詳細検索はこちら
※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

児島 伸彦コジマ ノブヒコ

所属・担当
生命科学科
生体医工学研究センター
ライフイノベーション研究所
生命科学専攻
職名教授
メールアドレス
ホームページURL
生年月日
Last Updated :2017/09/08

研究者基本情報

基本情報

    プロフィール:現在の研究テーマ:
    ① 樹状突起スパインの構造可塑性の分子メカニズムに関する研究
    ② 長期記憶を司る転写調節因子のはたらきに関する研究
    ③ 精神疾患モデル動物におけるシナプス機能異常に関する研究

学歴

  • 1985年04月 - 1989年03月, 群馬大学大学院, 医学研究科(博士課程)
  • 1983年04月 - 1985年03月, 筑波大学大学院, 医科学研究科(修士課程)
  • 1979年04月 - 1983年03月, 筑波大学, 第二学群, 生物学類

学位

  • 医科学修士, 筑波大学
  • 医学博士, 群馬大学

所属学協会

  • International Society for Neurochemistry
  • 日本神経化学会
  • 日本神経科学学会
  • 日本生理学会
  • 北関東医学会

経歴

  •   2013年04月 - 現在, 東洋大学, 生命科学部生命科学科, 教授
  •   2008年08月 - 2013年03月, 群馬大学大学院医学系研究科 , 神経薬理学  , 准教授
  •   2005年06月 - 2008年07月, 群馬大学大学院医学系研究科 , 高次細胞機能学講座 , 講師
  •   2005年04月 - 2005年05月, 沖縄科学技術大学院大学, 先行的事業, 研究員
  •   1998年09月 - 2005年03月, 理化学研究所 脳科学総合研究センター, 神経回路メカニズム研究グループ, 研究員
  •   1989年04月 - 1998年08月, 岡崎国立共同研究機構 生理学研究所, 神経化学研究部門, 助手
  •   1992年12月 - 1994年08月, コロンビア大学 , 神経生物学行動科学研究センター, 客員研究員

