詳細検索はこちら
※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

川原 亮一カワハラ リョウイチ

所属・担当
情報連携学部情報連携学科
情報連携学研究科情報連携学専攻
職名教授
メールアドレス
ホームページURL
生年月日
Last Updated :2020/07/10

研究活動情報

研究分野

  • 情報通信, 情報ネットワーク

論文

  • Modeling Upper Layer Reaction to QoS Degradation as a Congestion Avoidance Mechanism, HARADA Shigeaki, ISHIBASHI Keisuke, KAWAHARA Ryoichi, IEICE Transactions on Communications, IEICE Transactions on Communications, 103, (4) 302 - 311,   2020年
  • Inferring Latent Traffic Demand Offered to an Overloaded Link with Modeling QoS-Degradation Effect, ISHIBASHI Keisuke, HARADA Shigeaki, KAWAHARA Ryoichi, IEICE Transactions on Communications, IEICE Transactions on Communications, 102, (4) 790 - 798,   2019年
  • ネットワークオペレーションへのAI活用, 川原 亮一, 渡辺 敬志郎, 原田 薫明, 川田 丈浩, 電子情報通信学会 通信ソサイエティマガジン, 電子情報通信学会 通信ソサイエティマガジン, 12, (1) 29 - 38,   2018年
  • Network Tomography Using Routing Probability for Virtualized Network., Rie Tagyo, Daisuke Ikegami, Ryoichi Kawahara, 2018 IEEE International Conference on Communications, ICC 2018, Kansas City, MO, USA, May 20-24, 2018, 2018 IEEE International Conference on Communications, ICC 2018, Kansas City, MO, USA, May 20-24, 2018, 1 - 7,   2018年
  • Extendable NFV-Integrated Control Method Using Reinforcement Learning., Akito Suzuki, Masahiro Kobayashi, Yousuke Takahashi, Shigeaki Harada, Keisuke Ishibashi, Ryoichi Kawahara, 2018 IEEE International Conference on Communications, ICC 2018, Kansas City, MO, USA, May 20-24, 2018, 2018 IEEE International Conference on Communications, ICC 2018, Kansas City, MO, USA, May 20-24, 2018, 1 - 7,   2018年
  • Root-Cause Diagnosis for Rare Failures Using Bayesian Network with Dynamic Modification., Yoichi Matsuo, Yuusuke Nakano, Akio Watanabe, Keishiro Watanabe, Keisuke Ishibashi, Ryoichi Kawahara, 2018 IEEE International Conference on Communications, ICC 2018, Kansas City, MO, USA, May 20-24, 2018, 2018 IEEE International Conference on Communications, ICC 2018, Kansas City, MO, USA, May 20-24, 2018, 1 - 6,   2018年
  • Root-Cause Diagnosis Using Logs Generated by User Actions., Hiroki Ikeuchi, Akio Watanabe, Takehiro Kawata, Ryoichi Kawahara, IEEE Global Communications Conference, GLOBECOM 2018, Abu Dhabi, United Arab Emirates, December 9-13, 2018, IEEE Global Communications Conference, GLOBECOM 2018, Abu Dhabi, United Arab Emirates, December 9-13, 2018, 1 - 7,   2018年
  • System design for predictive road-traffic information delivery using edge-cloud computing., Ryoichi Shinkuma, Shingo Kato, Masahiro Kanbayashi, Yasuhiro Ikeda, Ryoichi Kawahara, Takanori Hayashi, 15th IEEE Annual Consumer Communications & Networking Conference, CCNC 2018, Las Vegas, NV, USA, January 12-15, 2018, 15th IEEE Annual Consumer Communications & Networking Conference, CCNC 2018, Las Vegas, NV, USA, January 12-15, 2018, 1 - 6,   2018年
  • Workflow Extraction for Service Operation Using Multiple Unstructured Trouble Tickets., Akio Watanabe, Keisuke Ishibashi, Tsuyoshi Toyono, Keishiro Watanabe, Tatsuaki Kimura, Yoichi Matsuo, Kohei Shiomoto, Ryoichi Kawahara, IEICE Transactions, IEICE Transactions, 101-D, (4) 1030 - 1041,   2018年
  • Modeling Urban ITS Communication via Stochastic Geometry Approach., Tatsuaki Kimura, Hiroshi Saito, Hirotada Honda, Ryoichi Kawahara, IEEE 84th Vehicular Technology Conference, VTC Fall 2016, Montreal, QC, Canada, September 18-21, 2016, IEEE 84th Vehicular Technology Conference, VTC Fall 2016, Montreal, QC, Canada, September 18-21, 2016, 1 - 5,   2016年
  • Generating a network reliability formula by using binary decision diagrams, Ikeda Yasuhiro, Kawahara Ryoichi, Saito Hiroshi, IEICE Communications Express, IEICE Communications Express, 4, (9) 299 - 303,   2015年
  • Loss Recovery Method for Content Pre-distribution in VoD Service, N. Kamiyama, R. Kawahara, T. Mori, Proceedings of the World Telecommunications Congress, Proceedings of the World Telecommunications Congress, 1 - 6,   2014年06月
