詳細検索はこちら
※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

田村 善昭タムラ ヨシアキ

所属・担当
総合情報学科
計算力学研究センター
総合情報学専攻
職名教授
メールアドレス
ホームページURL
生年月日
Last Updated :2017/11/23

研究者基本情報

学位

  • 博士(工学), 東京大学
  • 工学修士, 東京大学

所属学協会

  • American Society for Mechanical Engineers
  • アメリカ機械学会
  • 日本機械学会
  • 日本航空宇宙学会
  • 可視化情報学会
  • 日本流体力学会
  • アメリカ航空宇宙学会

経歴

  •   2008年04月 - 現在, 東洋大学,教授
  •   2001年04月 - 2008年03月, 東洋大学,助教授
  •   1989年 - 1996年, 宇宙科学研究所,助手
  •   1996年 - 2001年, 東京大学,助教授

研究活動情報

研究分野

  • 機械工学, 流体工学

研究キーワード

    数値流体力学, 可視化, 流体力学

論文

  • High Accurate Analysis by Experiment and Simulation Using Bayesian Inference for Corrugated Cardboard, Masahiko Shimamura, Yoshitaka Ezawa, Yoshiaki Tamura, Satoru Takashimizu, Daisuke Satou, Mechanical Engineering Journal, 3, (4) ,   2016年08月
  • Visualizations of Bubble Motions and Temperature Rises by Focused Ultrasound, TAMURA Yoshiaki, TSURUMI Nobuo, MATSUMOTO Yoichiro, Procedia Engineering, 90, 5 - 10,   2014年12月
  • 音波伝播の式を用いた気泡を含む液体中を伝播する集束超音波の数値解析, 鶴見伸夫,田村善昭,松本洋一郎, 日本機械学会論文集B編, 78, (796) 2096 - 2112,   2012年12月
  • (9)気泡流モデルキャビテーション流れ解析による遠心ポンプ内のキャビテーション強さおよびエロージョン発生領域の予測(論文,日本機械学会賞〔2010年度(平成22年度)審査経過報告〕), 深谷 征史, 田村 善昭, 松本 洋一郎, 日本機械学會誌, 日本機械学會誌, 114, (1110) ,   2011年05月05日
  • 気泡流モデルキャビテーション流れ解析による遠心ポンプ内のキャビテーション強さおよびエロージョン発生領域の予測(流体工学,流体機械), 深谷 征史, 田村 善昭, 松本 洋一郎, 日本機械学會論文集. B編, 日本機械学會論文集. B編, 74, (746) 2116 - 2123,   2008年10月25日
  • Improvement of noise filtering and image registration methods for the Pressure Sensitive Paint experiments., Nobuyoshi Fujimatsu,Yoshiaki Tamura,Kozo Fujii, J. Visualization, 8, (3) 225 - 233,   2005年
  • 気泡モデルを用いた数値解析による軸流ポンプの吸込比速度予測, 深谷 征史, 田村 善昭, 松本 洋一郎, ターボ機械, ターボ機械, 30, (10) 595 - 602,   2002年10月10日
  • 感圧塗料のための画像処理に関する一考察, 藤松 信義, 田村 善昭, 藤井 孝藏, 可視化情報学会誌 = Journal of the Visualization Society of Japan, 可視化情報学会誌 = Journal of the Visualization Society of Japan, 22, 347 - 350,   2002年07月01日
  • 振動触覚グローブを用いた流れ場表現 (<特集>ヒューマンインタフェースとインタラクション), 矢野 博明, 廣瀬 通孝, 小木 哲朗, 田村 善昭, 情報処理学会論文誌, 情報処理学会論文誌, 40, (2) 414 - 421,   1999年02月15日
  • 超音速内部流路における衝撃波干渉を伴うキャビティ流れ, 坂本 和之, 藤井 孝藏, 田村 善昭, 松永 康二, 日本機械学會論文集. B編, 日本機械学會論文集. B編, 63, (610) 1902 - 1907,   1997年06月25日
  • 超音速内部流路における三次元キャビティ流れの数値解析, 坂本 和之, 藤井 孝藏, 田村 善昭, 松永 康二, 日本機械学會論文集. B編, 日本機械学會論文集. B編, 63, (606) 491 - 496,   1997年02月25日
  • 超音速内部流路におけるキャビティまわりの流れ特性, 坂本 和之, 藤井 孝蔵, 田村 善昭, 松永 康二, 日本機械学會論文集. B編, 日本機械学會論文集. B編, 62, (595) 858 - 863,   1996年03月25日
  • Capability of current supercomputers for the computational fluid dynamics., Kozo Fujii,Yoshiaki Tamura, Proceedings Supercomputing '89, Reno, NV, USA, November 12-17, 1989, 71 - 80,   1989年