研究活動情報

研究分野

  • 神経科学, 神経科学一般
  • 神経科学, 神経化学・神経薬理学

研究キーワード

    行動テストバッテリー, トランスジェニックマウス, ノックアウトマウス, 学習記憶, シナプス可塑性, 遺伝子発現, 樹状突起スパイン

論文

  • Drebrin E regulates neuroblast proliferation and chain migration in the adult brain., Kajita Y, Kojima N, Koganezawa N, Yamazaki H, Sakimura K, Shirao T, European Journal of Neuroscience,   2017年08月
  • Drebrin A regulates hippocampal LTP and hippocampus-dependent fear learning in adult mice., Kojima N, Yasuda H, Hanamura K, Ishizuka Y, Sekino Y, Shirao T, Neuroscience, 324, 218 - 226,   2016年03月
  • X-irradiation induces acute cognitive decline via transient synaptic dysfunction., Puspitasari A, Koganezawa N, Ishizuka Y, Kojima N, Tanaka N, Nakano T, Shirao T, Radiation Research, 185, 423 - 430,   2016年
  • Investigation of the fatty acid transporter-encoding genes SLC27A3 and SLC27A4 in autism., Maekawa M, Iwayama Y, Ohnishi T, Toyoshima M, Shimamoto C, Hisano Y, Toyota T, Balan S, Matsuzaki H, Iwata Y, Takagai S, Yamada K, Ota M, Fukuchi S, Okada Y, Akamatsu W, Tsujii M, Kojima N, Owada Y, Okano H, Mori N, Yoshikawa T, Scientific reports, 5,   2015年11月
  • Spikar, a novel drebrin-binding protein, regulates the formation and stabilization of dendritic spines., Yamazaki H, Kojima N, Kato K, Hirose H, Iwasaki T, Mizui T, Takahashi H, Hanamura K, Roppongi RT, Koibuchi N, Sekino Y, Mori N, Shirao T, Journal of Neurochemistry, 128, 507 - 522,   2014年02月
  • Myosin II ATPase activity mediates the long-term potentiation-induced exodus of stable F-actin bound by drebrin A from dendritic spines., Mizui T, Sekino Y, Yamazaki H, Ishizuka Y, Takahashi H, Kojima N, Kojima M and ShiraoT, PLoS ONE, 9,   2014年01月
  • Selective reduction of drebrin and actin in dendritic spines of hippocampal neurons by activation of 5-HT(2A) receptors., Roppongi RT, Kojima N, Hanamura K, Yamazaki H, Shirao T, Neurosci Letters, 547, 76 - 81,   2013年06月
  • Evidence for cell density affecting C2C12 myogenesis: possible regulation of myogenesis by cell-cell communication., Tanaka K, Sato K, Yoshida T, Fukuda T, Hanamura K, Kojima N, Shirao T, Yanagawa T, and Watanabe H., Muscle and Nerve, 44, 968 - 977,   2011年11月
  • Differential regional distribution of phosphorylated tau and synapse loss in the nucleus accumbens in tauopathy model mice., Kambe T, Motoi Y, Inoue R, Kojima N, Tada N, Kimura T, Sahara N, Yamashita S, Mizoroki T, Takashima A, Shimada K, Ishiguro K, Mizuma H, Onoe H, Mizuno Y, Hattori N, Neurobiology of Disease, 42, 404 - 414,   2011年06月
  • Genetic disruption of the alternative splicing of drebrin gene impairs context-dependent fear learning in adulthood., Kojima N, Hanamura K, Yamazaki H, Ikeda T, Itohara S, Shirao T, Neuroscience, 165, 138 - 150,   2010年01月
  • Drebrin A knockout eliminates the rapid form of homeostatic synaptic plasticity at excitatory synapses of intact adult cerebral cortex., Aoki C, Kojima N, Sabaliauskas N, Shah L, Ahmed TH, Oakford J, Ahmed T, Yamazaki H, Hanamura K, Shirao T, Journal of Comparative Neurology, 505, 352 - 362,   2009年11月
  • Drebrin E is involved in the mechanism regulating axonal growth through actin-myosin interactions., Mizui T, Kojima N, Yamazaki H, Katayama M, Hanamura K, Shirao T, Journal of Neurochemistry, 109, 611 - 622,   2009年04月
  • Inducible cAMP early repressor acts as a negative regulator for kindling epileptogenesis and long-term fear memory., Kojima N, Borlikova G, Sakamoto T, Yamada K, Ikeda T, Itohara S, Niki H, Endo S., Journal of Neuroscience, 28, 6459 - 6472,   2008年06月
  • Expression of drebrin E in migrating neuroblasts in adult rat brain: coincidence between drebrin E disappearance from cell body and cessation of migration., Song M, Kojima N, Hanamura K, Sekino Y, Inoue HK, Mikuni M, Shirao T, Neuroscience, 152, 670 - 682,   2008年03月
  • Drebrin A content correlates with spine head size in the adult mouse cerebral cortex., Kobayashi C, Aoki C, Kojima N, Yamazaki H, Shirao T., Journal of Comparative Neurology, 503, 618 - 626,   2007年08月
  • Role of actin cytoskeleton in dendritic spine morphogenesis., Sekino Y, Kojima N, Shirao T, Neurochemistry International, 52, 92 - 104,   2007年05月
  • Synaptic dysfunction and disruption of the postsynaptic drebrin-actin complex: the study of neurological disorders accompanied by cognitive deficits., Kojma N, Shirao T, Neuroscience Research, 58, 1 - 5,   2007年05月
  • Impairment of conditioned freezing to tone, but not to context, in Fyn-transgenic mice: Relationship to NMDA receptor subunit 2B Function., Kojima N, Sakamoto T, Endo S, Niki H., European Journal of Neuroscience, 21, 1359 - 1369,   2005年03月
  • Over-expression of the fyn-kinase gene reduces hypnotic sensitivity to ethanol in mice., Boehm SL 2nd, Peden L, Jennings AW, Kojima N, Harris RA, Blednov YA, Neuroscience Letter, 372, 6 - 11,   2004年11月
  • Fyn kinase modulates synaptotoxicity, but not aberrant sprouting, in human amyloid precursor protein transgenic mice., Chin J, Palop JJ, Yu GQ, Kojima N, Masliah E, Mucke L, Journal of Neuroscience, 24, 4692 - 4697,   2004年05月
  • Resistance to alcohol withdrawal-induced behaviour in Fyn transgenic mice and its reversal by ifenprodil., Stork O, Kojima N, Stork S, Kume N, Obata K., Molecular Brain Research, 105, 126 - 135,   2002年09月
  • A novel, brain-specific mouse drebrin: cDNA cloning, chromosomal mapping, genomic structure, expression, and functional characterization., Jin M, Tanaka S, Sekino Y, Ren Y, Yamazaki H, Kawai-Hirai R, Kojima N, Shirao T, Genomics, 79, 686 - 692,   2002年05月
  • Decreased locomotor activity in mice carrying transgenic Fyn tyrosine kinase., Ishibashi H, Kojima N, Obata K., Biochemica Biophysica Research Communications, 276, 707 - 709,   2000年09月
  • Enhanced synaptic transmission and reduced threshold for LTP induction in fyn-transgenic mice., Lu YF, Kojima N, Tomizawa K, Moriwaki A, Matsushita M, Obata K, Matsui H., European Journal of Neuroscience, 11, 75 - 82,   1999年01月
  • Higher seizure susceptibility and enhanced tyrosine phosphorylation of N-methyl-D-aspartate receptor subunit 2B in fyn transgenic mice., Kojima N, Ishibashi H, Obata K, Kandel ER., Learning & Memory, 5, 429 - 445,   1998年11月
  • Rescuing impairment of long-term potentiation in fyn-deficient mice by introducing Fyn transgene., Kojima N, Wang J, Mansuy IM, Grant SG, Mayford M, Kandel ER., Proceedings of the National Academy of Sciences of the USA, 94, 4761 - 4765,   1997年04月
  • Cloning and sequence analysis of cDNA for a possible DNA-binding protein 5E5 in the nervous system., Suzuki E, Kojima N, Yoshimura K, Uyemura K, Obata K, Akagawa K., Journal of Biochemistry, 118, 122 - 128,   1995年07月
  • Molecular cloning of a developmentally regulated brain protein, chicken drebrin A and its expression by alternative splicing of the drebrin gene., Kojima N, Shirao T, Obata K., Molecular Brain Research, 19, 101 - 114,   1993年07月
  • Cloning of drebrin A and induction of neurite-like processes in drebrin-transfected cells., Shirao T, Kojima N, Obata K, Neuroreport, 3, 109 - 112,   1992年01月
  • Nucleotide sequences of two embryonic drebrins, developmentally regulated brain proteins, and developmental change in their mRNAs., Kojima N, Kato Y, Shirao T, Obata K, Brain Research, 464, 207 - 215,   1988年11月
  • Molecular cloning of a cDNA for the developmentally regulated brain protein, drebrin., Shirao T, Kojima N, Kato Y, Obata K., Brain Research, 464, 71 - 74,   1988年08月
  • Possible neurotransmitters of the dorsal column afferents: effects of dorsal column transection in the cat., Kojima N, Kanazawa I, Neuroscience, 23, 263 - 274,   1987年10月
  • Four synaptic vesicle-specific proteins: identification by monoclonal antibodies and distribution in the nervous tissue and the adrenal medulla., Obata K, Kojima N, Nishiye H, Inoue H, Shirao T, Fujita SC, Uchizono K., Brain Research, 404, 169 - 179,   1987年02月

