詳細検索はこちら
※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

長坂 征治ナガサカ セイジ

所属・担当
生命科学科
生命環境科学研究センター
生命科学専攻
職名教授
メールアドレス
ホームページURLhttp://www.toyo.ac.jp/site/dlsc/
生年月日
Last Updated :2017/07/19

研究者基本情報

学位

  • 博士(農学), 東京大学

所属学協会

  • 日本農芸化学会
  • 日本土壌肥料学会
  • マリンバイオテクノロジー学会
  • 日本植物生理学会

経歴

  •   2013年04月 - 現在, 東洋大学, 生命科学部, 教授
  •   2009年04月 - 2013年03月, 東洋大学, 生命科学部, 准教授
  •   2007年04月 - 2009年03月, 東京大学, 農学生命科学研究科 応用生命化学専攻, 博士研究員
  •   2003年04月 - 2007年03月, 東京大学大学院, 農学生命科学研究科 農学国際専攻, 博士研究員(CREST研究員)

研究活動情報

研究分野

  • 境界農学, 環境農学
  • 農芸化学, 植物栄養学・土壌学
  • 環境学, 環境影響評価・環境政策

研究キーワード

    バイオテクノロジー, 生体機能利用, 形質転換, 遺伝子, 円石藻, バイオミネラル, 動物プランクトン, 藻類, 活性汚泥, 銀ナノコロイド, 水生植物, メダカ, 毒性

