詳細検索はこちら
※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

蒲生西谷 美香ガモウニシタニ ミカ

所属・担当
応用化学科
工業技術研究所
応用科学専攻
職名教授
メールアドレスmngamo[at]toyo.jp ※[at]を@に書き換えて送信して下さい
ホームページURLhttp://kaken.nii.ac.jp/d/r/00323270.ja.html
生年月日
Last Updated :2017/07/19

研究者基本情報

学歴

  • 1983年04月 - 1987年03月, 茨城大学, 工学部, 金属工学科

学位

  • 博士(工学), 九州大学

所属学協会

  • 米国材料科学会
  • 表面技術協会
  • 応用物理学会
  • 日本化学会
  • 炭素材料学会
  • 日本表面科学会

委員歴

  •   2015年04月 - 現在, 表面技術協会, 学術委員会副委員長
  •   2015年04月 - 現在, 表面技術協会, 理事
  •   2015年04月 - 現在, 文部科学省・科学技術・学術政策研究所, 専門調査員
  •   2014年04月 - 2015年03月, 文部科学省・科学技術・学術政策研究所, 専門調査員
  •   2013年02月 - 2014年02月, 表面技術協会, 代議員
  •   2010年 - 2012年, 応用物理学会, 評議員
  •   2010年 - 2012年, 表面技術協会, 理事

経歴

  •   1987年04月 - 1998年06月, 凸版印刷株式会社, 総合研究所, 研究員
  •   1998年07月 - 2000年05月, 科学技術振興事業団, 戦略的基礎研究「ダイヤモンド−有機分子」プロジェクト, 博士研究員
  •   2000年06月 - 2003年03月, 筑波大学, 先端学際領域研究センター, 文部科学教官講師
  •   2002年04月 - 2002年05月, Case Western Reserve University, Senior Research Associate
  •   2003年04月 - 2007年03月, 東洋大学, 工学部応用化学科, 助教授
  •   2007年04月 - 2010年03月, 東洋大学, 工学部応用化学科, 准教授
  •   2010年04月 - 現在, 東洋大学, 理工学部応用化学科, 教授

