詳細検索はこちら
※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

藤松 信義フジマツ ノブヨシ

所属・担当
理工学部機械工学科
工業技術研究所
計算力学研究センター
理工学研究科機能システム専攻
職名准教授
メールアドレス
ホームページURLhttp://www2.toyo.ac.jp/~fujimatsu/
生年月日
Last Updated :2020/07/10

研究者基本情報

学歴

  • 1998年 - 2001年, 東京大学, 工学系研究科
  • 1996年 - 1998年, 東京大学, 工学系研究科
  • 1992年 - 1996年, 東海大学, 工学部

所属学協会

  • 日本実験力学会
  • 日本流体力学会
  • 日本機械学会
  • 日本ロケット協会
  • アメリカ航空宇宙学会
  • 日本航空宇宙学会

委員歴

  •   2012年04月 - 現在, 日本実験力学会, 評議員
  •   2013年04月 - 2015年03月, 日本機械学会, 日本機械学会 埼玉ブロック 商議員

経歴

  •   2011年04月 - 現在, 東洋大学, 理工学部 機械工学科, 准教授
  •   2007年04月 - 2011年03月, 青山学院大学, 理工学部 機械創造工学科, 助教
  •   2003年04月 - 2007年03月, 青山学院大学, 理工学部 機械創造工学科, 助手
  •   2001年04月 - 2003年03月, 宇宙科学研究所, 宇宙輸送研究系, 助手

研究活動情報

研究分野

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学), 流体工学
  • フロンティア(航空・船舶), 航空宇宙工学

研究キーワード

    流体力学, 宇宙往還機, 数値流体力学, 機能性分子センサ, 流体工学, 航空宇宙工学

論文

  • 乱流組織運動を考慮したVITA法および四象限解析の改良, 藤松信義, 三栖功, 実験力学, 実験力学, 10, (1) 82 - 88,   2010年
  • 繰り返し計算を用いたステレオ3次元計測による平面物体表面の座標算出法, 今井 洋徳, 岡田 知之, 藤松 信義, 米山 聡, 実験力学, 実験力学, 9, (4) 376 - 381,   2009年
  • 感圧塗料PSP:空力現象解明の道具として, 藤井孝藏, 中井裕輔, 藤松信義, 大内弘文, 日本航空宇宙学会誌, 日本航空宇宙学会誌, 54, (624) 1 - 9,   2006年
  • 垂直着陸ロケットの底面空気力発生メカニズムに関する数値計算, 藤松信義, 鈴木宏二郎, 日本航空宇宙学会論文集, 日本航空宇宙学会論文集, 54, (624) 10 - 17,   2006年
  • Improvement of Noise Filtering and Image Registration Methods for the Pressure Sensitive Paint Experiments, Nobuyoshi Fujimatsu, Yoshiaki Tamura, Kozo Fujii, Journal of Visualization, Journal of Visualization, 8, (3) 225 - 235,   2005年
  • 垂直着陸するロケットの底面空気力に関する実験的研究, 山田和彦, 藤松信義, 綿貫忠晴, 鈴木宏二郎, 日本航空宇宙学会論文集, 日本航空宇宙学会論文集, 50, (577) 41 - 47,   2002年
  • Application of CIP Method to Viscous Supersonic and Hypersonic Flow Analysis Around Aerospace Vehicles, Kojiro Suzuki, Nobuyoshi Fujimatsu, CFD Journal, CFD Journal, 8, (1) 113 - 120,   1999年

