詳細検索はこちら
※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

渡辺 裕美ワタナベ ヒロミ

所属・担当
生活支援学科
ヒューマンデザイン専攻
職名教授
メールアドレス
ホームページURLhttp://www.prokaigo.com
生年月日
Last Updated :2017/07/19

研究者基本情報

学歴

  • 東洋大学大学院社会学研究科社会福祉学専攻博士後期課程修了

学位

  • 博士(社会福祉学)

所属学協会

  • 日本介護福祉学会
  • 日本社会福祉学会
  • 日本在宅ケア学会
  • 日本公衆衛生学会

研究活動情報

研究分野

  • 社会学, 社会福祉学

研究キーワード

    包括的ケア , 24時間 ホームケア, 介護福祉

論文

  • 介護福祉学の構築へ向けてー集団処遇の業務中心介護から個別の本人中心介護への転換ー, 渡辺 裕美,  日本介護福祉学会 『介護福祉学』, 20, (1) 89 - 95,   2013年04月
  • 24時間ホームケア ー介護報酬分析による夜間訪問介護利用実態をふまえての考察―, 渡辺 裕美, 介護福祉学, 14, (2) 163 - 174,   2007年10月
  • 看護と介護に異同―介護福祉士の専門性―, 渡辺 裕美, 保健医療社会学論集, 18, (2) 18 - 23,   2007年03月
  • 現場に役立つ介護福祉学の研究の構築をめざして, 渡辺 裕美, 介護福祉学, 13, (1) 47 - 53,   2006年04月
  • 「介護職が行うシーティングの意義と方法」, 渡辺 裕美, 『ふれあいケア』Vol.11,NO.12, 18 - 22,   2005年12月
  • 「縛らない介護意識調査―特に車椅子ベルトに焦点をあてて」, 渡辺 裕美、日本社会事業大学の学生と共著, 『月刊総合ケア』Vol.12,NO.5,01, 40 - 43,   2002年05月
  • 「身体拘束をなくすための知識と技術」, 渡辺 裕美, 『月刊総合ケア』Vol.12,NO.5,0, 6 - 12,   2002年05月
  • 「ホームヘルパー業務を見積もってケアプランを作成する方法」, 渡辺 裕美, 『月刊総合ケア』Vol.11,NO.3,01, 57 - 61,   2001年03月
  • 変革するデンマークの24時間ホームケア, 渡辺 裕美, ライフデザイン学研究, 9, 383 - 407,   2014年03月

書籍等出版物

  • コミュニケーション技術
    渡辺 裕美
    第4章介護におけるチームのコミュニケーション中央法規  2015年02月介護におけるチームコミュニケーションについて、介護職間のチームの形成と他専門職とのチームの形成について、事例をふかえて記述。カンファレンスの開催準備や運営、決定事項を記録して共有することについて基本を記述した。
  • 介護の基本Ⅱ
    渡辺 裕美
    分担執筆第3章介護実践における連携ー多職種連携^中央法規  2015年02月介護職と多職種連携の意義と目的、チームアプローチについて基本知識を記述。さらに協働職種の専門機能と役割について概説した。
  • 介護福祉における医療的ケアの位置づけ
    渡辺 裕美
    分担執筆  2014年10月
  • 介護福祉学にみる介護福祉実践に関する研究
    渡辺 裕美
    分担執筆ミネルヴァ  2014年10月
  • 介護福祉学にみる介護福祉研究の歴史
    渡辺 裕美
      2014年10月
  • 「実践の学としての介護福祉研究」
    渡辺 裕美
    分担執筆ミネルヴァ  2014年10月実践の知としての介護福祉研究とは何か、学会誌の役割と第一線の研究者が示唆する介護福祉研究のすすめかた、研究のステップ、実践から積み上げる介護福祉について記述。 日本介護福祉学会誌に掲載された論文を分析した結果を踏まえて書いている。、
  • 山あいの小さなむらの未来
    渡辺 裕美、水村 容子 菊地 章太 齊藤 恭平 神野 宏司 井上 治代
    博進堂  2013年07月
  • 『社会福祉と社会保障』
    渡辺 裕美、増田雅暢 島田美貴 大橋謙作  増田雅暢 秋山智久 村井祐一 内田宏明 末永カツ子 内藤佳津雄 岡部卓 朴星零 原田啓一郎 石田道彦 土屋葉 田中恵美子
    メディカ出版  2005年02月
  • 『ソーシャルワーカーのための介護』第7章「介護保険制度とケアマネジメント」
    渡辺 裕美、是枝祥子 浦尾和江 和田行男 片山蘭子 橋本みさお 河添竜志郎 窪田静 武みつこ 徳永恵子 藤島一郎 北条京子 澤田信子
    有斐閣  2002年05月
  • 『ソーシャルワーカーのための介護』第4章11「事故および緊急時の対応」
    渡辺 裕美、是枝祥子 是枝祥子 浦尾和江 和田行男 片山蘭子 橋本みさお 河添竜志郎 窪田静 武みつこ 徳永恵子 藤島一郎 北条京子 澤田信子
    有斐閣  2002年05月
  • 『ソーシャルワーカーのための介護』第4章6「入浴介護」
    渡辺 裕美、是枝祥子 浦尾和江 和田行男 片山蘭子 橋本みさお 河添竜志郎 窪田静 武みつこ 徳永恵子 藤島一郎 北条京子 澤田信子
    有斐閣  2002年05月
  • 『ソーシャルワーカーのための介護』第6章「チーム援助」
    渡辺 裕美、是枝祥子 浦尾和江 和田行男 片山蘭子 橋本みさお 河添竜志郎 窪田静 武みつこ 徳永恵子 藤島一郎 北条京子 澤田信子
    有斐閣  2002年05月
  • 『介護保険実践便利帳』
    渡辺 裕美、安達真澄 高野 龍昭 矢野眞理 深水好江 茶山美知子 高林ヨリ子 谷津尊子 鈴木朋子 米村ゆかり
    日本看護協会出版会  2001年09月
  • 『介護概論』
    渡辺 裕美、福祉士養成講座編集委員会 上田房子 太田貞司 岡本千秋 金井一薫 亀山幸吉 小池妙子 篠田道子 高垣節子 高澤康子 西村洋子 矢部弘子
    中央法規  2001年02月