研究活動情報

研究分野

  • 材料化学, 無機工業材料

研究キーワード

    ダイヤモンド合成, 燃料電池触媒, 二次電池電極材料, 材料化学, 環境材料, ナノチューブ, ナノ材料, 先端機能デバイス

論文

  • 金属複合酸化物担持触媒を用いたCVD法による各種ナノ炭素繊維の合成, 辻野凱、太田拓、蒲生西谷美香、中川清晴、小田廣和, 炭素, 266, 2 - 6,   2015年01月
  • Interfacial nanostructure of the polymer electrolyte fuel cell catalyst layer constructed with different ionomer contents, K. BABA, K. IWASAWA, M. EGUCHI, Y. KOBAYASHI, M. KOBORI, M. NISHITANI-GAMO, AND T. ANDO, Jpn. J. of Appl. Phys., 52, 06GD0601 - 06GD0605,   2013年
  • Preparation of TiO2/Marimo carbon composite, K. IWASAWA, M. EGUCHI, K. MIYOSHI, S. UEDA, M. NISHITANI-GAMO, T. ANDO, Transactions of the Materials Research Society of Japan, 38, (4) 573 - 577,   2013年
  • Preparation of the Pt-Co bimetallic catalyst on the Marimo carbon for PEFC, M. EGUCHI, K. SATO, K. IWASAWA, M. NISHITANI-GAMO and T. ANDO, Transactions of the Materials Research Society of Japan, 38, (4) 549 - 553,   2013年
  • Interfacial Nanostructure of the Polymer Electrolyte Fuel Cell Catalyst Layer, M. EGUCHI, K. BABA, K. IWASAWA, M. NISHITANI-GAMO and T. ANDO, Transactions of the Materials Research Society of Japan, 38, (3) 349 - 352,   2013年
  • Influence of ionomer/carbon ratio on the performance of a polymer electrolyte fuel cell, M. EGUCHI, K. BABA, T. ONUMA, K. YOSHIDA, K. IWASAWA, Y. KOBAYASHI, K. UNO, K. KOMATSU, M. KOBORI, M. NISHITANI-GAMO, T. ANDO, Polymers, 4, 1645 - 1656,   2012年
  • Characterization of multi-walled carbon nanotube-supported Pt catalyst prepared by metal nanocolloidal solution for a polymer electrolyte fuel cell catalyst, M. EGUCHI, S. YAMAMOTO, M. KIKUCHI, K. UNO, Y. KOBAYASHI, M. NISHITAHI-GAMO, T. ANDO, HYOMEN GIJYUTU, 62, 179 - 183,   2011年
  • Nanocarbon synthesis using oxidized diamond-supported metal catalysts, K. NAKAGAWA, H. GAMO, M. NISHITAHI-GAMO, T. ANDO, H. ODA, ECS Transactions, 28, 33 - 42,   2010年
  • Preparation of catalyst for a polymer electrolyte fuel cell using a novel spherical carbon support, M. EGUCHI, A. OKUBO, S. YAMAMOTO, M. KIKUCHI, K. UNO, Y. KOBAYASHI, M. NISHITAHI-GAMO, T. ANDO, J. of Power Sources, 195, 5862 - 5867,   2010年
  • A Novel Spherical Carbon, K. NAKAGAWA, H. ODA, A. YAMASHITA, M. OKAMOTO, Y. SATO, H. GAMO, M. NISHITAHI-GAMO, K. OGAWA, and T. ANDO, Journal of Materials Science,, 44, 221 - 226,   2009年
  • CO2 Reformimg of CH4 over Co/Oxidized Diamond Catalyst, K. NAKAGAWA, M. KIKUCHI, M. NISHITANI-GAMO, H. ODA, H. GAMO, K. OGAWA, and T. ANDO, Energy & Fuels, 22, 3566 - 3570,   2008年
  • Field Emission Current Uniformity and Stability of the Well-Aligned Carbon Nanotubes Synthesized in Methanol, H. GAMO, M. KIKUCHI, T. SHIBASAKI, T. ANDO, and M. NISHITANI-GAMO, Jpn. J. Appl. Phys, 47, 6606 - 6609,   2008年
  • Ultrafine Patterning of Nanocrystalline Diamond Films Grown by Microwave Plasma-Assisted Chemical Vapor Deposition, H. GAMO, K. SHIMADA, M. NISHITANI-GAMO, and T. ANDO, Jpn. J. Appl. Phys., 46, 6267 - 6271,   2007年
  • Surface conductivity change by oxidation of the homoepitaxially diamond (100) surface, H. GAMO, K. IWASAKI, K. NAKAGAWA, T. ANDO, J. Phys., D: Appl. Phys., 61, 332 - 335,   2007年
  • Surface potential change by oxidation of the chemical vapor deposited diamond (001) surface, H. GAMO, M. NISHITANI-GAMO, K. NAKAGAWA, and T. ANDO, J. Phys., D: Appl. Phys., 61, 327 - 331,   2007年
  • Field Emission Characteristics of Well-Aligned Carbon Nanotubes Synthesized in Organic Liquids, H. GAMO, K. SHIBASAKI, K. NAKAGAWA, T. ANDO, Jpn. J. Appl. Phys., 46, 6339 - 6342,   2007年
  • Liquid-Phase Deposition of Aligned Carbon Nanotubes Using Cobalt Catalyst, M. NISHITANI-GAMO, T. SHIBASAKI, H. GAMO, K. NAKAGAWA, and T. ANDO, Jpn. J. Appl. Phys., 46, 6329 - 6342,   2007年
  • An artificial carbon nano-thorn synthesized by a plasma chemical vapour deposition, T. MITSUI, M. NISHITANI-GAMO, Y. F. ZHANG, K. NAKAGAWA, M. TAKEGUCHI, K. FURUYA, T. ANDO, G. KIDO, M. AONO, Journal of Physics D-Applied Physics, 39, 3337 - 3341,   2006年
  • A novel nano-carbon rapid growth method in liquid alcohol using radiofrequency induction heating, Y. SATO, T. MINAMI, Y. CHIKU, Y. TAKASAWA, M. NISHITANI-GAMO , H. ODA, K. OGAWA, K. NAKAGAWA, and T. ANDO, Crystal Growth & Design, 6, 2627 - 2629,   2006年
  • 高密度ナノ炭素繊維'マリモカーボン'の開発と実用性 (特集 高機能性繊維--先進技術を活用し新たな展開へ), 中川 清晴, 安藤 寿浩, 蒲生西谷 美香, 工業材料, 工業材料, 53, (9) 46 - 49,   2005年09月
  • マイクロ波プラズマCVDによるナノクリスタルダイヤモンド薄膜の作製とナノレベル微細加工 (第24回表面科学講演大会論文特集(3)), 蒲生 秀典, 蒲生西谷 美香, 福上 典仁, 表面科学, 表面科学, 26, (9) 542 - 546,   2005年09月
  • CVDダイヤモンド表面の酸化による仕事関数の変化 (第24回表面科学講演大会論文特集(3)), 蒲生 秀典, 蒲生西谷 美香, 中川 清晴, 表面科学, 表面科学, 26, (9) 547 - 552,   2005年09月
  • 固液界面接触蒸着法による有機液体中での炭素ナノ材料合成, 中川 清晴, 蒲生(西谷) 美香, 小川 一行, 安藤 寿浩, まてりあ : 日本金属学会会報, Materia Japan, 43, (3) 218 - 224,   2004年03月
  • アルコール中でのカーボンナノチューブの液相合成, 蒲生西谷 美香, 中川 清晴, 張 亜非, 太田 慶新, 蒲生 秀典, 安藤 寿造, 表面技術 = The Journal of the Surface Finishing Society of Japan, Journal of the Surface Finishing Society of Japan, 53, (12) 915 - 919,   2002年12月
  • カーボンナノチューブのプラズマ CVD 合成のおける硫化水素の添加効果, 三井 正, 関口 隆史, 蒲生(西谷) 美香, 張 亜非, 安藤 寿浩, 表面科学, Journal of the Surface Science Society of Japan, 23, (11) 720 - 725,   2002年11月
  • ダイヤモンド表面の化学と炭素系ナノマテリアルの合成, 蒲生西谷 美香, 中川 清晴, 鈴木 俊光, 安藤 寿浩, 触媒, 触媒, 44, (4) 246 - 252,   2002年06月
  • 気相成長によるダイヤモンド単結晶表面の調整, 蒲生西谷 美香, 高見 知秀, 中川 清晴, 竹内 貞雄, 安藤 寿浩, 表面技術 = The Journal of the Surface Finishing Society of Japan, Journal of the Surface Finishing Society of Japan, 52, (12) 827 - 832,   2001年12月
  • ダイヤモンド表面 : 無機結晶 ・ 有機分子の境界, 安藤 寿浩, 中川 清晴, 蒲生西谷 美香, 應用物理, 應用物理, 70, (12) 1447 - 1451,   2001年12月
  • 半導体ダイヤモンド電極の電解フッ素化溶中における陽極挙動, 沖野 不二雄, 柴田 寛丈, 川崎 晋司, 東原 秀和, 百田 邦尭, 蒲生西谷 美香, 坂口 勲, 安藤 寿浩, 炭素, Tanso, 185, 306 - 309,   1998年12月
  • 立方晶窒化ホウ素(cBN)単結晶の表面構造と水素処理, 蒲生(西谷) 美香, 坂口 勲, 羅 健平, ニュ-ダイヤモンド, ニュ-ダイヤモンド, 14, (4) 17 - 23,   1998年10月
  • ホモエピタキシャルダイヤモンド(111)薄膜のシリコン,水素混入の酸素添加による制御, 坂口 勲, 蒲生西谷 美香, 羅 健平, ニュ-ダイヤモンド, ニュ-ダイヤモンド, 14, (3) 13 - 15,   1998年07月
  • 振動分光法によるダイヤモンド表面での反応機構の解明, 安藤 寿浩, 相澤 俊, 蒲生西谷 美香, 坂口 勲, 羅 健平, 佐藤 洋一郎, 表面科学, Journal of the Surface Science Society of Japan, 18, (6) 332 - 341,   1997年06月