論文

  • Salinity-dependent toxicity of water-dispersible, single-walled carbon nanotubes to Japanese medaka embryos, Chisato Kataoka, Kousuke Nakahara, Kaori Shimizu, Shinsuke Kowase, Seiji Nagasaka, Seiji Nagasaka, Seiji Nagasaka, Shinsuke Ifuku, Shosaku Kashiwada, Shosaku Kashiwada, Shosaku Kashiwada, Shosaku Kashiwada, Journal of Applied Toxicology, 37, 408 - 416,   2017年04月01日
  • The detection of endogenous 2'-deoxymugineic acid in olives (Olea europaea L.) indicates the biosynthesis of mugineic acid family phytosiderophores in non-graminaceous plants, SUZUKI Motofumi, NOZOYE Tomoko, NOZOYE Tomoko, NAGASAKA Seiji, NAKANISHI Hiromi, NISHIZAWA Naoko K., MORI Satoshi, Soil Science and Plant Nutrition, 62, (5/6) 481‐488 - 488,   2016年10月
  • The phytosiderophore efflux transporter TOM2 is involved in metal transport in rice., Nozoye T, Nagasaka S, Kobayashi T, Sato Y, Uozumi N, Nakanish H, Nishizawa NK, The Journal of biological chemistry,   2015年10月
  • Salinity increases the toxicity of silver nanocolloids to Japanese medaka embryos, Chisato Kataoka, Chisato Kataoka, Tadashi Ariyoshi, Hideo Kawaguchi, Seiji Nagasaka, Seiji Nagasaka, Shosaku Kashiwada, Shosaku Kashiwada, Environmental Science: Nano, 2, 94 - 103,   2015年02月01日
  • Radioactive cesium distribution in bamboo [Phyllostachys reticulata (Rupr) K. Koch] shoots after the TEPCO Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant disaster(Fukushima special section), NAKANISHI Hiromi, TANAKA Houdo, TAKEDA Kouki, TANOI Keitaro, HIROSE Atsushi, NAGASAKA Seiji, YAMAKAWA Takashi, MORI Satoshi, Soil science and plant nutrition, Soil science and plant nutrition, 60, (6) 801 - 808,   2014年12月
  • Strigolactone signaling regulates rice leaf senescence in response to a phosphate deficiency., Yamada Y, Furusawa S, Nagasaka S, Shimomura K, Yamaguchi S, Umehara M, Planta, 240, 399 - 408,   2014年08月
  • Rice nicotianamine synthase localizes to particular vesicles for proper function., Nozoye T, Tsunoda K, Nagasaka S, Bashir K, Takahashi M, Kobayashi T, Nakanishi H, Nishizawa NK, Plant signaling & behavior, 9,   2014年04月
  • Nicotianamine synthase 2 localizes to the vesicles of iron-deficient rice roots, and its mutation in the YXXφ or LL motif causes the disruption of vesicle formation or movement in rice., Nozoye T, Nagasaka S, Bashir K, Takahashi M, Kobayashi T, Nakanishi H, Nishizawa NK, The Plant journal : for cell and molecular biology, 77, 246 - 260,   2014年01月
  • Iron-binding Haemerythrin RING ubiquitin ligases regulate plant iron responses and accumulation., Kobayashi T, Nagasaka S, Senoura T, Itai RN, Nakanishi H, Nishizawa NK, Nature communications, 4,   2013年
  • Morphological and crystallographic transformation from immature to mature coccoliths, Pleurochrysis carterae., Saruwatari K, Nagasaka S, Ozaki N, Nagasawa H, Marine biotechnology (New York, N.Y.), 13, 801 - 809,   2011年08月
  • Glycolytic intermediates induce amorphous calcium carbonate formation in crustaceans., Sato A, Nagasaka S, Furihata K, Nagata S, Arai I, Saruwatari K, Kogure T, Sakuda S, Nagasawa H, Nature chemical biology, 7, 197 - 199,   2011年04月
  • Phytosiderophore efflux transporters are crucial for iron acquisition in graminaceous plants., Nozoye T, Nagasaka S, Kobayashi T, Takahashi M, Sato Y, Sato Y, Uozumi N, Nakanishi H, Nishizawa NK, The Journal of biological chemistry, 286, 5446 - 5454,   2011年02月
  • The rice mitochondrial iron transporter is essential for plant growth., Bashir K, Ishimaru Y, Shimo H, Nagasaka S, Fujimoto M, Takanashi H, Tsutsumi N, An G, Nakanishi H, Nishizawa NK, Nature communications, 2,   2011年
  • OsYSL18 is a rice iron(III)-deoxymugineic acid transporter specifically expressed in reproductive organs and phloem of lamina joints., Aoyama T, Kobayashi T, Takahashi M, Nagasaka S, Usuda K, Kakei Y, Ishimaru Y, Nakanishi H, Mori S, Nishizawa NK, Plant molecular biology, 70, 681 - 692,   2009年08月
  • Time course analysis of gene expression over 24 hours in Fe-deficient barley roots., Nagasaka S, Takahashi M, Nakanishi-Itai R, Bashir K, Nakanishi H, Mori S, Nishizawa NK, Plant molecular biology, 69, 621 - 631,   2009年03月
  • External iron regulates polyphosphate content in the acidophilic, thermophilic alga Cyanidium caldarium., Nagasaka S, Yoshimura E, Biological trace element research, 125, 286 - 289,   2008年12月
  • Expression and enzyme activity of glutathione reductase is upregulated by Fe-deficiency in graminaceous plants., Bashir K, Nagasaka S, Itai RN, Kobayashi T, Takahashi M, Nakanishi H, Mori S, Nishizawa NK, Plant molecular biology, 65, 277 - 284,   2007年10月
  • Cloning and characterization of deoxymugineic acid synthase genes from graminaceous plants., Bashir K, Inoue H, Nagasaka S, Takahashi M, Nakanishi H, Mori S, Nishizawa NK, The Journal of biological chemistry, 281, 32395 - 32402,   2006年10月
  • Oral immunotherapy against a pollen allergy using a seed-based peptide vaccine., Takagi H, Saito S, Yang L, Nagasaka S, Nishizawa N, Takaiwa F, Plant biotechnology journal, 3, 521 - 533,   2005年09月
  • Metal metabolism in the red alga Cyanidium caldarium and its relationship to metal tolerance., Nagasaka S, Nishizawa NK, Mori S, Yoshimura EY, Biometals : an international journal on the role of metal ions in biology, biochemistry, and medicine, 17, 177 - 181,   2004年04月
  • Prion protein suppresses perturbation of cellular copper homeostasis under oxidative conditions., Sakudo A, Lee DC, Yoshimura E, Nagasaka S, Nitta K, Saeki K, Matsumoto Y, Lehmann S, Itohara S, Sakaguchi S, Onodera T, Biochemical and biophysical research communications, 313, 850 - 855,   2004年01月
  • Evidence that electron-dense bodies in Cyanidium caldarium have an iron-storage role., Nagasaka S, Nishizawa NK, Watanabe T, Mori S, Yoshimura E, Biometals : an international journal on the role of metal ions in biology, biochemistry, and medicine, 16, 465 - 470,   2003年09月
  • Novel iron-storage particles may play a role in aluminum tolerance of Cyanidium caldarium., Nagasaka S, Nishizawa NK, Negishi T, Satake K, Mori S, Yoshimura E, Planta, 215, 399 - 404,   2002年07月

