詳細検索はこちら
※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

川上 淳之カワカミ アツシ

所属・担当
経済学部経済学科
経済学研究科経済学専攻
職名准教授
メールアドレスkawakami[at]toyo.jp ※[at]を@に書き換えて送信して下さい
ホームページURLhttp://a-kawakami.net/
生年月日
Last Updated :2018/06/19

研究者基本情報

学歴

  • 2004年04月 - 2009年03月, 学習院大学, 経済学研究科, 博士後期課程
  • 2002年04月 - 2004年03月, 学習院大学, 経済学研究科, 博士前期課程
  • 1998年04月 - 2002年03月, 学習院大学, 経済学部, 経済学科

学位

  • 博士(経済学), 学習院大学

経歴

  •   2017年04月 - 現在, 東洋大学, 経済学部経済学科, 准教授
  •   2014年04月 - 現在, 学習院大学, 非常勤講師
  •   2017年04月 - 2018年03月, 帝京大学, 非常勤講師
  •   2014年04月 - 2017年03月, 帝京大学, 経済学部経済学科, 准教授
  •   2013年04月 - 2014年03月, 東洋大学, 非常勤講師
  •   2012年06月 - 2014年03月, 学習院大学, 学長付国際研究交流オフィス, 准教授
  •   2011年08月 - 2014年03月, 内閣府経済社会総合研究所, 研究協力者
  •   2012年09月 - 2013年03月, 東海大学, 非常勤講師
  •   2011年09月 - 2013年03月, 東邦大学, 非常勤講師
  •   2011年04月 - 2012年06月, 学習院大学, 非常勤講師
  •   2008年05月 - 2012年06月, 独立行政法人労働政策研究・研修機構, 臨時研究協力員
  •   2005年06月 - 2012年06月, 独立行政法人経済産業研究所, リサーチ・アシスタント
  •   2010年04月 - 2011年03月, 高千穂大学, 非常勤講師
  •   2008年08月 - 2009年03月, 電機連合, 嘱託研究員

研究活動情報

研究分野

  • 経済学, 経済統計, 労働経済学、産業組織論

研究キーワード

    産業組織論, 労働経済学

論文

  • Diversified firms and Productivity in Japan, 川上淳之, Public Policy Review, 13, (2) 153 - 166,   2017年10月
  • R&D and Product Dynamics, RIETI Discussion Paper Series, 17-E-101,   2017年07月
  • 本社機能とスキル偏向的技術変化, 川上淳之, RIETI Discussion Paper Series, 17-J-043,   2017年07月
  • 多角化企業と生産性, 川上淳之, フィナンシャル・レビュー, 130,   2017年03月
  • 誰が副業を持っているのか? -インターネット調査を用いた副業保有の実証分析, 川上淳之, 日本労働研究雑誌, 680, 102 - 119,   2017年01月
  • 第4章 事業所の開廃を通じた雇用調整助成金の効果~リーマンショック期の助成に対する、雇用創出・喪失分析を用いた検証~, 川上淳之, 労働政策研究・研修機構編『労働政策研究報告書 No.187 雇用調整助成金の政策効果に関する研究』, 187, 118 - 149,   2017年01月
  • Product Dynamics and Aggregate Shocks: Evidence from Japanese Product and Firm Level Data, RIETI Discussion Paper Series, 15-E-137,   2015年12月
  • 組織改革は生産性に影響するか?, 川上淳之・淺羽茂, RIETI Discussion Paper Series, 15-J-48,   2015年08月
  • デザイン活動は企業の生産性向上に貢献しているか-企活調査、民研調査を用いた分析-, 川上淳之・枝村一磨, RIETI Discussion Paper Series, 15-J-41,   2015年07月
  • 就業者労働時間の推計方法-総務省「就業構造基本調査」を用いた推計の改善と課題, 川上淳之, 季刊 国民経済計算, 156, 25 - 42,   2015年03月
  • 無形資産に関する実証分析の動向:マネジメント・プラクティス調査を中心にして-, 川上淳之・浅羽茂, 組織科学, 47, (2) 27 - 36,   2013年09月
  • 起業家資本と地域の経済成長, 川上淳之, 日本経済研究, 68, 1 - 22,   2013年01月
  • 日本企業の製品転換とその要因-工業統計表を使った実証分析, 川上淳之・宮川努, フィナンシャル・レビュー, 112, 55 - 79,   2013年01月
  • Market Competition Differences in Technoligy, and Productivity Improvement - An Empirical Analysis Based on Japanese Manufacturing Firm Data, 24, 197 - 206,   2012年10月
  • 震災が労働市場に与えた影響~被災3県における深刻な雇用のミスマッチ~, 樋口美雄・乾友彦・細井俊明・髙部勲・川上淳之, 日本労働研究雑誌, 622, 4 - 17,   2012年08月
  • Revisiting Productivity Differences and Firm Turnover: Evidence from Product-Based TFP Measures in the Japanese Manufacturing Industries, RIETI Discussion Paper Series, 11-E-64,   2011年08月
  • 日本企業の人的資源管理と生産性-インタビュー及びアンケート調査を元にした実証分析, 宮川努・西岡由美・川上淳之・枝村一磨, RIETI Discussion Paper Series, 11-J-35,   2011年06月
  • Product Switching and Firm Performance, 川上淳之, RIETI Discussion Paper Series, 10-E-43,   2010年09月
  • Do Competitive Markets Stimulate Innovation?: An Empirical Analysis Based on Japanese MAnufacturing Industry Data, 川上淳之, RIETI Discussion Paper Series, 08-E-012,   2008年04月
  • 個票データを用いた個人請負の成長要因~固定客の確保と人的ネットワークの形成~, 川上淳之, 学習院大学『研究論集』, 16, (1) 41 - 62,   2008年03月
  • パートタイマーと正社員のキャリア形成機械の均衡化―小売業におけるパートの能力開発, 林麗寛・川上淳之・松原光代・脇坂明, 『学習院大学 経済論集』, 44, (1) 93 - 115,   2007年04月
  • 2度目の開業者が成功する条件-失敗経験が与えるパフォーマンスについて-, 川上淳之, 日本労働研究雑誌, 559, 41 - 53,   2007年03月
  • 就業二極化と性行動, 玄田有史・川上淳之, 日本労働研究雑誌, 556, 80 - 91,   2006年11月
  • 低賃金国からの輸入競合と小規模企業における企業間格差:『中小企業信用リスク情報データベース』に基づく実証分析, 伊藤恵子・川上淳之, 専修大学『アジア諸国の産業発展と中小企業 ディスカッションペーパー』, 10,   2006年11月

MISC

  • 生産性が高まるには? 経済学がデータから明らかにした方法-, 川上淳之, 公益財団法人日本生産性本部生産性研究センター「生産性レポート」, 1,   2016年06月

書籍等出版物

  • 日本経済論【ベーシック+】
    宮川努・細野薫・細谷圭・川上淳之
    分担執筆第4章 労働市場の構造変化と所得格差、第5章 中小企業・ベンチャー企業の役割  2017年03月
  • 第3章 経営管理と企業価値-組織改革は生産性に影響するか?
    川上淳之・淺羽茂
    分担執筆宮川努・淺羽茂・細野薫編『インタンジブル・エコノミー』, 第3章, pp.103-126東京大学出版会  2016年09月

受賞

  •   2017年10月, 労働政策研究・研修機構, 労働関係論文優秀賞, 誰が副業を持っているのか? -インターネット調査を用いた副業保有の実証分析-