研究者総覧

川口 英夫 (カワグチ ヒデオ)

  • 生命科学部生命科学科 教授
  • 工業技術研究所 教授
  • 生体医工学研究センター 教授
  • 地域活性化研究所 教授
  • 生命科学研究科生命科学専攻 教授
Last Updated :2022/05/07

研究者情報

学位

  • 博士(工学)(大阪大学)

科研費研究者番号

  • 50416921

J-Global ID

研究キーワード

  • フレイル   メンタルヘルス不調   内田クレペリン検査   筆跡   iPS細胞   ストレス   行動   神経細胞   脳   

研究分野

  • ライフサイエンス / 神経科学一般 / 脳神経科学、行動科学、細胞工学

経歴

  • 2020年04月 - 現在  東洋大学 副学長(研究担当)兼任
  • 2009年04月 - 現在  東洋大学生命科学部 生命科学科教授
  • 2004年07月 - 2011年03月  (独)科学技術振興機構社会技術研究開発センター 「脳科学と社会」研究開発領域統括補佐/グループリーダ 兼任
  • 1998年04月 - 2009年03月  (株)日立製作所基礎研究所主任研究員/ユニットリーダ
  • 2001年11月 - 2006年03月  東京工業大学大学院理工学研究科 電子物理工学専攻客員助教授 兼任
  • 1985年04月 - 1998年03月  (株)日立製作所基礎研究所

学歴

  • 1983年04月 - 1985年03月   東京大学   大学院工学系研究科   化学エネルギー工学専攻
  • 1979年04月 - 1983年03月   東京大学   工学部   化学工学科

所属学協会

  • 日本栄養改善学会   日本分子状水素医学生物学会   日本神経科学学会   可視化情報学会   計測自動制御学会   日本疫学会   Society for Neuroscience   

研究活動情報

論文

書籍

  • 板倉町と連携した科学的根拠に基づく食育指導と運動教室の実践および地域コミュニティの特性解析
    川口英夫、大上安奈、吉﨑貴大、古屋秀樹 地域活性化研究所所報、17、2-32 2020年03月
  • 「東洋大学オリンピック・パラリンピック特別プロジェクト研究」について
    川口英夫 工業技術、42、20-22 2020年02月
  • 女性アスリートへの長期コンディショニングサポートからみえてくるもの:実践報告 -貧血問題に着目して-
    岩本紗由美、太田昌子、大上安奈、川口英夫ら J High Performance Sport; 4: 3-11 2019年04月
  • 大学生を対象とした精神健康度と栄養素摂取量との関連
    太田昌子、吉崎貴大、川口英夫 工業技術、41、43-44 2019年02月
  • 板倉町と連携した『科学的根拠に基づく食育指導および運動評価』の実践、および明和町を含む地域コミュニティの特性比較
    川口英夫、太田昌子、大上安奈、古屋秀樹、吉永淳、吉﨑貴大 地域活性化研究所所報、15、15-21 2018年03月
  • 高齢者の運動機能・認知機能の定量化方法の開発
    川口英夫、太田昌子 工業技術、40、30-35 2018年02月
  • メンタルヘルス不調と生活習慣の関係
    川口英夫、太田昌子、田中尚樹 工業技術、39、49-54 2017年02月
  • iPS細胞を分化させて作製した神経細胞の成熟度の指標化
    川口英夫; 太田昌子 工業技術, Vol. 38 2016年02月
  • 高齢者の運動能力の簡便な定量化方法の開発
    川口英夫; 根建拓 工業技術, Vol 37 2015年02月
  • メンタルヘルス関連の脳機能に関する身体的側面の検討(3)
    川口英夫; 田中尚樹; 太田昌子 工業技術, Vol. 36 2014年02月
  • NIRSによる脳機能計測と行動の解析
    川口英夫 認知神経科学, Vol. 14 (3) 2013年03月
  • 脳神経科学研究室
    川口英夫 生命科学(紀要) 2013年03月
  • メンタルヘルス関連の脳機能に関する身体的側面の検討(2)
    川口英夫; 田中尚樹; 太田昌子 工業技術, Vol. 35 2013年02月
  • メンタルヘルス関連の脳機能に関する身体的側面の検討
    川口英夫; 田中尚樹; 太田昌子 工業技術, Vol. 34 2012年02月
  • Practice records on Japan Children's Study ("Suku-Suku" Cohort)
    Kawaguchi H; Nakai A (独)科学技術振興機構・社会技術研究開発センタ 2011年03月
  • 社会能力に関連する行動特性の定量化
    川口 英夫; 川口英夫 工業技術, Vol. 32 2010年02月

