詳細検索はこちら
※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

矢野 友啓ヤノ トモヒロ

所属・担当
食環境科学部食環境科学科
ライフイノベーション研究所
食環境科学研究科食環境科学専攻
職名教授
メールアドレス
ホームページURLhttps://nutritionscience.web.fc2.com/
生年月日
Last Updated :2019/11/07

研究者基本情報

学位

  • 薬学博士, 千葉大学

所属学協会

  • 日本機能性食品医用学会
  • 日本栄養改善学会
  • ビタミンE研究会
  • 日本がん学会
  • 日本薬学会
  • AACR
  • 日本ビタミン学会
  • 日本がん予防学会

委員歴

  •   2017年04月 - 現在, 東洋大学生体医工学研究センター評価委員
  •   2017年04月 - 現在, 日本機能性食品医用学会評議員
  •   2016年04月 - 現在, 日本栄養改善学会, 評議員
  •   2017年, 科学研究費医薬品部会審査員
  •   2014年 - 2016年, DC, PD審査委員
  •   2013年 - 現在, ビタミンE研究会, 幹事
  •   2001年 - 現在, AACR, active member
  •   2004年 - 現在, 日本ビタミン学会, トピックス委員
  •   2007年 - 2015年, 静岡県立大学客員教授
  •   2001年 - 現在, 国立健康・栄養研究所客員研究員
  •   2004年 - 現在, ビタミン学会, 代議員

経歴

  •   2016年04月 - 現在, 東洋大学大学院, 食環境科学研究科, 研究科長
  •   2015年 - 現在, Toyo University, Graduate School of Food and Nutritional Sciences, Chief
  •   2014年04月 - 現在, 東洋大学, 食環境科学部, 教授
  •   2013年 - 現在, Toyo University, Faculty of Food and Nutritional Sciences, Professor
  •   2010年04月 - 2014年03月, 東洋大学, 生命科学部, 教授
  •   2010年 - 2013年, Toyo University, cFaculty of Life SCiences, Professor
  •   2007年 - 2010年, (独)国立健康・栄養研究所, 食品保健機能プロジェクト, プロジェクトリーダー
  •   2000年 - 2010年, National Institute of Health and Nutrition, Project for Complementary and alternative medicine, Project Leader
  •   2001年 - 2007年, (独)国立健康・栄養研究所 食品保健機能研究系 室長
  •   1998年 - 2001年,  国立健康・栄養研究所 応用食品部 室長
  •   1998年 - 2000年,  WHO・国際癌研究機構 客員研究員
  •   1998年 - 2000年, International Agency for Research on Cancer, Unit of Multistage Carcinogenesie, Visiting Scientist
  •   1995年 - 1998年,  国立健康・栄養研究所 応用食品部 主任研究官
  •   1991年 - 1995年,  国立健康・栄養研究所 応用食品部 研究員

研究活動情報

研究分野

  • 基礎医学, 病態医化学
  • 生活科学, 食生活学
  • 畜産学・獣医学, 応用獣医学
  • 農芸化学, 食品科学
  • 薬学, 医療系薬学

研究キーワード

    シグナル伝達系, 前立腺がん, がん補完代替医療, 細胞周期, 細胞死, トコトリエノール, がん幹細胞, 遺伝子カスケード解析, ファイトケミカル, BBI, コネキシン43, ビタミンE, 犬乳腺腫瘍, 生体利用性, 癌予防食材, ギャップ結合, 癌予防食品, コネキシン26, オルニチン脱炭酸酵素, 細胞間情報伝達, 化学予防, 中皮腫, ras遺伝子, 肺腺がん, ELISA法, 細胞増殖, 癌予防・治療, 癌抑制遺伝子, 食品機能性成分(補完成分)

