詳細検索はこちら
※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

廣津 直樹ヒロツ ナオキ

所属・担当
生命科学科
工業技術研究所
生命科学専攻
職名准教授
メールアドレス
ホームページURLhttp://www2.toyo.ac.jp/~hirotsu/
生年月日
Last Updated :2017/12/08

研究者基本情報

学歴

  •  - 2005年, 東北大学, 農学研究科, 応用生命科学専攻
  •  - 2000年, 東北大学, 農学部, 生物化学科

学位

  • 博士(農学), 東北大学

所属学協会

  • 日本植物学会
  • 日本植物生理学会
  • 日本作物学会
  • 日本光合成学会

経歴

  •   2005年 - 2010年, 独立行政法人農業生物資源研究所 特別研究員
  •   2010年 - 現在, 東洋大学生命科学部生命科学科 准教授
  •   2015年04月 - 2016年03月, University of Southern Queensland,, Center for Crop Health,, Visiting Academic
  •   2016年04月 - 現在, University of Southern Queensland,, Centre for Crop Health,, Adjunct Associate Professor

研究活動情報

研究分野

  • 基礎生物学, 植物分子生物・生理学
  • 農学, 作物学・雑草学
  • 農芸化学, 植物栄養学・土壌学

研究キーワード

    光合成, 乾物生産, 収量, QTL, イネ, 環境応答, 水陸両生植物

論文

  • Partial loss-of-function of NAL1 alters canopy photosynthesis by changing the contribution of upper and lower canopy leaves in rice, Hirotsu N, Ujiie K, Perera I, Iri A, Kashiwagi T, Ishimaru K, Scientific reports, 7, (1) ,   2017年11月
  • Effects of Elevated Carbon Dioxide on Photosynthesis and Carbon Partitioning: A Perspective on Root Sugar Sensing and Hormonal Crosstalk, Michael Thompson, Dananjali Gamage, Naoki Hirotsu, Anke Martin, Saman Seneweera, Frontiers in Physiology, 8,   2017年08月
  • Wheat ( Triticum aestivum L.) grain proteome response to elevated [CO 2 ] varies between genotypes, Pramesha Madurangi S. Arachchige, Ching-Seng Ang, Marc E. Nicolas, Joe Panozzo, Glenn Fitzgerald, Naoki Hirotsu, Saman Seneweera, Journal of Cereal Science, 75,   2017年05月
  • Lower grain nitrogen content of wheat at elevated CO2 can be improved through post-anthesis NH4+ supplement, Nimesha Fernando, Naoki Hirotsu, Joe Panozzo, Michael Tausz, Robert M. Norton, Saman Seneweera, Journal of Cereal Science,   2017年01月
  • The chromosome regions for increasing early growth in rice: role of sucrose biosynthesis and NH4 + uptake, Yuki Nagai, Kouichi Matsumoto, Yuri Kakinuma, Kazuhiro Ujiie, Ken Ishimaru, Dananjali M. Gamage, Michael Thompson, Paul J. Milham, Saman Seneweera, Naoki Hirotsu, Euphytica,   2016年06月
  • N-glycan transition of the early developmental stage in Oryza sativa., Horiuchi R, Hirotsu N, Miyanishi N, Biochemical, biophysical research communications,   2016年06月
  • Improving Rice Zinc Biofortification Success Rates Through Genetic and Crop Management Approaches in a Changing Environment, Niluka Nakandalage, Marc Nicolas, Robert M. Norton, Naoki Hirotsu, Paul J. Milham, Saman Seneweera, Frontiers in Plant Science, 7,   2016年06月