MISC

  • 流体-構造連成解析コード検証のための標準問題の提案および実験 (小特集 東洋大学計算力学研究センターの研究紹介), 藤松 信義, シミュレーション, 36, (1) 10 - 15,   2017年03月
  • 乱流組織運動の統計処理に関する考察, 藤松 信義, 工業技術 : 東洋大学工業技術研究所報告, 38,   2016年
  • 書評 「閃く脳の作り方 飛躍を起こすのに必要な11のこと」(川口淳一郎 著), 藤松 信義, 計測と制御, 53, (2) 156 - 156,   2014年
  • 乱流解析のための4象限法と確率密度関数, 藤松 信義, 実験力学, 13, (1) 13 - 18,   2013年03月28日
  • 講演会から 東洋大学におけるロケット打ち上げプロジェクト, 藤松 信義, 工業技術 : 東洋大学工業技術研究所報告, 34,   2012年
  • 2011年度日本実験力学会論文賞を受賞して, 藤松 信義, 工業技術 : 東洋大学工業技術研究所報告, 34,   2012年
  • 機能性分子センサによる流体力計測法, 藤松 信義, 実験力学, 9, (4) 400 - 403,   2009年12月25日

書籍等出版物

  • よくわかる実験技術・学術用語 第2版
    藤松 信義
    分担執筆機能性分子センサによる流体力計測法日本実験力学会  2012年06月
  • Visualization and Imaging in Transport Phenomena, "Visualization of Jet Flows over a Plate by Pressure-Sensitive Paint Experiments and Comparison with CFD", ed. Samuel Sideman and Amir Landesberg
    (Annals of The New York Academy of Sciences)  2002年
  • Computational Fluid Dynamics 2000, "Numerical Study on Oscillation Modes of Supersonic Multijets", ed. Nobuyuki Satofuka
    (Springer)  2001年

