詳細検索はこちら
※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

梅原 三貴久ウメハラ ミキヒサ

所属・担当
応用生物科学科
生命環境科学研究センター
生命科学専攻
職名教授
メールアドレスumehara[at]toyo.jp ※[at]を@に書き換えて送信して下さい
ホームページURLhttp://www2.toyo.ac.jp/~umehara/plant_biotechnology/Welcome.html
生年月日
Last Updated :2017/11/11

研究者基本情報

学歴

  •  - 2004年, 筑波大学, 生物科学研究科, 生物物理化学専攻
  •  - 1997年, 筑波大学, 第二学群, 生物学類

学位

  • 博士(理学), 筑波大学

所属学協会

  • 日本育種学会
  • 日本植物生理学会
  • 日本植物細胞分子生物学会
  • 園芸学会
  • 植物化学調節学会

委員歴

  •   2016年10月 - 現在, 一般社団法人一般社団法人植物化学調節学会, 幹事(渉外)
  •   2013年10月 - 現在, 植物化学調節学会, 50周年記念事業委員
  •   2012年07月 - 現在, 日本植物細胞分子生物学会, 産官学ワーキンググループ
  •   2015年09月 - 2016年03月, 日本育種学会, 代議員
  •   2014年01月 - 2015年12月, 日本植物細胞分子生物学会, 評議員
  •   2014年01月 - 2015年08月, 日本育種学会, 幹事
  •   2011年07月 - 2012年07月, 日本植物細胞分子生物学会, ロードマップ作成委員会

経歴

  •   2015年04月 - 現在, 東洋大学, 生命科学部 応用生物科学科, 教授
  •   2011年04月 - 2015年03月, 東洋大学, 生命科学部 応用生物科学科, 准教授
  •   2010年04月 - 2011年03月, 独立行政法人理化学研究所, 植物科学研究センター, 研究員
  •   2007年04月 - 2010年03月, 独立行政法人理化学研究所, 植物科学研究センター, 基礎科学特別研究員
  •   2004年04月 - 2007年03月, 福岡県農業総合試験場, バイオテクノロジー部, 主任技師

研究活動情報

研究分野

  • 生産環境農学, 園芸科学
  • 基礎生物学, 植物分子・生理科学
  • 農芸化学, 植物栄養学・土壌学
  • 農芸化学, 生物有機化学

研究キーワード

    マイクロトム, シロイヌナズナ, 不定芽, 不定胚, イネ, リン酸欠乏, 分げつ, LC-MS/MS, 転流, 枝分かれ, ストリゴラクトン, 植物ホルモン, 植物バイオテクノロジー, 種間交雑, 葉の老化

