詳細検索はこちら
※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

東端 啓貴ヒガシバタ ヒロキ

所属・担当
応用生物科学科
生命環境科学研究センター
生命科学専攻
職名准教授
メールアドレス
ホームページURLhttp://www2.toyo.ac.jp/~higashibata/index.html
生年月日
Last Updated :2017/07/19

研究者基本情報

学位

  • 博士(工学), 大阪大学

所属学協会

  • 極限環境生物学会
  • 日本Archaea研究会
  • 日本分子生物学会
  • 日本生物工学会
  • 日本農芸化学会
  • 日本生化学会

委員歴

  •   2014年01月 - 現在, 極限環境生物学会, 学術幹事
  •   2012年01月 - 2013年12月, 極限環境生物学会, シンポジウム委員長
  •   2010年01月 - 2013年12月, 極限環境生物学会, シンポジウム委員
  •   2007年06月 - 2011年05月, 日本生物工学会, 代議員
  •   2009年04月 - 2011年03月, 日本農芸化学会, 代議員

研究活動情報

研究分野

  • 生物科学, 機能生物化学
  • 生物科学, 分子生物学
  • 農芸化学, 応用微生物学

研究キーワード

    超好熱菌, アーキア, 応用微生物学, 極限環境微生物学, 分子生物学, 遺伝子工学

論文

  • Mutations to create thermostable reverse transcriptase with bacterial family A DNA polymerase from Thermotoga petrophila K4, S. SANO, Y. YAMADA, T. SHINKAWA, S. KATO, T. OKADA, H. HIGASHIBATA, and S. FUJIWARA, Journal of Bioscience and Bioengineering, 113, (3) 315 - 321,   2012年03月
  • Effect of growth temperature and growth phase on lipid composition of archaeal membrane from Thermococcus kodakaraensis, Y. MATSUNO, A. SUGAI, H. HIGASHIBATA, W. FUKUDA, K. UEDA, I. UDA, I. SATO, T. ITOH, T. IMANAKA, and S. FUJIWARA, Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, 73, (1) 104 - 108,   2009年01月
  • Expression profiles and physiological roles of two types of molecular chaperonins from the hyperthermophilic archaeon, Thermococcus kodakaraensis, S. FUJIWARA, R. AKI, M. YOSHIDA, H. HIGASHIBATA, T. IMANAKA, and W. FUKUDA, Applied Environmental Microbiology, 74, (23) 7306 - 7312,   2008年10月
  • Efficient synthesis of trans-polyisoprene compounds using two thermostable enzymes in an organic-aqueous dual-liquid phase system, S. FUJIWARA, A. YAMANAKA, Y. YAMADA, K. HIROOKA, H. HIGASHIBATA, W. FUKUDA, J. NAKAYAMA, T. IMANAKA, E. FUKUSAKI, Biochemical Biophysical Research Communications, 365, (1) 118 - 123,   2008年01月
  • Correlation between thermal aggregation and stability of lysozyme with salts described by molar surface tension increment: an exceptional propensity of ammonium salts as aggregation suppressor, A. HIRANO, H. HAMADA, T. OKUBO, T. NOGUCHI, H. HIGASHIBATA, and K. SHIRAKI, Protein Journal, 26, (6) 423 - 433,   2007年09月
  • Characterization of MobR, the 3-Hydroxybenzoate-responsive Transcriptional Regulator for the 3-Hydroxybenzoate Hydroxylase Gene of Comamonas testosteroni KH122-3s, T. HIROMOTO, H. MATSUE, M. YOSHIDA, T. TANAKA, H. HIGASHIBATA, K. HOSOKAWA, H. YAMAGUCHI, and S. FUJIWARA, Journal of Molecular Biology, 364, (5) 863 - 877,   2006年12月
  • High-level expression of a novel amine-synthesizing enzyme, N-substituted formamide deformylase, in Streptomyces with a strong protein expression system, H. FUKATSU, S. HERAI, Y. HASHIMOTO, H. MASEDA, H. HIGASHIBATA, and M. KOBAYASHI, Protein Expression and Purification, 40, (1) 212 - 219,   2005年03月
  • Nitrile pathway involving Acyl-CoA synthetase: Overall metabolic gene organization, and purification and characterization of the enzyme, Y. HASHIMOTO, H. HOSAKA, KI. OINUMA, M. GODA, H. HIGASHIBATA, and M. KOBAYASHI, Journal of Biological Chemistry, 280, (10) 8660 - 8667,   2005年03月
  • Stopped-flow spectrophotometric and resonance Raman analyses of aldoxime dehydratase involved in carbon-nitrogen triple bond synthesis, KI. OINUMA, H. KUMITA, T. OHTA, K. KONISHI, Y. HASHIMOTO, H. HIGASHIBATA, T. KITAGAWA, Y. SHIRO, and M. KOBAYASHI, FEBS Letters, 579, (6) 1394 - 1398,   2005年02月
