研究者総覧

千葉 正史 (チバ マサシ)

  • 文学部史学科 教授
  • アジア文化研究所 教授
  • 文学研究科史学専攻 教授
Last Updated :2021/09/10

研究者情報

学位

  • 博士(史学)(東京都立大学)

科研費研究者番号

  • 20584387

J-Global ID

プロフィール

  • 1968年生、東洋大学文学部教授

研究キーワード

  • 社会変容   情報   物流   移動   通信   交通   中国近代史   

研究分野

  • 人文・社会 / アジア史、アフリカ史

経歴

  • 2016年04月 - 現在  東洋大学文学部教授
  • 2010年04月 - 2016年03月  東洋大学文学部准教授
  • 2001年 - 2011年  明治学院大学経済学部非常勤講師Faculty of Economics
  • 2009年 - 2010年  東京学芸大学教育学部非常勤講師Faculty of Education
  • 2009年 - 2010年  首都大学東京都市教養学部非常勤講師Faculty of Urban Liberal Arts
  • 2008年 - 2010年  日本大学文理学部非常勤講師College of Humanities and Sciences
  • 2007年 - 2010年  神奈川大学外国語学部非常勤講師Faculty of Foreign Languages
  • 2008年 - 2009年  日本大学通信教育部非常勤講師Distance Learning Division
  • 2008年 - 2009年  駿河台大学法学部非常勤講師Faculty of Law
  • 2005年 - 2007年  青山学院大学文学部非常勤講師College of Literature
  • 2002年 - 2005年  日本学術振興会特別研究員
  • 1999年 - 2001年  宇都宮大学教育学部非常勤講師Faculty of Education

学歴

  •         -   東京都立大学大学院人文科学研究科博士課程史学専攻

所属学協会

  • 白山史学会   歴史学会   メトロポリタン史学会   東洋史研究会   鉄道史学会   社会経済史学会   史学会   

研究活動情報

論文

書籍

  • 千葉, 正史; 大室, 智人; 工藤, 寿晴 東洋大学アジア文化研究所 2021年01月 ISBN: 9784904279250 76p
  • 千葉, 正史; 竹内, 洋介; 速水, 大 東洋大学アジア文化研究所 2020年01月 ISBN: 9784904279144 74p
  • 高橋継男教授古稀記念東洋大学東洋史論集
    高橋継男教授古稀記念東洋大学東洋史論集編集委員会 (担当:共編者(共編著者)範囲:「日清戦争後の漕運廃止検討過程をめぐる考察―張之洞の廃止論と盧漢鉄路建設―」, 「跋」)汲古書院 2016年03月
  • シリーズ20世紀中国史1 中華世界と近代
    飯島渉; 久保亨; 村田雄二郎 (担当:分担執筆範囲:第3章「交通通信と帝国システムの再編」)東京大学出版会 2009年07月 
    清末中国における交通通信システムの近代化過程を、国家統合の変容過程と関連付けて、その展開の歴史的意義を指摘した。
  • 近代交通体系と清帝国の変貌――電信・鉄道ネットワークの形成と中国国家統合の変容――
    千葉 正史 日本経済評論社 2006年12月 
    中国国家統合の近代における変容過程について、統合の手段たる交通(輸送・通信)システムの近代化に伴う変革をその重要な前提と位置づけ、清朝末期における電信・鉄道の導入と普及の過程を同時期の政治統合の変容と関連付けて分析した。

講演・口頭発表等

  • 1912年の東アジアと鉄道――中華民国成立と特別急行運転開始百周年に際しての回顧――  [通常講演]
    千葉 正史
    鉄道史学会第30回大会 2012年10月 
    1912年にあった中華民国の成立と東京新橋-下関間の特別急行列車運転開始という二つの出来事の連環性を柱にして、20世紀初頭における東アジア史の転換を日中間の交通網接続と連絡運輸体制の確立から論じた。
  • 清末時代像の再構成――辛亥革命百周年に向けての展望――  [通常講演]
    千葉 正史
    白山史学会第48回大会公開講演 2010年11月 
    辛亥革命前夜の清末中国の時代像を、近代国民国家体制への移行に向けた改革の時代という視点より再構成し、革命による清朝打倒を唯一の変革手段と位置付けてきた従来の辛亥革命認識を変更する必要性を提起した。
  • 清末~民国初年における漕運制度の解消過程をめぐって――流通環境の変容と国家的物流システムの終焉――  [通常講演]
    千葉 正史
    社会経済史学会第74回全国大会 2005年04月 
    隋唐時代以来中国王朝の財政を支えてきた漕運制度について、その近代における解消の過程を分析し、これまでは不明確であった正式廃止の決定が辛亥革命後の1912年12月に中華民国政府によってなされたことを明らかにした。

MISC

委員歴

  • 2018年 - 現在   鉄道史学会   会計監事
  • 2016年 - 現在   白山史学会   常任委員
  • 2015年 - 現在   メトロポリタン史学会   委員
  • 2016年 - 2018年   鉄道史学会   評議員
  • 2014年 - 2016年   白山史学会   会長
  • 2012年 - 2016年   鉄道史学会   理事

その他のリンク

researchmap