  • An online framework for flow round trip time measurement., Xinjie Guan, Xili Wan, Ryoichi Kawahara, Hiroshi Saito, 25th International Teletraffic Congress, ITC 2013, Shanghai, China, September 10-12, 2013, 25th International Teletraffic Congress, ITC 2013, Shanghai, China, September 10-12, 2013, 1 - 4,   2013年
  • A periodic combined-content distribution mechanism in peer-assisted content delivery networks., Naoya Maki, Ryoichi Shinkuma, Tatsuya Mori, Noriaki Kamiyama, Ryoichi Kawahara, Proceedings of the 2013 ITU Kaleidoscope: Building Sustainable Communities, Kyoto, Japan, April 22-24, 2013, Proceedings of the 2013 ITU Kaleidoscope: Building Sustainable Communities, Kyoto, Japan, April 22-24, 2013, 1 - 8,   2013年
  • Expected traffic reduction by content-oriented incentive in peer-assisted content delivery networks., Naoya Maki, Takayuki Nishio, Ryoichi Shinkuma, Tatsuro Takahashi, Tatsuya Mori, Noriaki Kamiyama, Ryoichi Kawahara, The International Conference on Information Networking 2013, ICOIN 2013, Bangkok, Thailand, January 28-30, 2013, The International Conference on Information Networking 2013, ICOIN 2013, Bangkok, Thailand, January 28-30, 2013, 450 - 455,   2013年
  • Optimally Designing ISP-Operated CDN., Noriaki Kamiyama, Tatsuya Mori, Ryoichi Kawahara, Haruhisa Hasegawa, IEICE Transactions, IEICE Transactions, 96-B, (3) 790 - 801,   2013年
  • Analyzing Characteristics of TCP Quality Metrics with Respect to Type of Connection through Measured Traffic Data., Yasuhiro Ikeda, Ryoichi Kawahara, Noriaki Kamiyama, Tatsuaki Kimura, Tatsuya Mori, IEICE Transactions, IEICE Transactions, 96-B, (2) 533 - 542,   2013年
  • Autonomic load balancing for flow monitoring., Noriaki Kamiyama, Tatsuya Mori, Ryoichi Kawahara, Proceedings of IEEE International Conference on Communications, ICC 2012, Ottawa, ON, Canada, June 10-15, 2012, Proceedings of IEEE International Conference on Communications, ICC 2012, Ottawa, ON, Canada, June 10-15, 2012, 2684 - 2688,   2012年
  • Multicast Pre-Distribution in VoD Services, Noriaki Kamiyama, Ryoichi Kawahara, Tatsuya Mori, Haruhisa Hasegawa, IEEE CQR 2011, IEEE CQR 2011,   2011年05月
  • MapReduceシステムのネットワーク負荷分析, 森達哉, 木村達明, 池田泰弘, 上山憲昭, 川原亮一, オペレーションズ・リサーチ, オペレーションズ・リサーチ, 56, (6) 331 - 338,   2011年04月
  • Limiting pre-distribution and clustering users on multicast pre-distribution VoD., Noriaki Kamiyama, Ryoichi Kawahara, Tatsuya Mori, Haruhisa Hasegawa, Proceedings of the 12th IFIP/IEEE International Symposium on Integrated Network Management, IM 2011, Dublin, Ireland, 23-27 May 2011, Proceedings of the 12th IFIP/IEEE International Symposium on Integrated Network Management, IM 2011, Dublin, Ireland, 23-27 May 2011, 706 - 709,   2011年
  • Performance evaluation of peer-assisted content distribution., Ryoichi Kawahara, Noriaki Kamiyama, Tatsuya Mori, Haruhisa Hasegawa, Consumer Communications and Networking Conference, CCNC 2011, Las Vegas, NV, 9-12 January, 2011, Consumer Communications and Networking Conference, CCNC 2011, Las Vegas, NV, 9-12 January, 2011, 725 - 729,   2011年
  • 時間的監視粒度の異常トラヒック検出精度への影響, 石橋圭介, 川原亮一, 森達哉, 近藤毅, 浅野正一郎, 電子情報通信学会 技術報告, 電子情報通信学会 技術報告, IA, (110) 43 - 48,   2010年10月
  • Detecting Anomalous Traffic using Communication Graphs, K.Ishibashi, T. Kondoh, S. Harada, T. Mori, R. Kawahara, S. Asano, World Telecommunications Congress (WTC) 2010, World Telecommunications Congress (WTC) 2010,   2010年09月
  • Profit Allocation in Coalitional VoD Service., Noriaki Kamiyama, Ryoichi Kawahara, Haruhisa Hasegawa, MASCOTS 2010, 18th Annual IEEE/ACM International Symposium on Modeling, Analysis and Simulation of Computer and Telecommunication Systems, Miami, Florida, USA, August 17-19, 2010, MASCOTS 2010, 18th Annual IEEE/ACM International Symposium on Modeling, Analysis and Simulation of Computer and Telecommunication Systems, Miami, Florida, USA, August 17-19, 2010, 111 - 120,   2010年