  • Optimum culture conditions for the production of N-substituted formamide deformylase by Arthrobacter pascens F164, H. FUKATSU, M. GODA, Y. HASHIMOTO, H. HIGASHIBATA, and M. KOBAYASHI, Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, 69, (1) 228 - 230,   2005年01月
  • Identification of crucial histidines in carbon-nitrogen triple bond synthesis by aldoxime dehydratase, K. KONISHI, K. ISHIDA, KI. OINUMA, T. OHTA, Y. HASHIMOTO, H. HIGASHIBATA, T. KITAGAWA, and M. KOBAYASHI, Journal of Biological Chemistry, 279, (46) 47619 - 47625,   2004年11月
  • Amine-synthesizing enzyme, N-substituted formamide deformylase: Screening, purification, characterization and gene cloning, H. FUKATSU, Y. HASHIMOTO, M. GODA, H. HIGASHIBATA, and M. KOBAYASHI, Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 101, (38) 13726 - 13731,   2004年09月
  • Hyper-inducible expression system for streptomycetes, S. HERAI, Y. HASHIMOTO, H. HIGASHIBATA, H. MASEDA, H. IKEDA, S. ÔMURA, and M. KOBAYASHI, Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 101, (39) 14031 - 14035,   2004年09月
  • Heme environment in aldoxime dehydratase involved in carbon-nitrogen triple bond synthesis, KI. OINUMA, T. OHTA, K. KONISHI, Y. HASHIMOTO, H. HIGASHIBATA, T. KITAGAWA, and M. KOBAYASHI, FEBS Letters, 568, (1/3) 44 - 48,   2004年06月
  • Novel aldoxime dehydratase involved in carbon-nitrogen triple bond synthesis of Pseudomonas chlororaphis B23: Sequencing, gene expression, purification and characterization, KI. OINUMA, Y. HASHIMOTO, K. KONISHI, M. GODA, T. NOGUCHI, H. HIGASHIBATA, and M. KOBAYASHI, Journal of Biological Chemistry, 278, (32) 29600 - 29608,   2003年08月
  • Surface histidine residue of archaeal histone affects DNA compaction and thermostability, H. HIGASHIBATA, M. A. SIDDIQUI, M. TAKAGI, T. IMANAKA, and S. FUJIWARA, FEMS Micobiology Letters, 224, (1) 17 - 22,   2003年07月
  • Helicase and nuclease activities of hyperthermophile Pyrococcus horikoshii Dna2 inhibited by substrates with RNA segments at 5’-end, H. HIGASHIBATA, H. KIKUCHI, Y. KAWARABAYASI, and I. MATSUI, Journal of Biological Chemistry, 278, (18) 15983 - 15990,   2003年05月
  • Isonitrile hydratase from Pseudomonas putida N19-2: Cloning, sequencing, gene expression, and identification of its active amino acid residue, M. GODA, Y. HASHIMOTO, M. TAKASE, S. HERAI, Y. IWAHARA, H. HIGASHIBATA, and M. KOBAYASHI, Journal of Biological Chemistry, 277, (48) 45860 - 45865,   2002年11月
  • Effect of polyamines on histone-induced DNA compaction of hyperthermophilic archaea, H. HIGASHIBATA, S. FUJIWARA, S. EZAKI, M. TAKAGI, K. FUKUI, and T. IMANAKA, Journal of Bioscience and Bioengineering, 89, (1) 103 - 106,   2000年
  • Isolation of TBP-interacting protein (TIP) from a hyperthermophilic archaeon that inhibits the binding of TBP to TATA-DNA, T. MATSUDA, M. MORIKAWA, M. HARUKI, H. HIGASHIBATA, T. IMANAKA, and S. KANAYA, FEBS Letters, 457, (1) 38 - 42,   1999年08月
  • Analysis of DNA compaction profile and intracellular contents of archaeal histones from Pyrococcus kodakaraensis KOD1, H. HIGASHIBATA, S. FUJIWARA, M. TAKAGI, and T. IMANAKA, Biochemical Biophysical Research Communications, 258, (2) 416 - 424,   1999年05月

