とその欠損変異株, 北山滋、鳴海一成、菊地正博、渡辺宏, 日本放射線影響学会第39回大会,   1996年11月
  • 放射線耐性菌D. radioduransのDNA修復遺伝子の分離 (2)除去修復遺伝子のクローニング, 菊地正博、Korbkit Cherdchu、鳴海一成、渡辺宏、北山滋, 日本放射線影響学会第39回大会,   1996年11月
  • 放射線耐性菌D. radioduransのDNA修復遺伝子の分離 (3)DNA修復欠損株を相補する新規遺伝子, 鳴海一成、杜澤吉、菊地正博、渡辺宏、北山滋, 日本放射線影響学会第39回大会,   1996年11月
  • 放射線抵抗性細菌Deinococcus radioduransにおけるDNA結合タンパク質の検出, 高橋佳子、鳴海一成、柳沢忠、渡辺宏, 第69回日本生化学会大会第19回日本分子生物学会年会合同年会,   1996年08月
  • 放射線抵抗性細菌Deinococcus radioduransの放射線感受性株を相補する遺伝子の単離, 鳴海一成、 Zubaidah Alatas、渡辺宏、北山滋, 第69回日本生化学会大会第19回日本分子生物学会年会合同年会,   1996年08月
  • 放射線抵抗性細菌Deinococcus radioduransのカタラーゼは放射線で誘導される, 鳴海一成、A. B. M. Mamun Hossain、田中淳、渡辺宏, 日本農芸化学会1996年度大会,   1996年04月
  • Protein sequence homology between Deinococcus and Thermus, Issay Narumi, International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem '95),   1995年12月
  • DeinococcusとThermusのRecAタンパク質の一次構造比較によるタンパク質耐熱性の解析, 鳴海一成、渡辺宏、北山滋, 第18回日本分子生物学会年会,   1995年12月
  • D. radioduransのCosmid Libraryの構築とその利用, 北山滋、鳴海一成、菊地正博、渡辺宏, 日本放射線影響学会第38回大会,   1995年11月
  • 放射線抵抗性細菌Deinococcus radioduransからの放射線誘導カタラーゼのクローニングとそのDNA塩基配列, 鳴海一成、渡辺宏、A. B. M. Mamun Hossain、田中淳、北山滋, 日本放射線影響学会第38回大会,   1995年11月
  • 放射線抵抗性細菌Deinococcus radioduransからの放射線誘導タンパク質の遺伝子のクローニング, 渡辺宏、鳴海一成、田中淳, 日本農芸化学会1995年度大会,   1995年08月
  • Bacillus stearothermophilus K1041株由来のchaperonin遺伝子の構造とE. coli中での蛋白質発現, 市村薫、鳴海一成、木原裕、松崎茂, 日本農芸化学会1995年度大会,   1995年08月
  • 放射線抵抗性Deinococcus属と好熱性Thermus属のアミノ酸配列の比較, 鳴海一成、渡辺宏, 日本農芸化学会1995年度大会,   1995年08月
  • 中等度好熱菌Bacillus stearothermophilus K1041株由来のgroEオペロンの構造解析, 市村薫、鳴海一成、木原裕、松崎茂, 第17回日本分子生物学会年会,   1994年12月
  • Bacillus stearothermophilus のアスパラギン酸トランスカルバミラーゼ遺伝子の上流領域の解析と大腸菌における大量発現, 木村敏幸、鳴海一成、中本信也、長澤寛道、柳沢忠、木原裕, 日本農芸化学会1994年度大会,   1994年04月
  • B. stearothermophilus K1041株のgroESLオペロンのクローニング, 鳴海一成、市村薫、松崎茂、木原裕, 日本農芸化学会1994年度大会,   1994年04月