論文

  • Preparation and functional analysis of gossypols having two carbohydrate appendages with enaminooxy linkages., Amano Y, Nakamura M, Shiraishi S, Chigira N, Shiozawa N, Hagio M, Yano T, Hasegawa T, Carbohydrate research, 458-459, 67 - 76,   2018年03月
  • Suppressive Effect of Delta-Tocotrienol on Hypoxia Adaptation of Prostate Cancer Stem-like Cells., Kaneko S, Sato C, Shiozawa N, Sato A, Sato H, Virgona N, Yano T, Anticancer research, 38, (3) 1391 - 1399,   2018年03月
  • Combination Effect of δ-Tocotrienol and γ-Tocopherol on Prostate Cancer Cell Growth., Sato C, Kaneko S, Sato A, Virgona N, Namiki K, Yano T, Journal of nutritional science and vitaminology, 63, (5) 349 - 354,   2017年12月
  • Inhibitory effect of a redox-silent analogue of tocotrienol on hypoxia adaptation in prostate cancer cells., Shiozawa N, Sugahara R, Namiki K, Sato C, Ando A, Sato A, Virgona N, Yano T, Anti-cancer drugs, 28, (3) 289 - 297,   2017年03月
  • The evidence to date: A redox-silent analogue of tocotrienol as a new anti-mesothelioma agent., SATO Ayami, VIRGONA Nantiga, SEKINE Yuko, YANO Tomohiro, Journal of rare diseases research and treatment , 2, (1) 38 - 42,   2016年12月
  • Cytotoxicity Induced by a Redox-silent Analog of Tocotrienol in Human Mesothelioma H2452 Cell Line via Suppression of Cap-dependent Protein Translation., Sato A, Ueno H, Takase A, Ando A, Sekine Y, Yano T, Anticancer research, 36, (4) 1527 - 1533,   2016年04月
  • Suppression of intestinal carcinogenesis in Apc-mutant mice by limonin., Shimizu S, Miyamoto S, Fujii G, Nakanishi R, Onuma W, Ozaki Y, Fujimoto K, Yano T, Mutoh M, Journal of clinical biochemistry and nutrition, 57, (1) 39 - 43,   2015年07月
  • Involvement of NADPH oxidases in suppression of cyclooxygenase-2 promoter-dependent transcriptional activities by sesamol., Shimizu S, Ishigamori R, Fujii G, Takahashi M, Onuma W, Terasaki M, Yano T, Mutoh M, Journal of clinical biochemistry and nutrition, 56, (2) 118 - 122,   2015年03月
  • Annatto Tocotrienol Induces a Cytotoxic Effect on Human Prostate Cancer PC3 Cells via the Simultaneous Inhibition of Src and Stat3., Sugahara R, Sato A, Uchida A, Shiozawa S, Sato C, Virgona N, Yano T, Journal of nutritional science and vitaminology, 61, (6) 497 - 501,   2015年
  • Sesamol suppresses cyclooxygenase-2 transcriptional activity in colon cancer cells and modifies intestinal polyp development in Apc (Min/+) mice., Shimizu S, Fujii G, Takahashi M, Nakanishi R, Komiya M, Shimura M, Noma N, Onuma W, Terasaki M, Yano T, Mutoh M, Journal of clinical biochemistry and nutrition, 54, 95 - 101,   2014年03月
  • A Redox-Silent Analogue of Tocotrienol Inhibits Cobalt(II) Chloride-Induced VEGF Expression via Yes Signaling in Mesothelioma Cells., Sato A, Virgona N, Ando A, Ota M, Yano T, Biological & pharmaceutical bulletin, 37, 865 - 870,   2014年
  • Synergistic effect of combined treatment with gamma-tocotrienol and statin on human malignant mesothelioma cells., Tuerdi G, Ichinomiya S, Sato H, Siddig S, Suwa E, Iwata H, Yano T, Ueno K, Cancer letters, 339, 116 - 127,   2013年10月
  • Reinforcement of anti-cancer activity in delta-tocotrienol by succinic acid ether induction embodying, 矢野 友啓, Med Biol, 157, (5) 533 - 536,   2013年05月
  • Redox-inactive analogue of tocotrienol as a potential anti-cancer agent., Yano T, Sato A, Sekine M, Virgona N, Ota M, Anti-cancer agents in medicinal chemistry, 13, 496 - 501,   2013年03月
  • Induction of the connexin 32 gene by epigallocatechin-3-gallate potentiates vinblastine-induced cytotoxicity in human renal carcinoma cells., Sato A, Sekine M, Kobayashi M, Virgona N, Ota M, Yano T, Chemotherapy, 59, 192 - 199,   2013年
  • Yes is a central mediator of cell growth in malignant mesothelioma cells., Sato A, Sekine M, Virgona N, Ota M, Yano T, Oncology reports, 28, 1889 - 1893,   2012年11月
  • New 2-aryl-1,4-naphthoquinone-1-oxime methyl ether compound induces microtubule depolymerization and subsequent apoptosis., Sato H, Yamada R, Yanagihara M, Okuzawa H, Iwata H, Kurosawa A, Ichinomiya S, Suzuki R, Okabe H, Yano T, Kumamoto T, Suzuki N, Ishikawa T, Ueno K, Journal of pharmacological sciences, 118, 467 - 478,   2012年
  • The enhancement of the oral bioavailability of γ-tocotrienol in mice by γ-cyclodextrin inclusion., Miyoshi N, Wakao Y, Tomono S, Tatemichi M, Yano T, Ohshima H, The Journal of nutritional biochemistry, 22, 1121 - 1126,   2011年12月
  • Bowman-Birk protease inhibitor from soybeans enhances cisplatin-induced cytotoxicity in human mesothelioma cells., Kashiwagi K, Virgona N, Yamada J, Sato A, Ota M, Yazawa T, Yano T, Experimental and therapeutic medicine, 2, 719 - 724,   2011年07月
  • A demethylating agent enhances chemosensitivity to vinblastine in a xenograft model of renal cell carcinoma., Iwata H, Sato H, Suzuki R, Yamada R, Ichinomiya S, Yanagihara M, Okabe H, Sekine Y, Yano T, Ueno K, International journal of oncology, 38, 1653 - 1661,   2011年06月
  • The tocotrienol-rich fraction from rice bran enhances cisplatin-induced cytotoxicity in human mesothelioma H28 cells., Nakashima K, Virgona N, Miyazawa M, Watanabe T, Yano T, Phytotherapy research , 24, 1317 - 1321,   2010年09月
  • Sensitive quantitative assay for point mutations in the rat H-ras gene based on single nucleotide primer extension., Yano Y, Yano T, Kinoshita A, Matoba A, Hasuma T, Wanibuchi H, Morimura K, Otani S, Fukushima S, Experimental and therapeutic medicine, 1, 657 - 661,   2010年07月
  • Complexation of tocotrienol with gamma-cyclodextrin enhances intestinal absorption of tocotrienol in rats., Ikeda S, Uchida T, Ichikawa T, Watanabe T, Uekaji Y, Nakata D, Terao K, Yano T, Bioscience, biotechnology, and biochemistry, 74, 1452 - 1457,   2010年
  • Enhanced effect of connexin 43 on cisplatin-induced cytotoxicity in mesothelioma cells., Sato H, Iwata H, Takano Y, Yamada R, Okuzawa H, Nagashima Y, Yamaura K, Ueno K, Yano T, Journal of pharmacological sciences, 110, 466 - 475,   2009年08月
  • A redox-silent analogue of tocotrienol acts as a potential cytotoxic agent against human mesothelioma cells., Kashiwagi K, Virgona N, Harada K, Kido W, Yano Y, Ando A, Hagiwara K, Yano T, Life sciences, 84, 650 - 656,   2009年05月
  • Effects of a single-dose administration of Bowman-Birk inhibitor concentrate on anti-proliferation and inhabitation of metastasis in M5076 ovarian sarcoma-bearing mice., Sakurai N, Suzuki K, Sano Y, Saito T, Yoshimura H, Nishimura Y, Yano T, Sadzuka Y, Asano R, Molecular medicine reports, 1, 903 - 907,   2008年11月
  • Connexin 43-dependent tumor-suppressing effect of the Bowman-Birk protease inhibitor on M5076 ovarian sarcoma-bearing mice., Sakurai N, Suzuki K, Nagaoka T, Saito T, Yoshimura H, Yano T, Sadzuka Y, Asano R, Molecular medicine reports, 1, 689 - 693,   2008年09月
  • The inhibitory effect of connexin 32 gene on metastasis in renal cell carcinoma., Sato H, Hagiwara H, Senba H, Fukumoto K, Nagashima Y, Yamasaki H, Ueno K, Yano T, Molecular carcinogenesis, 47, 403 - 409,   2008年06月
  • A redox-silent analogue of tocotrienol inhibits hypoxic adaptation of lung cancer cells., Kashiwagi K, Harada K, Yano Y, Kumadaki I, Hagiwara K, Takebayashi J, Kido W, Virgona N, Yano T, Biochemical and biophysical research communications, 365, 875 - 881,   2008年01月
  • Enhancing effect of connexin 32 gene on vinorelbine-induced cytotoxicity in A549 lung adenocarcinoma cells., Sato H, Fukumoto K, Hada S, Hagiwara H, Fujimoto E, Negishi E, Ueno K, Yano T, Cancer chemotherapy and pharmacology, 60, 449 - 457,   2007年08月
  • Negative growth control of osteosarcoma cell by Bowman-Birk protease inhibitor from soybean; involvement of connexin 43., Saito T, Sato H, Virgona N, Hagiwara H, Kashiwagi K, Suzuki K, Asano R, Yano T, Cancer letters, 253, 249 - 257,   2007年08月
  • Connexin 32 potentiates vinblastine-induced cytotoxicity in renal cell carcinoma cells., Sato H, Senba H, Virgona N, Fukumoto K, Ishida T, Hagiwara H, Negishi E, Ueno K, Yamasaki H, Yano T, Molecular carcinogenesis, 46, 215 - 224,   2007年03月
  • [Connexin32 as a tumor suppressor gene in renal cell carcinoma]., Fujimoto E, Yano T, Ueno K, Nihon yakurigaku zasshi. Folia pharmacologica Japonica, 129, 105 - 109,   2007年02月
  • Regulation of RCC proliferation,invasion and metastasis by connexin 32 gene, YANO Tomohiro, J membrane Biol, 216, 17 - 21,   2007年
  • Connexin 32 expression reduces malignant phenotype in human A549 adenocarcinoma cells: Implication of Src involvement., Hada S, Sato H, Virgona N, Hagiwara H, Saito T, Suzuki K, Asano R, Yano T, Oncology reports, 16, 1149 - 1154,   2006年11月
  • Connexin 32 as an anti-invasive and anti-metastatic gene in renal cell carcinoma., Yano T, Fujimoto E, Hagiwara H, Sato H, Yamasaki H, Negishi E, Ueno K, Biological & pharmaceutical bulletin, 29, 1991 - 1994,   2006年10月
  • Expression patterns of connexin 26 and connexin 43 mRNA in canine benign and malignant mammary tumours., Gotoh H, Harada K, Suzuki K, Hashimoto S, Yamamura H, Sato T, Fukumoto K, Hagiwara H, Ishida T, Yamada K, Asano R, Yano T, Veterinary journal (London, England : 1997), 172, 178 - 180,   2006年07月
  • Inhibition of Src activity enhances the tumor-suppressive effect of the connexin 32 gene in Caki-1 renal cancer cells., Fujimoto E, Sato H, Shirai S, Nagashima Y, Virgona N, Hagiwara K, Yamasaki H, Negishi E, Ueno K, Yano T, Oncology reports, 15, 1359 - 1365,   2006年05月
  • Connexin 32 down-regulates the fibrinolytic factors in metastatic renal cell carcinoma cells., Hagiwara H, Sato H, Shirai S, Kobayashi S, Fukumoto K, Ishida T, Seki T, Ariga T, Yano T, Life sciences, 78, 2249 - 2254,   2006年04月
  • High oleic acid modulates promotion stage in lung tumorigenesis of mice treated with methyl nitrosourea., 矢野 友啓、Yamaki T, Nagamine I, Fukumoto K, Yano T, Miyahara M, Sakurai H, Food Sci. Tech. Res, 11, 231 - 235,   2005年11月
  • Contribution of the Src family of kinases to the appearance of malignant phenotypes in renal cancer cells., Yonezawa Y, Nagashima Y, Sato H, Virgona N, Fukumoto K, Shirai S, Hagiwara H, Seki T, Ariga T, Senba H, Suzuki K, Asano R, Hagiwara K, Yano T, Molecular carcinogenesis, 43, 188 - 197,   2005年08月
  • Peroxisome proliferator-activated receptor delta as a molecular target to regulate lung cancer cell growth., Fukumoto K, Yano Y, Virgona N, Hagiwara H, Sato H, Senba H, Suzuki K, Asano R, Yamada K, Yano T, FEBS letters, 579, 3829 - 3836,   2005年07月
  • Induction of cytotoxicity in human lung adenocarcinoma cells by 6-O-carboxypropyl-alpha-tocotrienol, a redox-silent derivative of alpha-tocotrienol., Yano Y, Satoh H, Fukumoto K, Kumadaki I, Ichikawa T, Yamada K, Hagiwara K, Yano T, International journal of cancer. Journal international du cancer, 115, 839 - 846,   2005年07月
  • Prevention of renal cell carcinoma from hemodialysis patients by regulating epigenetic factors., Sumiko S, Hiromi H, Hiromi S, Keiko F, Shigeto K, Taiichiro S, Toyohiko A, Kiyokazu H, Hiroshi Y, Tomohiro Y, Kidney international, 67, 2506 - 2507,   2005年06月
  • Restoration of connexin 43 by Bowman-Birk protease inhibitor in M5076 bearing mice., Suzuki K, Yano T, Sadzuka Y, Sugiyama T, Seki T, Asano R, Oncology reports, 13, 1247 - 1250,   2005年06月
  • Connexin32 as a tumor suppressor gene in a metastatic renal cell carcinoma cell line., Fujimoto E, Sato H, Shirai S, Nagashima Y, Fukumoto K, Hagiwara H, Negishi E, Ueno K, Omori Y, Yamasaki H, Hagiwara K, Yano T, Oncogene, 24, 3684 - 3690,   2005年05月
  • A Src family inhibitor (PP1) potentiates tumor-suppressive effect of connexin 32 gene in renal cancer cells., Fujimoto E, Sato H, Nagashima Y, Negishi E, Shirai S, Fukumoto K, Hagiwara H, Hagiwara K, Ueno K, Yano T, Life sciences, 76, 2711 - 2720,   2005年04月
  • Cytotoxic effect of the Her-2/Her-1 inhibitor PKI-166 on renal cancer cells expressing the connexin 32 gene., Fujimoto E, Yano T, Sato H, Hagiwara K, Yamasaki H, Shirai S, Fukumoto K, Hagiwara H, Negishi E, Ueno K, Journal of pharmacological sciences, 97, 294 - 298,   2005年02月
  • Prostaglandin E2 activates Src signaling in lung adenocarcinoma cell via EP3., Yamaki T, Endoh K, Miyahara M, Nagamine I, Thi Thu Huong N, Sakurai H, Pokorny J, Yano T, Cancer letters, 214, 115 - 120,   2004年10月
  • Negative growth control of renal cell carcinoma cell by connexin 32: possible involvement of Her-2., Fujimoto E, Satoh H, Negishi E, Ueno K, Nagashima Y, Hagiwara K, Yamasaki H, Yano T, Molecular carcinogenesis, 40, 135 - 142,   2004年07月
  • Hypermethylation of the CpG island of connexin 32, a candiate tumor suppressor gene in renal cell carcinomas from hemodialysis patients., Yano T, Ito F, Kobayashi K, Yonezawa Y, Suzuki K, Asano R, Hagiwara K, Nakazawa H, Toma H, Yamasaki H, Cancer letters, 208, 137 - 142,   2004年05月
  • Epigenetic inactivation of connexin 32 in renal cell carcinoma from hemodialytic patients., Yano T, Ito F, Yamasaki H, Hagiwara K, Ozasa H, Nakazawa H, Toma H, Kidney international, 65,   2004年04月
  • Prostaglandin E2-dependent activation of Src-Stat3 signal pathway in human lung adenocarcinoma cells, YANO Tomohiro, C J Food Sci, 22, 130s - 132s,   2004年