MISC

  • 大腸菌を宿主とした異種タンパク質高発現のイロハ, 東端 啓貴, 生物工学会誌, 91, (2) 96 - 100,   2013年02月
  • アーキアの核酸安定化戦略, 東端 啓貴, 極限環境微生物学会誌, 8, (2) 69 - 76,   2009年, 査読有り
  • DNA compaction properties of histones from hyperthermophilic archaea Thermococcus kodakaraensis KOD1., H. HIGASHIBATA, K. TSUCHIHARA, T. IMANAKA, AND S. FUJIWARA, Proceedings of International Symposium on Extremophiles and Their Applications 2005,   2007年03月
  • 超好熱菌の核酸安定化戦略, 東端 啓貴, 工業技術, 29,   2007年02月
  • 抗生物質の新しいターゲット酵素, 東端 啓貴, 生物工学会誌, 84, (4) 151 - 151,   2006年04月
  • 耐熱性酵素を利用したイソプレノイド化合物の合成, 東端 啓貴、藤原 伸介, バイオサイエンスとインダストリー, 64, (2) 96 - 97,   2006年02月
  • Rhodococcus工業生産菌のニトリル分解遺伝子群の解析と応用, 橋本 義輝、戸来 幸男、東端 啓貴、小林 達彦, 日本農芸化学会誌, 78, (11) 1073 - 1075,   2004年11月
  • DNAなの?テクノロジー -DNAが形をつくる-, 東端 啓貴, 生物工学会誌, 82, (6) 266 - 266,   2004年06月
  • 新規酵素イソニトリルヒドラターゼの発見, 合田 昌彦、東端 啓貴、橋本 義輝、小林 達彦, バイオサイエンスとインダストリー, 61, (7) 469 - 472,   2003年07月

書籍等出版物

  • 極限環境生命—生命の起源を考え,その多様性に学ぶ—
    伊藤政博、道久則之、鳴海一成、東端啓貴、為我井秀行、國枝武和、伊藤隆、佐藤孝子、中村聡
    共著第2章 好熱性微生物(p.13〜30)株式会社コロナ社  2014年11月
  • 実践 有用微生物培養のイロハ 試験管から工業スケールまで
    片倉啓雄、大政健史、長沼孝文、小野比佐好 監修(執筆者計24名)
    分担執筆第8章第4節(p.226〜234) 組換えタンパク質生産の戦略株式会社エヌ・ティー・エス  2014年06月
  • 生物工学よもやま話-実験の基本原理から応用まで-
    日本生物工学会編
    分担執筆第1部第6章(p.33-40)大腸菌を宿主とした異種タンパク質高発現のイロハ学進出版  2013年11月
  • 遺伝子工学の原理
    藤原伸介 編著、松田祐介・田中克典・東端啓貴・福田青郎・関由行 共著
    共著13-22, 50-59, 70-76, 155-160三共出版株式会社  2012年05月