MISC

  • 表面技術に見る夢, 新井 進, 上田 幹人, 大貝 猛, 蒲生西谷 美香, 邑瀬 邦明, 八重 真治, 松原 浩, 表面技術 = The journal of the Surface Finishing Society of Japan, 61, (2) 95 - 107,   2010年02月01日
  • 第3回IUPAP国際会議 Women in Physics (ICWIP 2008) 報告, 蒲生 西谷 美香, 應用物理, 78,   2009年08月10日
  • この頃思うこと, 蒲生 西谷 美香, 表面科学 = Journal of The Surface Science Society of Japan, 29,   2008年07月10日

書籍等出版物

  • 新編基礎化学
    吉田 泰彦, 安藤 寿浩, 蒲生西谷 美香, 田島 正弘, 宮崎 芳雄, 矢尾板 仁, 好野 則夫, 金原 粲
    実教出版  2013年
  • メタン高度化学変換技術集成
    蒲生西谷 美香、中川清晴、安藤寿浩
    分担執筆第3章7節「原子レベルで制御された高純度ダイヤモンドのメタンからの合成」「ダイヤモンド触媒担体を用いたナノカーボン材料の合成」シーエムシー出版  2008年01月
  • ナノカーボンハンドブック
    蒲生西谷 美香、安藤寿浩
    分担執筆1編 カーボンナノチューブ 第2章16節「固液界面接分解触法によるCNTの高純度製造法」エヌティーエス  2007年
  • 専門基礎ライブラリー、基礎化学1、物質の構造と変化
    蒲生西谷 美香
    分担執筆第5章「無機化学と無機材料」実教出版  2006年04月