  • B. stearothermophilusアスパラギン酸トランスカルバミラーゼ遺伝子のクローニングとその遺伝子解析, 木村敏幸、鳴海一成、中本信也、柳沢忠、木原裕, 第16回日本分子生物学会年会,   1993年12月
  • 大腸菌で機能するB. stearothermophilus熱安定性ベクターのレプリコン, 鳴海一成、中山憲幸、中本信也、木原裕, 第16回日本分子生物学会年会,   1993年12月
  • An expression vector for Bacillus stearothermophilus and its application to the expression of heterologous genes, Shinya Nakamoto, Issay Narumi, Hirotaka Minagawa, Toshiyuki Kimura, Noriyuki Nakayama, Hiroshi Kihara, International Conference on Thermophiles (Thermophiles '93) ,   1993年12月
  • Construction and characterization of the broad-host-range plasmid from Bacillus stearothermophilus, Issay Narumi, Toshiyuki Kimura, Shinya Nakamoto, Noriyuki Nakayama, Hiroshi Kihara, International Conference on Thermophiles (Thermophiles '93),   1993年12月
  • 好熱菌潜在性プラスミドpSTK1 からの熱安定性ベクターの構築, 鳴海一成、中山憲幸、中本信也、木村敏幸、柳沢忠、木原裕, 日本農芸化学会1993年度大会,   1993年04月
  • 好熱菌潜在性プラスミドpSTK1 の塩基配列とその解析, 中山憲幸、鳴海一成、中本信也、木村敏幸、木原裕, 日本農芸化学会1993年度大会,   1993年04月
  • Bacillus stearothermophilus - 大腸菌シャトルベクターの開発とB. stearothermophilusにおける大腸菌遺伝子の発現, 中山憲幸、鳴海一成、中本信也、木村敏幸、澤上一美、木原裕, 第4回日本蛋白工学会年会,   1992年05月
  • 70℃で生育する好熱性 Bacillus 属細菌からのプラスミドの単離, 木村敏幸、鳴海一成、澤上一美、柳沢忠、高橋信孝、中山憲幸、中本信也、木原裕, 日本農芸化学会1992年度大会,   1992年04月
  • Bacillus stearothermophilus K1041 ウラシル要求性株の分離, 澤上一美、鳴海一成、木村敏幸、柳沢忠、高橋信孝、中山憲幸、中本信也、木原裕, 日本農芸化学会1992年度大会,   1992年04月
  • 大腸菌アスパラギン酸トランスカルバミラーゼの耐熱化, 鳴海一成、澤上一美、木村敏幸、柳沢忠、高橋信孝、中山憲幸、中本信也、木原裕, 日本農芸化学会1992年度大会,   1992年04月
  • 電気穿孔法による好熱菌の形質転換, 澤上一美、鳴海一成、柳沢忠、高橋信孝、中山憲幸、中本信也、木原裕, 日本農芸化学会1991年度大会,   1991年04月
  • Transformation of Bacillus stearothermophilus by electroporation - a comparison with protoplast transformation -, Issay Narumi, Nobuyuki Machida, Shinya Nakamoto, Kazumi Sawakami, Tadashi Yanagisawa, Hiroshi Kihara, Protein Engineering '89 Second International Conference,   1989年08月
  • ラット個体発生過程における癌遺伝子関連産物の免疫組織化学的研究, 板橋正幸、鳴海一成、山内ゆう子、金乗棋、廣田映五, 第46回日本癌学会年会,   1987年09月

