詳細検索はこちら
※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

藤岡 照高フジオカ テルタカ

所属・担当
機械工学科
工業技術研究所
計算力学研究センター
機能システム専攻
職名教授
メールアドレス
ホームページURL
生年月日
Last Updated :2017/12/08

研究者基本情報

学歴

  • 東京大学, 工学系研究科, 機械工学専攻
  • 東京大学, 工学部, 舶用機械工学科

学位

  • 博士(工学), 東京大学
  • 工学修士, 東京大学

所属学協会

  • CAE懇話会
  • オープンCAE学会
  • 日本技術士会
  • 日本機械学会
  • 日本材料学会
  • American Society of Mechanical Engineers
  • 日本ガスタービン学会

委員歴

  •   2014年05月 - 現在, 日本材料学会高温強度部門委員会, 委員
  •   2014年04月 - 現在, 日本材料学会高温強度部門委員会余寿命診断技術評価WG, 委員
  •   2014年04月 - 現在, 日本高圧力技術協会高温構造設計委員会, 幹事

経歴

  •   2014年04月 - 現在, 東洋大学, 理工学部 機械工学科, 教授
  •  - 2014年03月, (財)電力中央研究所 エネルギー技術研究所
  •   1995年04月 - 1998年03月, 日本原子力発電(株) 高速炉開発部
  •   1992年11月 - 1993年11月, Nuclear Electric, plc., Berkeley Technology Centre
  •   1987年04月, (財)電力中央研究所 狛江研究所