講演・口頭発表等

  • 他者評価および共感性が同調行動に与える影響の可視化  [通常講演]
    浅香昌弘; 佐藤大樹; 川口英夫
    第48回可視化情報シンポジウム 2020年09月 口頭発表(一般)
  • 被災地域における高齢者のレジリエンスと心身の健康との関係の可視化  [通常講演]
    中澤早輝子; 眞塩悠平; 川口英夫
    第48回可視化情報シンポジウム 2020年09月 口頭発表(一般)
  • 井草幼児精神作業検査を用いた園児の発達の定量化  [通常講演]
    松村卓哉; 中澤早輝子; 鈴木啓順; 川口英夫
    第10回内田クレペリン精神検査研究会 2020年09月 口頭発表(一般)
  • B大学の学生の筆跡情報に関する分析  [通常講演]
    眞塩悠平; 松本幸子; 川口英夫
    第10回内田クレペリン精神検査研究会 2020年09月 口頭発表(一般)
  • 勤労者におけるメンタルヘルス不調のリスクの検討  [通常講演]
    眞塩悠平; 芝崎栞; 川口英夫
    第10回内田クレペリン精神検査研究会 2020年09月 ポスター発表
  • 分子状水素の免疫機能恒常性維持によるAPOE遺伝子欠損マウス動脈硬化症抑制
    小松真希、池谷真澄、羽富舞、藤田泰典、伊藤雅史、川口英夫、大澤郁郎
    第42回日本分子生物学会年会、4P-0495 2019年12月
  • Relationship between empathy and conformity based on behavior measurement and brain function measurement
    Asaka M, Hosokawa Y, Omura A, Sato H, Kawaguchi H
    Neurosci Abst, 152.12/ Q7 2019年10月
  • Relationship between the risk of mental health disorders and life habits in university students
    Mashio Y, Yoshizaki T, Kawaguchi H
    IBNS, P2-76 2019年07月
  • 高齢者における熱中症リスクの低減方法
    眞塩悠平、金田優華、川口英夫
    可視化情報シンポジウム、OS-81 2019年07月
  • 日常の身体活動と心身の健康の関係
    眞塩悠平、田代彩香、内田桃人、川口英夫
    可視化情報シンポジウム、OS8-2 2019年07月
  • 生活習慣が精神的・社会的な健康度に与える影響の評価
    眞塩悠平、石立雅人、川口英夫
    可視化情報シンポジウム、OS8-3 2019年07月
  • 日常生活の身体活動量と心身の健康の関係
    眞塩悠平、田代彩香、川口英夫
    内田クレペリン精神検査研究、8、A-7 2019年03月
  • 水素水はアテローム性動脈硬化症モデルマウスの大動脈血管老化を防ぐ
    小松真希、池谷真澄、関本香奈子、高橋眞由美、川口英夫、金子律子、大澤郁郎
    第41回日本分子生物学会年会、1P-0576 2018年12月
  • 地域住民における食品摂取の多様性とフレイルとの関連
    吉﨑貴大、大上安奈、横山友里、川口英夫
    第72回日本栄養・食糧学会大会(岡山) 2018年09月
  • 前向きコホート研究によるメンタルヘルス不調のリスクに生活習慣が与える要因の解明
    眞塩悠平、吉﨑貴大、川口英夫
    計測自動制御学会ライフエンジニアリング部門シンポジウム 2018、1B1-6 2018年09月
  • ゲフィチニブにより惹起された急性肺障害の水素水投与による抑制
    寺崎泰弘、鈴木徹也、渡名喜梢、寺崎美佳、桑原尚美、大城樹実、池谷真澄、高橋眞由美、梶本雄介、服部成介、川口英夫、清水章、大澤郁郎
    第8回日本分子状水素医学生物学会大会、OS-9 2018年09月
  • 水素水はLDL受容体遺伝子欠損マウスの大動脈における血管老化を防ぐ
    池谷真澄、関本香奈子、小松真希、高橋眞由美、川口英夫、金子律子、大澤郁郎
    第8回日本分子状水素医学生物学会大会、OS-10 2018年09月
  • Relationship between the risk of mental health disorders and life habits: A cohort study
    Mashio Y, Yoshizaki T, Kawaguchi H
    IBNS, 1P37 2018年07月
  • 筆跡情報を用いた高齢者運動機能の低下要因の可視化
    大場映瑠華、有瀧圭太、渡邉多恵子、渡邉久美、田中笑子、安梅勅江
    可視化情報シンポジウム、107 2018年07月
  • 高齢者フレイルの要因の可視化
    眞塩悠平、永田翔子、髙田理子、川口英夫
    可視化情報シンポジウム、108 2018年07月
  • 調査票を用いた学生の心理的・行動的特徴の可視化
    關稚菜、齋藤健太、眞塩悠平、川口英夫
    可視化情報シンポジウム、109 2018年07月
  • 運動依存的な新規マイオカインCXCL 10/IP-10の発現制御及びその生理学的意義
    石内友里、佐藤整、川口英夫、根建拓
    第40回日本分子生物学会年会、神戸、1P-0569 2017年12月
  • A cohort study on the relationship between the risk of mental health disorders and life habits
    Mashio Y, Yshizaki T, Ohta M, Kawaguchi H
    Neurosci Abst, 245.08/OO5 2017年11月
  • A novel method for the prediction of decreased motor performances in the elderly using handwriting characteristics
    Y. Hosokawa, K. Watanabe, T. Watanabe, E. Tanaka, T. Anme, and H. Kawaguchi