  • Comparative analysis of N-glycans in the ungerminated and germinated stages of Oryza sativa., Horiuchi R, Hirotsu N, Miyanishi N, Carbohydrate research, 418, 1 - 8,   2015年12月
  • Loss of function of the IAA-glucose hydrolase gene TGW6 enhances rice grain weight and increases yield., Ishimaru K, Hirotsu N, Madoka Y, Murakami N, Hara N, Onodera H, Kashiwagi T, Ujiie K, Shimizu BI, Onishi A, Miyagawa H, Katoh E, Nature genetics, 45, (6) 707 - 711,   2013年04月
  • New insight into photosynthetic acclimation to elevated CO2: The role of leaf nitrogen and ribulose-1,5-bisphosphate carboxylase/oxygenase content in rice leaves, SENEWEERA Saman, MAKINO Amane, HIROTSU Naoki, NORTON Robert, SUZUKI Yuji, Environ Exp Bot, 71, (2) 128 - 136,   2011年06月
  • Protocol: a simple gel-free method for SNP genotyping using allele-specific primers in rice and other plant species, Hirotsu N, Murakami N, Kashiwagi T, Ujiie K and Ishimaru K., Plant Methods, 6,   2010年
  • Lodging resistance locus prl5 improves physical strength of the lower plant part under different conditions of fertilization in rice (Oryza sativa L.)., Kashiwagi T, Hirotsu N, Ujiie K and Ishimaru K. , Field Crops Research , 115, (1) 107 - 115,   2010年
  • Evidence for separate translocation pathways in determining cadmium accumulation in grain and aerial plant parts in rice. , Kashiwagi T, Shindoh K, Hirotsu N and Ishimaru K. , BMC Plant Biology, 9,   2009年
  • Improvement of lodging resistance with QTLs for stem diameter in rice (Oryza sativa L.)., Kashiwagi T, Togawa E, Hirotsu N, Ishimaru K, TAG. Theoretical and applied genetics. Theoretische und angewandte Genetik, 117, 749 - 757,   2008年09月
  • Overexpression of a Maize SPS Gene Improves Yield Characters of Potato under Field Conditions, ISHIMARU Ken, HIROTSU Naoki, KASHIWAGI Takayuki, MADOKA Yuka, NAGASUGA Kiyoshi, ONO Kiyomi, OHSUGI Ryu, Plant Prod Sci, 11, (1) ,   2008年
  • Improvement of lodging resistance with QTLs for stem diameter in Rice (Oryza sativa L.). , Kashiwagi T, Togawa E, Hirotsu N and Ishimaru K. , Theoretical Applied Genetics, 117, (5) 749 - 757,   2008年
  • Time-related identification of chromosome regions affecting plant elongation in rice (Oryza sativa L.)., Hirotsu N, Kashiwagi T, Madoka Y and Ishimaru K. , Plant Physiology and Biochemistry , 46, (4) 517 - 523,   2008年
  • Indian rice “Kasalath” contains genes that improve traits of Japanese premium rice “Koshihikari”. , Madoka Y, Kashiwagi T, Hirotsu N and Ishimaru K. , Theoretical Applied Genetics , 116, (5) 603 - 612,   2008年