講演・口頭発表等

  • 水熱法を用いたリチウムイオン電池用Li4Ti5O12/マリモカーボン複合体の合成, 早乙女和宏,岩澤健太,蒲生西谷美香,安藤寿浩,江口美佳, 第41回炭素材料学会年会,   2014年12月08日
  • TiO2/Marimo carbon composite as an electrode material for lithium secondary batteries, K. Miyoshi, K. Iwasawa, K. Baba,H. Ota, M. Nishitani-Gamo, T. Ando, M. Eguchi, MNC2014,   2014年11月07日
  • 酸化ダイヤモンド担持Ni触媒へのCu添加がマリモカーボンの合成に及ぼす影響, 太田 拓, 白石 理沙, 白石, 美香, 中川 清晴, 安藤 寿浩, 蒲生西谷 美香, 表面技術協会第130回講演大会,   2014年09月23日
  • Characterization of LiCoO2 / Marimo carbon composite for lithium ion battery, KENTA IWASAWA, HIRAKU OTA, MIKKA NISHITANI-GAMO, TOSHIHIRO ANDO, MIKA EGUCHI, The 65th Annual Meeting of the International Society of Electrochemistry,   2014年09月02日
  • Corrosion of carbon supports for PEFC under current cycled conditions, KOKI BABA, HIRAKU OTA, MIKKA NISHITANI-GAMO, TOSHIHIRO ANDO, MIKA EGUCHI, The 65th Annual Meeting of the International Society of Electrochemistry,   2014年09月01日
  • Synthesis of the Marimo carbon by the decomposition of methane using oxidized diamond-supported Ni-Cu catalysts, H. OTA, K. ANDO, K. NAKAGAWA, T. ANDO, M. NISHITANI-GAMO, The 15th IUMRS-International Conference in Asia,   2014年08月26日
  • Durability of Marimo carbon catalyst support under current cycled operating conditions, KOKI BABA, HIRAKU OTA, MIKKA NISHITANI-GAMO, TOSHIHIRO ANDO, MIKA EGUCHI, The 15th IUMRS-International Conference in Asia,   2014年08月26日
  • Characterization of LiFePO4/Marimo carbon composite for lithium ion battery, KENTA IWASAWA, MIKKA NISHITANI-GAMO, TOSHIHIRO ANDO, MIKA EGUCHI, The 15th IUMRS-International Conference in Asia,   2014年08月26日
  • Preparation of the marimo carbon supported Pt-Pd bimetal catalyst, HIROYUKI GUNJI, KAZUMA FURUHASHI, HIRAKU OTA, MIKKA NISHITANI-GAMO, TOSHIHIRO ANDO, MIKA EGUCHI, The 15th IUMRS-International Conference in Asia,   2014年08月26日
  • ナノコロイド溶液法を用いたPt-Pd担持マリモカーボンの調製, 古橋 和磨,郡司 浩之,蒲生西谷 美香,安藤 寿浩,江口 美佳, 電気化学会第81回大会,   2014年03月29日
  • 酸化ダイヤモンド担持Ni触媒へのCo添加がマリモカーボンの合成に及ぼす影響, 太田 拓, 米津 翔太, 中川 清晴, 安藤 寿浩, 勝亦 徹, 蒲生西谷 美香, 第61回応用物理学会春季学術講演会,   2014年03月17日
  • 固液界面接触分解法による3C-SiC薄膜の合成, 小野 晴喜、太田 拓、米津 翔太、安藤寿浩、蒲生西谷美香, 第61回応用物理学会春季学術講演会,   2014年03月17日
  • 酸化ダイヤモンド担持Ni-Co触媒を用いたメタンの接触反応によるマリモカーボンの合成, 米津翔太、太田拓、中川清晴、安藤寿浩、蒲生西谷美香, 表面技術協会第129回講演大会,   2014年03月13日
  • 酸化ダイヤモンド担持Ni-Cu触媒を用いたメタンの接触反応によるマリモカーボンの合成, 安藤圭祐、太田拓、中川清晴、安藤寿浩、蒲生西谷美香, 表面技術協会第129回講演大会,   2014年03月13日
  • 酸化ダイヤモンド担持Co触媒を用いたマリモカーボンの成長過程, 太田 拓, 米津翔太, 安藤圭祐, 佐藤真把, 中川清晴, 安藤寿浩, 蒲生西谷美香, 表面技術協会第129回講演大会,   2014年03月13日
  • 酸化ダイヤモンド担持Ni触媒を用いたマリモカーボンの合成に及ぼすCoの添加効果, 太田 拓, 米津 翔太, 中川 清晴, 安藤 寿浩, 蒲生西谷 美香, 化学系学協会北海道支部2014年冬季研究発表会,   2014年01月28日
  • マリモカーボンの高次ナノ構造と表面構造がPEFC性能へ与える影響, 馬場恒生,江口美佳,蒲生西谷美香,安藤寿浩, 第23回日本MRS年次大会,   2013年12月09日
  • TiO2/マリモカーボン複合体を用いたリチウム二次電池特性, 岩澤健太,江口美佳,蒲生西谷美香,安藤寿浩, 第23回日本MRS年次大会,   2013年12月09日
  • LiFePO4/マリモカーボン複合体の合成, 鈴木雄也, 岩澤健太,江口美佳,蒲生西谷美香,太田拓,安藤寿浩, 第23回日本MRS年次大会,   2013年12月09日
  • ナノコロイド溶液法により調製したPt-M担持マリモカーボンの物性評価, 佐藤一央, 江口美佳,蒲生西谷美香,太田拓,安藤寿浩, 第23回日本MRS年次大会,   2013年12月09日
  • 固体高分子形燃料電池のためのPt-Pd担持マリモカーボンの調製, 郡司浩之,江口美佳,蒲生西谷美香,安藤寿浩, 第23回日本MRS年次大会,   2013年12月09日
  • A Novel Catalytic Synthesis Method of New Carbons in the Organic Liquids, 蒲生秀典、安藤寿浩、蒲生西谷 美香,   2013年12月04日, 招待有り