講演・口頭発表等

  • The role of TrmBL2 protein on chromosome architecture and protection in Thermococcus kodakarensi, ○H. MARUYAMA, T. KUSHIDA, H. HIGASHIBATA, A. K. EFREMOV, J. YAN, H. ATOMI, K. TAKEYASU, Extremophiles2016, The 11th International Congress on Extremophiles,   2016年09月15日
  • Mutant frequency in DNA polymerase B disruptant of Thermococcus kodakarensis, ○T. KUSHIDA, I. NARUMI, S. ISHINO, Y. ISHINO, S. FUJIWARA, T. IMANAKA, H. HIGASHIBATA, Extremophiles2016, The 11th International Congress on Extremophiles,   2016年09月13日
  • Reverse gyrase mutants of Thermococcus kodakarensis, ○H. HIGASHIBATA, R. MATSUMI, J. N. REEVE, J. OBERTO, P. FORTERRE, Extremophiles2016, The 11th International Congress on Extremophiles,   2016年09月13日
  • Role of DNA polymerase B in maintenance of chromosomal DNA of Thermococcus kodakarensis in a high-temperature environment., ○T. KUSHIDA, I. NARUMI, S. ISHINO, Y. ISHINO, S. FUJIWARA, T. IMANAKA, H. HIGASHIBATA, Thermophiles2015, The 13th international conference on Thermophiles research,   2015年09月01日
  • Role of DNA polymerase B in maintenance of genomic DNA of hyperthermophilic archaeon Thermococcus kodakarensis., ○T. KUSHIDA, S. ISHINO, Y. ISHINO, S. FUJIWARA, T. IMANAKA, H. HIGASHIBATA, Extremophiles2014, The 10th international congress on Extremophiles,   2014年09月08日
  • DNA polymerase B from hyperthermophilic archaeon Thermococcus kodakarensis is not essential for cell viability., 東端啓貴、櫛田卓志、鳴海一成、石野園子、石野良純、藤原伸介、今中忠行, Thermophiles2013, The12th international conference on Thermophiles research,   2013年09月09日
  • 超好熱性アーキアThermococcus kodakarensis由来DNAポリメラーゼBのDNA修復における役割, ○東端啓貴、櫛田卓志、鳴海一成、今中忠行、藤原伸介, 日本遺伝学会第84回大会,   2012年09月24日, 招待有り
  • Characteristics of DNA polymerase B in hyperthermophilic archaeon Thermococcus kodakarensis, ○T. KUSHIDA, I. NARUMI, S. FUJIWARA, T. IMANAKA, H. HIGASHIBATA, The 5th Japan-China-Korea Graduate Student Forum,   2012年09月23日
  • Genetic analysis of the genes involved in archaeosine biosynthesis of hyperthermophilic archaeon Thermococcus kodakarensis, ○H. HIGASHIBATA, T. IMANAKA, Extremophiles2012 The 9th international congress on Extremophiles,   2012年09月13日
  • Analysis of the DNA polymerase B disruptant of hyperthermophilic archaeon Thermococcus kodakarensis, ○T. KUSHIDA, I. NARUMI, S. FUJIWARA, T. IMANAKA, H. HIGASHIBATA, Extremophiles2012 The 9th international congress on Extremophiles,   2012年09月13日
  • Disruption of genes involved in archaeosine biosynthesis in hyperthermophilic archaeon Thermococcus kodakarensis, ○H. HIGASHIBATA, T. IMANAKA, Thermophiles2011 The11th international conference on Thermophiles research,   2011年09月13日
  • Disruption of the gene encoding DNA polymerase B in hyperthermophilic archaeon Thermococcus kodakarensis, ○T. KUSHIDA, S. FUJIWARA, T. IMANAKA, and H. HIGASHIBATA, Thermophiles2011 The11th international conference on Thermophiles research,   2011年09月13日
  • Disruption of genes involved in archaeosine biosynthetic pathway in hyperthermophilic archaeon Thermococcus kodakarensis, ○H. HIGASHIBATA, T. IMANAKA, Pacifichem2010 2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies,   2010年12月18日
  • Archaeosine biosynthetic pathway in hyperthermophilic archaeon Thermococcus kodakaraensis, H. HIGASHIBATA, 7th International Symposium on Bioscience and Nanotechnology,   2009年11月20日, 招待有り