    Neurosci Abst, 692.11/KK30 2017年11月
  • 筆跡情報を用いたメンタルヘルス不調の予兆把握
    眞塩悠平、川口英夫
    計測自動制御学会ライフエンジニアリング部門シンポジウム要旨集、34, 8-13 2017年09月
  • 筆跡情報を用いた高齢者の運動機能の定量化
    眞塩悠平、川口英夫
    計測自動制御学会ライフエンジニアリング部門シンポジウム(岐阜)、2D1-06 2017年09月
  • 減塩に関する栄養改善教室が中・高齢者の栄養素・食品群別摂取量に及ぼす影響
    大上安奈、川口英夫
    第64回日本栄養改善学会学術総会(徳島)、3P-169 2017年09月
  • A cohort study on the predictability of the risk of mental health disorders using temporal information of handwriting
    Mashio Y, Yshizaki T, Ohta M, Kawaguchi H
    IBNS, 1P43 2017年07月
  • 運動教室に参加した高齢者における幸福感と運動能力および栄養摂取状況との関係
    和光沙依、渡辺翔平、川口英夫
    可視化情報、37, E114 2017年07月
  • 筆跡情報を用いた運動機能および認知機能低下の予兆把握
    細川佳輝、渡邊久美、渡辺多恵子、田中笑子、安梅 勅江、川口 英夫
    可視化情報、37, E201 2017年07月
  • 共培養系において初代培養細胞がiPS細胞の分化成熟に与える影響
    八代侑己, 川口英夫
    日本農芸化学会 2016年度大会、札幌 2017年03月
  • 筆跡情報を用いたメンタルヘルス不調のリスクの予測
    眞塩悠平、川口英夫
    日本発達心理学会、P6-40 2017年03月
  • Effects of environmental changes on induced pluripotent stem cell differentiation and maturation processes
    Yashiro Y, Matsui H, Kawaguchi H
    Neurosci Abst, 409.21/K4 2016年11月
  • Examining the objectivity of using handwriting characteristics to evaluate the risk of mental health disorders using the clustering method
    Mashio Y, Tanaka N, Kawaguchi H
    Neurosci Abst, 820.19/WW16 2016年11月
  • A novel method for evaluating risks of fall and forgetfulness in elderly using handwriting characteristics
    Hosokawa Y, Takatsu H, Watanabe K, Watanabe T, Tanaka E, Anme T, Kawaguchi H
    Neurosci Abst, 809.03/JJ17 2016年11月
  • Effect on differentiation and maturation of iPS cells by co-culturing with primary cultured neurons derived from mice
    Yashiro Y, Kawaguchi H
    the 7th EMBO meeting, Mannheim, Germany 2016年09月
  • Identification of CXCL10 as contraction-reduced myokine in mouse skeletal muscle  [通常講演]
    Ishiuchi Y, Sato H, Matsuwaki K, Yamanouchi K, Kawaguchi H, Nishihara M, Nedachi T
    the 7th EMBO meeting, Mannheim, Germany 2016年09月
  • Mechanism of contraction-dependent CCL5 reduction in C2C12 myotubes
    Sato H, Ishiuchi Y, Kawaguchi H, Nedachi T
    the 7th EMBO meeting, Mannheim, Germany 2016年09月
  • 筆跡を用いたメンタルヘルス不調の群分けにおける客観性のクラスタリングによる検証  [通常講演]
    眞塩悠平、田中尚樹、川口英夫、
    可視化情報、36(suppl 1)、F203 2016年07月
  • Evaluating the predictability of the onset of mental health disorders based on handwriting characteristics while writing numbers  [通常講演]
    Kawaguchi H; Mashio Y; Sakuraba S
    Society for Neuroscience, 44th Annual Meeting 2015年10月 ポスター発表
  • Evaluating motor and cognitive performances of elderly people using their handwriting features  [通常講演]
    Tabata M; Watanabe K; Watanabe T; Tanaka E; Anme T; Kawaguchi H
    Society for Neuroscience, 44th Annual Meeting 2015年10月 ポスター発表
  • ゲフィチニブ副作用の水素水による効果的抑制  [通常講演]
    大城樹実; 鈴木徹也; 寺崎泰弘; 渡名喜梢; 池谷真澄; 高橋眞由美; 川口英夫; 服部成介; 大澤郁朗
