詳細検索はこちら
※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

杉江 典子スギエ ノリコ

所属・担当
日本文学文化学科
職名准教授
メールアドレス
ホームページURLhttp://www2.toyo.ac.jp/~sugie/
生年月日
Last Updated :2017/11/12

研究者基本情報

学位

  • 修士(図書館情報学), 愛知淑徳大学

所属学協会

  • 日本図書館情報学会
  • 三田図書館・情報学会

経歴

  •   2017年04月 - 現在, 東洋大学, 文学部 日本文学文化学科, 准教授
  •   2014年04月 - 2017年03月, 駿河台大学, メディア情報学部, 教授
  •   2004年04月 - 2007年03月, 駿河台大学, 文化情報学部, 専任講師

研究活動情報

研究分野

  • 情報学, 図書館情報学・人文社会情報学

研究キーワード

    情報サービス, 公共図書館

論文

  • Clustering of Public Library Users by Similarity of Visiting Paths Using Location Information, 杉江 典子, Media and Information Resources, 23, (2) 11 - 19,   2017年03月
  • Probability Density Estimation of Public Library Users' Visiting Points Using Location Information, 杉江 典子, Media and Information Resources, 22, (1) 1 - 8,   2015年09月
  • ピッツバーグ市カーネギー図書館のレファレンスサービス:利用者獲得に向けた試み, 杉江典子, メディアと情報資源, 21, (1) 1 - 14,   2014年09月
  • Application of radio frequency identification technology to study library users' information-seeking behavior, Noriko Sugie, Library and Information Science Research, 35, 69 - 77,   2013年01月01日
  • 公共図書館における利用者の情報探索行動:インタビュー記録の質的分析による概念と理論の生成, 杉江典子, 日本図書館情報学会誌, 57, (1) 1 - 18,   2011年03月30日
  • わが国の市町村立図書館におけるレファレンスサービスの利用者に関する既往調査の傾向, 杉江典子, 日本図書館情報学会誌, 54, (2) 117 - 131,   2008年06月30日
  • 公共図書館における健康分野のレファレンスブック所蔵状況調査, 杉江典子, 現代の図書館, 45, (3) 165 - 175,   2007年09月25日
  • 病院情報に関するレファレンスブックの出版傾向と「病院ランキング本」の評価, 杉江 典子, 文化情報学 : 駿河台大学文化情報学部紀要, 文化情報学 : 駿河台大学文化情報学部紀要, 14, (1) 19 - 29,   2007年06月
  • ニューヨーク市クイーンズ区公共図書館における図書館サービス--情報サービスを中心に (特集:公共図書館のレファレンスサービス--図書館員と研究者の共同研究から), 杉江 典子, 現代の図書館, 現代の図書館, 44, (1) 11 - 25,   2006年03月
  • わが国の公共図書館による健康情報提供に関する実態調査 (特集:図書館における医療・健康情報の提供), 杉江 典子, 現代の図書館, 現代の図書館, 43, (4) 183 - 192,   2005年12月
  • 図書館先進地域の市町村立図書館におけるレファレンスサービスの特性 : 滋賀県と東京都多摩地域の比較をもとに, 杉江 典子, 日本図書館情報学会誌, 日本図書館情報学会誌, 51, (1) 25 - 48,   2005年03月15日
  • 米国ニューヨーク市クイーンズ区公共図書館における消費者健康情報サービス提供, 杉江 典子, 医学図書館, 医学図書館, 50, (3) 260 - 267,   2003年
  • 日本の図書館情報学分野の書誌,索引類, 杉江 典子, 日本図書館情報学会誌, 日本図書館情報学会誌, 48, (2) 94 - 101,   2002年06月30日
  • 東京都多摩地域の公共図書館におけるレファレンスサービスの特性, 杉江 典子, Library and information science, Library and information science, (46) 37 - 49,   2001年
  • 公共図書館におけるレファレンスサービスの現状 : 東京都多摩地域の事例, 杉江 典子, 三田図書館・情報学会研究大会発表論文集, 三田図書館・情報学会研究大会発表論文集, 37 - 40,   2001年
  • <論文>公共図書館におけるレファレンスサービスの現状 : 滋賀県の事例, 杉江 典子, Library and information science, Library and information science, 43, 1 - 32,   2000年

MISC

  • 大串夏身編著, 『課題解決型サービスの創造と展開』, 青弓社, 2008, 261p., 杉江 典子, 日本図書館情報学会誌, 55, (3) 197 - 198,   2009年09月30日
  • 情報源の組織化と図書館利用者の探索行動, 杉江典子, メディアと情報資源, 20, (2) 45 - 46,   2013年12月30日
  • 杉江典子, 全国公共図書館協議会によるレファレンスサービス実態調査報告書, 杉江 典子, 日本図書館情報学会誌, 53, (3) 185 - 186,   2007年09月20日
  • 動向レビュー 米国におけるデジタルレファレンスサービスの動向, 杉江 典子, カレントアウェアネス, (281) 12 - 15,   2004年09月20日