論文

  • Regulation of strigolactone biosynthesis by gibberellin signaling., Ito S, Yamagami D, Umehara M, Hanada A, Yoshida S, Sasaki Y, Yajima S, Kyozuka J, Ueguchi-Tanaka M, Matsuoka M, Shirasu K, Yamaguchi S, Asami T, Plant physiology,   2017年04月
  • Dynamics of Endogenous Indole-3-acetic Acid and Cytokinins During Adventitious Shoot Formation in Ipecac, Imari Koike, Koudai Taniguchi, Koudai Taniguchi, Koichiro Shimomura, Mikihisa Umehara, Mikihisa Umehara, Journal of Plant Growth Regulation, 1 - 9,   2017年03月21日
  • Possible Roles of Strigolactones during Leaf Senescence., Yamada Y, Umehara M, Plants (Basel, Switzerland), 4, (3) 664 - 677,   2015年09月
  • Structural requirements of strigolactones for shoot branching inhibition in rice and Arabidopsis., Umehara M, Mengmeng C, Akiyama K, Akatsu T, Seto Y, Hanada A, Weiqiang L, Takeda-Kamiya N, Morimoto Y, Yamaguchi S, Plant & Cell Physiology,   2015年02月
  • Strigolactone signaling regulates rice leaf senescence in response to a phosphate deficiency., Yamada Y, Furusawa S, Nagasaka S, Shimomura K, Yamaguchi S, Umehara M, Planta, 240, 399 - 408,   2014年06月
  • In vitro evaluation method for screening of candidate prebiotic foods., Date Y, Nakanishi Y, Fukuda S, Nuijima Y, Kato T, Umehara M, Ohno H, Kikuchi J, Food Chemistry, 152, 251 - 260,   2014年06月
  • Carlactone is an endogenous biosynthetic precursor for strigolactones., Seto Y, Sado A, Asami K, Hanada A, Umehara M, Akiyama K, Yamaguchi S, Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 111, 1640 - 1645,   2014年01月
  • Effects of strigolactone-biosynthesis inhibitor TIS108 on Arabidopsis., Ito S, Umehara M, Hanada A, Yamaguchi S, Asami T, Plant Signaling & Behavior, 8,   2013年05月
  • Tebuconazole derivatives are potent inhibitors of strigolactone biosynthesis, Ito S, Umehara M, Hanada A, Yamaguchi , Asami T, Journal of Pesticide Science, 38, 147 - 151,   2013年05月
  • The D3 F-box protein is a key component in host strigolactone responses essential for arbuscular mycorrhizal symbiosis., Yoshida S, Kameoka H, Tempo M, Akiyama K, Umehara M, Yamaguchi S, Hayashi H, Kyozuka J, Shirasu K, The New Phytologist, 196, 1208 - 1216,   2012年12月
  • Strigolactone, a key regulator of nutrient allocation in plants, Umehara M, Plant Biotechnology, 28, 429 - 437,   2011年12月
  • Effects of triazole derivatives on strigolactone levels and growth retardation in rice., Ito S, Umehara M, Hanada A, Kitahata N, Hayase H, Yamaguchi S, Asami T, PloS One, 6,   2011年
  • Historical and contemporary gene dispersal in wild carrot (Daucus carota ssp. carota) populations., Rong J, Janson S, Umehara M, Ono M, Vrieling K, Annals of Botany, 106, 285 - 296,   2010年08月
  • FINE CULM1 (FC1) works downstream of strigolactones to inhibit the outgrowth of axillary buds in rice., Minakuchi K, Kameoka H, Yasuno N, Umehara M, Luo L, Kobayashi K, Hanada A, Ueno K, Asami T, Yamaguchi S, Kyozuka J, Plant & Cell Physiology, 51, 1127 - 1135,   2010年07月
  • Contribution of strigolactones to the inhibition of tiller bud outgrowth under phosphate deficiency in rice., Umehara M, Hanada A, Magome H, Takeda-Kamiya N, Yamaguchi S, Plant & Cell Physiology, 51, 1118 - 1126,   2010年07月
