研究者データベース

一川 大輔 (イチカワ ダイスケ)

  • 理工学部生体医工学科 准教授
  • 工業技術研究所 准教授
Last Updated :2020/09/29

研究者情報

学位

  • 博士(医科学)(山梨大学)
  • 修士(体育学)(筑波大学)

ホームページURL

科研費研究者番号

  • 10383499

J-Global ID

プロフィール

  • Daisuke ICHIKAWA, PhD. Professional affiliations: Sports and Health Science Laboratory, Department of Biomedical Engineering, Faculty of Science and Engineering (Toyo University, JAPAN). 2012 Interdisciplinary Graduate School of Medicine and Engineering (University of Yamanashi, JAPAN), Doctor of Philosophy (Life Science). 2001 Master's Program in Health and Sport Sciences (University of Tsukuba, JAPAN), Master of Physical Education (Coaching Science). Current areas of interest: Evaluation of athlete performance, Educational value of physical education, Sarcopenia investigation for the aging society. Athletic Department.

研究キーワード

  • 運動パフォーマンス評価   運動生理学   スポーツバイメカニクス   教育実践研究   トレーニング科学   教育心理学   TrackMan (Doppler radar ball trackers)   脳自己調節機能   不活動   大学体育   自己愛   セルフ・エフィカシー   運動好嫌度   体力テスト   メディシンボール   下肢筋力評価   運動連鎖   伸張 - 短縮サイクル   筋厚   超音波Bモード法   ファンクショナルムーブメントスクリーン   ファンクショナルトレーニング   コアトレーニング   ViPR (Vitality Performance Reconditioning)   地面反力   3次元動作分析   サルコペニア   体育科教育学   

研究分野

  • ライフサイエンス / 生体医工学 / 生体工学、スポーツ工学
  • 人文・社会 / 教科教育学、初等中等教育学
  • 人文・社会 / 教育心理学
  • ライフサイエンス / 体育、身体教育学
  • ライフサイエンス / 栄養学、健康科学
  • ライフサイエンス / スポーツ科学

経歴

  • 2015年04月 - 現在  東洋大学理工学部生体医工学科准教授
  • 2010年04月 - 2015年03月  東洋大学理工学部生体医工学科講師
  • 2009年04月 - 2010年03月  東洋大学総合情報学部Faculty of Information Sciences and Arts非常勤講師
  • 2007年04月 - 2009年03月  青山学院大学文学部助教
  • 2004年04月 - 2007年03月  青山学院大学文学部体育実技助手

学歴

  • 2009年04月 - 2012年03月   山梨大学大学院   医学工学総合教育部 人間環境医工学専攻   生体環境学コース
  • 1999年04月 - 2001年03月   筑波大学大学院   体育研究科 コーチ学専攻   陸上競技コーチ論
  • 1995年03月 - 1999年04月   筑波大学 体育専門学群   School of Health and Physical Education

所属学協会

  • 日本スポーツパフォーマンス学会   理学療法科学学会   日本教育心理学会   大学体育スポーツ学研究   National Strength and Conditioning Association   日本スプリント学会   日本陸上競技学会   日本ゴルフ学会   日本バイオメカニクス学会   日本体育学会   International Journal of Golf Science   European College of Sports Science   日本ウェルネス学会   

研究活動情報

論文

書籍

  • 鈴木タケル; 一川 大輔; 坂井昭彦 (担当:共著範囲:)日本経済新聞出版社、株式会社オージャパン 2019年01月 
    「感覚ゴルフ」から「スポーツ科学的ゴルフ」の時代へ
  • 一川 大輔 (Corresponding:責任著者) 実業之日本社 2018年02月 ISBN: 4408337676 176
  • 持久性運動競技者における脳血流動態の制御 (Cerebral blood flow regulation in endurance athletes)
    一川 大輔 (担当:単著範囲:)山梨大学大学院医学工学総合教育部博士学位論文 2012年03月 
    持久性運動競技者(アスリート)の起立不耐性要因を仰臥位と座位で動的脳自己調節機能を比較した結果,有意な差が認められなかった。特にアスリートは,座位で大腿部カフ減圧後の平均動脈圧低下が健常者より有意に大きかった。これは全身血液循環動態の相違が起立不耐性に影響している可能性を示唆した。以上から,アスリートの起立不耐性は動的脳自己調節機能に影響されず,複合的な循環動態の要因で説明できると結論した。
  • Health and Fitness Workbook 2008
    一川 大輔 (担当:共著範囲:)DTP出版, 青山学院大学身体の技能領域担当者会 2008年03月