MISC

  • 4-2-4 オリーブにおけるデオキシムギネ酸の生合成(4-2 植物の微量栄養素,2015年度京都大会), 鈴木 基史, 野副 朋子, 長坂 征治, 西澤 直子, 森 敏, 日本土壌肥料学会講演要旨集,   2015年09月09日
  • オリーブにおけるデオキシムギネ酸の生合成, 鈴木基史, 野副朋子, 野副朋子, 長坂征治, 西澤直子, 西澤直子, 森敏, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 61,   2015年09月09日
  • コムギ品種「さとのそら」における穀粒の硬さと強度の特徴, 大澤実, 五十嵐昭, 長坂征治, 日本作物学会講演会要旨集, 240th,   2015年08月29日
  • Pseudokirchneriella subcapitataに対する銀ナノ粒子の毒性, 川瀬俊悟, 神山明穂, 高橋祐樹, 長坂征治, 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2015,   2015年03月05日
  • ムギネ酸類生合成に関与している酵素の局在, 古賀悠介, 新井菜月, 長坂征治, 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web), 2015,   2015年03月05日
  • 鉄結合性RING‐fingerタンパク質OsHRZによる鉄欠乏応答と鉄蓄積の制御, 小林高範, 小林高範, 長坂征治, 瀬野浦武志, 板井玲子, 中西啓仁, 西澤直子, 日本植物生理学会年会要旨集, 55th,   2014年03月11日
  • 藍藻類および微小動物に対する銀ナノコロイド曝露における影響, 清水和哉, 金沢彩子, 藤野祐太朗, 仲亀雄哉, 有吉理, 片岡知里, 竹井弘之, 廣津直樹, 杉浦則夫, 内海真生, 岩見徳雄, 長坂征治, 柏田祥策, 日本水処理生物学会誌 別巻,   2013年10月20日
  • 4-2-16 新規鉄結合因子の発現調節による鉄欠乏耐性・鉄蓄積イネの作出(4-2 植物の微量栄養素), 小林 高範, 長坂 征治, 瀬野浦 武志, 板井 玲子, 中西 啓仁, 西澤 直子, 日本土壌肥料学会講演要旨集,   2013年09月11日
  • 新規鉄結合因子の発現調節による鉄欠乏耐性・鉄蓄積イネの作出, 小林高範, 長坂征治, 瀬野浦武志, 板井玲子, 中西啓仁, 西澤直子, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 59,   2013年09月11日
  • 有毒藍藻および藍藻捕食原生動物に対する銀ナノ粒子の影響解析, 清水 和哉, 金沢 彩子, 仲亀 雄哉, 有吉 理, 片岡 知里, 長坂 征治, 竹井 弘之, 岩見 徳雄, 杉浦 則夫, 柏田 祥策, 日本水処理生物学会誌. 別巻 = Journal Japan Biological Society of Water and Waste,   2012年10月15日
  • 植物の鉄欠乏耐性と鉄蓄積を制御する新規鉄結合因子, 小林高範, 長坂征治, 瀬野浦武志, 板井玲子, 中西啓仁, 西澤直子, 日本鉄バイオサイエンス学会学術集会プログラム・抄録集, 37th,   2013年08月
  • スルメイカの肝臓に存在するカドミウム結合性タンパク質の分離分析, 瀬川俊, 井村祐己, 長坂征治, 松永俊朗, 吉村悦郎, 分析化学討論会講演要旨集, 73rd,   2013年05月04日
  • 10-9 ムギネ酸類分泌トランスポーターの発見(10.植物の微量栄養素), 野副 朋子, 長坂 征治, 小林 高範, 高橋 美智子, 佐藤 陽子, 佐藤 祐樹, 魚住 信之, 中西 啓仁, 西澤 直子, 日本土壌肥料学会講演要旨集,   2011年08月08日
  • 12-7 有機酸-鉄の葉面散布によるコムギの鉄含量増加(12.植物の代謝成分と農作物の品質), 松山 倫也, 笹本 博彦, 鈴木 基史, 菊地 弘泰, 長坂 征治, 森 敏, 日本土壌肥料学会講演要旨集,   2011年08月08日
  • メダカ受精胚を用いた銀ナノ粒子の毒性研究, 仲亀雄哉, 丹羽拓人, 竹井弘之, 長坂征治, 柏田祥策, 日本水環境学会年会講演集, 46th,   2012年03月14日
  • 円石藻におけるココリス形成の分子機構, 長澤寛道, 笠島大貴, 遠藤博寿, 長坂征治, 東京大学低温センター年報, (2) 48 - 49,   2011年10月
