研究者総覧

藤澤 誠 (フジサワ マコト)

  • 食環境科学部健康栄養学科 准教授
  • バイオ・ナノエレクトロニクス研究センター 准教授
  • 食環境科学研究科食環境科学専攻 准教授
Last Updated :2021/04/10

研究者情報

学位

  • 博士(生命科学)

ホームページURL

科研費研究者番号

  • 70549641

J-Global ID

研究キーワード

  • 細菌芽胞   酸化ストレス   ゲノム   食品微生物   極限環境微生物   枯草菌   分子生物学   大腸菌   K+/H+アンチポーター   カリウムイオン   アンチポーター   

研究分野

  • ライフサイエンス / 分子生物学
  • ライフサイエンス / ゲノム生物学
  • ライフサイエンス / 機能生物化学

経歴

  • 2013年04月 - 現在  東洋大学食環境科学部健康栄養学科 准教授
  • 2010年04月 - 2013年03月  東洋大学生命科学部助教
  • 2008年11月 - 2009年03月  東洋大学バイオ・ナノエレクトロニクス研究センター 研究助手
  • 2006年04月 - 2008年10月  Department of Systems Therapeutics, Mount Sinai School of Medicine, New York, NY, USA 博士研究員

学歴

  •         -   東洋大学 生命科学部   Faculty of Life Sciences
  •         -   東洋大学大学院 生命科学研究科 生命科学専攻

所属学協会

  • 国際微生物生態学会   日本防菌防黴学会   日本農芸化学会   国際極限環境生物学会   日本分子生物学会   日本食品微生物学会   極限環境生物学会   

研究活動情報

論文

書籍

  • 高濃度のリチウムイオン存在下で酸化的リン酸化によって生育する好アルカリ性細菌の単離とゲノムから予測される生理的性質
    藤澤 誠 極限環境生物学会・Journal of Japanese Society for Extremophiles 2012年12月 
    低Na+、高Li+、高アルカリ環境下で生育する好アルカリ性細菌を複数単離した。そのうちの1菌株についてゲノム解析を行い、従来の好アルカリ性細菌のゲノムと比較したところ、Na+の循環に関わる遺伝子群に相違がみられた。
  • Pt 2.6 Adaptive Mechanisms of Extreme Alkaliphiles; Extremophile Handbook
    藤澤 誠 Springer-Verlag 2010年12月
  • 1価カチオン/プロトン対向輸送活性を持つチャネル様二成分系トランスポーター
    藤澤 誠; 伊藤 政博 バイオサイエンスとインダストリー Vol. 66 No. 6 2008年06月 
    新規に発見されたチャネル様二成分系トランスポーターの生理的役割とその制御機構についての解説。活性の制御機構には2つの分子スイッチ機構が働いていることを述べた。
  • 2成分K+/H+アンチポーターの発見 - アンチポーター(2次的能動輸送)とチャネル(受動輸送)にまたがるタンパク質
    藤澤 誠 化学と生物 Vol. 46 No. 5 2008年05月 
    3種の細菌から新規に見出された2成分からなるK+/H+アンチポーターに関して、発見までの経緯を解説し、そのアンチポーターの生理的意義を考察した。