MISC

  • 強力超音波 気泡を含む水中における集束超音波の数値解析 : 超音波治療への応用を目指して, 田村 善昭, 鶴見 伸夫, 超音波techno, 24, (4) 46 - 51,   2012年07月
  • Numerical Simulation of Focused Ultrasound Wave Propagation in Bubbly Fluid Using Equation of Sound Wave, 鶴見 伸夫, 田村 善昭, 松本 洋一郎, 日本機械学会論文集B編, 78, (796) 2096 - 2112,   2012年, Numerical simulation method of High Intensity Focused Ultrasound (HIFU) propagation in bubbly fluid (microbubbles in liquid) is proposed for observing the ultrasound wave propagation, the bubble motion at focal area and the ultrasound power at the focal point in this paper. The governing equations are the acoustic wave equation derived from the equation of fluid and the Keller equation (bubble volume motion equation). These equations are discretized by the finite difference method. Additionally, the linear dispersion relation is derived from governing equations. First, the present method is validated on grid convergence and compared with experiment and theory. Second, HIFU in bubbly fluid is simulated for various initial void fraction and bubble radius to observe the difference of pressure field and difference of bubble motion.
  • 第37回可視化情報シンポジウム報告, 鈴木 康方, 田村 善昭, 可視化情報学会誌 = Journal of the Visualization Society of Japan, 29, (115) 279 - 280,   2009年10月01日
  • 3・3 計算熱流体力学(3.計算力学,<特集>機械工学年鑑), 田村 善昭, 日本機械学會誌, 112,   2009年08月05日
  • CFD解析のコツ : 問題、原因と対策, 田村 善昭, ターボ機械 = Turbomachinery, 32, (5) 257 - 262,   2004年05月10日
  • 没入型1面VR装置による可視化, 田村 善昭, 計算工学, 8, (3) 744 - 747,   2003年07月30日
  • スーパーコンピュータとVR : ゲストエディタ巻頭言, 松本 洋一郎, 田村 善昭, 日本バーチャルリアリティ学会誌 = Journal of the Virtual Reality Society of Japan, 6, (3) 170 - 171,   2001年12月25日
  • スーパーコンピュータでのVRの利用, 田村 善昭, 日本バーチャルリアリティ学会誌 = Journal of the Virtual Reality Society of Japan, 6, (3) 172 - 176,   2001年12月25日
  • 東京大学インテリジェント・モデリング・ラボラトリー, 田村 善昭, 小木 哲朗, 川上 直樹, 日本ロボット学会誌, 19, (2) 8 - 14,   2001年03月15日
  • キャビテーション流れ解析, 田村 善昭, 松本 洋一郎, ターボ機械, 28, (12) 705 - 710,   2000年12月10日
  • バーチャルリアリティ技術を利用したビジュアル・コンピューティング, 田村 善昭, 豊田研究報告,   2000年05月
  • サイエンティフィック・ビジュアライゼーションのための人工現実感技術(<特集>)人工現実感 : 現実と仮想の壁を越えて, 田村 善昭, 日本機械学會誌, 102, (971) 636 - 638,   1999年10月05日
  • 3.5マルチメディア関連(3.計算力学), 田村 善昭, 日本機械学會誌, 102,   1999年08月05日
  • ドイツ航空宇宙研究所(DLR)の研究環境, 田村 善昭, 計算工学 = Journal of The Japan Society for Computational Engineering and Science (JSCES), 3, (4) 254 - 257,   1998年12月25日
  • 数値シミュレーションにおけるバーチャルリアリティ技術の利用, 田村 善昭, シミュレーション, 17, (3) 229 - 234,   1998年09月15日, Visualization of numerical simulations using an immersive multi-screen display, which is lately focused in the virtual reality field, is studied. The immersive display has the advantages that users can be immersed in the images or can stand infinitely close to objects because the whole view is covered by the screens. In this article, the usefulness of the immersive display is investigated with applying to the visualizations of fluid dynamics simulations in the preprocess, main (simulation) process and the postprocess. Also discussed is the future use of the immersive display for the numeric...
  • 3.5 映像関連技術(3.計算力学), 田村 善昭, 日本機械学會誌, 100, (945) 831 - 832,   1997年08月05日
  • サイエンティフィック・ビジュアライゼーション (Scientific Visualization) : 第2回 画像表示作業の実際, 藤井 孝藏, 田村 善昭, 計算工学 = Journal of The Japan Society for Computational Engineering and Science (JSCES), 1, (2) 85 - 92,   1996年04月30日
  • 3.計算力学 : 3・6 映像技術 (<特集gt機械工学年鑑), 田村 善昭, 日本機械学會誌, 98, (921) 626 - 627,   1995年08月05日
  • 計算力学, 白鳥 正樹, 久保 司郎, 長野 靖尚, 堀越 清視, 大坪 英臣, 鈴木 克幸, 田村 善昭, 日本機械学会誌, 98, (921) 623 - 627,   1995年08月05日
  • 計算力学, 三好 俊郎, 北川 浩, 井小萩 利明, 田村 善昭, 坂田 信二, 日本機械学會誌, 95, (885) 676 - 679,   1992年08月05日
  • 3. 計算力学 3・4 計算力学と画像処理 (<特集>機械工学年鑑), 田村 善昭, 日本機械学會誌, 95,   1992年08月05日
  • 数値計算結果による可視化実験装置の模擬, 藤井 孝藏, 田村 善昭, ながれ : 日本流体力学会誌, 11, (1) 1 - 2,   1992年03月30日
  • 多次元流体力学方程式に対する離散化手法の研究, 宇宙科学研究所報告,   1992年

