研究者総覧

一川 大輔 (イチカワ ダイスケ)

  • 理工学部生体医工学科 准教授
  • 工業技術研究所 准教授
Last Updated :2021/09/10

研究者情報

学位

  • 博士(医科学)(山梨大学)
  • 修士(体育学)(筑波大学)

ホームページURL

科研費研究者番号

  • 10383499

J-Global ID

プロフィール

  • Daisuke Ichikawa, PhD. Professional affiliations: Sports and Health Science Laboratory, Department of Biomedical Engineering, Faculty of Science and Engineering (Toyo University, JAPAN). 2012 Interdisciplinary Graduate School of Medicine and Engineering (University of Yamanashi, JAPAN), Doctor of Philosophy (Life Science). 2001 Master's Program in Health and Sport Sciences (University of Tsukuba, JAPAN), Master of Physical Education (Coaching Science). Current areas of interest: Motor learning and human performance, Educational value of physical education, Sarcopenia investigation for the aging society, Department of athletics and recreation.

研究キーワード

  • 体育科教育学   教育実践研究   教育心理学   運動生理学   スポーツバイオメカニクス   運動パフォーマンス評価   トレーニング科学   体温調節   暑熱耐性   3次元動作分析   TrackMan (Doppler radar ball trackers)   ファンクショナルトレーニング   ファンクショナルムーブメントスクリーン   サルコペニア (加齢性筋萎縮症)   不活動   脳自己調節機能   セルフ・エフィカシー (自己効力感)   運動好嫌度   自己愛   大学体育   体力テスト   メディシンボール   運動連鎖   下肢筋力評価   地面反力   伸張 - 短縮サイクル   筋厚   超音波Bモード法   コアトレーニング   ViPR (Vitality Performance Reconditioning)   

研究分野

  • 人文・社会 / 教科教育学、初等中等教育学
  • 人文・社会 / 教育心理学
  • ライフサイエンス / 体育、身体教育学
  • ライフサイエンス / 栄養学、健康科学
  • ライフサイエンス / スポーツ科学

経歴

  • 2015年04月 - 現在  東洋大学理工学部生体医工学科准教授
  • 2010年04月 - 2015年03月  東洋大学理工学部生体医工学科講師
  • 2009年04月 - 2010年03月  東洋大学総合情報学部非常勤講師
  • 2007年04月 - 2009年03月  青山学院大学文学部助教
  • 2004年04月 - 2007年03月  青山学院大学文学部体育実技助手

学歴

  • 2009年04月 - 2012年03月   山梨大学大学院   医学工学総合教育部 人間環境医工学専攻   生体環境学コース
  • 1999年04月 - 2001年03月   筑波大学大学院   体育研究科 コーチ学専攻
  • 1995年03月 - 1999年04月   筑波大学 体育専門学群

所属学協会

  • 日本スポーツパフォーマンス学会   理学療法科学学会   日本教育心理学会   大学体育スポーツ学研究   National Strength and Conditioning Association   日本スプリント学会   日本陸上競技学会   日本ゴルフ学会   日本バイオメカニクス学会   日本体育学会   International Journal of Golf Science   European College of Sports Science   日本ウェルネス学会   