特許

  • シュウ酸濃度が低減された植物体の製造法, 大野豊, 鳴海一成, 長谷純宏, 川合真紀, 北野紗也佳, 宮城敦子, 内宮博文, 特願2013-023290, 特開2014-150763
  • 花色変異体植物の作出方法, 長谷 純宏, 鳴海 一成, 田中 淳, 岡村 正愛, 竹下 大学, 特願2010-152796, 特開2011-030566, 特許第5875058号
  • UVI4−like遺伝子欠損植物, 長谷 純宏, 鳴海 一成, 廣瀬 玉紀, 特願2009-270452, 特開2010-154848
  • イオンビーム照射を用いた糸状菌の変異株作出方法, 豊島 快幸, 赤川 巧, 鳴海 一成, 佐藤 勝也, 長谷 純宏, 特願2008-042989, 特開2009-195205, 特許第5170397号
  • 炭素イオンビーム照射を用いた酵母の変異株取得法, 小林 亮介, 渡部 潤, 鳴海 一成, 長谷 純宏, 佐藤 勝也, 特願2009-231443, 特開2011-078331
  • 麹菌、その育種法及び醤油の製造法, 半谷 吉識, 小山 泰二, 伊藤 考太郎, 武市 順也, 大塚 照雄, 鳴海 一成, 佐藤 勝也, 長谷 純宏, 小林 泰彦, 坂下 哲哉, 特願2007-269954, 特開2009-095279
  • 黄麹菌変異株の育種方法, 半谷 吉識, 小山 泰二, 伊藤 考太郎, 武市 順也, 大塚 照雄, 鳴海 一成, 佐藤 勝也, 小林 泰彦, 坂下 哲哉, 長谷 純宏, 特願2007-269956, 特開2009-095280
  • 外部ストレスによる細胞内DNAの一塩基単位での切断位置と切断頻度の特定法, 坂本 文徳, 大貫 敏彦, 鳴海 一成, 藤井 有起, 特願2006-055116, 特開2007-228893
  • Radiation Resistant Bacterium/E. coli Shuttle Vector, Narumi I, Tu Z, Satoh K, 特願10/303,812, 特開US-2003-0175977-A1, 特許U.S. Patent 6,770,476
  • 放射線抵抗性細菌/大腸菌シャトルベクター, 鳴海 一成, 屠 振力, 佐藤 勝也, 特願2002-046377, 特開2003-245078, 特許第3845697号
  • Method for efficiently determining a DNA strand break, Satoh K, Wada S, Narumi I, Kikuchi M, Funayama T, Kobayashi Y, 特願10/664,044, 特許U.S. Patent 7,361,462
  • DNA鎖切断の効率的検出法, 佐藤 勝也, 和田 成一, 鳴海 一成, 菊地 正博, 舟山 知夫, 小林 泰彦, 特願2003-026303, 特開2004-239639
  • DNA修復促進活性を有するタンパク質, 鳴海 一成, 佐藤 勝也, 崔 素珍, 北山 滋, 渡辺 宏, 特願2001-246260, 特開2003-052376, 特許第4111369号

受賞

  •   2014年11月, 極限環境生物学会, 第15回極限環境生物学会年会ポスター賞, 「放射線抵抗性細菌におけるポリリン酸生産とセシウム蓄積」
  •   2014年04月, 日本原子力学会関東・甲越支部, 平成25年度原子力知識・技術の普及貢献賞, 「イオンビーム微生物育種技術による新規清酒酵母の開発とその実用化」
  •   2012年12月, 極限環境生物学会, 第13回極限環境生物学会年会ポスター賞, 「DeinococcusとThermusに共通する新規DNA鎖間架橋修復遺伝子の遺伝学的解析」
  •   2012年12月, 極限環境生物学会, 第13回極限環境生物学会年会ポスター賞 , 「Thermococcus kodakarensisのpolB遺伝子破壊株の表現型解析」
  •   2009年11月, 日本遺伝学会, 第81回大会Best Papers賞, 「シロイヌナズナの損傷乗り越え複製欠損は突然変異誘発に影響する」
  •   2009年10月, 極限環境微生物学会, 第10回極限環境微生物学会年会ポスター賞, 「放射線抵抗性細菌における新規遺伝子操作系の開発」
  •   2007年03月, 財団法人放射線影響協会, 第1回放射線影響研究奨励賞, 「放射線抵抗性細菌のDNA修復機構の研究」
  •   2006年11月, 極限環境微生物学会, 第7回極限環境微生物学会年会ポスター賞, 「身近な環境に生息する細菌の放射線抵抗性」
  •   2006年11月, 極限環境微生物学会, 第7回極限環境微生物学会年会ポスター賞 , 「放射線抵抗性細菌デイノコッカス・ラジオデュランスの放射線応答機構に関与する新規制御タンパク質“PprM”」
  •   2006年10月, 日本原子力研究開発機構 高崎量子応用研究所, 模範賞, 「中期計画達成のための研究開発活動の模範的遂行」
  •   2006年10月, 日本原子力研究開発機構, 研究開発功績賞特賞, 「放射線抵抗性細菌の新規DNA修復促進タンパク質の研究」
  •   2005年11月, 極限環境微生物学会, 第6回極限環境微生物学会年会ポスター賞, 「放射線抵抗性細菌デイノコッカス・ラジオデュランスpprA遺伝子の放射線応答プロモーターの解析」
  •   2003年12月, 極限環境微生物学会, 第4回極限環境微生物学会年会ポスター賞, 「放射線抵抗性細菌デイノコッカス・ラジオデュランスのDNA損傷応答機構におけるLexA及びLexA2タンパク質の役割」
  •   2001年06月, 日本原子力研究所, 有功賞, 「放射線抵抗性細菌のゲノム構造解析」