書籍等出版物

  • 計算力学ハンドブック ― II.差分法・有限体積法 熱流体編―
    田村善昭,藤井孝藏,松本洋一郎
    共編者丸善  2006年03月
  • シミュレーションの思想
    広瀬 通孝, 田村 善昭, 小木 哲朗
    共著東京大学出版会  2002年10月
  • 流れのコンピュータグラフィックス
    可視化情報学会, 藤井 孝蔵, 田村 善昭, 沖 真, 高木 通俊
    朝倉書店  1996年

講演・口頭発表等

  • Numerical Simulation Method of Gas-Liquid Two-Phase Flow for a Cavitation Bubble Collapse, 田村 善昭, The 12th World Congress on Computation Mechanics and The 6th Asia-Pacific Congress on Computational Mechanics,   2016年07月
  • Development of Numerical Simulation Method for Compressible Gas-Liquid Two-Phase Flows, 田村 善昭, The 9th International Symposium on Cavitation,   2015年12月
  • 自己組織化マップを用いたラットの血中アミノ酸量と肝臓脂肪の関係分類, 増田正人,塩谷隆二,中林靖,伯野史彦,西宏起,高橋伸一郎,田村善昭, 第28回計算力学講演会,   2015年10月
  • ベイズ推定を用いた実験と数値シミュレーション融合による高精度予測, 島村雅彦,江澤良孝,田村善昭,高清水聖,佐藤大亮, 第28回計算力学講演会,   2015年10月
  • Development of Numerical Methods for Compressible Gas-Liquid Two Phase Flows, 田村 善昭, The 13h Asian International Conference on Fluid Machinery 2015,   2015年08月
  • Numerical Simulation Method of Compressible Gas-Liquid Two Phase Flow, 田村 善昭, PANACM 2015,   2015年04月
  • EFMM を用いた流体-構造連成解析と実験結果との比較, 長岡慎介,中林靖,田村善昭,矢川元基, 日本機械学会第27回計算力学講演会,   2014年11月22日, Fluid-structure interaction problem is becoming a very important issue in numerical analysis field. A lot of methods to solve this phenomenon are proposed by many researchers. Our proposed new method to solve fluid-structure interaction problem is combined the Enriched Free Mesh Method and the SUPG/PSPG stabilized Finite Element Method. This method is using only linear element but it can be obtained fine analysis result. On the other hand, no crucial benchmark test for fluid structure interaction problems is also available. Therefore, we also proposed new experiment for fluid structure interaction problem to establish a new benchmark test. In this paper, we described comparison between experimental result and analysis result to prove effectiveness of our proposed method.
  • 自己組織化マップを用いた解析結果の予測, 増田正人,中林靖,田村善昭, 日本機械学会第27回計算力学講演会,   2014年11月22日
  • 圧縮性気液二相流の数値解析手法の開発, 田村善昭,松尾友紀, キャビテーションに関するシンポジウム(第17回),   2014年11月
  • The Comparison of the Experimental Result with the Numerical Analysis using the New Coupled Analysis Method based on the Enriched Free Mesh Method and the SUPG/PSPG Stabilized Finite Element Method, Shinsuke Nagaoka, Yasushi Nakabashi, Yoshiaki Tamura and Genki Yagawa, 11th World Congress on Computational Mechanics (WCCM XI), 5th European Conference on Computational Mechanics (ECCM V) and 6th European Conference on Computational Fluid Dynamics (ECFD VI),   2014年07月
  • Fluid-Structure Interaction Analysis of Vibration Phenomena and Verification of its classification and Prediction Accuracy using Modular Network Self-Organizing Map, Masato Masuda, Yasushi Nakabayashi and Yoshiaki Tamura, 11th World Congress on Computational Mechanics (WCCM XI), 5th European Conference on Computational Mechanics (ECCM V) and 6th European Conference on Computational Fluid Dynamics (ECFD VI),   2014年07月
  • Some Modifications of Bubble Model for Cavitating Flow Simulations, Yoshiaki Tamura, Nobuo Tsurumi and Yoichiro Matsumoto, 11th World Congress on Computational Mechanics (WCCM XI), 5th European Conference on Computational Mechanics (ECCM V) and 6th European Conference on Computational Fluid Dynamics (ECFD VI),   2014年07月