  • Prostaglandin E2 activates Src signaling in lung adenocarcinoma cell via EP3., Cancer Letters, 214, 115-120,   2004年
  • Epigenetic inactivation of connexin32 in renal cell carcinoma from hemodialysis patients., Kidney Int, 65, 1519,   2004年
  • alpha-Tocopheryloxybutyric acid enhances necrotic cell death in breast cancer cells treated with chemotherapy agent., Nishikawa K, Satoh H, Hirai A, Suzuzki K, Asano R, Kumadaki I, Hagiwara K, Yano T, Cancer letters, 201, 51 - 56,   2003年11月
  • Down-regulation of connexin 32 gene expression through DNA methylation in a human renal cell carcinoma cell., Hirai A, Yano T, Nishikawa K, Suzuki K, Asano R, Satoh H, Hagiwara K, Yamasaki H, American journal of nephrology, 23, 172 - 177,   2003年05月
  • Tumor-suppressive effect of connexin 32 in renal cell carcinoma from maintenance hemodialysis patients., Yano T, Ito F, Satoh H, Hagiwara K, Nakazawa H, Toma H, Yamasaki H, Kidney international, 63,   2003年01月
  • Cancer therapy and prevention based on non-antioxidative effect of vitamin E., Curr. Topic. Pharmacol, 6, 139-146,   2003年
  • Genistein, a soy isoflavone, enhances necrotic-like cell death in a breast cancer cell treated with a chemotherapeutic agent., Satoh H, Nishikawa K, Suzuki K, Asano R, Virgona N, Ichikawa T, Hagiwara K, Yano T, Research communications in molecular pathology and pharmacology, 113-114, 149 - 158,   2003年
  • High oleic acid oil suppresses lung tumorigenesis in mice through the modulation of extracellular signal-regulated kinase cascade., Yamaki T, Yano T, Satoh H, Endo T, Matsuyama C, Kumagai H, Miyahara M, Sakurai H, Pokorny J, Shin SJ, Hagiwara K, Lipids, 37, 783 - 788,   2002年08月
  • Induction of apoptosis in a human breast cancer cell overexpressing ErbB-2 receptor by alpha-tocopheryloxybutyric acid., Akazawa A, Nishikawa K, Suzuki K, Asano R, Kumadaki I, Satoh H, Hagiwara K, Shin SJ, Yano T, Japanese journal of pharmacology, 89, 417 - 421,   2002年08月
  • Prostaglandin E2 reinforces the activation of Ras signal pathway in lung adenocarcinoma cells via EP3., Yano T, Zissel G, Muller-Qernheim J, Jae Shin S, Satoh H, Ichikawa T, FEBS letters, 518, 154 - 158,   2002年05月
  • Effect of acerola cherry extract on cell proliferation and activation of ras signal pathway at the promotion stage of lung tumorigenesis in mice., Nagamine I, Akiyama T, Kainuma M, Kumagai H, Satoh H, Yamada K, Yano T, Sakurai H, Journal of nutritional science and vitaminology, 48, 69 - 72,   2002年02月
  • The suppression of ornithine decarboxylase expression and cell proliferation at the promotion stage of lung tumorigenesis in mice by alpha-tocopheryloxybutyric acid., 矢野 友啓、Yano Y, Yajima S, kumadaki I, Ichikawa T, Otani S, Hagiwara K, Biochem Pharmacol, 61, 1177 - 1181,   2001年08月
  • Regulation of Cellular Invasion and Matrix Metalloproteinase Activity in HepG2 Cell by Connexin 26 Transfection, 矢野 友啓, Yamasaki Hiroshi, 31, 101 - 109,   2001年06月
  • Reduction of malignant phenotype of HepG2 cells is associated with the expression of connexin26 but not connexin32, 矢野 友啓、Hernandez-Blazquez FJ, Omori Y, Yamasaki H, Carcinogenesis, 22, 1593 - 1600,   2001年05月
  • Regulation of cellular invasion and matrix metalloproteinase activity in HepG2 cell by connexin 26 transfection., Molecular Carcinogenesis, 31, 101-109,   2001年
  • The suppression of ornithine decarboxylase expression and cell proliferation at the promotion stage of lung tumorigenesis in mice by alpha-tocopheryloxybutyric acid., Biochemical Pharmacology, 61, 1177-1181,   2001年
  • Vitamin E inhibits cell proliferation and the activation of Erk at promotion phase of lung tumorigenesis irrespective of antioxidative effect, 矢野 友啓、Yajima S, Hagiwara K, Kumadaki I, Yano Y, Otani S, Uchida M, Ichikawa T, Carcinogenesis, 21, 2129 - 2133,   2000年08月
  • The effect of 6-methylthiohexyl isothiocyanate isolated from wasabia japonica(wasabi) on NNK-induced lung tumorigenesis in mouse, 矢野 友啓、Yajima S, Virgona N, Yano Y, Otani S, Kumagai H, Sakurai H, Kishimoto M, Ichikawa T, Cancer Letters, 155, 115 - 120,   2000年05月
  • Regulation of methionine adenosyl-transferase activity by the GSH level in rat liver during ischemia-reperfusion, 矢野 友啓、 Ito K, Miwa N, Hagiwara K, Shimizu-Saito K, Goseki N, Iwai T, Horikawa S, Surg Today, 29, 1053 - 1058,   1999年10月
  • Activation of EGF receptor in the early phase after renal ischemia- reperfusion in rat, 矢野 友啓、Yajima S, Hagiwara K, Ozasa H, Horikawa S, Nephron, 81, 230 - 233,   1999年08月
  • Activation of Erk in lung tissues of mice treated with carcinogen, 矢野 友啓、Yano Y, Nagashima Y, Hagiwara K, Kishimoto M, Ichikawa T, Otani S, Life Sciences, 64, 229 - 236,   1999年05月
  • Erk mediates renal regeneration in rats with myoglobinuric acute renal injury, 矢野 友啓、Ishizuka S, Hagiwara K, Sone M, Nihei H, Ozasa H, Horikawa S, Biochem Biophys Res Commun, 254, 88 - 92,   1999年05月
  • Changes on storage of peanut oils containg high levels of tocopherols and beta-carotene, YANO Tomohiro, C J Food Sci, 21, (1) 19 - 27,   1999年
  • Regulation of methionine adenosyltransferase activity by the GSH level in rat liver during ischemia-reperfusion, YANO Tomohiro, Surg Today, 29, 1053 - 1058,   1999年
  • Regenerative response in acute renal failure due to vitaminE deficiency and GSH depeletion in rats, 矢野 友啓、Yano Y, Horikawa, S, Ozasa H, Okada S, Otani S, Hagiwara, K, Biochem Pharmacol, 54, 543 - 546,   1998年10月
  • The repetitive activation of Erk is required for renal regeneration in rat, 矢野 友啓、Yano Y, Yuasa M, Horikawa S, Ozasa H, Hagiwara K, Life Sciences, 62, 2341 - 2347,   1998年09月
  • The inhibitory effect of vitaminE on NNK-induced DNA injury and the fixation of the DNA injury in mouse lungs, 矢野 友啓、Yajima S, Nakamura T, Kishimoto M, Ichikawa T, NS Arch Pharmacol, 358, 275 - 278,   1998年08月
  • The inhibitory effect of vitamin E on 4-(methylnitrosamino)-1-(3- pyridyl)-1-butanone-induced lung tumorigenesis in mice based on the regulation of polyamine metabolism, 矢野 友啓、Kishimoto M, Yano Y, Yajima S, Otani S, Ichikawa T, Cancer Letters, 126, 173 - 178,   1998年05月
  • Induction of heme oxygenase-1 in toxic renal injury:Mercuric chloride-induced acute renal failure in rat, 矢野 友啓、Horikawa S, Ito K, Ikeda S, Shibata T, Ishizuka S, Hagiwara K, Ozasa H, Katsuyama I, Toxicology Letters, 94, 57 - 64,   1998年04月
  • Immunohistochemical analysis of HO-1 in rat liver after ischemia, YANO Tomohiro, Biochem Mol Biol Int, 43, (3) 551 - 556,   1997年10月
  • Effects of vitamin E deficiency and glutathione  depletion on stress protein heme oxygenase-1 mRNA expression in rat liver and kidney., 矢野 友啓、 Ito K, Hagiwara K, Ozasa H, Horikawa S, Biochem Pharmacol, 54, 1081 - 1086,   1997年10月
  • The inhibitory effect of vitamin E on K-ras mutation at an early stage of lung carcinogenesis in mice., 矢野 友啓、Uchida M, Yuasa M, Murakami A, Hagiwara K, Ichikawa T, Eur J Pharmacol, 323, 99 - 102,   1997年09月
  • The detection of chemically initiated cells having the mutation of K-ras gene at an early stage of lung carcinogenesis in mice, 矢野 友啓、Yuasa M, Murakami A, Ichikawa T, Hagiwara K, Anal Biochem, 244, 187 - 189,   1997年08月
  • The inhibitory effect of vitamin E on polyamine biosynthesis, cell proliferation and carcinogenesis in mice., 矢野 友啓、Yano Y, Uchida M, Murakami A, Ogita M, Hagiwara K, Otani S, Ichikawa T, Biochim Biophys Acta, 1356, 35 - 42,   1997年07月
  • The modulation effect of vitamin E on prostaglandin E2 level and ornithine decarboxylase activity at the promotion phase of lung tumori genesis in mice, 矢野 友啓、Yano Y, Uchida M, Murakami A, Hagiwara K, Otani S, Ichikawa T, Biochem Pharmacol, 53, 1757 - 1759,   1997年05月
  • Regulation and immunohistochemical analysis of stress protein heme oxyenease-1 in rat kidney with myoglobinuric acute renal failure, 矢野 友啓、Ishizuka S, Ngashima Y, Numata N, Hagiwara K, Ozasa H, Sone M, Nihei H, Horikawa S, Biochem Biophys Res Commun, 240, 93 - 98,   1997年04月
  • The inhibitory effect of vitamin E on arachidonic acid metabolism during the process of urethane-induced lung tumorigenesis in mice, YANO Tomohiro, JNSV, 43, 471 - 477,   1997年
  • The inhibitory effect of vitamin E on K-ras mutation at an early stage of lung carcinogenesis in mice., YANO Tomohiro, Eur J Pharmacol, 323, 99-102,   1997年
  • Effects of vitamin E deficiency and glutathione depletion on stress protein heme oxygenase-1 mRNA expression in rat liver and kidney., YANO Tomohiro, Biochem Pharmacol, 54, 1081-1086,   1997年
  • Regulation and immunohistochemical analysis of stress protein heme oxyenease-1 in rat kidney with myoglobinuric acute renal failure., YANO Tomohiro, Biochem Biophys Res Commun, 240, 93-98,   1997年
  • The inhibitory effect of vitamin E on polyamine biosynthesis, cell proliferation and carcinogenesis in mice., YANO Tomohiro, Biochim Biophys Acta, 1356, 35-42,   1997年
  • The detection of chemically initiated cells having the mutation of K-ras gene at an early stage of lung carcinogenesis in mice., YANO Tomohiro, Anal Biochem, 244, 187-189,   1997年
  • The modulation effect of vitamin E on prostaglandin E2 level and ornithine decarboxylase activity at the promotion phase of lung tumori genesis in mice., YANO Tomohiro, Biochem Pharmacol, 53, 1757-1759,   1997年
  • Is K-ras point mutation an early event in lung tumorigenesis of mice?, YANO Tomohiro, Jpn J Toxicol Environ Health, 42, (2) 178 - 181,   1996年
  • Oxidadative stress on the nuclei as a factor regulating the susceptibility of apontaneous lung tumorigenesis in mice, YANO Tomohiro, Jpn J Toxicol Environ Health, 42, (1) 87 - 91,   1996年
  • The activation of K-ras gene at an early stage of lung tumorigenesis in mice., YANO Tomohiro, Cancer Letters, 107, 165-170,   1996年
  • Active oxygen generated in the process of carcinogen metabolism can induce oxidative damage in nuclei, YANO Tomohiro, RCMPP, 87, (3) 367 - 370,   1995年03月
  • Stimulating effect of excess iron feeding on spontaneous lung tumor promotionin mice, YANO Tomohiro, Int J Nutr Vitamin Res, 65, 127 - 130,   1995年
  • Vitamin E acts as a useful chemopreventive agent to reduce spontaneous lung tumorigenesis in mice, YANO Tomohiro, Cancer Letters, 87, 205 - 210,   1994年
  • Enhancing effect of high dietary iron on lung tumorigenesis in mice, YANO Tomohiro, Cancer Letters, 76, 57 - 62,   1994年
  • Effect of vitamin E on 4NQO-induced lung tumorigenesis in mice, YANO Tomohiro, Int J Vitamin Nutr Res, 64, 181 - 184,   1994年
  • Modulating effect of vitamin E on certain functions of alveolar macrophage, YANO Tomohiro, Nutrition Res, 14, (9) 1387 - 1395,   1994年
  • Vitamin E acts as a useful antioxidant to protect pulmonary nuclei, YANO Tomohiro, Jpn J Toxicol Environ Health, 40, (2) 193 - 196,   1994年
  • Comparative study on factors regulating the level of oxidative stress toward pulmonary nuclei in two different strains of mice, YANO Tomohiro, Int J Biochem, 26, (1) 121 - 125,   1994年
  • Active oxygen formtaion in alveolar macrophage and pulmonary tumorigenesis, YANO Tomohiro, RCCPP, 82, (2) 245 - 248,   1993年11月
  • A mechanismof vitamin E-enhanced active oxygen formtaion in concanavalin A-stimulated alveolar macrophage, YANO Tomohiro, Biochem Mol Biol Int, 31, (2) 291 - 296,   1993年10月
  • Is vitamin E a useful agent to protect against oxy radical-promoted lung tumorigenesis in ddY mice?, YANO Tomohiro, Carcinogenesis, 14, (6) 1133 - 1136,   1993年09月
  • The prevention of oxy radical-mediated lung tumorigenesis in mice by vitamin E, YANO Tomohiro, JNSV, 39, S49 - S55,   1993年
  • Oxidative stress as a modulating factor of pulmonary tumorigenesis in mice ;comparative study on two different strains, YANO Tomohiro, Comp Biochem Physiol, 104C, (3) 407 - 410,   1993年
  • Active oxygen generation by alveolar macrophage in mice treated with carcinogen and promoter, YANO Tomohiro, J Toxicol Sci, 18, 125 - 128,   1993年
  • The modulating effect of vitamin E on active oxygen generation by alveolar macrophage challenged with different stimuli, YANO Tomohiro, Jpn J Toxicol Environ Health, 39, (1) 76 - 79,   1993年
  • The effect of glycerol and 4-NQO on active oxygen formation in sub-cellular fractions of lung tissue, YANO Tomohiro, Biochem Pharmacol, 43, (12) 2658 - 2660,   1992年
  • Bromobenzen-induced clara celldamage:the contribution of CYP system localized in the clara cell, YANO Tomohiro, J Toxicol Pathol, 3, 223 - 230,   1990年10月
  • Effect of desipramine treatment on pulmonary phospholipid metabolism in rats, YANO Tomohiro, RCCPP, 68, (3) 353 - 363,   1990年06月
  • The mechanism of carbon tetrachloride induced pulmonary clara cell damage:biochemical and morphologic studies, YANO Tomohiro, RCCPP, 62, (3) 483 - 493,   1988年12月
  • Effect of glycerol treatment on pulomanary lipid metabolism in mice, YANO Tomohiro, RCCPP, 61, (3) 417 - 420,   1988年09月
  • Sex-related differences in pulmonary PLsis of rats treated with imipramine or desipramine, YANO Tomohiro, RCPPB, 13, 219 - 229,   1988年
  • Contribution of desipramine to pulomonary PLsis caused by imipramine treatment in rats, YANO Tomohiro, RCPPB, 11, 87 - 93,   1986年