    第38回日本基礎老化学会大会 2015年06月 ポスター発表
  • ROCK阻害剤によるES細胞から神経細胞への分化促進メカニズム  [通常講演]
    上芝原佑; 川口英夫; 清水範夫
    日本農芸化学会大会 2015年03月 口頭発表(一般)
  • A novel method for predicting mental health disorders based on the handwriting features while writing numbers  [通常講演]
    Sakuraba S; Kawaguchi H
    Society for Neuroscience, 44th Annual Meeting 2014年10月 ポスター発表
  • A novel method for evaluating the motor performance of elderly people using their handwriting characteristics  [通常講演]
    Ohwada Y; Tokutake K; Watanabe T; Tanaka E; Anme T; Kawaguchi H
    Society for Neuroscience, 44th Annual Meeting 2014年10月 ポスター発表
  • nvestigation of the relationship between iPS and C2C12 cells regarding both diffusible factors and cell-cell contact  [通常講演]
    Shingen T; Nedachi T; Kawaguchi H
    Society for Neuroscience, 44th Annual Meeting 2014年10月 ポスター発表
  • 高齢者の運動機能に関する定量的評価方法の開発  [通常講演]
    石崎智也; 徳竹健太郎; 安梅勅江; 根建拓; 川口英夫
    第42回 可視化情報シンポジウム 2014年07月 口頭発表(一般)
  • メンタルヘルスと栄養摂取状況の関係  [通常講演]
    飯塚理紗; 太田昌子; 川口英夫
    第42回 可視化情報シンポジウム 2014年07月 口頭発表(一般)
  • 高濃度重水素含有水による炎症抑制効果の検討  [通常講演]
    小出賢志; 鈴木徹也; 川口英夫; 大澤郁朗
    第4回分子状水素医学シンポジウム 2014年03月 口頭発表(一般)
  • Neuronal differentiation of mouse ES cells by Rho kinase inhibitor  [通常講演]
    Kamishibahara Y; Kawaguchi H; Shimizu N
    FEBS-EMBO Conf 2014年 ポスター発表
  • ROCK阻害剤によるES細胞から神経細胞への分化促進とそのメカニズムの解析  [通常講演]
    上芝原佑; 川口英夫; 清水範夫
    第66回日本生物工学会大会 2014年 口頭発表(一般)
  • Development of an evaluation method that analyzed the motor performance among elderly people using handwriting features  [通常講演]
    Ishizaki, T; Tokutake, K; Watanabe, T; Arioka, S; Tanaka, E; Anme, T; Kawaguchi, H
    Society for Neuroscience, 43rd Annual Meeting 2013年11月
  • Predicting mental health disorders based on the time intervals between strokes while writing numbers  [通常講演]
    Kawaguchi, H; Takise, S; Iizuka, R
    Society for Neuroscience, 43rd Annual Meeting 2013年11月
  • 内田クレペリン検査時に発生するブロッキング現象の経年変化  [通常講演]
    川口英夫; 小林芳貴
    第41回 可視化情報シンポジウム 2013年07月
  • ヒトのリズムの可視化:『個人の固有リズム』と『共同作業時の生成リズム』の関係  [通常講演]
    川口英夫; 今関優希; 今井佳祐
    第41回 可視化情報シンポジウム 2013年07月
  • Silver Nano-Colloids Exhibit Toxicity to Medaka Embryos, but Salinity Dependent  [通常講演]
    Kataoka C; Nagasaka S; Kawaguchi H; Kashiwada S
    Pollutant Responses in Marine Organisms, Portugal 2013年05月
  • Development of a quantitative screening method of sarcopenia among the elderly  [通常講演]
    Ishizaki T; Kawaguchi H
    Toyo University 125th Anniversary Symposium, "Interdisciplinary Science Intelligence in Water, Marine and Global Environments" 2013年03月
  • Predictability of mental health disorders based on the time intervals between strokes while writing numbers  [通常講演]
    Takada H; Hamada H; Ozeki H; Kawaguchi H