  • Optimally Designing Capacity and Location of Caches to Reduce P2P Traffic., Noriaki Kamiyama, Ryoichi Kawahara, Tatsuya Mori, Shigeaki Harada, Haruhisa Hasegawa, Proceedings of IEEE International Conference on Communications, ICC 2010, Cape Town, South Africa, 23-27 May 2010, Proceedings of IEEE International Conference on Communications, ICC 2010, Cape Town, South Africa, 23-27 May 2010, 1 - 6,   2010年
  • ネットワークトポロジーがコンテンツ並列配信の効果に与える影響の分析, 上山 憲昭, 川原 亮一, 長谷川 治久, 電子情報通信学会論文誌. B, 通信 = The transactions of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers. B, 電子情報通信学会論文誌. B, 通信 = The transactions of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers. B, 92, (11) 1764 - 1777,   2009年11月01日
  • ファイル転送残量を考慮したP2Pネットワークにおけるファイル共有方式の性能評価, 川原崎 雅敏, 川原 亮一, 大沼 智洋, 鈴木 慧, 電子情報通信学会論文誌. B, 通信 = The transactions of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers. B, 電子情報通信学会論文誌. B, 通信 = The transactions of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers. B, 92, (8) 1212 - 1224,   2009年08月01日
  • On the Quality of Triangle Inequality Violation Aware Routing Overlay Architecture., Ryoichi Kawahara, Eng Keong Lua, Masato Uchida, Satoshi Kamei, Hideaki Yoshino, INFOCOM 2009. 28th IEEE International Conference on Computer Communications, Joint Conference of the IEEE Computer and Communications Societies, 19-25 April 2009, Rio de Janeiro, Brazil, INFOCOM 2009. 28th IEEE International Conference on Computer Communications, Joint Conference of the IEEE Computer and Communications Societies, 19-25 April 2009, Rio de Janeiro, Brazil, 2761 - 2765,   2009年
  • Adaptive Bandwidth Control to Handle Long-Duration Large Flows., Ryoichi Kawahara, Tatsuya Mori, Noriaki Kamiyama, Shigeaki Harada, Haruhisa Hasegawa, Proceedings of IEEE International Conference on Communications, ICC 2009, Dresden, Germany, 14-18 June 2009, Proceedings of IEEE International Conference on Communications, ICC 2009, Dresden, Germany, 14-18 June 2009, 1 - 6,   2009年
  • Improving Deployability of Peer-Assisted CDN Platform with Incentive., Tatsuya Mori, Noriaki Kamiyama, Shigeaki Harada, Haruhisa Hasegawa, Ryoichi Kawahara, Proceedings of the Global Communications Conference, 2009. GLOBECOM 2009, Honolulu, Hawaii, USA, 30 November - 4 December 2009, Proceedings of the Global Communications Conference, 2009. GLOBECOM 2009, Honolulu, Hawaii, USA, 30 November - 4 December 2009, 1 - 7,   2009年
  • A Method of Constructing QoS Overlay Network and Its Evaluation., Ryoichi Kawahara, Satoshi Kamei, Noriaki Kamiyama, Haruhisa Hasegawa, Hideaki Yoshino, Eng Keong Lua, Akihiro Nakao, Proceedings of the Global Communications Conference, 2009. GLOBECOM 2009, Honolulu, Hawaii, USA, 30 November - 4 December 2009, Proceedings of the Global Communications Conference, 2009. GLOBECOM 2009, Honolulu, Hawaii, USA, 30 November - 4 December 2009, 1 - 6,   2009年
  • Network topology design considering detour traffic caused by link failure, N. Kamiyama, R. Kawahara, H. Yoshino, Networks 2008 - The 13th International Telecommunications Network Strategy and Planning Symposium, Networks 2008 - The 13th International Telecommunications Network Strategy and Planning Symposium, CDROM,   2008年09月
  • 差分トラヒック量を利用した異常ボリューム変化特定手法の精度評価(共著), 原田薫明, 川原亮一, 上山憲昭, 近藤 毅, 石橋圭介, 浅野正一郎, NS研究会, NS研究会,   2008年05月
  • Extracting Worm-Infected Hosts Using White List., Noriaki Kamiyama, Tatsuya Mori, Ryoichi Kawahara, Shigeaki Harada, Hideaki Yoshino, Proceedings of the 2008 International Symposium on Applications and the Internet, SAINT 2008, 28 July - 1 August 2008, Turku, Finland, Proceedings of the 2008 International Symposium on Applications and the Internet, SAINT 2008, 28 July - 1 August 2008, Turku, Finland, 68 - 75,   2008年