競争的資金

  • 放射線誘導性タンパク質DdrA及びそのパラログDdrAPの構造機能解析, 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 鳴海 一成
  • 放射線抵抗性細菌の遺伝子導入による高度好熱菌への放射線耐性付与, 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 鳴海 一成
  • タンパク質の安定性向上に向けた突然変異による分子育種, 東洋大学, 平成26年度井上円了記念研究助成(個人研究), 鳴海 一成
  • 量子ビームを用いた新機能性昆虫病原糸状菌の創出, 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 西東 力 (静岡大学)
  • 耐熱性DNA修復促進タンパク質の構造機構解析による実用化アプローチ, 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 鳴海 一成
  • 炭素の窓を利用した軟X線顕微鏡での生きた細胞観察の試み, 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 楠本邦子 (関西医科大学)
  • DNA修復促進タンパク質のDNA鎖切断部位への結合様式の解明, 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(B)), 鳴海 一成
  • 放射線抵抗性細菌由来新規DNA修復促進タンパク質とDNAの相互作用に関する研究, 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 鳴海 一成

その他

  •   2016年03月, 岡田智行、飯塚正英、関口政行、長谷純宏、野澤樹、鳴海一成、オステオスペルマム「ヴィエントラビオス」品種登録第24758号 

教育活動情報

担当経験のある科目

  • 極限環境微生物学特論, 東洋大学大学院
  • 基礎微生物学, 東洋大学
  • 基礎分子生物学, 東洋大学
  • 分子細胞生物学, 東洋大学
  • 生物物理学, 東洋大学
  • 生命科学実験 II, 東洋大学
  • 細胞分子生物学 I, 東洋大学
  • 細胞分子生物学 II, 東洋大学
  • 生命科学英語 I, 東洋大学