MISC

  • ボイセンベリーの抗酸化作用とコレステロールに関わる遺伝子発現に対する影響, 内田明日香, 春日優子, 江面美咲, 太田昌子, 矢野友啓, 矢野友啓, 機能性食品と薬理栄養, 11,   2017年06月16日
  • ヒト時計遺伝子(hCLOCK)によるホモシステインの日周期変動の制御, 河野翔, 矢野友啓, ビタミン, 90,   2016年11月25日
  • ビタミンE介入によるがんおよび脳卒中の発症率と死亡率への影響 無作為化比較試験のメタアナリシスによる評価, 矢野 友啓, ビタミン, 89, (12) 561 - 572,   2015年12月
  • MTHFR C677T遺伝子多型と大腸がん発症率の関連性 症例対照ないしはコホート研究のメタアナリシス, 小林 三那子, 増田 智美, 塩澤 伸哉, 内田 明日香, 太田 昌子, 矢野 友啓, ビタミン, 89, (10) 479 - 491,   2015年10月, MTHFRC677T遺伝子多型と大腸がん発症率の関連性について検討した。MTHFRC677T遺伝子多型とがん発症率を検証した症例対照研究および後ろ向きCohort study論文を検索した。最終的に198報の論文の全文を入手し、MTHFRC677T遺伝子多型との関連が深いがんとして大腸がんを選択した。42報が大腸がん、13報が結腸がん、9報が直腸がん発症率への影響を解明するために、メタアナリシスを行った。MTHFRC677T多型のCC型とCT型を比較した場合、大腸がん発症率に有意差は認めず、結腸がん発症率にも有意差を認めなかったが、直腸がん発症率には有意差を認めた。CC型とTT型を比較した場合、大腸がん発症率に有意差を認めなかったが、結腸がん発症率に有意差を認めた。しかし、両遺伝子多型の間で直腸がん発症率には有意差は認めなかった。結腸がんではTT型とCC型の間において有意差を確認した。
  • 女子長距離陸上選手を対象とした疲労骨折のリスク評価法の検討, 関根美季, 河野翔, 松谷紀枝子, 菅原綾介, 宮越雄一, 矢野友啓, 太田昌子, 医と食, 7, (1) 42 - 46,   2015年02月01日
  • 遺伝子カスケード解析を用いたトコトリエノール誘導体の抗中皮腫作用に関与するシグナル分子の特定, 矢野友啓, 佐藤綾美, 菅原綾介, 太田昌子, ビタミン, 88,   2014年04月25日
  • トコトリエノールによるがん幹細胞増殖制御の可能性, 佐藤綾美, 関根美季, 太田昌子, 矢野友啓, ビタミン, 87, (8) 444 - 445,   2013年08月, 査読有り
  • 前立腺がん発症率に対するビタミンE摂取の影響 その無作為化比較試験のメタ分析による評価, 谷畑尚吾, 小林三那子, 関根美季, 松谷紀枝子, 太田昌子, 佐藤綾美, 矢野友啓, ビタミン, 87, (7) 359 - 363,   2013年07月, 査読有り
  • ビタミンE摂取によるがん発症率及び死亡率への影響―無作為化比較試験のシステマティックレビュー・メタアナリシス―, 小林三那子, 関根美季, 先崎裕美, 太田昌子, 矢野友啓, 卓興鋼, 医と食, 5, (2) 85 - 91,   2013年04月, 査読有り
  • 中国版保健機能食品「保健食品」について, 卓興鋼, 大森豊緑, 矢野友啓, 渡邊昌, JIA Meng, MA De‐Fu, ZHANG Yu‐Mei, WANG Pei‐Yu, New Food Ind, 53, (12) 36 - 58,   2011年12月, 招待有り
  • ナフトキノンモノオキシム誘導体の癌細胞増殖抑制作用の検討, 柳原碧, 佐藤洋美, 山田仁, 矢野友啓, 石川勉, 上野光一, 日本薬学会関東支部大会講演要旨集, 55th,   2011年10月08日
  • モルヒネのヒトがん細胞株の増殖に対する影響, 岩田紘樹, 佐藤洋美, 岡部裕之, 矢野友啓, 関根祐子, 上野光一, 日本緩和医療薬学雑誌, 4, (3) 85 - 91,   2011年10月, 査読有り
  • 大豆由来のBowman‐birk protease inhibitor(BBI)の抗がん作用について, 矢野友啓, イルシー, (104) 17 - 21,   2011年03月, 招待有り
  • トコトリエノールとアポトーシスについて, 中島啓介, 矢野友啓, ビタミン, 84,   2010年12月25日
  • α‐トコトリエノールコハク酸エーテル誘導体の新規抗がん剤としての可能性, 矢野友啓, ビタミン, 83, (11) 607 - 611,   2009年11月, 査読有り
  • 新規α‐トコフェロールエーテル誘導体の抗がん作用について, 矢野友啓, ビタミン, 83, (5/6) 300 - 301,   2009年06月, 査読有り
  • 日本栄養改善学会会員におけるビタミンEサプリメントの摂取状況, 矢野 友啓、木戸和貴子、松村康弘、山田和彦, 栄養学雑誌, 66, (3) 149 - 152,   2008年05月, 査読有り
  • がん予防・治療におけるα‐トコフェロールコハク酸エステルの有用性の評価, 木戸和貴子, 矢野友啓, ビタミン, 82, (3) 200 - 201,   2008年03月, 査読有り
  • 政策的に対応を要する疾患等の予防診断・治療法等の開発に関する研究 多様な生理活性を持つ機能性成分の安定化による新たな難治性慢性疾患の予防および治療法の構築, 矢野友啓, 野村大成, 宮崎純一, 小野哲也, 大島寛史, 池田彩子, 池本真二, 栗下昭弘, 岡田忠司, 寺田啓二, 政策創薬総合研究研究報告書 平成19年度,   2008年
  • ミトコンドリアを標的にした抗がん成分(Mitocan)としてのビタミンE redox‐silent誘導体, 柏木維人, 矢野友啓, ビタミン, 81, (11) 578 - 580,   2007年11月, 査読有り
  • がん抑制遺伝子(コネキシン43)の発現・機能回復による中皮腫発生抑制に関する研究―大豆由来のBowman‐Birk protease inhibitorを用いた検討―, 矢野友啓, 柏木維人, 佐藤洋美, 大豆たん白質研究, 10,   2007年10月, 招待有り
  • 肺がんの要因と病態に関する研究, 野口雅之, 仁木利郎, 横田淳, 加藤光保, 矢野聖二, 李康弘, 柳澤聖, 香川俊輔, 吉田純司, 齋藤春洋, 塚本吉胤, 鈴木健司, 川口知哉, 池田直樹, 佐々木秀文, 矢野友啓, 厚生労働省がん研究助成金による研究報告集, 2006,   2007年09月
  • 抗がん分子標的としてのヒストン脱アセチル化酵素(HDAC)と食品由来成分のHDAC活性阻害作用, 矢野友啓, ビタミン, 81, (5/6) 238 - 240,   2007年06月, 査読有り
  • コネキシン遺伝子の癌抑制機能の網羅的解析;癌予防および治療への応用 総合研究報告, 矢野友啓, 山崎洋, 斉藤豪, 朝元誠人, 浅野隆司, 石橋直人, 三浦大作, 栗下昭弘, 政策創薬総合研究重点研究報告書1 平成18年度,   2007年
  • コネキシン遺伝子の癌抑制機能の網羅的解析;癌予防および治療への応用 18年度報告, 矢野友啓, 山崎洋, 斉藤豪, 朝元誠人, 浅野隆司, 石橋直人, 三浦大作, 栗下昭弘, 政策創薬総合研究重点研究報告書1 平成18年度,   2007年
  • トコトリエノール類の2型糖尿病およびその合併症に対する有効性, 矢野友啓, ビタミン, 80, (10) 517 - 518,   2006年10月, 査読有り
  • がん抑制遺伝子(コネキシン)の機能回能回復をターゲットにしたがん化学予防に関する研究(II)‐大豆由来のBowman‐Birk inhibitorを用いた検討‐, 矢野友啓, 斉藤光芳, 鈴木一由, 浅野隆司, 大豆たん白質研究, 9,   2006年10月, 招待有り
  • 食品成分による癌予防, 矢野友啓, 日本未病システム学会雑誌, 12, (1) 56 - 58,   2006年07月, 査読有り, 招待有り
  • 創薬等ヒューマンサイエンス研究重点研究報告書 創薬のための生体機能解析に関する研究 コネキシン遺伝子の癌抑制機能の網羅的解析;癌予防および治療への応用, 矢野友啓, 山崎洋, 斉藤豪, 朝元誠人, 浅野隆司, 石橋直人, 三浦大作, 栗下昭弘, 創薬等ヒューマンサイエンス研究重点研究報告書 平成17年度 第1-第7分野,   2006年
  • 肺がんの要因と病態に関する研究, 野口雅之, 仁木利郎, 横田淳, 加藤光保, 矢野聖二, 李康弘, 柳沢聖, 香川俊輔, 吉田純司, 斎藤春洋, 塚本吉胤, 鈴木健司, 川口知哉, 佐々木秀文, 矢野友啓, 厚生労働省がん研究助成金による研究報告集, 2004,   2005年09月
  • 悪性胸膜中皮腫に対するビタミンE誘導体の抑制効果, 矢野友啓, ビタミン, 79, (9) 459 - 460,   2005年09月, 査読有り
  • 食品分析(特別用途食品の分析), 田中平三, 山田和彦, 萩原清和, 梅垣敬三, 矢野友啓, 石見佳子, 山内淳, 石田達也, 永田純一, 今井智恵, 楳澤佑香, 国立健康・栄養研究所研究報告, (53) 102 - 111,   2005年03月31日
  • 癌抑制遺伝子としてのコネキシン遺伝子の機能解明と治療への応用に関する研究, 矢野友啓, 山崎洋, MESN Marc, 創薬等ヒューマンサイエンス研究 平成13-15年度 国際共同研究事業総合研究報告書,   2004年
  • 癌抑制遺伝子としてのコネキシン遺伝子の機能解明と治療への応用に関する研究, 矢野友啓, 山崎洋, MESNIL Marc, 創薬等ヒューマンサイエンス研究 平成15年度 国際共同研究事業研究報告書,   2004年
  • 食品分析 (特別用途食品の分析), 田中平三, 山田和彦, 萩原清和, 梅垣敬三, 矢野友啓, 山内淳, 佐藤真紀, 川名令子, 国立健康・栄養研究所研究報告, (51) 91 - 99,   2003年03月31日
  • 癌抑制遺伝子としてのコネキシン遺伝子の機能解明と治療への応用に関する研究, 矢野友啓, 山崎洋, MESNIL M, 創薬等ヒューマンサイエンス研究 平成14年度 国際共同研究事業研究報告書,   2003年
  • 肺腺がんの発生と特性の解析に関する研究, 横田淳, 高橋隆, 森下由紀雄, 深山正久, 中島孝, 北村均, 黒木由夫, 葛西宏, 矢野友啓, 厚生労働省がん研究助成金による研究報告集, 2001,   2002年09月
  • 食品分析(特別用途食品の分析), 田中平三, 山田和彦, 萩原清和, 梅垣敬三, 矢野友啓, 山内淳, 佐藤真紀, 川名令子, 国立健康・栄養研究所研究報告, (50) 101 - 118,   2002年03月31日
  • 癌抑制遺伝子としてのコネキシン遺伝子の機能解明と治療への応用に関する研究 (ヒューマンサイエンス振興財団S), 矢野友啓, 山崎洋, MESNIL M, 創薬等ヒューマンサイエンス研究 平成13年度 国際共同研究事業研究報告書,   2002年
  • ビタミンEの非抗酸化作用に依存したがん細胞増殖抑制作用, 矢野友啓, 平原文子, ビタミン, 75, (7) 389 - 390,   2001年07月, 査読有り
  • 食品分析(特別用途食品の分析), 沢宏紀, 江指隆年, 萩原清和, 梅垣敬三, 矢野友啓, 山内淳, 飯沼緑, 金指順子, 国立健康・栄養研究所研究報告, (49) 93 - 101,   2001年03月31日
  • 食品分析(特別用途食品の分析), 小林修平, 江指隆年, 萩原清和, 梅垣敬三, 矢野友啓, 山内淳, 飯沼緑, 金指順子, 国立健康・栄養研究所研究報告, (48) 119 - 124,   2000年03月31日
  • 食品分析 特別用途食品の分析, 小林修平, 江指隆年, 萩原清和, 辻啓介, 梅垣敬三, 矢野友啓, 飯沼緑, 金指順子, 国立健康・栄養研究所研究報告, (47) 119 - 130,   1999年03月31日
  • 食品成分によるタバコ肺発ガンの予防医学的研究 (すかいらーくフードサイエンス研究所S), 市川富夫, 矢野友啓, 矢野善久, 桜井英敏, 食に関する助成研究調査報告書, (11(1997)) 33 - 41,   1998年10月
  • 食品分析(特殊栄養食品の分析), 小林修平, 江指隆年, 萩原清和, 辻啓介, 梅垣敬三, 矢野友啓, 佐藤育子, 国立健康・栄養研究所研究報告, (45(1996)) 93 - 101,   1997年03月
  • ビタミンE欠乏ラットのグルタチオン低下に伴う腎臓障害とガンマーグルタミルシステイン投与による防御, 矢野 友啓, 日本栄養食糧学会誌, 47, (2) 111 - 116,   1994年, 査読有り
  • 発がん剤および発がんプロモーター投与による肺に於ける酸化的ストレスの局在性, 矢野友啓, 市川富夫, 医学と生物学, 126, (4) 165 - 167,   1993年04月, 査読有り
  • 難消化性糖類の酸分解性および酵素消化性, 市川富夫, 矢野友啓, 医学と生物学, 126, (4) 161 - 163,   1993年04月, 査読有り
  • デシプラミン投与による肺薬物代謝系の変化, 矢野友啓, 市川富夫, 医学と生物学, 124, (1) 29 - 30,   1992年01月, 査読有り
  • デシプラミン投与による肺胞マクロファージのリソソームの変化, 矢野友啓, 市川富夫, 医学と生物学, 122, (4) 143 - 145,   1991年04月, 査読有り
  • デシプラミン投与による肺胞マクロファージおよび肺表面活性物質の脂質組成の変化, 矢野友啓, 医学と生物学, 121, (1) 17 - 19,   1990年07月, 査読有り

書籍等出版物

  • ビタミンE研究の進歩XVII
    上野はるか、佐藤綾美、矢野 友啓
    共著トコトリエノール誘導体のヒストン修飾を介した抗中皮腫作用の検討ビタミンE研究会  2016年11月
  • Mental, Neurological and other Chronic Disorders: Biomarkers, Bioactive Compounds, and Functional Foods
    佐藤綾美、菅原綾介、小林三那子、関根美季、矢野 友啓
    Food Science Publisher  2014年04月
  • Functional and Medical Foods with Bioactive Compounds: Science and Practical Application
    佐藤綾美、小林三那子、矢野 友啓
    Food Science Publisher  2013年04月
  • 大豆のすべて
    矢野 友啓、喜多村啓介
    サイエンスフォーラム  2010年02月
  • Tocotrienols; vitamin E beyond tocopherols
    矢野 友啓、Virgona N
    AOCS press  2008年10月
  • ビタミンE研究の進歩XI
    矢野 友啓、Hirahara F, Kumadaki I, Hagiwara K
    ビタミンE研究会  2005年09月
  • 管理栄養士全科のまとめ
    矢野 友啓、田中平三、田畑泉、岡純
    南山堂  2005年09月
  • The maillard reaction in food chemistry and medical science: update for the postgenomic era
    矢野 友啓、Sakurai H et al.
    Excerpta Medica  2002年10月
  • Trace Elements in man and animal
    矢野 友啓、Virgona N et al.
    Plenum Publisher  2000年08月
  • Species difference in thyroid, kidney and urinary bladder carcinogenesis
    矢野 友啓、Beckwith JB et al.
    IARC publications  1999年07月
  • Food factors for cancer prevention
    矢野 友啓、Ichiawa T, Yano Y, Uchida M, Takada N, Fukushima S, Otani S
    Sprimger-Verlag  1997年07月
  • ビタミンE研究の進歩V
    矢野 友啓、小畑由美、市川富夫
    共立出版  1995年09月
  • ビタミンE研究の進歩IV
    矢野 友啓、石川学、市川富夫
    共立出版  1994年09月