  • 集束超音波による気泡運動と温度上昇の可視化,   2014年06月
  • 振動現象の流体構造連成解析とmnSOMを用いた分類,   2013年12月
  • 2流体中の非線形音波の数値解析,   2013年12月
  • 1304 振動現象の連成解析及び自己組織化マップによるその分類, 増田 正人, 中林 靖, 田村 善昭, 計算力学講演会講演論文集,   2013年11月02日
  • 振動現象の連成解析及び自己組織化マップによるその分類, 増田正人,中林靖,田村善昭, 日本機械学会第26回計算力学講演会論文集,   2013年11月
  • 気泡の初生を考慮した気泡モデルに基づくキャビテーション流れ解析, 田村善昭,鶴見伸夫,松本洋一郎, 日本機械学会第26回計算力学講演会論文集,   2013年11月
  • マイクロバブルを用いたHIFUの数値解析手法,   2013年09月
  • 集束超音波による気泡運動と温度上昇の可視化, 田村善昭,鶴見伸夫,松本洋一郎, 第41回可視化情報シンポジウム講演論文集,   2013年07月
  • 気泡の合体の効果を考慮したキャビテーション流れのための気泡モデル, 田村善昭,鶴見伸夫,松本洋一郎, 第26回数値流体力学シンポジウム,   2012年12月
  • 2流体中を伝播する波の数値解析,   2012年09月
  • キャビテーション流れ解析のための気泡モデルの更なる改良,   2012年08月
  • WJPによる円柱物体の残留応力改良予測のためのキャビテーションジェット解析,   2012年08月
  • 圧縮性気液二相流の数値解析手法の開発, 松尾友紀,伊倉宏治,田村善昭, 日本機械学会関東支部第18期総会講演会,   2012年03月
  • ダリウス型風車まわりの流体解析, 小俣慎弥,田村善昭, 日本機械学会関東支部第18期総会講演会,   2012年03月
  • 気泡を含む流体中を伝播する超音波の数値解析, 鶴見伸夫,田村善昭,松本洋一郎, 第25回数値流体力学シンポジウム,   2011年12月
  • 気泡を含む水中を伝播する超音波の数値解析,   2011年09月
  • キャビテーションジェットを用いたWJPによる残留応力改良の予測とそのシミュレーション,   2011年
  • 高ボイド率領域のための気泡モデルの改良, 鶴見伸夫,田村善昭,松本洋一郎, キャビテーションに関するシンポジウム(第15回),   2010年11月
  • 気泡流モデルキャビテーション噴流解析によるウォータージェットピーニング用ノズルの性能予測, 深谷征史,守中廉,齋藤昇,波東久光,田村善昭,松本洋一郎, キャビテーションに関するシンポジウム(第15回),   2010年11月
  • 1027 ウォータージェットピーニング(WJP)の開発と性能予測 : (3)気泡崩壊エネルギー解析(OS10-7 供用エネルギー機器の経年変化と健全性評価-ピーニング-), 深谷 征史, 守中 廉, 齋藤 昇, 波東 久光, 田村 善昭, 松本 洋一郎, M&M材料力学カンファレンス,   2010年10月09日, We developed a numerical method for predicting a distribution of compressive residual stress on a material surface after water jet peeing (WJP). WJP applies the bubble collapse energy of cavitating jet to the change of residual stress from tensile to compressive for preventing the occurrence of stress corrosion cracking. We estimated the impulsive bubble pressure that varied in microseconds by using a numerical simulation with 'bubble flow model'. The bubble collapse energy was evaluated by the cavitation intensity calculated from the bubble pressure. The cavitation intensity was predicted ...
  • 21014 自由界面を含む圧縮性気液二相流の数値解析手法の開発と検証(一般講演 二相流(1)), 平野 和也, 田村 善昭, 日本機械学会関東支部総会講演会講演論文集,   2010年03月09日, Numerical analysis methods of gas-liquid multiphase flow have been studied by many researchers. In analysis of gas-liquid multiphase flow, the analysis methods of compressible flow are different from those of incompressible flow. Study about numerical analysis of multiphase flow with compressibility of liquid phase is few. Thus we will try to calculate multiphase flow with compressibility of liquid phase. In this research, Euler equation and Level-Set method for capturing interface are used.
  • 20802 大規模非構造格子データのための可視化システム(一般講演 熱流体), 宮本 勇輝, 田村 善昭, 日本機械学会関東支部総会講演会講演論文集,   2010年03月09日, Recently, large-scale numerical simulation has become possible by improvement of the computer performance and the data of numerical result has become large. Then, some problems arise. When the result data is larger than memory, PC cannot visualize. Generally, large-scale data visualization system transmits all or a part of the result data from server to client PC for visualization. But unstructured grid data is not easy to be thinned out unlike structure grid data because unstructured grid data is not regularly aligned. In this research, we propose a system for large-scale unstructured grid...