講演・口頭発表等

  • Statistical Characteristics of Boundary Layer over Compliant Wall using Hot-Wire Anemometry, Yunori ICHINOSE, Nobuyoshi FUJIMATSU, ICFD2019,   2019年11月
  • Comparison of Flow Characteristics of NACA0012 wing in the Accelerating/Decelerating Flows, Yuki SHIMOJO, Nobuyoshi FUJIMATSU, ICFD2019,   2019年11月
  • Numerical Investigation on Treatment of Non-Advection term for CIP method over Curvilinear Coordinate, Yusuke HORIKOSHI, Nobuyoshi FUJIMATSU, ICFD2019,   2019年11月
  • 粘弾性被膜表面上における乱流境界層特性, 一ノ瀬順識, 藤松信義, 日本実験力学会2019年度年次講演会,   2019年08月
  • 乱流測定のための風路の作製と境界層測定による性能評価, 一ノ瀬順識, 藤松信義, 日本実験力学会2019年度年次講演会,   2019年08月
  • Numerical study on Aerodynamic Characteristics of Projectile with Accelerating Motion, Yuki SHIMOJO, Nobuyoshi FUJIMATSU, 32nd International Symposium on Space Technology and Science,   2019年06月
  • A Study on Hayabusa Type of Sample Return Capsule Downstream Flow Field, Kazuki NOHARA, Kazuhiko YAMADA, Nobuyoshi FUJIMATSU, 32nd International Symposium on Space Technology and Science,   2019年06月
  • Comparison of Flow Characteristics for 5-Hole Pitot Tube with Different Diameters Towards the Flight Control for UAV, Keiji Furuta, Nobuyoshi Fujimatsu, 16th International Conference on Fluid Dynamics,   2018年11月
  • はやぶさ型カプセルの空力特性に関する研究, 野原和希, 山田和彦, 藤松信義, 第62回宇宙科学技術連合講演会,   2018年10月
  • 異なる径を有する5孔ピトー管の風速・風向特性の比較, 古田圭二, 藤松信義, 日本実験力学会2018年度年次講演会,   2018年08月
  • はやぶさ型サンプルリターンカプセル後流流れ場のPIV計測およびCFD解析の比較, 野原和希, 丸祐介, 山田和彦, 藤松信義, 第50回流体力学講演会/第36回航空宇宙数値シミュレーション技術シンポジウム,   2018年07月
  • はやぶさ型サンプルリターンカプセルの後流流れ場計測と数値解析, 野原和希, 比護悠介, 丸 祐介, 風間友哉, 山田和彦, 藤松信義, 平成29年度宇宙航行の力学シンポジウム,   2017年12月
  • 流体力制御に向けた磁性エラストマの材料特性の解析, 青木亮平, 藤松信義, 日本実験力学会2017年度年次講演会,   2017年08月
  • Analysis of Material Characteristics of Magnetic Elastomer for Fluid Force Control, Ryohei AOKI, Nobuyoshi FUJIMATSU, 31th International Symposium on Space Technology and Science,   2017年06月
  • High resolution implementaion of von Neumann Richtmayer typed artificial viscosity for shock capturing scheme, Nobuyoshi FUJIMATSU, 13th International Conference on Fluid Dynamics,   2015年11月
  • Establishment of PSP Technique For Small-Scaled Model Using the Supersonic Wind-Tunnel, Satoshi KOSHIYAMA, Nobuyoshi FUJIMATSU, 30th International Symposium on Space Technology and Science,   2015年06月
  • Numerical investigation on turbulence characteristics of channel flow over the compliant wall, Nobuyoshi FUJIMATSU, 53rd AIAA Aerospace Sciences Meeting,   2015年01月