  • 球状炭素繊維材料を用いた燃料電池用触媒の開発, 馬場 恒生,江口 美佳,蒲生西谷 美香,安藤 寿浩,   2013年12月03日
  • 酸化ダイヤモンド担持Ni-Cu二元系触媒を用いたメタンの接触反応によるマリモカーボンの合成, 太田 拓, 安藤圭祐, 中川清晴, 安藤寿浩, 蒲生西谷美香, 第40回炭素材料学会年会,   2013年12月03日
  • マリモカーボンを担体とした燃料電池用Pt-Pd触媒の調製, 郡司浩之, 江口美佳, 蒲生西谷美香, 安藤寿浩, 電気学会東京支部茨城支所研究発表会,   2013年11月24日
  • TiO2/マリモカーボン複合体の充放電特性, 三好健太, 江口美佳, 蒲生西谷美香, 安藤寿浩, 電気学会東京支部茨城支所研究発表会,   2013年11月24日
  • リチウムイオン電池正極材料として用いるLiFePO4/マリモカーボン複合体の合成, 鈴木雄也,江口美佳,蒲生西谷美香,安藤寿浩, 電気学会東京支部茨城支所研究発表会,   2013年11月24日
  • 触媒担体としてマリモカーボンを用いたPtRu二元系触媒の調製, 延原諒,江口美佳,蒲生西谷美香,安藤寿浩, 電気学会東京支部茨城支所研究発表会,   2013年11月24日
  • マリモカーボンを担体とした固体高分子形燃料電池用Pt-M二元系金属触媒の開発, 佐藤一央,江口美佳,蒲生西谷美香,安藤寿浩, 電気学会東京支部茨城支所研究発表会,   2013年11月24日
  • リチウム二次電池導電剤としての球状炭素材料, 三好健太, 岩澤健太, 江口美佳, 蒲生西谷美香, 安藤寿浩, 第24回 日本化学会関東支部茨城地区研究交流会,   2013年11月15日
  • マリモカーボンとLiFePO4を用いたリチウムイオン電池正極用複合材料の合成および評価, 鈴木雄也,岩澤健太,江口美佳,蒲生西谷美香,安藤寿浩蒲生西谷 美香, 第24回 日本化学会関東支部茨城地区研究交流会,   2013年11月15日
  • 燃料電池触媒としてのPt-Pd担持マリモカーボンの調製, 古橋和磨,郡司浩之,江口美佳,蒲生西谷美香,安藤寿浩, 第24回 日本化学会関東支部茨城地区研究交流会,   2013年11月15日
  • 酸化ダイヤモンド担持Co触媒を用いたメタンの接触反応により合成したマリモカーボンの微細構造, 太田 拓, 米津翔太, 佐藤真把, 中川清晴, 安藤寿浩, 蒲生西谷美香, 第24回日本化学会関東支部茨城地区研究交流会,   2013年11月15日
  • Electrochemical properties of TiO2/Marimo carbon composite as an electrode material for lithium-ion batteries, K. IWASAWA, K. MIYOSHI, M. EGUCHI, M. NISHITANI-GAMO, T. ANDO, MNC2013,   2013年11月08日
  • リチウムイオン電池電極材料としてのTiO2/マリモカーボン複合, 三好健太,江口美佳,蒲生西谷美香,安藤寿浩, 第3回CSJ化学フェスタ2013,   2013年10月23日
  • 液相反応を利用したLiFePO4/マリモカーボン複合体の合成, 鈴木雄也,江口美佳,蒲生西谷美香,安藤寿浩, 第3回CSJ化学フェスタ2013,   2013年10月23日
  • マリモカーボンを用いたPEFC用PtRu合金触媒の調製, 延原諒,江口美佳,蒲生西谷美香,安藤寿浩, 第3回CSJ化学フェスタ2013,   2013年10月23日
  • 酸化ダイヤモンド担持Ni二元系触媒を用いたメタンの接触反応によるマリモカーボンの合成, 太田 拓, 中川清晴, 安藤寿浩, 蒲生西谷美香, 第3回CSJ化学フェスタ2013,   2013年10月23日
  • 球状炭素繊維材料を用いたPEFCの触媒層構造と発電特性, 馬場恒生,江口美佳,蒲生西谷美香,安藤寿浩, 第54回電池討論会,   2013年10月08日
  • 導電剤としてマリモカーボンを用いたTiO2/炭素複合体, 三好健太,岩澤健太,江口美佳,蒲生西谷美香,安藤寿浩, 第54回電池討論会,   2013年10月08日
  • PEFC用Pt/マリモカーボン触媒のMEAへの応用とその発電特性, 馬場恒生,江口美佳,蒲生西谷美香,安藤寿浩, ,2013年電気化学秋季大会,   2013年09月27日
  • 担体カーボンの表面構造による燃料電池用Pt触媒活性への影響, 馬場恒生,江口美佳,蒲生西谷美香,安藤寿浩, 表面技術協会第128回講演大会,   2013年09月24日
  • Co触媒を用いたメタンの接触反応によるダイヤモンド-繊維状ナノ炭素複合体の合成, 太田 拓, 米津翔太, 佐藤真把, 中川清晴, 安藤寿浩, 蒲生西谷美香, 表面技術協会第128回講演大会,   2013年09月24日
  • フリーズドライ法を併用した含浸法による酸化ダイヤモンド担持Ni触媒の調製, 太田 拓, 高橋亮介, 岩井義裕, 安藤寿浩, 蒲生西谷美香, 表面技術協会第128回講演大会,   2013年09月24日
  • 酸化ダイヤモンド担持Co触媒を用いたメタンの接触反応によるマリモカーボンの合成, 太田 拓, 高橋亮介, 岩井義裕, 安藤寿浩, 蒲生西谷美香, 第74回応用物理学会秋季学術講演会,   2013年09月16日
  • 溶液法を用いたTiO2/マリモカーボン複合体の合成, 三好健太,岩澤健太,江口美佳,太田拓,蒲生西谷美香,安藤寿浩, ナノファイバー学会第4回年次大会,   2013年07月05日
  • 水熱反応を用いたLiFePO4/マリモカーボン複合体の合成, 鈴木雄也,岩澤健太,江口美佳,太田拓,蒲生西谷美香,安藤寿浩, ナノファイバー学会第4回年次大会,   2013年07月05日
  • ナノコロイド溶液法を用いたPtRu担持マリモカーボンの調製, 延原諒,佐藤一央,江口美佳,太田拓,蒲生西谷美香,安藤寿浩, ナノファイバー学会第4回年次大会,   2013年07月05日
  • 燃料電池触媒として用いる繊維状炭素材料の二次構造が発電性能に与える影響, 馬場恒生,江口美佳,太田拓,蒲生西谷美香,安藤寿浩, ナノファイバー学会第4回年次大会,   2013年07月05日
  • 酸化ダイヤモンド担持Co触媒を用いたCH4接触反応によるマリモカーボンの合成, 太田 拓, 中川清晴, 安藤寿浩, 蒲生西谷美香, ナノファイバー学会第4回年次大会,   2013年07月05日
  • Development of the PEFC electrode using a novel carbon nanomaterial, KOKI BABA, MIKA EGUCHI, YOSHIO KOBAYASHI, MAYA KOBORI, MIKKA NISHITANI-GAMO, TOSHIHIRO ANDO, The 19th International Conference on Solid State Ionics,   2013年06月03日