    Toyo University 125th Anniversary Symposium, "Interdisciplinary Science Intelligence in Water, Marine and Global Environments" 2013年03月
  • Protective effects of hydrogen water against lung injury worsened by anticancer drug, gefitinib  [通常講演]
    Suzuki T; Kawaguchi H; Ohsawa I
    Toyo University 125th Anniversary Symposium, "Interdisciplinary Science Intelligence in Water, Marine and Global Environments" 2013年03月
  • Formation of neuronal circuits made from differentiated iPS cells and their electrophysiological properties  [通常講演]
    Satoh Y; Kawaguchi H
    Toyo University 125th Anniversary Symposium, "Interdisciplinary Science Intelligence in Water, Marine and Global Environments" 2013年03月
  • 筆跡の時間情報を用いたメンタルヘルス不調の予兆把握  [通常講演]
    川口英夫
    生体医工学研究センター シンポジウム 2013年02月
  • 水素水による抗がん剤ゲフィチニブの副作用抑制  [通常講演]
    鈴木徹也; 寺崎泰弘; 川口英夫; 大澤郁朗
    第3回分子状水素医学シンポジウム 2013年02月
  • Predictability of mental health disorders based on the time intervals between strokes while writing numbers  [通常講演]
    Kawaguchi H; Satoh Y
    Society for Neuroscience, 42 nd Annual Meeting 2012年10月
  • NIRSによる脳機能計測と行動の解析  [通常講演]
    川口英夫
    第17回 認知神経科学会 学術集会 2012年09月
  • 元気高齢者の認知機能・作業能力の評価  [通常講演]
    石崎智也; 武長龍樹; 中邑賢龍; 川口英夫
    第40回 可視化情報シンポジウム 2012年07月 
    可視化情報、Vol.32、Suppl. No.1
  • メンタルヘルス不調と栄養摂取の関係の可視化  [通常講演]
    川口英夫; 太田昌子; 田中尚樹
    第40回 可視化情報シンポジウム 2012年07月 
    可視化情報、Vol. 32、Suppl. No.1
  • 東洋大学生命科学部における産官学連携の取り組み ~LiFE研究会の活動を中心として~  [通常講演]
    川口英夫; 大熊廣一
    日本農芸化学会 関東支部 2011年度大会 2011年10月
  • 内田クレペリン検査中のブロッキング現象と注意の関係  [通常講演]
    伏島冬樹; 大屋雅奈未; 川口英夫; 定藤規弘
    第39回可視化情報シンポジウム 2011年07月 
    可視化情報、Vol.31、Suppl.1 No.1
  • 筆跡の時間情報を用いたメンタルヘルス不調の予兆把握  [通常講演]
    由上一郎; 川口英夫; 坂入実
    第39回可視化情報シンポジウム 2011年07月 
    可視化情報、Vol.31、Suppl.1 No.1
  • 相互作用場面における援助・被援助行動の検討 -ジェンガゲームを用いたストロークから見えるもの-  [通常講演]
    原井登志子; 村上凡子; 河合優年; 川口英夫
    日本心理学会 第74回大会 2010年09月
  • 書字の時間構造を用いたメンタルヘルスの可視化  [通常講演]
    川口英夫; 川上憲人; 有馬秀晃; 池田尚司; 坂入実
    第38回 可視化情報シンポジウム 2010年07月 
    可視化情報、Vol.30、Suppl.1 No.1
  • デジタルペンにより内田クレペリン検査を用いたうつ病の復職準備性評価に関する考察  [通常講演]
    有馬秀晃; 川上憲人; 川口英夫; 石川千佳子; 三角真之介; 蔵屋鉄平; 孫田未生
    第7回 日本うつ病学会総会 2010年06月
  • 高機能広汎性発達害児における体験の「リフレクション」過程にみられる「心の理論」機能の検討 -情動理解に焦点を当ててー  [通常講演]
    村上凡子; 河合優年; 川口英夫
    日本教育心理学会 2009年11月 
    発表論文集 第50巻
  • The Effects of Evaluating Others’ Ideas on Crafting Persuasive Essays with the Information Sharing System Using “Digital Pen”  [通常講演]
    Takahashi M; Inuzuka M; Kawaguchi H; Maki A; Nakamura K
    13th Biennual Conference for Research on Learning and Instruction 2009年08月
  • 心理学研究のブレイクスルー:心理学に貢献する行動計測の最前線  [通常講演]
    川口英夫
    日本心理学会 第72回大会 2008年09月
  • モーションキャプチャを用いた発達関連の行動特徴の抽出  [通常講演]
    川口英夫
    H19年度 発達心理学会地区シンポジウム 2007年11月
  • Behavioral characteristics of HFPDD children during a game  [通常講演]
    Kawaguchi H; Murakami B; Kawai M
    Society for Neuroscience, Annual Meeting 2007年11月