  • 落下試験塔を用いた微小重力環境下における液面挙動の運動解析, 望月 栄徳, 藤松 信義, 日本実験力学会2014年度年次講演会,   2014年08月
  • 画像処理を用いた野球ボールの空気力特性に関する実験的研究, 野崎崇史, 栗田惇平, 藤松信義, 日本実験力学会2014年度年次講演会,   2014年08月
  • 低速風洞装置を用いた柔軟シート材のフラッタ特性に関する実験的研究, 篠崎眞大, 風巻勇, 藤松信義, 日本実験力学会2014年度年次講演会,   2014年08月
  • Motion analysis and flow visualization of sheet flutter for various materials, Naohiro SHINOZAKI, Nobuyoshi FUJIMATSU, 16th International Symposium on Flow Visualization,   2014年07月
  • Experimental study of aerodynamic characteristics of baseball with accelerating motion, Takafumi NOSAKI, Nobuyoshi FUJIMATSU, 16th International Symposium on Flow Visualization,   2014年07月
  • 野球ボールの軌道解析に基づく空気力モデルに関する実験的研究, 野崎崇史, 藤松信義, スポーツ・アンド・ヒューマン・ダイナミクス2013,   2013年11月
  • 時間周波数解析を考慮したVITA法による乱流境界層解析, 藤松信義, 日本実験力学会2013年度年次講演会,   2013年08月
  • Direct Numerical Simulation on Drag Reduction of Channel Flow with Visco-Elastic Wall, Nobuyoshi FUJIMATSU, 51st AIAA Aerospace Sciences Meeting,   2013年01月
  • 統計的手法により検出されるチャネル乱流の乱流渦構造に関する考察, 藤松信義, 日本機械学会 第91期 流体工学部門講演会,   2013年
  • 乱流摩擦抵抗低減効果と粘弾性皮膜運動に関する数値的研究, 藤松信義, 2012年度日本機械学会年次大会,   2012年09月
  • Wavelet基底に基づくVITA法による乱流渦運動解析, 藤松信義, 日本実験力学会2012年度年次講演会,   2012年08月
  • オーガニックナノチューブ円管流れの圧力特性, 竹山 渥, 藤松 信義, 横田 和彦, 浅川 真澄, 2011年度日本機械学会年次大会,   2011年09月
  • 柔軟壁面上の乱流組織構造に関する研究, 藤松信義, 三栖 功, 日本実験力学会2011年度年次講演会,   2011年08月
  • Semi-Lagrangian Schemeに基づく時空間微分法の改良, 藤松信義, 日本実験力学会2011年度年次講演会,   2011年08月
  • Universal function of velocity profile on the turbulent boundary layer - Toward the accurate measurement of skin friction -, Nobuyoshi FUJIMATSU, Yu OTA, Kazuhiko YOKOTA, 5th International Symposium on Experimental Mechanics,   2010年11月
  • Simultaneous measurement of pressure and skin friction distribution using molecular sensor, Nobuyoshi FUJIMATSU, Yu Sasaki, Kazuhiko YOKOTA, 5th International Symposium on Experimental Mechanics,   2010年11月
  • Temperature calibration technique for hot-wire anemometer using variable resistance, Nobuyoshi FUJIMATSU, Ryo KIMURA, Isao MISU, 5th International Symposium on Experimental Mechanics,   2010年11月
  • DNS of Channel Flow with Visco-Elastic Wall, Nobuyoshi FUJIMATSU, Isao MISU, 6th ASIA Workshop on CFD,   2010年11月
  • 柔軟壁における乱流表面摩擦の低減, 舩越英之, 三栖功, 藤松信義, 日本機械学会 第87期 流体工学部門講演会,   2009年11月
  • 乱流組織運動を考慮したVITA法の改良, 藤松信義, 三栖 功, 日本実験力学会2009年度年次講演会,   2009年08月
  • 粘弾性壁面を有するチャネル乱流の数値シミュレーション, 藤松信義, 三栖 功, 第22回数値流体力学シンポジウム,   2008年12月
  • 境界層遷移予測における数値解析手法の研究, 河本亮太郎, 徳川直子, 石川敬掲, 藤松信義, 三栖功, 第46回飛行機シンポジウム,   2008年11月