講演・口頭発表等

  • 北 徹朗; 橋口 剛夫; 一川 大輔; 服部 由季夫; 浅井 泰詞; 吉原 紳; 鳩崎 正徳
    第75回日本体力医学会大会 (鹿児島大学)【Web開催】 2020年09月 ポスター発表
  • 暑熱環境下におけるゴルフプレーではグリーン上で帽子内温度が急上昇する -屋外スポーツ活動時の熱中症予防対策帽子開発に向けた研究計画―  [通常講演]
    北 徹朗; 服部 由季夫; 一川 大輔; 橋口 剛夫; 浅井 泰詞; 吉原 紳; 鳩崎 正徳
    第74回日本体力医学会大会(つくば国際会議場) 2019年09月 ポスター発表
  • セルフモニタリングを導入したウォーキング授業が初年次女子大学生のウエルネスと歩数に及ぼす影響  [通常講演]
    長谷川 望; 木村 博人; 小圷 昭仁; 一川 大輔
    日本ウエルネス学会第16回大会 (名桜大学) 2019年09月 ポスター発表
  • 足元に対するボール位置が上下異なる状況下でのショットおよびスイング変数の比較  [通常講演]
    樽谷恭明; 鈴木タケル; 一川大輔
    日本ゴルフ学会第32回大会 (サンコー72) 2019年09月 口頭発表(一般)
  • ゴルフスコアにおける負荷軽減法の検討ーアベレージゴルファーは何回の打ち直しショットでパープレーできるのか?ー  [通常講演]
    鈴木タケル; 奥田功夫; 一川大輔
    日本ゴルフ学会第32回大会 (サンコー72) 2019年09月 口頭発表(一般)
  • ゴルフ弾道測定による一貫性5段階評価テストの検証  [通常講演]
    鈴木 タケル; 奥田 功夫; 一川 大輔
    日本ゴルフ学会第31回大会 (阿蘇リゾートグランヴィリオホテル) 2018年11月 口頭発表(一般)
  • 高校生までのスポーツ経験年数及び運動部での役職経験とレジリエンスの関連性  [通常講演]
    重藤 誠市郎; 奥田 功夫; 一川 大輔
    日本体育学会 第69回大会 (徳島大学) 2018年08月 ポスター発表
  • An analysis of swing factors when taking either an uphill or downhill stroke  [通常講演]
    Daisuke Ichikawa; Takeru Suzuki; Tateo Inoue; Hideyo Nishigai, John; Patrick Sheahan; Isao Okuda
    World Scientific Congress of Golf 2018 2018年07月 University of the Fraser Valley (CAN)
     
    Purpose: Professional golfers are thought to train repetitively for the purpose of mastering a fixed swing style that they can rely upon regardless of changes in conditions when taking a stroke. However, there is no research found that shows that professional golfers actually aren't changing their swing according to the conditions in which the stroke is being taken. There is also no guarantee that they always self-consciously make minor adjustments to all swings to adapt to a change in conditions. It is also unclear how much influence a change in conditions, namely the perception of information has on a golf swing. In this study club head behavior near the point of impact in professional golfers’ strokes was compared in differing uphill and downhill conditions. The purpose of the study is to verify through scientific investigation of attack angle, dynamic loft, launch angle and club path, how perception of taking an uphill or downhill stroke influences swing factors. Methods: Subjects consisted of 52 Japanese male professional golfers who are A-grade members of the Professional Golfers Association of Japan. The study was conducted at Maoi Golf Resort Driving Range (Hokkaido, Japan). The driving range length was over 330m between the tees meaning there was no risk that a drive taken either direction would reach the opposite tee. Furthermore, there was a height difference of 30m between the tees. Tests were conducted facing both the uphill and downhill slopes. However, the place of the stroke was horizontally level with only the ground between the stroke and the target being uneven. The clubs used were each individual’s own driver. 3 uphill and 3 downhill strokes (6 strokes) were analyzed for data. Participants were only instructed which direction to hit the ball and to use their natural swing. No other instructions were given. Before taking the measured strokes the participants were allowed between 10 and 50 strokes as per their preference, as warming up. In order to avoid polarization due to protocol where possible, half the participants began with 3 uphill strokes followed by 3 downhill strokes and the other half began with 3 downhill strokes followed by 3 uphill strokes. After taking the first 3 strokes the participants were transported to the opposite end where they would take the final 3 strokes by a cart. This allowed the total testing time to be completed within 30mins. Trajectory measurement was conducted using TrackMan (TrackMan A/S, Denmark) with attack angle, dynamic loft, launch angle, and club path as the measurement criteria. Participants could visually check the ball trajectory but were not given any measurement feedback. Statistical analysis was carried out a paired t-test using software SPSS 24.0, IBM, JAPAN with significance set at < 5%. Results: Table 1 shows the uphill and downhill data obtained from TrackMan. Attack Angle, Dynamic Loft, Launch Angle, and Club Path in the uphill stroke were 3.32 ± 2.59deg, 16.16 ± 2.72deg, 16.16 ± 2.73deg, and -2.13 ± 2.42 respectively, which were all significantly larger than in the downhill stroke. Discussion: In this study we scientifically investigated how influence perception of the shot environment being either uphill or downhill has on swing factors. The results showed that there was a significant difference in all 4 measured criteria. Attack angle, Dynamic loft and Launch angle, which are all related to obtaining ball height, were all significantly shown to be trying to attain higher ball elevation in the uphill stroke compared to the downhill stroke. This result suggests that even though professional golfers consciously may be trying to use the same swing form in uphill and downhill conditions as they would in flat conditions, self-consciousness automatically adjusts the swing which in turn influences the swing factors. In this study we did not measure shot accuracy left and right of the target. Therefore, we do not know if the adjustment in form has a positive influence on ball direction. Also, we do not know if this swing adjustment is also more or less prominent in beginner and intermediate level golfers. Due to the measurements being taken outdoors, we were not able to take more precise movement data so further research is necessary.
  • Professional golfers tend to putt over a target when putting with their dominant hand stroke  [通常講演]
    Takeru Suzuki; Yoshiaki Manabe; Hiroshi Arakawa; John; Patrick Sheahan; Isao Okuda; Daisuke Ichikawa
    World Scientific Congress of Golf 2018 2018年07月 ポスター発表 University of the Fraser Valley (CAN)
     