  • 有機酸‐鉄の葉面散布によるコムギの鉄含量増加, 松山倫也, 笹本博彦, 鈴木基史, 菊地弘泰, 長坂征治, 森敏, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 57,   2011年08月08日
  • ムギネ酸類分泌トランスポーターの発見, 野副朋子, 長坂征治, 小林高範, 高橋美智子, 佐藤陽子, 佐藤祐樹, 魚住信之, 中西啓仁, 西澤直子, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 57,   2011年08月08日
  • ムギネ酸類分泌トランスポーターの発見, 野副朋子, 長坂征治, 小林高範, 高橋美智子, 佐藤祐樹, 佐藤陽子, 魚住信之, 中西啓仁, 西澤直子, 日本鉄バイオサイエンス学会学術集会プログラム・抄録集, 35th,   2011年08月
  • スサビノリの栄養塩欠乏下における遺伝子発現解析, 吉村航, 長坂征治, 安保充, 吉村悦郎, 日本農芸化学会大会講演要旨集, 2011,   2011年03月05日
  • 円石藻のココリスに含まれる新規タンパク質の同定と局在解析, 笠島大貴, 遠藤博寿, 長坂征治, 横尾直樹, 猿渡和子, 小暮敏博, 藤原祥子, 都筑幹夫, 長澤寛道, 日本農芸化学会大会講演要旨集, 2011,   2011年03月05日
  • 10-5 イネにおけるムギネ酸顆粒の研究 : 続報(10.植物の微量栄養素,2010年度北海道大会), 野副 朋子, 長坂 征治, 高橋 美智子, 中西 啓仁, 西澤 直子, 日本土壌肥料学会講演要旨集,   2010年09月07日
  • イネにおけるムギネ酸顆粒の研究 続報, 野副朋子, 長坂征治, 高橋美智子, 中西啓仁, 西澤直子, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 56,   2010年09月07日
  • 凍結技法による植物の新しい細胞像:鉄栄養に応答するムギネ酸小胞, 西澤直子, 野副朋子, 長坂征治, 長澤寛道, 東京大学低温センター年報, (1) 10 - 11,   2010年08月
  • イネにおけるムギネ酸顆粒の研究 第二報, 野副朋子, 長坂征治, 高橋美智子, 中西啓仁, 西澤直子, 日本植物生理学会年会要旨集, 51st,   2010年03月12日
  • 甲殻類における石灰化を制御する有機基質の機能解析, 佐藤愛, 長坂征治, 降旗一夫, 永田晋治, 小暮敏博, 作田庄平, 長澤寛道, 日本農芸化学会大会講演要旨集, 2010,   2010年03月05日
  • 円石藻のココリス形成に関わるタンパク質の探索と解析, 笠島大貴, 遠藤博寿, 長坂征治, 猿渡和子, 小暮敏博, 長澤寛道, 日本農芸化学会大会講演要旨集, 2010,   2010年03月05日
  • 円石藻Pleurochrysis carteraeのココリスにおける形態と結晶方位の発達過程, 猿渡和子, 長坂征治, 尾崎紀昭, 長澤寛道, 小暮敏博, マリンバイオテクノロジー学会大会講演要旨集, 12th,   2009年05月30日
  • 生殖成長期および種子成熟期における金属元素動態の解明, 高橋美智子, 北島信行, 福田直樹, 長坂征治, 保倉明子, 寺田靖子, 中井泉, 西澤直子, 日本植物生理学会年会要旨集, 50th,   2009年03月16日
  • 円石藻Pleurochrysis carteraeのココリス形成に関わる遺伝子の探索, 長坂征治, 藤原祥子, 高塚由紀子, 柴田大輔, 田畑哲之, 長澤寛道, 日本農芸化学会大会講演要旨集, 2009,   2009年03月05日
  • アメリカザリガニの胃石と外骨格に含まれるリン化合物の同定および機能解析, 佐藤愛, 長坂征治, 降旗一夫, 永田晋治, 小暮敏博, 長澤寛道, 日本農芸化学会大会講演要旨集, 2009,   2009年03月05日
  • αトラック法による硼素薬剤の細胞内局在計測法の開発, 中沢正治, 雨宮邦招, 藤田薫, 高橋浩之, 江里口正純, 柳衛宏宣, 久智行, 中川義信, 西澤直子, 長坂征治, 眞島利和, 安田仲宏, 日本原子力研究開発機構JAEA-Review,   2009年01月
  • P9-23 イネにおけるムギネ酸穎粒の研究(ポスター紹介,9.植物の無機栄養,2008年度愛知大会), 野副 朋子, 長坂 征治, 高橋 美智子, 中西 啓仁, 森 敏, 西澤 直子, 日本土壌肥料学会講演要旨集,   2008年09月09日