MISC

  • シナプス病態としてのPTSD, 児島 伸彦, Clinical Neuroscience(月刊 臨床神経科学), 28,   2010年08月, 招待有り, PTSD発症の脆弱性の脳内基盤に関する知見をレビューした。
  • PTSDの分子メカニズム, 児島 伸彦, Clinical Neuroscience(月刊 臨床神経科学), 27,   2009年03月, 招待有り, PTSDの脳内メカニズムについて概説した。
  • 注目の遺伝子 ICER, 児島 伸彦, 分子精神医学, 9,   2009年01月, 招待有り, 転写抑制因子ICERの脳内の役割とその発現制御に関する知見を概説した。
  • 記憶の固定化、再固定化、消去の神経薬理学的研究ーPTSDの治療に向けて, 児島 伸彦, 日本医事新報, 441,   2008年11月, 招待有り, 記憶の固定化、再固定化、消去に関わる神経薬理学的、分子生物学的知見を概説し、恐怖体験の記憶を除去することによるPTSDへの治療応用の可能性を論じた。
  • Current Review 02: 過度な恐怖記憶をつくらせないしくみ, 児島 伸彦, メディカルバイオ, 5,   2008年09月, 招待有り, 恐怖条件づけにおける転写抑制因子ICERの役割について概説した。
  • 樹状突起スパインの形成と機能制御にかかわるアクチン細胞骨格蛋白質, 児島 伸彦、関野 祐子、白尾 智明, 蛋白質・核酸・酵素, 53,   2008年03月, 招待有り, 樹状突起スパインの形態形成におけるアクチン細胞骨格系タンパク質の役割についてレビューした。
  • 忘却: その心理学的知見と分子生物学的知見, 児島 伸彦、二木 宏明, Brain Medical, 19,   2007年06月, 招待有り, 忘却という脳機能に就いて心理学的側面と分子生物学的側面からレビューした。
  • Fyn遺伝子改変マウスにおける行動表現型とその分子機構, 児島 伸彦, Kitakanto Medical Journal(北関東医学), 57,   2007年02月, 招待有り, Fynチロシンキナーゼの遺伝子改変動物(ノックアウトマウス及び過剰発現マウス)にみられる行動異常をレビューし、その分子基盤について考察した。
  • 神経疾患とドレブリン, 児島 伸彦、白尾 智明, Clinical Neuroscience(月刊 臨床神経科学), 24,   2006年12月, 招待有り, アルツハイマー病をはじめとする認知機能障害と樹状突起スパインに局在するドレブリンの関連についての最近の研究をレビューした。
  • 恐怖条件づけの分子生物学 恐怖条件づけに障害を持つ前脳特異的トランスジェニックマウスの解析, 児島 伸彦, 生体の科学, 56,   2005年08月, 招待有り, 恐怖条件づけの脳内メカニズムについて最近の知見をレビューし、恐怖条件づけに障害を持つトランスジェニックマウスの研究について解説し、その扁桃体における役割を論じた。
  • 活性型 Fyn の脳内発現によるけいれん発作とチロシンリン酸化の亢進., 児島 伸彦, 石橋 英俊, 小幡 邦彦, 神経化学, 35,   1996年, 査読有り
  • キンドリングにおける遺伝子発現の変化, 児島 伸彦、小幡 邦彦, 神経精神薬理, 15,   1993年02月, 脳の可塑性研究の実験モデルとしてのキンドリングについてレビューし、キンドリングに伴う脳内の遺伝子発現変化について当時の最新の知見をレビューした。
  • 神経発生関連蛋白ドレブリンのラット脳における免疫学的解析とcDNAクローニング., 白尾 智明、児島 伸彦、井上 明宏、小幡 邦彦, 神経化学, 30,   1990年, 査読有り
  • 神経特異タンパク質drebrin Aの遺伝子構造とその発現., 児島 伸彦、白尾 智明、寺田 庄一、小幡 邦彦, 神経化学, 28,   1989年, 査読有り
  • 脳の発生と蛋白質の変化, 児島 伸彦、小幡 邦彦、白尾 智明, 蛋白質・核酸・酵素, 33,   1988年08月, 神経発生に伴って発現量の変化する脳内蛋白質についてレビューし、脳発生の分子メカニズムについて考察した。
  • ニワトリ脳の発生過程に出現するタンパク質drebrinの遺伝子構造とその発現機構の解析., 児島 伸彦、加藤 幸雄、白尾 智明、小幡 邦彦, 神経化学, 26,   1987年, 査読有り
  • ニワトリ胚脳の発生段階に応じて出現する酸性蛋白のモノクローナル抗体による解析., 白尾 智明、小幡 邦彦、児島 伸彦, 神経化学, 24,   1985年, 査読有り
  • ネコ脊髄下行性線維切断の神経伝達物質候補アミノ酸に及ぼす影響., 児島 伸彦、金澤 一郎, 神経精神薬理, 6,   1984年, 査読有り

書籍等出版物

  • Drebrin: From Structure and Function to Physiological and Pathological Roles
    Korma N
    その他Springer  2017年08月
  • インテグレーテッドシリーズ6 神経科学
    児島 伸彦、白尾 智明
    共訳神経回路の形成、維持および可塑性東京化学同人  2011年12月
  • インテグレーテッドシリーズ6 神経科学
    児島 伸彦、白尾 智明
    共訳聴覚系東京化学同人  2011年12月
  • 遺伝子と行動
    児島 伸彦、山田 一之
    共著転写因子と記憶ーCREB遺伝子変異動物を用いた研究ナカニシヤ出版  2003年11月
  • 廣川ニューロサイエンス 3新しい神経伝達研究法II
    児島 伸彦、小幡 邦彦
    共著抗体によるcDNAクローニング廣川書店  2000年01月
  • 脳・神経研究のための分子生物学技術講座
    児島 伸彦、井ノ口 馨
    共著神経活動によって発現変化する遺伝子のクローニング法文光堂  2000年01月
  • 新生物化学実験のてびき4 動物とその組織を用いる実験法
    児島 伸彦、三宝 誠、八木 健
    共著遺伝子導入動物の作成とその応用化学同人  1996年12月
  • 脳の物質過程 基礎と臨床 脳と遺伝子
    児島 伸彦、永津 俊治、吉田 充男、金澤 一郎、小川 紀男
    共著シナプス伝達に関わるタンパク質平凡社  1991年04月