  • Detection of Leaps/sLumps in Traffic Volume of Internet Backbone., Yutaka Hirokawa, Kimihiro Yamamoto, Shigeaki Harada, Ryoichi Kawahara, Challenges for Next Generation Network Operations and Service Management, 11th Asia-Pacific Network Operations and Management Symposium, APNOMS 2008, Beijing, China, October 22-24, 2008. Proceedings, Challenges for Next Generation Network Operations and Service Management, 11th Asia-Pacific Network Operations and Management Symposium, APNOMS 2008, Beijing, China, October 22-24, 2008. Proceedings, 409 - 418,   2008年
  • Inferring Original Traffic Pattern from Sampled Flow Statistics., Tatsuya Mori, Ryoichi Kawahara, Noriaki Kamiyama, Shigeaki Harada, 2007 International Symposium on Applications and the Internet - Workshops (SAINT 2007 Workshops), 15-19 January 2007, Hiroshima, Japan, 2007 International Symposium on Applications and the Internet - Workshops (SAINT 2007 Workshops), 15-19 January 2007, Hiroshima, Japan,   2007年
  • 2-D Bitmap for Summarizing Inter-Host Communication Patterns., Keisuke Ishibashi, Tatsuya Mori, Ryoichi Kawahara, Katsuyasu Toyama, Shunichi Osawa, Shoichiro Asano, 2007 International Symposium on Applications and the Internet - Workshops (SAINT 2007 Workshops), 15-19 January 2007, Hiroshima, Japan, 2007 International Symposium on Applications and the Internet - Workshops (SAINT 2007 Workshops), 15-19 January 2007, Hiroshima, Japan,   2007年
  • A Study on Detecting Network Anomalies Using Sampled Flow Statistics., Ryoichi Kawahara, Tatsuya Mori, Noriaki Kamiyama, Shigeaki Harada, Shoichiro Asano, 2007 International Symposium on Applications and the Internet - Workshops (SAINT 2007 Workshops), 15-19 January 2007, Hiroshima, Japan, 2007 International Symposium on Applications and the Internet - Workshops (SAINT 2007 Workshops), 15-19 January 2007, Hiroshima, Japan,   2007年
  • Simple and Adaptive Identification of Superspreaders by Flow Sampling., Noriaki Kamiyama, Tatsuya Mori, Ryoichi Kawahara, INFOCOM 2007. 26th IEEE International Conference on Computer Communications, Joint Conference of the IEEE Computer and Communications Societies, 6-12 May 2007, Anchorage, Alaska, USA, INFOCOM 2007. 26th IEEE International Conference on Computer Communications, Joint Conference of the IEEE Computer and Communications Societies, 6-12 May 2007, Anchorage, Alaska, USA, 2481 - 2485,   2007年
  • Detection Accuracy of Network Anomalies Using Sampled Flow Statistics., Ryoichi Kawahara, Keisuke Ishibashi, Tatsuya Mori, Noriaki Kamiyama, Shigeaki Harada, Shoichiro Asano, Proceedings of the Global Communications Conference, 2007. GLOBECOM '07, Washington, DC, USA, 26-30 November 2007, Proceedings of the Global Communications Conference, 2007. GLOBECOM '07, Washington, DC, USA, 26-30 November 2007, 1959 - 1964,   2007年
  • サンプルフロー情報を用いた異常トラヒック検出法に関する一考察 (共著), 川原亮一, 森 達哉, 石橋圭介, 上山憲昭, 原田薫明, 浅野正一郎, CQ研究会, CQ研究会,   2006年11月
  • Estimating Top N Hosts in Cardinality Using Small Memory Resources., Keisuke Ishibashi, Tatsuya Mori, Ryoichi Kawahara, Yutaka Hirokawa, Atsushi Kobayashi, Kimihiro Yamamoto, Hitoaki Sakamoto, Proceedings of the 22nd International Conference on Data Engineering Workshops, ICDE 2006, 3-7 April 2006, Atlanta, GA, USA, Proceedings of the 22nd International Conference on Data Engineering Workshops, ICDE 2006, 3-7 April 2006, Atlanta, GA, USA,   2006年
  • Estimating Flow Rate from Sampled Packet Streams for Detection of Performance Degradation at TCP Flow Level., Ryoichi Kawahara, Tatsuya Mori, Keisuke Ishibashi, Noriaki Kamiyama, Takeo Abe, Proceedings of the Global Telecommunications Conference, 2006. GLOBECOM '06, San Francisco, CA, USA, 27 November - 1 December 2006, Proceedings of the Global Telecommunications Conference, 2006. GLOBECOM '06, San Francisco, CA, USA, 27 November - 1 December 2006,   2006年
  • An Adaptive Load Balancing Method for Multiple Paths Using Flow Statistics and Its Performance Analysis, KAWAHARA Ryoichi, IEICE transactions on communications, IEICE transactions on communications, 87, (7) 1993 - 2003,   2004年07月01日
