詳細検索はこちら
※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

片山 美由紀カタヤマ ミユキ

所属・担当
社会心理学科
現代社会総合研究所
人間科学総合研究所
社会心理学専攻
職名教授
メールアドレス
ホームページURL
生年月日
Last Updated :2017/07/19

研究者基本情報

学位

  • 人文学修士, 東京都立大学

所属学協会

  • 日本観光研究学会
  • 日本社会心理学会

経歴

  •   1994年 - 2002年,  常磐大学人間科学部 専任講師

研究活動情報

研究分野

  • 心理学, 社会心理学
  • 心理学, 社会心理学
  • 教育学, 教育学
  • 社会医学, 公衆衛生学・健康科学

研究キーワード

    育児, 余暇, 祭, 自己専心, 妥当性, 他者配慮, 少子化, 自由時間, 制限環境, ワークライフバランス, 休息的余暇活動, 料理, 余暇診断, ワールドカップ, ゆとり, スポーツ観戦, 対人関係, ILO法, 有給休暇, 介護, 活動・実効的余暇活動, 鑑賞・票論的余暇活動, 父親の子育て, 適応, 癒し, レスパイト, 心理学, レジャー, レクリエーション, 観光, 生涯学習

論文

  • 災害からの復興とソーシャル・キャピタル(2) -コミュニティ意識の日米比較調査結果, 片山 美由紀、大島 尚, 八城薫, 東洋大学21世紀ヒューマン・インタラクション・リサーチセンター研究年報 Vol.3, 89 - 96,   2006年03月
  • 災害からの復興とソーシャルキャピタル(1) -コミュニティ意識の日米比較, 片山 美由紀、大島 尚, 安藤 清志, 東洋大学21世紀ヒューマン・インタラクション・リサーチセンター研究年報 Vol.2, 111 - 114,   2005年03月
  • 現代社会における自我・自己とコミュニケーション -HIRC21 第1回調査の概要, 片山 美由紀, 東洋大学21世紀ヒューマン・インタラクション・リサーチセンター研究年報 Vol.1, 2 - 7,   2004年03月
  • ニード分与規範集団におけるジレンマの分析-高齢者介護における負担の分析、及び別居家族との情報共有の提言, 片山 美由紀, 『人間科学』(常磐大学人間科学部), 19, (2) 117 - 134,   2002年03月
  • 祝祭・獲得・刺激回避志向が観光行動に及ぼす影響‐国内教養旅行派、国内行楽娯楽旅行派、海外旅行派、自然志向旅行派, 日本観光研究会, 17,   2002年
  • 祝祭としてのおしゃべり‐「語られるニュース」に刺激志向性が及ぼす影響, 日本社会心理学会, 43,   2002年
  • 余暇生活に優先する価値としての「世間体」‐余暇資源の自己マネージメント, 日本社会心理学会, 65,   2001年

書籍等出版物

  • 観光学全集4 観光行動論
    片山 美由紀
    原書房  2013年03月25日
  • 観光の社会心理学-ひと・こと・もの 3つの観点から
    片山 美由紀、前田勇 佐々木土師匠二他
    北大路書房  2006年03月
  • 現代人のこころのゆくえ-ヒューマン・インタラクションの諸相
    片山 美由紀、船津衛 細井 洋子 他
    HIRC21  2005年03月
  • 心理測定尺度集Ⅱ-人間と社会のつながりをとらえる<対人関係・価値観>
    片山 美由紀、堀洋道 吉田富二雄他
    サイエンス社  2001年06月

講演・口頭発表等

  • Happiness / Fulfillment / Relief and Family Travel Pattern in Italy, Japan and Korea: an analysis with the Mindset Scale, 片山 美由紀, 12 th. World Leisure Congress,   2012年10月
  • 希望する自由時間行動の自由記述コレスポンデンス分析-行動と内面の同時分析/提示による自由時間の理解促進を目指して, 片山 美由紀, 『日本社会心理学会第46回大会発表論文集』,   2005年09月
  • 2002年サッカー・ワールドカップとの意外な出会い―「にわかファン」「長年ファン」の関心事、無関心層の憂鬱―, 片山 美由紀, 『日本スポーツ社会学会第14回大会発表論文集』,   2005年03月
  • 「熱狂」の伝播とそれを拒否する人々-2002年日韓合同開催サッカー・ワールドカップにおける観戦行動の分析(2)-, 片山 美由紀, 『日本社会心理学会第45回大会発表論文集』,   2004年07月
  • 地域の連帯/振興活動への参加に影響を及ぼすpush 要因の分析-生涯学習活動の実態調査から-, 片山 美由紀, 『日本観光研究学会研究発表論文集』,   2003年12月
  • にわかファンは単一層ではない:祝祭・達成・回避型-2002年日韓合同開催サッカー・ワールドカップにおける観戦行動の分析 (1)-, 片山 美由紀, 『日本社会心理学会第44回大会発表論文集』,   2003年09月
  • 祝祭・獲得・刺激回避志向が観光行動に及ぼす影響-国内教養旅行派、国内行楽娯楽旅行派、海外旅行派、自然志向旅行派, 片山 美由紀, 『日本観光研究学会研究発表論文集』,   2002年12月
  • 祝祭としてのおしゃべり―「語られるニュース」に刺激志向性が及ぼす影響―, 片山 美由紀、川上善郎 川浦康至 杉森伸吉, 『日本社会心理学会第43回大会発表論文集』,   2002年11月
  • 趣味を持つことで生活が変わる-余暇資源の自己マネージメント-, 片山 美由紀, 『日本心理学会第65回大会発表論文集』,   2001年11月
  • 余暇生活に優先する価値としての「世間体」―余暇資源の自己マネージメント(2)―, 片山 美由紀, 『日本グループ・ダイナミックス学会第49回大会発表論文集』,   2001年11月
  • 余暇活動に関する一般的な志向性の整理(1)―余暇活動に伴う内面の描写を重視する立場から―, 片山 美由紀, 『日本社会心理学会第42回大会発表論文集』,   2001年10月
  • ニュースを語る-社会的現実を作るおしゃべり-, 片山 美由紀、川上善郎 川浦康至 杉森伸吉, 『日本社会心理学会第42回大会発表論文集』,   2001年10月

作品

  • ひたちなか市民の生涯学習、レジャー、レクリエーション、観光,   2002年

競争的資金

  • レジャー、レクリエーション、観光、生涯学習
  • 時間使用とモチベーションの自己制御における文化比較, 科学研究費 基盤研究(C)(一般)
  • 制限環境下における自己の適応と余暇活動, 科学研究費 基盤研究(C)(一般), 片山美由紀
  • 感情の社会的機能とその理解および応用:豊かな感情生活を生きるために, 科学研究費 基盤研究(B)(一般), 久保ゆかり
  • 豊かな感情生活を生きるために:感情の社会的な意味を問う, 研究所間プロジェクト
  • 余暇診断(成人版)の作成と妥当性検討, 科学研究費 若手研究(B), 片山美由紀
  • 祝祭・獲得・刺激回避の心理学とレジャー・レクリエーション・観光・生涯学習, 科学研究費補助金