講演・口頭発表等

  • Impact of molecular interactions of metabotropic glutamate receptor and drebrin on synaptic structural plasticity in hippocampal neurons., Kakegawa R, Shiraishi K, Kojima N, 第39回 日本神経科学大会,   2016年07月
  • Maturation of actin cytoskeleton in dendritic spines and the age-dependent role in synaptic plasticity, Hnanamura K, Kojima N, Yasuda H, Yamazaki H, Shirao T, 日本生理学会大会,   2016年03月
  • The role of metabotropic glutamate receptor on structural plasticity of dendritic spines in cultured hippocampal neurons., Kakegawa R, Kamasaki S, Todoriki T, Kojima N, 第58回日本神経化学大会,   2015年09月
  • Drebrin knockout mice show olfactory dysfunction by impairment of adult neurogenesis and cell survival., Kajita Y, Koganezawa N, Kojima N, Sakimura K, Sakurai T, Shirao T, 第58回日本神経化学大会,   2015年09月
  • Deletion of drebrin A impairs hippocampal synaptic plasticity and hippocampus-dependent fear learning in adulthood., Yasuda H, Kojima N, Hanamura K, Shirao T, 第58回日本神経化学大会,   2015年09月
  • Drebrin knockout mice show the impairment of olfaction and adult neurogenesis., Kajita Y. Koganezawa N, Kojima N, Sakimura K, Shirao T, 第38回神経科学会大会,   2015年07月
  • Acute effect of X-irradiation and carbon ion-irradiation on fear memory formation and its underlying mechanism., Puspitasari A, Koganezawa N, Kojima N, Isono M, Yoshida Y, Shirao T, The 41st Annual meeting of Society for Neuroscience,   2014年11月
  • Maturation of cytoskeletal molecules in neurons: Drebrin is a key molecule for synaptic plasticity., Kojima N, ISN satellite symposium: Key molecules for neuronal maturation,   2014年09月23日, 招待有り
  • The time-dependent effects of radiation on fear memory and synaptic proteins., Koganezawa N, Puspitasari A, Kojima N, Isono M, Yoshida Y, ShiraoT, 第57回日本神経化学大会シンポジウム,   2014年09月, 招待有り
  • Drebrin knockout mice show the olfaction impairment caused by delayed neural exchange in olfactory bulb., Kajita Y, Kojima N, Sakimura K, Shirao T, 第37回日本神経科学大会,   2014年09月
  • Primary cultured hippocampal neurons prepared from drebrin knockout mouse shows the decrease of MAP2 positive dendrites at late developmental stage., Koganezawa N, Kajita Y, Kojima N, Sakimura K, Shirao T, 第37回日本神経科学大会,   2014年09月
  • Acute effect of carbon ion irradiation on hippocampal neuronal cell death and fear memory formation., Puspitasari A, Koganezawa N, Kojima N, Isono M, Yoshida Y, Shirao T, 第37回 日本神経科学大会,   2014年09月
  • Acute effect of Carbon Ion Irradiation on hippocampal neuron and fear memory formation., Puspitasari A, Koganezawa N, Shuchuan M, Kojima N, Isono M, Yoshida Y, Kanai T, Shirao T, The 6th ISN Special Conference,   2014年09月
  • Primary cultured neurons prepared from drebrin knockout mice have a few MAP2 positive dendrites., Shirao T, Koganezawa N, Kajita Y, Kojima N, Sakimura K, 第57回日本神経化学大会,   2014年09月
  • Acute effects of X-irradiation on learning, adult neurogenesis and the accumulation of drebrin., Puspitasari A, Koganezawa N, Kojima N, Shirao T, The 40th Annual meeting of Society for Neuroscience,   2013年11月
  • Impairment of Adult Neurogenesis by Drebrin Knockout Results in the Olfactory Dysfunction., Kajita Y, Kojima N, Sakimura K, Shirao T, Brain and Health Informatics 2013,   2013年10月
  • Effect of X-irradiation on learning, cell death and synaptic proteins., Puspitasari A, Koganezawa N, Kojima N, Shirao T, 第56回日本神経化学会大会,   2013年06月
  • Drebrin knockout mice show the impairment of olfactory acuity via affecting adult neurogenesis., Kajita Y, Kojima N, Sakimura K, Shirao T, 第56回日本神経化学会大会,   2013年06月
  • Molecular and neuronal regulation of emotional memory: Age-related vulnerability to synaptic dysfunction in drebrin A-knockout mice., Kojima N, 24th Biennial Meeting symposium, International Society for Neurochemistry (Cancun),   2013年04月21日, 招待有り
  • Acute effect of X-irradiation on adult mouse brain., Koganezawa N, Puspitasari A, Kojima N, ShiraoT, 第90回日本生理学会大会,   2013年03月
  • Acute effect of X-irradiation on adult mouse brain., Puspitasari A, Koganezawa N, Kojima N, Shirao T, Third Conference of International Society of Radiation Neurobiology,   2013年01月
  • Effect on the neural cells and plasticity of the central nervous system: Time-dependent effect of X-irradiation on fear conditioning and its underlying cellular mechanism., Koganezawa N, Puspitasari A, Kojima N, Shirao T, Third Conference of International Society of Radiation Neurobiology,   2013年01月, 招待有り
  • Differential role of drebrin in neuronal cell proliferation and migration in adult neurogenesis., 梶田 裕貴、児島 伸彦、白尾 智明, 第35回日本神経科学大会、名古屋,   2012年09月
  • Differential distribution and function of two drebrin isoforms in adult mouse brain., 児島 伸彦、安田 浩樹、花村 健次、白尾 智明, 第35回日本神経科学大会、名古屋,   2012年09月