  • Identifying elephant flows through periodically sampled packets., Tatsuya Mori, Masato Uchida, Ryoichi Kawahara, Jianping P, Shigeki Goto, Proceedings of the 4th ACM SIGCOMM Internet Measurement Conference, IMC 2004, Taormina, Sicily, Italy, October 25-27, 2004, Proceedings of the 4th ACM SIGCOMM Internet Measurement Conference, IMC 2004, Taormina, Sicily, Italy, October 25-27, 2004, 115 - 120,   2004年
  • A method of bandwidth dimensioning and management using flow statistics [IP networks]., Ryoichi Kawahara, Keisuke Ishibashi, Takuya Asaka, Shuichi Sumita, Takeo Abe, Proceedings of the Global Telecommunications Conference, 2004. GLOBECOM '04, Dallas, Texas, USA, 29 November - 3 December 2004, Proceedings of the Global Telecommunications Conference, 2004. GLOBECOM '04, Dallas, Texas, USA, 29 November - 3 December 2004, 670 - 674,   2004年
  • A Method of IP Traffic Management Using the Relationship between TCP Flow Behavior and Link Utilization, KAWAHARA Ryoichi, ISHIBASHI Keisuke, ASAKA Takuya, ORI Katsunori, IEICE transactions on communications, IEICE transactions on communications, 86, (11) 3244 - 3256,   2003年11月01日
  • A Scalable IP Traffic Control Method for Weighted Bandwidth Allocation per Flow, KAWAHARA Ryoichi, KOMATSU Naohisa, IEICE transactions on communications, IEICE transactions on communications, 84, (10) 2815 - 2829,   2001年10月01日
  • Network Engineering Based on Real-time Traffic Monitoring for an Internet Backbone, S. ASANO, J. MATSUKATA, S. SAITO, R. KAWAHARA, S. URUSHIDANI, Proceedings of International Switching Symposium (ISS'2000, Birmingham), (May 2000), Proceedings of International Switching Symposium (ISS'2000, Birmingham), (May 2000), (39784) 122.1 - 122.7,   2000年05月
  • Performance of TCP/IP over ATM over an ADSL, KAWAHARA Ryoichi, SAITO Hiroshi, IEICE transactions on communications, IEICE transactions on communications, 83, (2) 140 - 154,   2000年02月25日
  • Metohd of Implementing GFR Service in Large-Scale Networks Using ABR Control Mechanism and Its Performance Analysis, KAWAHARA Ryoichi, KAMADO Yuki, OMOTANI Masaaki, NAGATA Shunsaku, IEICE transactions on communications, IEICE transactions on communications, 82, (12) 2081 - 2094,   1999年12月01日
  • ABRの重み付け帯域割当てを用いたIPスループット最低保証のためのトラヒック制御方式, 川原 亮一, 小沢 利久, 電子情報通信学会論文誌. B, 通信, 電子情報通信学会論文誌. B, 通信, 82, (5) 908 - 919,   1999年05月25日
  • 最低スループット保証に適した開ループ制御型ATM転送方式のサービス特性分析, 朝香 卓也, 川原 亮一, 小沢 利久, 電子情報通信学会論文誌. B-1, 通信1-情報通信システム・理論, 電子情報通信学会論文誌. B-1, 通信1-情報通信システム・理論, 81, (11) 731 - 740,   1998年11月
  • 大規模網におけるABRレート制御アルゴリズム, 川原 亮一, 小沢 利久, 電子情報通信学会論文誌. B-1, 通信1-情報通信システム・理論, 電子情報通信学会論文誌. B-1, 通信1-情報通信システム・理論, 81, (11) 720 - 730,   1998年11月
  • Overload Control for the Intelligent Network and Its Analysis by Simulation, KAWAHARA Ryoichi, ASAKA Takuya, SUMITA Shuichi, IEICE transactions on communications, IEICE transactions on communications, 78, (4) 494 - 503,   1995年04月25日

MISC

  • ITSに向けた無線干渉評価モデルの検討, 木村達明, 本多泰理, 川原亮一, 斎藤洋, 電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM), 2016,   2016年03月01日
  • BS-6-3 差分トラヒック量を利用した異常ボリューム変化特定手法の精度評価(BS-6.ネットワーク情報収集およびセンシングとそのネットワーク制御への活用に関する技術,シンポジウムセッション), 原田薫明, 川原亮一, 上山憲昭, 近藤毅, 石橋圭介, 浅野正一郎, 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集, 2008, (2) "S - 47"-"S-48",   2008年09月02日
  • 差分トラヒック量を利用した異常ボリューム変化特定手法の精度評価(トラヒック,ネットワーク解析,トラヒック,ポストIPネットワーキング,プロトコル・ネットワーク制御,ネットワーク予測・解析,一般), 原田薫明, 川原亮一, 上山憲昭, 近藤毅, 石橋圭介, 浅野正一郎, 電子情報通信学会技術研究報告. NS, ネットワークシステム, 108, (31) 1 - 6,   2008年05月08日, ネットワーク上に発生するDDoS (Distributed Denial of Service)攻撃などの異常トラヒックを規制するためには,異常が発生している通信領域(src_ip, dstJp, protocol, src_port, dst_port)を正確に特定する技術が重要となる.異常領域の特定において,正常区間を基準として異常発生区間の通信トラヒックとの差分をとり分析する手法が提案されているが,正常状態においてもトラヒック変動がみられるため,差分トラヒックの分析に正常変動による誤差を考慮する必要がある.本稿では,差分トラヒックを用いて特定できる異常ボリュームに対する正常なトラヒック変動が及ぼす影響を評価する.また,異常発生区間と異なる区間のトラヒックを基準として用いることの妥当性を,実計測データを用いて検証する.