  • イネにおけるムギネ酸顆粒の研究, 野副朋子, 長坂征治, 高橋美智子, 中西啓仁, 森敏, 西澤直子, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 54,   2008年09月09日
  • 初期ココリスPleurocrysis carteraeの形態と結晶方位, 猿渡和子, 長坂征治, 長澤寛道, 小暮敏博, 日本鉱物科学会年会講演要旨集, 2008, (0) 179 - 174,   2008年, ココリスは、海洋性藻類の一種である円石藻の周囲に形成されている方解石の鱗である。単一のココリスは、数十個のサブミクロンサイズの方解石が、種に固有の形態を発達させながら惰円状の有機基質の周囲に規則的に配列している。Pleurocrysis carteraeでは、方解石のc軸が垂直に近いVユニットと、水平に近いRユニットが交互に組み合わさった円環構造をしている。これまでのココリス形成モデルでは、細胞内部で有機基質上に初期結晶が核形成し、成熟したココリスへ成長した後に細胞外へ放出される。本研究では、ココリスを形成している結晶方位の異なった方解石ユニットの形成・発達機構を解明することを目的に、初期から成熟体まで様々な段階のココリスの形態をSEM観察した。また、EBSDによる結晶方位解析、さらにSEM stereo -photogrammetryによる結晶面と稜線方向の指数の決定を行った。
  • 円石藻Pleurochrysis carteraeの円石形成と培地中Ca濃度の関係, 長坂征治, 尾崎紀昭, 小暮敏博, 長澤寛道, マリンバイオテクノロジー学会大会講演要旨集, 11th,   2008年05月24日
  • イネにおけるムギネ酸顆粒の研究, 野副朋子, 長坂征治, 高橋美智子, 中西啓仁, 森敏, 西澤直子, 日本植物生理学会年会要旨集, 49th,   2008年03月15日
  • 種子成熟および発芽過程における金属元素の輸送, 高橋美智子, 北島信行, 福田直樹, 長坂征治, 保倉明子, 寺田靖子, 中井泉, 西澤直子, 日本植物生理学会年会要旨集, 49th,   2008年03月15日
  • 円石藻(Pleurochrysis carterae)の石灰化における培地中Ca濃度の影響, 長坂征治, 尾崎紀昭, 小暮敏博, 長澤寛道, 日本農芸化学会大会講演要旨集, 2008,   2008年03月05日
  • アメリカザリガニの胃石に含まれるリン化合物の化学形態の解析, 佐藤愛, 長坂征治, 降旗一夫, 永田晋治, 小暮敏博, 長澤寛道, 日本農芸化学会大会講演要旨集, 2008,   2008年03月05日
  • 9-25 イネ種子における金属分布と金属輸送(9.植物の無機栄養,2007年度東京大会), 高橋 美智子, 北島 信行, 保倉 明子, 寺田 靖子, 長坂 征治, 井上 晴彦, 石丸 泰寛, 中西 啓仁, 森 敏, 西澤 直子, 日本土壌肥料学会講演要旨集,   2007年08月22日
  • P9-23 隔離圃場における鉄欠乏耐性イネの生育評価試験(9.植物の無機栄養,2007年度東京大会), 鈴木 基史, 森川 クラウジオ健治, 中西 啓仁, 高橋 美智子, 小林 高範, 長坂 征治, 三枝 正彦, 森 敏, 西澤 直子, 日本土壌肥料学会講演要旨集,   2007年08月22日
  • 隔離圃場における鉄欠乏耐性イネの生育評価試験, 鈴木基史, 森川クラウジオ健治, 中西啓仁, 高橋美智子, 小林高範, 長坂征治, 三枝正彦, 森敏, 西澤直子, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 53,   2007年08月22日
  • イネ種子における金属分布と金属輸送, 高橋美智子, 北島信行, 保倉明子, 寺田靖子, 長坂征治, 井上晴彦, 石丸泰寛, 中西啓仁, 森敏, 西澤直子, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 53,   2007年08月22日
  • ムギネ酸類生合成経路に関わるタンパク質の細胞内局在(2), 長坂征治, 高橋美智子, 中西啓仁, 森敏, 西澤直子, 日本植物生理学会年会要旨集, 48th,   2007年03月15日
  • P9-16 ムギネ酸類分泌機構に関わる遺伝子の探索(9. 植物の無機栄養, 2006年度秋田大会講演要旨), 長坂 征治, 高橋 美智子, 中西 啓仁, 森 敏, 西澤 直子, 日本土壌肥料学会講演要旨集,   2006年09月05日