書籍等出版物

  • 図書館は市民と本・情報をむすぶ
    池谷 のぞみ, 安形 麻理, 須賀 千絵
    共著勁草書房  2015年“図書館利用者の情報探索行動に関する量的データ収集方法”,p.170-177.
  • 情報サービス論
    山崎 久道, 大庭 一郎, 渋谷 嘉彦, 杉江 典子, 原田 智子, 松下 鈞, 村上 篤太郎
    樹村房  2012年
  • 情報サービス論
    田村 俊作
    共著東京書籍  2010年“第1章 図書館の情報サービス”,“第5章 情報探索・利用環境の整備”,p.10-34,p.129-140.
  • 情報アクセスの新たな展開
    日本図書館情報学会研究委員会
    共著勉誠出版  2009年“米国図書館協会による“reference transactions”の定義改訂とその背景”p.157-173
  • 情報サービス概説
    渋谷 嘉彦, 大庭 一郎, 杉江 典子, 梁瀬 三千代
    樹村房  2008年
  • 公共図書館員のための消費者健康情報提供ガイド
    Kenyon Andrea, Casini Barbara Palmer, 野添 篤毅, 公共図書館による医学情報サービス研究グループ
    共訳日本図書館協会  2007年p.11-35,p.221-239.(2章,8章)
  • 情報サービス概説
    渋谷 嘉彦, 大庭 一郎, 杉江 典子, 梁瀬 三千代
    樹村房  2004年

講演・口頭発表等

  • 日本の公立図書館におけるマンガの所蔵状況, 安形輝, 杉江典子, 安形麻理, 江藤正己, 大谷康晴, 橋詰秋子, 三田図書館・情報学会研究大会発表論文集,   2016年
  • 館内位置情報を用いた利用者集団の識別:移動経路の類似度を用いた利用者のクラスタリング, 杉江典子, 日本図書館情報学会誌,   2015年09月30日
  • 館内位置情報を用いた利用者集団の識別―移動経路の類似度を用いた利用者のクラスタリング―, 杉江典子, 日本図書館情報学会春季研究集会発表論文集,   2015年05月30日
  • 図書館利用者の館内位置情報を用いた量的分析の試み―情報探索行動の傾向の把握にむけて―, 杉江典子, 日本図書館情報学会研究大会発表論文集,   2014年11月29日
  • Probability density estimation of public library users' visiting points using location information, Noriko Sugie, Proceedings of the ASIST Annual Meeting,   2014年01月01日, Copyright © 2014 Noriko Sugie.This study explores patterns of information-seeking behavior of public library users through statistical analysis of quantitative data. A behavioral investigation using radio frequency identification (RFID) and a questionnaire survey were conducted at Chiyoda Public Library in Japan in 2012. Data was obtained on the time spent in the library, travel distance, traveling path, time spent browsing in each zone and time spent browsing books by subject. Probability density for visiting points in the library was estimated from users' positional data gathered in the behavioral investigation in 2012. The results of the questionnaire survey were used to identify behavioral differences between two groups. As a result, it was found that users' visiting points concentrated on the general book zone, users who borrowed materials walk around mainly in the general book zone, and users who did not borrow materials visited fewer points.
  • Application of radio frequency identification technology for the study of information-seeking behavior of public library users: Preliminary analysis, Noriko Sugie, Proceedings of the ASIST Annual Meeting,   2012年12月01日, This study examines the possibility of applying radio frequency identification (RFID) technology as a method to collect quantitative data on library user behavior, and thus determine common features. An innovative method of users observation was conducted at Chiyoda Public Library in 2012. Each user was asked to carry an antenna to receive the radio waves emitted from RFID tags, and a personal digital assistant (PDA) to record the data, and went about using the library as usual. RFID tags attached to books and magazines were used to identify the locations of users. Data was obtained on the time spent in the library, travel distance, traveling path, time spent browsing in each zone and time spent browsing books by subject. It was found that the users who spent less than 30 minutes in the library made up the largest percentage of these groups, while some users spent more than 2 hours. It was also found that users tended to browse general books more than other materials. Copyright © 2012 Noriko Sugie.
  • 公共図書館におけるレファレンスサービスの利用者像 : 半構造化インタビューによる基礎調査, 杉江 典子, 三田図書館・情報学会研究大会発表論文集,   2005年