    Purpose: We theorized that the fine putting skill of professional golfers could only be assessed through comparison with novice golfers using a challenge to stop a ball on a putting target from a certain distance. Furthermore, we took into account that professional golfers have great experience putting with their dominant hand, so we compared this with putting ability in the non-dominant hand to investigate if the motor skill is transferred. The accumulated data was used as a performance indicator for distance and direction. The experiment was conducted with the hypothesis that professional golfers would have a high ability to accurately stop the ball on or near the target with their dominant hand stroke and also have a higher ability with their non-dominant hand stroke than novice golfers have with either their dominant or non-dominant hand stroke. Methods: Participants were 11 collegiate students (Novice group: NG) who had no experience in golf and 9 professional golfers (pro group: PG). All participants were right handed players. The small target (25 cm2 square box) was 2m from the putting position. Participants used a TRANSAM CNC MILLED putter (LYNKS, USA) head that can be used for both right and left-handed putting, and the same golf ball. Each side of putting was performed 15 times alternating each putt between sides making a total of 30 putts each trial. Only one trial was performed a day. The first trial started with putting from the right side and the second trial from the left side. Each following was started with putting from the opposite side of the preceding trial (first trial right to left and second trial left to right and so forth). All conditions were the same for each trial except for the alternation of which putting side was first. The participants completed 4 sessions (S1 to S4) of the putting trial in one week meaning that two trials started from the right side and two started from the left side. The far side was defined as a positive value, the near side a negative value, the right side a positive value, and the left side a negative value. After measuring the positive or negative distance we then converted it to absolute data as the sum of distance of the 15 putts (A: Total Distance Variability). The right and left distance was also calculated by the same formula (B: Total Directional Variability). The diagonal distance calculated from the distance of A and B to the target is defined as Total Linear Variability (C). Statistical analysis was performed using a paired t-test for the difference of right and left-handed putting in each group (NG and PG). Multi-fractional ANOVAs was used for a comparison among session (S1 to S4) values. A non-paired t-test was used for the difference of each group in the 3 types of distance variability (A to C). Results: Total Distance Variability (A) in PG was significantly less than NG from S1 to S4 in both putting sides. Total Directional Variability (B) in PG was significantly less from S2 to S4 in both putting sides. Total Linear Variability (C) in PG was also significantly less from S1 to S4 in both putting sides. Table 1 shows the variability of D1 and D2 in PG and NG in right and left-handed putts. The percentage of positive distance (D1) in PG in right-handed putts was the highest value (85.9%). On the other hand, the percentage of negative distance (D2) in PG right-handed putts was lowest (14.1%). Discussion The results showed that the Total Distance Variability in PG was significantly smaller than NG, meaning PG possess high motor skill ability. Furthermore, distance data showed that when data was analyzed when separated into over (further than the target) and short (not reaching the target) data, the distance of the right-handed putts of PG were significantly over compared to NG, and also significantly over compared to left-handed putts in PG. In right-handed putts of PG 85.9% were over the target and that percentage didn't significantly change over the 4 sessions. In NG 54.7% of putts finished over the target and 45.3% short of the target. This shows that in PG variability in distance to the target is small but that PG tended to over-shoot the target even when attempting to accurately stop the ball on the target. This means that due to experience gained from many hours of practice, PG have a strong perceptive bias that placing the ball behind the target is important for attaining consistent direction. In this study, it is believed that such a result was due to the trial being conducted in a low-pressure environment, and we have labeled this strong perceptive bias as "Golfers Bias". However, this bias was not apparent in the non-dominant hand and it was made clear there was no change across the 4 trial sessions. Practical Application/ Clinical Relevance: When putting from a distance of approximately 2m, it is thought that golfers do not contemplate how hard they should strike the ball with the aim for it to stop at a particular distance, but rather are repeating an attained automated action. It is thought that by understanding that expert golfers reduce the chance of missing putts in a high-pressure environment by consistently over-shooting the target in a low-pressure environment.
  • パッティングにおけるゴルファーズバイアスの検証  [通常講演]
    鈴木 タケル; 荒川 裕志; 一川 大輔; 眞鍋 芳明
    日本ゴルフ学会第30回大会(グランドプリンスホテル広島) 2017年08月 口頭発表(一般)
  • 現場に即した簡易測定法と女子大学生における膝伸展筋群の筋力・筋厚との関係  [通常講演]
    安田 智洋; 一川 大輔
    日本体育測定評価学会 第16回大会 (ホルトホール大分) 2017年03月 口頭発表(一般) 大分(ホルトホール大分)
  • 大学生のレジリエンスを高める要因についての検討 ―自己愛傾向、運動経験、運動の好嫌による分析―  [通常講演]
    重藤 誠市郎; 奥田 功夫; 一川 大輔
    日本パーソナリティ心理学会 第25回大会 (関西大学) 2016年09月 ポスター発表
  • Physical fitness tests of evaluating knee extensor muscle strength and size in university freshmen male students  [通常講演]
    Tomohiro Yasuda; Daisuke Ichikawa
    ACSM's 63rd Annual Meeting (Boston, Massachusetts, USA) 2016年06月 ポスター発表 Boston, Massachusetts The American College of Sports Medicine
     