  • Overexpression of a maize SPS gene improves yield characters of potato under field conditions. , Ishimaru K, Hirotsu N, Kashiwagi T, Madoka Y, Nagasuga K, Ono K and Ohsugi R. , Plant Production Science, 11, (1) 104 - 107,   2008年
  • New target for rice lodging resistance and its effect in a typhoon. , Ishimaru K, Togawa E, Ookawa T, Kashiwagi T Madoka Y and Hirotsu N. , Planta, 227, (3) 601 - 609,   2008年
  • Quantitative trait loci for sucrose, starch, and hexose accumulation before heading in rice, Ishimaru K, Hirotsu N, Madoka Y and Kashiwagi T, Plant Physiology and Biochemistry, 45, (10-11) 799 - 804,   2007年
  • バイオマスエネルギー生産に向けたイネ草丈の制御, 廣津直樹、柏木孝幸、円由香、石丸健, 日本作物学会記事, 76, (4) 501 - 507,   2007年
  • コシヒカリの耐倒伏性改良に向けて, 石丸健、柏木孝幸、円由香、廣津直樹, 農業および園芸, 82, (3) 365 - 368,   2007年
  • イネの湾曲型倒伏に対する抵抗性の付与, 柏木孝幸、廣津直樹、円由香、大川泰一郎、石丸健 , 日本作物学会記事 , 76, (1) 1 - 9,   2007年
  • Locus prl5 improves lodging resistance of rice by delaying senescence and increasing carbohydrate reaccumulation. , Kashiwagi T, Madoka Y, Hirotsu N and Ishimaru K. , Plant Physiology and Biochemistry, 44, (2-3) 152 - 157,   2006年
  • Identification and physiological analyses of a locus for rice yield potential across the genetic background., Ishimaru K, Kashiwagi T, Hirotsu N and Madoka Y. , Journal of Experimental Botany , 56, (420) 2745 - 2753,   2005年
  • The photosynthetic properties of rice leaves treated with low temperature and high irradiance. , Hirotsu N, Makino A, Yokota S and Mae T. , Plant and Cell Physiology , 46, (8) 1377 - 1383,   2005年
  • Changes in the thermal dissipation and the electron flow in the water-water cycle in rice grown under conditions of physiologically low temperature., Hirotsu N, Makino A, Ushio A and Mae T. , Plant and Cell Physiology , 45, (5) 635 - 644,   2004年
  • The photosynthetic characteristics of rice leaves with low Fv/Fm by low temperature and high irradiance., Hirotsu N, Makino A, Yokota S and Mae T., Photosynthesis: Fundamental aspects of global perspective, 470 - 472,   2004年
  • The excess light energy that is neither utilized in photosynthesis nor dissipated by photoprotective mechanisms determines the rate of photoinactivation in photosystemII., Kato MC, Hikosaka K, Hirotsu N, Makino A and Hirose T. , Plant and Cell Physiology , 44, (3) 318 - 325,   2003年
  • Xanthophyll cycle pigments and water-water cycle in transgenic rice with decreased amounts of ribulose-1,5-bisphosphate carboxylase and the wild-type rice grown under different N levels. , Ushio A, Makino A, Yokota S, Hirotsu N and Mae T. , Soil Science and Plant Nutrition, 49, (1) 77 - 83,   2003年