  • Myosin-II-dependent translocation of drebrin at the early phase of synaptic plasticity., 児島 伸彦、白尾 智明、山崎 博幸、関野 祐子, 第85回日本薬理学会年会、京都,   2012年03月
  • 培養神経細胞および成体脳におけるX線照射の急性効果., 児島 伸彦, 第2回国際放射線神経生物学会大会 シンポジウム1 放射線曝露後神経機能障害のメカニズム、前橋,   2011年12月
  • Newly-generated neurons are decreased in the adult hippocampus of drebrin-null mutant mice., 梶田 裕貴、児島 伸彦、白尾 智明, 第34回日本神経科学大会、横浜,   2011年09月
  • Myosin II ATPase activity is involved in drebrin translocation in dendritic spines., 児島 伸彦、水井 利幸、関野 祐子、白尾 智明, 第34回日本神経科学大会、横浜,   2011年09月
  • Drebrin-binding protein Spikar facilitates filopodia formation in immature stage of neuronal development., 山崎 博幸、児島 伸彦、白尾 智明, 第34回日本神経科学大会、横浜,   2011年09月
  • マーモセット脳におけるドレブリンの免疫組織化学的解析., 梶田 裕貴、児島 伸彦、三輪 美樹、中村 克樹、白尾 智明, 第58回北関東医学会総会、前橋,   2011年09月
  • Regulatory role of drebrin in hippocampus-dependent learning., Shirao T, Kojima N, Hanamura, K, Yasuda, H, Kajita, Y, Kamata, Y, Sekino, Y, The 23rd Biennial Meeting of International Society for Neurochemistry, Athens,   2011年08月
  • cLTP誘導初期に起こるドレブリン結合型アクチン線維の樹状突起スパインからの脱出., 児島 伸彦、白尾 智明,水井 利幸、関野 祐子, 第88回日本生理学会大会、誌上開催,   2011年03月
  • ドレブリン動態のアイソフォーム特異性とその特異性に関与する分子内アミノ酸配列の解析., 鎌田 洋輔、花村 健次、山崎 博幸、児島 伸彦、白尾 智明, 第88回日本生理学会大会、誌上開催,   2011年03月
  • Isoform conversion of drebrin is required for hippocampus-dependent learning and synaptic plasticity., 児島 伸彦、安田 浩樹、花村 健次、白尾 智明, 第84回日本薬理学会年会、誌上開催,   2011年03月
  • X線照射による脳におけるmTORシグナル及びタンパク質合成の変化., 石塚 佑太、花村 健次、児島 伸彦、白尾 智明、武井 延之, First annual meeting of International Society of Radiation Neurobiology、前橋,   2011年01月
  • Acute effect of X-irradiation on conditioned fear memory., 児島 伸彦、花村 健次、白尾 智明, First annual meeting of International Society of Radiation Neurobiology、前橋,   2011年01月
  • Neuron-specific drebrin isoform is necessary for hippocampus-dependent learning in adulthood., Kojima N, Yasuda H, Hanamura K, Shirao T, Society for Neuroscience 37th Annual Meeting, San Diego,   2010年11月
  • 海馬ニューロンの樹状突起スパインにおけるドレブリンのアイソフォーム特異的な動態の制御機構., 花村 健次、鎌田 洋輔、山崎 博幸、児島 伸彦、白尾 智明, 第19回海馬と高次脳機能学会、金沢,   2010年11月
  • ドレブリン遺伝子のアイソフォーム変換不全マウスにおける海馬シナプス可塑性と海馬依存的学習の障害., 児島 伸彦、安田 浩樹、花村 健次、白尾 智明, 第33回日本神経科学大会/第53回日本神経化学会大会合同大会、神戸,   2010年09月
  • ドレブリンアイソフォーム変換不全マウスにおける海馬シナプス可塑性と海馬依存的学習の障害, 児島 伸彦、花村 健次、白尾 智明, 第33回日本神経科学大会/第53回日本神経化学会大会/第20回日本神経回路学会大会合同大会(Neuro2010),   2010年09月
  • ドレブリン遺伝子のアイソフォーム変換不全は文脈依存的恐怖学習の障害を引き起こす, 児島 伸彦、花村 健次、白尾 智明, 第83回日本神経薬理学会年会,   2010年03月
  • ドレブリン遺伝子のアイソフォーム変換不全は文脈依存的恐怖学習の障害を引き起こす., 児島 伸彦、花村 健次、白尾 智明, 第83回日本薬理学会年会、大阪,   2010年03月
  • アクチン結合タンパク質ドレブリンのアイソフォーム特異的なスパイン内における動態., 児島 伸彦、花村 健次、山崎 博幸、白尾 智明, 第32回日本神経科学大会、名古屋,   2009年09月
  • 成熟脳の新生ニューロン放射線感受性の成熟過程における変化., 白尾 智明、水上 喜久、花村 健次、児島 伸彦、吉田 由香里、鈴木 義行、中野 隆史, 第32回日本神経科学大会、名古屋,   2009年09月
  • ドレブリン結合タンパク質SPIKARの細胞内輸送シグナル配列の同定., 山崎 博幸、児島 伸彦、白尾 智明, 第32回日本神経科学大会、名古屋,   2009年09月
  • 情動記憶の分子基盤ー遺伝子改変マウスを用いた研究, 児島 伸彦, 日本麻酔科学会第56回学術集会 企画シンポジウム11「術中覚醒と記憶:記憶のメカニズムから発生時の対処方法まで」 神戸,   2009年08月
  • Specific role of neuronal isoform of drebrin in hippocampal synaptic plasticity and fear memory., Kojima N, Yasuda H, Hanamura K, Yamazaki H, Shirao T, 36th International Congress of Physiological Sciences, Kyoto,   2009年07月
  • Drebrin A knock-out impairs context-dependent fear conditioning and homeostatic plasticity of the NMDA receptor., 児島 伸彦、青木 ちえ、花村 健次、山崎 博幸、白尾 智明, 第52回日本神経化学会大会 渋川,   2009年06月
  • 嗅球摘出マウス脳におけるシナプス可塑性関連遺伝子の発現量変化., 竹田 麗子、児島 伸彦、白尾 智明, 第52回日本神経化学会大会 渋川,   2009年06月
  • ドレブリン結合タンパク質Spikarによるスパイン形成への関与及びその機能ドメインの特定., 山崎 博幸、児島 伸彦、白尾 智明, 第52回日本神経化学会大会 渋川,   2009年06月
  • 樹状突起スパインのアクチン結合蛋白ドレブリンA欠失による文脈依存的恐怖条件づけの障害., 児島 伸彦、 山崎 博幸、白尾 智明, 神経組織の成長・再生・移植研究会第24回学術集会、渋川,   2009年06月
  • Isoform conversion of drebrin during neuronal development regulates synapse formation and fear memory., Kojima N, Hanamura K, Yamazaki H, Shirao T, Society for Neuroscience 38th Annual Meeting, Washington, DC,   2008年11月
  • ICER遺伝子欠損マウスおよびICER遺伝子異常発現させたマウスにおけるメタンフェミン依存作用に関する研究., Han W, Kojima N, Takamatsu Y, Endo S, Shirao T, Ikeda K, 首都大バイオコンファレンス、八王子,   2008年10月
  • Inhibitory role of inducible cAMP early repressor (ICER) in methamphetamine-induced locomotor sensitivity., Han W, Kojima N, Takamatsu Y, Endo S, Shirao T, Ikeda K, 第18回日本臨床精神神経薬理学会・第38回日本神経精神薬理学会 合同年会, 東京,   2008年10月
  • Overexpression of ICER, an endogenous antagonist of CREB, impairs specific aspects of reward learnin, Borlikova G, Kojima N, Arai M, Endo S, 6th Forum of European Neuroscience, Geneva,   2008年07月
  • Deficit of the conversion of drebrin isoforms aggravates hyper locomotion in the olfactory bulbectomy., 児島 伸彦、竹田 麗子、花村 健次、白尾 智明, 第31回日本神経科学大会、東京,   2008年07月
  • Involvement of ICER in the hippocampal long-term potentiation., Rejan Vigot、Nana Noumi、Nobuhiko Kojima, Shogo Endo, 第85回日本生理学会大会、東京,   2008年03月
  • Impairment of reward learning in mice overexpressing ICER, an endogenous antagonist of CREB., 荒井 路子、児島 伸彦、Gilyana Borlikova、遠藤 昌吾, 第85回日本生理学会大会、東京,   2008年03月