  • Surface Skin Friction Measurement and Visualization based on Compliant Coatings, Nobuyoshi Fujimatsu, Isao Misu, 2008 ASME Heat Transfer/Fluids/Energy/Solar/Nano Conferences,   2008年08月
  • Interpolation Technique for CIP method on Generalized Coordinates with High Accuracy, Nobuyoshi Fujimatsu, Kojiro Suzuki, 4th Japan-Taiwan Workshop on Mechanical and Aerospace Engineering,   2007年10月
  • 乱流境界層の逆遷移後の再遷移過程に及ぼす柔軟壁開始位置の影響, 三栖功, 藤松信義, 八田誠之, 日本流体力学会年会2007,   2007年09月
  • 軟質ゲルコーティングを用いた表面摩擦力の画像計測システムの構築, 藤松信義, 三栖 功, 第35回可視化シンポジウム,   2007年07月
  • Characteristics of Turbulent Boundary Layer over Silicon Gel Surface and Behavior of Surface Displacement, Nobuyoshi Fujimatsu, Isao Misu, 5th Joint ASME/JSME Fluids Engineering Summer Conference,   2007年07月
  • 柔軟コーティング材を用いた表面摩擦力の画像計測, 藤松信義, 三栖 功, 第39回流体力学講演会/航空宇宙数値シミュレーション技術シンポジウム2007,   2007年06月
  • CIP法によるボトル排水の数値シミュレーション 〜注ぎやすいボトル形状の評価に向けて〜, 加納峻佑, 藤松信義, 三栖 功, 第20回数値流体力学シンポジウム,   2006年12月
  • ボルテックス・チューブ内の流れの数値シミュレーション, 羽鳥優, 藤松信義, 三栖功, 日本機械学会 第84期 流体工学部門講演会,   2006年11月
  • シリコーン柔軟壁面上に発達する乱流境界層特性と壁面変位特性, 藤松信義, 三栖 功, 石丸健太, 第38回流体力学講演会,   2006年09月
  • 衝突水流の表面波形成メカニズムに関する数値計算, 藤松信義, 三栖 功, 日本流体力学会年会2006,   2006年09月
  • 柔軟壁上の乱流境界層, 三栖 功, 藤松信義, 日本流体力学会年会2006,   2006年09月
  • Numerical Investigation of Channel Flow with compliant wall, Nobuyoshi Fujimatsu, Isao Misu, 44th AIAA Aerospace Sciences Meeting and Exhibit,   2006年01月
  • 柔らかい壁面上の乱流境界層の逆遷移とそれに続く再遷移, 三栖 功, 藤松信義, 真砂 剛, 日本流体力学会年会2005,   2005年09月
  • 衝突水流の自励振動メカニズムに関する数値計算, 藤松信義, 三栖 功, 第37回流体力学講演会,   2005年09月
  • 感圧・感温塗料圧力計測系のための取得画像後処理ソフトウェアの開発, 大山聖, 藤松信義, 伊藤匡人, 藤井孝藏, 第34回可視化情報シンポジウム,   2005年07月
  • Numerical Investigation of Flow Field around NACA0012 with compliant wall, Nobuyoshi Fujimatsu, Isao Misu, 43rd AIAA Aerospace Sciences Meeting and Exhibit,   2005年01月
  • Numerical Investigation of Sound Generation in Supersonic Jet Screech, Nobuyoshi Fujimatsu, Isao Misu, 43rd AIAA Aerospace Sciences Meeting and Exhibit,   2005年01月
  • 柔らかい壁面を持つ翼面周りの流れ解析, 藤松信義, 三栖 功, 第42回飛行機シンポジウム,   2004年11月
  • Software for Molecular-sensing Application-oriented Postprocessing, Nobuyoshi Fujimatsu, Yoshiaki Tamura, Akira Oyama, Kozo Fujii, International Workshop on Molecular Imaging for Interdisciplinary Research, 2004,   2004年11月
  • 柔らかい平板上に発達する乱流境界層の数値計算, 藤松信義, 三栖 功, 第36回流体力学講演会,   2004年09月
  • 柔らかい壁面上の乱流表面摩擦の低減, 三栖 功, 藤松信義, 2004年度日本機械学会年次大会,   2004年09月
  • Ru錯体をベースとしたPSPの複雑模型への適用:画像データ後処理の実利用を目指して, 大内弘文, 藤松信義, 藤井孝蔵, 入門朋子, 佐藤清, 第32回可視化情報シンポジウム,   2004年07月