講演・口頭発表等

  • 食品機能性成分による前立腺がん幹細胞を標的とした予防法の検討, 金子沙妃, 佐藤知晶, 太田昌子, 矢野友啓, 機能性食品と薬理栄養,   2017年12月01日
  • ビタミンEの併用効果による前立腺がん予防・治療の可能性, 佐藤知晶, 金子沙妃, 佐藤綾美, 太田昌子, 矢野友啓, 機能性食品と薬理栄養,   2017年12月01日
  • 終末糖化産物のリジルオキシダーゼを標的とした骨質劣化作用に対するトコトリエノールの予防効果, 石塚綾, 河野翔, 山田和佳奈, 宮西伸光, 矢野友啓, 機能性食品と薬理栄養,   2017年12月01日
  • 骨芽細胞培養系を用いたオリーブポリフェノールにおけるリジルオキシダーゼmRNAレベルに及ぼす影響, 山田和佳奈, 河野翔, 石塚綾, 太田昌子, 矢野友啓, 機能性食品と薬理栄養,   2017年12月01日
  • 大学生における食品摂取の多様性と睡眠の質との関連, 山本かおり, 峰松明也子, 矢野友啓, 矢野友啓, 吉崎貴大, 太田昌子, 太田昌子, 栄養学雑誌,   2017年09月13日
  • 大学生における食事パターンと精神健康度の関連, 峰松明也子, 古木里菜, 品川明穂, 矢野友啓, 川口英夫, 太田昌子, 栄養学雑誌,   2017年09月13日
  • 小学生高学年児童におけるBDHQ10yを用いた食事パターンの検討, 品川明穂, 古木里菜, 峰松明也子, 川口英夫, 矢野友啓, 太田昌子, 栄養学雑誌,   2017年09月13日
  • 大豆由来成分BBIによるがん幹細胞を標的とした前立腺がん予防法の検討, 金子沙妃, 矢野友啓, 栄養学雑誌,   2017年09月13日
  • ボイセンベリーによる生活習慣病予防の可能性検討, 春日優子, 太田昌子, 矢野友啓, 栄養学雑誌,   2017年09月13日
  • 小学生児童における乳製品摂取量増加を目的とした食育手法の検討, 古木里菜, 峰松明也子, 品川明穂, 川口英夫, 宮越雄一, 矢野友啓, 太田昌子, 栄養学雑誌,   2017年09月13日
  • エピジェネティック修飾を介したビタミンE誘導体の抗中皮腫作用の解明, 上野 はるか, 佐藤 綾美, 矢野 友啓, 日本癌学会総会記事,   2017年09月
  • マイクロ波加熱処理による酵素失活が米糠中脂質劣化に与える影響, 市村怜佳, 市村怜佳, 奥西智哉, 岡留博司, 五月女格, 安藤泰雅, 矢野友啓, 日本食品科学工学会大会講演集,   2017年08月28日
  • シッフ塩基を連結部位として有するゴシポール配糖体の合成とその機能, 天野善継, 白石晋也, 塩澤伸哉, 矢野友啓, 萩尾真人, 長谷川輝明, 長谷川輝明, 日本生物工学会大会講演要旨集,   2017年08月08日
  • 糖修飾ゴシポールの合成とその薬理活性, 天野善継, 中村真基, 横山翔一, 塩澤伸哉, 矢野友啓, 萩尾真人, 長谷川輝明, 長谷川輝明, 日本糖質学会年会要旨集,   2017年07月10日
  • δ‐T3とγ‐Tocの併用効果による前立腺がん予防・治療の可能性, 佐藤知晶, 佐藤綾美, 金子沙妃, 太田昌子, 矢野友啓, ビタミン,   2017年04月25日
  • 終末糖化産物の骨質劣化への影響とトコトリエノールによる予防効果, 石塚綾, 河野翔, 山田和佳奈, 太田昌子, 太田昌子, 宮西伸光, 宮西伸光, 矢野友啓, 矢野友啓, ビタミン,   2017年04月25日
  • ビタミンE併用による前立腺がん予防・治療の可能性, 佐藤知晶, 太田昌子, 矢野友啓, 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM),   2017年
  • 前立腺がん悪性化因子としてのPI3K/Aktシグナル, 並木梢, 菅原綾介, 矢野友啓, 矢野友啓, 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM),   2017年
  • 糖化ストレスによる骨質劣化への影響とトコトリエノールによる予防の可能性, 石塚綾, 河野翔, 山田和佳奈, 太田昌子, 太田昌子, 宮西伸光, 宮西伸光, 矢野友啓, 矢野友啓, 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM),   2017年
  • FucoxanthinとNF‐κB阻害剤の併用によるアポトーシス誘導, 田村秀哉, 田村秀哉, 寺崎将, 藤井元, 宮本真吾, 小宮雅美, 鱧屋隆博, 鱧屋隆博, 黒川友理絵, 黒川友理絵, 高橋麻衣子, 高橋麻衣子, 矢野友啓, 武藤倫弘, 武藤倫弘, がん予防学術大会プログラム・抄録集,   2017年
  • ビタミンE同族体の組み合わせによる前立腺がん予防・治療の可能性, 佐藤知晶, 塩澤伸哉, 並木梢, 金子沙妃, 矢野友啓, 太田昌子, 機能性食品と薬理栄養,   2016年12月01日
  • 骨芽細胞株を用いたビタミンE同族体による骨質改善作用の検討, 山田和佳奈, 河野翔, 石塚綾, 矢野友啓, 太田昌子, 機能性食品と薬理栄養,   2016年12月01日
  • ボイセンベリージュースの機能性評価―コレステロール代謝にもたらす影響―, 内田明日香, 春日優子, 太田昌子, 矢野友啓, 機能性食品と薬理栄養,   2016年12月01日
  • ベリー種抽出物による大腸がん細胞に対する影響, 春日優子, 内田明日香, 太田昌子, 矢野友啓, 機能性食品と薬理栄養,   2016年12月01日
  • ヒト時計遺伝子(hCLOCK)によるホモシステインの日周期変動の制御, 河野翔, 矢野友啓, ビタミン,   2016年11月25日
  • ボイセンベリーのコレステロール代謝にもたらす影響―動脈硬化症予防の可能性―, 内田明日香, 太田昌子, 矢野友啓, 栄養学雑誌,   2016年09月01日
  • ブルーベリーの品種間における抗酸化能力及びアントシアニン組成の比較, 太田昌子, 太田昌子, 春日優子, 江面美咲, 内田明日香, 矢野友啓, 矢野友啓, 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集,   2016年04月25日
  • 心疾患の家族歴とビタミンE摂取量の関連:女性3世代研究より, 山田祐己, 矢野友啓, 太田昌子, ビタミン,   2016年04月25日
  • ヒストン修飾を介したビタミンE誘導体の抗中皮腫作用の検討, 上野はるか, 佐藤綾美, 佐藤綾美, 矢野友啓, 矢野友啓, ビタミン,   2016年04月25日
  • がん幹細胞仮説に基づくTocotrienol Rich Fractionによる前立腺がん予防の可能性, 塩澤伸哉, 佐藤知晶, 木村汐里, 佐藤綾美, 佐藤洋美, 矢野友啓, ビタミン,   2016年04月25日
  • 骨芽細胞培養系を用いたアナトー由来トコトリエノールの骨質改善作用の検討, 河野翔, 山田和佳奈, 石塚綾, 太田昌子, 太田昌子, 矢野友啓, 矢野友啓, ビタミン,   2016年04月25日
  • マウスデスモイド腫瘍様細胞株樹立の試み, 田村秀哉, 田村秀哉, 尾沼若奈, 宮本真吾, 藤井元, 中西るり, 小宮雅美, 鱧屋隆博, 鱧屋隆博, 矢野友啓, 武藤倫弘, 武藤倫弘, がん予防学術大会プログラム・抄録集,   2016年
  • α‐トコトリエノールコハク酸エーテル誘導体(T3E)が前立腺がん細胞に及ぼす影響, 服部あすか, 菅原綾介, 矢野友啓, 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM),   2016年
  • 悪性中皮腫細胞における低酸素適応とコレステロール合成との関連性およびビタミンE誘導体による修飾, 佐藤綾美, 佐藤綾美, 関根祐子, 矢野友啓, 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM),   2016年
  • 群馬県産各種ブルーベリーの抗酸化能力の比較, 春日優子, 江面美咲, 内田あすか, 太田昌子, 矢野友啓, 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM),   2016年
  • ビタミンE同族体の組み合わせによる前立腺がん細胞増殖抑制効果, 佐藤知晶, 菅原綾介, 矢野友啓, 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM),   2016年
  • 骨粗鬆症の家族歴と栄養素及び食品摂取の類似性 女性3世代研究より, 山田 祐己, 太田 昌子, 矢野 友啓, 宮越 雄一, 大庭 志野, 日本公衆衛生学会総会抄録集,   2015年10月
  • トコトリエノールエーテル誘導体はヒト前立腺がん細胞における低酸素応答の阻害剤として作用する, 菅原 綾介, 佐藤 綾美, 矢野 友啓, 日本癌学会総会記事,   2015年10月
  • 骨質劣化予防におけるトコトリエノールの有効性の検討, 河野翔, 太田昌子, 矢野友啓, 栄養学雑誌,   2015年09月24日
  • レスベラトロールの大腸がん細胞増殖抑制効果の解析, 田村秀哉, 矢野友啓, 栄養学雑誌,   2015年09月24日
  • 低酸素環境下におけるビタミンE誘導体の抗前立腺がん作用の解析, 菅原綾介, 矢野友啓, 栄養学雑誌,   2015年09月24日
  • 各がんへの予防及び治療に対するビタミンC効果の一考察, 山田祐己, 矢野友啓, 太田昌子, 栄養学雑誌,   2015年09月24日
  • がん幹細胞を標的とした前立腺がん予防法の可能性, 塩澤伸哉, 矢野友啓, 栄養学雑誌,   2015年09月24日
  • 群馬県産ボイセンベリー抽出物の機能性評価―動脈硬化症予防の可能性―, 内田明日香, 矢野友啓, 太田昌子, 栄養学雑誌,   2015年09月24日
  • MTHFR C677T遺伝子多型による大腸がん発症率への影響, 先崎享菜, 大田昌子, 矢野友啓, 栄養学雑誌,   2015年09月24日
  • メタアナリシスを用いたビタミンE摂取による疾患予防効果の解析, 矢野友啓, 小林三那子, 佐藤綾美, 河野翔, 太田昌子, ビタミン,   2015年04月25日
  • 女子長距離陸上選手の骨質維持に対するリボフラビンの効果, 河野翔, 松谷紀枝子, 関根美季, 太田昌子, 矢野友啓, ビタミン,   2015年04月25日
  • トコトリエノール誘導体によるDKK1を標的とした抗悪性中皮腫効果, 佐藤 綾美, 太田 昌子, 矢野 友啓, 日本薬学会年会要旨集,   2015年03月
  • 胡麻由来成分Sesamolによる腸発がん抑制機構の解明(第2報), 宮本真吾, 清水聡美, 清水聡美, 藤井元, 中西るり, 小宮雅美, 三浦彩華, 尾沼若奈, 尾沼若奈, 鱧屋隆博, 鱧屋隆博, 高橋真美, 矢野友啓, 武藤倫弘, 武藤倫弘, 日本がん予防学会プログラム・抄録集,   2015年
  • 日常生活における座位行動の中断回数の日内変動と1日の身体活動レベルの関係, 佐々木嶺, 安藤貴史, 太田昌子, 矢野友啓, 田中茂穂, 肥満研究,   2014年10月10日
  • トコトリエノールエーテル誘導体の抗中皮腫作用に関与するシグナル分子の解析(Analysis of signal molecules related to antimesothelioma effect of an ether derivative of tocotrienol), 菅原 綾介, 佐藤 綾美, 矢野 友啓, 日本癌学会総会記事,   2014年09月
  • ゴマ由来成分セサモールのNADPHオキシダーゼ阻害を介したCOX-2転写活性抑制作用(Sesamol suppresses COX-2 transcriptional activity via inhibition of NADPH oxidases in colon cancer cells), 清水 聡美, 石ヶ守 里加子, 藤井 元, 高橋 真美, 尾沼 若奈, 矢野 友啓, 武藤 倫弘, 日本癌学会総会記事,   2014年09月
  • アナトー由来のトコトリエノールを豊富に含む画分は前立腺癌に対する抗がん成分として作用する(Tocotrienol-Rich Fraction from annatto acts as an anti-cancer agent against prostate cancer), 谷畑 尚吾, 菅原 綾介, 佐藤 綾美, 矢野 友啓, 日本癌学会総会記事,   2014年09月
  • 漬物から単離した乳酸菌のイソフラボン代謝性の解明, 石塚由紀子, 堀幸子, 星千草, 矢野友啓, 田村基, 日本食品科学工学会大会講演集,   2014年08月28日
  • 遺伝子発現カスケード解析を用いたビタミンE誘導体の抗中皮腫作用に関与するシグナル分子の特定, 菅原綾介, 長谷川雄也, 矢野友啓, 栄養学雑誌,   2014年08月20日
  • 遺伝子カスケード解析を用いたトコトリエノール誘導体の抗中皮腫作用に関与するシグナル分子の特定, 矢野友啓, 佐藤綾美, 菅原綾介, 太田昌子, ビタミン,   2014年04月25日
  • 女子長距離陸上選手における疲労骨折歴とビタミン摂取量の関連, 河野翔, 松谷紀枝子, 関根美季, 太田昌子, 矢野友啓, ビタミン,   2014年04月25日
  • ゴマ由来成分セサモールによる腸発がん抑制機構(第2報), 清水聡美, 石ケ守里加子, 藤井元, 高橋真美, 尾沼若奈, 矢野友啓, 武藤倫弘, 日本消化器癌発生学会総会プログラム・抄録集,   2014年
  • 新規トコトリエノールエーテル誘導体の中皮腫における小胞体ストレスの惹起(A New Ether Analogue of Tocotrienol Can Induce Endoplasmic Reticulum Stress in Human Mesothelioma Cell), 清水 聡美, 矢野 友啓, 日本癌学会総会記事,   2013年10月
  • 悪性中皮腫細胞における低酸素応答シグナルに対するトコトリエノール誘導体の効果(The effect of a redox-silent analogue of tocotrienol on hypoxia adaptation in mesothelioma cells), 佐藤 綾美, 小林 三那子, 矢野 友啓, 日本癌学会総会記事,   2013年10月
  • P-gp/ABCG2阻害薬のelacridarは腎細胞癌におけるsunitinib感受性を高める(cytotoxic effects of sunitinib was enhanced by a dual inhibitor of P-gp/ABCG2, elacridar in RCC cell lines), 佐藤 洋美, 宇津 美秋, 矢野 友啓, 上野 光一, 日本癌学会総会記事,   2013年10月
  • sunitinib及びsodium butyrateの併用効果に対するconnexin32の関与(Connexin32 might be involved in anti-cancer combination effect of sunitinib and sodium butyrate), 宇津 美秋, 佐藤 洋美, 矢野 友啓, 上野 光一, 日本癌学会総会記事,   2013年10月