  • B-7-10 分割監視による異常トラヒックの可検出性についての一考察(B-7. 情報ネットワーク,一般セッション), 原田薫明, 川原亮一, 上山憲昭, 浅野正一郎, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2008,   2008年03月05日
  • B-7-11 監視粒度を変えたときのトラヒック平均分散特性とトラヒック変動量推定への応用(B-7. 情報ネットワーク,一般セッション), 川原亮一, 石橋圭介, 森達哉, 上山憲昭, 原田薫明, 浅野正一郎, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2008,   2008年03月05日
  • リンクメトリックの不確実性が経路制御に与える影響の評価, 児玉 瑞穂, 亀井 聡, 長谷川 剛, 川原 亮一, 村田 正幸, 吉野 秀明, 電子情報通信学会技術研究報告. CQ, コミュニケーションクオリティ, 107, (312) 25 - 30,   2007年11月08日, インターネットの普及と技術進化にともない,IPネットワークにおいて,ネットワークの広域化,多ノード化といった変化が起きている.既存のトラヒック制御手法はIPネットワークのこのような変化を想定していない.そのため,このような変化に対応し,ネットワーク性能を大域的に最適化できるトラヒック制御手法が求められている.特に経路制御に着目すると,大規模ネットワークにおいて経路制御を行う際に,必要となるリンクメトリックを完全に取得することは困難であるため,推定値や最新ではない値を用いざるを得ない場合がある.すなわち,リンクメトリックの信頼性が低い場合においても効率的な経路を選択できることが,大域的最適化を可能とする経路制御を実現するためには必要となる.本報告では,リンクメトリックの不確実性が経路制御に与える影響を評価する.具体的には,3種類のネットワークトポロジを用いて,リンクメトリックが大幅に変化した際に最短経路を選ぶことができなくなる制御ミス率を評価し,大域的最適化を行う経路制御に必要となる条件を考察する.
  • B-7-72 サンプルフロー情報を用いた異常トラヒック検出法の検出精度評価(B-7.情報ネットワーク,一般講演), 川原亮一, 石橋圭介, 森達哉, 上山憲昭, 原田薫明, 浅野正一郎, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2007,   2007年03月07日
  • B-7-73 サンプルパケット数情報を用いた異常トラヒックの検出精度(B-7.情報ネットワーク,一般講演), 石橋圭介, 川原亮一, 森達哉, 近藤毅, 浅野正一郎, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2007,   2007年03月07日
  • サンプルパケット数情報を用いた異常トラヒックの検出精度(セキュリティ), 石橋圭介, 川原亮一, 森達哉, 近藤毅, 浅野正一郎, 電子情報通信学会技術研究報告. IN, 情報ネットワーク, 106, (578) 125 - 130,   2007年03月01日, 本稿では,サンプリングによる異常検出精度の劣化について定量的な評価を行った.ランダムパケットサンプリング,通常トラヒックの分布を仮定した上で,False Positive Ratio(FNR), False Negative Ratio(FNR)の計算式を与え,同式を用いて,与えられたFNR,FPRを達成可能となる攻撃トラヒック量やサンプリングレートを導出した.導出式の精度について,実トラヒックデータを用いて評価を行った.また,サンプリングレート,FNR,FPR,検出すべき攻撃トラヒック量が与えられている場合に,それらを達成するために監視粒度を変化させる手法の検討も行った.
  • サンプルフロー情報を用いた異常トラヒック検出法の検出精度評価(セキュリティ), 川原亮一, 石橋圭介, 森達哉, 上山憲昭, 原田薫明, 浅野正一郎, 電子情報通信学会技術研究報告. IN, 情報ネットワーク, 106, (578) 131 - 136,   2007年03月01日, 著者らはこれまでに,ネットワークスキャンやSYN floodingのような小さなフローを大量生成する異常トラヒックはパケットサンプリングを行うと検出困難になることを実データを用いて示した.これは,このような異常フローが,正常フローに比べてパケットサンプリング時にサンプルされにくいことに起因する.本稿では,パケットサンプリングが異常検出精度へどのような影響を与えるかを定量的に分析する.その際,フローサンプリング時の異常検出精度とも比較する.また,パケットサンプリング後も異常トラヒックを適切に検出可能とするような,トラヒックの分割監視方法およびその分割数決定法についても述べる.
  • サンプルフロー情報を用いた異常トラヒック検出法に関する一考察(インターネットの品質評価・品質管理技術,ネットワーク品質,トラヒック計測,一般), 川原亮一, 森達哉, 石橋圭介, 上山憲昭, 原田薫明, 浅野正一郎, 電子情報通信学会技術研究報告. NS, ネットワークシステム, 106, (355) 7 - 12,   2006年10月, パケットサンプリングを通じて得られるフロー情報を用いて,異常トラヒックを検出する方法について報告する.まず,ネットワークスキャンやSYN floodingのような,小さなフローを大量発生する異常トラヒックはパケットサンプリングすると検出が困難になることを示す.これは,正常フローに比べてこのような異常フローは,個々のフローを構成するパケット数が少ないため,サンプルされにくいことに起因する.次に,この問題への解決法として,監視トラヒックを空間方向に分割して複数グループに分け,各グループのトラヒックについて時系列解析を行うことにより,パケットサンプリング後も異常トラヒックを適切に検出可能であることを実データ分析を通じて示す.