  • Hydrothermal synthesis of TiO2/Marimo carbon composite, KENTA IWASAWA, KENTA MIYOSHI, SATORU UEDA, MIKA EGUCHI, MIKKA NISHITANI-GAMO, HIRAKU OHTA, TOSHIHIRO ANDO, The 19th International Conference on Solid State Ionics,   2013年06月03日
  • Hydrothermal synthesis of LiFePO4/Marimo carbon composite, KENTA IWASAWA, YUYA SUZUKI, SATORU UEDA, MIKA EGUCHI, MIKKA NISHITANI-GAMO, HIRAKU OHTA, TOSHIHIRO ANDO, The 19th International Conference on Solid State Ionics,   2013年06月03日
  • Characterization of Marimo carbon supported PtCo catalyst by the nanocolloidal solution method, KAZUHISA SATO, MIKA EGUCHI, MIKKA NISHITANI-GAMO, TOSHIHIRO ANDO, The 19th International Conference on Solid State Ionics,   2013年06月03日
  • A Novel Catalytic Synthesis Method of Carbon Nanomaterials in the Organic Liquids, 蒲生秀典、安藤寿浩、蒲生西谷 美香,   2013年05月13日
  • 酸化ダイヤモンド担持Ni触媒を用いたCH4接触反応によるマリモカーボン合成初期過程の観察, 小堀まや、太田拓、中川清晴、安藤寿浩、蒲生西谷美香, 表面技術協会第128回講演大会,   2013年03月18日
  • 酸化ダイヤモンド担持Co-Ni触媒を用いたCH4接触反応によるマリモカーボンの合成, 太田拓、小堀まや、中川清晴、安藤寿浩、蒲生西谷美香, 表面技術協会第128回講演大会,   2013年03月18日
  • TiO2-マリモカーボン複合体の合成, 岩澤健太、三好健太、上田悟、江口美佳、小堀まや、蒲生西谷美香、安藤寿浩, 第23回日本化学会関東支部茨城地区研究交流会,   2012年11月30日
  • ナノコロイド溶液法によるPtCo二元系触媒の調製, 佐藤一央、小堀まや、岩澤健太、江口美佳、小林芳男、蒲生西谷美香、安藤寿浩, 第23回日本化学会関東支部茨城地区研究交流会,   2012年11月30日
  • 固体高分子形燃料電池の触媒担体としてのマリモカーボン, 馬場恒生、江口美香、小林芳男、小堀まや、蒲生西谷美香、安藤寿浩, 第23回日本化学会関東支部茨城地区研究交流会,   2012年11月30日
  • 酸化ダイヤモンド担持Ni触媒を用いたマリモカーボン合成-成長初期過程の合成温度依存性, 小堀まや、小松慧士郎、太田拓、平田智成、中川清晴、安藤寿浩、蒲生西谷美香, 第39回炭素材料学会年会,   2012年11月28日
  • Characterization of TiO2/carbon composite nanostructure for Lithium ion battery, K. IWASAWA, K. MIYOSHI, S. UEDA, M. EGUCHI, Y. KOBAYASHI, M. KOBORI, M. NISHITANI-GAMO, T. ANDO, 25th International Microprocesses and Nanotechnology Conference,   2012年10月30日
  • Interfacial nanostructure of the polymer electrolyte fuel cell catalyst layer constructed with different Ionomer contents, K. BABA, T. ONUMA, K. IWASAWA, M. EGUCHI, Y. KOBAYASHI, K. KOMATSU, M. KOBORI, M. NISHITANI-GAMO, T. ANDO, 25th International Microprocesses and Nanotechnology Conference,   2012年10月30日
  • Nanostructure of PtCo bimetal particles for PEFC, K. SATO, T. ONUMA, K. IWASAWA, M. EGUCHI, Y. KOBAYASHI, K. KOMATSU, M. KOBORI, M. NISHITANI-GAMO, T. ANDO, 25th International Microprocesses and Nanotechnology Conference,   2012年10月30日
  • TiO2/Marimo carbon composite as a New Material fornLithium Ion Battery, K. IWASAWA, S. UEDA, M. EGUCHI, Y. KOBAYASHI, M. KOBORI, M. NISHITANI-GAMO, T. ANDO,, PRiME 2012,   2012年10月07日
  • The effect of the Relationship between Ionomer and Carbon in the PEFC Catalyst Layer, K. BABA, T. ONUMA, I. IWASAWA, M. EGUCHI, Y. KOBAYASHI, K. KOMATSU, M. KOBORI, M. NISHITANI-GAMO, T. ANDO, PRiME 2012,   2012年10月07日
  • Preparation of Marimo Carbon Supported PtCo Bimetal Catalyst by the Nanocolloidal Solution Method, K SATO, T. ONUMA, K. KOMATSU, M. KOBORI, I. IWASAWA, M. EGUCHI, Y. KOBAYASHI, M. NISHITANI-GAMO, T. ANDO, PRiME 2012,   2012年10月07日
  • Preparation of TiO2/Marimo carbon composite, K. IWASAWA, M. ISHIHARA, S. UEDA, M. EGUCHI, Y. KOBAYASHI, M. KOBORI, M. NISHITANI-GAMO, T. ANDO, UMRS-International Conference on Electronic Materials 2012,   2012年09月23日