  • ビタミンEサプリメント摂取によるがん発症率・死亡率への影響 無作為化比較試験のシステマティックレビュー・メタアナリシス(Effects of vitamin E supplements on cancer incidence and mortality:systematic review and meta-analysis), 小林 三那子, 佐藤 綾美, 矢野 友啓, 日本癌学会総会記事,   2013年10月
  • 前立腺癌発症におけるビタミンEの効果 無作為化比較試験およびin vitro study(Effect of vitamin E on incidence of prostate cancer: metaanalysis of randomized controlled trials and in vitro study), 谷畑 尚吾, 矢野 友啓, 日本癌学会総会記事,   2013年10月
  • 学生における睡眠効率と欠食回数および栄養素摂取量の関連, 杉磨彩子, 矢島春里, 関根美季, 小林三那子, 太田昌子, 矢野友啓, 栄養学雑誌,   2013年09月12日
  • ビタミンE摂取によるがん発症率及び死亡率への影響―システマティックレビュー・メタアナリシス―, 山田祐己, 小林三那子, 関根美季, 太田昌子, 矢野友啓, 栄養学雑誌,   2013年09月12日
  • 女子長距離陸上選手における疲労骨折のリスク評価法の検討, 河野翔, 松谷紀枝子, 関根美季, 真下一穂, 小林三那子, 太田昌子, 矢野友啓, 栄養学雑誌,   2013年09月12日
  • 女子長距離陸上選手における疲労骨折の予防を目的としたバイオマーカーの検討および栄養摂取量との関連, 眞下一穂, 松谷紀枝子, 関根美季, 河野翔, 太田昌子, 矢野友啓, 栄養学雑誌,   2013年09月12日
  • 中年女性におけ排便習慣と睡眠および栄養素摂取量の関連, 矢島春里, 杉磨彩子, 関根美季, 小林三那子, 太田昌子, 矢野友啓, 栄養学雑誌,   2013年09月12日
  • 中皮腫の悪性化因子の特定とビタミンE誘導体による修飾, 佐藤綾美, 関根美季, 太田昌子, 矢野友啓, ビタミン,   2013年04月25日
  • ゴマ由来成分sesamolによる腸発がん抑制作用の検証, 清水聡美, 藤井元, 高橋真美, 小宮雅美, 中西るり, 志村美聖, 野間寛陽, 矢野友啓, 武藤倫弘, 日本消化器癌発生学会総会プログラム・抄録集,   2013年
  • γ‐トコトリエノールとスタチン併用が小胞体ストレスに及す影響, GULIGENA Tuerdi, 一之宮紗紀, 佐藤洋美, 野村由貴, SANA Sidding, 矢野友啓, 関根祐子, 上野光一, 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM),   2013年
  • 新規トコトリエノールエーテル誘導体の中皮腫における小胞体ストレスの惹起, 清水聡美, 古木南, 小林三那子, 関根美季, 佐藤綾美, 太田昌子, 矢野友啓, 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM),   2013年
  • 大学生における超音波式踵骨骨量測定装置を用いた骨量と食生活,生活習慣との関連についての縦断研究, 篠田はるか, 米山咲, 矢野友啓, 太田昌子, 栄養学雑誌,   2012年09月12日
  • 大学生におけるGHQを用いた心理状態と食生活,生活習慣との関連についての縦断研究, 米山咲, 篠田はるか, 矢野友啓, 太田昌子, 栄養学雑誌,   2012年09月12日
  • Yesは悪性中皮腫の増殖に関与している(Yes is a central mediator of cell growth in malignant mesothelioma cells), 佐藤 綾美, 清水 聡美, 矢野 友啓, 日本癌学会総会記事,   2012年08月
  • 悪性中皮腫の増殖に対するγトコトリエノールとスタチンの併用効果(Combination effect of gamma-tocotrienol and statins against growth of malignant mesothelioma), 佐藤 洋美, 上野 光一, 矢野 友啓, 日本癌学会総会記事,   2012年08月
  • トコトリエノールの非抗酸化性誘導体は疑似低酸素分圧条件下でのHIFレベルに影響する(Effect of a redox-silent analogue of tocotrienol on HIF level in mesothelioma cells under mimic hypoxia condition), 清水 聡美, 佐藤 綾美, 矢野 友啓, 日本癌学会総会記事,   2012年08月
  • SAMP1マウスにおけるパントテン酸欠乏時の結腸CoA濃度, 小林三那子, 関根美季, 清水聡美, 佐藤綾美, 矢野友啓, 太田昌子, 木村修一, 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集,   2012年04月27日
  • 高齢期パントテン酸欠乏ラットに対するパンテチンの影響, 関根美季, 太田昌子, 佐藤綾美, 矢野友啓, 木村修一, ビタミン,   2012年04月25日
  • トコトリエノールエーテル誘導体化による抗中皮腫作用の検討, 佐藤綾美, 関根美季, 太田昌子, 矢野友啓, ビタミン,   2012年04月25日
  • Bowman‐birk protease inhibitorによる中皮腫の持つシスプラチン耐性改善効果, 矢野友啓, 佐藤綾美, 関根美季, 太田昌子, 日本薬学会年会要旨集,   2012年03月05日
  • 腎がん細胞におけるsunitinib及びsodium butyrateのconnexinに対する影響, 宇津美秋, 佐藤洋美, 鈴木梨菜, 奥澤紘子, 岩田紘樹, 矢野友啓, 上野光一, 日本薬学会年会要旨集,   2012年03月05日
  • γ‐トコトリエノールとスタチン供用による悪性中皮腫抑制作用の解析, GULIGENA Tuerdi, 一之宮紗紀, 佐藤洋美, 矢野友啓, 上野光一, 日本薬学会年会要旨集,   2012年03月05日
  • naphtoquinone monoxime誘導体の抗癌作用に関する薬理学的研究, 柳原碧, 佐藤洋美, 山田遼太, 矢野友啓, 熊本卓哉, 石川勉, 上野光一, 日本薬学会年会要旨集,   2012年03月05日
  • 悪性中皮腫細胞におけるγ‐トコトリエノール(γ‐T3)とスタチンの併用効果, 一之宮紗紀, 佐藤洋美, 柳原碧, 矢野友啓, 上野光一, 日本薬学会関東支部大会講演要旨集,   2011年10月08日
  • ナフトキノンモノオキシム誘導体の癌細胞増殖抑制作用の検討, 柳原碧, 佐藤洋美, 山田仁, 矢野友啓, 石川勉, 上野光一, 日本薬学会関東支部大会講演要旨集,   2011年10月08日
  • 高齢期におけるパントテン酸欠乏の改善, 池田拡樹, 関根美季, 矢野友啓, 太田昌子, 栄養学雑誌,   2011年09月08日
  • トコトリエノールの中皮腫補完代替医療における可能性, 赤羽雄介, 先崎裕美, 佐藤綾美, 太田昌子, 矢野友啓, 栄養学雑誌,   2011年09月08日
  • 大学生の骨量と栄養素摂取量との関連, 関根美季, 池田拡樹, 矢野友啓, 太田昌子, 栄養学雑誌,   2011年09月08日
  • トコトリエノール安定化による抗中皮腫活性強化の可能性, 佐藤綾美, 赤羽雄介, 先崎裕美, 太田昌子, 矢野友啓, 栄養学雑誌,   2011年09月08日
  • シクロデキストリン包接によるトコトリエノールの生理活性の強化, 先崎裕美, 佐藤綾美, 赤羽雄介, 太田昌子, 矢野友啓, 栄養学雑誌,   2011年09月08日
  • エピジェネティック治療薬は腎細胞がんにおける化学療法薬感受性を増強する(Epigenetic agents enhances the sensitivity to chemotherapeutic agents in renal cell carcinoma), 佐藤 洋美, 岩田 紘樹, 矢野 友啓, 上野 光一, 日本癌学会総会記事,   2011年09月
  • 新規ナフトキノンモノオキシム化合物のM期アレストを介する抗腫瘍活性(Cytotoxic effect of a new naphthoquinone monooxime compound via mitotic arrest), 山田 仁, 佐藤 洋美, 山田 遼太, 矢野 友啓, 上野 光一, 日本癌学会総会記事,   2011年09月
  • 悪性中皮腫に対するγトコトリエノールとスタチンの併用効果, 矢野友啓, 一之宮紗紀, 山田仁, 太田昌子, 佐藤洋美, 上野光一, ビタミン,   2011年04月25日
  • 腎細胞癌における5‐aza‐2’‐deoxycytidineとvinblastineの併用効果, 佐藤洋美, 岩田紘樹, 鈴木梨菜, 山田遼太, 一之宮紗紀, 柳原碧, 岡部裕之, 関根祐子, 矢野友啓, 上野光一, 日本薬学会年会要旨集,   2011年03月05日
  • モルヒネ及びその代謝物による抗腫瘍活性の研究, 岡部裕之, 佐藤洋美, 岩田紘樹, 山田遼太, 一之宮紗紀, 関根祐子, 矢野友啓, 上野光一, 日本薬学会年会要旨集,   2011年03月05日
  • 悪性中皮腫細胞におけるγ‐トコトリエノール(γ‐T3)とスタチンの併用効果, 一之宮紗紀, 佐藤洋美, 岩田紘樹, 山田遼太, 柳原碧, 矢野友啓, 上野光一, 日本薬学会年会要旨集,   2011年03月05日
  • 新規ナフトキノンモノオキシム誘導体のがん増殖抑制作用の検討, 佐藤洋美, 柳原碧, 山田仁, 山田遼太, 矢野友啓, 熊本卓哉, 石川勉, 上野光一, 日本薬理学会関東部会口演要旨集,   2011年
  • モルヒネのヒトがん細胞株の増殖に対する影響, 岡部裕之, 佐藤洋美, 岩田紘樹, 矢野友啓, 関根祐子, 上野光一, 日本緩和医療薬学会年会プログラム・要旨集,   2011年
  • ミカン科アルカロイドmacarpine由来ナフトキノンモノオキシム化合物の抗腫瘍活性(Anti-tumor activities of 1,4-naphthoquinone monooximes derived from natural product, macarpine), 山田 遼太, 佐藤 洋美, 岩田 紘樹, 矢野 友啓, 上野 光一, 日本癌学会総会記事,   2010年08月
  • 大豆由来のBowman-Birk protease inhibitorの抗中皮腫活性にはコネキシン43が関与している(Negative growth effect of Bowman-Birk protease inhibitor from soy beans on mesothlioma cells: involvement of connexin 43), 柏木 維人, 矢澤 卓也, 矢野 友啓, 日本癌学会総会記事,   2010年08月
  • 悪性中皮腫に対するγトコトリエノールとスタチンの併用効果(Combination, effect of gamma-tocotrienol and statins against mesothelioma cells), 佐藤 洋美, 岩田 紘樹, 山田 遼太, 矢野 友啓, 上野 光一, 日本癌学会総会記事,   2010年08月
  • 脱メチル化薬による腎細胞癌のビンブラスチン感受性増強作用(Demethylating agent enhances chemosensitivity to vinblastine in renal cell carcinoma), 岩田 紘樹, 佐藤 洋美, 山田 遼太, 矢野 友啓, 上野 光一, 日本癌学会総会記事,   2010年08月
  • シクロデキストリン包接によるトコトリエノールのバイオアベイラビリティ向上効果, 矢野友啓, 若尾陽平, 三好規之, 大島寛史, ビタミン,   2010年04月25日
  • 悪性中皮腫細胞におけるγ‐トコトリエノール(γ‐T3)とスタチンの併用効果, 一之宮紗紀, 佐藤洋美, 中島啓介, 岩田紘樹, 山田遼太, 柳原碧, 山浦克典, 矢野友啓, 上野光一, 日本薬学会年会要旨集,   2010年03月05日
  • シクロデキストリン包接によるトコトリエノール吸収量の増加, 池田彩子, 内田友乃, 市川富夫, 渡邉貴, 上梶友記子, 中田大介, 寺尾啓二, 矢野友啓, 日本農芸化学会大会講演要旨集,   2010年03月05日
  • 脱メチル化薬による腎細胞癌のビンブラスチン感受性増強作用, 岩田紘樹, 佐藤洋美, 山田遼太, 一之宮紗紀, 柳原碧, 山浦克典, 矢野友啓, 上野光一, 日本薬学会年会要旨集,   2010年03月05日
  • ミカン科植物由来成分全合成中間体の癌細胞増殖抑制作用の検討, 柳原碧, 山田遼太, 佐藤洋美, 岩田紘樹, 熊本卓哉, 一之宮紗紀, 山浦克典, 矢野友啓, 石川勉, 上野光一, 日本薬学会年会要旨集,   2010年03月05日
  • ビタミンEのシクロデキストリン(CD)包接による生理活性増強効果, 若尾陽平, 三好規之, 矢野友啓, 大島寛史, 生化学,   2009年09月25日
  • 5-Aza-2'-deoxycytidineによるコネキシン32誘導は腎細胞癌に対するビンブラスチン誘発性細胞毒性を増強する(Induction of connexin 32 by 5-Aza-2'-deoxycytidine can enhance vinblastine-induced cytotoxicity in renal cell carcinoma), 高野 泰幸, 岩田 紘樹, 佐藤 洋美, 上野 光一, 矢野 友啓, 日本癌学会総会記事,   2009年08月
  • ミカン科植物含有成分macarpineの合成中間体p-キノンモノオキシム化合物の抗腫瘍活性に関する検討(Anti-tumor activities of p-quinone monooximes obtained from the synthetic pathway of natural product, macarpine), 岩田 紘樹, 佐藤 洋美, 矢野 友啓, 上野 光一, 日本癌学会総会記事,   2009年08月
  • 新規抗中皮腫成分としてのトコトリエノール誘導体(An ether analogue of tocotrienol as a new potential anti-cancer agent), 柏木 維人, 矢澤 卓也, 矢野 友啓, 日本癌学会総会記事,   2009年08月
  • 腎細胞癌に対するHDAC阻害薬とスニチニブの併用効果(Combination effect of a HDAC inhibior and Sunitinib against renal cell carcinoma), 佐藤 洋美, 岩田 紘樹, 矢野 友啓, 上野 光一, 日本癌学会総会記事,   2009年08月
  • 擬似hypoxia環境における新規トコトリエノールエーテル誘導体の中皮腫細胞増殖抑制効果, 中島啓介, 宮澤未緒, 安藤章, 佐藤洋美, 山浦克典, 上野光一, 矢野友啓, 日本薬理学会関東部会口演要旨集,   2009年07月11日