  • サンプルフロー情報を用いた異常トラヒック検出法に関する一考察(インターネットの品質評価・品質管理技術,ネットワーク品質,トラヒック計測,一般), 川原亮一, 森達哉, 石橋圭介, 上山憲昭, 原田薫明, 浅野正一郎, 電子情報通信学会技術研究報告. CQ, コミュニケーションクオリティ, 106, (356) 37 - 42,   2006年10月, パケットサンプリングを通じて得られるフロー情報を用いて,異常トラヒックを検出する方法について報告する.まず,ネットワークスキャンやSYN floodingのような,小さなフローを大量発生する異常トラヒックはパケットサンプリングすると検出が困難になることを示す.これは,正常フローに比べてこのような異常フローは,個々のフローを構成するパケット数が少ないため,サンプルされにくいことに起因する.次に,この間題への解決法として,監視トラヒックを空間方向に分割して複数グループに分け,各グループのトラヒックについて時系列解析を行うことにより,パケットサンプリング後も異常トラヒックを適切に検出可能であることを実データ分析を通じて示す.
  • NetDelta : 大規模トラヒックデータの長時間・詳細分析方法(デモ,ポスターセッション,VPN, NAT,ネットワークセキュリティ,DDoS, P2P及び一般), 森達哉, 石橋圭介, 上山憲昭, 川原亮一, 浅野正一郎, 電子情報通信学会技術研究報告. NS, ネットワークシステム, 106, (236) 133 - 138,   2006年09月07日, 大規模トラヒックデータの詳細かつ長期間にわたる分析・蓄積を可能にするネットワーク計測技術,NetDelta (DEtailed, Long-Term Analysis)を提案する.中心となるアイディアは,ハッシュ関数およびビットマップを用いた複数の異なり数計数法を適切に組み合わせることによって,幅広い範囲の異なり数を指定した推定精度で推定することである.各々のビットマップのサイズは小さいため,長期間にわたる計測が可能である.同手法を用いることによって分析トラヒックデータの時間的および空間的な集約が可能になる.超高速バックボーン回線で計測した実トラヒックデータを用いた評価結果についても報告する.
  • 使用率統計情報を用いたTCPフローレベル性能劣化検出法(NW性能管理,品質とコスト,品質と感性,一般), 石橋 圭介, 川原 亮一, 朝香 卓也, 会田 雅樹, 電子情報通信学会技術研究報告. CQ, コミュニケーションクオリティ, 103, (445) 45 - 48,   2003年11月14日, 本稿では,ユーザアクセス回線を集約する集約回線におけるフローレベル性能劣化検出法について述べる.著者らは,文献[1]で,このような回線の帯域管理法として,TCPフローがプロセッサシェアリング(PS)モデルに従うとし,低使用率時の使用率の分散とフロー数の分散の関係を導出し,短時間間隔で測定した使用率の分散からPSモデルのパラメータを推定し,PSモデルを用いて性能劣化を予測する方式を提案した.本稿では,高使用率時の使用率の分散とフロー数の分散の関係を導出し,その関係から,使用率分数値を用いてフローレベル性能が劣化しているか否かを検出する手法を提案する.使用率の分散は,低使用率時には平均使用率に対して線形に増大するものの,高使用率時には使用率1で頭打ちになるために減少する.頭打ちになっている状態ではリンク帯域を使いきっており性能劣化が発生しているため,この分散の減少はフローレベル品質劣化と関連があると考えられる.本橋では,この関係を解析的に導出し,その関係を用いて性能劣化を検出する手法を提案する.同手法のシミュレーションによる評価結果も示す.
  • フロー統計情報を用いた帯域設計管理法(セッションA-1)(<特集>アクティブネットワーク,IP-VPN,ネットワークセキュリティ,超高速ネットワーク,P2P通信及び一般), 川原 亮一, 石橋 圭介, 朝香 卓也, 電子情報通信学会技術研究報告. CS, 通信方式, 103, (313) 1 - 4,   2003年09月11日, フロー統計情報を用いてTCP品質劣化度を推定して帯域設計・管理を行う方法を提案する.これまでに著者らは,同時接続フロー数とリンク使用率からTCPフローの品質が劣化しているか否かを判別する手法を検討してきた.本稿では,TCP品質劣化が観測される前に品質劣化が開始するリンク使用率を推定する方法,ならびにTCP品質を維持するのに必要な帯域を算出する方法について述べる.また,提案手法の有効性をシミュレーション評価ならびに数値解析を通じて示す.