MISC

産業財産権

  • 特許6470562:運動能力評価装置、運動能力評価システム及び運動能力評価方法  
    川口 英夫
  • 特願2018-172855:表示更新装置、表示更新方法、プログラム、および記録媒体  2018年09月21日
    川口 英夫、眞塩 悠平、細川 豊
  • US Patent 14/979,669:Motor performance evaluation apparatus, motor performance evaluation system, and motor performance evaluation method  2015年12月28日
    Hideo Kawaguchi
  • 特許4555230:生体光計測装置  2010年07月23日
    川崎真護, 市川祝善, 川口文男, 田中尚樹, 川口英夫, 三國雅彦, 福田正人  (株)日立メディコ、(株)日立製作所、(学)群馬大学
  • 特開2010-131311:計算機  2010年06月17日
    廣木桂一, 川口英夫, 牧敦, 斉藤悠, 池田尚司  (株)日立製作所
  • 特開2010-131280:精神状態判定支援方法および装置  2010年06月17日
    川口英夫, 牧敦, 池田尚司, 廣木桂一, 斉藤悠  (株)日立製作所
  • 特許4518281:疾患判定支援システム  2010年05月28日
    川崎真護, 市川祝善, 川口文男, 川口英夫, 田中尚樹, 三國雅彦, 福田正人  (株)日立メディコ、(株)日立製作所、(学)群馬大学
  • 特開2009-031614:電子添削システム  2009年02月12日
    相良和彦, 相良和彦, 安藤ハル, 長谷川清, 佐藤大樹, 川口英夫, 牧敦  (株)日立製作所
  • 特開2006-187306:生体信号処理装置  2006年07月20日
    川口文男, 川崎真護, 山本剛, 桂卓成, 川口英夫  (株)日立メディコ、(株)日立製作所
  • 特開2006-042955:生体内物質光計測装置  2006年02月16日
    木口雅史, 戸丸辰也, 小泉英明, 牧敦, 川口英夫  (株)日立製作所