  • 超好熱性アーキアの核酸関連酵素の解析, ○東端啓貴、藤原伸介、白木賢太郎、今中忠行, 極限環境微生物学会第10回シンポジウム,   2009年06月09日, 招待有り
  • Methionine amino peptidase from hyperthermophilic archaeon Archaeoglobus fulgidus, ○H. HIGASHIBATA, Y. KOBAYASHI, A. KAMAMURA, T. FUJIMURA, H. MASEDA, Y. HASHIMOTO, M. KOBAYASHI, 5th International Symposium on Bioscience and Nanotechnology,   2007年12月04日
  • DNA compaction properties of histones from hyperthermophilic archaea Thermococcus kodakaraensis, H. HIGASHIBATA, International Seminor at University of California,   2007年08月08日, 招待有り
  • Temperature dependent expression of molecular chaperones from Thermococcus kodakaraensis, ○S. FUJIWARA, Y. AKI, A. DANNO, M. YOSHIDA, H. HIGASHIBATA, W. FUKUDA, T. TANAKA, AND T. IMANAKA, The 6th International Congress on Extremophiles,   2006年09月19日
  • Characterization of the DEAD-box RNA helicase from Hyperthermophilic Archaeon Thermococcus kodakaraensis  KOD1., ○W. FUKUDA, Y. AKADA, Y. SHIMADA, M. YOSHIDA, H. HIGASHIBATA, The 6th International Congress on Extremophiles,   2006年09月18日
  • DNA compaction properties of histones from hyperthermophilic archaea Thermococcus kodakaraensis KOD1., ○H. HIGASHIBATA, K. TSUCHIHARA, T. IMANAKA, AND S. FUJIWARA, International Symposium on Extremophiles and Their Applications,   2005年11月30日
  • Construction of the regulatory expression system for Streptomyces., ○S. HERAI, Y. HASHIMOTO, A. HIROISHI, H. KABUMOTO, H. HIGASHIBATA, AND M. KOBAYASHI, 13th International Symposium on the Biology of Actinomycetes,   2003年12月03日
  • Regulatory expression mechanisms of nitrile-degrading enzymes in the industrial Rhodococcus and their utilization in Streptomyces., H. HIGASHIBATA, S. HERAI, H. KABUMOTO, A. HIROISHI, Y. HASHIMOTO, AND ○M. KOBAYASHI, 13th International Symposium on the Biology of Actinomycetes,   2003年12月01日
  • Further metabolism of acid produced from nitrile in the industrial Pseudomonas chlororaphis B23, ○Y. HASHIMOTO, H. HOSAKA, K. OINUMA, H. HIGASHIBATA, M. KOBAYASHI, 11th European Congress on Biotechnology,   2003年08月25日
  • Exploring the catalytic mechanism for isonitrile hydratase by site-directed mutagenesis., ○M. GODA, Y. HASHIMOTO, M. TAKASE, H. HIGASHIBATA, M. KOBAYASHI, American Society for Microbiology, 103rd General Meeting,   2003年05月21日
  • Novel aldoxime dehydratase involved in carbon-nitrogen triple bond synthesis of the industrial Pseudomonas chlororaphis B23., ○K. OINUMA, Y. HASHIMOTO, K. KONISHI, M. GODA, H. HIGASHIBATA, M. KOBAYASHI, American Society for Microbiology, 103rd General Meeting,   2003年05月21日
  • A regulation mechanism of nitrilase expression in the industrial Rhodococcus and its utilization in Streptmyces., ○S. HERAI, Y. HASHIMOTO, H. HIGASHIBATA, M. KOBAYASHI, American Society for Microbiology, 103rd General Meeting,   2003年05月20日
  • The gene cluster involved in the nitrile-synthesis and degradation in the industrial Pseudomonas chlororaphis B23., ○Y. HASHIMOTO, H. HOSAKA, K. OINUMA, H. HIGASHIBATA, M. KOBAYASHI, American Society for Microbiology, 103rd General Meeting,   2003年05月20日
  • The Properties of Histones, HpkA and HpkB, from Hyperthermophilic Archaeon Pyrococcus kodakaraensis Strain KOD1, ○H. HIGASHIBATA, S. FUJIWARA, M. TAKAGI, T. IMANAKA, Thermophiles'98,   1998年09月10日