書籍等出版物

  • The photosynthetic characteristics of rice leaves with low Fv/Fm by low temperature and high irradiance.
    廣津 直樹、Hirotsu N, Makino A, Yokota S and Mae T.
    Photosynthesis: Fundamental aspects of global perspective, Kluwer Academic Publishers  2005年01月

講演・口頭発表等

  • 機能喪失型TGW6における葉へのデンプン蓄積メカニズムの解析, 川和信一郎, 石丸健, 廣津直樹, 日本作物学会講演会要旨集,   2017年09月13日
  • 水陸両生植物の水中環境順応におけるエチレンの役割, 堀口元気, 根本恭輔, 廣津直樹, 日本植物学会大会研究発表記録,   2017年09月01日
  • イネ(Oryza sativa)由来レクチンの精製及び性状解析, 堀内里紗, 遠坂翼, 廣津直樹, 舘野浩章, 平林淳, 宮西伸光, 応用糖質科学,   2015年08月20日
  • イネ初期生長時における部位特異的糖鎖の挙動, 堀内里紗, 遠坂翼, 廣津直樹, 宮西伸光, 日本糖質学会年会要旨集,   2015年07月01日
  • 機能欠失型TGW6のソース器官における機能と高温登熟障害回避へ果たす役割, 竹村ほづみ, 清水順平, 氏家和広, 石丸健, 廣津直樹, 日本作物学会講演会要旨集,   2015年03月27日
  • コメ種子由来レクチンの特性解析, 遠坂翼, 堀内里紗, 廣津直樹, 宮西伸光, 日本糖質学会年会要旨集,   2014年07月23日
  • イネの生長時における糖鎖構造の挙動, 堀内里紗, 遠坂翼, 廣津直樹, 宮西伸光, 日本糖質学会年会要旨集,   2014年07月23日
  • イネの初期生育速度に関与する要因の生理学的解析, 永井雄基, 砂川裕貴, 望月麻衣, 廣津直樹, 日本植物生理学会年会要旨集,   2014年03月11日
  • The genetic control of rice yield through gleaning superior genes., Hirotsu Naoki, 7th International Rice Genetics Symposium,   2013年11月06日, 招待有り
  • 藍藻類および微小動物に対する銀ナノコロイド曝露における影響, 清水和哉, 金沢彩子, 藤野祐太朗, 仲亀雄哉, 有吉理, 片岡知里, 竹井弘之, 廣津直樹, 杉浦則夫, 内海真生, 岩見徳雄, 長坂征治, 柏田祥策, 日本水処理生物学会誌 別巻,   2013年10月20日
  • Structural analysis of N-linked oligosaccharides from rice germ, R. Horiuchi, N. Hirotsu, N. Miyanishi, 17th Evolutionary biology meeting (EBM),   2013年09月17日
  • イネ科植物における部位特異的糖鎖構造解析, 廣津 直樹、堀内里紗、宮西伸光, 第86回日本生化学会大会,   2013年09月11日
  • カサラス型OsSPS1をもつ染色体断片置換系統イネの生育およびガス交換速度の解析, 永井雄基, 廣津直樹, 日本作物学会講演会要旨・資料集,   2013年09月09日
  • Changes in the photosynthetic pathways in amphibious plant under submerged conditions, T. Yokoyama, A. Saitou, N. Hirotsu, 16th International Congress on Photosynthesis Research,   2013年08月
  • イネの生長時における構造別糖鎖含有量の変動, 堀内里紗, 廣津直樹, 宮西伸光, 日本糖質学会年会要旨集,   2013年07月25日
  • イネの初期生育に関する量的形質遺伝子座の解析, 永井雄基, 松本浩一, 廣津直樹, 日本作物学会講演会要旨・資料集,   2013年03月28日