  • コネキシン32遺伝子と化学療法薬の癌増殖抑制効果に関する研究(The study for the tumor suppression effect of Connexin 32 gene between a chemotherapeutic agent), 高野 泰幸, 佐藤 洋美, 長嶋 洋治, 上野 光一, 矢野 友啓, 日本癌学会総会記事,   2008年09月
  • トコトリエノールは酸化還元反応に非依存的に中皮腫細胞の増殖を抑制する(Cytotoxic effect of a new redox-silent analogue of tocotrienols on mesothelioma cells), 柏木 維人, 矢野 善久, 矢野 友啓, 日本癌学会総会記事,   2008年09月
  • 悪性中皮腫細胞におけるコネキシン43遺伝子の薬剤感受性改善効果(Connexin 43 potentiates cisplatin-induced citotoxicity in malignant mesothelioma cells), 佐藤 洋美, 矢野 友啓, 高野 泰幸, 上野 光一, 日本癌学会総会記事,   2008年09月
  • 中皮腫細胞に対するトコトリエノールエーテル誘導体の殺細胞効果, 矢野友啓, 柏木維人, 竹林純, 山田和彦, 萩原清和, 矢野善久, 吉村寛幸, ビタミン,   2008年04月25日
  • コネキシン32遺伝子と化学療法薬の癌増殖抑制効果に関する検討, 高野泰幸, 萩原ヒロミ, 佐藤洋美, 草間美嘉, 中村智徳, 上野光一, 矢野友啓, 日本薬学会年会要旨集,   2008年03月05日
  • 転移性腎細胞癌におけるCx32の発現回復及び癌抑制効果に関する検討, 高野泰幸, 萩原ヒロミ, 佐藤洋美, 矢野友啓, 上野光一, 日本薬学会関東支部大会講演要旨集,   2007年10月06日
  • 新規トコトリエノールエーテル誘導体による肺腺癌細胞の低酸素分圧条件への適応阻害(Inhibition of hypoxic adaptation of lung cancer cells by a redox-silent new analogue of alpha-tocotrienol (T3E)), 矢野 友啓, 柏木 維人, 矢野 善久, 佐藤 洋美, 日本癌学会総会記事,   2007年08月
  • 転移性腎細胞癌移植モデルにおけるコネキシン32遺伝子発現回復による効果(Effects of Restoration of Connexin 32 Gene in Human Metastatic Renal Cell Carcinoma Xenografts in mice), 佐藤 洋美, 萩原 ヒロミ, 長嶋 洋治, 矢野 友啓, 日本癌学会総会記事,   2007年08月
  • Connexin26阻害剤Oleamideによる抗腫瘍剤効果増強作用に関する研究, 佐塚泰之, 藤木定弘, 鈴木一由, 浅野隆司, 矢野友啓, Drug Deliv Syst,   2007年05月30日
  • エーテル誘導体化によるトコトリエノールの持つ生理活性強化の可能性, 矢野友啓, 柏木維人, 矢野善久, 熊懐稜丸, 吉村寛幸, ビタミン,   2007年04月25日
  • M5076担癌マウスにおけるBowman‐Brik inhibitorのconnexin43を介した抗腫瘍作用機序について, 桜井智尚, 鈴木一由, 矢野友啓, 佐塚泰之, 浅野隆司, 日本獣医学会学術集会講演要旨集,   2006年08月31日
  • 転移性腎細胞癌における脱メチル化剤によるコネキシン32の発現回復と線溶系への影響の解析, 萩原ヒロミ, 佐藤洋美, 仙波裕信, 斉藤光芳, 矢野友啓, 日本癌学会学術総会記事,   2006年08月28日
  • 大豆由来成分Bowman‐Birk inhibitorによるコネキシン43発現回復機構の解析, 斉藤光芳, 佐藤洋美, 仙波裕信, 萩原ヒロミ, 鈴木一由, 浅野隆司, 矢野友啓, 日本癌学会学術総会記事,   2006年08月28日
  • 「がん予防のためのFood Science & Technology―機能性成分の探索方法,分子メカニズム解明から疫学研究まで―」食品機能性成分およびその誘導体によるがん予防・治療の可能性, 矢野友啓, 日本食品科学工学会大会講演集,   2006年08月28日
  • 転移性腎細胞癌におけるコネキシン32遺伝子の転移抑制能に関する研究, 佐藤洋美, 仙波裕信, 萩原ヒロミ, 長嶋洋治, 矢野友啓, 日本癌学会学術総会記事,   2006年08月28日
  • コネキシン32遺伝子が,転移性腎細胞癌におけるVinblastineの抗腫瘍作用におよぼす影響について, 仙波裕信, 佐藤洋美, 斉藤光芳, 萩原ヒロミ, 鈴木一由, 浅野隆司, 矢野友啓, 日本癌学会学術総会記事,   2006年08月28日
  • コネキシン32はSrc活性化が認められる腎細胞癌および肺腺癌に対して浸潤・転移抑制遺伝子として作用する, 矢野友啓, 佐藤洋美, 萩原ヒロミ, 藤本絵里子, 根岸悦子, 上野光一, 萩原清和, 日本薬学会年会要旨集,   2006年03月06日
  • 食品成分によるがん予防, 矢野友啓, 日本未病システム学会学術総会抄録集,   2005年12月
  • がん抑制遺伝子(コネキシン)の機能回復をターゲットにしたがん化学予防に関する研究―大豆由来のBowman‐Birk inhibitorを用いた検討―, 矢野友啓, 鈴木一由, 浅野隆司, 大豆たん白質研究,   2005年10月
  • M5076担癌マウスにおけるBowman‐Brink inhibitorのconnexin 43を介した抗腫よう作用機序について, 長岡哲矢, 鈴木一由, 矢野友啓, 佐塚泰之, 浅野隆司, 日本癌学会学術総会記事,   2005年08月15日
  • 転移性腎細胞癌においてコネキシン32はメチル化解除剤処理によって発現回復し,癌細胞増殖抑制効果を示す, 白井澄子, 萩原ヒロミ, 長嶋洋治, 矢野友啓, 日本癌学会学術総会記事,   2005年08月15日
  • 新規tocotrienolエーテル誘導体の抗がん活性の検討, 矢野友啓, 萩原清和, 矢野善久, 日本癌学会学術総会記事,   2005年08月15日
  • コネキシン遺伝子の癌抑制機構の解析および治療への応用に関する研究, 佐藤洋美, 白井澄子, 仙波裕信, 波田祥生, 萩原ヒロミ, 矢野友啓, 日本癌学会学術総会記事,   2005年08月15日
  • コネキシン32が転移性腎細胞癌の線溶系因子の産生に与える影響, 萩原ヒロミ, 佐藤洋美, 白井澄子, 仙波裕信, 山崎洋, 矢野友啓, 日本癌学会学術総会記事,   2005年08月15日
  • Src活性化が認められる肺腺癌に対するコネキシン32の抑制作用, 波田祥生, 羽田祥生, 仙波裕信, 佐藤洋美, 萩原ヒロミ, 鈴木一由, 浅野隆司, 矢野友啓, 日本癌学会学術総会記事,   2005年08月15日
  • 肺腺癌細胞における分子標的としてのPPAR δの可能性, 仙波裕信, 矢野善久, 鈴木一由, 浅野隆司, 萩原清和, 矢野友啓, 日本癌学会学術総会記事,   2005年08月15日
  • コーカサスの発酵乳由来乳酸球菌の抗菌性に関する研究, 石田達也, 楳沢佑香, 戸田登志也, 矢野友啓, 横田明, 山田和彦, 日本栄養・食糧学会総会講演要旨集,   2005年04月01日
  • Connexin 32が腎細胞癌の線溶系因子の産生に与える影響の解析, 萩原ヒロミ, 佐藤洋美, 白井澄子, 福本恵子, 石田達也, 山田和彦, 矢野友啓, 日本農芸化学会大会講演要旨集,   2005年03月05日
  • コネキシン遺伝子の癌抑制機能を利用した腎臓癌治療法の構築, 萩原清和, 佐藤洋美, 根岸悦子, 上野光一, 矢野友啓, 日本薬学会年会要旨集,   2005年03月05日
  • 人腎癌細胞における非受容型チロシンキナーゼ(Src)抑制の効果と治療応用への可能性, 米沢悠子, 矢野友啓, 鈴木一由, 浅野隆司, 日本癌学会総会記事,   2004年08月25日
  • コネキシン32は転移性腎臓癌に対し癌抑制遺伝子として作用する, 白井澄子, 萩原清和, 長嶋洋治, 山崎洋, 矢野友啓, 日本癌学会総会記事,   2004年08月25日
  • M5076担癌マウスにおけるBowman‐Brink inhibitorのconnexin 43発現回復におよぼす効果, 鈴木一由, 矢野友啓, 杉山朋美, 佐塚泰之, 浅野隆司, 日本癌学会総会記事,   2004年08月25日
  • 犬乳腺腫ようにおけるコネキシン遺伝子の発現パターンと診断マーカーとしての可能性, 浅野隆司, 鈴木一由, 杉山朋美, 矢野友啓, 日本癌学会総会記事,   2004年08月25日
  • 透析患者に多発する腎臓癌発生初期に発現抑制される癌抑制遺伝子の特定とその抑制機構の解析, 萩原清和, 矢野友啓, 日本薬学会年会要旨集,   2004年03月05日
  • ヒト腎癌細胞における非受容型チロシンキナーゼ抑制によるアポトーシス誘導および臨床応用への可能性, 米沢悠子, 鈴木一由, 浅野隆司, 矢野友啓, 日本獣医学会学術集会講演要旨集,   2004年03月01日
  • 犬乳腺腫ようにおけるコネキシン遺伝子の発現パターンと診断マーカーとしての可能性, 後藤春香, 原田佳世乃, 鈴木一由, 橋本志津, 山村穂積, 矢野友啓, 浅野隆司, 日本獣医学会学術集会講演要旨集,   2004年03月01日
  • 腎透析患者に多発する腎臓癌におけるコネキシン32の発現抑制とその機構解析, 小林香織, 伊藤文夫, 中沢速和, 東間紘, 鈴木一由, 浅野隆司, 山崎洋, 萩原清和, 矢野友啓, 日本癌学会総会記事,   2003年08月25日
  • 生存・増殖シグナル抑制による抗癌剤の乳癌細胞に対する殺細胞効果の増強作用, 萩原清和, 佐藤春奈, 熊懐稜丸, 西川和宏, 鈴木一由, 浅野隆司, 矢野友啓, 日本薬学会年会要旨集,   2003年03月05日
  • プロスタグラジンE2による肺腺癌細胞の増殖刺激作用の解析, 矢野友啓, ZISSEL G, MULLER‐QERNHEIM J, 佐藤春奈, 萩原清和, 日本薬学会年会要旨集,   2003年03月05日
  • ヒト腎臓癌におけるコネキシン32遺伝子の発現抑制とその癌抑制機能の解析, 藤本絵里子, 佐藤春奈, 伊藤文夫, 中沢速和, 東間紘, 上野光一, 矢野友啓, 日本薬学会年会要旨集,   2003年03月05日
  • ビタミンEエーテル誘導体は乳癌細胞に対する抗ガン剤の殺細胞効果を増強する, 矢野友啓, 萩原清和, 矢野善久, 日本癌学会総会記事,   2002年08月25日
  • ヒト腎臓癌におけるコネキシン遺伝子の発現抑制とその機構解析, 平井彩子, 西川和宏, 鈴木一由, 浅野隆司, 矢野友啓, 日本獣医学会学術集会講演要旨集,   2002年08月20日
  • ビタミンEエーテル誘導体によるアドリアマイシンの殺乳ガン細胞作用の増強について, 西川和宏, 平井彩子, 鈴木一由, 浅野隆司, 矢野友啓, 日本獣医学会学術集会講演要旨集,   2002年08月20日
  • ビタミンEエーテル誘導体による肺発癌過程におけるRasシグナル伝達系の抑制, 萩原清和, 熊懐稜丸, 矢野友啓, 日本薬学会年会要旨集,   2002年03月05日
  • ビタミンEエーテル誘導体によるヒト乳癌細胞のアポトーシス誘発機構の解析, 赤沢明彦, 西川和宏, 鈴木一由, 浅野隆司, 佐藤春奈, 萩原清和, 矢野友啓, 日本薬学会年会要旨集,   2002年03月05日
  • ビタミンEエーテル誘導体によるヒト乳癌細胞のアポトーシス誘発機序の解析, 西川和宏, 赤沢明彦, 鈴木一由, 浅野隆司, 佐藤春奈, 荻原清和, 矢野友啓, 日本獣医学会学術集会講演要旨集,   2002年03月01日
  • ラットp53遺伝子変異の高感度定量法の開発, 矢野善久, 矢野友啓, 森島嘉宏, 蓮間忠芳, 鰐淵英機, 森村圭一朗, 福島昭治, 大谷周造, 日本癌学会総会記事,   2001年09月26日
  • コネキシン26による肝臓癌細胞の浸潤抑制機構の解析, 矢野友啓, 山崎洋, 日本癌学会総会記事,   2001年09月26日
  • コネキシン26によるHepG2細胞の増殖抑制, 大森泰文, 矢野友啓, 山崎洋, 西川祐司, 吉岡年明, 蘇牧, 榎本克彦, 日本病理学会会誌,   2001年03月01日
  • コネキシン26遺伝子発現によるHepG2細胞の増殖抑制機構の解析, 矢野友啓, 大森義文, 山崎洋, Jpn J Cancer Res,   2000年09月01日
  • 新規遺伝子変異高感度検出法を用いたMelQx投与ラット肝におけるH‐ras変異の解析, 矢野善久, 矢野友啓, 蓮間忠芳, 鰐淵英機, 森村圭一朗, 福島昭治, 大谷周造, Jpn J Cancer Res,   2000年09月01日
  • コネキシン26によるHepG2細胞の増殖抑制, 大森泰文, 矢野友啓, 榎本克彦, 西川祐司, 吉岡年明, 蘇牧, 山崎洋, 日本細胞生物学会大会講演要旨集,   2000年
  • VE欠乏ラットのGSH低下に伴う急性腎不全とその再生, 萩原清和, 矢野友啓, 堀川三郎, 小篠栄, 日本薬学会年会要旨集,   1998年03月
  • High oleic acid oil(SunOleic95R由来)含有食餌のマウス肺発ガンに対する修飾作用の検討, 山木龍也, 矢嶋祥子, 古賀秀徳, 熊谷日登美, 植松恒美, 矢野友啓, POKORNY J, 桜井英敏, 日本食品科学工学会大会講演集,   1998年
  • ラット腎不全モデルを用いた腎再生に関与するシグナル伝達系の解析, 矢野友啓, 湯浅睦子, 萩原清和, 小篠栄, 堀川三郎, 岡田茂, 矢野善久, 大谷周造, 日本薬学会年会要旨集,   1997年03月
  • マウス肺発ガン過程におけるポリアミン合成の促進とビタミンEによる抑制, 矢野友啓, 矢野善久, 高田信康, 福島昭治, 大谷周造, 内田美香子, 市川富夫, 日本薬学会年会要旨集,   1996年03月
  • ビタミンEの抗酸化作用によるマウス自然肺発がんの抑制, 矢野友啓, 矢野善久, 大谷周造, 市川富夫, 日本薬学会年会要旨集,   1995年03月
  • ビタミンE欠乏ラットのグルタチオン低下に伴う腎臓障害とγ‐グルタミルシステイン投与による防御, 萩原清和, 小篠栄, 矢野友啓, 市川富夫, 日本栄養・食糧学会誌,   1994年04月
  • ビタミンEによる肺胞マクロファージの持つ生体防御機能の活性化, 矢野友啓, 市川富夫, 小畑由美, 日本薬学会年会要旨集,   1994年03月
  • ビタミンEは活性酸素により促進されるマウス肺発ガンに対して有効か?, 矢野友啓, 市川富夫, 石川学, 日本薬学会年会要旨集,   1993年03月
  • マウス化学肺腫よう発生の修飾と内因性活性酸素発生能の変化との関連について, 矢野友啓, 市川富夫, 日本薬学会年会要旨集,   1992年03月
  • 益腎活絡湯の小児紫斑病性腎炎の患者に対する免疫学的研究, 劉長喜, 王桂山, 韓延春, 矢野友啓, 市川富夫, 日本薬学会年会要旨集,   1992年03月