研究活動情報

論文

書籍

講演・口頭発表等

  • 素材と色の違いが帽子内温度上昇に及ぼす影響 -暑熱環境下でのフィールドテストによる一考察―  [通常講演]
    北 徹朗; 橋口 剛夫; 一川 大輔; 服部 由季夫; 浅井 泰詞; 吉原 紳; 鳩崎 正徳
    第75回日本体力医学会大会 (鹿児島大学)【Web開催】 2020年09月 ポスター発表
  • 暑熱環境下におけるゴルフプレーではグリーン上で帽子内温度が急上昇する -屋外スポーツ活動時の熱中症予防対策帽子開発に向けた研究計画―  [通常講演]
    北 徹朗; 服部 由季夫; 一川 大輔; 橋口 剛夫; 浅井 泰詞; 吉原 紳; 鳩崎 正徳
    第74回日本体力医学会大会(つくば国際会議場) 2019年09月 ポスター発表
  • セルフモニタリングを導入したウォーキング授業が初年次女子大学生のウエルネスと歩数に及ぼす影響  [通常講演]
    長谷川 望; 木村 博人; 小圷 昭仁; 一川 大輔
    日本ウエルネス学会第16回大会 (名桜大学) 2019年09月 ポスター発表
  • 足元に対するボール位置が上下異なる状況下でのショットおよびスイング変数の比較  [通常講演]
    樽谷恭明; 鈴木タケル; 一川大輔
    日本ゴルフ学会第32回大会 (サンコー72) 2019年09月 口頭発表(一般)
  • ゴルフスコアにおける負荷軽減法の検討ーアベレージゴルファーは何回の打ち直しショットでパープレーできるのか?ー  [通常講演]
    鈴木タケル; 奥田功夫; 一川大輔
    日本ゴルフ学会第32回大会 (サンコー72) 2019年09月 口頭発表(一般)
  • ゴルフ弾道測定による一貫性5段階評価テストの検証  [通常講演]
    鈴木 タケル; 奥田 功夫; 一川 大輔
    日本ゴルフ学会第31回大会 (阿蘇リゾートグランヴィリオホテル) 2018年11月 口頭発表(一般)
  • 高校生までのスポーツ経験年数及び運動部での役職経験とレジリエンスの関連性  [通常講演]
    重藤 誠市郎; 奥田 功夫; 一川 大輔
    日本体育学会 第69回大会 (徳島大学) 2018年08月 ポスター発表
  • An analysis of swing factors when taking either an uphill or downhill stroke  [通常講演]
    Daisuke Ichikawa; Takeru Suzuki; Tateo Inoue; Hideyo Nishigai, John; Patrick Sheahan; Isao Okuda
    World Scientific Congress of Golf 2018 2018年07月 University of the Fraser Valley (CAN)
     
    Purpose: Professional golfers are thought to train repetitively for the purpose of mastering a fixed swing style that they can rely upon regardless of changes in conditions when taking a stroke. However, there is no research found that shows that professional golfers actually aren't changing their swing according to the conditions in which the stroke is being taken. There is also no guarantee that they always self-consciously make minor adjustments to all swings to adapt to a change in conditions. It is also unclear how much influence a change in conditions, namely the perception of information has on a golf swing. In this study club head behavior near the point of impact in professional golfers’ strokes was compared in differing uphill and downhill conditions. The purpose of the study is to verify through scientific investigation of attack angle, dynamic loft, launch angle and club path, how perception of taking an uphill or downhill stroke influences swing factors.
  • Professional golfers tend to putt over a target when putting with their dominant hand stroke  [通常講演]
    Takeru Suzuki; Yoshiaki Manabe; Hiroshi Arakawa; John; Patrick Sheahan; Isao Okuda; Daisuke Ichikawa
    World Scientific Congress of Golf 2018 2018年07月 ポスター発表 University of the Fraser Valley (CAN)
     
