詳細検索はこちら
※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

本田 宏治ホンダ コウジ

所属・担当
社会学部社会文化システム学科
現代社会総合研究所
社会学研究科社会学専攻
職名准教授
メールアドレス
ホームページURL
生年月日
Last Updated :2019/05/16

研究者基本情報

学位

  • 博士(社会学), 立命館大学

所属学協会

  • 日本社会病理学会
  • 日本犯罪社会学会
  • 日本社会学会

経歴

  •   2010年04月 - 2013年03月, 日本学術振興会, 特別研究員(PD)
  •   2008年04月 - 2010年03月, 龍谷大学, 矯正・保護研究センター, 博士研究員

研究活動情報

論文

  • 「オランダ」の「ドラッグ政策」にかんする「合法」の意味構築 : 1980年代における英字紙のテクスト分析, 本田 宏治, 現代の社会病理, (33) 99 - 113,   2018年09月
  • 日本のドラッグ政策とは何か?--刑罰を伴わない不可視な統制 (特集 新しい依存症のかたち--「回復」へのプログラム), 本田 宏治, 現代思想, 現代思想, 38, (14) 200 - 208,   2010年12月
  • わが子をドラッグ使用者として語り続けることへの逡巡, 本田 宏治, 家族社会学研究, 家族社会学研究, 20, (1) 45 - 56,   2008年
  • 〈身体〉の統制から「リスク」の統制へ--ドラッグ問題戦略の別なる位相, 本田 宏治, 警察政策, 警察政策, 9, 61 - 79,   2007年
  • 親密圏における合理的な管理/統制の不可能性とドラッグ・アディクトの構成, 本田 宏治, 現代の社会病理, 現代の社会病理, (22) 71 - 86,   2007年
  • ドラッグ問題に対するリスク社会論的考察 : ハーム・リダクション政策の権力構造を焦点として(II 自由論文), 本田 宏治, 犯罪社会学研究, 犯罪社会学研究, (31) 88 - 100,   2006年10月
  • ドラッグ・アディクションからの「回復」が意味するもの--ドラッグ・コートが可視化させる「回復する主体」像, 本田 宏治, ソシオロジ, ソシオロジ, 51, (1) 87 - 101,   2006年05月

MISC

  • 著者より(『ドラッグと刑罰なき統制-不可視化する犯罪の社会学』, 本田宏治著, 四六判, 308頁, 3,150円, 生活書院, 2011年), 本田 宏治, 犯罪社会学研究,   2012年10月31日
  • 『ドラッグと刑罰なき統制-不可視化する犯罪の社会学』, 本田宏治著, 四六判, 308頁, 3,150円, 生活書院, 2011年, 石塚 伸一, 本田 宏治, 犯罪社会学研究, (37) 157 - 160,   2012年10月31日
  • 犯罪と非行をめぐる家族の問い方と社会のひずみ (特集 犯罪・非行研究の最前線(その2)犯罪社会学若手研究), 本田 宏治, 青少年問題, 57, (0) 20 - 25,   2010年07月
  • 書評 佐藤哲彦著『覚醒剤の社会史』, 本田 宏治, 現代の社会病理, (23) 167 - 170,   2008年

書籍等出版物

  • ドラッグと刑罰なき統制―不可視化する犯罪の社会学
    本田 宏治
    単著生活書院  2011年03月

受賞

  •   2012年10月, 日本犯罪社会学会, 奨励賞
  •   2008年10月, 日本社会病理学会, 研究奨励賞
  •   2007年10月, 日本犯罪社会学会, 奨励賞