  • Type II calcium/calmodulin-dependent protein kinase interacts with drebrin., 白尾智明、笹川快生、児島 伸彦、山崎博幸, 第85回日本生理学会大会、東京,   2008年03月
  • Changes in expression level of synaptic-function related molecules in the hippocampus of mouse model of depression., 児島 伸彦、竹田 麗子、白尾 智明, 第85回日本生理学会大会、東京,   2008年03月
  • Overexpression of ICER, an endogenous antagonist of CREB, impairs specific aspects of reward learning., Borlikova G, Kojima N, Arai M, Endo S, The 6th Forum of European Neuroscience,   2008年
  • Alzheimer’s model animals show reduction of drebrin A within spines and this may lead to impairment., Aoki C, Kojima N, Fujisawa S, Mahadomrongkul V, Habersat R, Sabaliauskis N, Hernandez H, Levy R, Shirao T, Society for Neuroscience 37th Annual Meeting, San Diego,   2007年11月
  • Cessation of neuronal migration in adult rodent olfactory bulb is paralleled with the disappearance, 花村 健次、宋 明橋、児島 伸彦、関野 祐子、白尾 智明, 第30回日本神経科学大会、横浜,   2007年09月
  • Overexpression of ICER, an Endogenous Antagonist of CREB, Impairs Fear Memory., 児島 伸彦、荒井路子、Borlikova Gilyana、遠藤昌吾, 第30回日本神経科学大会、横浜,   2007年09月
  • 嗅球摘出マウス海馬におけるシナプス可塑性関連遺伝子の発現変化., 児島 伸彦、竹田麗子, 長田千愛, 白尾智明, 第54回北関東医学会総会、前橋,   2007年09月
  • Comprehensive behavioral characterization of mice lacking ICER, an Endogenous Antagonist of CREB., 児島 伸彦、Borlikova Gilyana、荒井路子、遠藤昌吾, 第30回日本神経科学大会、横浜,   2007年09月
  • Overexpression of ICER, an endogenous antagonist of CREB, impairs long-term context-dependent fear m, 児島 伸彦、Borlikova G, Arai M, Endo S, 7th IBRO World Congress of Neuroscience, Melbourne,   2007年07月01日
  • 成体脳の新生神経細胞の移動停止時にドレブリンEは細胞体から消失する., 児島 伸彦、花村健次、宋明橋、関野祐子、白尾智明, 第22回神経組織の成長・再生・移植研究会、岡山,   2007年05月
  • Spikar plays a role in dendritic spine formation but not in synapse formation., 児島 伸彦、山崎博幸、加藤健一、関野祐子、白尾智明, 第84回日本生理学会大会、大阪,   2007年03月
  • Spikar plays a role in dendritic spine formation but not in synapse formation., 日本生理学会,   2007年
  • Comprehensive behavioral characterization of mice lacking ICER, an endogenous antagonist of CREB, 日本神経科学学会,   2007年
  • Overexpression of ICER, an endogenous antagonist of CREB, impairs fear memory., 日本神経科学学会,   2007年
  • 嗅球摘出マウス海馬におけるシナプス可塑性関連遺伝子の発現変化, 北関東医学会総会,   2007年
  • Overexpression of ICER, an endogenous antagonist of CREB, impairs long-term context-dependent fear memory., 7th IBRO World Congress of Neuroscience,   2007年
  • Alzheimer’s model animals show reduction of drebrin A within spines and this may lead to impairment of synaptic activity-dependent trafficking of NMDAR subunits into spines.,   2007年
  • 成体脳の新生神経細胞の移動停止時にドレブリンEは細胞体から消失する., 神経組織の成長・再生・移植研究会,   2007年
  • Cessation of neuronal migration in adult rodent olfactory bulb is paralleled with the disappearance of drebrin E from the cell body, 日本神経科学学会,   2007年
  • Morphological and behavioral analysis of mice lacking adult form of drebrin., 児島 伸彦、花村健次、山崎博幸、関野祐子、白尾智明, 第83回日本生理学会大会、前橋,   2006年03月
  • The NMDA receptor function is impaired by the disruption of actin binding protein drebrin A., 児島 伸彦、加藤 健一、白尾 智明, 第79回日本薬理学大会、横浜,   2006年03月
  • Clarification of causal relation between gene modification and behavioral abnormality., 児島 伸彦, 大会本部企画ワークショップ「Behvioral analysis of genetically modified mice in the postgenomic era」,   2006年03月
  • 樹状突起アクチン線維結合タンパク質drebrin欠失によるNMDA受容体機能の障害, 第79回日本薬理学会大会,   2006年
  • アクチン結合たんぱく質ドレブリンA欠損マウスにおける樹状突起スパインの形態形成と学習行動の解析, 第83回日本生理学会大会,   2006年
  • 遺伝子改変と行動学的表現型との因果律解明のための試み, 第83回日本生理学会大会本部企画ワークショップ ポストゲノム時代における遺伝子改変マウスの行動解析,   2006年
  • Drebrin E expression in migrating neuronal precursors of adult brain., 児島 伸彦、Song, M, Hanamura, K, Mikuni, M, Shirao, T, Society for Neuroscience 35th Annual Meeting, Washington DC,   2005年11月
  • Involvement of drebrin A in the formation of excitatory synapses., 児島 伸彦、花村 健次、関野 祐子、白尾 智明, 第28回日本神経科学大会、横浜,   2005年07月
  • Involvement of drebrin A in the formation of excitatory synapses., 日本神経科学学会,   2005年
  • Drebrin E expression in migrating neuronal precursors of adult brain, The Society for Neurosience 35th AnnualMeeting,   2005年
  • 興奮性シナプス形成部位におけるドレブリンAの局在, 第28回日本神経科学大会合同大会,   2005年
  • GFP標識ドレブリンA発現マウス、およびドレブリンA特異的ノックアウトマウスの作製とその解析, COE平成16年度研究成果報告会,   2005年
  • ICER acts as a negative regulator for long-term neuronal plasticity., 児島 伸彦、Ikeda T, Itohara S, Endo S, Society for Neuroscience 34th Annual Meeting, San Diego,   2004年10月
  • Effects of a lack of CRE-mediated transcription factor ICER on amygdala kindling., 児島 伸彦、池田敏男、糸原重美、遠藤昌吾, 第27回日本神経科学大会、大阪,   2004年09月
  • CRE転写調節因子ICER欠失の扁桃体キンドリングに及ぼす効果, 第27回日本神経科学学会・第47回日本神経化学会合同大会(Neuro2004),   2004年
  • ICER acts as a negative regulator for long-term neuronal plasticity, Society for Neuroscience 34th Annual Meeting.,   2004年
  • 転写調節因子と長期記憶?CRE転写抑制の恐怖条件づけ記憶における役割., 児島 伸彦, 第67回日本心理学会大会ワークショップ「遺伝子と行動(3):学習と記憶の分子行動科学」,   2003年09月