    Purpose: We theorized that the fine putting skill of professional golfers could only be assessed through comparison with novice golfers using a challenge to stop a ball on a putting target from a certain distance. Furthermore, we took into account that professional golfers have great experience putting with their dominant hand, so we compared this with putting ability in the non-dominant hand to investigate if the motor skill is transferred. The accumulated data was used as a performance indicator for distance and direction. The experiment was conducted with the hypothesis that professional golfers would have a high ability to accurately stop the ball on or near the target with their dominant hand stroke and also have a higher ability with their non-dominant hand stroke than novice golfers have with either their dominant or non-dominant hand stroke.
  • パッティングにおけるゴルファーズバイアスの検証  [通常講演]
    鈴木 タケル; 荒川 裕志; 一川 大輔; 眞鍋 芳明
    日本ゴルフ学会第30回大会(グランドプリンスホテル広島) 2017年08月 口頭発表(一般)
  • 現場に即した簡易測定法と女子大学生における膝伸展筋群の筋力・筋厚との関係  [通常講演]
    安田 智洋; 一川 大輔
    日本体育測定評価学会 第16回大会 (ホルトホール大分) 2017年03月 口頭発表(一般) 大分(ホルトホール大分)
  • 大学生のレジリエンスを高める要因についての検討 ―自己愛傾向、運動経験、運動の好嫌による分析―  [通常講演]
    重藤 誠市郎; 奥田 功夫; 一川 大輔
    日本パーソナリティ心理学会 第25回大会 (関西大学) 2016年09月 ポスター発表
  • Physical fitness tests of evaluating knee extensor muscle strength and size in university freshmen male students  [通常講演]
    Tomohiro Yasuda; Daisuke Ichikawa
    ACSM's 63rd Annual Meeting (Boston, Massachusetts, USA) 2016年06月 ポスター発表 Boston, Massachusetts The American College of Sports Medicine
     
    Introduction: It is well known that the size and strength of skeletal muscle decreases with increasing age (sarcopenia), notably in the knee extensor muscles. Recent studies have indicated that university students in Japan have low levels of physical activity, and that muscle strength of the lower extremities decreases every year. Therefore, physical fitness for university students should be focused on the size/strength of the knee extensor muscles. However, an appropriate physical fitness test to evaluate knee extensor muscle strength and size in university students has not been designed. Purpose: The purpose of this study was to examine the relationship between knee extensor muscle strength and size and physical fitness results in university freshmen male students.
  • 2020年東京オリンピック決定後の霞ヶ関カンツリー倶楽部準備状況に関する研究-2015年度現地調査からの検討-  [通常講演]
    一川 大輔; 江原 清浩; 奥田 功夫
    第28回日本ゴルフ学会 (COCOPA RESORT CLUB) 2015年09月 口頭発表(一般)
  • 運動嫌いである大学生の自己愛と自己効力感との関係性  [通常講演]
    重藤 誠市郎; 奥田 功夫; 一川 大輔
    第66回 日本体育学会 (国士舘大学) 2015年08月 ポスター発表
  • Biomechanical changes by medicine ball training on skilled golfers.  [通常講演]
    Isao Okuda, John; P. Sheahan; Daisuke Ichikawa
    2014 Golf Science: A World Scientific Congress of Golf 2014年09月 ポスター発表 Gold Coast, Queensland, Australia Griffith University (AUS)
     
    Purpose: One of the popular training methods to improve sport performance is medicine ball (MB) training. MB training can increase the speed of trunk rotation or the stability of the trunk. Theoretically, both of those changes in a kinetic chain of the body can cause a positive effect on golf swing mechanics; however the effect of the training on golf performance is still unclear. Thus, the purpose of this study was to clarify the effects of 8 weeks of MB training on golf performance for skilled golfers.
  • ViPR functional training for competitive university golfers influence on TrackMan and physiological index during golf pre-season  [通常講演]
    Daisuke Ichikawa; Nobumitsu Yuhara; Tsunehiro Fuchiwaki; John; P. Sheahan; Isao Okuda
    2014 Golf Science: A World Scientific Congress of Golf 2014年09月 ポスター発表 Gold Coast, Queensland, Australia Griffith University (AUS)
     