    Introduction: It is well known that the size and strength of skeletal muscle decreases with increasing age (sarcopenia), notably in the knee extensor muscles. Recent studies have indicated that university students in Japan have low levels of physical activity, and that muscle strength of the lower extremities decreases every year. Therefore, physical fitness for university students should be focused on the size/strength of the knee extensor muscles. However, an appropriate physical fitness test to evaluate knee extensor muscle strength and size in university students has not been designed. Purpose: The purpose of this study was to examine the relationship between knee extensor muscle strength and size and physical fitness results in university freshmen male students. Methods: University students from the faculty of science and engineering in Toyo University participated in the study (N=116). The muscle thickness (MTH) of 104 healthy men (aged 18-20 years) was measured at the anterior half of thigh length; they performed maximal voluntary isometric strength (MVC) of knee extensors. Physical fitness [30-second chair stand (CS-30) test, standing broad jump (SBJ), handgrip and thigh girth at 50% of thigh length (mid-thigh girth)] were also measured. Results: The following were similar to the standard values of the overall Japanese population for the same age group: age (18.2 ± 0.5 years), standing height (1.71 ± 0.48 m), body mass (62.9 ± 7.9 kg), body mass index (BMI, 21.6 ± 2.6), MVC (41.4 ± 12.2 kg), MTH (52.3 ± 6.6 mm), CS-30 (33.1 ± 4.3 reps), SBJ (2.13 ± 0.20 m), handgrip (41.2 ± 6.4 kg) and mid-thigh girth (50.8 ± 4.3 cm). Knee extensor MVC was correlated with SBJ (r=0.361, p<0.001) , hand grip (r=0.523, p<0.001) and mid-thigh girth (r=0.401, p<0.001), but not with CS-30 test (r=0.126, p>0.05). Knee extensor MTH was correlated with handgrip (r=0.317, p<0.001) and mid-thigh girth (r=0.632, p<0.001), but not with SBJ (r=0.038, p>0.05) and CS-30 test (r=0.145, p>0.05). Conclusions: Our results indicated that the measurements of handgrip and mid-thigh girth are useful methods for evaluating knee extensor muscle strength and size, and thus they could play an important role in the physical fitness of university freshmen male students for the prevention of sarcopenia and to maintain an active life in the future.
  • 2020年東京オリンピック決定後の霞ヶ関カンツリー倶楽部準備状況に関する研究-2015年度現地調査からの検討-  [通常講演]
    一川 大輔; 江原 清浩; 奥田 功夫
    第28回日本ゴルフ学会 (COCOPA RESORT CLUB) 2015年09月 口頭発表(一般)
  • 運動嫌いである大学生の自己愛と自己効力感との関係性  [通常講演]
    重藤 誠市郎; 奥田 功夫; 一川 大輔
    第66回 日本体育学会 (国士舘大学) 2015年08月 ポスター発表
  • Biomechanical changes by medicine ball training on skilled golfers.  [通常講演]
    Isao Okuda, John; P. Sheahan; Daisuke Ichikawa
    2014 Golf Science: A World Scientific Congress of Golf 2014年09月 ポスター発表 Gold Coast, Queensland, Australia Griffith University (AUS)
     