  • イネ玄米の未熟粒と糖含量に関する量的形質遺伝子座の解析, 近内彩貴, 廣津直樹, 日本作物学会講演会要旨・資料集,   2013年03月28日
  • 水陸両生植物の沈水順応にともなう光合成代謝経路の変化, 横山友美, 廣津直樹, 日本植物生理学会年会要旨集,   2013年03月14日
  • 銀ナノコロイドはイネの根に酸化ストレスを引き起こす, 眞島芽衣, 根岸理紗, 神山翔伍, 平野俊, 廣津直樹, 日本植物生理学会年会要旨集,   2013年03月14日
  • 生育環境が異なるHygrophila polyspermaの葉における酸化ストレス応答の変化, 横山友美, 廣津直樹, 日本植物学会大会研究発表記録,   2012年09月14日
  • 開放系大気CO2濃度増加(FACE)が染色体断片置換イネのバイオマス生産に及ぼす影響, 廣津直樹, 根岸理紗, 氏家和広, 常田岳志, 酒井英光, 中村浩史, 長谷川利拡, 石丸健, 日本作物学会講演会要旨・資料集,   2011年03月30日
  • 岩手県における染色体部分置換系統(コシヒカリ/カサラス)の収量性および稈の物理的性質, 黒田栄喜, 高田英明, 下野裕之, 廣津直樹, 石丸健, 日本作物学会東北支部会報,   2010年12月20日
  • 2つの染色体部分置換系統群を用いたイオノーム解析, 氏家和広, 廣津直樹, 柏木孝幸, 石丸健, 日本作物学会講演会要旨・資料集,   2010年03月30日
  • コシヒカリ/Nona Bokra染色体部分置換系統群を用いた農業形質に関与する染色体領域の解析, 氏家和広, 柏木孝幸, 廣津直樹, 石丸健, 日本作物学会講演会要旨・資料集,   2009年09月29日
  • ソルガム (Sorghum bicolor (L.) Moench) における光合成関連形質の品種間差異, 氏家 和広, 柏木 孝幸, 廣津 直樹, 石丸 健, 日本作物學會紀事,   2009年03月27日
  • イネのカドミウム転流・蓄積特性の解析, 柏木孝幸, 柏木孝幸, 進藤久美子, 廣津直樹, 石丸健, 日本作物学会講演会要旨・資料集,   2009年03月27日
  • ソルガム(Sorghum bicolor(L.)Moench)における光合成関連形質の品種間差異, 氏家和広, 柏木孝幸, 廣津直樹, 石丸健, 日本作物学会講演会要旨・資料集,   2009年03月27日
  • P-22 アレル特異的プライマーPCR法を利用した簡便・低コストSNPs判定法(ASPアレイ)の確立(日本作物学会第225回講演会), 廣津 直樹, 柏木 孝幸, 石丸 健, 日本作物學會紀事,   2008年03月27日
  • P-23 窒素施肥量が倒伏抵抗性QTL"pr15"の作用に及ぼす影響(日本作物学会第225回講演会), 柏木 孝幸, 廣津 直樹, 石丸 健, 日本作物學會紀事,   2008年03月27日
  • アレル特異的プライマーPCR法を利用した簡便・低コストSNPs判定法(ASPアレイ)の確立, 廣津直樹, 柏木孝幸, 石丸健, 日本作物学会講演会要旨・資料集,   2008年03月27日
  • 窒素施肥量が倒伏抵抗性QTL“pr15”の作用に及ぼす影響, 柏木孝幸, 柏木孝幸, 廣津直樹, 石丸健, 日本作物学会講演会要旨・資料集,   2008年03月27日
  • ASPアレイを用いたコシヒカリの準同質遺伝子系統の選抜とその生理解析, 廣津直樹, 柏木孝幸, 石丸健, 日本作物学会講演会要旨・資料集,   2008年03月27日
  • 9-42 イネにおけるエレメントーム研究の創出(9. 植物の無機栄養, 2006年度秋田大会講演要旨), 廣津 直樹, 柏木 孝幸, 円 由香, 石丸 健, 日本土壌肥料学会講演要旨集,   2006年09月05日
  • 10-8 イネ葉の光阻害によるPSII最大量子収率の低下とCO_2同化速度との関係(10.植物の代謝), 廣津 直樹, 牧野 周, 前 忠彦, 日本土壌肥料学会講演要旨集,   2003年08月20日
  • 10-9 生理的低温下で生育したイネ個葉の光ストレス回避機構(10.植物の代謝), 廣津 直樹, 牛尾 亜由子, 横田 聡, 牧野 周, 前 忠彦, 日本土壌肥料学会講演要旨集,   2001年03月25日