社会貢献活動情報

社会貢献活動

  • 高崎市医師会看護専門学校助産学科 助産診断・技術学Ⅰ(妊娠期)「放射線の基礎知識と人体への影響」, 講師,   2017年04月26日
  • 第17回極限環境生物学会年会 セッション3座長, 運営参加・支援,   2016年11月28日
  • 国際極限環境微生物学会 Extremophiles 2016 Keynote Lecture 座長, 運営参加・支援,   2016年09月14日
  • 高崎市医師会看護専門学校助産学科 助産診断・技術学Ⅰ(妊娠期)「放射線の基礎知識と人体への影響」, 講師,   2016年07月06日
  • 前橋工科大学大学院工学研究科 生物工学特論Ⅱ「量子放射線を用いた生命科学研究」 , 講師,   2016年06月08日
  • 高崎市医師会看護専門学校助産学科 助産診断・技術学Ⅰ(妊娠期)「放射線の基礎知識と人体への影響」, 講師,   2015年05月13日
  • 第15回極限環境生物学会  セッション1座長, 運営参加・支援,   2014年11月02日
  • 第9回高崎量子応用研究シンポジウム セッション4「医療応用・バイオ技術」座長, 運営参加・支援,   2014年10月10日
  • 第10回イオンビーム育種研究会 セッション2座長, 運営参加・支援,   2014年07月17日
  • 前橋工科大学大学院工学研究科 生物工学特論 II「量子放射線を用いた生命科学研究」, 講師,   2014年07月02日
  • 高崎市医師会看護専門学校助産学科 助産診断・技術学 I (妊娠期) 「放射線の基礎知識と人体への影響」, 講師,   2014年05月07日
  • 第13回極限環境生物学会年会 特別セッション「火星生命探査計画」座長, 運営参加・支援,   2013年11月27日
  • 変異機構研究会第26回夏の学校 特別講演座長, 企画,   2013年06月22日
  • 第9回イオンビーム育種研究会 セッション4座長, 運営参加・支援,   2013年05月28日
  • 高崎市医師会看護専門学校助産学科 助産診断・技術学 I (妊娠期) 「放射線の基礎知識と人体への影響」, 講師,   2013年05月07日
  • 日本原子力研究開発機構で外国人研究者(23名)及び博士研究員(10名)の受入れ, 助言・指導,   1996年04月01日 - 2013年03月31日
  • 日本原子力研究開発機構で学生実習生(7名)、夏期休暇実習生(17名)及び特別研究生(9名)の受入れ, 助言・指導,   1994年04月01日 - 2013年03月31日
  • マレーシア原子力庁招聘セミナー講師, 講師,   2012年12月15日 - 2012年12月24日
  • プレス発表「群馬県の新しい吟醸用清酒酵母ができました!」, 情報提供,   2012年12月10日
  • 第13回極限環境生物学会年会 セッション2「tRNA・宇宙」座長, 運営参加・支援,   2012年12月01日
  • 研究開発における放射線の利用技術研修会 「イオンビームを用いた植物と微生物の品種改良」, 講師,   2012年11月19日
  • 国際シンポジウム「Stress Adaptive Response and Genome Integrity」 セッション3座長, 運営参加・支援,   2012年10月18日
  • 東洋大学生命科学部 極限環境微生物学講義 「放射線を浴びても死なない微生物」, 講師,   2012年10月09日
  • 変異機構研究会第25回夏の学校 特別講演座長, 企画,   2012年07月01日
  • 高崎市医師会看護専門学校助産学科 助産診断・技術学 I (妊娠期) 「放射線の基礎知識と人体への影響」, 講師,   2012年05月18日
  • 前橋工科大学大学院工学研究科 生物工学特論 II 「量子ビームを用いた有用生物資源創成」, 講師,   2012年05月09日
  • テレビ放映 NHK BSプレミアム「コズミックフロント 私たちは火星人!最新探査で迫る生命の起源」, 出演,   2012年04月05日
  • 福島県西郷村立熊倉小学校「放射線に関するご質問に答える会」講師, 講師,   2012年02月27日
  • プレス掲載「オステオスペルマム 県が新品種を開発 群馬」(産経新聞), 助言・指導,   2012年02月06日
  • プレス掲載「オステオスペルマムの新品種 県が開発」(上毛新聞), 助言・指導,   2012年02月02日
  • 立教大学 全学共通カリキュラム総合教育科目総合B「生命はどこまで過酷な環境に耐えられるか」, 講師,   2011年11月18日
  • 東洋大学生命科学部 極限環境微生物学 「放射線を浴びても死なない微生物」, 講師,   2011年11月15日
  • 国際基督教大学教養学部 General Education Life Science 「極限環境微生物と放射線抵抗性細菌」, 講師,   2011年09月26日
  • 変異機構研究会第24回夏の学校 特別講演座長, 企画,   2011年07月09日
  • 日本原子力研究開発機構福島支援放射線班第56陣として福島県で放射線モニタリング等に従事, 調査担当,   2011年06月28日 - 2011年07月02日