  • CRE結合型転写調節因子ICER欠失の情動記憶と遺伝子発現に及ぼす効果., 児島 伸彦、池田敏男、糸原重美、遠藤昌吾、二木宏明, 第26回日本神経科学大会、名古屋,   2003年07月
  • CRE結合型転写調節因子ICER欠失の情動記憶と遺伝子発現に及ぼす効果, 第26回日本神経科学学会大会,   2003年
  • 転写調節因子と長期記憶 ―CRE転写抑制の恐怖条件づけ記憶における役割, 第67回 日本心理学会大会ワークショップ「遺伝子と行動(3):学習と記憶の分子行動科学」,   2003年
  • Effects of overexpression of ICER, an inducible CRE-binding transcription factor, on epileptic seizu, 児島 伸彦、Kimura M, Niki H, Society for Neuroscience 32nd Annual Meeting, Orlando,   2002年11月
  • 誘導型転写調節因子ICERの脳内過剰発現の神経活動および学習行動に及ぼす効果., 児島 伸彦、木村光宏、二木宏明, 第25回日本神経科学大会、東京,   2002年07月
  • Effects of overexpression of ICER, an inducible CRE-binding transcription factor, on epileptic seizure and emotional behavior, Society for Neuroscience 32th Annual Meeting,,   2002年
  • 誘導型転写調節因子ICERの脳内過剰発現の神経活動および学習行動に及ぼす効果, 第25回日本神経科学学会大会,   2002年
  • Alteration of conditioned fear responses and protein tyrosine phosphorylation after the blockade of, 児島 伸彦、Sakamoto T, Niki H, Society for Neuroscience 31st Annual Meeting, San Diego,   2001年11月
  • NMDA受容体サブユニット2B阻害の恐怖条件づけおよびタンパク質チロシンリン酸化に及ぼす効果., 児島 伸彦、坂本敏郎、二木宏明, 第24回日本神経科学大会/第44回日本神経化学合同大会(Neuro2001)、東京,   2001年07月
  • 恐怖条件づけに伴って発現制御される遺伝子のDNAチップを用いた探索., 児島 伸彦、木村光宏、二木宏明, 第24回日本神経科学大会/第44回日本神経化学合同大会(Neuro2001)、東京,   2001年07月
  • 情動記憶の固定化に関わる分子の探索., 児島 伸彦、二木宏明, 第78回日本生理学会大会シンポジウム「情動と記憶」、京都,   2001年03月
  • Alteration of conditioned fear responses and protein trosine phosphorylation after the blockade of NMDA receptor subunit 2B, Society for Neuroscience 31th Annual Meeting,   2001年
  • 情動記憶の固定化に関わる分子の探索, 第78回日本生理学会大会シンポジウム,   2001年
  • 恐怖条件づけに伴って発現制御される遺伝子のDNAチップを用いた探索, 第24回日本神経科学大会・第44回日本神経化学合同大会(Neuro2001),   2001年
  • NMDA受容体サブユニット2B阻害の恐怖条件づけおよびタンパク質チロシンリン酸化に及ぼす効果, 第24回日本神経科学大会・第44回日本神経化学合同大会(Neuro2001),   2001年
  • Immunohistochemical analysis of SH3P7 in the rat brain., 児島 伸彦、Yamazaki H, Shirao T, Society for Neuroscience 30th Annual Meeting, New Orleans,   2000年11月
  • 恐怖条件づけに伴う扁桃体における遺伝子発現変化., 児島 伸彦、坂本敏郎、二木宏明, 第23回日本神経科学大会/第10回日本神経回路学会合同大会、横浜,   2000年09月
  • キンドリング動物におけるCRE転写調節因子の発現変化., 児島 伸彦、小幡邦彦, 第22回日本神経科学大会、大阪,   1999年07月
  • トランスジェニック動物を用いたキンドリングの分子機構の解析., 児島 伸彦、小幡邦彦, 第72回日本薬理学会年会シンポジウム「てんかん発作発現の分子機構:難治てんかん治療薬の開発に向けて」、札幌,   1999年03月
  • Fynチロシンキナーゼの神経可塑性における役割., 児島 伸彦、陸雲飛、松井秀樹、小幡邦彦, 第7回海馬と高次機能学会、宇都宮,   1998年10月
  • Fyn過剰発現マウスにおけるNMDA受容体サブユニット2Bチロシンリン酸化の亢進と情動行動変化., 児島 伸彦、Oliver Stork、Simone Stork、石橋英俊、小幡邦彦, 第21回日本神経科学大会/第41回日本神経化学合同大会、東京,   1998年07月
  • Epileptic seizure and enhanced tyrosine phosphorylation of NMDA receptor subunit 2B in Fyn-transgeni, 児島 伸彦、Ishibashi H, Obata K, Kandel ER, Society for Neuroscience 27th Annual meeting, New Orleans,   1997年10月
  • 活性型Fyn発現マウス海馬におけるLTP閾値の低下とシナプス伝達の増強., 児島 伸彦、陸雲飛、富沢一仁、森脇晃義、小幡邦彦、松井秀樹, 第20回日本神経科学大会、仙台,   1997年07月
  • FynトランスジェニックマウスにおけるけいれんとNMDA受容体のチロシンリン酸化の亢進., 児島 伸彦、石橋英俊、小幡邦彦, 第20回日本神経科学大会、仙台,   1997年07月
  • 活性型 Fyn の脳内発現によるけいれん発作とチロシンリン酸化の亢進., 児島 伸彦、石橋英俊, 小幡邦彦, 第39回日本神経化学会、横浜,   1996年10月
  • Effects of overexpression of Fyn and its activated version in the brain., 児島 伸彦、Yagi T, Yasuda M, Obata K, 4th IBRO World Congress of Neuroscience, Kyoto,   1995年07月
  • 非受容体型チロシンリン酸化酵素Fyn過剰発現の成熟脳における効果., 児島 伸彦、Mansuy I、Wang J、Kandel ER, 第72回日本生理学会大会、名古屋,   1995年03月
  • ドパミン入力を欠如した線条体に増量するmRNAのクローニング., 児島 伸彦、端谷毅、小幡邦彦、西野仁雄, 第69回日本生理学会大会、秋田,   1992年04月
  • Formation of neurite-like processes from non-neuronal cells transfected with cDNA of neuron-specific, 児島 伸彦、Shirao T, Hashimoto T, Inoue A, Obata K, 3rd IBRO World Congress of Neuroscience, Montreal,   1991年08月
  • Analysis of kindling induced change in gene expression in rat hippocampus., 児島 伸彦、Obata K, 3rd IBRO World Congress of Neuroscience, Montreal,   1991年08月
  • 鶏胚小脳におけるドレブリン蛋白アイソフォームE1とE2の層特異的発現 In situハイブリダイゼーションによる解析, 児島 伸彦、白尾智明、寺田庄一、小幡邦彦, 第64回日本薬理学会大会、神戸,   1991年03月
  • ラット中隔キンドリングの長期持続性に関わる分子の検索., 児島 伸彦、橋本隆紀、小幡邦彦, 第68回日本生理学会大会、京都,   1991年03月
  • cDNA導入による線維芽細胞での神経特異蛋白質ドレブリンAの発現と細胞突起形成., 児島 伸彦、白尾智明、小幡邦彦, 第64回日本薬理学会大会、神戸,   1991年03月
  • 神経特異的蛋白質ドレブリンAの遺伝子導入による細胞突起形成., 児島 伸彦、白尾智明、小幡邦彦, 第68回日本生理学会大会、京都,   1991年03月
  • 神経発生関連蛋白ドレブリンのラット脳における免疫学的解析とcDNAクローニング., 児島 伸彦、白尾智明、井上明宏, 第33回日本神経化学会、広島,   1990年10月
  • ラット海馬のキンドリングによる組織学的、神経化学的変化., 児島 伸彦、小幡邦彦、橋本隆紀, 第 67回日本生理学会大会、宮崎,   1990年04月
  • 神経特異タンパク質drebrin Aの遺伝子構造とその発現., 児島 伸彦、白尾智明、寺田庄一、小幡邦彦, 第32回日本神経化学会、札幌,   1989年09月
  • 神経発生に伴って出現するタンパク質Drebrinの遺伝子構造とその発現機構の解析., 児島 伸彦、加藤幸雄、白尾智明、小幡邦彦, 第61回日本薬理学会大会、福岡,   1988年03月
  • ニワトリ脳の発生過程に出現するタンパク質drebrinの遺伝子構造とその発現機構の解析., 児島 伸彦、加藤幸雄、白尾智明、小幡邦彦, 第30回日本神経化学会、東京,   1987年10月
  • 脳の発生過程で特異的に存在するタンパク質DrebrinのcDNAクローニングとその遺伝子発現様式., 児島 伸彦、白尾智明、加藤幸雄、小幡邦彦, 第60回日本薬理学会大会、千葉,   1987年03月
  • ニワトリ胚脳の発生段階に応じて出現する酸性蛋白のモノクローナル抗体による解析., 児島 伸彦、白尾智明、小幡邦彦, 第28回日本神経化学会、熊本,   1985年11月
  • シナプス小胞蛋白SVP30, 36, 38, 65の性質と局在., 児島 伸彦、小幡邦彦, 第73回日本薬理学会関東部会、東京,   1985年10月