特許

  • 糖鎖構造によるイネの品質評価, 宮西 伸光, 堀内 里紗, 廣津 直樹, 特願2014-155037, 特開2015-072258
  • 植物体の子実を増大させる遺伝子、並びにその利用, 石丸 健, 市川 裕章, 廣津 直樹, 柏木 孝幸, 氏家 和広, 光原 一朗, 石橋 和大, 特願2009-258075, 特開2011-101622, 特許第5594818号
  • 穀物の種子を増大させる遺伝子、並びにその利用, 石丸 健, 廣津 直樹, 円 由香, 柏木 孝幸, 特願2008-292285, 特開2010-115176, 特許第5288608号
  • 閉鎖系育成温室及びその使用方法, 石丸 健, 廣津 直樹, 柏木 孝幸, 氏家 和広, 特願2008-254661, 特開2010-081877

受賞

  •   2010年, 日本作物学会論文賞

競争的資金

  • Ceylon Cinnamon Value Chain Development: Making global market space for value chain actors, National Science Foundation of Sri Lanka, Cinnamon Research for Innovation, D.A.M. De Silva
  • イネの乾物生産に関与する量的形質遺伝子座の生理学的解析, 文部科学省, 科学研究費補助金(若手研究(B)), 廣津 直樹
  • 個体群理論に基づく銀ナノ粒子の水環境生態リスク評価, 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(B), 基盤研究(B)), 柏田 祥策, (1)活性汚泥への影響:下水処理場から採取した活性汚泥およびOECDに指定の人工排水に銀ナノコロイド(SNC)を最大終濃度1mg/Lとなるように添加したところ,処理能の阻害はみられなかった。しかし,SNC由来の銀イオンのみの影響を解析したところ処理能の阻害がみられ,処理能阻害は銀イオンによるものと強く推測された。(2)水生植物への影響:イネの発芽中に銀ナノコロイドを処理して発芽率を調べた結果,SNC濃度10mg/Lまで正常に発芽した。次にイネを発芽させた後,SNCを含む水耕液で5週間栽培し,葉と根の生育量を調べた。SNCO.1mg/L以上で濃度依存的に葉および根の伸長が阻害された。特に根のNH4+の吸収速度が低下していた。(3)藻類への影響:ムレミカヅキモへのSNCの毒性(EC50)は55ppb(Ag濃度)であった。光条件を明暗周期(L14/D10)に変更して培養した場合には,生育阻害率の低下が観察され,連続照明条件下ではSNCの毒性が強化されていることが示唆された。また培養の初期生物量の増加によって阻害率が低下していた。また光電子伝達系IIが阻害されていた。(4)動物プランクトン群集への影響:SNCと硝酸銀を用いてミジンコ急性遊泳阻害試験(Daphnia magna,Daphnia galeata,Bosmina longirostris)を行った結果,D.g.とB.lが高...
  • バイオマス生産能力向上におけるショ糖リン酸合成酵素の有効性の実証, 文部科学省, 科学研究費補助金(研究活動スタート支援), 廣津 直樹, 本年度は、コシヒカリのOsSPS1を含む染色体領域をカサラス型染色体に置き換えたCSSL系統[CSSL(SPS)]を用い、OsSPS1遺伝子発現解析を行った。まず、幼苗期におけるOsSPS1発現レベルおよび生育速度を比較した結果、幼苗期ではCSSL(SPS)の生育速度はコシヒカリに対して大きく、OsSPS1発現レベルはコシヒカリに対して約2倍高かった。次に、水田に設置したリング内のCO_2濃度を外気よりも約200ppm高く制御した開放系大気CO_2増加(FACE)圃場(FACE区)と通常大気CO_2濃度圃場(Ambient区)でコシヒカリおよびCSSL(SPS)を栽培し、FACE効果およびCSSL効果によるOsSPS1発現レベルおよび生育の影響を調べた。栄養成長期と出穂期に最上位完全展開葉の葉身をサンプリングし、OsSPS1の遺伝子発現レベルをリアルタイムPCR法により測定した。その結果、栄養成長期のOsSPS1発現レベルはコシヒカリとCSSL(SPS)とで有意な差は見られなかったが、FACE区のOsSPS1発現量がAmbient区に対して有意に増加していた。一方で、出穂期におけるOsSPS1発現レベルはどの実験区においても差は見られなかった。これらのことより、CSSL効果によるOsSPS1の遺伝子発現レベル増加は、幼苗期のみ現れることが明らかとなった。また、高CO_2濃度条...

教育活動情報

担当経験のある科目

  • 植物科学, 東洋大学
  • ゲノム科学, 東洋大学
  • バイオインフォマテイクス, 東洋大学
  • 物理化学, 東洋大学
  • 生命科学実験II, 東洋大学
  • 生命科学英語I, 東洋大学