  • ムギネ酸類分泌機構に関わる遺伝子の探索, 長坂征治, 高橋美智子, 中西啓仁, 森敏, 西澤直子, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 52,   2006年09月05日
  • 一般的細胞観察法/1‐3 透過型電子顕微鏡 1‐3‐1 化学固定法,急速凍結法, 西澤直子, 長坂征治, 細胞工学,   2006年04月03日
  • ムギネ酸類分泌機構に関わる遺伝子の探索, 長坂征治, 高橋美智子, 中西啓仁, 森敏, 西澤直子, 日本植物生理学会年会要旨集, 47th,   2006年03月
  • 細胞下分解能中性子誘起αトラックマッピング法による生体内ほう素輸送メカニズムの解明, 雨宮邦招, 中沢正治, 高橋浩之, 中川義信, 江里口正純, 柳衛宏宣, 久智行, 西沢直子, 長坂征治, 丸山一雄, 笠岡敏, 宮武伸一, 桜井良憲, 古林徹, 真島利和, 安田仲宏, 横田博実, 日本原子力研究所JAERI-Conf,   2005年09月
  • 鉄欠乏誘導性オオムギ根タンパク質の細胞内局在, 長坂征治, 高橋美智子, 中西啓仁, 森敏, 西沢直子, 日本植物生理学会年会要旨集, 46th,   2005年03月
  • DEOXYMUGINEIC ACID SYNTHASE GENES IN BARLEY, Bashiir Khurram, 根岸 孝至, 長坂 征治, 高橋 美智子, 中西 啓仁, 森 敏, 西澤 直子, 日本土壌肥料学会講演要旨集,   2004年09月14日
  • イネにおけるデオキシムギネ酸合成系遺伝子発現の日周変動(9. 植物の無機栄養, 2004年度大会講演要旨集), 野副 朋子, 板井 玲子, 長坂 征治, 高橋 美智子, 中西 啓仁, 森 敏, 西澤 直子, 日本土壌肥料学会講演要旨集,   2004年09月14日
  • 鉄欠乏誘導性オオムギ根タンパク質の細胞内局在(9. 植物の無機栄養, 2004年度大会講演要旨集), 長坂 征治, 高橋 美智子, 中西 啓仁, 森 敏, 西澤 直子, 日本土壌肥料学会講演要旨集,   2004年09月14日
  • イネにおけるデオキシムギネ酸合成系遺伝子発現の日周変動, 野副朋子, 板井玲子, 長坂征治, 高橋美智子, 中西啓仁, 森敏, 西沢直子, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 50,   2004年09月14日
  • 鉄欠乏誘導性オオムギ根タンパク質の細胞内局在, 長坂征治, 高橋美智子, 中西啓仁, 森敏, 西沢直子, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 50,   2004年09月14日
  • 正常型プリオン蛋白質による細胞内銅濃度維持, 谷内洋次郎, 作道章一, 李得燦, 吉村悦郎, 長坂征治, 新田佳也子, 佐伯圭一, 糸原重美, 松本芳嗣, 日本獣医学会学術集会講演要旨集, 137th,   2004年03月01日
  • 好熱・好酸性紅藻Cyanidium caldarium細胞内か粒の鉄貯蔵組織としての働き, 長坂征治, 西沢直子, 渡部徳子, 森敏, 吉村悦郎, ESR討論会講演要旨集, 41st,   2002年10月17日
  • 植物の無機栄養 イネ幼植物の成育過程におけるAl耐性の変化, 寺岡毅, 松本紗世子, 長坂征治, 西沢直子, 森敏, 吉村悦郎, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 48,   2002年03月25日
  • 好熱・好酸性紅藻Cyanidium caldariumのAl耐性機構の解析, 長坂征治, 西沢直子, 佐竹研一, 森敏, 吉村悦郎, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 47,   2001年03月25日
  • 好熱・好酸性紅藻Cyanidium caldariumのAl耐性遺伝子の探索, 長坂征治, 山口博隆, 西沢直子, 森敏, 吉村悦郎, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 46,   2000年03月25日
  • 好熱・好酸性紅藻イデユコゴメ(Cyanidium caldarium)のAl耐性機構, 長坂征治, 鈴木一矢, 山口博隆, 佐藤義幸, 西沢直子, 森敏, 吉村悦郎, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 45,   1999年07月25日