    One of the popular training methods to improve sport performance is medicine ball (MB) training. MB training can increase the speed of trunk rotation or the stability of the trunk. Theoretically, both of those changes in a kinetic chain of the body can cause a positive effect on golf swing mechanics; however the effect of the training on golf performance is still unclear. Thus, the purpose of this study was to clarify the effects of 8 weeks of MB training on golf performance for skilled golfers.
  • ViPR functional training for competitive university golfers influence on TrackMan and physiological index during golf pre-season  [通常講演]
    Daisuke Ichikawa; Nobumitsu Yuhara; Tsunehiro Fuchiwaki; John; P. Sheahan; Isao Okuda
    2014 Golf Science: A World Scientific Congress of Golf 2014年09月 ポスター発表 Gold Coast, Queensland, Australia Griffith University (AUS)
     
    Functional training has become very popular in golf training. There is variety of training equipment in the market, and previous studies reported the effect of functional training on golf using various equipment. One of the newest equipment for functional training is ViPR (Vitality Performance Reconditioning). The ViPR consists of a cylinder-like rubber tube (4 to 20 kg) with two handles mounted on it. The shape of the ViPR allows the trainee to move it in various ways with a tight grip. Because it is relatively new to the market, there is no previous scientific study on the effect of the ViPR. Thus, the purpose of this study is to scientifically investigate whether ViPR training is an effective method of training for competitive golfers.
  • 特性的自己効力感及び運動自己効力感と自己愛の関連性  [通常講演]
    重藤 誠市郎; 西垣 景太; 奥田 功夫; 一川 大輔
    第64回日本体育学会 (立命館大学びわこ・くさつキャンパス) 2013年08月
  • 8週間のコアトレーニングが学生ゴルファーのスイングスピードと内省感覚に与える効果  [通常講演]
    一川 大輔; John Patrick Sheahan; 並木 弘道; 奥田 功夫
    第26回日本ゴルフ学会 (武蔵野美術大学) 2013年08月
  • 下肢を中心とした測定評価と運動スキルテストに関する研究計画  [通常講演]
    一川 大輔
    第1回大学体育研究フォーラム (武蔵野美術大学) 2013年03月
  • A study of imaging time of professional golfers and amateur golfers  [通常講演]
    Yoshihara, S; Ichikawa, D; Kita, T; John, S; Takahashi, M; Kawakami, T; Yamamoto, T; Kato, Z
    17th annual Congress of the EUROPEAN COLLEGE OF SPORT SCIENCE, (Bruges, Belgium) 2012年07月
  • 持久性運動競技者における脳血流制御  [通常講演]
    一川 大輔; 宮澤 太機; 堀内 雅弘; 北間 敏弘
    第89回 日本生理学会 (信州大学) 2012年03月
  • 持久性運動能力が脳自己調節機能に及ぼす影響:起立耐性の違いから  [通常講演]
    一川 大輔; 宮澤 太機; 堀内 雅弘; 小河 繁彦
    第66回 日本体力医学学会 (海峡メッセ下関) 2011年09月
  • 運動による脳酸素化動態の変化は脳血流量に依存する  [通常講演]
    宮澤 太機; 堀内 雅弘; 一川 大輔; 佐藤 耕平; Baily M Damian; 田中 尚樹; 小河 繁彦
    第66回 日本体力医学会 (海峡メッセ下関) 2011年09月
  • A Survey of Golf Course Management in United States  [通常講演]