  • OS1431 ウォータージェットピーニング(WJP)の開発(3) : WJPの流れ挙動評価(エネルギー機器の経年劣化に関する健全性評価,オーガナイズドセッション), 深谷 征史, 守中 廉, 齋藤 昇, 波東 久光, 田村 善昭, 松本 洋一郎, M&M材料力学カンファレンス,   2009年07月24日, We developed a new method for predicting a range of compressive residual stress on the material surface after water jet peeing (WJP). Cavitating jet is impinged on the material surface in WJP. The bubble collapse impact causes the plastic deformation of the material surface, and changes the residual stress from tensile to compressive. The compressive residual stress prevents the occurrence of the stress corrosion cracking. We numerically simulated impulsive bubble pressure that varied in microseconds in the cavitating jet with `bubble flow model'. The bubble collapse impact was evaluated by...
  • 大規模数値計算のための可視化処理, 宮本 勇輝, 田村 善昭, 可視化情報学会誌. Suppl. = Journal of the Visualization Society of Japan,   2009年07月01日
  • 大規模解析結果の可視化処理の改良, 藤井 秀典, 古澤 寛行, 田村 善昭, 可視化情報学会誌. Suppl. = Journal of the Visualization Society of Japan,   2009年07月01日
  • 大規模計算力学解析結果可視化のためのデータ処理, 田村 善昭, 古澤 寛行, 藤井 秀典, 宮本 勇輝, 可視化情報学会誌. Suppl. = Journal of the Visualization Society of Japan,   2009年07月01日
  • 4102 超音波による脳内腫瘍治療のための大規模シミュレーション(OS12 流体シミュレーションの医療技術への展開), 田村 善昭, 中島 祐典, 上林 純子, 松本 洋一郎, 埼玉ブロック大会(講演会)講演論文集,   2007年09月21日
  • 1631 気泡流モデルを用いたキャビテーション流れ解析による斜流ポンプ内オープン羽根車のキャビテーション壊食予測(J12-2 流体機械に関連した流体解析と数値最適化技術(2),J12 流体機械に関連した流体解析と数値最適化技術), 深谷 征史, 田村 善昭, 松本 洋一郎, 小野 滋義, 原田 一郎, 年次大会講演論文集 : JSME annual meeting,   2007年09月07日, We predicted a cavitation erosion area in an open-type mixed-flow pump that was subject to tip vortex cavitation by using a numerical simulation code based on the `bubble flow model'. The erosion area on the impeller blade was predicted by estimating the cavitation intensity that was defined with the detailed bubble pressure and the bubble nuclei distribution. For comparison, we determined experimentally the erosion area in the same pump using a paint method. The predicted and the actual erosion areas located near the blade tip in the middle of the blade between the leading edge and the tra...
  • WS3-5 これからの計算機環境における可視化について(1)(WS3 計算力学の新展開,ワークショップ), 田村 善昭, 流体工学部門講演会講演論文集,   2006年10月28日
  • G504 流体構造連成逆解析に向けて(2)(GS-5 数値シミュレーション,一般セッション), 吉田 竜, 田村 善昭, 流体工学部門講演会講演論文集,   2006年10月28日, In these years, a variety of numerical simulations are performed under the favor of computational performance and the progress of computational methods. Especially in FSI(Fluid-Structure Interaction) Analysis, flow is analysed in consideration of object's transformation by flow force. The objective of this research is FSI inverse analysis. In FSI inverse analysis, stress distribution is calculated from displacement of the object, and flow is calculated from the stress distribution. Here, the two dimensional FSI analysis was done for flow around the elastic square cylinder. The change of flo...
  • G409 急激な飛行をする航空機に対する流体の影響(1)(GS-4-2 飛翔体,円柱,一般セッション), 蓮見 和久, 田村 善昭, 流体工学部門講演会講演論文集,   2006年10月28日
  • G204 頭蓋骨を透過する集束超音波の三次元解析(1)(GS-2 音響,騒音,音波,一般セッション), 中島 祐典, 田村 善昭, 松本 洋一郎, 流体工学部門講演会講演論文集,   2006年10月28日