講演・口頭発表等

  • 「次世代へつなぐ四年制大学介護福祉士養成教育カリキュラム」, 渡辺 裕美, 介護福祉士養成大学連絡協議会,   2014年12月07日, 招待有り
  • 「訪問介護計画から考える自立支援の視点とは」, 渡辺 裕美, 全国ホームヘルパー協議会評議員会セミナー,   2014年05月12日, 招待有り
  • 「訪問介護計画の立案~実践事例を通して~, 渡辺 裕美, 北海道ホームヘルプサービス協議会,   2014年03月19日, 招待有り
  • 「 目標の立て方 」~自立支援に向けた目標の立て方~, 渡辺 裕美, 石川県ホームヘルパー協議会,   2014年01月24日, 招待有り
  • これからの介護に求められる医療的ケアと介護福祉士ー介護福祉養成教育への波紋と課題ー, 渡辺 裕美, 介護福祉士養成大学連絡協議会研修会,   2013年03月07日, 法制度改正に伴い、介護福祉士養成教育において医療的ケア教育がはじまる。看護職と別だということで、固有の領域の中で培ってきた介護福祉士の専門性を今後どう維持していくか揺さぶられていくことを指摘し議論を深めた。
  • これからの介護に求められる医療的ケアと介護福祉士ー介護福祉養成教育への波紋と課題ー, 渡辺 裕美, 介護福祉士養成大学連絡協議会研修会,   2013年03月07日, 招待有り
  • 医療的ケアの教育と課題, 渡辺 裕美, 埼玉県介護福祉士養成校連絡協議会教員研修会,   2013年02月24日, 医療的ケア、特に 吸引についてモデル人形によるシュミレーター演習のやりかたについてデモんストレーションを行い、参加者と教育上の課題を討論した。
  • 医療的ケアの教育と課題, 渡辺 裕美, 埼玉県介護福祉士養成校連絡協議会教員研修会,   2013年02月24日, 招待有り
  • ホームヘルパーの今後の展望, 渡辺 裕美, 熊本県ホームヘルパー協議会発足40周年記念大会,   2013年02月03日, ホームヘルパーとは何をする人か、専門性、について概念を述べ、これからのあるべきホームヘルプの展望について示唆した。
  • ホームヘルパーの今後の展望, 渡辺 裕美, 熊本県ホームヘルパー協議会発足40周年記念大会,   2013年02月03日, 招待有り
  • シンポジウム「介護福祉人材改革と政策課題の整理」, 渡辺 裕美, 第19回 日本介護福祉学会公開講座,   2012年05月12日, 法改正に伴い介護福祉士本来業務に医療的ケアが位置づけられたこと。医療的ケア基礎研修と実地研修、介護福祉士養成カリキュラムの内容変化を解説し、制度矛盾と課題について指摘した。
  • 新世代を迎えたSuccessful Aging:多職種連携を超えて、 老年社会学、老年精神医学、老年看護学、介護学が果たす役割, 渡辺 裕美, 老年社会科学会,   2011年06月09日, 第53回大会シンポジウムⅠのシンポジストとして登壇。連携するためには、1生活を営むのに支障がある人に対して、その人らしい生活ができるように、本人のできることを発見し、できないことを介護する。2意欲を刺激し、生活環境を整え、よりそい、生活場面の実行状況に対して直接働きかける。3できることをもっとできるように、生活機能を高める。これらの介護福祉士の専門性を理解してもらうことについて述べた。
  • 「訪問介護事業所アンケート調査ー早朝・夜間・深夜の訪問介護サービスの実施状況と課題」, 渡辺 裕美、川上壮介 人見 朋子 全由美 市川友里, 日本介護福祉学会第13回大会,   2005年10月
  • 「24時間ホームケア夜間訪問介護の現状と問題点」, 渡辺 裕美, 日本社会福祉学会第53回大会,   2005年10月

競争的資金

  • 24時間ホームケア 訪問介護と訪問看護, 科学研究費補助金
  • 24時間ホームケア・夜間訪問実態把握と潜在的な夜間訪問需要の推計に関する研究, 科学研究費 萌芽研究, 渡辺裕美
  • 24時間ホームケア 夜間ケアを担う訪問介護事業所支援に関する研究, 科学研究費 基盤研究(B)(一般), 渡辺裕美
  • 24時間ケア 医療と介護の包括支援体制の方向性を探る, 科学研究費 基盤研究(C)(一般), 渡辺 裕美

その他

  •   2014年09月, とろみ剤利用時の工夫, 菊田理紗。渡辺裕美「とろみ剤の工夫」『ふれあいケア』第20巻9号,pp68-71,2014.高齢者介護の現場でよく使われている増粘剤「とろみ剤」についての学部学生の卒業論文を雑誌に投稿。とろみ剤の種類と開発世代一覧、粘度測定結果、使用する際の知識と工夫、についてのレポート。