特許

  • シナプス成熟障害モデル動物, 特願2004-257060 / 特許第4550530号

競争的資金

  • 情動記憶における核ーシナプス間情報伝達を担う分子の探索, 日本学術振興会, 学術研究助成基金助成金 基盤研究(C), 児島 伸彦
  • スパイン内アクチン細胞骨格の多面的制御メカニズムとその脳機能における役割の解明, 日本学術振興会, 科学研究費補助金 基盤研究(S), 白尾 智明
  • 情動記憶の分子機構に関わるmicroRNAの同定とその機能解析, 日本学術振興会, 科学研究費補助金 基盤研究(C), 児島 伸彦
  • 脳の機能発達と学習メカニズムの解明:情動発達とその障害発症機構の解明, 科学技術振興機構, 戦略的創造研究推進事業(CREST), 西条 寿夫
  • 神経回路形成時の軸索成長円錐におけるアクチン細胞骨格の役割, 日本学術振興会, 科学研究費補助金 基盤研究(B), 白尾 智明
  • 誘導型CRE調節タンパク質ICERの神経可塑性および学習・記憶における役割, 日本学術振興会, 科学研究費補助金 基盤研究(C), 児島 伸彦
  • チロシンキナーゼFyn活性化によって引き起こされるてんかんとタンパク質のリン酸化, 文部省, 科学研究費補助金 奨励研究(A), 児島 伸彦
  • チロシンリン酸化酵素Fyn過剰発現およびその活性型分子発現の成熟脳における効果, 文部省, 科学研究費補助金 奨励研究(A), 児島 伸彦
  • ラット中隔キンドリングの長期持続性に関わる分子の同定, 文部省, 科学研究費補助金 奨励研究(A), 児島 伸彦
  • ラット海馬の可塑的変化時に発現される特異タンパク質の遺伝子クローニング, 文部省, 科学研究費補助金 奨励研究(A), 児島 伸彦
  • GABAの神経発生・可塑性における役割のGAD遺伝子ノックアウトマウスによる研究, 文部省, 科学研究費補助金 基盤研究(B), 小幡 邦彦
  • 海馬可塑性の分子機構-キンドリングと長期増強における遺伝子発現, 文部省, 科学研究費補助金 一般研究(B), 小幡 邦彦

教育活動情報

担当経験のある科目

  • 薬理学, 群馬大学
  • 行動科学, 群馬大学
  • 神経科学, 東洋大学
  • 再生医科学, 東洋大学
  • 細胞制御学, 東洋大学

社会貢献活動情報

社会貢献活動

  • こころのメカニズム, 講師, 北本市教育委員会,   2016年07月24日
  • 健脳のためのニューロサイエンス講座, 講師, 館林市・板倉町・東洋大学,   2014年12月19日
  • 記憶と忘却のメカニズム, 講師, 朝霞市教育委員会生涯教育部,   2014年10月24日
  • 産業カウンセラー養成講座「こころのメカニズム」, 講師, (一般社団法人)日本産業カウンセラー協会,   2013年06月
  • 記憶と忘却の脳のしくみ, 講師, NPO特定非営利活動法人 脳の世紀推進会議,   2006年05月
  • ライトサイクラーを用いた脳の遺伝子発現変化の研究, 講師, ロッシュダイアグノスティック社,   2002年11月