  • A new lead chemical for strigolactone biosynthesis inhibitors., Ito S, Kitahata N, Umehara M, Hanada A, Kato A, Ueno K, Mashiguchi K, Kyozuka J, Yoneyama K, Yamaguchi S, Asami T, Plant & Cell Physiology, 51, 1143 - 1150,   2010年07月
  • d14, a strigolactone-insensitive mutant of rice, shows an accelerated outgrowth of tillers., Arite T, Umehara M, Ishikawa S, Hanada A, Maekawa M, Yamaguchi S, Kyozuka J, Plant & Cell Physiology, 50, 1416 - 1424,   2009年08月
  • Inhibition of shoot branching by new terpenoid plant hormones., Umehara M, Hanada A, Yoshida S, Akiyama K, Arite T, Takeda-Kamiya N, Magome H, Kamiya Y, Shirasu K, Yoneyama K, Kyozuka J, Yamaguchi S, Nature, 455, 195 - 200,   2008年09月
  • Endogenous factors that regulate plant embryogenesis: recent advances, Umehara M, Ikeda M, Kamada H, Japanese Journal of Plant Science, 1, 1 - 6,   2007年06月
  • Identification of a factor that complementary inhibits Somatic embryogenesis with vanillyl benzyl ether in Japanese larch, Umehara M, Ogita S, Sasamoto H, Koshino H, Nakamura T, Asami T, Yoshida S, Kamada H, In Vitro Cellular and Developmental Biology - Plant, 43, 203 - 208,   2007年06月
  • Embryogenesis-related genes; Its expression and roles during somatic and zygotic embryogenesis in carrot and Arabidopsis, Umehara M, Ikeda M, Kamada H, Plant Biotechnology, 23, 153 - 161,   2007年03月
  • Production of interspecific hybrids between Allium fistulosum L. and A. macrostemon Bunge through ovary culture., Umehara M, Sueyoshi T, Shimomura K, Nakahara T, Plant Cell, Tissue, and Organ Culture, 87, (3) 297 - 304,   2006年
  • Interspecific hybrids between Allium fistulosum and Allium schoenoprasum reveal carotene-rich phenotype, Umehara M, Sueyoshi T, Shimomura K, Iwai M, Shigyo M, Hirashima K, Nakahara T, Euphytica, 148, (3) 295 - 301,   2006年
  • Development of the embryo proper and the suspensor during plant embryogenesis, Umehara M, Kamada H, Plant Biotechnology, 22, 253 - 260,   2005年12月
  • Evaluation of gene flow and its environmental effects in the field, Umehara M, Eguchi I, Kaneko D, Ono M, Kamada H, Plant Biotechnology, 22, 497 - 504,   2005年12月
  • Identification of a novel factor, vanillyl benzyl ether, which inhibits somatic embryogenesis of Japanese larch (Larix leptolepis Gordon)., Umehara M, Ogita S, Sasamoto H, Koshino H, Asami T, Fujioka S, Yoshida S, Kamada H, Plant & cell physiology, 46, 445 - 453,   2005年03月
  • Two stimulatory effects of the peptidyl growth factor phytosulfokine during somatic embryogenesis in Japanese larch (Larix leptolepis Gordon), Umehara M, Ogita S, Sasamoto H, Eun CH, Matsubayashi Y, Sakagami Y, Kamada H, Plant Science, 169, (5) 901 - 907,   2005年
  • An in vitro culture system used to investigate possible interactions between the embryo proper and the suspensor in embryogenesis in Japanese larch (Larix leptolepis GORDON), Umehara M, Ogita S, Sasamoto H, Kamada H, Plant Biotechnology, 21, 169 - 171,   2004年06月
  • Inhibitory factor(s) of somatic embryogenesis regulated suspensor differentiation in suspension culture of Japanese larch (Larix leptolepis GORDON), Umehara M, Ogita S, Sasamoto H, Kamada H, Plant Biotechnology, 21, 87 - 94,   2004年06月
  • Stress-induced somatic embryogenesis in vegetative tissues of Arabidopsis thaliana., Ikeda-Iwai M, Umehara M, Satoh S, Kamada H, Plant Journal, 34, (1) 107 - 114,   2003年