  • 感圧塗料実験のための形状認識を用いた画像位置補正, 藤松信義, 三栖 功, 第32回可視化情報シンポジウム,   2004年07月
  • CFD analysis of the rolling moment characteristics of M-V-5 rocket, Nobuyuki IIZUKA, Kozo FUJII, Nobuyoshi Fujimatsu, Koichiro Moriya, 25th International Symposium on Space Technology and Science,   2004年06月
  • 柔軟な壁面をもつ物体周りの流れの数値解析, 藤松信義, 三栖 功, 第17回数値流体力学シンポジウム,   2003年12月
  • Improvement of the Noise Filtering and Image Registration Methods for PSP experiments, Nobuyoshi Fujimatsu, Yoshiaki Tamura, Kozo Fujii, Mosaic International Workshop,   2003年11月
  • Aerodynamic Analysis Using the PSP Measurement System with Ruthenium (II) Complex, Hirofumi Ouchi, Nobuyoshi Fujimatsu, Yusuke Nakai, Kozo Fujii, Mosaic International Workshop,   2003年11月
  • M-Vロケット5号機ロールモーメント特性のCFD解析, 飯塚宣行, 藤井孝藏, 藤松信義, 守屋公一郎, 第35回流体力学講演会,   2003年09月
  • 表面変位の光学計測法のための画像処理に関する一考察, 藤松信義, 松崎博和, 三栖 功, 隆 敏久, 日本実験力学会2003年度年次講演会,   2003年08月
  • 光学計測における画像位置補正の精度向上について, 藤松信義, 三栖 功, 日本実験力学会2003年度年次講演会,   2003年08月
  • 位相シフトデジタルホログラフィーを用いた表面変位計測への取り組み, 松崎博和, 藤松信義, 隆雅久, 村沢剛, 日本実験力学会2003年度年次講演会,   2003年08月
  • Flow Classification of the Under-Expanded Super Sonic Jet Impinging on a Flat Plate, Yusuke Nakai, Nobuyoshi Fujimatsu, Kozo Fujii, 21st AIAA Applied Aerodynamics Conference,   2003年08月
  • Ru錯体を用いたPSP計測系の確立:宇宙研大型風洞における試み, 大内弘文, 藤松信義, 中井祐輔, 藤井孝藏, 第31回可視化シンポジウム,   2003年07月
  • 感圧塗料のためのデータ処理の全自動化への試み, 藤松信義, 田村善明, 藤井孝藏, 第31回可視化シンポジウム,   2003年07月
  • Improvement of the Noise Filtering and Image Registration Methods for PSP experiments, Nobuyoshi Fujimatsu, Yoshiaki Tamura, Kozo Fujii, 4th ASME/FED & JSME Joint Fluids Conference,   2003年05月
  • 不足膨張噴流と斜め平板の干渉流れに関する数値解析-衝撃波構造の把握−3次元的な衝撃波構造把握に向けて−, 坪井伸幸, 中井祐輔, 藤松信義, 藤井孝藏, 平成14年度科研費空力班シンポジウム,   2003年03月
  • 不足膨張噴流と平板干渉流れにおける衝撃波構造の分類, 中井裕輔, 藤松信義, 大内弘文, 藤井孝藏, 服部直三, 平成14年度衝撃波シンポジウム,   2003年03月
  • 感圧塗料による空気力計測 〜宇宙研大型風洞での試み〜, 藤松信義, 中井祐輔, 大内弘文, 鹽野智, 藤井孝藏, 入門朋子, 佐藤清, 平成14年度宇宙航行の力学シンポジウム,   2002年12月
  • PSP Experiment and the Comparison with CFD Validation for Jet Flows over a Plate, Nobuyoshi Fujimatsu, Nakai Yusuke, Tsuboi Nobuyuki, Fujii Kozo, The 1st International Symposium on Visualization and Imaging in Transport Phenomena,   2002年10月
  • 不足膨張噴流と斜め平板の干渉流れに関する実験 ‐平板角度, ノズル-平板間距離, 圧力比の影響‐, 中井祐輔, 藤松信義, 藤井孝藏, 服部直三, 第34回流体力学講演会,   2002年09月
  • Measurement of the Supersonic Jet Flows Impinging on a Flat plate at Variable Pressure Ratios, Nobuyoshi Fujimatsu, Yusuke Nakai, Kozo Fujii, The 10th International Symposium on Flow Visualization,   2002年08月