  • 20501 直角直交格子における物体境界と計算精度(大規模数値解析(1),OS11 大規模数値解析), 吉田 竜, 石川 綾佑, 田村 善昭, 日本機械学会関東支部総会講演会講演論文集,   2006年03月09日, Cartesian grid is often used in CFD for largc-scale simulations of both two- and three-dimensions. However, the accuracy of Cartesian grid is evaluated less than body-fitted grid because the body boundaries are not smooth in Cartesian grid and quantitative analysis of accuracy in Cartesian grid related to body representation is hardly seen in literature. Thus numerical simulations are performed on Cartesan grid with various number of grid points and flow conditions. The numerical results are compared with those of bodyfitted grid and experiments, and the accuracy of Cartesian grid are evalu...
  • 20322 人を含む物体まわりの流れの数値解析(人・生物と流れ,OS7 人・生物と流れ), 田村 善昭, 小野 ちひろ, 古澤 寛行, 吉田 真弓, 日本機械学会関東支部総会講演会講演論文集,   2006年03月09日, There are many objects traveling fast, such as bicycle, bike, ski, skate and so on. It is necessary to obtain object figures including human body, which is flexible and very individual, for numerical analysis of flow around the objects. Generally speaking, we don't have CAD data for human body. Here digital images are utilized to obtain human body figure and incorporated into the numerical analysis. In this paper, the numerical method based on digital images are presented and discussed
  • 319 VisTrace : リアルタイム大規模データの虫眼鏡(J11-1 流体情報学と可視化(1),J11 流体情報学と可視化,2005年度年次大会), 藤井 孝藏, 小笠 温滋, 中島 拓之, 田村 善昭, 森屋 光弘, 年次大会講演論文集 : JSME annual meeting,   2005年09月18日, Vistrace is one kind of software that the present authors have recently developed as an interface software program connecting simulations on the server and visualizations on the client machine. The present paper describes good features and future possibility of the software VisTrace.
  • ライブラリレス・リアルタイム可視化システムとその利用, 田村 善昭, 小笠 温滋, 中島 拓之, 藤井 孝藏, 可視化情報学会誌. Suppl.,   2005年03月15日
  • 気泡モデルキャビテーション流れ解析による遠心ポンプ羽根車内の気泡挙動の予測(S25-1 気泡力学に関する基礎解析とその応用(1),S25 気泡力学に関する基礎解析とその応用), 深谷 征史, 田村 善昭, 松本 洋一郎, 岡村 共由, 真鍋 明, 年次大会講演論文集 : JSME annual meeting,   2004年09月04日, The prediction of cavitation erosion by using numerical flow simulation is necessary for designing small high-speed pumps. This erosion is closely related to the bubble dynamics near the solid surfaces such as impeller blades and casing walls. We developed a new numerical simulation code for investigating bubble behavior in a centrifugal pump. We simulated distributions of the bubble number density, the bubble size and the bubble pressure, which were close to the impeller blade. The numerical results were consistent and revealed a potential of this code to predict flow and bubble behavior u...
  • 可視化のための簡易型VRシステムの開発, 田村 善昭, 庄司 大介, 可視化情報学会誌. Suppl.,   2004年07月01日
  • 感圧塗料のためのデータ処理の全自動化への試み, 藤松 信義, 田村 善昭, 藤井 孝藏, 可視化情報学会誌. Suppl.,   2003年07月01日
  • 没入型ディスプレイを用いた可視化, 田村 善昭, 可視化情報学会誌 = Journal of the Visualization Society of Japan,   2002年07月01日
  • 1306 新しい 3 次元キャビテーション流れの数値解法, 田村 善昭, 杉山 和靖, 土屋 直木, 松本 洋一郎, 流体工学部門講演会講演論文集,   2000年09月08日
  • 振動子型触覚デバイスを用いた流体の流れ場提示手法, 矢野 博明, 田村 善昭, 小木 哲朗, 廣瀬 通孝, 年会一般講演,   1998年07月
  • 非定常流れのVisual Computing, 田村 善昭, 土屋 茂正, 林 光一, 年会一般講演,   1998年07月
  • 移動または変形する物体を過ぎる流れ解析手法の開発, 藤井 孝蔵, 小川 隆申, 田村 善昭, 計算工学講演会論文集,   1997年05月28日
  • スペースプレーンまわりの流れに及ぼすエンジンの影響(第13回航空機計算空気力学シンポジウム論文集), 田村 善昭, 藤井 孝藏, 黒田 眞一, 航空宇宙技術研究所特別資料,   1996年
  • トンネルに突入する高速車両によって誘起される流れ場の数値シミュレーション(第10回航空機計算空気力学シンポジウム), 小川 隆申, 藤井 孝藏, 田村 善昭, 航空宇宙技術研究所特別資料,   1992年