MISC

  • ストリゴラクトンの多様な生理作用と生合成, 山田雄介, 梅原三貴久, 瀬戸義哉, 植物の生長調節, 48, (2) 148 - 153,   2013年12月
  • 植物の環境適応能力を活かしたバイオテクノロジー : 次世代環境に相応しいスーパー植物をつくる, 梅原 三貴久, 工業技術 : 東洋大学工業技術研究所報告, (35) 10 - 14,   2013年
  • 宿主植物におけるストリゴラクトンの生理作用 : 最近の知見から(<特集>ストリゴラクトン), 梅原 三貴久, 植物の生長調節, 45, (2) 104 - 111,   2010年12月20日, Strigolactones (SLs) are released from plant roots to soil and function as communication signals for symbiosis and parasitism in the rhizoshere. In addition, SLs are a new class of hormones that inhibit shoot branching of the host plants. It is an interesting question why SLs play an important role in both communication with other organisms and inhibition of shoot branching. Auxin and cytokinin are also essential hormones to regulate shoot branching. It is important to understand how auxin, cytokinin, and SLs interact each other. Although two carotenoid cleavage dioxygenases (CCDs) and a cytochrome P450 monooxygenase contribute to SL biosynthesis and an F-box protein is involved in the perception or signal transduction in the SL pathway, more genes are likely to be required to produce SLs and transmit the signals. Furthermore, SLs may have other function in host plants in addition to the inhibition of shoot branching. Many researchers address these questions and contribute to new findings. Here, I introduce recent advances on the physiological function of SLs in the host plants.
  • βカロテン含量が豊富なネギとアサツキの種間雑種系統の特性を活かした作型, 末吉孝行, 梅原三貴久, 下村克己, 古賀武, 福岡県農業総合試験場研究報告, (29) 22 - 26,   2010年03月
  • 植物の枝分かれ抑制ホルモン「ストリゴラクトン」植物調節剤としての可能性と今後の展開, 梅原三貴久, 山口信次郎, 植調, 43, (11) 483 - 489,   2010年02月
  • 植物の枝分かれ抑制ホルモンの発見, 梅原三貴久, 山口信次郎, 化学と生物, 47, (10) 678 - 683,   2009年10月
  • ネギとアサツキの種間雑種作出とその特性について, 梅原三貴久, 末吉孝行, 下村克己, 平島敬太, 下田満哉, 中原隆夫, 福岡県農業総合試験場研究報告, (26) 25 - 30,   2007年03月
  • 種子植物の胚発生に関与する植物生長調節物質とその生理作用, 梅原三貴久, 鎌田博, 植物の生長調節, 39, (1) 42 - 49,   2004年05月

