詳細検索はこちら
※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

内丸 公平ウチマル コウヘイ

所属・担当
総合情報学部総合情報学科
人間科学総合研究所
職名助教
メールアドレスuchimaru[at]toyo.jp ※[at]を@に書き換えて送信して下さい
ホームページURL
生年月日
Last Updated :2019/07/17

研究者基本情報

学歴

  • 2015年09月 - 2016年10月, バーミンガム大学, シェイクスピア研究所
  • 2005年04月 - 2010年03月, 東京大学大学院, 総合文化研究科超域文化科学, 表象文化論コース(博士後期課程)
  • 2003年04月 - 2005年03月, 東京大学大学院, 総合文化研究科超域文化科学, 表象文化論コース(博士前期課程)

学位

  • MA (with Distinction) Shakespeare and Education, The Shakespeare Institute
  • MA(表象文化論), 東京大学総合文化研究科超域文化科学
  • BA(英文学), 上智大学

所属学協会

  • 国際シェイクスピア学会
  • 日本英語教育史学会
  • 日本英文学会
  • 日本シェイクスピア協会

経歴

  •   2019年04月 - 現在, 東京大学, 教養学部, 非常勤講師
  •   2017年04月 - 現在, 東洋大学, 総合情報学部, 助教

研究活動情報

研究分野

  • 文学, 英米・英語圏文学

研究キーワード

    シェイクスピア教育, 英語教育史, 岡倉由三郎, シェイクスピア

論文

MISC

  • シェイクスピアは英語教材だった!:中等学校英語教科書におけるシェイクスピア受容の通時的考察, 内丸 公平, 学術文化紀要, (33) 168 - 170,   2018年07月, 招待有り
  • シェイクスピアからチェーホフへのモビリティ――遊園地再生事業団プロデュース『モーターサイクル・ドン・キホーテ』」, 内丸 公平, シアターアーツ, (秋) 84 - 86,   2006年09月, 査読有り
  • 『タイタス・アンドロニカス』に於ける形式の美学――蜷川幸雄演出『タイタス・アンドロニカス』, 内丸 公平, シアターアーツ, (夏) 76 - 78,   2006年06月, 査読有り

書籍等出版物

  • Shakespeare in East Asian Education (forthcoming)
    内丸 公平
    共著Palgrave

講演・口頭発表等

  • Yoshisaburô Okakura and the Practical Value of English Learning and Teaching, 内丸 公平, Valorizing Practice: Grounded Histories of Language Learning and Teaching. HoLLTnet conference,   2019年11月14日
  • Shakespeare in East Asian Education, 内丸 公平, British Shakespeare Association Conference,   2019年07月19日, British Shakespeare Association
  • A Study of Okakura Yoshisaburô’s Radio English Textbooks: Junior Course, with a Particular Focus on ‘Jack the Giant-Killer’, 内丸 公平, HoLLTnet international meeting: 'Bi-/Multilingualism and the History of Language Learning and Teaching',   2018年07月06日
  • Education: Theoretical and Historical Discussions of Shakespeare in/as Education as wellas Practical Pedagogical Strategies Across Cultures, 内丸 公平, The 3rd Conference of Asian Shakespeare Association,   2018年05月29日
  • シェイクスピアは英語教材だった!―中等学校教科書 (1886-2016)におけるシェイクスピア受容の通時的考察, 内丸 公平, 第22回総合学術文化学会学術研究会,   2018年03月16日, 招待有り
  • 東洋大学国際教育センター主催 シェイクスピアと教育, 南隆太、Sarah Olive、五十嵐博久、鈴木辰一、児玉恵太、内丸公平,   2018年01月06日
  • こうやって日本人は シェイクスピアを学んできた!シェイクスピアで英語を学んでいた時代を振り返る, 内丸 公平,   2017年10月20日, 招待有り, 岐阜市立女子短期大学
  • 英學に於けるシェイクスピア(沙翁), 内丸 公平, 第56回シェイクスピア学会,   2017年10月08日
  • 「シェイクスピアを1册も讀んだことのない敎師は、良い敎師とは言へない」:シェイクスピアが英語教材だった頃を振り返る, 内丸 公平, 日本英語教育史学会第263回 研究例会,   2017年07月15日
  • 英語教育のなかのシェイクスピア:英語読本に見る『リア王』翻案の考察, 内丸 公平, アジアのシェイクスピア―シェイクスピア受容の多様性,   2017年01月07日, 招待有り, 早稲田大学
  • 戦前の英語読本におけるThe Merchant of Veniceの考察, 内丸 公平, 第53回日本シェイクスピア学会,   2014年10月11日
  • 英語教科書のなかのシェイクスピア:浅田栄次 Asada’s English Readers と 岡倉由三郎 The Ocean Readers for Girls’ Schools に於ける『リア王』の考察, 内丸 公平, 第86回日本英文学会,   2014年05月23日
  • “Forces at Work Much Farther Back”: 岡倉由三郎と the Reform Movement, 内丸 公平, 第30回日本英語教育史学会全国大会,   2014年05月17日
  • どうしたらシェイクスピアが分かるか」:「盤陀付鋳掛大名」のの背後にある岡倉由三郎のシェイクスピア受容原理, 内丸 公平, 第52回日本シェイクスピア学会,   2013年10月05日
  • 『ハムレット』の超克:浦口文治のシェイクスピア受容をめぐる考察, 内丸 公平,   2013年07月13日
  • 岡倉由三郎の英語教育におけるヘルバルト主義教育学の影響について, 内丸 公平, 第29回日本英語教育史学会全国大会,   2013年05月19日
  • 岡倉由三郎の英文学研究とその『教育的』背景, 内丸 公平, 第241回日本英語教育史学会,   2013年01月13日
  • Shakespeare and Multicultural Productions, 内丸 公平, 第45回日本シェイクスピア学会,   2006年10月09日
  • 『ローマの俳優』における範例的寓意表現―劇中劇の破綻は何を表象するか, 内丸 公平, 第44回日本シェイクスピア学会,   2005年10月04日
  • ‘Yond gull Malvolio’―Twelfth Night における‘Gull’ の表象, 内丸 公平, 第78回日本英文学会,   2005年05月21日

受賞

  •   2019年08月, 東洋大学, 東洋大学優秀教育活動賞
  •   2017年02月, 第25回福原賞(公益信託福原記念英米文学研究助成基金)

その他

  •   2019年02月, 東洋大学国際交流ニュース, 「2018年1月6日に白山キャンパス スカイホールにて国際教育センター主催で開催されましたセミナー「シェイクスピアと教育」とその成果が、英国シェイクスピア協会(The British Shakespeare Association)が刊行する学術雑誌TeachingShakespeare 第16号に特集されました。総合情報学部の内丸公平助教がゲストエディターを務め、食環境科学部の五十嵐博久教授とともにその取り組みが掲載されています。」http://www.toyo.ac.jp/news/international-exchange/20190226news/
  •   2018年06月, 東洋大学主催セミナー「シェイクスピア英語の醍醐味」(Ben Crystal招聘講演)企画協力