  • 日本環境変異原学会平成23年度公開シンポジウム セッション II 座長, 運営参加・支援,   2011年05月28日
  • プレス掲載「DNA修復力抜群 汚染浄化の救世主 放射線耐性生物」(日刊工業新聞), 取材協力,   2011年04月29日
  • 日本農芸化学会2011年度大会 セッション「微生物 遺伝子-構造、機能」座長, 運営参加・支援,   2011年03月27日
  • 東洋大学生命科学部 極限環境微生物学 「放射線を浴びても死なない微生物」, 講師,   2010年10月26日
  • 東洋大学生命科学部大学院生命科学研究科 生物生体エネルギー学特論 「放射線抵抗性細菌の生存戦略」, 講師,   2010年10月26日
  • プレス掲載「ご当地酵母 原研技術で 群馬独自の日本酒造り経共同開発」(朝日新聞), 助言・指導,   2010年09月15日
  • プレス掲載「群馬の新酵母による大吟醸酒、試験醸造へ」(朝日新聞), 助言・指導,   2010年06月09日
  • 変異機構研究会第22回夏の学校 特別講演座長, 企画,   2009年06月20日
  • 第6回イオンビーム育種研究会 セッション2座長, 運営参加・支援,   2009年05月22日
  • 立教大学 全学共通カリキュラム総合教育科目総合B「生命はどこまで過酷な環境に耐えられるか」, 講師,   2008年11月21日
  • 変異機構研究会第21回夏の学校 特別講演座長, 企画,   2008年06月14日
  • バングラデシュにおける放射線利用の動向調査, 調査担当,   2007年03月24日 - 2007年03月31日
  • プレス掲載「原子力機構 量子生命フロンティア研究特定ユニット」本格活動から半年 タンパク質の構造機能解明へ 2つのグループで研究実施」(科学新聞), 取材協力,   2007年02月23日
  • プレス掲載「放射線抵抗性細菌の新規DNA修復促進タンパク質の研究 2本鎖切断も元通り 謎に挑む」(科学新聞), 取材協力,   2007年02月02日
  • テレビ放映 サイエンスチャンネル「アトムの剣と挑戦者たち 原子力・放射線で未知の可能性に挑む (8)強いDNAの発見 放射線抵抗性細菌を利用した高効率DNA修復試薬の実用化」, 出演,   2007年
  • テレビ放映 NHK教育「サイエンスZERO ZEROからまなべ!スペシャル 生物の秘められたパワーを生かせ」, 出演,   2006年09月23日
  • 国際シンポジウム「International Symposium on Multifactorial Studies on Biological Responses to Low Dose Radiation」 セッション II 座長, 運営参加・支援,   2006年09月05日
  • 変異機構研究会第19回夏の学校 特別講演座長, 企画,   2006年07月02日
  • 東京薬科大学大学院生命科学研究科 微生物学特論 II, 講師,   2006年05月23日
  • 第3回イオンビーム育種研究会 研究発表座長, 運営参加・支援,   2006年04月21日
  • テレビ放映 NHK教育「サイエンスZERO 極限環境生物の不思議に迫る」, 出演,   2006年02月04日
  • プレス発表「傷ついたDNAを直す遺伝子を発見し、産業利用に成功」, 情報提供,   2006年01月24日
  • 群馬県立高崎女子高等学校スーパーサイエンスハイスクールへの協力, 助言・指導,   2005年04月19日 - 2005年07月12日
  • 第5回極限環境微生物学会年会 セッション「高温環境 I」座長, 運営参加・支援,   2004年12月
  • 国際ワークショップ「International Workshop on Biological Responses to Low Dose Radiation」 セッション「Computer Modeling of DNA Damage and Repair Processes」座長, 運営参加・支援,   2004年10月
  • 第4回極限環境微生物学会年会 セッション「極限環境適応機構の解析」座長, 運営参加・支援,   2003年12月
  • 東京薬科大学大学院生命科学研究科 微生物学特論 II, 講師,   2002年07月08日
  • 国際ワークショップ「International Workshop on Radiation Damage 2001: Repair, Mutagenesis and Visualization」 セッション「DNA Repair」座長, 運営参加・支援,   2001年03月
  • テレビ放映 サイエンスチャンネル「解き明かされる遺伝子の世界 デイノコッカス・ラジオデュランス」, 出演,   1999年
  • (財)放射線利用振興協会 原子力実験セミナー講師, 講師,   1998年07月22日
  • 第70回日本生化学会大会 セッション「DNA複製・修復」座長, 運営参加・支援,   1997年09月
  • プレス掲載「耐熱性たん白質の構造解析、異種アミノ酸が局在、原研・高崎が確認」(化学工業日報), 取材協力,   1995年09月01日
  • 日本農芸化学会1992年度大会 セッション「微生物-遺伝子・遺伝子発現-」座長, 運営参加・支援,   1992年03月