書籍等出版物

  • ストリゴラクトン:腋芽の伸長を制御する新しい植物ホルモン.植物のシグナル伝達-分子と応答-柿本辰男・高山誠司・福田裕穂・松岡 信 編 
    梅原三貴久、経塚淳子、山口信次郎
    共著pp. 148-153共立出版  2010年05月
  • Proposals to investigate gene flow and gene diversity using carrot (Daucus carota L.). In: GM crops and Foods – Potential Safety & Environmental Impact
    Ikue Eguchi, Mikihisa Umehara, Michiyuki Ono, Hiroshi Kamada
    共著pp. 69-82The Korean Federation of Science and Technology Societies (KOFST) Seoul, Korea  2004年
  • Stimulatory and inhibitory conditioning factors regulating somatic embryogenesis in carrot: recent advances. In: Agrobiotechnology and Plant Tissue Culture, (Eds.) Bhojwani SS and Soh W-Y
    Mikihsia Umehara, Toshihiro Kobayashi, Chang-Ho Eun, Katsumi Higashi, Hidetoshi Hanai, Yoshikastu Matsubayashi, Youji Sakagami, Hiroshi Kamada
    共著pp. 25-36Science Publishers, Inc.  2003年

講演・口頭発表等

  • Effect of strigolactones on seed size of rice, Mami Otake, Yusuke Yamada, Mikihisa Umehara, 2nd ICS,   2017年03月29日
  • Regulation of survival and growth by phytohormones in response to environmental changes, UMEHARA Mikihisa, Linnean Center Plant Science Frontiers Seminars,   2017年03月09日, 招待有り
  • マイクロトムのストリゴラクトン欠損系統の探索と生育評価, 長谷川翔子、岡部佳弘、有泉亨、江面浩、梅原三貴久, 植物化学調節学会第51回大会,   2016年10月30日
  • 硫酸欠乏条件で栽培したイネのSL産生量, 進藤真登、中村華子、山田雄介、下村講一郎、山口信次郎、梅原三貴久, 植物化学調節学会第51回大会,   2016年10月30日
  • ストリゴラクトンがイネの種子サイズに与える影響, 大竹真未、山田雄介、梅原三貴久, 植物化学調節学会第51回大会,   2016年10月30日
  • オーキシンはトコンの不定芽形成部位を決定する, 小池衣茉莉、下村講一郎、笠原博幸、林謙一郎、梅原三貴久, 植物化学調節学会第51回大会,   2016年10月30日
  • Micro-Tomのストリゴラクトン欠損系統の特性評価, 長谷川翔子、岡部佳弘、有泉亨、江面浩、梅原三貴久, 日本植物細胞分子生物学会 第34回大会,   2016年09月03日
  • 硫酸欠乏条件においてD27の高発現に伴ってストリゴラクトンが増加する, 進藤真登、中村華子、山田雄介、下村講一郎、梅原三貴久, 日本植物細胞分子生物学会 第34回大会,   2016年09月03日
  • 不定芽形成中のトコン節間切片における内生植物ホルモンの変動, 小池衣茉莉、谷口高大、下村講一郎、梅原三貴久, 日本植物細胞分子生物学会 第34回大会,   2016年09月03日
  • ストリゴラクトンを介した植物の栄養応答, 梅原 三貴久, 第2回 植物の栄養研究会,   2016年09月02日, 招待有り
  • Functions of carotenoid cleavage dioxygenase 8 in Micro-Tom, Shoko Hasegawa, Yoshihiro Okabe, Tohru Ariizumi, Hiroshi Ezura, Mikihisa Umehara, IPGSA conference 2016,   2016年06月23日
  • Sulfate deficiency stimulates strigolactone production in rice, Masato Shindo, Hanako Nakamura, Yusuke Yamada, Koichiro Shimomura, Mikihisa Umehara, IPGSA conference 2016,   2016年06月22日
  • Physiological role of strigolactones in rice leaves, Yusuke Yamada, Akira Oikawa, Kazuki Saito, Koichiro Shimomura, Shinjiro Yamaguchi, Mikihisa Umehara, IPGSA conference 2016,   2016年06月22日
  • Endogenous auxin regulates region of the adventitious shoot formation on internodal segments in ipecac, Imari Koike, Koichiro Shimomura, Hiroyuki Kasahara, Ken-ichiro Hayashi, Mikihisa Umehara, IPGSA conference 2016,   2016年06月22日
  • 野生イネの地下茎形成におけるストリゴラクトンの影響, 北岡直樹、久間木孝史、梅原三貴久、芦苅基行、瀬戸義哉、山口信次郎, 第57回日本植物生理学会,   2016年03月16日
  • 野生イネの地下茎形成におけるストリゴラクトンの影響, 北岡直樹, 久間木孝史, 梅原三貴久, 芦苅基行, 瀬戸義哉, 山口信次郎, 植物の生長調節,   2015年10月01日
  • トコン不定芽形成におけるオーキシンの極性輸送の影響, 小池衣茉莉, 下村講一郎, 梅原三貴久, 梅原三貴久, 植物の生長調節,   2015年10月01日
  • Regulation of shoot meristem activity by strigolactones produced under phosphate deficiency., 梅原 三貴久, 第56回日本植物生理学会,   2015年03月17日, 招待有り