    一川 大輔
    15th annual congress of the European College of Sports Science (Middle east university, Turkey) 2010年06月
  • 大学生の行動体力と疲労との関係について  [通常講演]
    一川 大輔
    第46回全国大学保健管理研究集会 (社団法人全国大学保健管理協会) 2008年10月
  • ゴルフ場の安全対策(17報)アンケートによるオーストラリアのゴルフ場の実態調査  [通常講演]
    一川 大輔
    日本ゴルフ学会第20回大会 (熊本学園大学大会) 2007年11月
  • 大学生における体力と生活習慣との関係について  [通常講演]
    一川 大輔
    第45回全国大学保健管理研究集会 (社団法人全国大学保健管理協会) 2007年10月
  • Safety Measures in Golf -The Actual Situation Concerning Accidents (injuries and damages) as Revealed by a Questionnaire Survey of Golf Courses a Possible Measures to Prevent Them-  [通常講演]
    一川 大輔
    12th Annual Congress of the European College of Sport Science (Jyvaskyla University, Finland) 2007年07月
  • The study about health consciousness and practice methods of the Japanese middle aged golfer  [通常講演]
    一川 大輔
    12th Annual Congress of the European College of Sport Science (Jyvaskyla University, Finland) 2007年07月
  • スプリント走とハードルのインターバル走の疾走動作における事例的研究  [通常講演]
    一川 大輔
    日本陸上競技学会第5回大会 (日本女子体育大学大会) 2006年09月
  • 中高年ゴルファーの身体特性・練習内容・健康意識に関する実態調査  [通常講演]
    一川 大輔
    日本ゴルフ学会第19回大会 (北海道工業大学大会) 2006年08月
  • 運動時の姿勢変化と体重移動量との関係(第2報)  [通常講演]
    一川 大輔
    日本ゴルフ学会第19回大会 (北海道工業大学大会) 2006年08月
  • 身長と記録に応じたスターティングブロック・セッティング方法に関する研究  [通常講演]
    一川 大輔
    日本陸上競技学会第4回大会 (筑波大学大会) 2005年09月
  • 100mハードル走における疾走様相(前半型と後半型)に関する事例的研究  [通常講演]
    一川 大輔
    日本陸上競技学会第4回大会 (筑波大学大会) 2005年09月
  • ハイハードル走における記録向上の縦断的研究~日本レベルから世界レベルへ~  [通常講演]
    一川 大輔
    日本陸上競技学会第4回大会 (筑波大学大会) 2005年09月
  • 運動時の姿勢変化と体重心移動量との関係  [通常講演]
    一川 大輔
    日本ゴルフ学会第18回大会 (国士舘大学大会) 2005年09月
  • 110mハードル走における13秒台達成に向けた運動評価に関する研究 (レース分析・動作分析の両側面から)  [通常講演]
    一川 大輔
    日本スプリント学会 第15回大会 (青山学院大学大会) 2004年11月

MISC

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 傾斜や視野が異なる環境下でのゴルフボール弾道測定とフェースコントロール解析
    独立行政法人日本学術振興会:2019年度科学研究費助成事業基盤研究 (C)
    研究期間 : 2019年04月 -2022年03月 
    代表者 : 一川 大輔; 奥田 功夫
  • ドライバーショットにおける優勢側スタンスと非優勢側スタンスでの左右差比較
    日本ゴルフ学会:2020年度日本ゴルフ学会関東支部研究助成
    研究期間 : 2020年04月 -2021年03月 
    代表者 : 鈴木 タケル; 一川 大輔,; 奥田 功夫; 北 徹朗
  • 帽子の素材・色・形状が暑熱環境下でのスポーツ実施中の生理指標と帽子内温湿度に及ぼす影響
    石本記念デサントスポーツ科学振興財団:第41回(2019年度)研究助成金
    研究期間 : 2019年04月 -2020年03月 
    代表者 : 北徹朗; 橋口剛夫; 一川 大輔; 服部由季夫; 浅井泰詞
  • 歩数計測アプリケーションを利用したウォーキング指導が初年次大学生のウエルネス及びライフスキルに及ぼす影響
    公益社団法人全国大学体育連合:平成31年度大学体育研究助成金
    研究期間 : 2019年04月 -2020年03月 
    代表者 : 長谷川 望; 一川 大輔
  • 大学新入生への新たな体力測定 ~サルコペニア対策を目的とした下肢筋力の評価~
    公益社団法人全国大学体育連合:平成26年度大学体育研究助成金
    研究期間 : 2014年04月 -2015年03月 
    代表者 : 一川 大輔; 安田 智洋
  • 大学ゴルフ授業履修者の運動動作変容に関する研究
    公益社団法人全国大学体育連合:平成25年度大学体育研究助成金
    研究期間 : 2013年04月 -2014年03月 
    代表者 : 一川 大輔; 奥田 功夫