講演・口頭発表等

  • Paenibacillus chibensis PB-434株芽胞の表層および発芽の特性  [通常講演]
    影山真美; 佐藤悠; 佐藤順; 藤澤誠
    第20回 バシラスとグラム陽性細菌の国際会議 ポスター発表
  • Paenibacillus chibensis PB-434株の胞子の過酢酸耐性機構に関する研究  [通常講演]
    田邉 廣大; 齋藤 隆志; 佐藤 順; 藤澤 誠
    第36回(2013年)日本分子生物学会年会 2013年12月 ポスター発表
  • 大腸菌膜タンパク質とナノマテリアルの相互作用  [通常講演]
    石原雄三; 小島未央; 井上明; 藤澤誠
    第35回(2012年)日本分子生物学会年会 2012年12月 ポスター発表
  • Bacillus subtilisのK+/H+アンチポーターYhaTUシステムの精製  [通常講演]
    加藤健太郎; 田名網悠; 藤澤誠
    第35回(2012年)日本分子生物学会年会 2012年12月 ポスター発表
  • 市販の食塩中から単離されたBacillus pseudofirmus KU50株のゲノム解析  [通常講演]
    藤澤誠; 小田倉和明; 渡邉真名斗; 神山卓也; 野田和也
    第35回(2012年)日本分子生物学会年会 2012年12月 ポスター発表
  • Isolation of sodium non-requirement alkaliphiles and its physiology predicted from comparative genome analysis with sodium dependent ones.  [通常講演]
    藤澤誠; 小田倉和明; 渡邉真名斗; 神山卓也; 野田和也
    9th INTERNATIONAL CONGRESS ON EXTREMOPHILES 2012年09月 ポスター発表 
    低Na+、高Li+存在下で生育する好アルカリ性細菌を複数単離した。そのうちの1菌株についてゲノム解析を行い、その特徴について報告した。
  • ゲノム解析から見えてきたナトリウムイオン非依存性の好アルカリ性細菌の環境適応機構  [通常講演]
    藤澤 誠
    極限環境生物学会 第13回シンポジウム 2012年06月 
    低Na+、高Li+、高アルカリ環境下で生育する好アルカリ性細菌を複数単離した。そのうちの1菌株についてゲノム解析を行い、従来の好アルカリ性細菌のゲノムと比較したところ、Na+の循環に関わる遺伝子群に相違がみられた。
  • Detection of YhaTU complex, a Two-Component K+/H+ Antiporter from Bacillus subtilis, by Pull-down Assay and Blue Native PAGE.  [通常講演]
    藤澤 誠
    9th International Symposium on Bioscience and Nanotechnology 2011年12月 
    枯草菌で発見された新規イオントランスポーターYhaT-YhaUが複合体を形成しており、分子デバイス・分子スイッチとしての可能性を示した。
  • プルダウンアッセイとブルーネイティブゲル電気泳動法による枯草菌のK+/H+アンチポーターYhaTUシステムの複合体の検出  [通常講演]
    藤澤 誠
    日本農芸化学会関東支部2011年度大会 2011年10月 
    枯草菌は胞子形成を行うため、しばしば食品・医薬品の汚染で問題となる。本研究では、枯草菌で発見された新規イオントランスポーターYhaT-YhaUが複合体を形成していることを実験的に証明した。
  • Detection of YhaTU complex, a Two-Component K+/H+ Antiporter from Bacillus subtilis, by Pull-down Assay and Blue Native PAGE.  [通常講演]
    藤澤 誠
    International Union of Microbiological Societies 2011 Congress. 2011年09月 
    枯草菌は胞子形成を行うため、しばしば食品・医薬品の汚染で問題となる。本研究では、枯草菌で発見された新規イオントランスポーターYhaT-YhaUが複合体を形成していること証明するためのブルーネイティブ電気泳動法の最適化を行った。
  • Detection of interaction between subunits of a two-component K+/H+ antiporter, YhaTU, from Bacillus subtilis.  [通常講演]
    藤澤 誠
    Gordon Research Conference – Mechanisms of Membrane Transport 2011年06月 
    枯草菌は胞子形成を行うため、しばしば食品・医薬品の汚染で問題となる。本研究では、枯草菌で発見された新規イオントランスポーターYhaT-YhaUが複合体を形成していることをブルーネイティブゲル電気泳動法によって実験的に証明した。
  • CPA2ファミリーに属する2成分K+/H+アンチポーターのサブユニット間の相互作用の検出  [通常講演]
    藤澤 誠
    第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会 合同大会(神戸) 2010年12月 
    親水性タンパク質と膜タンパク質からなる2成分K+/H+アンチポーターのサブユニット間相互作用を検出した。
  • 低濃度のナトリウムイオン存在下で生育する好アルカリ性細菌の単離と生理的性質  [通常講演]
    藤澤 誠
    第11回極限環境生物学会年会(京都) 2010年11月 
    低濃度のナトリウムイオン存在下で生育する好アルカリ性細菌を単離・同定し、その生育を好アルカリ性細菌のモデル生物であるBacillus pseudofirmus OF4株と比較した。

MISC

受賞

  • 2008年 第9回極限環境微生物学会年会ポスター賞受賞
     
    受賞者: 藤澤誠
  • 2005年 東洋大学校友会奨学生
     
    受賞者: 藤澤誠

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 2成分K+/H+アンチポーターYhaTUの大量精製系の確立と作用機序の解明
    科学研究費 若手研究(B)
    研究期間 : 2011年 -2013年 
    代表者 : 藤澤 誠
  • 新しく単離されたNa+非依存性好アルカリ性細菌Bacillus pseudofirmus KU50株のアルカリ環境適応機構の解明
    特別研究(個人研究)
    研究期間 : 2011年 -2011年 
    代表者 : 藤澤 誠
  • 大腸菌と枯草菌で見つかった新規2成分K+/H+アンチポーターの作用機序の解明
    科学研究費 若手研究(スタートアップ)
    研究期間 : 2009年 -2010年 
    代表者 : 藤澤 誠

担当経験のある科目

  • 先端微生物学特論
  • 基礎化学
  • 実践食べ物と健康
  • 食品衛生学実験東洋大学
  • 微生物学実験東洋大学
  • 食品衛生学東洋大学
  • 微生物学東洋大学
  • 基礎化学Ⅱ東洋大学
  • 基礎化学Ⅰ東洋大学
  • ライフサイエンス基礎Ⅱ東洋大学
  • ライフサイエンス基礎Ⅰ東洋大学

その他のリンク

researchmap