  • Characteristics of SlCCD8-defective mutants in Micro-Tom., Takuya Tsutsumi, Shunsuke Fukushima, Yoshihiro Okabe, Tohru Ariizumi, Hiroshi Ezura, Shinjiro Ymaaguchi, Mikihisa Umehara, 1st ICS,   2015年03月02日
  • Effects of strigolactones on leaf senescence and grain yield in rice., Yusuke Yamada, Akira Oikawa, Kazuki Saito, Koichiro Shimomura Shinjiro Yamaguchi, Mikihisa Umehara, 1st ICS,   2015年03月02日
  • TILLING法によるトマトののSlCCD8欠損系統の探索とその特性評価, 梅原 三貴久, 第11回日本ナス科コンソーシアム年会(JSOL),   2014年10月25日
  • トコン不定芽形成過程における内生オーキシン及びサイトカイニンの変動, 小池衣茉莉, 谷口高大, 下村講一郎, 梅原三貴久, 植物の生長調節,   2014年10月01日
  • トマトのSlCCD8欠損系統5291の特性評価, 堤拓也, 福島俊介, 岡部佳弘, 有泉亨, 江面浩, 梅原三貴久, 育種学研究,   2014年09月26日
  • イネのD3 F-boxタンパク質は種子収量を調節する, 山田雄介 及川彰 斉藤和季 下村講一郎 山口信次郎 梅原三貴久, 日本植物細胞分子生物学会 第32回大会,   2014年08月21日
  • ストリゴラクトンの生理作用と生合成, 梅原 三貴久, 神戸大学 学術講演会,   2013年11月21日
  • ストリゴラクトンはリン酸欠乏に応答してイネの葉の老化を制御する, 山田雄介 古澤綜也 下村講一郎 山口信次郎 梅原三貴久, 植物化学調節学会第48回大会,   2013年10月31日
  • リン酸欠乏に応答したイネの葉の老化調節機構の解明, 山田雄介 梶野淳 加藤啓輔 古澤綜也 下村講一郎 山口信次郎 梅原三貴久, 日本植物細胞分子生物学会 第31回大会,   2013年09月11日
  • 栄養欠乏に応答する新規ストリゴラクトン関連遺伝子の探索, 菊池沙安 梅原三貴久, 日本植物細胞分子生物学会 第31回大会,   2013年09月11日
  • Effect of strigolactones on leaf senescence and grain yield in rice., Yusuke Yamada Akira Oikawa Kazuki Saito Koichiro Shimomura Shinjiro Yamaguchi Mikihisa Umehara, IPGSA conference 2013,   2013年06月18日
  • 窒素欠乏に応答して変動するストリゴラクトン関連遺伝子の発現解析, 菊池沙安 梅原三貴久, 日本育種学会,   2013年03月28日
  • イネの葉の老化および収量に対するストリゴラクトンの影響, 山田雄介 梶野淳 加藤啓輔 及川彰 斉藤和季 下村講一郎 山口信次郎 梅原三貴久, 植物化学調節学会,   2012年10月28日
  • The biosynthesis of strigolactones via the methylerythritol phosphate pathway, Mikihisa Umehara Atsushi Hanada Xiaonan Xie Kenichi Uchida Shojiro Hishiyama Takao Yokota Koichi Yoneyama Hiroyuki Kasahara Shinjiro Yamaguchi, Nature Conferene “Frontiers in Plant Biology”,   2012年10月04日
  • ストリゴラクトンによるイネの葉の老化制御, 山田雄介 梶野淳 加藤啓輔 由利憲吾 粕尾優 下村講一郎 山口信次郎 梅原三貴久, 新学術領域研究「植物環境突破力」第3回若手の会,   2012年07月25日
  • Establishment of cell and tissue culture models as bio-resources for promotion of new utilities in bamboo plants, Shinjiro OgitaTaiji NomuraKeiichi Mochida Mikihisa Umehara Takao KishimotoYasuo Kato, 日本植物生理学会,   2012年03月16日
  • 植物の環境適応能力を活かしたバイオテクノロジー―次世代環境に相応しいスーパー植物をつくる―, 梅原三貴久, 工業技術研究所講演会,   2012年02月22日
  • Expression pattern of striglactone-related genes in response to changes in phosphate concentration, Mikihisa Umehara、Atsushi HanadaJunko KyozukaShinjiro Yamaguchi, International Symposium "Strategies of Plants against Global Environmental Change",   2011年12月08日
  • ストリゴラクトン経路におけるD14タンパク質の機能解析, 梅原三貴久、瀬戸義哉花田篤志武田(神谷)紀子秋山康紀山口信次郎, 植物化学調節学会,   2011年11月02日
  • 新規ストリゴラクトン生合成阻害剤, 伊藤晋作 加藤敦隆 北畑信隆 梅原三貴久 花田篤志 山口信次郎 浅見忠男, 植物化学調節学会,   2011年11月02日
  • リン酸欠乏に応答するストリゴラクトン関連遺伝子の発現解析, 梅原三貴久 花田篤志 経塚淳子 山口信次郎, 日本植物細胞分子生物学会,   2011年09月07日
  • Structure activity relationship study of strigolactones as a shoot branching-inhibiting hormone in rice, Mikihisa Umehara Xiaonan Xie Kenichi Uchida Atsushi Hanada Shojiro Hishiyama Takao Yokota Koichi Yoneyama Hiroyuki Kasahara Shinjiro Yamaguchi, IBC2011,   2011年07月26日