  • 感圧・感温塗料を用いた斜め平板衝突噴流の圧力計測:流れ場に対する平板距離の影響, 中井祐輔, 藤松信義, 藤井孝藏, 服部直三, 第30回可視化情報シンポジウム,   2002年07月
  • 感圧塗料のための画像処理に関する一考察, 藤松信義, 田村善昭, 藤井孝藏, 第30回可視化情報シンポジウム,   2002年07月
  • PSP Measurement of the Supersonic Jet Flows Impinging on a Flat plate at Variable Inclined Angles, Nobuyoshi Fujimatsu, Nakai Yusuke, Fujii Kozo, 23rd International Symposium on Space Technology and Science,   2002年06月
  • 感圧・感温塗料を用いた斜め平板衝突噴流の圧力計測, 中井祐輔, 藤松信義, 藤井孝藏, 服部直三, 第33期航空宇宙学会年会,   2002年04月
  • 超音速自由噴流と斜め平板の干渉流れ -CFDとPSPの比較-, 坪井伸幸, 藤松信義, 中井祐輔, 藤井孝藏, 林 光一, 平成13年度科研費空力班シンポジウム,   2002年03月
  • Impingement of Underexpanded Axisymmetric Jets on Inclined Flat Plates, Nobuyosi Fujimatsu, Nobuyuki Tsuboi, Kozo Fujii, Masashi Matsumoto, The First International Symposium on Advanced Fluid Information,   2001年10月
  • 垂直着陸ロケットの空力/運動連成シミュレータの作成, 藤松信義, 藤田昌大, 鈴木宏二郎, 第33回流体力学講演会,   2001年09月
  • 感圧塗料を用いた斜め平板衝突噴流の圧力計測, 中井祐輔, 藤松信義, 服部直三, 藤井孝藏, 第33回流体力学講演会,   2001年09月
  • 超音速自由噴流と斜め平板の干渉の三次元数値解析, 坪井伸幸, 藤松信義, 藤井孝藏, 中井祐輔, 林 光一, 第33回流体力学講演会,   2001年09月
  • PSPによる衝突噴流の壁面静圧計測, 友近一善, 服部直三, 松本尚之, 坪井伸幸, 藤松信義, 藤井孝藏, 第29回可視化情報シンポジウム,   2001年07月
  • 安全な着陸を目指して・操縦できる垂直着陸ロケットの流れシミュレータ, 藤松信義, 藤田昌大, 鈴木宏二郎, 第5回東京大学IMLシンポジウム,   2000年10月
  • 地面効果を受ける垂直着陸型ロケットの空力特性改善に関する実験的研究, 山田和彦, 藤松信義, 綿貫忠晴, 鈴木宏二郎, 第32回流体力学講演会,   2000年09月
  • 自励振動する超音速マルチジェットの振動モードに関する数値解析, 藤松信義, 鈴木宏二郎, 第32回流体力学講演会,   2000年09月
  • クラスターノズルにおける噴流の地面効果について, 藤松信義, 塚原 猛, 藤田昌大, 鈴木宏二郎, 第32回流体力学講演会,   2000年09月
  • Numerical Study on Oscillation Modes of Supersonic Multijets, Nobuyoshi Fujimatsu, Kojiro Suzuki, International Conference on CFD,   2000年07月
  • Numerical Simulation of Self-Excited Oscillating Supersonic Free Jet, Nobuyoshi Fujimatsu, Kojiro Suzuki, 22nd International Symposium on Space Technology and Science,   2000年06月
  • 垂直着陸型ロケットのノズル噴流と地面の干渉による機体底面空気力に関する実験, 山田和彦, 藤松信義, 綿貫忠晴, 鈴木宏二郎, 平成11年度宇宙航行の力学シンポジウム,   1999年12月
  • 円形音速自由噴流の数値解析, 藤松信義, 鈴木宏二郎, 平成11年度宇宙航行の力学シンポジウム,   1999年12月
  • 自励振動する超音速自由噴流の数値解析, 藤松信義, 鈴木宏二郎, 第13回数値流体力学シンポジウム,   1999年12月
  • 地面効果を受ける垂直着陸SSTO周りの流れの数値シミュレーション, 藤松信義, 山田和彦, 綿貫忠晴, 鈴木宏二郎, 平成10年度宇宙航行の力学シンポジウム,   1998年12月
  • 移動格子を用いた垂直着陸ロケット周りの流れ場の数値解析, 藤松信義, 鈴木宏二郎, 第12回数値流体力学シンポジウム,   1998年12月
  • 地面効果を受ける再使用型宇宙往還機の高度−正味推力特性に関する数値解析, 藤松信義, 鈴木宏二郎, 第30回流体力学講演会,   1998年09月
  • Flow Simulation around Reusable Launch Vehicle Hovering in Ground Effect, Nobuyoshi Fujimatsu, Kojiro Suzuki, 21st International Symposium on Space Technology and Science,   1998年06月
  • CIP-CUP法によるノズル流解析, 藤松信義, 鈴木宏二郎, 第11回数値流体力学シンポジウム,   1997年12月