研究活動情報

研究分野

  • 機械工学, 機械材料・材料力学

研究キーワード

    高温構造設計, 高温破壊力学, 有限要素法

論文

  • データ信頼性を考慮した実用的CAE, 江澤 良考,芦野 俊宏,藤岡 照高, シミュレーション, 36, (1) 16 - 22,   2017年03月
  • 微小領域からサンプリングした試料による高経年ボイラーチューブの健全性評価とクリープ余寿命推定, 小林 謙一,藤岡 照高, ボイラ研究, (400) ,   2016年12月
  • Elastic-Route Estimation of Strain Range in Notched Components Under Thermal Loading Without Performing Stress Linearization, Terutaka FUJIOKA, Transactions of ASME, Journal of Pressure Vessel Technology (Available online on October 15 2014), 137, (2) ,   2015年04月
  • Assessment Methods for Bree-type Ratcheting without the Necessity of Linearization of Stresses and Strains, Terutaka FUJIOKA, International Journal of Pressure Vessels and Piping, Elsevier, 125, 78 - 84,   2015年01月
  • 経年火力ボイラー蒸発管のSPクリープ特性と単軸クリープ試験の関係, 小林謙一, 永峰陽介, 藤岡照高, 駒崎慎一, 日本機械学会論文集(B編)(ノート), 79, (808) 2543 - 2547,   2013年12月
  • Simplified Estimates of the Creep Crack Growth Parameter C(t) under Primary/Secondary Stresses Using the Enhanced Reference Stress Method, Terutaka FUJIOKA and Robert A. Ainsworth, International Journal of Pressure Vessels & Piping, Elsevier, 110, 32 - 41,   2013年10月
  • Simplified Estimate of Elastic-plastic J-integral of Cracked Components Subjected to Secondary Stresses by the Enhanced Reference Stress Method and Elastic Follow-up Factors, Terutaka FUJIOKA, International Journal of Pressure Vessels & Piping, Elsevier, 108, 28 - 39,   2013年08月
  • Derivation of Temperature-Estimation Equation Based on Microstructural Changes in Coatings of In-Service Blades of Gas Turbines, Mitsutoshi Okada, Tohru Hisamatsu and Terutaka Fujioka, Transactions of ASME, Journal of Engineering for Gas Turbines and Power, 133, (2) 022101-1 - 022101-6,   2011年02月
  • ガスタービン用コーティングの組織変化を用いた温度推定手法―コーティング施工方法が組織変化および推定温度に及ぼす影響―, 岡田満利, 久松暢, 藤岡照高, 北村隆行, 材料, 日本材料学会, 54, (4) 323 - 330,   2009年04月
  • 無次元化構造応答パラメータに基づく発電用高温圧力機器の簡易構造健全性評価法の開発, 藤岡 照高, 東京大学博士論文 No. 216937,   2008年03月
  • べき乗型非弾性ひずみ則に従う物体中における弾性追従挙動と変位制御荷重下ピークひずみ・ピーク応力緩和の簡易評価法, 藤岡 照高, 日本機械学会論文集(A編), 74, (738) 224 - 231,   2008年02月
  • 参照応力法に基づく簡易非弾性J積分評価法の変位制御荷重への適用方法 , 藤岡 照高, 日本機械学会論文集(A編), 73, (735) 1259 - 1265,   2007年11月
  • 応力およびひずみの線形近似を要さないBREE型ラチェット評価法, 藤岡 照高, 日本機械学会論文集(A編), 73, (733) 1145 - 1151,   2007年09月
  • Mechanism and Evaluation of a New Type of Thermal Ratchetting, T. Igari, H. Wada and T. Fujioka, Solid Mechanics and its Applications, Springer, 62, 469 - 477,   1999年06月
  • 316FR鋼の高温疲労寿命特性, 小林一夫, 山口弘二, 加藤誠一, 西島敏, 藤岡照高, 中澤崇徳, 古藤広之, 伊達新吾, 日本機械学会論文集(A編), 65, (618) 545 - 549,   1998年03月
  • 確率論的破壊力学に基づく軽水炉配管のLBB成立性評価, 吉村忍, 矢川元基, 秋葉博, 藤岡照高, 日本原子力学会誌, 39, (9) 777 - 787,   1997年
  • Study on Life Extension of Aged RPV Material Based on Probabilistic Fracture Mechanics: Japanese Round Robin, 15. G. Yagawa, S. Yoshimura, N. Handa, T. Uno, K. Watashi, T. Fujioka, H. Ueda, M. Uno, K. Hojo and S. Ueda, Transactions of ASME, Journal of Pressure Vessel Technology, 117, 7 - 13,   1995年02月
  • Low Cycle Fatigue and Ductile Fracture for Japanese Carbon Steel Piping under Dynamic Loadings, N. Miura, T. Fujioka, K. Kashima, S. Kanno, M. Hayashi, M. Ishiwata, and N. Gotoh, Nuclear Engineering & Design, Elsevier, 153, 57 - 69,   1994年12月
  • 経年変化を受ける構造材料の確率論的破壊力学解析, 吉村忍, 矢川元基, 飯田式彦, 渡士克己, 藤岡照高, 植田浩義, 宇野哲老, 宇野昌嘉, 北条公延, 植田脩三, 日本原子力学会誌, 34, (12) 1151 - 1160,   1992年09月
  • A Sensitivity Study of Probabilistic Fracture Analysis of Light Water Reactor Carbon Steel Pipe, Terutaka FUJIOKA and Koichi KASHIMA, International Journal of Pressure Vessels & Piping, Elsevier, 52, (3) 403 - 416,   1992年09月

講演・口頭発表等

  • オープンソースCAEソフトSalome-Mecaを用いた膝関節半月板内における応力分布の数値的検討, 市島泰人,新藤康弘,藤岡照高, オープンCAEシンポジウム2016@東京,   2016年11月26日
  • Salome-Mecaを用いた熱疲労試験の再現解析, 三浦純哉,藤岡照高, オープンCAEシンポジウム2016@東京,   2016年11月26日
  • 非線形非定常弾塑性熱解析の検討(鋼焼入れ処理時の熱応力再現), 広田憲亮,藤岡照高, オープンCAEシンポジウム2016@東京,   2016年11月26日
  • 実機ガスタービン動翼から採取した試験片を用いたクリープ寿命評価手法, 松井陽平,岡田満利,高橋俊彦,藤岡照高, 第44回日本ガスタービン学会定期講演会(酒田),   2016年10月26日
  • Analytical Expression of Elastic Follow-up Factors in Fully Plastic Situation for Creep-fatigue Damage Assessment of High Temperature Components, 藤岡 照高,   2016年07月17日, ASME
  • 構造解析ソルバ検証用参照解の整備(低合金鋼引張試験のCode-Asterによる再現), 藤岡 照高, オープンCAEシンポジウム2015@富山,   2015年11月28日

受賞

  •   2001年, (社)日本機械学会 材料力学部門委員会 国際交流表彰,第7回クリープと高温疲労国際会議の運営,2001.