委員歴

  • 2020年04月 - 現在   日本ゴルフ学会   理事
  • 2019年04月 - 現在   工業技術研究所   運営委員
  • 2018年04月 - 現在   東洋大学出版会運営委員会   理工学部代表委員
  • 2017年04月 - 現在   東洋大学生活協同組合   教員理事
  • 2017年04月 - 現在   川越キャンパス学生関係委員会   生体医工学科代表委員
  • 2016年04月 - 現在   日本ゴルフ学会関東支部   理事(研究部門)
  • 2015年04月 - 現在   東洋大学オリンピック・パラリンピック講座   川越キャンパス・コーディネーター
  • 2015年04月 - 現在   スポーツ健康科学委員会   副委員長
  • 2014年04月 - 現在   東洋大学スポーツ健康科学紀要編集委員会   委員
  • 2013年06月 - 現在   理工学部生体医工学科   学科交流会実行委員   概要:生体医工学科所属学生全員参加の学生交流会,目的:1・2・3年生に学校の施設や研究室の雰囲気を理解してもらい,専門的研究内容を発表する機会を設ける。方法:プロジェクトI・プロジェクトIIIの評価会を実施し,学生からプレゼンテーションしてもらい,教員・学生双方による投票等を実施する。役割:実施日程調整,交流会および懇親会内容の打ち合わせ,プロジェクトの成果物(ポスター発表形式)の展示準備とレイアウト,発表機器の準備,研究室案内支援,必要物品・施設貸与支援, その他必要な事項
  • 2013年04月 - 現在   衛生委員会川越部会委員   衛生管理者   概要:川越キャンパス教職員の過重労働防止に向けた毎月の時間外労働時間管理と点検,労働条件に関する調査実施報告審議,健康診断結果状況調査,職場・教場環境の衛生状況巡視チェック,川越キャンパス感染症状況の把握,その他必要な事項
  • 2012年04月 - 現在   東洋大学スポーツ健康科学委員会   東洋大学スポーツ健康科学(川越キャンパス)研究室室長, 川越キャンパス代表者   概要:理工学部・総合情報学部の予算要求原案作成,学部教授会から委嘱された事項, 授業科目の改廃, 新設に関する調整事項, 各授業科目の開講コース数に関する調整事項, 教育・研究の施設設備等の維持管理, 非常勤講師の手配に関する事項, 教育・研究の図書・用具・機器の管理,学外各種補助金による設備の申請と保管管理,スポーツ健康科学紀要の発行と編集に関する作業,その他必要な事項
  • 2011年04月 - 現在   川越キャンパス安全委員会   生体医工学科・体育代表委員   川越キャンパス安全点検パトロールの実施,実験講義・体育実技・課題制作等における傷病自己等発生状況の調査,学内事故報告書の管理,防災訓練の計画立案,川越キャンパスにおける安全な教場環境の整備,新入生に対する安全の手引の作成と発行,高圧ガス講習会の案内と情報集約,その他必要な事項
  • 2010年04月 - 現在   川越キャンパス体育委員会   代表委員   体育会後援会援助金配分の審議および執行状況の点検,川越体育会の活動報告確認,各部の監督・コーチの選出に関わる審議,川越キャンパス体育施設(グラウンド・部室棟)の整備事業の推進と点検,その他必要な事項
  • 2010年04月 - 現在   理工学部教務委員会   オブザーバー (体育)   理工学部授業カリキュラムの立案,カリキュラム改訂に対する検討,予算要求,履修者登録方法の立案,履修登録者データと履修登録抽選科目の集計・提出,運動施設施設台帳の管理,成績調査,非常勤講師に対する授業運営ガイドラインの説明,非常勤講師の授業運営・単位認定に関わる調査,専任教員・非常勤講師のシラバス登録内容の管理,冬季集中授業運営に関わる検討,その他必要な事項
  • 2015年04月 - 2017年03月   川越図書館運営委員会   生体医工学科代表委員
  • 2011年04月 - 2013年03月   川越キャンパス連合育成会   生体医工学科代表委員