特許

  • 画像情報における位置補正を自動的に処理する方法, 中北 和之, 浅井 圭介, 藤松 信義, 藤井 孝藏, 特許3728461

受賞

  •   2011年, 日本実験力学会, 日本実験力学会論文賞
  •   2009年, 日本実験力学会, 日本実験力学会2009年度年次講演会優秀講演賞
  •   2001年, 可視化情報学会, 第29回可視化情報シンポジウム グッドプレゼンテーション奨励賞

競争的資金

  • 大規模高精度流体-構造連成解析手法の開発と詳細実験による精度・妥当性検証, 文部科学省, 私立大学戦略的研究基盤形成支援事業
  • 機能性分子センサによる表面圧力・摩擦力分布同時計測システムの構築, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 若手研究(B), 空気中や水中を移動する物体には流体力が作用する.その力は,圧力と摩擦力に分けることができる.これまでの計測方法は,計測対象に小さなセンサを埋め込んで計測していたので,測定点のみの計測であった.本研究で提案する機能性分子センサを用いた計測方法は,物体に働く圧力と摩擦力を同時に,しかも表面分布を計測できる方法である.表面に働く力の分布から,物体全体に働く合力が分かる.また,表面分布を調べれば物体周りの流れの様子を調べることもできる.
  • 宇宙輸送のためのCFDの信頼性検証に関する研究, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 航空分野と異なり流体シミュレーション(CFD)技術の信頼性が確立していないため,宇宙輸送分野では個別要素的な利用のみでこの技術が設計プロセスに組み込まれないという課題を解決し,今後開発されるロケットや再使用を含めた将来輸送系の設計に役立たせることを目標にCFD技術の検証と信頼性確立に向けた研究を行った. 単段再使用宇宙機については,風洞試験データの蓄積がほとんどないことから,突入カプセル形状ではあるが流れ特性が近くてデータが豊富にあるアポロ形状を最初のケースとし,そこから形状パラメータを変更した各種形状についてシミュレーションを行った.設計技術という意味で意図的に先端でなく普及レベルの手法でPCクラスの計算機でシミュレーションが可能なものを選んだが,結果は広いマッハ数,迎角範囲においておおむね5%程度の誤差で3分力を見積もれることが明らかになった.また,流れ場の解析から線形的,非線形的な領域といった空力特性を生み出す現象を明らかにすることができた.最終年度は,エンジンつき形状,バイコニカル形状などさらに具体的な形状に対してシミュレーションを行っている,以上の結果はデータベースとして公開している. 2段式の再使用宇宙機に関しては,基本は航空機のシミュレーション技術が適用できるので、加えて問題になるデルタ翼形状のシミュレーション技術の信頼性と遷音速城で生ずるフラッター現象シミュレーションの信頼性について検討を行った,前者については,コンパクト法と呼ばれる最新計算法を利用することで翼上面に生ずる前縁剥離渦現象の解像度は格段に向上したが,乱流モデルを利用する限り限界があることも明らかになった.後者のフラッター現象については,手法そのものの信頼性確認が不足していることに着目し,フラッタシミュレーションを行う際に必要となる時間積分刻みや計算領域に関して研究を行い,流れ条件からこれらデータを決定する基準を作った. 本研究を遂行中に,新しい技術としてLES/RANSハイブリッド法が登場した.この技術は,5から10年後には基幹的なシミュレーション技術となることが予想されるため,この技術に対しても宇宙輸送で現れる基本的な流れ場を対象に信頼性の検証を行った.これまでのシミュレーション技術で明らかにすることができなかったベース部分の流れの様子が明らかになり,あわせて,この手法により実験では困難とされるベース圧力の正確な見積もりが可能となったことを示すことができた. これらの成果は多数の国内,国際会議などで発表され,いくつはすでに学術雑誌に掲載,いくつかは現在投稿中の状況にある.並行して行った風洞試験,データベースの公開ともあわせて,本研究の結果から将来の再使用輸送系に有用な知見とデータを提供できたと考えている.

その他

  •   2012年, 芝浦工業大学, 非常勤講師