    Purpose: Functional training has become very popular in golf training. There is variety of training equipment in the market, and previous studies reported the effect of functional training on golf using various equipment. One of the newest equipment for functional training is ViPR (Vitality Performance Reconditioning). The ViPR consists of a cylinder-like rubber tube (4 to 20 kg) with two handles mounted on it. The shape of the ViPR allows the trainee to move it in various ways with a tight grip. Because it is relatively new to the market, there is no previous scientific study on the effect of the ViPR. Thus, the purpose of this study is to scientifically investigate whether ViPR training is an effective method of training for competitive golfers.
  • 特性的自己効力感及び運動自己効力感と自己愛の関連性  [通常講演]
    重藤 誠市郎; 西垣 景太; 奥田 功夫; 一川 大輔
    第64回日本体育学会 (立命館大学びわこ・くさつキャンパス) 2013年08月
  • 8週間のコアトレーニングが学生ゴルファーのスイングスピードと内省感覚に与える効果  [通常講演]
    一川 大輔; John Patrick Sheahan; 並木 弘道; 奥田 功夫
    第26回日本ゴルフ学会 (武蔵野美術大学) 2013年08月
  • 下肢を中心とした測定評価と運動スキルテストに関する研究計画  [通常講演]
    一川 大輔
    第1回大学体育研究フォーラム (武蔵野美術大学) 2013年03月
  • A study of imaging time of professional golfers and amateur golfers  [通常講演]
    Yoshihara, S; Ichikawa, D; Kita, T; John, S; Takahashi, M; Kawakami, T; Yamamoto, T; Kato, Z
    17th annual Congress of the EUROPEAN COLLEGE OF SPORT SCIENCE, (Bruges, Belgium) 2012年07月
  • 持久性運動競技者における脳血流制御  [通常講演]
    一川 大輔; 宮澤 太機; 堀内 雅弘; 北間 敏弘
    第89回 日本生理学会 (信州大学) 2012年03月
  • 持久性運動能力が脳自己調節機能に及ぼす影響:起立耐性の違いから  [通常講演]
    一川 大輔; 宮澤 太機; 堀内 雅弘; 小河 繁彦
    第66回 日本体力医学学会 (海峡メッセ下関) 2011年09月
  • 運動による脳酸素化動態の変化は脳血流量に依存する  [通常講演]
    宮澤 太機; 堀内 雅弘; 一川 大輔; 佐藤 耕平; Baily M Damian; 田中 尚樹; 小河 繁彦
    第66回 日本体力医学会 (海峡メッセ下関) 2011年09月
  • A Survey of Golf Course Management in United States  [通常講演]
    一川 大輔
    15th annual congress of the European College of Sports Science (Middle east university, Turkey) 2010年06月
  • 大学生の行動体力と疲労との関係について  [通常講演]
    一川 大輔
    第46回全国大学保健管理研究集会 (社団法人全国大学保健管理協会) 2008年10月
  • ゴルフ場の安全対策(17報)アンケートによるオーストラリアのゴルフ場の実態調査  [通常講演]
    一川 大輔
    日本ゴルフ学会第20回大会 (熊本学園大学大会) 2007年11月
  • 大学生における体力と生活習慣との関係について  [通常講演]
    一川 大輔
    第45回全国大学保健管理研究集会 (社団法人全国大学保健管理協会) 2007年10月
  • Safety Measures in Golf -The Actual Situation Concerning Accidents (injuries and damages) as Revealed by a Questionnaire Survey of Golf Courses a Possible Measures to Prevent Them-  [通常講演]
    一川 大輔
    12th Annual Congress of the European College of Sport Science (Jyvaskyla University, Finland) 2007年07月
  • The study about health consciousness and practice methods of the Japanese middle aged golfer  [通常講演]
    一川 大輔
    12th Annual Congress of the European College of Sport Science (Jyvaskyla University, Finland) 2007年07月
  • スプリント走とハードルのインターバル走の疾走動作における事例的研究  [通常講演]
    一川 大輔
    日本陸上競技学会第5回大会 (日本女子体育大学大会) 2006年09月
  • 中高年ゴルファーの身体特性・練習内容・健康意識に関する実態調査  [通常講演]
    一川 大輔
    日本ゴルフ学会第19回大会 (北海道工業大学大会) 2006年08月
  • 運動時の姿勢変化と体重移動量との関係(第2報)  [通常講演]
    一川 大輔
    日本ゴルフ学会第19回大会 (北海道工業大学大会) 2006年08月
  • 身長と記録に応じたスターティングブロック・セッティング方法に関する研究  [通常講演]
    一川 大輔
    日本陸上競技学会第4回大会 (筑波大学大会) 2005年09月
  • 100mハードル走における疾走様相(前半型と後半型)に関する事例的研究  [通常講演]
    一川 大輔
    日本陸上競技学会第4回大会 (筑波大学大会) 2005年09月
  • ハイハードル走における記録向上の縦断的研究~日本レベルから世界レベルへ~  [通常講演]
    一川 大輔
    日本陸上競技学会第4回大会 (筑波大学大会) 2005年09月
  • 運動時の姿勢変化と体重心移動量との関係  [通常講演]
    一川 大輔
    日本ゴルフ学会第18回大会 (国士舘大学大会) 2005年09月
  • 110mハードル走における13秒台達成に向けた運動評価に関する研究 (レース分析・動作分析の両側面から)  [通常講演]
    一川 大輔
    日本スプリント学会 第15回大会 (青山学院大学大会) 2004年11月