作品

  • がん幹細胞を標的にした新たながん予防・治療法の構築,   2013年 - 現在
  • 慢性疲労骨折の予防法の構築,   2011年 - 現在
  • ファイトケミカルの安定化による新たながん治療法の構築,   2006年 - 現在
  • II型糖尿病合併症予防に関する研究, 矢野 友啓,   2016年 - 現在
  • 大豆由来の機能性成分の新たな定量法の開発,   2010年 - 2014年
  • 癌抑制遺伝子機能回復をターゲットにした新規癌予防法の構築,   2004年 - 2006年
  • 補完医療に有効な補完成分のスクリーニング法の開発,   2006年
  • 癌抑制遺伝子の機能に立脚した新規癌治療法の構築,   2001年 - 2003年

特許

  • 疲労骨折のバイオマーカー, 太田 昌子、矢野 友啓, 特願2014-2489
  • BBIに対する抗体作成のための免疫原調製法, 矢野 友啓、矢野善久, 特願2013-109694
  • 抗中皮腫用剤の殺細胞効果増強剤, 矢野友啓, 特願2007-246535, 特開2009-073794
  • 腎臓癌治療薬, 矢野 友啓, 特願2004-096207, 特開2005-281176, 特許第4669959号
  • Tocotrienol誘導体およびそれを用いた医薬品, 矢野友啓、矢野善久、熊懐稜丸、萩原清和, 特願2003-123983, 特開2004-323478
  • 腎臓癌治療薬, 矢野 友啓, 特願2004-962072003, 特許4669959

受賞

  •   2017年12月, 日本機能性食品医用学会, 最優秀演題賞
  •   2017年01月, ビタミンE研究会, 発表奨励賞
  •   2016年12月, 日本機能性食品医用学会, 優秀演題賞
  •   2016年03月, 日本薬学会第136年会, 優秀発表賞
  •   2004年, ~2006年 不二たんぱく研究振興財団研究奨励金授与
  •   2002年, 日本薬学会講演トピックス

競争的資金

  • 中皮腫幹細胞を標的にした新たな中皮腫予防に有効な機能性食素材の開発, 科学研究費 基盤研究(C), 矢野 友啓
  • お茶カテキン類によるII型糖尿病により惹起される骨質劣化型骨粗鬆症予防に関する基礎研究, 本庄国際奨学財団, 「食と健康」研究助成プログラム, 矢野 友啓
  • 骨質劣化による骨折に対する新たな予防法の開発, 科学研究費 基盤研究(B), 矢野 友啓
  • 新たな発がん理論に基づくがん予防食素材のスクリーニングシステムの構築, 科学研究費 挑戦的萌芽, 矢野 友啓
  • 分子標的予防の考え方に基づいた新しい癌予防食素材の開発, 科学研究費 萌芽研究, 矢野友啓
  • がん幹細胞理論に基づいた新たながん治療法構築の可能性の検討, 井上円了記念研究助成金, 矢野 友啓
  • 新規トコトリエノールエーテル誘導体の抗がん作用機序の解析, 井上円了記念研究助成金(研究の助成), 矢野 友啓
  • 大豆由来の新規食素材の生体利用性評価に関する研究, 科学研究費 基盤研究(C)(一般), 矢野友啓
  • 食品由来の機能性成分誘導体化による抗がん作用強化に関する研究, 特別研究(個人研究), 矢野 友啓
  • トコトリエノールの安定化による新たな中皮腫予防並びに治療法の構築, ヒューマンサイエンス研究振興財団, ヒューマンサイエンス研究振興財団受託研究, 矢野 友啓
  • 多様な生理活性を持つ機能性成分の安定化による新たな難治性慢性疾患の予防および治療法の構築, 厚生労働省厚生科学研究費政策創薬総合研究費, 矢野 友啓
  • 補完医療に有効な食品由来成分のスクリーニングとその作用機構の解明, 経常研究
  • 新たな食素材を用いた中皮腫予防食品の開発, 科学研究費 萌芽研究, 矢野友啓
  • 癌化学予防に有効な食品機能性成分のスクリーニング, Nutrilite Health Institute, Nutrilite Health Institute受託研究, 矢野 友啓
  • 大豆由来成分の新規食素材としての可能性, 科学研究費 基盤研究(C)(一般), 矢野友啓
  • 大豆由来成分の新規食素材としての可能性, 科学研究費補助金
  • コネキシン遺伝子、特にCx32の癌抑制機構の解析, ヒューマンサイエンス研究振興財団, ヒューマンサイエンス研究振興財団受託研究, 矢野 友啓
  • コネキシン遺伝子の癌抑制機能の網羅的解析;癌予防および治療への応用, 厚生労働省厚生科学研究費創薬等ヒューマンサイエンス総合研究費, 矢野 友啓
  • 癌抑制遺伝子(コネキシン)の機能回復をターゲットにした癌化学予防に関する研究, 不二蛋白研究振興財団研究奨励金, 矢野 友啓
  • 癌抑制遺伝子の機能解明とその機能に立脚した新たな癌予防・治療法の構築, 厚生労働科学研究費補助金
  • 犬乳腺腫瘍の発生制御に寄与するコネキシン遺伝子の特定とその制御に関する研究, 科学研究費 基盤研究(C)(一般), 矢野友啓
  • 癌抑制遺伝子機能に立脚した進行性腎臓癌に対する新規治療法の構築, 科学技術振興機構シーズ育成試験研究費, 矢野 友啓
  • 癌抑制遺伝子としてのコネキシン遺伝子の機能解明と治療への応用に関する研究, 厚生労働省厚生科学研究費創薬等ヒューマンサイエンス総合研究費, 矢野 友啓
  • 肺腺癌の生存シグナルの解析とその制御に関する研究, 厚生労働省がん研究助成金
  • モデル系を用いた肺腺癌発生における細胞増殖の制御に関する研究, 厚生省がん研究助成金
  • 新開発食品素材の分析法に関する研究, 厚生省厚生科学研究費(新開発食品素材健康影響評価研究)
  • ヘルスプロモーションにおける細胞応答研究, 科学技術庁重点基礎研究費
  • 食品成分によるタバコ肺発癌の予防医学的研究, 財団法人すかいらーくフードサイエンス研究所研究助成金
  • 肺腺癌の予防に有効なビタミンE摂取レベルの検討, 科学研究費 基盤研究(C)(一般), 矢野友啓
  • 急性腎不全モデルを用いた腎再生機構の解明, 千代田生命健康開発事業団社会厚生事業助成金
  • 健康増進における身体的指標の運動・栄養生理学的研究, 厚生省特別研究費
  • ビタミンEによる細胞機能修飾作用に関する研究, 厚生科学研究費補助金(医療特別研究), 矢野 友啓
  • マウス化学肺発がんにおける活性酸素の関与と食餌脂質, 厚生省がん研究助成金
  • 新規食品機能性成分による癌予防・治療法の構築

教育活動情報

担当経験のある科目

  • フードサイエンス実験, 東洋大学生命科学部
  • 食物栄養学, 東洋大学生命科学部
  • 生命科学英語I, 東洋大学生命科学部
  • 分子病態制御学特論, 東洋大学大学院生命科学研究科
  • 基礎細胞生物学, 東洋大学食環境科学部
  • 基礎栄養学, 東洋大学食環境科学部
  • 予防・臨床栄養学, 東洋大学食環境科学部
  • probiotics, 東洋大学生命科学部

社会貢献活動情報

社会貢献活動

  • 第15回日本機能性食品医用学会座長, 運営参加・支援,   2017年12月
  • 第69回日本ビタミン学会座長, 運営参加・支援,   2017年06月
  • 第28回ビタミンE研究会世話人, 運営参加・支援,   2017年01月
  • 第68回日本ビタミン学会座長, 運営参加・支援,   2016年06月
  • 第67回日本ビタミン学会座長, 運営参加・支援,   2015年06月
  • 第66回日本ビタミン学会座長, 運営参加・支援,   2014年06月
  • 第60回日本栄養改善学会座長, 運営参加・支援,   2013年09月
  • 第64回日本ビタミン学会座長, 運営参加・支援,   2012年06月
  • 第63回日本ビタミン学会座長, 運営参加・支援,   2011年06月
  • 第61回日本ビタミン学会座長, 運営参加・支援,   2009年05月
  • 第60回日本ビタミン学会座長, 運営参加・支援,   2008年05月