受賞

  • 2004年 日経BP技術賞大賞
     
    受賞者: 川口英夫

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • アスリートを対象とした暑熱ストレス応答の可視化とストレス・コーピング方法の開発
    東洋大学:オリンピック・パラリンピック特別研究助成
    研究期間 : 2017年07月 -2021年03月 
    代表者 : 川口 英夫
  • メンタルヘルス不調のリスク低減要因を抽出する追跡研究
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2017年04月 -2021年03月 
    代表者 : 川口 英夫
     
    ボランティア学生115名(3年間通しての参加者104名)に、毎年1回4月にデジタルペンを用いた内田クレペリン検査、生活習慣を測定する質問票DIHAL.2、食習慣を測定する質問票BDHQに記入していただいた。デジタルペンで取得した筆跡の時間情報からストローク間隔時間比を指標として、指標の値が10以上の参加者を高リスク群、それ以外を低リスク群に分けた。1年次から3年次に低リスク群から高リスク群に移行した群を「悪化群」(n = 4)、1年次と3年次に低リスク群であった群を「維持群」(n = 93)と定義した。 1年次での参加者のメンタルヘルス不調のリスク指標値は、悪化群は維持群に比して高かった(p < 0.10)。生活習慣では、1年次における運動の仕方は、悪化群が維持群と比較して「運動をしていない・するつもりがない」と回答した人が有意に多かった(p < 0.05)。また、悪化群は維持群と比較して身体的健康度のスコアが有意に高かった(p < 0.05)。食習慣では、1年次におけるBDHQによる栄養素および食品群の摂取割合では、悪化群は維持群と比較してパルミチン酸の摂取割合が有意に高く、調味料・香辛料類の摂取割合が有意に低かった(それぞれ p < 0.05)。さらに、上記で有意であった変数、メンタルヘルス不調と関連がある変数と交絡変数を用いた多重ロジスティック回帰分析では、1年次における身体的健康度はメンタルヘルス不調のリスクの移行と有意に関連していることが分かった(OR = 0.32,95%CI:0.10-0.96)。なお、身体健康度は生活習慣と有意な相関関係があった(p < 0.05, r = 0.692)。 以上の結果から、適度に運動を行いバランスのとれた食事をすることで身体的健康度を高めることがメンタルヘルス不調のリスクへの介入手段になり得ることが示唆された。
  • 科学研究費:基盤研究(C)(一般)
    研究期間 : 2014年04月 -2017年03月 
    代表者 : 川口 英夫
  • 犠々な骨格筋収縮パターンを再現する培養細胞系の創製とその応用
    科学研究費:基盤研究(C)(一般)
    研究期間 : 2012年04月 -2015年03月 
    代表者 : 根建 拓
  • 筆跡の時間情報を用いたメンタルヘルス不調の予兆把握
    科学研究費:萌芽研究
    研究期間 : 2012年04月 -2014年03月 
    代表者 : 川口 英夫
  • 加齢性筋減弱症の予兆把握
    常総市における介護予防事業効果の検証
    研究期間 : 2012年 -2013年
  • 個人の固有リズムと、共同作業時における協調性の関係
    井上円了記念研究助成金(研究の助成)
    研究期間 : 2013年 
    代表者 : 川口 英夫
  • 高齢者のQOL 維持のための簡便な筋力測定方法の開発
    研究所内プロジェクト
    研究期間 : 2013年 
    代表者 : 川口 英夫
     
    工業技術研究所プロジェクト
  • 運動解析に基づく精神活動計測の研究支援
    奨学寄附金
    研究期間 : 2011年 -2012年 
    代表者 : 川口 英夫
  • メンタルヘルス関連の脳機能に関する身体的側面の検討
    研究所内プロジェクト
    研究期間 : 2010年 -2012年 
    代表者 : 川口 英夫
     