競争的資金

  • ムギネ酸顆粒の形成,輸送機構の解明, 文部科学省, 科学研究費補助金(若手研究(B)), 長坂 征治
  • 個体群理論に基づく銀ナノ粒子の水環境生態リスク評価, 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(B)), 柏田 祥策, (1)活性汚泥への影響:下水処理場から採取した活性汚泥およびOECDに指定の人工排水に銀ナノコロイド(SNC)を最大終濃度1mg/Lとなるように添加したところ,処理能の阻害はみられなかった。しかし,SNC由来の銀イオンのみの影響を解析したところ処理能の阻害がみられ,処理能阻害は銀イオンによるものと強く推測された。(2)水生植物への影響:イネの発芽中に銀ナノコロイドを処理して発芽率を調べた結果,SNC濃度10mg/Lまで正常に発芽した。次にイネを発芽させた後,SNCを含む水耕液で5週間栽培し,葉と根の生育量を調べた。SNCO.1mg/L以上で濃度依存的に葉および根の伸長が阻害された。特に根のNH4+の吸収速度が低下していた。(3)藻類への影響:ムレミカヅキモへのSNCの毒性(EC50)は55ppb(Ag濃度)であった。光条件を明暗周期(L14/D10)に変更して培養した場合には,生育阻害率の低下が観察され,連続照明条件下ではSNCの毒性が強化されていることが示唆された。また培養の初期生物量の増加によって阻害率が低下していた。また光電子伝達系IIが阻害されていた。(4)動物プランクトン群集への影響:SNCと硝酸銀を用いてミジンコ急性遊泳阻害試験(Daphnia magna,Daphnia galeata,Bosmina longirostris)を行った結果,D.g.とB.lが高い感受性を示した。またEC50がSNCで硝酸銀よりも3-5倍高かったので毒性の直接原因がSNCではなく銀イオンであると推察された。それぞれの物質についてはEC50(遊泳阻害)濃度でも内的自然増加率に影響がなかった。(5)メダカへの影響:銀イオン曝露区において,メダカ飼育液(ERM)を使用した胚では,心拍数低下,孵化遅延,および胚の発達阻害が確認された。SNC曝露区において,ERMを使用した場合,pH4では心拍数の低下および孵化遅延が確認され,銀に対して最も高い生物濃縮性を示した。pH7およびpH9においても心拍数の低下が確認された。
  • 円石藻の形質転換系の確立とココリス形成関連遺伝子の単離, 文部科学省, 科学研究費補助金(若手研究(B)), 長坂 征治, 海洋性の単細胞藻類である円石藻は,細胞表面に炭酸カルシウムを主成分とした円石(ココリス)を形成する.このココリス形成に関わる遺伝子として,培養液中のカルシウム濃度の変化に伴い円石藻細胞内で発現量の変化する遺伝子群を単離した.この中には,糖の生合成関連遺伝子と相同性の高いものも含まれていた.これらの遺伝子の機能解析のために形質転換系の確立を試み,遺伝子の細胞への導入までは成功したが,導入された遺伝子の過剰発現は確認できなかった.