MISC

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • インソール型ウェアラブルデバイスを用いたショット時の足圧変数比較
    日本ゴルフ学会:2021年度日本ゴルフ学会関東支部研究助成
    研究期間 : 2021年04月 -2022年03月 
    代表者 : 樽谷 恭明; 一川 大輔; 鈴木 タケル; 奥田 功夫
  • 傾斜や視野が異なる環境下でのゴルフボール弾道測定とフェースコントロール解析
    独立行政法人日本学術振興会:2019年度科学研究費助成事業基盤研究 (C)
    研究期間 : 2019年04月 -2022年03月 
    代表者 : 一川 大輔; 奥田 功夫
  • ドライバーショットにおける優勢側スタンスと非優勢側スタンスでの左右差比較
    日本ゴルフ学会:2020年度日本ゴルフ学会関東支部研究助成
    研究期間 : 2020年04月 -2021年03月 
    代表者 : 鈴木 タケル; 一川 大輔; 奥田 功夫; 北 徹朗
  • 帽子の素材・色・形状が暑熱環境下でのスポーツ実施中の生理指標と帽子内温湿度に及ぼす影響
    石本記念デサントスポーツ科学振興財団:第41回(2019年度)研究助成金
    研究期間 : 2019年04月 -2020年03月 
    代表者 : 北徹朗; 橋口剛夫; 一川 大輔; 服部由季夫; 浅井泰詞
  • 歩数計測アプリケーションを利用したウォーキング指導が初年次大学生のウエルネス及びライフスキルに及ぼす影響
    公益社団法人全国大学体育連合:平成31年度大学体育研究助成金
    研究期間 : 2019年04月 -2020年03月 
    代表者 : 長谷川 望; 一川 大輔
  • 大学新入生への新たな体力測定 ~サルコペニア対策を目的とした下肢筋力の評価~
    公益社団法人全国大学体育連合:平成26年度大学体育研究助成金
    研究期間 : 2014年04月 -2015年03月 
    代表者 : 一川 大輔; 安田 智洋
  • 大学ゴルフ授業履修者の運動動作変容に関する研究
    公益社団法人全国大学体育連合:平成25年度大学体育研究助成金
    研究期間 : 2013年04月 -2014年03月 
    代表者 : 一川 大輔; 奥田 功夫