  • Characterization of Marimo carbon supported PtCo nano bimetal catalyst for PEFC, K. SATO, T. ONUMA, K. KOMATSU, M. KOBORI, K. IWASAWA, M. EGUCHI, Y. KOBAYASHI, M. NISHITANI-GAMO, T. ANDO, UMRS-International Conference on Electronic Materials 2012,   2012年09月23日
  • The Marimo carbon as a polymer electrolyte fuel cell catalyst support, 蒲生西谷 美香, UMRS-International Conference on Electronic Materials 2012,   2012年09月23日
  • 気相からのダイヤモンド薄膜の化学合成, 蒲生西谷 美香, 黒鉛化合物研究会,   2012年09月21日
  • PEFC触媒層内におけるマリモカーボンとイオノマーの関係, 大沼孟光、小松慧士郎、江口美佳、小林芳男、鵜野克宏、蒲生西谷美香、安藤寿浩, 電気化学会第79回大会,   2012年03月29日
  • ナノコロイド溶液法を用いたPtCo担持マリモカーボンの調製, 佐藤一央、大沼孟光、小松慧士郎、小堀まや、岩澤謙太、江口美佳、小林芳男、蒲生西谷美香、安藤寿浩, 電気化学会第79回大会,   2012年03月29日
  • 新規触媒担体としての“マリモカーボン”の合成, 小松慧士郎、小堀まや、中川清晴、蒲生秀典、大沼孟光、江口美佳、安藤寿浩、蒲生西谷美香, 表面技術協会第125回講演大会,   2012年03月13日
  • ダイヤモンド担持Ni触媒を用いたマリモカーボン生成反応の活性化エネルギー, 小堀まや、小松慧士郎、中川清晴、蒲生秀典、安藤寿浩、蒲生西谷美香, 表面技術協会第125回講演大会,   2012年03月13日
  • マリモカーボンを触媒担体としたNafion形態の異なる固体高分子形燃料電池特性, 大沼孟光、小松慧士郎、江口美佳、小林芳男、鵜野克宏、蒲生西谷美香、安藤寿浩, 表面技術協会第125回講演大会,   2012年03月13日
  • A Structural Investigation of Carbon Nanofilaments in the Marimo Carbon Formation by the Methane Decomposition with Oxidized Diamond-Supported Nickel Catalysts, 24. K. KOMATSU, K. NAKAGAWA, H. GAMO, M. EGUCHI, T. ANDO, M. NISHITANI-GAMO, MNC2011,   2011年10月24日
  • Preparation of Catalyst for Polymer Electrolyte Fuel Cell Using a Marimo Carbon Support, M. EGUCHI, T. ONUMA, K. YOSHIDA, K. KOMATSU, Y. KOBAYASHI, K. UNO, M. NISHITANI-GAMO, T. ANDO, International Conference on Solid State Ionics (SSI),   2011年07月03日
  • The effect of sulfur on the structure of carbon nanomaterials synthesized by liquid-phase deposition method, C. ARAI, H. GAMO, T. SHIBASAKI, T. ANDO, M. NISHITANI-GAMO, TJJCS10,   2010年03月18日
  • Screen-printed patterning of diamond-carbon nanofilaments composite, S. KANEKO, K KOMATSU, H. GAMO, K. NAKAGAWA, T. ANDO, M. NISHITANI-GAMO, TJJCS10,   2010年03月18日
  • スクリーン印刷法によりパターン化したマリモカーボンの電界放出特性, 青木聡亮, 蒲生秀典, 中川清晴, 安藤寿浩, 蒲生西谷美香, 表面科学学術講演会講演要旨集,   2009年10月27日
  • 液相合成ナノ炭素材料のモルフォロジーと電界電子放出特性の関係, 新井千晴, 蒲生秀典, 柴崎健, 安藤寿浩, 蒲生西谷美香, 表面科学学術講演会講演要旨集,   2009年10月27日
  • パターン化した酸化ダイヤモンド―繊維状ナノ炭素複合体の電気特性評価, 青木聡亮, 蒲生秀典, 中川清晴, 安藤寿浩, 友景肇, 蒲生西谷美香, 表面技術協会講演大会講演要旨集,   2009年09月07日
  • 液相法によるナノ炭素生成に及ぼす硫黄の効果, 新井千晴, 蒲生秀典, 中川清晴, 安藤寿浩, 蒲生西谷美香, 表面技術協会講演大会講演要旨集,   2009年09月07日
  • 高分解能電子顕微鏡によるダイヤモンド―繊維状ナノ炭素複合体接合界面の微細構造観察, 菊地真由子, 中川清晴, 蒲生秀典, 安藤寿浩, 蒲生西谷美香, 表面科学講演大会講演要旨集,   2007年11月01日
  • 固液界面接触分解法によるコバルト触媒を用いた炭素ナノ材料の合成, 柴崎健, 蒲生西谷美香, 蒲生秀典, 中川清晴, 安藤寿浩, 炭素材料学会年会要旨集,   2005年12月07日
  • 固液界面接触分解法によるカーボンナノフィラメントの高速合成, 中川清晴, 蒲生西谷美香, 小田広和, 安藤寿浩, 炭素材料学会年会要旨集,   2005年12月07日
  • 29pZP-7 ゼオライトを用いたカーボンナノチューブのアルコール液相合成法及びラマン散乱、SEMによるキャラクタリゼーション(ナノチューブ(伝導特性・磁性))(領域7), 阿部 浩之, 和田 昇, 蒲生西谷 美香, 中川 清晴, 安藤 寿浩, 日本物理学会講演概要集,   2004年03月03日
  • 27pPSA-7 ダイヤモンド表面導電層のナノ加工(領域9ポスターセッション)(領域9), 品川 秀行, 木戸 義勇, 高増 正, 蒲生(西谷) 美香, 安藤 寿浩, 日本物理学会講演概要集,   2004年03月03日
  • 硫化水素がカーボンナノチューブのプラズマCVD合成に与える影響, 三井正, 関口隆史, 蒲生西谷美香, ZHANG Y F, 安藤寿浩, 応用物理学関係連合講演会講演予稿集,   2002年03月27日
  • 25pZ-10 CVD法で作製したダイヤモンド薄膜成長のAFM、RHEDD観察, 高見 知秀, 峰 哲朗, 楠 勲, 蒲生・西谷 美香, 安藤 寿浩, 日本物理学会講演概要集,   1999年09月03日
  • 2a-YF-5 CVD法で作製したダイヤモンド薄膜のAFM,RHEED観察, 高見 知秀, 鈴木 克徳, 峰 哲朗, 石塚 真治, 猪狩 佳幸, 楠 勲, 蒲生西谷 美香, 安藤 寿浩, 日本物理学会講演概要集,   1998年03月10日