  • 使用率統計情報を用いた帯域管理法(セッションA-1)(<特集>アクティブネットワーク,IP-VPN,ネットワークセキュリティ,超高速ネットワーク,P2P通信及び一般), 石橋 圭介, 川原 亮一, 朝香 卓也, 会田 雅樹, 電子情報通信学会技術研究報告. CS, 通信方式, 103, (313) 5 - 8,   2003年09月11日, 本稿では,多数ユーザのアクセス回線を集約する回線の帯域管理方法について述べる.これまで著者らは,このような回線の帯域管理法として,同時接続フロー数と使用率を測定し,その関係から,TCPフローが品質劣化しているか否かを判別する方式について検討してきた.本稿では,同時接続フロー数を直接測定せずに,使用率の統計情報からTCPフローの品質劣化度を推定する方式について述べる.また,同手法のシミュレーションによる評価結果も示す.
  • B-7-7 使用率統計情報を用いた帯域管理法, 石橋 圭介, 川原 亮一, 朝香 卓也, 会田 雅樹, 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集, 2003,   2003年09月10日
  • TCPフロー統計情報を用いたIPトラヒック管理手法, 川原 亮一, 石橋 圭介, 朝香 卓也, 織 克典, 電子情報通信学会技術研究報告. NS, ネットワークシステム, 102, (458) 53 - 56,   2002年11月14日, 同時接続フロー数とリンク使用率だけを測定し,TCP品質劣化度を算出するIPトラヒック管理手法を提案する.提案する手法では,フロー数のリンク使用率に対する挙動から,リンク状態を品質維持状態と品質劣化状態の2つに分類し,それぞれの状態にある頻度からTCP品質劣化度を算出する.本手法により,直接,TCPの品質を測定することなく,簡易に測定可能な同時接続フロー数とリンク使用率だけを用いてTCP品質劣化を判定することが可能となる.また,本稿では,提案する手法の前提となるTCPのトラヒック特性および提案手法の精度をシミュレーションにより明らかにする.
  • 最低帯域保証機能を持つATM転送方式の特性評価, 川原 亮一, 朝香 卓也, 小沢 利久, 電子情報通信学会技術研究報告. CS, 通信方式, 98, (11) 31 - 38,   1998年04月23日, ATMレイヤにおける最低帯域の保証機能を持ったサービスカテゴリとして, 既に標準化済みであるVBR, ABRと標準化が進行中であるGFR(Guaranteed Frame Rate)があげられる.これらサービスカテゴリはその機能上, ATMレイヤでの最低帯域を保証するものであり, それを用いてコンピュータ通信を行った場合の性能を直接保証するものではない.そこで本稿では, ユーザLAN間に張られたVCに対してVBR, GFR, ABRを適用した場合における, 様々なトラヒック条件下でのTCPレイヤでの性能特性をシミュレーションにより分析する.
  • 輻輳制御のためのノード内滞在可能呼数推定方法, 川原 亮一, 朝香 卓也, 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集, 1995,   1995年09月05日, 将来の通信網においては,多種多様なサービスが逐次的に導入されて運用中のトラヒック特性が設計時に仮定したそれより変動することが想定される.その一方で,サービスの多様化に伴い,品質への要求も高まってくると予想される.そこで,そのような状況下でノードが輻輳した場合に,品質を保証する範囲で呼を最大限受け付けることを可能にする輻輳制御を確立するために,トラヒック測定値からノード内滞在可能呼数を推定する方法を提案する.
  • マルチサ-ビスを考慮した通信網過負荷制御方式, 朝香 卓也, 川原 亮一, NTT R & D, 44, (4) p361 - 366,   1995年04月
  • 要求処理量の不確定性を考慮した呼種別受け付け呼数決定法, 川原 亮一, 朝香 卓也, 電子情報通信学会技術研究報告. IN, 情報ネットワーク, 94, (369) 75 - 82,   1994年11月25日, 本稿では,将来のマルチサ-ビス導入時に必要となる,輻輳制御のための呼種別受け付け呼数決定法を提案する.従来,通信網において,複数の呼種を処理するノ-ドが輻輳した場合,設備設計時に予め定められた呼種ごとの単位時間当りの受け付け可能呼数に基づいて輻輳制御がなされている.しかしながら,将来,多種多様なサ-ビスが逐次的に導入されて運用中の各呼種の要求処理量が設計時に仮定したそれより変動する場合には,受け付け可能呼数を予め設定できない,あるいはトラヒック条件を仮定して設定しても変動するため,従来の輻輳制御法では適切な制御ができない.そこで,そのような場合にも対応可能な輻輳制御法を確立するために,各呼種の要求処理量の不確定性を考慮した呼種別受け付け呼数決定法を提案する.
  • 要求処理量の不確定性を考慮した呼種別受け付け呼数決定法, 川原 亮一, 朝香 卓也, 電子情報通信学会秋季大会講演論文集, 1994,   1994年09月26日, 従来、通信網において、複数の呼種を処理するノードが輻輳した場合、設備設計時に予め定められた呼種ごとの単位時間当りの呼処理可能呼数に基づいて輻輳制御がなされている。しかしながら、実際には設計時のトラヒック条件は運用中に変化するため、運用中の各呼種の要求処理量が設計時のそれより変動する場合には、従来の輻輳制御法を的用できない。そこで、そのような場合にも対応可能な輻輳制御法を確立するために、各呼種の要求処理量の不確定性を考慮した呼種別受け付け呼数決定法を提案する。