詳細検索はこちら
※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

福島 康正フクシマ ヤスマサ

所属・担当
応用化学科
工業技術研究所
応用科学専攻
職名教授
メールアドレス
ホームページURL
生年月日
Last Updated :2017/07/19

研究者基本情報

学歴

  •  - 1985年, 大阪大学, 理学研究科, 高分子学
  •  - 1983年, 大阪大学, 理学部, 高分子学科

学位

  • 博士(理学), 大阪大学

所属学協会

  • 高分子学会
  • 化学会

研究活動情報

研究分野

  • 複合化学, 合成化学
  • 複合化学, 高分子化学

研究キーワード

    生物有機化学, 生体高分子, 光電気化学

論文

  • Haloparvum alkalitolerans sp. nov., alkali-tolerant haloarchaeon isolated from commercial salt, Int J Syst Evol Microbiol, 66, 5314 - 5319,   2016年12月
  • Halorubrum Gandharaense Sp. Nov., a Novel Alkaliphilic Haloarchaeon from Commercial Rock Salt, Int J Syst Evol Microbiol, 65, 2345 - 2350,   2015年08月
  • Colorimetric chemosensor for ATP based on phthalimide-appended poly(2,5-dimethoxyaniline), KATO Akinori, FUKUSHIMA Yasumasa, Polym Bull, 70, (12) 3519 - 3527,   2013年12月
  • Study on the Interaction between BSA and a Water-Soluble Cationic Poly(heteroarylene methine) Bearing Pyridinium Salts, SAKAMAKI Masaru, KATO Akinori, FUKUSHIMA Yasumasa, J Photopolym Sci Technol, 26, (6) 721 - 725,   2013年
  • Fluorescent Chemosensors for Fluoride Anion Based on Naphthalene Derivatives Bearing Two Urea Groups, SAKAMAKI Masaru, FUKUSHIMA Yasumasa, J Photopolym Sci Technol, 26, (6) 707 - 712,   2013年
  • Study of the Interaction between a Water-Soluble Cationic Poly(heteroarylene methine) and DNA, KATO Akinori, FUKUSHIMA Yasumasa, J Photopolym Sci Technol, 26, (2) 171 - 174,   2013年
  • Selective Detection of Mercury Ion by a Fluorescent Sensor Based on Dipeptide Containing Cysteine, AZUMA Takashi, FUKUSHIMA Yasumasa, J Photopolym Sci Technol, 27, (6) 685 - 689,   2014年
  • Fluorescence Studies on Self-association of Biodegradable Pyrene-labeled Poly(L-lysine) Grafted with Poly(caprolactone), KIMURA Kenji, FUKUSHIMA Yasumasa, J Photopolym Sci Technol, 27, (6) 703 - 709,   2014年
  • Mechanoresponsive Color Change in Cholesteric Liquid Crystal Film, TANAKA Naho, FUKUSHIMA Yasumasa, J Photopolym Sci Technol, 27, (6) 719 - 721,   2014年
  • 主鎖中にエチジウムブロミドを含むポリアミドの合成及び特性, 38, 123 - 126,   2000年
  • スパイダーシルクのグリシンリッチ配列を含むポリペプチドの2次構造形成性の分子量依存性, 日本化学会, 939 - 940,   1998年
  • 1,1'-アゾナフタレン誘導体による2本鎖DNAの蛍光による定量, 日本農芸化学会, 62, (11) 2254 - 2256,   1998年
  • 2,6-フルクトールビスリン酸の炭素環誘導体の6-ホスホフルクト-2-キナーゼによる合成, 日本化学会, 575 - 576,   1998年
  • スパイダーシルク中のグリシンリッチ配列を含むポリペプチドの遺伝子工学的合成, 45, 269 - 279,   1998年
  • セリンプロテアーゼのカタリティクトリアドを含む両親媒性ポリペプチドのβシート形成と加水分解触媒性, 日本化学会, 69, 431 - 439,   1996年
  • 両親媒性ポリペプチドの合成及びそのβ-シート形成, 日本高分子学会, 28, (2) 113 - 120,   1996年
  • 水溶性ポルフィリンと両性ポリペプチドの相互作用, 日本高分子学会, 27, (12) 1208 - 1218,   1995年

書籍等出版物

  • 両親媒性ペプチドのヘリックス-シート構造転移
      1999年

競争的資金

  • 人工機能性ペプチドに関する研究