特許

  • ナノ炭素材料複合基体及びその製造方法, 蒲生 美香、他, 特許5476883
  • ナノカーボンエミッタ及びその製造方法並びにそれを用いた面発光素子, 蒲生 美香、他, 特許5476751
  • ナノ炭素材料複合体の製造方法及びナノ炭素材料複合体を用いた電子放出素子, 蒲生 美香、他, 特許5418874
  • カーボンナノチューブ、これを備えた基板及び電子放出素子、カーボンナノチューブ合成用基板、及びそれらの製造方法並びに製造装置, 蒲生 美香、他, 特許8557213
  • ナノ炭素材料複合体の製造方法, 蒲生 美香、他, 特許5376197
  • カーボンナノチューブの合成方法及び合成装置, 蒲生 美香、他, 特許5344210
  • ナノ炭素材料複合体, 蒲生 美香、他, 特許5321880
  • カーボン膜の製造方法, 蒲生 美香、他, 特許5321881
  • らせん状ナノ炭素材料複合体用いた電子デバイス, 蒲生 美香、他, 特許5283030
  • コイン積層状ナノ炭素材料複合体及びその製造方法並びにそれを用いた電子デバイス, 蒲生美香、他, 特許5283031
  • ナノ炭素材料複合体ペーストおよびそれを用いたパターン形成方法, 蒲生 美香、他, 特許5245087
  • カーボンナノチューブの合成方法及びその合成装置, 蒲生美香、他, 特許5245072
  • リチウム電池用電極活物質, 蒲生 美香、他, 特願2013-054384
  • マリモカーボンおよびその製造方法, 蒲生 美香、他, 特願2011-186146, 特開2013-047160

受賞

  •   2013年12月, 炭素材料学会, ポスター賞, 酸化ダイヤモンド担持Ni-Cu二元系触媒を用いたメタンの接触反応によるマリモカーボンの合成
  •   2013年03月, 田中貴金属グループ, MMS賞, 有機液体中でのダイヤモンドヘテロエピタキシーに関する研究
  •   2012年03月, 田中貴金属グループ, MMS賞, 革新的触媒担体としてのまりもカーボンの化学合成と、その燃料電池電極触媒層への応用に関する研究
  •   2011年11月, 日本化学会関東支部, 奨励賞, ダイヤモンド担持遷移金属触媒を用いたマリモカーボン生成反応の活性化エネルギー
  •   2011年11月, 日本化学会関東支部, 優秀賞, PEFC用新規電極触媒担体“マリモカーボン”の合成
  •   2008年06月, The Korean Institute of Surface Engineering, 講演賞, Catalytic synthesis of fibrous carbon nanomaterials in organic liquids
  •   2004年02月, (一社)表面技術協会, 論文賞, アルコール中でのカーボンナノチューブの液相合成

競争的資金

  • 有機液体中でのダイヤモンドヘテロエピタキシーとその成長機構の解明, 文部科学省, 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
  • 液相中でのカーボンナノチューブの高速合成に関する研究, 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(B)), 本研究テーマは、我々のグループが開発した「固液界面接触分解法」により、様々な高機能ナノ材料の高速合成を目指すものである。本法は、高温に熱せられた触媒と、原料となる有機液体との接触反応による炭素析出を材料合成の基本とする。反応場である固液界面は、化学ポテンシャルの急峻な変化による非平衡場であり、さまざまな構造・機能を有する炭素材料合成実現の可能性を秘めている。本法を確立し、任意の構造制御が可能な合成法を確立するため、生成物の合成条件(具体的には触媒金属の種類及び状態、接触反応温度、有機液体の種類等)依存性の把握を目的に研究を進めてきた。加えて、これら合成パラメータ設定の再現性を向上させるため、合成装置の最適化も行った。その結果、次のことが明らかになった。(1)接触反応温度は、生成物の形態(粒子状、繊維状、膜状)を大きく左右する。繊維状生成物は、反応温度600度で得られる。(2)触媒担持量は、微細構造(直径やグラフェンシート積層枚数等)と成長速度に影響を及ぼす。(3)合成過程に600度と900度を共存させ、合成時間に占める900度保持時間を長く取ることにより、結晶性に優れたカーボンナノチューブを合成できる。(4)触媒の酸化処理により、酸化状態に多様性を持たせた場合に、カーボンナノチューブ発生密度が高く、基板への垂直配向性に優れたカーボンナノチューブが合成可能である。(5)わずか5分程度の合成時間で10ミクロン程度の長さを持つカーボンナノチューブが合成可能である。以上、本研究により、任意の構造を有するカーボンナノチューブを制御性良く、高速合成可能な技術の確立に目途をつけることができた意義は大きい。このように、結晶性及び配向性を制御して合成したカーボンナノチューブについて、電界電子放出特性の測定を試みることで、電子放出開始電圧値及び放出電流の経時安定性に大きく影響する因子は結晶性であることを実験的に明らかにした。

教育活動情報

担当経験のある科目

  • 化学結合論, 東洋大学
  • 物理化学, 東洋大学
  • 分析化学, 東洋大学
  • 無機化学, 東洋大学
  • 無機化学実験, 東洋大学
  • 無機材料化学, 東洋大学
  • 固体化学, 東洋大学