    工業技術研究所プロジェクト
  • 内田クレペリン検査におけるプロッキング現象とメンタルヘルス不調との関係
    特別研究(個人研究)
    研究期間 : 2012年 
    代表者 : 川口 英夫
  • 認知・脳科学的手法に基づく元気高齢者の認知機能支援システムおよび技術者向け教育プログラムの開発
    東京大学・先端科学技術研究センター:戦略的イノベーション創出推進(S-イノベ)
    研究期間 : 2011年
  • 生体情報の取得と利用に関する研究
    共同研究
    研究期間 : 2009年 -2010年 
    代表者 : 川口 英夫
  • 内田クレぺリン検査におけるブロッキング現象の解明
    特別研究(個人研究)
    研究期間 : 2010年 
    代表者 : 川口 英夫

委員歴

  • 1999年01月 - 現在   計測自動制御学会 生体生理工学部会   運営委員
  • 2017年01月 - 2017年12月   計測自動制御学会 生体生理工学部会   主査
  • 2016年01月 - 2016年12月   計測自動制御学会 生体生理工学部会   副査
  • 2010年04月 - 2014年03月   群馬県次世代戦略会議   委員
  • 1999年 - 2001年   日本神経回路学会 理事

担当経験のある科目

  • キャリアデザインⅠ東洋大学 生命科学部
  • 物理実験東洋大学 生命科学部
  • 脳神経科学特論東洋大学 大学院生命科学専攻
  • 脳科学東洋大学 生命科学部
  • 分析化学(機器分析)東洋大学 生命科学部
  • 基礎化学東洋大学 生命科学部
  • 生命科学英語Ⅱ東洋大学 生命科学部
  • 細胞生理学東洋大学 生命科学部

社会貢献活動

  • TOPS(東洋大学東北支援プログラム)
    期間 : 2011年08月
    役割 : その他
    種別 : その他

その他

  • 2015年07月 - 現在  可視化情報シンポジウム 
    セッション・オーガナイザー、座長
  • 2013年04月 - 現在  知的財産委員会・産学連携推進センター 
    知財委員長(2013年度~2014年度、2020年度~)、知財委員(2015年度~)、副センター長(2020年度~)
  • 2010年 - 現在  生体医工学研究センター 
    研究センター員(2010年度~)
  • 2010年 - 現在  LiFE研究会 
    副会長(2010年度~2012年度)、研究員(2013年度~)
  • 2009年04月 - 現在  東洋大学 工業技術研究所 
    所長(2016年度~2019年度)、 運営委員(2010年度~2011年度、2020年度~)、研究員(2009年度~)
  • 2009年04月 - 現在  東洋大学 地域活性化研究所 
    研究員(2009年度~)、運営委員(2014年度~)
  • 2014年04月 - 2019年03月  ライフイノベーション研究所 
    研究員(2014年度~2018年度)
  • 2013年04月 - 2017年03月  学科長(学科主任) 
    生命科学部 生命科学科(2013年度~2014年度、2015年度~2016年度)
  • 2013年04月 - 2016年03月  社会貢献センター 
    運営委員(2013年度~2015年度)
  • 2014年04月 - 2015年03月  サマーキャンプ実行委員会 
    実行委員長(2014年度)
  • 2011年04月 - 2013年03月  東洋大学FD委員会 
    生命科学部・全学FD委員会委員(2011年度~2012年度)
  • 2009年03月 - 2013年03月  倫理審査委員会 
    東洋大学生命科学部・総合情報学部・理工学部倫理審査委員会 委員(2009年度~2012年度)
  • 2012年09月 - 2012年09月  第17回認知神経科学会学術集会 シンポジウム『機能画像とリハビリ』 
    招待講演
  • 2012年07月 - 2012年07月  第40回可視化情報シンポジウム 『医療・心理・健康の可視化』 
    座長
  • 2011年 - 2011年  東京大学・学位審査 
    先端科学技術研究センター

その他のリンク

researchmap