社会貢献活動

  • 運動生理学と行動変容の観点からみた一般大学生と大学運動競技者の比較
    期間 : 2013年02月20日
    役割 : 講師
    種別 : 講演会
    主催者・発行元 : 工業技術研究所 (東洋大学)
     現役大学生の体力低下は顕著であり、東京大学1年生全員の体力診断評価から、体格指数は向上しているが、下肢筋力と持久力が1980年代後半から低下傾向であることが明らかとなっている。主要大学では教養科目としての大学体育を必修化するなど、高校卒業後の不活動による体力低下と将来の加齢を見据えた生活習慣病に対する方策が取られている。これらの問題に対して研究事例を踏まえ概要を説明した。
  • 「教養・文化としてのスポーツの役割」~スポーツがもたらす恩恵と弊害~
    期間 : 2013年02月09日
    役割 : 講師
    種別 : 講演会
    主催者・発行元 : 川越市体育協会
    イベント・番組・新聞雑誌名 : 平成24年度川越市スポーツ指導者講習会
     東洋大学川越キャンパス 社会的に認めれるスポーツ選手像,東京大学における男子学生の体力の経年変化, 身体運動の効果, 行動変容支援, 身体運動教育の恩恵, 運動部指導者の行動分析

その他

  • 2015年09月 - 2015年09月  National strength and conditioning association (NSCA) mentorship program training certification 
    National strength and conditioning association (NSCA) mentorship program training certification. Completion of the NSCA mentorship program training held Sep 09-15, 2015 at the NSCA headquarters is Colorado springs, Colorado, USA.
  • 2014年04月 - 2014年04月  東洋大学川越キャンパス教職員ゴルフ愛好会大会幹事 
    東洋大学川越キャンパス教職員ゴルフ愛好会大会幹事, 概要:教職員の健康維持増進を目的とし設立され,人事課内からの教職員同好会補助金交付によるスポーツ活動, 役割:本学理事長に対する活動計画書・収支予算書作成と提出,年間4回の実施計画立案,大会案内作成,参加者管理,予算管理,大会報告,その他必要な事項.
  • 2014年03月 - 2014年03月  EXOS (Formerly Athletes Performance) Phase 1 mentorship course certification 
    EXOS (Formerly Athletes Performance) Phase 1 mentorship course certification. This course on March 17th-21st 2014 at the EXOS institute in Phoenix, Arizona, USA.
  • 2013年09月 - 2013年09月  ViPR (Vitrality, Performance, Rconditioning) certification 
    ViPR (Vitrality, Performance, Rconditioning) certification. Powered by fitpro.
  • 2013年04月 - 2013年04月  生体医工学科を受験希望する高校生や在校生,卒業生に向けた情報発信サイトの構築 
    生体医工学科を受験希望する高校生や在校生,卒業生に向けた情報発信サイトの構築, スポーツ健康科学(川越キャンパス)研究室のホームページを通じた情報公開 (http://kawa-pe.toyo-bme.jp), 概要:生体医工学科に所属する研究室及び特別教育プログラム研究室の紹介リンクを通じ,スポーツ健康科学(川越キャンパス)研究室の組織概要,歴史・授業内容・研究活動・施設案内等を紹介する。役割:サイト情報管理者
  • 2012年04月 - 2012年04月  東京国際大学ゴルフ部ストレングスコーチ・データ分析者 
    東京国際大学ゴルフ部ストレングスコーチ・データ分析者, 東京国際大学ゴルフ部ストレングスコーチ・データ分析者, 概要:オリンピック・プロ選手を目指す学生トップゴルフ選手に対する,スポーツサイエンスの知見を応用したストレングス・コンディショニングサポート。方法:複数ハイスピードカメラによる3次元動作測定装置(Qualisys社製),地面反力測定装置(Bertec社製),ドップラーレーダー式弾道測定器(TrackMan A/S社製)分析等
  • 2012年04月 - 2012年04月  FD推進センターによる授業評価調査に対する自己点検・結果の検証 
    授業評価アンケート結果に対する自己点検・授業改善策の立案
  • 2011年04月 - 2011年04月  東洋大学川越体育会ゴルフ部 部長 
    東洋大学川越体育会ゴルフ部 部長, 理工学部・総合情報学部所属のゴルフ部員に対するトレーニング指導,トレーニング環境の構築,試合計画・合宿計画の立案,部員のリクルーティング,部員登録・試合報告・合宿報告,予算管理等
  • 2009年 - 2009年  大学体育FD推進校表彰受賞(青山学院大学) 
    大学体育FD推進校表彰受賞(青山学院大学), 全国大学体育連合による、FD活動の推進に優秀な実績を残す大学会員に対する大学体育FD推進校表彰
  • 2004年 - 2004年  青山学院大学 陸上競技部短距離ブロックアシスタントコーチ 
    青山学院大学 陸上競技部短距離ブロックアシスタントコーチ, 全学部の部活指導、予算管理等