受賞

  •   2006年04月, 文部科学省, 平成18年度科学技術分野の文部科学大臣表彰 科学技術賞, 微生物の新規遺伝子発現系技術開発の研究
  •   2005年07月, フジサンケイビジネスアイ, 第19回独創性を拓く先端技術大賞 ”特別賞”, 工業的放線菌の誘導発現システムの開発

競争的資金

  • アーキアにおけるtRNA修飾システムの解明, 科学研究費補助金
  • アーキア特異的tRNA修飾システム(アーキオシン生合成経路)の解明, 科学研究費補助金

その他

  •   2017年, 平成29年度 東洋大学全学奨学生選考委員
  •   2017年, 平成29年度 東洋大学全学自己点検・評価活動推進委員
  •   2017年, 平成29年度 生命科学部 自己点検・評価活動推進委員会委員長
  •   2016年, 平成28年度 東洋大学全学自己点検・評価活動推進委員
  •   2016年, 平成28年度 生命科学部 自己点検・評価活動推進委員会委員長
  •   2013年, 平成25年度 東洋大学全学FD推進委員・全学FD委員
  •   2013年, 平成25年度 生命科学部・食環境科学部 FD委員会委員長
  •   2013年, 平成25年度 生命科学研究科 FD委員会委員長
  •   2012年, 平成24年度 生命科学部 教務・カリキュラム委員会委員長
  •   2011年, 平成23年度 生命科学部 教務・カリキュラム委員会委員長
  •   2011年, 平成23年度 東洋大学全学奨学生選考委員
  •   2010年, 平成22年度 東洋大学全学学生生活委員
  •   2010年, 平成22年度 生命科学部 研究推進委員会委員長
  •   2010年, 平成22年度 生命科学部 学生生活委員会委員長
  •   2009年, 平成21年度 東洋大学全学学生生活委員
  •   2009年, 平成21年度 生命科学部 研究推進委員会委員長
  •   2009年, 平成21年度 生命科学部 学生生活委員会委員長

教育活動情報

担当経験のある科目

  • 極限環境微生物学, 東洋大学 生命科学部
  • 生化学II, 東洋大学 生命科学部
  • 化学実験, 東洋大学 生命科学部
  • 無機化学, 東洋大学 生命科学部
  • 基礎生物化学工学, 東洋大学 生命科学部
  • 卒業論文, 東洋大学 生命科学部
  • 卒業研究, 東洋大学 生命科学部
  • 生命科学英語, 東洋大学 生命科学部
  • 生命科学英語I, 東洋大学 生命科学部
  • 生命科学英語II, 東洋大学 生命科学部
  • 生命科学輪講I, 東洋大学 生命科学部
  • 応用生物科学輪講I, 東洋大学 生命科学部
  • 応用生物科学輪講II, 東洋大学 生命科学部
  • 細胞生理学, 東洋大学 生命科学部
  • 環境科学, 東洋大学 生命科学部
  • 基礎生化学, 東洋大学 生命科学部
  • 生命科学輪講II, 東洋大学 生命科学部
  • 情報分子科学特論, 東洋大学大学院 生命科学研究科(博士前期課程)
  • 生命科学特別輪講I, 東洋大学大学院 生命科学研究科(博士前期課程)
  • 生命科学特別輪講II, 東洋大学大学院 生命科学研究科(博士前期課程)
  • 生命科学特別輪講III, 東洋大学大学院 生命科学研究科(博士前期課程)
  • 生命科学特別輪講IV, 東洋大学大学院 生命科学研究科(博士前期課程)
  • 生命科学特別研究I, 東洋大学大学院 生命科学研究科(博士前期課程)
  • 生命科学特別研究II, 東洋大学大学院 生命科学研究科(博士前期課程)
  • 生命科学特別研究III, 東洋大学大学院 生命科学研究科(博士前期課程)
  • 生命科学特別研究IV, 東洋大学大学院 生命科学研究科(博士前期課程)
  • 情報分子化学特論, 東洋大学大学院 生命科学研究科(博士前期課程)