特許

  • 植物分枝抑制剤並びにその製造方法及び植物分枝抑制組成物, 山口信次郎、梅原三貴久、秋山康紀, PCT/JP2010/059027
  • Method for controlling root parasitic plants, Shinjiro Yamaguchi、Atsushi Hanada, Ken Shirasu, Mikihisa Umehara, Satoko Yoshida, 12/461,058

受賞

  •   2010年09月, 日本植物細胞分子生物学会奨励賞
  •   2010年01月, 平成21年度基礎科学特別研究員成果発表会ポスター賞
  •   2009年04月, 平成20年度理化学研究所植物科学研究センター長賞 
  •   2008年10月, 植物化学調節学会第43回大会ポスター賞
  •   2004年08月, 日本植物細胞分子生物学会 学生奨励賞

競争的資金

  • ストリゴラクトンの新規生合成・代謝酵素遺伝子の同定, 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 梅原 三貴久
  • タケが生産するストリゴラクトンの同定, 東洋大学, 井上円了記念研究助成金(研究の助成), 梅原 三貴久
  • 窒素欠乏で増加するストリゴラクトン生産の制御機構, 文部科学省, 科学研究費補助金(若手研究(B)), 梅原 三貴久
  • マイクロトムの変異誘発系統からストリゴラクトン欠損変異体の探索, 国立大学法人筑波大学遺伝子実験センター「形質転換植物デザイン研究拠点」共同利用・共同研究
  • ストリゴラクトンの生合成起源の解明, 東洋大学, 特別研究(個人研究), 梅原 三貴久
  • 葉の老化に関わる植物ホルモン分析および遺伝子発現解析, 東洋大学, 井上円了記念研究助成金(研究の助成), 梅原 三貴久
  • DNAマイクロアレイを用いた新規ストリゴラクトンの生合成遺伝子の探索, 公益財団法人住友財団 基礎科学研究助成, 梅原 三貴久
  • リン酸欠乏に応答した葉の老化制御機構の解明, 文部科学省, 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型)), 梅原 三貴久, ストリゴラクトン(SL)の生合成あるいは信号伝達が欠損した突然変異体は、枝分かれが過剰なだけでなく、葉の老化が遅延する特徴も示す。そこで、野生型およびSL関連突然変異体における葉の老化速度を比較し、SL処理に対する応答性に関する調査を行った。また、SLはリン酸が欠乏するとその内生量が増加することが知られている。そこで、長期間リン酸欠乏条件下で栽培した場合、イネの形態や収量にどのような影響を及ぼすのか調査した。イネの野生型およびSL関連突然変異体をそれぞれ水耕栽培し、2週目の実生の第3葉を2cmずつ切り出し、MESバッファー上に浮かべて老化の程度を比較した。その結果、SL関連突然変異体はいずれも野生型に比べて1-2日程度葉の老化が遅延する傾向が認められた。次に、SLに対する応答性を調査した。イネのSL関連突然変異体のうち、d10、d17およびd27はSLの生合成が欠損した変異体で、d3およびd14はSLに対して非感受性を示す変異体である。SLアナログであるGR24を含むMESバッファーにこれらの葉を浮かべてSLの効果を調べた結果、SL生合成欠損変異体d10、d17、d27の葉の老化は早まったが、SL非感受性変異体d3、d14の葉の老化のタイミングは変化しなかった。これらの結果は、SLが枝分かれだけでなく、葉の老化も制御していることを示唆している。さらに、水耕液中のリン酸濃度を減らして3ヶ月栽培すると、野生型では分げつ数が減少したが、1穂当たりの収量はほとんど変わらなかった。SL関連突然変異体のd3とd10も、リン酸を減らして栽培し続けると、野生型同様分げつの数が減少したが、1穂当たりの収量は増加した。今後、リン酸濃度を減らしたときの遺伝子や転流に関わる代謝物の量について調査する。
  • ストリゴラクトンによる植物の分枝抑制作用と栄養応答に関する研究, 文部科学省, 科学研究費補助金(若手研究(B)), 梅原 三貴久, ストリゴラクトン(SL)は、寄生や共生のための根圏情報物質としてだけでなく、植物の分枝を抑制する。しかしながら、なぜ根圏情報物質のSLが、植物の分枝を抑制するのかは不明であった。野生型イネでは、リンなどの無機栄養が欠乏すると、SLが増加して分げつが抑制されたが、SL関連突然変異体ではその抑制効果は観察されなかった。したがって、SLはリン酸欠乏に適応するためのシグナル物質として機能すると考えられる。
  • 作物の腋芽伸長抑制剤の開発, 独立行政法人科学技術振興機構(JST), 「シーズ発掘試験」A (発掘型), 梅原 三貴久
  • ストリゴラクトンによる植物の枝分かれ制御機構に関する研究, 独立行政法人理化学研究所, 基礎科学特別研究員研究費, 植物の枝分かれを制御する新しい植物ホルモンを探索し、ストリゴラクトンと呼ばれる化合物群がその作用をもつことを発見した。本研究では、そのストリゴラクトンの生理作用や生合成について明らかにしたいと考えている。
  • メタボローム解析を用いたネギ属植物の葉の形態進化に関する研究, 独立行政法人理化学研究所, 基礎科学特別研究員研究費

教育活動情報

担当経験のある科目

  • 植物バイオテクノロジー特論, 東洋大学大学院
  • 分子生物学, 東洋大学
  • 生命科学英語, 東洋大学
  • 卒業研究, 東洋大学
  • 卒業論文, 東洋大学
  • 植物生理学, 東洋大学
  • 植物バイオテクノロジー, 東洋大学
  • 分子細胞生物学, 東洋大学
  • 生物学実験, 東洋大学
  • 応用生物科学輪講, 東洋大学