作品

  • キャビテーション流れの数値解析,   1998年 - 2001年
  • バーチャルリアリティ技術の計算力学への応用に関する研究,   1998年 - 2000年

受賞

  •   2011年, 日本機械学会, 日本機械学会賞(論文)
  •   1994年, 科学技術映像祭学術部門科学技術庁長官賞
  •   2000年, 第6回Computer Visualization Contest入選
  •   2004年, ターボ機械協会論文賞
  •   2004年, 財団法人大川情報通信基金大川出版賞

競争的資金

  • 大規模高精度流体̶構造連成解析手法の開発と詳細実験による精度・妥当性検証, 文部科学省, 私立大学戦略的研究基盤形成支援事業, 田村 善昭
  • 可視化を利用した流体の会話的数値計算に関する研究, 文部科学省, 科学研究費補助金(奨励研究(A)), 田村 善昭, まず,本年度前期は予定に従い,会話的数値計算(Interactive Computing)のためのグラフイックス・ライブラリの開発とこれを用いた簡単な計算を行った.グラフイックス・ライブラリは数値計算に負荷がかからないように,また,数値計算のプログラムを大幅に書き換える必要のないように別プロセスとして動作するようにした.数値計算側からのグラフイックスの呼び出しはプロッタ・ルーチン的なものとし,ウィンド-操作や絵の拡大・縮小などはグラフイックスのプロセスが会話的に行い,数値計算部分には影響しないようになっている.従って,数値計算部分の書き直しは計算の各時刻で物体形状や等高線などを描くサブルーチンを呼び出すようにするだけである.簡単な例題としては2次元の衝撃波の反射を計算した.圧力や密度の等高線の変化を眺めることで解が発達していく様子がよく分かる.後期はメモリーの増強により,より実際的な計算ができるようになったので,2次元の実際的な翼型まわりの遷音速粘性流を計算してその効果を確かめたほか,トンネルに突入する物体によって誘起される流れ場を模擬した1次元計算や空力音響のための新しい高解像度計算手法の開発などに応用した.トンネルの計算では,非定常な流れの様子がよく分かるほか,パラメータの違いによる流れの変化も容易に比較することができた.空力音響の問題は空力騒音を解決するための手段として...
  • キャビテーション流れの数値解析
  • VRを利用した流れの可視化