委員歴

  • 2021年04月 - 現在   産学協同教育センター   運営委員
  • 2021年04月 - 現在   川越キャンパス施設委員   運営委員
  • 2020年04月 - 現在   日本ゴルフ学会   理事
  • 2018年04月 - 現在   東洋大学出版会運営委員会   理工学部代表委員
  • 2017年04月 - 現在   東洋大学生活協同組合   教員理事
  • 2017年04月 - 現在   川越キャンパス学生関係委員会   生体医工学科代表委員
  • 2016年04月 - 現在   日本ゴルフ学会関東支部   理事(研究部門)
  • 2015年04月 - 現在   東洋大学オリンピック・パラリンピック講座   川越キャンパス・コーディネーター
  • 2015年04月 - 現在   スポーツ健康科学委員会   副委員長
  • 2014年04月 - 現在   東洋大学スポーツ健康科学紀要編集委員会   委員
  • 2013年06月 - 現在   理工学部生体医工学科   学科交流会実行委員
  • 2013年04月 - 現在   衛生委員会川越部会委員   衛生管理者
  • 2012年04月 - 現在   東洋大学スポーツ健康科学委員会   東洋大学スポーツ健康科学(川越キャンパス)研究室室長, 川越キャンパス代表者
  • 2011年04月 - 現在   川越キャンパス安全委員会   生体医工学科・体育代表委員
  • 2010年04月 - 現在   川越キャンパス体育委員会   代表委員
  • 2010年04月 - 現在   理工学部教務委員会   オブザーバー (体育)
  • 2019年04月 - 2021年03月   工業技術研究所   運営委員
  • 2015年04月 - 2017年03月   川越図書館運営委員会   生体医工学科代表委員
  • 2011年04月 - 2013年03月   川越キャンパス連合育成会   生体医工学科代表委員

社会貢献活動

  • 運動生理学と行動変容の観点からみた一般大学生と大学運動競技者の比較
    期間 : 2013年02月20日
    役割 : 講師
    種別 : 講演会
    主催者・発行元 : 工業技術研究所 (東洋大学)
  • 「教養・文化としてのスポーツの役割」~スポーツがもたらす恩恵と弊害~
    期間 : 2013年02月09日
    役割 : 講師
    種別 : 講演会
    主催者・発行元 : 川越市体育協会
    イベント・番組・新聞雑誌名 : 平成24年度川越市スポーツ指導者講習会

その他

  • 2021年01月 - 現在  武蔵野美術大学大学院博士後期課程特別講師
  • 2019年04月 - 現在  明治大学政治経済学部兼任講師 
    学部共通必修科目:運動学演習Ⅰ, 運動学演習Ⅱ
  • 2014年04月 - 現在  東洋大学川越キャンパス教職員ゴルフ愛好会大会幹事
  • 2011年04月 - 現在  東洋大学川越体育会ゴルフ部 部長
  • 2017年04月 - 2019年03月  東京大学前期教養課程非常勤講師 
    教養学部前期課程必修科目: 身体運動・健康科学実習, 共通基礎実習
  • 2015年09月 - 2015年09月  National strength and conditioning association (NSCA) mentorship program training certification 
    National strength and conditioning association (NSCA) mentorship program training certification. Completion of the NSCA mentorship program training held Sep 09-15, 2015 at the NSCA headquarters is Colorado springs, Colorado, USA.
  • 2014年03月 - 2014年03月  EXOS (Formerly Athletes Performance) Phase 1 mentorship course certification 
    EXOS (Formerly Athletes Performance) Phase 1 mentorship course certification. This course on March 17th-21st 2014 at the EXOS institute in Phoenix, Arizona, USA.
  • 2013年09月 - 2013年09月  ViPR (Vitrality, Performance, Rconditioning) certification 
    ViPR (Vitrality, Performance, Rconditioning) certification. Powered by fitpro.
  • 2013年04月 - 2013年04月  生体医工学科を受験希望する高校生や在校生,卒業生に向けた情報発信サイトの構築
  • 2012年04月 - 2012年04月  東京国際大学ゴルフ部ストレングスコーチ・データ分析者
  • 2012年04月 - 2012年04月  FD推進センターによる授業評価調査に対する自己点検・結果の検証 
    授業評価アンケート結果に対する自己点検・授業改善策の立案
  • 2009年 - 2009年  大学体育FD推進校表彰受賞(青山学院大学) 
    大学体育FD推進校表彰受賞(青山学院大学), 全国大学体育連合による、FD活動の推進に優秀な実績を残す大学会員に対する大学体育FD推進校表彰
  • 2004年 - 2004年  青山学院大学 陸上競技部短距離ブロックアシスタントコーチ 
    青山学院大学 陸上競技部短距離ブロックアシスタントコーチ, 全学部の部活指導、予算管理等

その他のリンク

researchmap